komachi191015.jpg
『コミックアース☆スター』連載、「戦国小町苦労譚」の5巻です。
農業高校の女生徒・静子が信長に仕えるようになって二年以上。まだ公言してないけれど重要なものを密かに作ってる一方で、蒸留酒の蒸留器を製造した際に信長から「あるこーるを量産せよ」とのお達し。いったい何に使うのでしょう?
戦国小町苦労譚 1巻 農業女子がタイムスリップ!信長の家来となって農業改革す
戦国小町苦労譚 2巻 まさに農業無双! 静子が戦国時代の農業に革命をもたらす
戦国小町苦労譚 3巻 戸籍を作って日時も決める。静子の万能ぶりに信長は…
戦国小町苦労譚 4巻 今回は日用品作りに勤しむ静子。しかし驚愕の事実が発覚

さて、知っての通り?尾張と三河は1562年に清洲同盟を結んで友好関係にあります。そして現在の1568年3月、静子が主催による両国での大規模な綿花栽培の協定が結ばれての話し合いが始まりました。綿花について必要以上に詳しく書いてあることに三河の者は眉をひそめます。
komachi191015-.jpg
この頭巾の男は正体を隠して参加。まぁ三河で一番偉い人と言ったら…。それはそうと、有益な情報を惜しげもなく提供することにかえって疑念を抱くのは無理のないこと。自国で独占しないのはなぜかと聞きたくもなります。
komachi191015-1.jpg
これに静子は子供の死亡率を減らし、百姓一揆を防ぐことだと熱弁。この時代、布はあってもふかふかなものは無い。それは寒さと直結し、特に子供は寒さで死んでしまうことも珍しくありません。それを無くしたいと。それに死亡率が下がれば百姓の不満・不安は減る。衣食住が安定すれば反乱を起こす気にもならないだろうとのこと。

ふかふかなものを実証するため、静子は布団を用意します。それを身を持って体験してもらおうというわけだ。何でも今のように敷布団・掛け布団が普及したのは明治以降らしく、それまでは百姓だろうが武士だろうが寝ござや寝むしろが一般的だったみたいですよ。てことは武将や将軍が布団で寝ているハズがないわけで、今後の時代劇でそんな描写があったらウソだと思おう。
ともかく静子の言われるがまま寝たら「なんたる心地よさ」とついウトウト。本多忠勝なんていびきをかいて熟睡ですわ(笑)。

さて、冒頭に書いた「密かに作ってる物」。それは硝石。つまり黒色火薬の原料です。言うまでもなく鉄砲や大砲には欠かせないものであり、日本ではほとんど出土しないことから輸入に頼っていた。そこを静子は作っちゃうんですよ。まぁどうやって よもぎや糞尿から作れるのか知らないけど。自国で生産可能となったら大幅なコスト削減になるわけで、ますます静子の底知れぬ知恵に信長は惚れこみます。

そんな静子がこの年の6月、信長と六角義賢とが戦った観音寺城の戦いに参戦することに。この時代「女は穢れ」とされており、軍勢に女が居るのはもちろん、妊娠中の女が軍衣に触るのも禁止とされていた。信長はこんな風潮を払しょくしたいがために静子を参加させたのです。もちろん戦闘には参加させませんけどね。
けれど知恵となったら別問題。何気に「兵站」という言葉を使ったことから、多くの有力武将の前で説明することになっちゃいます。
komachi191015-2.jpg
これまでの戦いは持って行った食料が尽きれば戦闘を終了して帰るのが一般的。けれど補給を継続的に行う兵站を導入すれば、延々と戦闘が可能になる。敵にすれば いつ戦いが終わるかわからないわけで、それは驚異でしかないだろうと。

これを聞かされた武将たちは一同に「これまでの常識が変わる」と重要性を認識。信長なんて これまで農業改革や生産力の上昇は全て兵站のためだったのかと、予想もしない方向に過大評価しちゃったよ。
komachi191015-3.jpg
静子にしてみればラッキーでしかありません。ま、これによって静子を評価しない者たちが減ればいいけどね。
で、wikiにある観音寺城の戦いの一部分「木下秀吉は、3尺の松明を数百本用意させ、中腹まで50箇所に配置し一斉に火をつけ」での火を点けたところ。これが静子の道具だって知ってました?
komachi191015-4.jpg
ファイアーピストン(ファイヤーピストン)とは圧気発火器とも呼ばれ、その場で火起こしができます。織田軍は陶器に入れたあるこーるを投げつけ、すぐさまピストンで作った火を放って火攻めしました。
このように、今回も静子の発明品が信長を・武将たちを驚かせました。次回は何を見せてくれるのやら。
戦国小町苦労譚 現代女子、戦場ニ立ツ (5) (アース・スターコミックス)
戦国小町苦労譚 現代女子、戦場ニ立ツ (5) (アース・スターコミックス)
戦国小町苦労譚 【コミック版】 5 -現代女子、戦場ニ立ツ- (アース・スターコミックス)Kindle版
スポンサーサイト



