saikon190721-3.jpg
『裏サンデー』連載、「魔王です。女勇者の母親と再婚したので、女勇者が義理の娘になりました。@comic」の1巻です。
小学館ガガガ文庫の同名ラノベのコミカライズ。書籍は3巻まで出てます。

女勇者のアンジェリカのパーティは魔王の部屋まで辿り着き、戦いの真っ最中! けれど魔王はこの戦いを嫌がっていた。
saikon190721.jpg
アンジェリカが300年前に亡くなった、妻のササヤに似ているからだ。このまま帰ってくれないかなぁ~と願うも、アンジェリカとてガキの使いでここに辿り着いたわけでありません。決死の思いで来たのだから闘る気満々です。まだ未熟ゆえに粗削りな剣技を見逃さなかった魔王は、ここぞとあしらって気絶させることに成功。親切丁寧にも自宅まで送り届けます。
そこで出会った運命の女性!
saikon190721-.jpg
出てきたのは母親のレイティアさん。一目するや魔王は我を失なった。なぜなら亡くなったササヤと瓜二つだったからだ! レイティアさんも一目で魔王と見抜きます。風格が別格でしたから。それでありながら親切に振る舞う姿に魔王は感動。更に旦那が病死して居ないと知るや、魔王はこう叫ばずにいられませんでした。
ワシと再婚していただけませんか!?
これを快諾するレイティアさん。魔王の真摯な態度に同じ気持ちになったのでしょう。こうして魔王と人間との電撃的な新婚生活が始まるわけですが、これに反対する者が居た。それはもちろん娘のアンジェリカです。
saikon190721-1.jpg
女勇者の父親が魔王だなんて信じられなーい! じゃあ私はどうすればいいの? と、断固拒否の姿勢を崩しません。それをあの手この手を使って気に入られようとするところが当作品のキモとなってます。まぁあれだ、思春期の女の子が父親を嫌い、それに苦労する父親という構図そのものだね。
saikon190721-2.jpg
上の画像は崖から落ちそうになったアンジェリカを助けた魔王。偶然のアクシデントに少しは見直したかな?
下の画像は仕込んだ宝箱に"伝説の剣(っぽいもの)"を入れて拾わせて機嫌を良くさせたところ。ヤラセとはいえ娘と仲良くなるためには手段を選んじゃいられませんね!
果たして魔王はアンジェリカと仲良くなれるのだろうか!?
魔王です。女勇者の母親と再婚したので、女勇者が義理の娘になりました。@comic (1) (裏少年サンデーコミックス)
魔王です。女勇者の母親と再婚したので、女勇者が義理の娘になりました。@comic (1)
魔王です。女勇者の母親と再婚したので、女勇者が義理の娘になりました。@comic(1)Kindle版
スポンサーサイト
終始 雨が降り続いてる夏の東京から物語は始まります。正に今年の夏そのものを現わしたような設定になったのは、偶然にしても出来過ぎでしょう。で、極力ネタバレしないようにしますが一部は書いてしまうことをご容赦ください。
・相変わらずの映像美はさすが! 水滴の描写は本物の映像と見間違えるほどでした

・各社とタイアップしてることから実在の看板や商品がそのまんま登場しており、よりリアル感を感じられます。ソフトバンクのお父さん犬は私は見つけられませんでした

・屋上に小さな神社がある廃ビルは「傷だらけの天使」でショーケンと水谷豊が住んでいたビル・代々木会館だったのね。来月には取り壊されるそうなので行ける人は行ってみてください。この神社がとても重要な役割をするのだけど、どうしてこの神社がそれだけの能力を持っていたのかが謎。別に普通の、伝統ある神社でも良かったじゃん。そこのところの説明が欲しいですね

・新海作品ならお馴染みの、今回も過去の作品のキャラが登場してます。特に「君の名は。」の瀧はけっこう長い時間登場してます。逆に三葉はごく短時間しか見られないのでご注意

・三人の子供だけでラブホに泊まるって…。しかも28000円とはボッタくられたなぁ。つーか、枕元にあるだろう避妊具に関することはスルーか。まぁこれはしょうがないね

・平泉成が平泉成そのまんまだった(笑)

・本田翼が下手だの言われてたけどそんなことなかったぜ。むしろ「君の名は。」の奥寺先輩ポジションでヨシ! でもたぶん前科が付いちゃった?

