boku201130.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問184
「青春の学園生活を味わってもらいます」と、唯我の言われるがまま生徒たちの手伝いをする桐須先生。教師になって文化祭は毎年見てきたのに…と思うことはあっても嫌な思いはあまりない。それは学生当時に味わえなかった「生徒としての目線で文化祭を追体験してる」からだろう。

夕暮れになり先生が疲弊した頃、唯我は思いもしない人たちを連れて来ました。
boku201130-.jpg
それは学生時代の同級生たち。どうしても当時のクラスメイトを集めたいと、唯我が頭を下げて回ったそうだ。元同級生たちは先生と話す機会がなくて、あまり話せなかったことを残念に思っていたみたいですね。
タイムカプセルを埋めたというので掘り起こしてみるも、先生は何も入れなかった(機会が無かった)ことから寂しく思う(ってか、こんな お菓子が入っていたような金属箱じゃ普通なら腐食してるぞ!?)
ところが先生のノートが入ってた。いや、正しくは皆が先生宛てに書いた寄せ書きです。そこには唯我の父親である輝明先生のメッセージもありました。
boku201130-1.jpg
それは何かと一人で悩んでしまうことへの助言。
いくら間違えてもいいんだよ
お前の周りにはちゃんといるんだよ
一緒に悩んで間違えて 並んで歩いてくれるような奴が

と応援してくれてました。でもそれが自分の息子だなんて思ってもなかったでしょうがね!

そこで学生時代に唯我と会っていたことを再び思い出す。自分一人なことに涙を流すのを見て当時の唯我は「お姉さんと一生一緒にいてあげるよ」と話しました。なんてマセたガキだと思うけれど、先生にはそれこそ「一緒に悩んで間違えて 並んで歩いてくれるような奴」だと改めて知らされるのでした。
boku201130-3.jpg
ならば自分の気持ちに正直になるしかあるまい! 言葉には出さないものの唯我に指を絡めることで、自分の気持ちを伝えます。しかも『後夜祭で1発目の花火が上がった瞬間に触れ合っていた男女が結ばれるジンクス』で触れていたのだから、これはもう結婚一直線しかあるまい! つーか、残りは3話ぐらいしかないんだから、イチャイチャする話があってもおかしくねーよ!

ぼくたちは勉強ができない 20 音声ドラマ&ミニ画集付き同梱版 (ジャンプコミックス) 21年1月4日発売
スポンサーサイト



geass201129.jpg
『コミックニュータイプ』連載、「コードギアス 復活のルルーシュ」の1巻です。
タイトルだけなら2019年初頭に劇場公開された「コードギアス 復活のルルーシュ」のコミカライズと思いきや、劇場版三部作(興道・叛道・皇道)との空白期間を描くオリジナルストーリー。もっとも話が進めば映画を辿ることになるでしょうけど。
読んでいて「スゲー!」と思ったのが絵が上手いこと。まるでアニメの作画監督が描いているかのようなアニメ絵そっくりなことに驚きました。さすが「コードギアス 反逆のルルーシュ Re;」も描いていただけのことあります。

ゼロレクイエムから数か月。世界は復興に向けて動き出していた。これというのも「世界中が憎むべき悪逆皇帝ルルーシュが倒れた」ことが引き金であり、倒したゼロは世界的英雄に。だがカレン及びごく一部の人々は知っていた。それはルルーシュによる計画だったことを…

扇首相とヴィレッタ先生との結婚披露宴が催され、久しぶりに集まった一同。もちろんゼロやナナリーもいます。「双貌のオズ」のキャラまでいるのは個人的に嬉しいぞ。カレンはゼロが一人きりになったのを見計らって声を掛けた。
geass201129-.jpg
それは平和になったことへの感謝。もちろん中身はルルーシュではなくスザクと知ってのことですが、それは決して口にできません。
♪だーれも知らない 知られちゃいけーないー ゼロの正体が誰なのかー
 何も言えない 話しちゃいけなーいー ゼロの正体がだーれーなのーかー
(今日もどこかでデビルマンの曲調で)
ちなみにナナリーももちろんスザクだと知ってるけど、人前ではそうしません。そこのところがもどかしいんだよなー。