fuuto191014.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の65話
オウルを倒したアクセルブースター。舞は元に戻り一件落着。けれど照井は大量出血が祟って変身が解けてしまう。そこに現れたスクリーム・ドーパントの正体・五条一葉。名前を堂々と名乗ってしまうのは、万灯と同じく どうせ調べてもわからないからです。そして「アタシ、貴方が好き。この手で殺したい」と 告白と殺人予告を同時に決行。とどのつまりが過激なヤンデレですな。

一葉は姿を消すも勝負はまだ完全に決してはいなかった。鳥羽はまだ健在だったのだ!
fuuto191014-.jpg
舞のメモリはブレイクしたけれど、鳥羽はやられる直前に身体から分離して自分のメモリを守っていたからだ。瀕死の状態ながら この場さえ切り抜ければ万灯さんが助けてくれると、オウルになって飛び立ってしまった!

これはマズイ! オウルの速さに対抗できるのはアクセルブースターだけなのに照井はもう変身不可能。このままでは逃がしてしまう! そこでフィリップはファングにトリガーのメモリを使うことを提案。以前 ファングに他のメモリを試してみたけれど、ジョーカー以外は受けつけなかった。でもエクストリームも扱える今なら、短時間の変身は可能なハズとして。
fuuto191014-1.jpg
そこで変身したのがこのファングトリガー。ファングの新たなる力です。左腕からアームファングを二つ出してからマキシマムドライブを発動。
fuuto191014-2.jpg
そしたらこのように弓を射る姿になりました。これぞ新必殺技のファングスクリュードル!
誰ですか、勇者ライディーンのゴッドゴーガンと言う人は! 放たれたファングの矢はオウルを噛み砕くかのように接近して命中。メモリは壊れ、鳥羽は再起不能みたいに 死んだように眠ったままになってしまったそうだ。まぁ自業自得だね。これによって今度こそ一件落着です。

エピローグは舞の病室。包帯グルグル巻きの照井と菜々の会話です。舞は想像以上に回復しており、後遺症も残らないだろう。けれど怪物となって人間を襲ってしまったことへの罪悪感が残り続けるに違いない。その時は親友として君がこれからも支えてやって欲しいと、照井は菜々にお願いするのでした。
fuuto191014-3.jpg
このことで感謝する菜々。そして今度こそ舞の本当の親友になると誓ったのでありました──
とまぁこれにてアクセル編終了なわけですが、次なるエピソードのプロローグが始まってます。漁船の港にブラキオサウルス・ドーパントが出現。わざわざ目立つことをするからには秀夫なりの理由があるのだろう。
新章は11月25日の52号から開始だそうです。
kinsho191013.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の142話
先月休載だったので二ヵ月ぶり。更にアイテムのメンバーが登場したのは4月号以来、六ヶ月ぶりになります。ここのところずっとグループvsブロック戦だったからね。

スクールの追手"ドレスの少女(心理定規)"から逃れた浜面。けれど下っ端は常にコキ使われるもの。むぎのんから寝袋の始末を言い渡されます。実験動物焼却用の電子炉で焼却しながら浜面は ふと考える。「どんなヤツだったんだろう…」
俺と同じ下っ端の構成員だったのか、それとも敵組織の能力者か。そもそも敵だったのだろうか、巻き込まれた一般市民の可能性だってある。
俺達の命って一体いつから こんなに安くなっちまったんだよ
改めてこの世界に足を踏み入れたことを少なからず後悔するのでした。

