uq191207.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.167 新オスティア
バアルが逃げた先は裏火星にある武装勢力「新たなる夜明け」の支配地域。ここに一斉攻撃を仕掛けたナンバーズたち。ようやく全員が揃ったのだから一気に攻めてしまおうということか。グレートパル様号を旗艦として三太が・一空が・夏凛ちゃんが各自の能力をフル回転して暴れ回る! そして雪姫の広域魔法が敵城を滅すべく放たれた。が、敵もまた広域な魔法障壁(いわゆるバリア)によって無力化。さすがにさっさと やられるわけにはいきませんからね。
uq191207-.jpg
バリアを発生させてるのは地下の大型反応路だと分かり、三太と源五郎がここに向かう。何せ源五郎はイレカエ、三太は透過能力があるのだからバリアはもちろん分厚い壁なんて意味がありません。
「新たなる夜明け」は最終兵器たる100mを超す鬼神兵を10体全て出して押し返そうとするも…
uq191207-1.jpg
十蔵です! この世の全てを斬ることができる十蔵にとっては鬼神兵とて意味を成さない。これに続けと九郎丸は新奥義・千雷剣を、刀太は雷天大壮を繰り出してこれまたバッタバッタを倒していく。満を持して現れたニキティスはもうすっかりギャグメーカーになっちゃいました。さっさと攻撃しろよ!
反応路を壊し、鬼神兵も全滅させたことで「新たなる夜明け」はもう打つ手なし。雪姫は投降を促すも徹底抗戦の構えをしたことから氷漬けにされちゃったとさ。

一件落着してナンバーズは新オスティアでしばらく休暇を取ることになりました。オスティアといったら「ネギま!」に登場した場所じゃないですか。懐かしい!
uq191207-2.jpg
温泉に浸かる女性陣。龍宮も攻撃に参加してました。その隣が雪姫で、その右側は女性化した七尾ですよ。そもそも男でも女でもないそうだ。ナイスバディな女性陣を尻目にキリエと九郎丸は肩身が狭いよなぁ。
魔法を使い過ぎて雪姫は本来のエヴァンジェリンに戻った。そこでキリエから刀太と腹を割って話しておいた方がいいと諭され、七尾が気を利かせてくれましたよ!?
uq191207-3.jpg
全裸でのしばしのデートとなりました。刀太にとってはキティな存在でもあるわけで、募る想いはどう傾くのやら!
スポンサーサイト



kenshin191206.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第21幕
今回は総集編+αといった内容で、劍客兵器との戦い(小樽と札幌)を前に各自が思慮してます。
先ずは東京の神谷道場から。訪れたのは塚山由太郎。今では塚山商会の若旦那です。いきなり燕ちゃんに「道場に住んでいるって本当?」と切り出した。赤べこの妙さんが「慶事(つまり婚約・結婚)は近い」と牛鍋二割引セールを早くもやっちゃってるんだとか。
恥ずかしながらも本当のことなので否定しない燕ちゃん。そこに「なんなら塚山邸に来ない?」とナンパしたものだから、弥彦が黙ってないのは当然だな! 十本刀の蝙也を倒した時と同様に見様見真似・龍槌閃を繰り出してけん制します。

由太郎が来たのは剣心たちからの手紙を持参したから。塚山商会の船便ならば郵便よりも早い上に無料だからです。そこに書かれていたのは劍客兵器のこと。
kenshin191206-.jpg
元寇と戦った鎌倉武士団の末裔とか、今まで出てきた劍客兵器の「號」たちなどを書き連ねてます。そもそも薫の父親を捜しに行っただけなのにこの様な戦いに巻き込まれたわけで、弥彦にとっても寝耳に水に思ったんじゃないかな。
場面は変わって斎藤と永倉。政府に報告書を送ったけれど「人員も資金も廻せないから、現状の戦力と態勢で対処しろ」と つれない返事に うんざりといった顔してます。
kenshin191206-1.jpg
自由民権運動が盛り上がっていて全国で事件が頻発してるから人員は割けれない。更に鹿鳴館が出来て連日連夜の接待や社交界で金が足らないんだとか。
調べたところ「板垣死すとも自由は死せず」の板垣退助が岐阜で襲撃されたのも自由民権運動によるもの。この年・明治15年春の出来事でした。この名言を残したけれど板垣はちゃっかり助かり、82歳という長寿になるまで生き延びました。それと鹿鳴館が完成は翌年の明治16年なんだけど…??
ともかく無いものは無いなら仕方がない。当面は俺達が前線で戦って実検戦闘を阻止し、軍と警察は劍客兵器の隠れ里の探索をしてもらうということで落ち着きます。