けれど平和を願う希望が打ち砕かれる事態が発生。元日本解放戦線の生き残りである坂東が空港を制圧して四千人もの人々を人質にして立て籠もったのだ。これというのもゼロへの恨み。かつて共闘を持ちかけたけど拒否されて草壁中佐と片瀬少将を失ったことへの復讐だ。
主犯が坂東と聞いてスザクは驚く。小さな頃、剣の師範をしてくれた人だったので信じたくありません。けれど討たねば人質が危ないわけで、再びナイトメアに乗ることに。
geass201129-1.jpg
こんなこともあろうかと! ラクシャータは新機体を用意してました。紅蓮聖天八極式と同等の能力を持つ、漆黒のランスロット。その名もランスロット・アルビオンゼロ。はい「反逆のルルーシュ外伝 黒のアルビオン」に登場したやつですね。白ではなく漆黒なのはゼロの専用機体であることを知らしめるためなんだろうな。

その圧倒的機動力で反乱軍は瞬く間に全滅状態。坂東に投降を迫るも、ランバラルのように爆薬を抱いて自爆してしまいました。でも本人は満足して散っていった。なぜなら飛んでいる飛行機のデータを改ざんし、三機が空中衝突するように書き変え済みだったからだ。残された時間は50秒。この僅かな時間内でスザクは解決しちゃうんですよ、信じられないけど。
geass201129-3.jpg
助かった親子を見てスザクは喜びます。が、その親子は色は違うけどランスロットなことに気付いて嫌がるように立ち去った。ランスロットは忌まわしいルルーシュの片棒を担いでいた機体だったことから、嫌なイメージしか残ってないからだ。その現実をまざまざと見せつけられたスザクは、まだ平和が遠いことを知らされるのでした…
geass201129-4.jpg
で、この二人もチョイ役で登場。右は本編の重役を担うシャムナ。コード継承者になったけれど未完全だったという場面。左は魂の無い状態のルルーシュ。どうやって正気に戻るのかは映画を観てください。

ところでコードギアスはまだまだ終わりません。ルルーシュの誕生日である12月5日に新たなプロジェクトが発表されるとのことで、これは楽しみでしかありません!

コードギアス 復活のルルーシュ (1) (角川コミックス・エース)
railgun201127.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第129話
前回から引き続き獄門開錠編のエピローグ。先ずは久しぶりに登場の第二少年院の院長・橋国(きょうごく)から。脱獄トライアルで設備を色々と壊されたばかりか、賞金10億円も支出。更に嬉美と美琴との戦いによる出費も加算されてお金に困ってる橋国院長。そこに渡りに船と、どこぞの企業が融資してくれる話が持ち上がります。

ただし条件は「嬉美の身柄を引き渡す」こと。また今後こちらに入所してくる高レベル能力者も提供してくれるのなら、融資額を10倍にしてもいいと言ってきた。こんな虫のいい話に所長は思う。
これが青星君の言っていた──

それは逮捕後の青星との接見でのこと。なぜこのような事態を引き起こしたのか語ってくれました。大雑把に説明すると
・嬉美の能力が狙われていると知り、出自を偽って入所させて匿った
・けれどいつかバレるし、第一少年院では人身売買があった。だから第二少年院の創設と、脱獄トライアルを利用した嬉美の安全を確保する計画に乗った(ただし嬉美自身は学園都市の情報を世界にバラまこうと勝手に計画変更)
・嬉美たちを捨て置いていたことに罪悪感があった
railgun201127-.jpg
そして青星自身も雷斧も釣鐘も嬉美も、本当は自分を罰してくれる相手を求めていただけかもしれないというところで青星との回想は終了。話の中で出た第一少年院での人身売買。そうか、それはコイツがやっていたのか…
差し出された契約書を破り捨てる院長。激昂したコイツは「どいつもこいつも学園都市の鼻つまみ者だろうがッ!!」「そんなヤツらどうなろうと…」と叫んだものだから今度は院長が激昂!
railgun201127-1.jpg
やかましいッ!!!! ここは私刑の場ではない! 更生施設だ!!
我々だけは彼ら彼女らの未来を信じて!!
最後まで見限ってはならんのだっ!!!