その帰り道に学生寮狙いの空き巣集団に襲われた。どうやらスキルアウトのリーダーだった駒場に恨みを持っているようで、その後釜だった浜面を潰そうということらしい。多勢ながら奮闘するも、刃物を取り出してきてピンチに。そこに思いがけない助っ人が!
kinsho191013-.jpg
服部半蔵です。てか、このエピソードはアニメ化されずに飛ばされたので原作読者しかわからないね。かつては浜面とつるんで悪さした仲間でした。浜面はスキルアウトは俺が潰したので合わせる顔がないと思っているけれど、半蔵はそうじゃない。いや、半蔵どころか(元)スキルアウトのメンバーは誰も浜面を恨んじゃいない。あの状況では誰がリーダーになったってスキルアウトは潰れていたと感じているからだ。
kinsho191013-1.jpg
↑は昔のことを懐かしんでる場面。半蔵が計画を練って、浜面がアシを確保し、駒場が襲撃の指揮を執っていた。あの頃が楽しかったというのは二人の総意です。尚、1月にこの三人が黄泉川に捕まったことがあり、その際に半蔵は黄泉川に惚れてしまったそうです。
別れ際に半蔵はレディース用の小型拳銃を渡します。これが活躍する時は来るのかな?
kinsho191013-2.jpg
アイテムのアジトに戻った浜面。アニメでは全く触れてませんでしたが、ここは高級スポーツクラブのVIP用の部屋みたいです。フレンダの姿が見えず、死んだか捕まったかは不明のまま。その事に何の不安も悲しみも見せないところが むぎのんらしいけれど、このような態度をとることに絹旗や滝壷はどう思っているのだろう?

今度はこっちが反撃する番だと むぎのんは滝壷に「能力追跡(AIMストーカー)」の能力を発動させる。検索対象はもちろん「未元物質(ダークマター)」の垣根帝督だ。検索開始して間もなく、思ってもみない結果が出ました。
「未元物質」はこの建物の中にいる
kinsho191013-3.jpg
その刹那、扉を破壊してヤツが登場。言うまでもなく帝督です。どうやってこの場所を知ったかというと…あぁフレンダの命は残り少ないというわけで!
とある魔術の禁書目録(23) (ガンガンコミックス) 11月12日発売予定
boku191012.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問131
唯我の家で起きた関城さんの大量出血事件。いったい何があったのかを説明するまで数十分遡ります。
今日は唯我の家で緒方さんと関城さんがお勉強。そもそも何で関城さんがおるん? と思ったけれど、緒方さんと同じ大学を目指しているので同席OKとなったんでしょう。たぶん。
緒方さんが肩がバキバキに凝るというので、それはおっぱいが原因じゃない? との声。そういや巨乳グラビアアイドルもソレで肩こりするとか聞くなぁ。男にゃわからん悩みだけどさ。
そこで関城さんが提案したのがストレッチ。
boku191012-.jpg
思いのほか柔らかなな身体に二人はスゴイと褒めまくり。前も書いたけれど関城さんは"緒方さんLOVE"な性格を除けば普通にカワイイんですよ。男から声を掛けられて当然ぐらいに。けれどその性格ゆえガッカリ美人と言われても仕方ないね。
その関城さんのアドバイスのもと、唯我と緒方さんは共同して取り掛かったのですが…
boku191012-1.jpg
唯我の背中を反らせるため胸を張っったらボタンが弾け飛び、あらわになる胸元。その豊満な胸の谷間に関城さんは指先ひとつも触れられないでダウンさ! 今どきこんな出血ある? とのツッコミはともかく、これが関城さん大量出血事件の顛末です。第一目撃者となった先輩はさぞ事件だと思ったとか思わないとか!? ちなみに出血を理由に関城さんがOUTして先輩がINします。

二人がストレッチしていたとは知らない先輩は、汗ばんでいる赤い顔や 胸元があらわになってる緒方さんを見て「お楽しみの後?」と茶々を入れる。
boku191012-2.jpg
そしたら全く否定しない緒方さんデス! いや、緒方さんはストレッチのことだと思い、先輩はアレのことだと思ってる勘違いなだけですけどね。唯我もこの話題に参戦して「俺が相手じゃダメですか?」と来たものだから先輩は困っちゃう。
boku191012-3.jpg
そしてオチ。ようやくストレッチのことだと気が付いた先輩でした。でも「後輩のくせに もうちょっと待…ッッ」てどういうこと? ちょっと期間を持たせてくれればOKってことですか? ことですよね!!
uq191009.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.165 人間が好き
雪姫・刀太たちUQホルダーのメンバーズ10人と、バアル・七尾・ニキティス・ダーナたち4人との頂上決戦が始まった。刀太と対するはニキティス。双方とも一進一退のほぼ互角とあらば、攻撃ならぬ口撃の争いに。ニキティスは「コピーのコピーの劣化版」と罵るや、刀太は「一万と二千年生きてんだか死んでんだか知らねぇが こすっからいんだよ」と応戦。

