kinsho191114.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の143話
どうやってこの場所がわかったのか知らないが(笑)『アイテム』のアジトである高級スポーツクラブのVIP部屋に侵入してきた垣根帝督。 絹旗はすぐさまソファを投げつけて けん制すると共に、壁をぶち破って浜面と滝壷を逃がしにかかる。帝督が来た目的が滝壷にあると踏んでの算段だ。何せ滝壷の能力は地球の裏側に逃げようが追跡できるので、厄介この上ありませんからね。

むぎのんと帝督が交戦中の間、絹旗は砂皿の狙撃を受ける! 強力な磁力狙撃砲の銃弾を数発受けて倒れるも、すぐさま起き上がれるのは『窒素装甲』の能力ならでは。逆に小型ミサイルを放って砂皿を部屋ごと吹き飛ばします。
そこに帰って来た帝督。むぎのんとの戦いは「大したことなかった」そうだ。やはり学園都市第二位は伊達じゃないってことなんでしょう。
kinsho191114-.jpg
帝督は改めて絹旗を見るや「暗闇の五月計画」の残骸だとつぶやいた。これは一方通行の演算パターンを参考にして強化・最適化を図る実験のこと。成功したのは数人しかおらず、その一人が絹旗最愛なのです。
滝壷の居場所を訊きだす帝督ですが、絹旗がすんなり教えるハズもなし。「そんな交渉に応じる馬鹿がいると思うんですか」と返すも…
kinsho191114-1.jpg
いるんじゃねぇの? フレンダとか
あぁこれでこのアジトの場所をチクッたのがフレンダだとバレちまったよ。むぎのんの粛清が怖いわ。こうして帝督と絹旗との戦いが始まるも一瞬で決します。やはり下剋上とはいきませんか。
エレベーター待ちをしていた浜面と滝壷に、失神した絹旗を引きずった帝督が追いついた。ようやく扉が開いたエレベーターに滝壷を乗せようとするも、浜面は逆に放り込まれてしまいます。
kinsho191114-2.jpg
それは無能力者である浜面を逃がすために滝壷が身を挺して庇ったということ。下るエレベーターの中で苦悶する浜面に、当麻の言葉が突き刺さる。
馬鹿にされてきたって言うなら 理由は力の有り無しなんかじゃねえ!
kinsho191114-3.jpg
急いでエレベーターを元の場所に戻してみれば、滝壷が倒れてました。むぎのん・絹旗・滝壷と、全て帝督一人にやられたわけで、こりゃもうお手上げするしかないですね。
とある魔術の禁書目録(23) (ガンガンコミックス)
とある魔術の禁書目録(23) (ガンガンコミックス)
とある魔術の禁書目録(インデックス) 23巻 (デジタル版ガンガンコミックス)Kindle版
スポンサーサイト



boku191111.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問135
自分、二次試験の実施日を一ヶ月ばかり勘違いしてましたわ。2月最後の土曜・日曜なのね。てことは あと三週間後ぐらいなのでまだちょっと余裕がありますか。
2月3日の節分の日の緒方うどん店。オヤジは町内会の豆まきで外出中。店内では緒方さんと唯我が勉強しており、緒方さんは↑のような鬼のコスプレしてますよ。亡くなった祖母の手作りだそうだけど、そこは虎柄ビキニのラムちゃんにすべきだと思うんだ!