片や薫と左之助。剣心は九頭龍閃の連発で寝込んでおり、疲労回復が芳しくないようだ。そのためか、息子の剣路に殺されそうになるのですがね(笑)。
kenshin191206-2.jpg
剣心ばかりに任せるわけにはいかない! 次の戦いの大将格は俺が引き受けると頼もしい言葉。五年間 世界放浪して何を得たのか読者に見せて欲しいものです。但し方向音痴は相変わらずなので いささか心配なのが気になります。
kenshin191206-3.jpg
そしてこれが小樽と札幌の対処法。小樽には剣心・左之助(薫も?)。札幌には斎藤・永倉・栄次。函館で待機するのは安慈和尚をまとめ役にした十本刀たちだそうだ。まぁいいんじゃない? 下手にバラバラに組み分けするよりは、仲間内で分けた方が信頼できるでしょうから。

これらの内容を手紙で知った弥彦たち。燕ちゃんは今から応援に行った方が良いとするけれど…
kenshin191206-4.jpg
弥彦は慌てず騒がず冷静に剣心からの呼び出しを待つことにしました。最も尊敬する人から何も言われないのならすべきではないと思っているのでしょう。各自で今やれることを尽くしてこそベストなのだから。
fuuto191203.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の67話
"知識の怪物"たるbbbのメンバーとすっかり意気投合したフィリップは、夕陽の真相がわかるまで源十郎の家に泊まるという。談笑の最中に外から室内を探るのは秀夫。「メモリ持ち同士は惹かれ合う」と言ってることからbbbのメンバーにドーパントがいるということか? まさか依頼人の源十郎自身がドーパントなわけがないしね。しばらく様子を見るとして秀夫はこの場を去るのでした。
fuuto191203-.jpg
源十郎から改めてbbb(ベイサイド・バッド・ボーイズ)のご紹介。
肥っているのは馬場凡太。昔の瓶時代の風都サイダーの王冠を集めているという。裏に世界の名所がプリントされており、546種類中、あと一つだけ見つからないとか。
あ~これを見て真っ先に思い出したのがコカコーラの王冠。昭和51年ぐらいだったか、瓶しかない時代ね。当時ハヤっていたスーパーカーブームにあやかって王冠の裏にスーパーカーのイラストが入ってたんですよ。当時の子供ならば誰もが集めてたんじゃないかな。もちろん私もだけど。余談だけどコカコーラはラッセルヨーヨーでヨーヨーブームを作ったこともありました。

帽子を被ってるのはビリー佛田。旧車マニアで廃棄場のスクラップからパーツを集めているんだとか。被ってる帽子にはダイハツ ミゼットが描かれてます。私がまだ小さな頃には三輪トラックが普通に存在してたのを覚えてます。

最後に紅一点の暮雨川しおれ。蟻のエキスパートで、港に近いこの辺りには外来種も見つかるのでbbb入りしたらしい。あのーそれってヒアリのような危険外来種も居るだろうから、巣作りしちゃマズイんじゃないの??
ともかく三人とも廃棄場に用があるからこそ仲間になったということですね。

フィリップを残して帰る翔太郎たち。フィリップの初めての外泊に翔太郎は嬉しそうだ。
fuuto191203-1.jpg
フィリップはミュージアムから逃れてガレージに隠れ住んでおり、頭初は翔太郎にも心を開かなかった。それが初対面の人たちと外泊するにまでなったのだから、翔太郎にとってはとても嬉しく思うのは当然でしょう。

その翔太郎、現場の大気の分析はフィリップに任せるとして別方向からの調査を始めます。行き先はエコロジー研究所。ドラマ5・6話に登場した楠原みやびの新しい勤め先です。
fuuto191203-2.jpg
廃棄場は風都がまだ発展途上だった頃、処理できなくなった金属類のゴミを大量に積み上げた場所。今の風都は国内有数のエコロジー都市になったけれど、ここに残った廃棄物の処理は遅々として進んでない。風都の影が残ってる場所なので役所も調査したくないようだ。でも みやびは翔太郎に命を助けられたこともあって全面協力するようですよ。

