witces161203.jpg
『娘TYPE』新連載、「ワールドウィッチーズ 魔女たちの航跡雲」の3話&4話
新連載だった前回に続いて今回も2話同時掲載。一気にストックを作ったことから12月26日には1~4話を収録したコミックス1巻が早くも出ます。

帝政カールスラントの四強ウィッチ(人類最強の四強ウィッチ)を御存じだろうか。エーリカ・ハルトマンは勿論として、アフリカの星であるマルセイユ、サン・トロンの幻影であるハイデマリーはテレビ&映画に出演してるので多くの人が知ってることだろう。今回は残る一人、ハンナ・ウルリーケ・ルーデル大佐が主役です。
彼女は巨大な37mm機関砲2門によって地上ネウロイを攻撃することに特化。その功労によってウィッチでは唯一、金柏葉剣ダイヤモンド付き騎士鉄十字勲章をもらってるほどなんです。

その母国の英雄・ルーデルを取材しろと言われて嬉しがるのは新米の女性記者・ニールマン。彼女は魔女学校を卒業しており、同性ならば込み入った話も聞けるだろうと期待して措置でした。
先ずは外堀から埋めていこうと関わりのある人物への聞き込みから。ルーデルの上官に取材に行ったら何故か胃が痛い様子。かなりの問題児だったようだ。
witces161203-.jpg
いや、彼女は非常に優秀なことは優秀なんです。ひとりで千以上の地上ネウロイを破壊しており、それは一個師団の価値があると言われるほど。更に不死身で、何度 撃墜されようが必ず帰還してきた。それがネウロイのど真ん中であったとしても、だ。
けれど素行に問題があり、先の勲章を皇帝陛下 自らが授与する際に地上勤務を勧めたら「二度と地上勤務をしろと言わないのであれば、その勲章を頂戴したい」と言い切って陛下も上官も あきれさせたそうだ。

今度は元同僚で退役したウィッチから。ルーデルはどんな戦いにおいても決して諦めず仲間を見捨てなかったので多くの命が救われた。彼女は憧れの存在だったと。とっておきの話として歩けないほどの大怪我を負ってしまった際に見舞いに行ったら泣いていた。傷が痛いからではない、出撃できないから泣いていたのだ!
なぜそこまでして戦いたいの? バカなの? ニールマンはそう思いながらいよいよ ご本人と対面です。
witces161203-1.jpg
そしたらシャワーを浴びてからの全裸での ごたいめーん!(笑) 読者サービス兼、ズボラな面がわかるってもの。けれど身体のいたるところに傷跡が残っていることから歴戦のエースぶりが窺えます。
私のことを本当に知りたいのなら特等席を用意するとのことで、それは一緒に空を飛べということでした──

ネウロイ出現に合わせて空を飛ぶことになったニールマン。魔女学校に行っていただけに一応は飛べるものの、おぼつかないのは当然か。それでも覚悟を決めて戦局を見つめることにしました。
ルーデルは百発百中の腕前で地上ネウロイを次々と撃破していく。凄い、凄すぎます! シールドを使うまでもなく破壊していくとはと、ニールマンは興奮が止みません。でもそれは間違いでした。
witces161203-2.jpg
シールドを張らないんじゃなくて張れない。年齢的に"上がり"の時期を迎えており魔力が衰えているのだと。ならばどうして無茶をするのか? まるで命を捨てに行ってるとしか思えない行動にルーデルを問い詰める。
そしたら返事は「世界平和」だそうだ。つまりネウロイを全滅させればカールスラントは勿論、ひいては世界中の人々が安心して暮らして行ける。言葉で言うのは易しいものの、それは机上の理論、空想でしかないだろう。
witces161203-3.jpg
それでも信念を曲げずにネウロイに挑み続けるとは本物の大馬鹿者(英雄)だ!
苦戦したけれど大型ネウロイの破壊に成功。これを見届けたニールマンは取材の成果となる記事を書き始めたものの、彼女のことをもっと知りたいと筆を止めてこのまま密着取材を続けることにしました。
本当の彼女の姿を知るのはもうちょっと先になりそうです。
ワールドウィッチーズ 魔女たちの航跡雲 Contrail of Witches (1) (角川コミックス・エース)
スポンサーサイト
ashita161202.jpg
『ジャンプスクエア』掲載、「-るろうに剣心・異聞- 明日郎 前科アリ」の後編
冒頭は悪太郎(あしたろう)が•志々雄一派になった経緯から始まりました。志々雄が風呂に入ってる間に侵入し、飯を食い荒らしたんだと! えぇー志々雄のアジトってそりゃ厳重な警備なんでしょ? 当時11歳ぐらいだろう悪太郎が そこを搔い潜って侵入したなんて警備担当者は斬首ものだろうよ。

逆さ宙吊りにされますが志々雄には気に入られたようで一派の一番下っ端に加えてやるとのこと。
 弱肉強食の中を這い上がって来い! 俺の"十一本目の刀"になれる位に!!
 強くなってみせろ悪太郎 さもなくばてめえは一生──

そこで目を覚まします。はて、この後、何と言ってたっけ?