ほほう、自分のロボットを作るなど公私混同はあったものの仕事への信念は本物だったみたい。
橋国院長、あんたイかしてるぜ!

格好良くキめたはいいけれど、お茶を吹き出す事案が発生。222号室の釣鐘が脱走したというのだ。
railgun201127-2.jpg
甲賀を裏切った釣鐘。近江に殺されることを望んでるけど、近江は釣鐘の処分は学園都市に任せるとして手を引いた。そうとは知らない釣鐘は「私が半人前だから襲って来ない」と思い込み、伊賀に弟子入りして強くなろうというわけだ。
その伊賀忍者とは郭(くるわ)。とある魔術の禁書目録SS 2巻に初登場した子です。一方的な弟子入り志願に嫌な顔はしないものの、脱獄の手引きをした共犯者と勘違いされて追われる身になっちゃいました。
railgun201127-3.jpg
もらい事故な格好で逃げる郭と、弟子入りした気分の釣鐘。いやはやどーなっちゃうのかな?
エピローグが続くのはいいけれど佐天さんが倒れたままなのが気になるところ。次回こそ佐天さんの回復具合を報告すると共に、獄門開錠編のラストを飾ってよ!
shiden201125.jpg
『イブニング』連載、「紫電改343」の第8話
343航空隊設立のため菅野率いる戦闘301飛行隊が先遣隊として紫電改に乗っていたところ、坂井三郎が属する戦闘701飛行隊が来て「我々が紫電改を優先的に使用する」と言ってきた。両者即発の場面で菅野が現れ、だったら菅野と坂井の模擬戦で勝敗を決めることになりました。
こうしてラバウルの撃墜王・坂井三郎vsフィリピンの撃墜王・菅野直の一戦が始まります!

勢いよく飛び出したのは菅野の紫電改。そりゃ坂井の乗る零戦の倍はある二千馬力ですから上昇力は折り紙付き。伊達に「遅すぎた零戦後継機」とは言われません(もっともこれは後年になってからの言葉だけどね)。グングン上昇し、そのまま下降して仕掛けると思いきや…
shiden201125-.jpg
まさかの坂井が得意とする左捻り込みを披露。本人の目の前でやってみたかったんだね。これというのも「自動空戦フラップ」なる機能があるからこそやれたみたい。ただし零戦より1t以上重い機体なことから失速しかけて、慌てて姿勢を戻します。
これを見ていた坂井は「無茶を平気でやってくる」と評価するも自信あり気。何より実戦ではなく模擬戦、後ろをとれば勝ちというルールだからだ。
shiden201125-1.jpg
紫電改は新鋭機ではあるが零戦のような万能機ではない。今回のような格闘性能で競い合う場合は我が零戦に分があると、ジリジリと紫電改の後ろに近づきます。ははーん、紫電改は馬力はあっても格闘戦となると速度を落とさざるを得ない。ならば重量の軽い零戦が有利になるってことですね。
あと少しで後ろを取られるという場面で、菅野はたまらず上昇して雲の中に逃げ込んだ。隠れたつもりか? 待てばいいだけじゃねーか と、坂井は高度を落としてくるところを待ち続ける。そこでやっちゃったんだなぁ。
shiden201125-2.jpg
菅野はいつの間にか右後方にいました。つまりあっけなく勝負はついたというわけ。701の松場は語る。「菅野大尉があの事に気が付いたって事だ」。事実、菅野からも「今の俺が狙える死角はあそこしかなかった」と言ってます。そう、それは坂井は右目が見えないということ。菅野は飛んでるうちに坂井が右後方の死角をカバーして戦ってることに気付いた。だからその方角から下降して後ろをとったというわけだ。
shiden201125-3.jpg
その夜、坂井は菅野について語る。闘志は認めるが隊長としては大雑把。ついていくには命がいくつあっても足らねぇぜ。
隊長としての器なら我々の隊長の方が上さ!
てことは戦闘701飛行隊長・鴛淵 孝(おしぶち たかし)が近いうちにやって来るってことだ! 今現在は昭和19年の12月末頃(のハズ)。この時期、鴛淵は負傷療養中で、やって来るのは昭和20年1月になると思います。

