kancolle150126.jpg
『月刊コンプエース』連載、「艦隊これくしょん -艦これ- 水雷戦隊クロニクル」の第11話
先月は急病か何かで休載だったので二ヶ月ぶりの再開。暁たち第六駆逐隊が居る呉鎮守府を舞台にして海軍大演習が行われようとしていた。目標艦を務める金剛たちは呉に向かって出発しようしていたところ霧島が見当たらない。まだ自室で資料を おさらいしているということで迎えに行くと、いささか気が乗らない様子。それもそうだろう、駆逐艦4隻に対して戦艦4隻+駆逐艦2隻で戦おうというのだ。武装も数も勝っていて弱い者いじめみたいでやりたくないと。
また金剛姉様は休む間もなく出撃と演習を重ねているのに、このようなことまでしなくてもいいだろうと、霧島なりに金剛の身を案じてたようですね。金剛と霧島、二人の親密なムードにヤキモチを焼く比叡がそこにいた!

演習会場である呉鎮守府は花火が撃ち上がるなどお祭りムード。各鎮守府からは競うように ご当地カレーの出店もあるようです。ここで演習を説明しますと4日間、一日一組で夜間演習を行います。暁たちの出番は最終日の4日目。ってことは他の鎮守府がやったことを参考にできるので有利なのか? いや、金剛たちだってその都度 対策してくるでしょうからアテにはできませんね。
kancolle150126-1.jpg
訪れた艦娘たちの案内係をやっている雷(いちずち)は、上の画像の子らと出会います。右は夕立。アニメで「ぽいぽい」言ってる子です。その割にはちょっとデザインが違うような? それもそうか、ここでは夕立改二となってるようだ。迷子になったらしく最後の方でようやく綾波と再会します。何しに来たかというと…
左は演習に参加する舞鶴鎮守府所属の第十六駆逐艦隊の旗艦・天津風。ってことは後の三人は必然的に初風・時津風・雪風になるわけですな。

彼女たちが話していたら うるさいなぁとの声。それは横須賀鎮守府の霞でした。「どうせ今回の演習の敵旗艦に勝てるのは…あたしたち第十八駆逐艦隊ぐらいだ」と言い放ち、一触即発状態に。
夕立「ぬう 第十八駆逐艦隊だと!?」
 雷「知っているのか 夕立!」
とは言いませんが第十八駆逐艦隊について夕立は語りだす。今の全鎮守府中で最高錬度を誇るのがソレであると。
kancolle150126-2.jpg
手前から旗艦の霞(かすみ)、不知火(しらぬい)、霰(あられ)、陽炎(かげろう)。ゲームでも霞のセリフはキツイので敵を多く作っちゃうのも当然か。暁たちの最大のライバルとなることでしょう。

集まった駆逐艦たちの奮励努力を期すため 各鎮守府の合同艦隊と、大演習特別艦隊との模範演習が行われるという。その勢ぞろいした姿がこれです!
kancolle150126-7.jpg
右ページが各鎮守府の合同艦隊。天龍・龍田を筆頭に翔鶴と瑞鶴、高雄と愛宕が居ます。左ページが大演習特別艦隊。金剛・比叡・榛名・霧島ら4人と一緒に居るのは!
kancolle150126-3.jpg
ついさっきまで話していた夕立改二と綾波だぁ~~! そうか、演習で金剛型戦艦4隻と共に戦う駆逐艦2隻というのは彼女たちだったんだ! 駆逐艦がいったいどれだけ出来るのか、その試金石となる二人の活躍が見モノです。 つづく
Arpeggio150125.jpg
1月31日公開の『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ‐アルス・ノヴァ‐DC』の舞台挨拶があるってことで名古屋上映館のチケットを購入。チケットぴあの先行予約を利用したことから前から2列目が入手できたのはラッキーでした。
登場する4人の声優さんは群像・イオナ・タカオ・ハルナ役の人。私はガルガンティアの先行上映会以来の舞台挨拶なので楽しみにしてます。
ところで2月1日といったら「映画の日」で大人なら1100円で観られる日じゃん。それでいて31日に東京である舞台挨拶と同じ金額ってのはちょっと損した気がするのですが…
Arpeggio150125-.jpg
それと来場者特典ってことでこの週はこの三枚のいずれかのイラストが貰えます。右端のはハルナ役の山村響さんによるもの。声優さんのイラストが特典になるってけっこう珍しいよね。
zerozaki150125-1.jpg
『アフタヌーン』連載、「零崎軋識(ゼロザキ キシシキ)の人間ノック」の1巻です。
西尾維新原作の戯言シリーズの関連作である人間シリーズをコミカライズ。以前連載してた「零崎双識の人間試験」に次いでのコミカライズになります。