その夜、廃棄場の職員が見回り中に不審な奴と遭遇します。
fuuto191203-3.jpg
どう見てもドーパントです。鉄くずを蹴ったことに「それは宝の山だ」と忠告。ならばやはりbbbの誰かなのだろうか?
boku191202.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問138
5年間、唯我にチョコを渡しそびれている うるかは今年こそとアタック! が、両手に満帆のチョコを持っていたことから急停止。そりゃ渡す気なくなっちゃうよ。でもこれ、小林から預かっていただけでした。なんだそりゃー!
boku191202-.jpg
休み時間になってヒロインたちが入れ替わりで渡しに来ます。ただし古橋さんのは口に入れたらゴキとかボキとか変な音がして、口から血が出てきたよ? いったい何を間違って入れたんでしょうか。つーか唯我は大丈夫なのか?
緒方さんはざるうどんと思いきや、麺や器や箸までもが全てチョコという匠の技。とても昨日までチョコが熱湯に溶けることを知らなかったようには思えないよ。
この後、関城さんまでもがチョコを持って来たので うるかは渡すタイミングを逸してしまいます。

ならばと放課後に渡そうとするも、今度は先輩や先生までもが渡すところを見て意気消沈。今さら私のをもらっても迷惑かも…と弱気になってしまいます。来年こそはと思い続けて5年──また今年もそうなの? 私にはもう来年なんてないんだ!
boku191202-1.jpg
思い切って大声で呼び止め、念願のチョコをようやく渡すことができました。このチョコを食べた唯我は味に覚えがありました。中学の頃から机に入っていたポケチョコの味。あれはまさか…
boku191202-3.jpg
切り出そうとしたところで母親たちが凝視してるよっ! 唯我を追いかけ続けて呼び止めたところは自宅前。だったらこの面白イベントを見たくなるのは当たり前だよな。結局 真相はうやむやになったものの、うるかにとって念願叶ってチョコを渡せたのだから良しとしましょうよ。
tougima191201.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の17話
ストロンガーに対する不平不満を大声で言い放ったことでタックル(ユリコ)は新生。新電波投げで仮面ライダー(丹三郎)を投げ捨てた。が、即座に立ち上がったライダー。口元から血がポタポタと落ちている(お面で口は見えないけどね)のでダメージはあるハズなのに全く感じさせません。ならばと今度は脳天直撃技を見舞うも、やはり立ち上がる。
仮面ライダーの体力はバケモノか?
力だけじゃない…尋常じゃないほど頑丈です。ここで一葉はつぶやく。
あいつが立ち上がるのは…仮面ライダーだから

あなたの技は…本当に…恐ろしいほど単純
私が勝つには…あなたが完全に倒れるまで私だけが攻撃する
tougima191201-.jpg
ライダーの攻撃は大振りばかりなので避けるのは可能。だから避けては攻撃、避けては攻撃の繰り返しで着実にダメージを重ねていく。それでも大振りの蹴りがかすってしまい、宙に浮いてしまうタックル。たったこれだけで!? やはり一撃必殺のライダーは侮れない。今度は渾身のライダーパンチが襲ってきた。カウンターで返すタックル。が! 当たってないのにまたしても飛ばされてしまいます。
tougima191201-1.jpg
私が当てたのにどうして私が飛ばされるの? タックルが見つめた先に居たのは"お面を被った丹三郎"ではなく、完全な仮面ライダーそのものの姿。これを見て涙・汗が噴き出します。湧き上がる感情は恐怖であり喜びであり絶望でもあり…。
でも心の底から叫び声が聞こえた!
tougima191201-2.jpg
命 を 懸 け る の !!!!
それはタックルの声であった。小さな頃から好きだったタックルが私に向かって話し掛けてくれた。ハタから言わせれば空耳と言うに違いない。でもタックルのことが好きで好きでタックル道を貫いてきたユリコにとっては聞こえたのだ。ライダーは命を張って戦っている。ならば私も決死の思いで戦わなくちゃいけないんだー!!