紫電改343(1) (イブニングKC)
fuuto201124.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の87話
三週間ぶりの連載再開。それで次回はまた3~4週間後だと!?
もういいかげんにしろよ!!
こんなんばっかしじゃん。もうちょっと普通に連載できんのかなぁ。

回線で繋がっていたルーク・ランカスター博士がドーパントに襲われた! 翔太郎とフィリップはWに変身し、ハードボイルダーで颯爽と出動…かと思ったら、響子さんが鞭を使って転倒させちゃうとは。そもそもルークの居場所は響子さんしか知らないわけで、Wはどこに向かって行くつもりだったのかな??

博士のいるホテルの部屋に入ったら、例の笑い顔でお亡くなりになってました。
fuuto201124-.jpg
そしてドーパントはコイツ!
何このサイドチェストっぽいキめポーズは。あぁそういや昔、ムキムキマンっていたなぁ。メタルダーではそのまんまの名前で出演してたっけ。光ゲンジがハヤっていた時期なことから、ローラースケートのアイドルグループが出たことがあったけど全く売れませんでしたね。
かなりふざける一方で博士をビーム?で燃やしてしまう残酷ぶり。この仕打ちにWの怒りが爆発。マジ殴りで13階から突き落としただけでは足りません。
fuuto201124-1.jpg
クラブ・ドーパントを倒した時に使った新技・ジョーカーバックドラフトで追い打ちです。これで決まりか? と思ったら身体が小さくなっちゃった。まぁ登場してすぐ倒されるようなドーパントがいるとは思わんけど、必殺技たる「マキシマムドライブ」の価値が下がってる気がするのは私だけでしょうか。

身体が小さくなったら思考力も子供並みになったらしく、ある映画の名前が出てこない。Wもそこで「ナイトミュージアム?」と教えちゃうとはギャグ回かよ。その要らぬ入れ知恵のせいで大変なことに!
fuuto201124-2.jpg
壁にあった超恐竜博のイラストが実体化しちゃうとは!
これと戦うとしたら大変なことになりそうだけどな。ところで今回のドーパントの名前はなんだろうね? サブタイトルから「L」(正確には小文字の「l」)が付くらしいけど。
boku201121.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問183
人に深く踏み入れることができないという桐須先生。それはやはりフィギュアスケートが影響してました。練習のため修学旅行に行けなかったし文化祭も参加できなかった学生時代。けれど今年の文化祭には初めて参加できるチャンスを得た…のですが人の輪に入って行けません。これというのもフィギュアをやるのに「まわりは全て敵」と教えられたことから、個人に深く踏み入ることができない性格というか感情になっていたからでした。

…と唯我に説明する先生。だから人を愛することも愛されることもわからないので貴方の気持ちに答えられないと、改めてお断りします。
boku201121-.jpg
が、唯我はそんなこと気にしません。むしろ好きな人のことが知れて嬉しい様子。あぁわかるなぁ、好きな人のことなら何でも知りたいよねー。
数週間後、唯我は先生になって初めての文化祭を迎えます。今年はどうしてもやっておきたいことがあるとか。
boku201121-1.jpg
それは「お助け部」という生徒をフォローする係。それに付き合わされてメイド服やらチャイナ服を着て大忙しの先生。唯我いわく、ただ見て回るのではなく生徒と同じ目線になることで、生徒の困ってることや問題点がわかるんじゃないかという発想です。
まぁそれが正しいかはともかく生徒たちに感謝されたのは間違いないわけで、そのお礼として出店の食べ物をたくさん貰っちゃいました。文化祭にいい思い出がない先生は戸惑いながらもお腹いっぱいいただきます。
実は唯我の狙いはここにあったのです。
boku201121-3.jpg
学生当時に味わえなかった青春の学園生活。失われた時間を取り戻すべく、先生は楽しんでいいんだよ!
shiden201120.jpg
『イブニング』連載、「紫電改343」の1巻です。
いま私がノリノリでレビューしてるのがこの漫画。戦記物は好きですから。全話レビューしてるので詳細はそちらをお読みください。
新連載「紫電改343」 実在した撃墜王・菅野直の戦いを須本壮一が激筆す! 1話
紫電改343 新設する飛行隊に勧誘する源田だが菅野の意志は変わらない 2話
紫電改343 家族と再会する菅野。帰らぬ気持ちを秘めたまま 3話
紫電改343 直掩任務を軽視されて憤慨し、新航空部隊への転属を決めた菅野 4話