二人とも言い争ってる中で刀太は ふと優しい口調で語り掛けた。
uq191009-.jpg
お前 人間が好きだろ
それはニキティスの内面を的確に言い当てた言葉でした。それを裏付ける今までの行為を語るも「黙れ黙れ」と応戦。これはもう否定すればするほど本当だと言ってるようなものです。トドメは「ダチになろうぜ ニキティス」。刀太を海に叩きつけるものの心中はいかに…

一方、バアルは分身して甚兵衛や九郎丸たちに襲い掛かった。どういう原理なのか知らないが攻撃が全く通用しないのだから手の打ちようがなく…
uq191009-1.jpg
甚兵衛・源五郎・夏凛ちゃん・三太・一空・九郎丸が胴体を貫かれてゴルゴダの丘状態に。これを見て私は↓を思い出したね。
uq191009-5.jpg
ウルトラマンA 14話「銀河に散った5つの星」ですよ。当時本放送で観てたのでこのショックは忘れられないわー。
ほぼ同じくしてバアルが召喚した空を覆う巨大な蛇? が襲来。人間を無差別に殺戮するつもりのようだ。
uq191009-2.jpg
魂魄はヨルダの「完全なる世界」に組み込まれて永遠の安寧を得る。早いか遅いかの話だと、いま自分の手によって肉体と魂魄を切り離す気が満々です。源五郎は阻止しようとするも串刺し状態では何もできない。これを踏まえて「君達は私に傷一つつけられぬ 神を斬ることが決して出来ないのと同じことだ」と高笑い。

その神を名乗るバアルを思いっきり殴りつける奴が居た。十蔵だ。「我が剣は神をも斬る」と言うけれど、斬ってねーじゃん殴っただけだろ!(笑) まぁこの後 やはり三枚に下ろすんですがね。回復する前に今度はニキティスが心臓を握り潰す!
uq191009-3.jpg
刀太の言葉が通じたのか、それともバアルの自爆ともいえる「人間皆殺し」計画を聞いたからか、バアルと決別します。尚、心臓を潰されたところで すぐさま再生するので致命傷には至りません。十蔵・ニキティスと痛い目に遭ったバアルはカプセル怪獣よろしく、ダーナを手駒に差し向けた。ところがダーナがダーナに倒された!? 何でダーナが二人いるの?? おそらく精神支配される前のダーナが今のダーナを滅したんでしょう。同胞に手を出すなんてお仕置きが必要だと、ここからはダーナの一方的なお仕置きタイム。
uq191009-4.jpg
こんなんなっちゃいましたー
全身の骨が砕かれて手も足も出ないという有り様。いややっぱダーナ強いわ! ってか、雪姫は何をしてたの? 七尾はどこに行った? 疑問に思う所はあるけれど、頂上決戦はナンバーズの勝利のようだ。
UQ HOLDER!(21) (講談社コミックス)
UQ HOLDER!(21) (講談社コミックス)
boku191007.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問130
センター試験が終わって ひと段落。約一ヶ月後の二次試験の願書を提出に行った唯我と古橋さんです。えーと、何で二人で行ったん? 恐らく他のヒロインを出し抜いて古橋さんが誘ったんでしょう。たぶん。
その帰りにスーパーで大量の買い物をした先生と遭遇。成り行きで二人して先生の家まで荷物を運ぶことになりました。でも 不安なのは唯我。先生の部屋が例によってゴミ屋敷になってる可能性が大だからだ。

ところが驚くほどちょーキレイ! 受験や怪我で大変な唯我に甘えるわけにはいかないと、自主的に掃除したようです。そういや先生も春には教員を辞めてフィギュアスケートの指導者になるんだよね。ならば先生なりのサヨナラがあるハズだから、スピンオフでやってくれないかなぁ。
話しを戻して、掃除したのはいいけれど大量のゴミ袋がクローゼットから流出。古橋さんにバレなくてよかったね。