唯我は疲れ気味と聞いて緒方さんが取り出したのはヒモで吊るした五円玉。そう、問91の催眠術が再び登場。今度こそ唯我を甘えさせてリラックスさせるつもりなのだ。
ぼくたちは勉強ができない 問91 甘えられない唯我に緒方さんが一肌脱いだ!
boku191111-.jpg
そのタイミングで来店したのは桐須先生。案の定 催眠術にかかってしまい、唯我に甘え始めると共に鬼のコスプレをして唯我は「両手に花」ならぬ「両手に鬼っ子」状態でうらやましいぞ1?
更に緒方さん自身が催眠術にかかってしまったらしく、同じく唯我に甘え始めます。
boku191111-1.jpg
それがどういうわけだか「私の方が唯我を上手く甘やかせる」争いとなってしまい、こりゃもう唯我にとっては酒池肉林だね。けれどもしこの状態をオヤジに見られたら殺されるのは明らか。それまでに何とか催眠術を…と努力した結果、帰宅ギリギリになってセーフ! 先生はそのまま試験対策の勉強にも付き合ってくれたそうで、緒方さんは感謝します。もっとも催眠術にかかってた間の記憶が全く無いらしいけどね。ってことは、緒方さんの記憶も無いんだよな?
boku191111-3.jpg
バッチリあるじゃん。いや、ひょっとして…というか最初から催眠術にかかっておらず、先生にヤキモチを焼いて唯我に甘えるために「催眠術にかかってるフリをしてた」とは策士じゃん!
termi191109.jpg
「ターミネーター2」から28年。その正統な続編として作られた「ターミネーター :ニュー・フェイト」を観てきましたよ。原題は「ダークフェイト」(暗い運命)なのに邦題は「ニュー・フェイト」(新しい運命)と、真逆なほどに改名。これは縁起担ぎとか、気持ちによる影響からでしょうか。尚、ネタバレありなのでご注意ください。

・冒頭10分ぐらいで衝撃的なことが起こります(「2」で守った意味がねーじゃん!)。サラ・コナーは未來を変えたけれど、ならばあのT-800はどうやって作られたわけ?

・未来から転送される際は例によって全裸。今回 女戦士のグレースが来るわけですが全然エロさを感じないところが「戦士」らしく感じられていい! また従来は熱を帯びての転送なのに対し、今回は冷気を帯びての転送。ここのところが「スカイネットが敵じゃない」とハッキリわかる現象でしょう

・ハッキリ言ってジジ・ババのアクション映画。年老いているのに若者と引けを取らない動きをしているリンダ・ハミルトンとシュワちゃんに驚かされます

・そのシュワちゃんに犬が吠えるどころか懐いているところにも、従来のターミネーターとは違うと思わせる演出が成されてます

・今回の敵「REV-9」は人を殺しすぎ。しかも徹底的に追い詰めていくところは最強の敵と断言できるかもしれないね

・最後は未來からの遺物が残ることになってしまいました。「2」はこれを恐れて溶鉱炉に沈んだのに、これではまた未来が未来が大ピンチになってしまうんじゃないの?
uq191108.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.166 祝杯
バアルを撃退したナンバーズ&ダーナ。海に落ちたバアルはそのまま逃げ去ったらしく、周囲300キロにも痕跡なしだという。こうして敵は去ったものの、仙境館はことごとく破壊されて復旧にはかなりの時間を費やすことになるだろう。が、建設時にネギが形状記憶魔法陣を敷いていたそうで、雪姫・刀太・七尾の魔力で元通りにしているのが上の画像。本来なら数か月かかる建設を三日でやってしまうというのだから、さぞ壮観な状況だろうね。

敵は去った! 仙境館も元通りになる! UQホルダーのナンバーズも晴れてNo.1~12が勢揃い! というわけで無礼講の酒宴が始まります。それを仕切るのはNo.3の七尾だ。敏腕執事を自称してるヨ。
uq191108-.jpg
ついさっきまで敵だった者がしれっと味方になってることに夏凛ちゃんたちが気に入らないのは無理もないでしょう。読者としても急に性格まで変わってることに違和感を覚えます。どうやらニキティスがバアルの心臓を握りつぶした際に核も破壊したらしく、その隙にダーナと雪姫が支配権を奪ったそうだ。雪姫は特に戦った姿が無かったけれど、影でこの様な仕事をしてたのね。そういや"支配されていたダーナ"が"支配されてないダーナ"に倒された理由がまだ判明してません。私は支配される前のダーナが時間を飛び越えてやって来たと思ってるけどそれでいいよね??