・原作小説通りにキュアブラックとキュアホワイトが出てきた(コスプレだけど)のには驚いた。制作会社が違うのはもちろん、東宝の映画に東映アニメーションのキャラが登場なんて考えられないよ。そういや「なつぞら」は来週からテレビアニメに話が移ります。先ずは「狼少年ケン」だろうか

・高架を走り続ける帆高。駅の職員ないし整備士が全く捕まえようとも追いかけようともしないのは謎

・最後は「ソレでよかったの?」という印象で終わります。陽菜と一緒に居たいからといって犠牲にしたものがあまりに大きすぎるんじゃないかな。そこに評価が分かれると思いますね
aoki190717-.jpg
東海地区のみでチェーン店を展開しているアオキーズ・ピザ。コラボ企画に積極的で、しかも奇抜な商品を出すことで知られてます。
aoki190717.jpg
これは過去にあったブラックサンダーがそのまま乗ったピザや、オリエンタルカレーが乗ったカレーピザ。2015年には台湾ラーメン発祥の店「味仙」とコラボした台湾ピザなんてのもありました。
アオキーズ・ピザ×ご当地コラボヒストリー

そして今回コラボしたのが高須クリニック。食べ物と関係ないやん! というツッコミが聞こえてきそうです。でも何で高須クリニック? と思われるでしょうが、高須院長が愛知県西尾市出身だから充分に"ご当地コラボ"なわけよ。
タコスっぽいミートに黒い肉も入ってるからタコスクロニック。期間限定コラボなだけにお店が近くにあるなら頼んでみよう!
頼む時はもちろんイエス!タコスクロニック!
maou190716.jpg
『月刊プリンセス』連載、「魔王陛下のお掃除係」の1巻です。
女性向けの異世界もので、主人公はチート能力などありません。けれど大好きなお掃除によって「聖女様」とまで呼ばれてしまう身分に。漫画を描いてる梶山ミカさんはコレで初めて知ったのですが、魅力的な絵を描かれる人ですねー。

鷹月さくらは お掃除大好きな女子高生。美化委員に属しており、洗剤まで自作のものを使うという入れ込みよう。汚れたものを綺麗にせずにはいられないのです。そんな さくらが突如として異世界に迷い込んでしまう!
そこは魔王の城でした。魔王と言ってもグータラな性格で、世界征服なんて全くする気なし。そこいらの国王と同じですわ。
maou190716-.jpg
なぜか汚れ放題になってる城に我慢ならず、持って来たお掃除道具を使って勝手に掃除を始めます。見る見るうちに綺麗になっていく様を見て、使用人たちはビックリ。魔王すらも…
maou190716-1.jpg
「拭き掃除など面倒臭いだけだろうに…一体何がそんなに楽しい」と言わずにはいられませんでした。
そもそもこの世界は魔法が使えるので、掃除は洗浄魔法を使えば簡単に出来てました。けれど半年前に異世界の魔女が呪いをかけて、魔王領に灰を降らせるようにしてしまったのです。異世界の魔法だけにこの世界の魔法は通じず、以来 洗浄魔法が使えない状態だったのです。
maou190716-2.jpg
じゃあ自分の手で掃除すればいいじゃんと思うよね? でも今まで洗浄魔法だけで掃除してただけに「手を使って掃除をする」という概念そのものがありませんでした。そこでもって さくらの登場ですよ! 彼女が使う雑巾によって汚れがみるみる落ちていくことに驚くのは当然の成り行きとも言えるでしょう。
また↑の画像のように膨らし粉(重曹)で汚れが落ちることも当たり前ながら知らなかったわけで、これを「異世界の魔法」と思ってしまうのも納得してしまいます。