阿爛のツテで無限刃を売りに行った場所とは塚山商会。原作5巻あたりに登場した塚山由太郎の店であり、今は若旦那として貿易で財を成しているようだ。阿爛は高く買ってもらえるよう言葉巧みに交渉しますが嘘は通じません。
ashita161202-.jpg
「偽り事は必ず…取り返しのつかない傷を負わせる」。これは原作にて石動雷十太に憧れて剣の修行をしていたものの、石動が本当は悪党であり、そればかりか怪我を負わされたことを指して語っているのでしょうね。
そこへ刀を狙う賊長の手先が乱入したので逃げる悪太郎たち。それを見て由太郎は ちょっと出かけると店の者に言い残す。向かった先はいったい…

悪太郎は逃げた末に賊長に待ち伏せされる。いや、そうなるよう仕向けられていたのだ。特殊な武器を前に悪太郎は苦戦を強いられると同時に、阿爛が ひた隠していた生い立ちを知ってしまう。それを賊長が鼻であしらったものだから悪太郎はプッツンだ!
ashita161202-1.jpg
怒りによって志々雄が言いかけていた言葉を思い出します。
さもなくばてめえは一生 惨めなままだ
憤怒による力なのか、それとも刀が悪太郎を認めたのか、今まで全く抜けなかった刀身が現れた!
無限刀でブッ殺してやる!!!
刀を振り上げんとした時、その男が颯爽と現れます!
ashita161202-2.jpg
    剣 心 来 ち ゃ っ た !
由太郎は剣心を呼びに行ったのですね。これを見て旭は そそくさと逃げ出した。コイツに勝てるわけがないと わかったからです。だけど賊長は誰だか知らないようで突っかかり、龍翔閃で一撃でダウンですわ。賊長とは言うものの、志々雄が戦っていた相手のことすら知らないのだから一派の中では下っ端だったんでしょうね。きっと。
ちなみに弥彦が「使うか?」と逆刃刀を差し出してるのは、今は弥彦のものだからです。

この後、神谷道場に連れて行かれた悪太郎と阿爛は 握り飯をたらふくいただいて大満足。この握り飯は薫が作ったものだろうけれど料理の腕が上がったのかな? まぁ腹が減っていれば多少アレでも…(笑)
ashita161202-3.jpg
二人とも神谷道場 預かりとなり門弟札をいただいた。そこに書かれていたのは悪太郎ではなく明日郎。新たな一歩を踏み出すための この名前は本人も気に入ったようだ。
こうしてこの物語は幕を下ろすわけですが、これは新しい物語のプロローグでもあったのです。
ashita161202-4.jpg
「るろうに剣心・異聞」改め
「るろうに剣心・北海道編 序章 明日郎 前科アリ」──おわり

明治十六年の初秋の北海道を舞台に北海道編が始まるんだね。北海道といったら志々雄一派の不二が屯田兵として働いているハズ。この絵の中に今回逃げ延びた旭も描かれていることから登場するんだろうな。始まるのは来春です。

これを見て一番思うのはポリメットからスーツが出るんじゃないの?
まさかの着替えかよ! これではポリマーホークとかに転身しそうもない(出来そうもない)ね。
敵についてはわからないけどチンピラ程度では力不足。やはり〇〇怪盗団といった犯罪組織に立ち向かうようにして欲しいです。

で、明日3日は「マサユキ前線2016」の安城リクエストショーに行きます。
マサユキ前線2016
↑これが各会場ごとの写真です。ご覧の通りにせいぜい20~30名程度の観客の前での弾き語りなので、正にマンツーマンといったフレンドリーなツアーなんです。安城は地元ということもあって推定100名弱ぐらいは集まるんじゃないかな。一緒に歌ってきますからね。
sakura161201.jpg
『なかよし』連載、「カードキャプターさくら クリアカード編」の7話
3号連続の表紙&巻頭カラーは今回でラスト。けれど当漫画のアニメ化が発表されましたー。放送開始は2018年の1月なのでほぼ一年後。そりゃまだ7話でストックが無いから当然それぐらいにはなるでしょうよ。