零崎一賊(一族ではない)とは意味なく人を殺す殺人鬼集団であり、一賊同士の血の繋がりはない(人識 以外は)。突然 零崎の血に目覚めた者が一賊になるという。家族に仇なす者は人間はもちろん、ペット・植物に至るまで皆殺しなのさ!
そんな零崎一賊の三天王の一人、零崎軋識が主人公。"人間ノック"とあるだけに全て鉛で一体成型した釘バットが軋識の殺人道具となってます。
zerozaki150125.jpg
こんな具合に一振りで首が・腕が吹っ飛ぶ吹っ飛ぶ! 漫画家のチョモラン氏は同人活動などやっていて商業誌に載るのはコレが初めてとのこと。その割には細かな描写が描けていて(特にグロ場面)遜色のない出来栄えです。
zerozaki150125-4.jpg
また今回の仕事でペアを組んだのが中学生の零崎人識(ゼロザキ ヒトシキ)。「零崎の申し子」と呼ばれる生粋の殺人鬼。それもそのハズ、零崎一賊の間で生まれた唯一の子ですから!
仕事のターゲットである8人全員がマンションの最上階に居るということでターゲットは人識に任せ、人識はマンションに住む全員(ペットも含む)を皆殺し。ターゲットとは関係ないけど音とか聞こえてバレたら困るからねー。

けれどそれは罠でした。そもそもターゲット全員が都合よく一室に集まってるわけがありません。
zerozaki150125-.jpg
1km以上 離れた場所から狙撃するのは画像左の萩原子荻(ハギハラ シオギ)。正確無比な狙撃により物影から出ることができなくなった二人。そこから出るよう仕掛けるのが画像右の西条玉藻(サイジョウ タマモ)。一見バカっぽいけど両腕を使ってのナイフの腕前は侮ることができません。実は二人とも戯言シリーズで既に死亡してる人物でしてスターシステムな出演となりました。

ここで対峙するのが人識。同じナイフ使い同士ということもあり立ち向かうのですけど、それでは狙撃で背中を撃たれてしまうぞ!? 否!ここで人識が考えられない行動をとるのですよ!! そんなこと絶対に出来ないだろうと思うことを実践していることに弟でありながら恐怖を抱く軋識。けれど見てるばかりにはいきません。兄として、また零崎に仇なす者は誰だろうと排除すべく、物陰から出ます。
zerozaki150125-2.jpg
人識の背中を護るように、窓に向かって立つ軋識。釘バットで狙撃弾を全て打ち返すつもりだ!
 零崎を始めよう
決めゼリフがプレイボールとなって二人の"死合い"が始まった──

主人公はタイトル通りに軋識なんですが、なんか人識が持って行った気がします。人識の超人ぶりが際立ってますから。兄としては次巻に活躍しなきゃダメですね。
零崎軋識の人間ノック(1) (アフタヌーンKC)
零崎軋識の人間ノック(1) (アフタヌーンKC)
零崎軋識の人間ノック(1)  [Kindle版]
battle150123.jpg
『月刊コミックガム』連載、「鋼鉄少女 嵐(バトルシップガール テンペスト)」の1巻です。
第二次大戦中の軍艦を擬人化した「艦これ」が大人気なのは知っての通り。けれどそれ以前に軍艦を擬人化した漫画があったのです。それが台湾の漫画家・皇宇氏による「鋼鉄少女(バトルシップガール)」。この漫画はその続編であり、タイトルに"嵐(テンペスト)"が加わりました。

当漫画は第二次大戦で極東の島国「大東日」と、連合国(スターズ(アメリカのこと)・ホランド(オランダのこと)・アウスト(オーストラリアのこと)が戦ってる設定。主人公は陽炎型駆逐艦 8番艦の雪風。憧れの人は大和で、いつかは大和のように立派な旗艦になりたいと思ってます。
battle150123-.jpg
中央が雪風ね。右は野分で左は磯風。第二水雷戦隊(二水戦)に属しており旗艦は神通。この二水戦の活躍を中心とした構成で、この巻ではガダルカナル島奪回作戦を描いてます。作戦に沿って新キャラの瑞鶴と翔鶴が登場。ミッドウェイ作戦後の現在において正規空母は彼女たち二人だけ。瑞鶴は飛龍たち空母じゃなく駆逐艦が沈むべきだったと考えており危うい雰囲気になるものの、優しい翔鶴の判断でことなきを得ました。
そんな彼女たちが目指しているのがガダルカナル島。連合国に奪われた島を奪回すべく、三水戦も加わって大攻勢に出るところが最大の山場になります。
battle150123-1.jpg
これが二水戦の旗艦・神通。「神通親分」と言われているように男勝りな性格で勇ましい! 怖いけれど皆をグイグイと引っ張っていくカリスマ性がありますわ。昼間に一撃を加えて今日はもう来ないだろうと思わせておいて夜戦をするんですねー。ここでは三水戦の砲撃が連合国を圧倒します。さて、その行方は?
battle150123-2.jpg
一方、「艦これ」とは違い、敵である連合国にもドラマがあるのが魅力の一つ。サラトガは被弾し「また何もしないで撤退しちゃうの?」と涙する。エンタープライズは「反撃のチャンスはまだある」となだめて撤退させるのでした。
この様に双方の視点で戦局が描かれてあり、双方とも見せ所を有しているので退屈させません。「艦これ」で第二次大戦の時代に興味を持った人にオススメです。
Battleship Girl Tempest -鋼鉄少女 嵐- 1巻 (ガムコミックスプラス) Battleship Girl -鋼鉄少女- 1巻 (ガムコミックスプラス)
Battleship Girl Tempest -鋼鉄少女 嵐- 1巻 (ガムコミックスプラス)
Battleship Girl -鋼鉄少女- 1巻 (ガムコミックスプラス)
goku150122.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「極!!男塾」の第22話
表紙&巻頭カラー! 激マンの巻頭カラーはほとんど無いけど男塾は時折りあるんだよね。「大人気巻頭カラー」と銘打ってあるのはあながちウソではなく本当なんでしょう。