さて敏腕執事を自称してる七尾はパーティーの席に合うように、皆の衣装をドレスアップ。特にキリエ・九郎丸・夏凛ちゃんにはウェデイングドレスにしてしまいます。
uq191108-1.jpg
人の好意を目視できる能力があるらしく、刀太に好意を持ってる三人をウェディングドレスにしたというわけ。九郎丸が完全に女性にしかみえないんだけど? 関係ないけどセーラームーンが流行ってる当時にウェディングドレスで戦う「愛天使伝説ウェディングピーチ」って覚えてる? またナース服で戦う「ナースエンジェルりりかSOS」ってのもあったよなぁ。

刀太は""最強の超剣士""と聞いて十蔵に剣の教えを乞う。それを聞き捨てならんと茶々を入れてきたニキティス。二人の間に火花が散りますが、「概念を斬った」ことで更にエスカレート!
uq191108-2.jpg
また十蔵と源五郎は甚兵衛の弟子という点で張り合います。このように同じナンバーズではあるものの個人同士の関係は一筋縄ではいかないようだ。なんかニキティスが"かまってちゃん"に見えるのは、前回 刀太から「ダチになろうぜ ニキティス」と言われたのに、刀太が全然構ってくれないのでヤキモチを焼いてるように見えてしまいますよ。
uq191108-3.jpg
ニキティスと十蔵の争いはエスカレートして戦闘に発展。更にダーナも巻き込んだことで周囲はもう大変なことに! まぁこれも敵がいなくなったからこその「酒宴の出し物」なんでしょうけど!
それはそうとフェイトは首だけになりながら生きていることが判明。バアルの逃走経路からヨルダの所在場所が割り出せる可能性が出てきたことで、雪姫は反撃に打って出るつもりのようだ。
kenshin191106-.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第20幕
家族全員を殺された恨みを持つ三島栄次が乱入し、宗次郎に向けて弾丸が放たれた! …で終わった前回の幕引き。今回始まったら弾丸は凍座に目掛けて発射されたものでした。もちろん難なく受け止めたので大事には至りません。
栄次は志々雄一派も属している劍客兵器討伐隊への入隊を正式に要望。そのため任務を第一としたから宗次郎を撃たなかったようだ。けれどお前らが逃げたり裏切ったりしたら容赦はしないとニラミを効かせる。
kenshin191106-1.jpg
宗次郎はこれに「圧倒的に弱い君がもし僕達を斃すことがあれば 志々雄の信念をも覆す君の勝利」だと、栄次の気持ちを汲んだ。目には見えぬとも互いの信念が火花を散らしているのがわかりますね。
さて、剣心と凍座の戦いが再開。第18幕にて九頭龍閃が通用しなかったのに一体何をする気なんだ?
kenshin191106-2.jpg
九頭龍閃!
先ほどより剣気の激しい九頭龍閃を見舞います。でも凍座は倒れない。
九頭龍閃!
なんと九頭龍閃が二連発! これでも耐えてみせる凍座。ここで初めて闘姿が視えたようだ。それだけ剣心の気合が入っていたということなんでしょう。
kenshin191106-3.jpg
これが剣心の闘姿である『静止する龍巻』。妖魔や神獣の類ならば対処もできよう。だが自然現象が相手ではどうしていいのか わからんと、凍座は成す術がありません。
kenshin191106-4.jpg
九頭龍閃の三連発! つまり二十七頭龍閃!!

あぁ昔あったな。知らない人が多いと思うけど昔の特撮番組に「超人バロム・1」というのがありまして、必殺技はバロム爆弾パンチ。ある回にてこの爆弾パンチが破られるんです。ならばバロム1はどうしたか? 「もう一度バロム爆弾パンチ」を使って倒すのですよ。つまり一度でダメなら二度三度繰り返せばいいってこと。物量で押し通せば何とかなるという見本のような攻撃方法ですな。

さすがに全身血まみれとなり失神寸前の凍座。斎藤は意識を失う前に次の実検戦闘はどこだと訊いてみた。
kenshin191106-5.jpg
小樽と札幌の二元作戦のようです。となると隊を二つに分けることになり、戦力が分散するのは痛いとしか言いようがありません。ではいったいどのように分けるのかが今後の関心時になりそうだ。
kenshin191106.jpg
これは名鉄沿線などに置いてある明治村✕剣心のコラボイベントの四つ折りリーフレット。展示物の紹介やイベント内容、コラボしてるグルメ食品の案内など、明治村でやってる概要が分かるようになってます。今しか入手できないよ!
tanza191103.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の16話
一葉(V3)と三葉(ライダーマン)の戦いが決着して三葉が決勝戦進出。残り一枠を賭けて丹三郎(仮面ライダー)とユリコ(タックル)の戦いが始まろうとしていた。両者 気合十分で一葉は「仮面ライダーとタックルだ」と語るも、ユカリスには「お面をつけたアブないおっさん」と「電波人間と叫んでるデンパな女教師」にしか見えないようだ。まぁそりゃそうなんだけど、そこは「考えるな、感じろ」ってやつで察しろ!