前回、4枚目のクリアカード「反射 -REFLECT-」を手に入れて帰宅した さくら。けれど突然、眠るように倒れてしまう。そこで見たのは またしてもフードを被った人物だった。今までは ただ立っているだけで何もしなかったけれど、今回は さくらの鍵(封印解除(レリーズ)に使うヤツね)がどういうわけだかフードの人物に引っ張られていく。止めようと両手で握っても力を抑えられず、手の届く距離まで接近。
そこで見たのは…私と背が同じぐらいの高さだった。って、それだけかよ!www 顔は見れなかったの? 背の高さぐらい遠くから見てだいたいわかりそうだと思うけどね。

翌朝、桃矢の焼いたパンケーキを三枚いただきます。その際、態度に何か思ったのかじっと見つめた後に
sakura161201-.jpg
「まだ…か」と謎の一言。えーと、これは何かの伏線でしょうか? 今後に持ち越しです。
学校に行ったら転校生がやって来ました。名前は詩之本 秋穂(しのもと あきほ)ちゃん。さくらとはたちまち意気投合し、一緒にお昼ご飯を食べるまでに。
sakura161201-1.jpg
木之本 桜と詩之本 秋穂、私たちってなんとなく似てるね。仲良くなりたいです、よろしくお願いしますと手の差し出して二人は握手する。名前も似てるけれど背の高さも同じぐらい。これはフードの人物と関係あるのだろうか…
sakura161201-2.jpg
この転校生について小龍はエリオルと連絡を取っていた。あぁこの二人はやっぱり繋がっていたのか。クリアカードに関する何かを知っていながら さくらに連絡せず沈黙を続けるエリオル。同じく さくらに知られないよう何かをしている小龍。なぜそうするのかわからないので読者としては不信感でいっぱいです。
秋穂ちゃんに関して小龍は魔力は何も感じないとし、エリオルもタロットカード占いで何ら問題は無しという結果に。本当にただの友達ならばいいのだけれど。
カードキャプターさくら クリアカード編(1) (KCデラックス なかよし)
カードキャプターさくら クリアカード編(1) (KCデラックス なかよし)
カードキャプターさくら クリアカード編(1) 特装版 (講談社キャラクターズA)
shin161201.jpg
今週の『漫画ゴラク』の次号予告に「真!!男塾」が載ってます。
圧巻驚愕 新連載
男とは何か? 命とは何か?
全ての答えを解き明かす。
30年にわたる男塾サーガ……
その最終形態がここに!!
真!!男塾
表紙&巻頭カラーにて、待望の開講である!!!!

「男とは何か? 命とは何か?」って、独眼鉄が初登場の時に言ってたセリフじゃねーか!
shin161201-.jpg
この後、富樫が「この なぞなぞ野郎がーーっ!! これが富樫源次の男じゃーーっ!!」と独眼鉄の顔面に蹴りを入れて「なかなかの答えだ」と返答するのですよ。もう既に答えが出てるんじゃねーの?
「極!!男塾」は"男塾最終章"との触れ込みで始まり、「真!!男塾」は"最終形態"として開始ですか。なんでこうも"最終"が着くんでしょうね? ともかく来週からの連載を楽しみにしてます。
gallery161130.jpg
11年ぶりの新刊となった「ギャラリーフェイク」の33巻です。
連載は2005年に終わったものの、2012年に東日本大震災の復興プロジェクトで前後編2本が登場。今年になって『ビッグコミックスピリッツ』創刊35周年記念として計5本が描かれ、これらをまとめた一冊となってます。

震災の復興プロジェクトでの話は『ヒーローズ・カムバック』からの転載という格好。3・11当時、宮城県に居合わせたフジタは地震直後に旅館を脱出。高台に逃げ延びたことで津波被害には遭わなかったそうだ。帰る手段も無いことから二週間 現地に居座ることになり、この間に被災者の苦労を知った模様。
けれど悪徳骨董商にとっては こういう時こそ稼ぎ時(フジタも人のこといえないけどねw)。お金が必要なのをいいことに相場より安い値段で買っていくのです。
gallery161130-.jpg
でも今回のフジタは逆の立場。ガラクタを価値のあるものだと思わせて二人で競り合い、相手に大金を払わせることで見舞金にしてみせます。これは勧善懲悪で実に爽快感がありますわ。もしこれをフジタがやったら復興プロジェクトが台無しになってたね。

スピリッツ創刊35周年記念の話はロンドンから。盗んだ絵画を美術館へ買い戻させる交渉人となったフジタ。その絵画は盗んだ際に一部が損傷してしまい、また保存状態が悪かったことからカビも生えていた。これでは希望価格では買ってくれそうにない。でも俺が修繕すれば希望価格の倍で売れるだろう。ただし価格の10%をいただくけどね! と、ここでいつもの悪党ぶりを発揮する。むしろフジタにとってはこれが"通常営業"であり、復興プロジェクトの話が異様なんですけど。