ともかく洗浄魔法が使えなくなった"汚れ放題"なこの世界において さくらは"お掃除革命"をもたらしたわけで、人々から聖女様と崇められるのは無理からぬことでしょう。さくらも多くの人から感謝されたことで自分の存在意義を知った様子。
maou190716-3.jpg
またそんな さくらに魔王も胸がキュンとしてしまったようで、今後の成り行きに注目です。けれど最後の引きは不安な予感。さくらの活躍が広く知られたことで、新たなる登場人物が波乱を巻き起こすのだろうか?
魔王陛下のお掃除係(1) (プリンセス・コミックス)
魔王陛下のお掃除係(1) (プリンセス・コミックス)
魔王陛下のお掃除係 1 (プリンセス・コミックス)Kindle版
megane190715.jpg
『コミック アーススター』連載、「俺のメガネはたぶん世界征服できると思う。 エイルの奇妙なメガネ生活」の1巻です。
お馴染み「小説家になろう」の連載作のコミカライズ。書籍版は3巻まで出てます。

エイルは存在感の薄い少年。この特性を活かして10歳にして狩人になりました。動物に気配が悟られにくいからです。そして運命の「選定の日」。人は必ず何かの素質・素養を持って生まれており、それを確認する日になります。他の人は「木こり」とか「看護」とか、エイルの姉であるホルンは「闇狩りの戦士」というレアな素質だったことから今は王都で暮らしてます。
megane190715-.jpg
あのホルンの弟ということで皆が期待してたら「メガネ」という結果に驚く一同。メガネってなに? メガネが素質ってこと?? などと訳が分かりません。しかもメガネが錬成されてエイルの手のひらに現れた"物理召喚"だったことにまたビックリ。こんな現象 見た事ないからだ。
「メガネ」はともかく物理召喚という稀有な現象を発揮したことで、エイルもホルンと同様に王都に行くことになります。
megane190715-2.jpg
視力が弱かったエイルにとってメガネが手に入ったのは好都合。でもメガネの本当の能力はこんな当たり前の機能だけじゃありません。魔力によって一日に二個まで生産可能。形やレンズの色を変えることができ、木々や枝が少しだけ透き通って見えるので獲物を発見しやすいのだ。あ、夜になってももちろんナイトビジョンで見やすくなります。
megane190715-1.jpg
そして目下、最大の機能がコレ。王都で知り合ったライラと狩りに出た際に、獲物に数字が現れました。
 木の矢を構えたら11
 見つかったら5
 鉄の矢に変更したら96
 トドメを刺した際に100
これ、相手を倒せる確率を現わした数字なんです。木の矢だと確立は低いけれど、鉄にするや確率がグンと上がったのがお分かりいただけるでしょう。このようにエイルのメガネは特殊な能力を持っており、これによってチート能力を発揮して活躍するお話しになります。
megane190715-3.jpg
ちなみにこれが姉のホルン。性格はエイルと真逆でズボラなんです。それでも美貌を持っているから人気者に違いありませんがね。
俺のメガネはたぶん世界征服できると思う。 エイルの奇妙なメガネ生活 (1) (アース・スターコミックス)
俺のメガネはたぶん世界征服できると思う。 エイルの奇妙なメガネ生活 (1)
俺のメガネはたぶん世界征服できると思う。【コミック版】 エイルの奇妙なメガネ生活 1Kindle版
boku190714.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問119
もうご存知の通り、第二回人気投票で桐須先生がV2を達成! つーか、2位以下の全ての投票数を合わせても先生の数に足らないという完全独走ぶり。もうこりゃ唯我の卒業→即結婚するしかねーよ! 読者が望んでいるのだからね。