丹三郎はヒーローウォークで間合いを詰めるもユリコは蹴りを入れてペースを取らせない。が、ここで渾身のライダーパンチが放たれてユリコは尻もちをついて難を逃れます。
tanza191103-.jpg
このときの丹三郎の足の運びは「エアマスター」を彷彿とさせるものでした。「一発でもっていかれる」…ユリコは蜘蛛男をダウンさせたワンパン力を大いに警戒。また一葉たちもパンチ力だけならこの五人の中で群をぬいてると、改めて破壊力を知らされます。
パンチを警戒したユリコは足を使って近寄らせまいとするも、丹三郎はゴリ押しでパンチを見舞う。このやりとりの後、丹三郎は上着を脱いでライダーポーズ。ここからが本番だという挨拶なのだろう。これにユリコも応え、「電波人間 タック!!!!」と叫ぶ。以前もあったけれど、番組内では「タックル」ではなく「タック」と聞こえるのでそれを忠実に再現してるわけね。
ちなみにこの名乗りを見ていた一葉はユリコに恋してしまったらしい。
tanza191103-1.jpg
両者 名乗り合ったところで今度こそユカリスには二人が本物の仮面ライダーとタックルに見えたようだ。尋常ならぬオーラがそのように見せているのだろう。たぶんきっと。よってここからは丹三郎やユリコと名前では呼ばず、ライダー・タックルと呼ぶことにします。

ポースをとってエネルギーを蓄えたライダーは、やはり豪快な大振り技を繰り出します。タックルは適格に蹴りを当てるものの全く通用しないのだから受け身にならざるを得ません。防御してるにも関わらず豪快な蹴りによって吹き飛ばされたタックルは地面に叩きつけられた。
一撃でこんな… じょ冗談じゃない
このときタックルはストロンガー30話「さようならタックル!最後の活躍!!」を観た時ことを思い出していた。タックルが死んだショックで一週間寝込み、これがきっかけで始まったタックル道。
ストロンガーは助けに来ないから
タックルは強くなくちゃいけない!!!

あの時の気持ちをいま全力で叫びたいそうだ。
tanza191103-2.jpg
6歳の頃から溜まりに溜まっていたものを吐き出したことでタックルは新成す。「炎の転校生」風に言うなら「タックル2」となりました。今までのライダー並みに豪快な蹴りを繰り出したと思いきや、ダブルアームスープレックスの体勢で後ろに落とすのではなく前に落とす! これぞ新技 新電波投げ! 顔面と胸を強打したことでライダーのダメージはデカそうだ。
tanza191103-3.jpg
形勢逆転のタックル。今のタックルには隙が無いだけにライダーはどう戦う?
strike191104.jpg
10月4日に上映が始まった「ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ!」を今になって観てきました。だってしょうがないじゃん! 全国で10数館でしか上映してないんだもん。上の画像は入場特典の島田フミカネ描き下ろしによるA4判ポートレート。本当なら先週までの特典なんだけど余ってたんでしょうね。そりゃそうか、何せ一日1回だけの上映なのだから。それに入場者も少なく、私も含めて二人だけ。ほぼ独占でしたよ。

で、内容は7年前の劇場版のほぼセルフパロディでした。そりゃ作品そのものが本家のギャグなのだから、劇場版も劇場版のパロになるのは至極当然かもね? だから静夏やハイデマリーももちろん出てきます。
OPはテレビシリーズそのまんま、エンディングが劇場版オリジナル。来年はストライクウィッチーズ ROAD to BERLINが始まるのでその情報もあれば良かったんだけどねー。
そういや再来年予定のルミナスウィッチーズの声優が今日あった『あきかるフェス』に出演したんだってね。まだ楽曲がほとんど知られてないだけに大丈夫だったんだろうか。