その後、窃盗犯に協力したとして しょっ引かれるも、別件で無罪放免に。それは 巷で騒がれている宗教絵の破壊犯、偶像破壊部隊への捜査協力の依頼でした。
gallery161130-1.jpg
ビンラディンだったか、バーミヤン大仏の石像の顔を破壊したことがありました。それと同じように異教徒の偶像的絵画が許せないってことなんでしょう。これに怒るフジタ。フジタは悪党とはいえ美術に関しては全うであり、破壊なんて許せるわけがない。
こうして珍しく? 警察に協力することになりました。

その後、ボスニアやベルギーなどを渡って犯人の特定に成功。
gallery161130-2.jpg
美術館に入ったところでようやく対面となりました。けれど…
相変わらず絵画を描いた人物に対する造詣が深く、そこに犯人の心理を巧みに絡ませたストーリーとなっていて楽しませてくれます。私は「ゼロ」と並んで美術品を知った気になれる「ギャラリーフェイク」が好きですね。
ギャラリーフェイク 33 (ビッグコミックス) ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)
ギャラリーフェイク 33 (ビッグコミックス)
ギャラリーフェイク(33) (ビッグコミックス) Kindle版
ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)
ningyo161129.jpg
『ヤングアニマル』連載、「人魚姫の水族館」の1巻です。
水族館を舞台にイルカの新米トレーナーが成長していく物語。監修に新江ノ島水族館・サンシャイン水族館・山の水族館などをプロデュースした中村元 氏 (水族館プロデューサー)が務めているので基本的なノウハウは間違いありません。また愛知県蒲郡市の竹島水族館も協力してるとか。ここって昔ながらの水族館だけど展示方法に工夫したことで、ここ近年の入場者数が右肩上がりってことで地元の番組によく取り上げられてるところです。

海島海は学生時代に見たイルカショーに感動し、将来はイルカのトレーナーになると決めた。6年後、水族館館長のヒロシ叔父さんのコネによって入社したはいいものの、翌年とんでもない事態に巻き込まれる。
ningyo161129-.jpg
なぜか突然、ヒロシ館長が失踪してしまったのだ。ついでにイルカのテオまで行方不明に! イルカは他にシーマとグリコの二頭がいるものの、イルカたちは館長の言うことしか聞かない。なのに私がイルカショーをやることになるなんて…
人手不足を補うため館長の息子(らしい)の潮という少年を押し当てられたものの、あまりの世間知らずぶりにかえって邪魔でしかありません。でもこの少年、何か変だ。まさか…

海の予想は的中。この少年こそ行方不明になったイルカのテオなのだ。更にシーマは人魚へと変身。これはいったい?
理由はこうです。ヒロシ館長はイルカショーをやりたいとテオ・シーマ・グリコの三頭をスカウト。その際、言う事を7年聞いてくれたら人間にしてあげるという約束をしました。今年がその7年目で、館長は自らの身体を犠牲にして人間にしたというわけ。ところが無事に人間に成れたのはテオのみ。シーマは人魚に成れるものの人間には成れません。グリコは興味がなかったようでそのまんま。

その後、館長はヒトデに転生していたとわかり事態を把握。
ningyo161129-1.jpg
シーマは人間になれる原因を見つけるまで、テオは世間知らずを克服できるまで海に協力してイルカショーを成功させるべく働くことになりました。
翌日、イルカショーが始まります。シーマは会話ができるし協力しなければ人間になれないとわかっているので問題ないけれど、グリコは生粋のイルカ。思ったように動いてくれず観客を水浸しにしてしまう大失態を犯してショーは中止となってしまう・・・

調教が上手く出来ないからには見せられないとショーは当分の間お休みとなりました。海はグリコに何度も教えるも成果は一向に上がりません。いったい何が悪いのか? 試行錯誤した上で海は重大なことに気が付きます。イルカだって生きているからには感情があることを…
ショーの中止に関して議員たちが視察に来ることになり、そこで改めてショーを見せることになった海。限られた日程の中で完璧な演技を見せることはできるのか?

昔、『ジャンプ』で「ぼくの動物園日記」という動物園に勤める飼育員の漫画がありました。それを思い出しましたね。言葉が通じない動物を相手に四苦八苦するのは水族館も同じこと。相手の気持ちになって考えるのが大切なんですね。
人魚姫の水族館 1 (ヤングアニマルコミックス)
人魚姫の水族館 1 (ヤングアニマルコミックス)
人魚姫の水族館 1 (ヤングアニマルコミックス)Kindle版