泣きながらのタックルの猛攻が始まった。新電波投げ(一本背負いからのヒップアタック)を放って立ち上がるライダー。新電波投げ(ただの蹴り技?)を放って即座に立ち上がるライダー。もはやライダーのタフネスぶりには脅威すら感じます。ライダーの蹴りでタックルのマスクが飛ばされるも、タックルは同じ蹴りでお面をはがし…
tougima191201-3.jpg
そのまま膝をアゴに添えて地面に叩きつける新電波投げ!
投げ技じゃないじゃん
と思うけれど、本人が新電波投げと言ってるのだから投げ技なんだよ!
もう動かない丹三郎。これにより仮面ライダー最強決定トーナメント(今回になっていきなりこんな名称が付いてたのには驚いたね)はタックルの優勝で幕を閉じることになりました。主人公が負けましたか。まぁそれもいいでしょう。負けたことでより強くなろうとする気持ちが生まれるでしょうからね。
rail191129.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第120話
超電磁砲のアニメ3期「とある科学の超電磁砲T」の放送は2020年1月10日から。これを記念して来月の電撃大王2月号は表紙などでプッシュする模様。
嬉美たちの過去を描く3回目。反乱を起こした嬉美たち四人ですが、詰め寄る警備ロボに仄火は、嬉美と雷斧を蹴り落としてしまう! これは能力者に対する逆恨みか、それとも自分だけは助かりたい身の保身だろうか。が、皮肉にも警備ロボのおかげで捕獲されても怪我することはありませんでした。その一方で逃げた仄火は…
rail191129-.jpg
撃たれてしまうんだな、これが!
これこそ皮肉でしょう。バチが当たったとも言えるけどね。これを見た雷斧は能力を解放! 嬉美と共に警備ロボからの脱出に成功したようだ。片や釣鐘は仄火を殺された恨みもあって忍者のスキルをフル回転。職員たちを血祭りに上げると共に、仄火を撃った警備兵たち もろとも研究所を燃やしてしまいます。
rail191129-1.jpg
燃える研究所を前にして仄火を想う嬉美。けれど何も感情が湧いてこないという。死んだというのに悲しいとか辛いとか何も感じない。これは研究で頭の中をいじられたから、感情が色々と欠如しているからだとか。あぁだから嬉美は物事に対してあまり興味を持たなかったわけか。

で、話は現在の嬉美へ。初春を監禁しているモニターに目をやります。
rail191129-2.jpg
3人の監視者には一定時間置きに立ち位置を変えるよう指示しておいたのに動いてない。つまり録画映像をループさせていることを一目で見破るのは流石だ。直ちに館内のブレーカーを落として電力の供給をストップさせた。電気がなければいくらハッキング技術が上手くても物理的に動作不可能だからだ。

ならばと初春は屋上にある脱出シューターを選択。ここなら停電時でも作動しますからね。
rail191129-4.jpg
けれどそんなことは先刻承知。看守たちは待ち受けているぞ。紛れ込んでいる佐天さんはいったいどうする気なんでしょうか!?
fuuto191127.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の66話
6週間ぶりに連載再開。新章は風都湾で調べ物をしている翔太郎・ときめ・ウォッチャマンから。前回の最後にてブラキオサウルス・ドーパーントがここに出現。その影響で木片やらゴミやらが多数 浮いてます。でも何故ここに? 目的は見当もつきません。
ブラキオの正体である秀夫がエロガキなのは41話を見ればわかりますよ。
風都探偵 41話 ときめに手を出したエロガキ・秀夫は許さんっ!

そこに亜樹子から依頼人が来たと電話。それも過去最高級に変な依頼だからとお手上げな様子。ならば翔太郎が直接訊くしかありません。
fuuto191127-.jpg
夕陽泥棒を捕まえてくれ!
はい、変な人 来ちゃった! この人は高名なカメラマンの弁財天源十郎。取り出したのは家の付近から撮った夕陽の写真でキレイに撮れてます。でも最近になってこの風景が消えてしまった。警察にも役所にも依頼したけどロクに調査してくれず、ここに来たという。フィリップは気象現象なので写真映えの悪い日が続くこともあるだろうとするも、ならば実際に見てくれということで行ってみた。
fuuto191127-1.jpg
確かに夕陽が変になってます!
子供の頃からこの場所から見る夕陽が好きで家まで建てた。誰かが盗らなきゃこんなにならん! 人間が何かせん限り、こんな異常な空にはならんだろうが! と語気を強めます。
fuuto191127-2.jpg
ちなみにバットショットに写真を撮らせてみて、3キロ離れた場所からは問題なし。日中の青空には異常はなく、おかしくなるのは朝と夕方のみ。この辺り一帯に何かが起きているのは間違いないようです。
翔太郎と ときめが大気のサンプルを取りに行ってる間、フィリップは源十郎の仲間(知識の怪物と呼ばれる変人たち)と意気投合してしまいました。
fuuto191127-3.jpg
夕陽の真相がわかるまでぼくは事務所に帰らず、この家にお世話になるときたもんだ! もうキャラそのものが崩壊しちゃってることから、bbbのメンバーが相当気に入ったみたいですねー。
それを外から見ている秀夫。え? ひょっとしてbbbは裏風都と関係あるの??