久しぶりに登場した暁組。格闘大会・ウラカンで獅子丸が優勝し、優勝商品の宇宙船に乗って地球に帰ろうとしています。カグヤも乗っているのはカグヤの宇宙船は壊れてしまったから。それに操縦者がいなければ動かそうにも動きませんからね。
突然 カグヤから操縦不能と聞かされざわめく面々。ウラカンの主催者・ロッソ市長が惑星「トバ」に強制着陸するよう仕組んでいたようだ。何が目的なのかわからないけれど極組の居る惑星に行くのは不幸中の幸いでしょう。

着いたところはドッグレース場。予想屋に地球人を知らないかと訊いたところ極組を知っているらしい。そこはどこだと尋ねたら交換条件を持ちかけられました。ボギーの愛犬・アドルフ二世をレースに出場させて優勝したら教えてやると。
こうして図らずもレースに出ることになったアドルフ。大本命はメス犬ながら(なんかオチが見えた気がする)十五連勝してるパトリシアです。
goku150122-.jpg
アドルフは善戦してパトリシアに食らいついて離れない。二頭の独走かと思われた矢先、故意か偶然かパトリシアの尾がアドルフの目に突き刺さる! 故意っぽいけどね。もんどりうって動けなくなるアドルフ。このまま棄権してしまうのか!?
否! ハードボイルドのボギーがそれを許しませんでした。
 俺はそんな相棒を持った憶えはねぇぜ
 アドルフ てめえの男を見せやがれーーーっ!!

この声に奮起して立ち上がったアドルフは抜かれた犬たちをゴボウ抜き。一気にトップを走るパトリシアに襲いかかった!
goku150122-1.jpg
ええ、本当に襲いかかりましたよ!
足を上にして倒れる観客たち。ボギーの「てめえの男を見せやがれ」のセリフをあらぬ方向に実行してしまったとさ。まるで男塾初期のギャク路線を見たような今回でした。ちゃんちゃん!
極! ! 男塾 (2) (ニチブンコミックス)
宮下 あきら
日本文芸社 (2014-12-27)
uq150121.jpg
『週刊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.65 ネギ・スプリングフィールド
まほら武道会の出場登録用紙にネギが直筆で書いたと知ってフェイトが不意に訪れる! 緊張するナンバーズの中で雪姫(いや、ネギま時代の姿に戻っているのだから あえてエヴァと呼ぼうか)だけが「ふん…」との反応。こうなることがわかっていたかのようだ。ネギを取り戻すためにはどんなことでもやりかねないフェイト。手掛かりを捜すためにナンバーズの動向を魔法で探っていたか、張り巡らせているだろう情報網に引っ掛かって ここを訪れたと推測します。

刀太は「どの面下げて地表に降りて…」などと言うけれど、何もフェイトはお前に負けたわけじゃないだろう? あれはキリエの機転に負けを認めたのであって、「どの面下げて」とお前から言われる覚えはねーよと言いたい。ま、戦ったところで負けるのは必然でしょうがね。

筆跡が本物と知って"信じられない"といった表情のエヴァとフェイト。これにキリエが説明してよと声を上げる。このキリエの口調が横柄なのが気になりました。まるでエヴァと対等の関係かのようで。そもそもエヴァとキリエはどういったことで繋がったんだろうな? 仲間になるけど命令は聞かないとかあるのかしらん??