年の瀬ってことで例によってゴミ屋敷と化した先生の部屋を片付ける唯我。そしたら何年か前にツブれた遊園地の未使用チケットが出てきました。当時フィギュアで忙しかったので行けなかったらしい。
boku190714-.jpg
アクシデントでフライングボディアタックならぬバストアタックを食らった唯我はそのまま倒れて後頭部を痛打! そのまま意識を失ってしまう。目を覚ましてみれば…先生が高校生になっていた!? どうやらタイムスリップしてしまったようだ。
boku190714-1.jpg
てなことで先生と遊園地デートですよ。こういうところは初めてでどうしたらいいのかわからないから、一緒に回って欲しいんだと。初対面の人に「一緒に回って」だなんて言うか普通? そんな羨ましいことあるわけないけれど、美人の先生だから断る理由もないわけで、ここは有難くデートのお誘いに乗るのがスジってもんですよ。
boku190714-2.jpg
制服の色から唯我を先輩だと思っている様子。ジェットコースターに乗ったり(画像上)、お化け屋敷に入ったり(画像下)するものの、案の定 先生の天然ぶりは変わりません。特にお化け屋敷は怖がる以前に製作方法に興味を持ったようで、これではお化けを演じてる人が可愛そうだよ。

このように唯我にとっても楽しい ひと時を過ごしたけれど、またしてもバストアタックを食らって元の時代に帰還セリ。何だ夢オチだったのかとしたけれど…
boku190714-3.jpg
箪笥の上には遊園地に行ったときの写真と、使用済みのチケットが。明らかに設定が変わってました。あれは本当だったのか!? 今となっては確かめようがないけれど、先生に楽しい思い出が残っているならばそれはそれでいいでしょうよ!
kinsho190712.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の140話
『ブロック』を追って少年院に着いた『グループ』一同。そこで見たのは『ブロック』の傭兵たちが何故か自分の銃器で自殺していることだった。そして現れたショチトル。かつて海原光貴(エツァリ)が所属していた組織の一員で、エツァリを裏切者として始末しに来たというわけ。二人の戦いが今始まる!

序盤は上の画像のように会話を交わすも「今の貴様には生きる権利すらもない」と豹変。そしたら右手に持っていた黒曜石のナイフを、自らの目に突き立てようと腕が勝手に動いていく。
kinsho190712-.jpg
傭兵たちが自殺していたのはこれが原因か! ショチトルは相手が持つ武器に干渉して自らを屠る「自殺術式」を行ったのだ。目を突き刺すまであと僅か…というところでエツァリは右手首の関節を自ら脱臼させて逃げ延びた。猛烈な痛みだろうけど死ぬよりはいいだろう。
  なぜです 私の知ってるショチトルはこんな…人を傷つける術式は使わなかったはずだ
と言って語られるショチトルの本職。アニメでは描かれなかったけれど「死体職人」という仕事でした。
kinsho190712-1.jpg
何とも悩ましいお姿だこと。死者の残留情報を汲み取って葬儀の流れを取りまとめる、死者の「アフターケア」をしていたとのこと。あくまで平和利用のために行っていたわけで、戦うことは専門外。けれどエツァリを始末するために来たわけで、それだけ「裏切られた」気持ちが強かったんでしょう。きっと。

ショチトルの次なる手は戦士の剣・マクアフティルを錬成しての攻撃。巨大な刀身にノコギリ状の刃が付いたもので、頭部に直撃したら即死は免れないだろう。素手のエツァリは逃げるしかなく壁に追い詰められてしまいます。「終わりだッッ」と振り下ろしたとき、エツァリは右腕を捨てる覚悟を決めました。
kinsho190712-2.jpg
右腕で受け止め、空かさずミゾオチにきつい蹴りを食らわせて危機を脱出。金属を武器として加工する手段を持たないアステカの剣はそれほどの切れ味が無い。よって骨まで覚悟を決めれば受け止められると踏んでの行為だったのです。
苦しむショチトルに優しく語るエツァリ。 あなたに武器は似合わない
こう悟らされてはショチトルも示しがつかない。幸か不幸かこのタイミングで彼女の限界が訪れてしまった。
kinsho190712-3.jpg
四肢が らせん状の紐みたいに変化していきます。いったい何が起きている!? エツァリの心は揺れる。