そのまま二人は先生の部屋でお勉強はいいけれど、唯我と先生の関係に疑問を持った古橋さん。
なんで お茶菓子のある場所知ってるの?
なんでペアのマグカップしてるの?
なんで唯我が買ったエプロンしてるの?
腑に落ちないモヤモヤが引っ掛かり、ひょんなことから先生とカレー対決になっちゃいました!
boku191007-.jpg
やべぇ! 悪い予感しかしないよ
二人とも料理下手なキャラであることは言うまでもなく、味見をする唯我が災難に遭うのは必至な展開か。
boku191007-1.jpg
案の定 二人はやらかします。先生はレシピを探しているうちに材料を焦がしちゃうわ、古橋さんは包丁で出血&サラダ油適量なのにダバダバ入れちゃうわ、そりゃもう考えられる失敗を思った通りにやってくれました。尚、漫画ではサラダ油が燃えてますが 燃えるには300℃ぐらいまで熱さなければ火はつきませんからね(つまり常温で火を近づけても燃えることはありません)

そして双方が完成して運命の食事タイム。その前に先生と古橋さんが食べ比べして圧倒的に二つとも不味いことは確定してます。
boku191007-2.jpg
なのに唯我は二つとも食べて批評してくれました。まったく人がいいと言うか、誰とでも寄り添う姿勢で対処するから好かれちゃうよねー。この反省を踏まえて今度は二人で協力してカレーを作る先生と古橋さん。古橋さんが調べたレシピ通りのカレーが完成し、食べたら大変 美味しかったそうだ。
boku191007-3.jpg
でもそう思ったのは古橋さんだけ。古橋さん好みの超激辛カレーだったようで、先生と唯我は撃沈してしまったとさ。
boo191006.jpg
名古屋でみそかつといったら「矢場とん」に決まっとるでよ! その矢場とんが作ったアニメ「大須のぶーちゃん」の発表会がPM3時から開始と聞いたのでAM10時半に着いちまったよ(笑)
会場は上の写真のように矢場町本店の真横! いつの間にか空き地だったここを矢場とんが買い取ったようで(元からの敷地だったかもしれんけど)、人口芝生を敷いたちょっとした広場に約2mのぶーちゃんとモニターが設置してありました。
boo191006-.jpg
この ぶーちゃんを下から眺めると壁面の ぶーちゃんと角度が一緒。気付きにくいけれどちゃんと考えて設置してあるのですね。
boo191006-1.jpg
モニターには「大須のぶーちゃん」PVや、店舗情報などが流れてました。早く着きすぎたことから、せっかくなので久しぶりに 矢場とんで昼食をいただくことに。
boo191006-2.jpg
一番人気の「わらじかつ定食」です。200gのカツに二種類の味噌をトッピング。こういう味の濃い食べ物は 名古屋めし特有といえるでしょう。
時間は流れて2時過ぎぐらいには 人がまばらに集まってきました。テレビ局のカメラも東海テレビとCBCが入り、明日の夕方のニュース番組にでも流れるんじゃないかな。そして3時になってアニメ上映が始まりました。1話10分で計3本の上映です。


1話 父ちゃんの家出
2話 観音様のなくしも45の
3話 幻のホームラン
感想としてはまぁ普通。日常的な人情ものなので(いや、観音様とか出るけどさ)派手な動きを求める方がおかしいでしょ。ってか、制作したのがサイクロングラフィックス。CG制作部分で劇場版「傷物語」三部作や、「ライドバック」「とある飛空士への追憶」などに参加した会社です。ここが人情ものアニメを制作したことに驚きですよ。

大須に登場する街並み(店舗)はほぼそのまんま。よって2話において逃げる犯人?の足取りに嘘はありません(東仁王門通りと仁王門通りをちゃんと進んでました)。
boo191006-3.jpg
3時半からは登壇しての制作秘話のお話し。左から矢場とん社長、ぶーちゃんの声を担当した落合福嗣さん、監督の加藤道哉さん、プロデューサーの安藤重幸さん。社長と監督とプロデューサーが同級生だそうで、酒の席からアニメ制作が決まった(監督としては「決まってしまった」らしい)そうですよ。以下、簡略的に。
・ぶーちゃんの声優を落合さんにしたのは、ぶーちゃんの優しそうなところが落合さんに似ていたところから最初から決まったらしい
・そのぶーちゃん、3話において とんかつを仕込んでいる場面があって「これどうなの?」と(笑)。最後まで食べられなければいいよね。
・アニメは全12話のプロットがあるけど実際に作るかは不明だそうだ。
・アニメは放送したり動画サイトに投降したりはせず、大須にある各地のモニターだけの上映にしたいらしい。
・声優は個別に収録したものではなく、今どき珍しく全員が揃って声を入れたそうだ。
・台本には全て標準語で書かれてたけど10分前になって名古屋弁にすることになり 急遽変更したとか。