用紙を触ったことで仕掛けが発動したようでネギとナギが登場~♪ えー、ナギはまた捕らえられてたのかよ。ナギは不死じゃないのに若いままってのは捕らえられてる期間は歳を取らないのかもね。
uq150121-.jpg
 ネギ君!君は助けを求めているのか!?
 君の…いや…『造物主』の…
 『始まりの魔法使い』の『共鳴り』は既に君を…

『共鳴り』って何だ? 現象なのか人の名なのか。現象ならば"共鳴"という意味であり、『始まりの魔法使い』に共鳴して仲間になったということ?
これにネギは「いや 違う 違うんだフェイト 僕は…」と、自ら仲間になったとも受け取れる発言を。それを裏付けるように影が巻きついても抵抗をしません。えええーどういうことなんだ?

更に謎の人物が地中から登場。雰囲気からして『始まりの魔法使い』だけれど…これが真の姿ってこと? それともこれが『共鳴り』という人物??

消えた後に再び「説明してくれ」コールが誰からも寄せられる。これを一瞥するようにエヴァは告げた。
uq150121-1.jpg
大会を辞退しろと。先ほどとまるで態度が違います。しかも2ページ見開きで。ただ告げるだけなら1コマないし1ページでもいいだろう。けれど見開きで発言するからには作者の意図があるハズ。私の勝手な想像ですが「線を引いた」と考えます。エヴァ個人の思いと、UQホルダーメンバーとしての区切る線を──

どういうことかというとネギの奪回とUQホルダーの活動は無関係。個人の願いにメンバーを巻き込みたくないという思惑があるんです。なにせ相手は『始まりの魔法使い』。となると魔法世界のトップクラスでなければ太刀打ちできないでしょう。不死とはいえナンバーズがこのレベルに達しているとは思えないことから戦いから遠ざけたいんじゃないですかね。
またこれは刀太を遠ざける意味も兼ねてます。今回の謎の男の言動から刀太が狙われるのはほぼ確実。今の腕では到底 敵わないので大会に出場させたくないと考えます。

エヴァとフェイトと結託したのは自然の成り行き。考え方は違うけれど「ネギの奪回」を願うことでは意見は一緒。ならば敵対する意味がなく、「敵の敵は味方」の理論で結託したと思います。もっとも互いに助けようとはしないでしょうがね。

とはいえ「辞退しろ」と言われて引き下がる主人公じゃないでしょう。心にズキンときて「力になってやりてぇ」と思ったからには何としても出場する方向に進むハズ。これにより物語は大きく方向転換するんじゃないだろうか。いままでは刀太の成長を描くものだったのが、今後はネギ救出のために刀太が努力を重ねていく方向に。これは図らずもネギが父親を捜し出すことが目標だったのと似ています。『始まりの魔法使い』に太刀打ちできるには相当努力が要るでしょうが、ここにかつての生徒の子孫とかが絡んできたらかなり面白くなるんじゃないかな。 つづく
momo150119.jpg
『ウルトラジャンプ』連載、「ももいろアーメット」の1巻です。
アダルト漫画でデビューした てりてりお氏の一般向け作品。でも「ちょいエロコメディー」と堂々と謳ってるだけに、ところどころにそんな描写がありますよ。

異次元にある女性が支配する戦闘国家・アマゾニア王国。100年に一度の収穫祭(何を収穫するのかは後で)のため地球を調査しに派遣されたのが名門リットン家の息女であるニモ。
momo150119-1.jpg
彼女は、というかアマゾニア人は人前で顔を見せてはいけない風習があるらしく いつもアーメット(甲冑ヘルメットのこと)を着用してます。落ちたところがゲーム博のコスプレ会場だったためにコスプレと思われ、そこで嵩田浩樹・忍の兄妹に出会いお世話になることに。もっとも浩樹は有名ブロガーで、アフェの材料になると思ったからこそ世話する気になったのですがね。

ニモにとって初めての異次元である地球は知らないことでいっぱい。そんなギャップをコメディーにしていくお話です。1話ではプロジェクションマッピングで映しだされたドラゴンを本物と思い込んで建物を破壊してしまうとか、4話ではアダルトな薄い本を初めて見て目を回すほどに驚くとか。
前述した"収穫祭"とは男のこと。女性が支配する国家だけに男が足りないらしく、このままでは滅亡の危機。それを救うために男を万単位の数で奴隷として連れてこようというわけ。ただし地球に住むようになってだんだんと心変わりしていく、という展開になっていくと思いますよ。そうでなきゃ敵ですから。
momo150119-3.jpg
さて! 「ちょいエロコメディー」とあるからにはそんな描写を。右はニモの家庭教師 兼 従者のカーティ。マイクロビキニを着させられた上にイカの怪物に襲われてしまいます。本気になればかなり強いんですけど。
左は5話に登場した第3のアマゾニア人・ウル。今後のニモのライバルになることは間違いないでしょう。冷静に男の奴隷化を進めるウルと、それに反対するニモという展開になると見たね。少なくともそういう構図なのは間違いないでしょう。

ももいろアーメット 1 (ヤングジャンプコミックス)