ここからは収録してる1~4話をダイジェスト紹介。
昭和19年。日本の戦況は悪化の一途を辿る中、フィリピンの306飛行隊の菅野 直(かんの なおし)は「一出撃 二撃墜」を掟として奮闘。機銃を撃ち尽くしても翼をぶつけて爆撃機を撃墜するという、無謀ともいえる戦闘で勝ち残っていた。ちなみにこれは実話ですからね。これを基にブレイブウィッチーズの菅野直枝は素手でネウロイを撃墜する設定になってます。
shiden201120-.jpg
けれど自分だけではどうにもならない状況に、ある思いを抱いていた。それは体当たり戦法。いわゆる特攻です。近いうちに上層部が非常手段としてこれを用いると聞きつけて、栄誉ある一番機になろうというのだ。
けれどそこに登場したのが源田実大佐。世界各地で奮戦してるエースパイロットを集めて本土防衛の最強部隊を作るから、菅野にはその指揮官をやって欲しいと持ち掛けて来た。菅野はもちろんこれに反発。気持ちは既に特攻に傾いており、今さら考えを改めるつもりはありません。
shiden201120-1.jpg
が、特攻一番機には同期だった関行男に決まったことと、飛行長の命を軽く見ている態度に腹を立てて考えが一変。新設される最強部隊・343飛行隊に加わる決意をするのでした。

それと巻末には前日譚となる読み切り「五十六の密命」を収録。これもダイジェストでやっちゃいます。
昭和18年、"双胴の悪魔"と呼ばれるP-38によって命を奪われた山本五十六。その一年後、源田実は海軍省の会議に参加していた。ただし体調はすこぶる悪くて熱があり、途中退席してしまう。
shiden201120-2.jpg
それを冷ややかに見下す幹部たち。重要なときに熱を出してしまうからだ。「終わったな」「所詮 山本長官あっての人物だったのさ」と源田には明日が無いことを告げる。実際のところ源田自身も「いつ切腹しようか」と死ぬ時期を窺っていたらしい。
でも山本長官の親友だった堀悌吉から、山本が残した草案を見せられた。それは新たなる航空部隊の設立。当初は意図するところではないとするも、失うものは何もないことから態度を改めた。
shiden201120-3.jpg
こうして343航空隊の実現に向けて動き出したというわけ。
ここまで書いて気付いたけど主役は菅野なのに源田がメインになったレビューになっちゃったな(笑)。よって菅野について書きます。実在した撃墜王で破天荒な性格。それは「ドリフターズ」でも描かれてる通りです。でも部下への面倒見はよく、特攻に引っ張られるところを断固拒否して行かせなかった逸話も残ってます。現在の漫画はまだ部隊設立前だけど、設立後の活躍には大いに期待してます。

それとこれは関係ないけど30分のテレビドラマ「ゼロ戦黒雲隊」のオープニング。全26話製作ながら第一話を除いた2~26話のフィルムが存在していないため幻の作品となってます。オープニングは模型と戦時中の実際の映像で構成しており、P-38や一式陸攻?も見受けられます。ウルトラマンに出演する以前の石井伊吉(毒蝮三太夫)もメインの一人。私としては零銭が魚雷を切り離すところが見どころ。こういう場面は当時の映像でもあまり見ませんからね。
・追記
その1話を収録したDVDが遂に出ます! ただし「われら九人の戦鬼」「柳生武芸帳」「忍びの者」も含めた全4作品の第一話だけを収録したものになります。とはいえ初のソフト化なのでこれは買う価値があるな!
 

紫電改343(1) (イブニングKC)
往年の傑作テレビ映画 第1話特集2<デジタルリマスター版> [DVD]