arashi181218.jpg
『コロコロアニキ』掲載、「ゲームセンターあらし プロゲーマー編」です。
インベーダーゲームが大流行していた当時を知る人ならば「ゲームセンターあらし」は知ってて当然! アニメは日テレ系 月曜夜7時から放送してたっけ。ちなみに前番組は とんねるずがOP・EDを歌った「新ど根性ガエル」でした。

2019年1月 東京お台場では2019年度eスポーツ・グランプリシリーズの第一戦が始まっていた。日本チャンピオンには5000万円、世界チャンピオンになると6億円もの超高額の賞金が貰えるとあって、参加者も見学者も大興奮な状況。ちなみにこれを実況しているのがユーチューバーの人気ゲーム実況の兄者・弟者・おついちの三人が漫画キャラになって登場してます。

その会場に突如 火の玉が!? いや、あれは宇宙船の脱出カプセルじゃないか! 地面に激突し、中から出てきたのが上の画像の三人。あらし・大文字さとる・月影一平太です。35年前にゲームを通じて真の友情を伝えるべく宇宙へ飛び立って行き、いま帰還したところ。…なんだけど実際は違うみたい。旅の途中で宇宙船がひどいショックを受け、時空の裂け目に吸い込まれて35年後の未来に飛んできた。つまり宇宙人との交流なんて一度もしてません(笑)
arashi181218-.jpg
お帰りなさいと迎えたのは弟の とんがらし。このゲーム大会は あらしの名を冠しており、とんがらしはその主催者でした。あらしの影響で小学生の頃から多くのゲーム開発をするようになり、今では世界的ゲームメーカーの経営者となっているようだ。
この大会は当日参加も出来るということで あらしも参加することに。
arashi181218-1.jpg
はい、ここで「アーケードゲーマーふぶき」がゲスト出演。でも ふぶきってあらしの娘という設定なんだけど…まぁここんところはパラレルワールドということで深く考えないでおこう。尚、以前も書いたけれど アニメのあらしの声は間嶋里美さんが演じ、OVA「アーケードゲーマーふぶき」の あらしは古谷徹さんが演じました。夫婦そろって あらしを演じたという非常に稀なケースになってます。

ここで初めて対戦格闘ゲームを見た あらしはゲームの進歩に驚きます。あぁ私だって90年代初頭にストIIのボタン6個を使うインパクトは大きかったからね。35年後のゲームを見た あらしが驚くのも無理ないわな。

そして あらしの出番。その対戦相手は…インベーダーウーマンじゃないかーっ! あらしの母ちゃんなのに よそよそしいというか、我が子と思ってないようだけど? ここんところは後で説明します。
arashi181218-2.jpg
インベーダーウーマンといったらノーブラボイン撃ち…でしたが、今やボインは死語ということでノーブラ巨乳撃ちと名称変更。とんがらし君、詳しい説明ありがとうございます。ならばと あらしは炎のコマを繰り出したーと思ったら、いきなり腕を骨折。成す術なくインベーダーウーマンに敗北してしまいます。

翌日、あらしが簡単に骨折した理由が判明。宇宙船で無重力状態にあったために筋力や骨密度が落ちていたのが原因だったようだ。何か細かな点でリアルですな。
arashi181218-3.jpg
また35年後の現在は色々と変わってました。
・大文字財閥は古い体質が災いして失敗し、財閥は解体。さとるの両親は行方不明。
・あらしの父親は認知症になって介護施設へ。母親は治療費を稼ぐためにプロゲーマーに。
実は母親は あらしが旅立ってから寂しくなり、とんがらしを育児放棄してゲームセンターに入り浸り状態だった。そのため とんがらしは否応なしに小学生時代から働かざるを得なくなり、今の財を得たというわけ。
母親は35年前の あらしそのままなことから、とんがらしが作ったロボットだと思っている。だから対戦した時に よそよそしい態度だったというわけだ。
・ちなみに月影一平太の家族に関しては一言も情報なし。…そういう立ち位置なんだね(しんみり)

一ヶ月後、第2戦が開催されて あらしとインベーダーウーマンは決勝で再び激突。今度はVR格闘ゲーム。直接殴り合うわけじゃないけど、服のセンサーが反応して衝撃と痛みが身体に伝わるシステムです。
両者は一進一退を繰り返す攻防戦。この戦いの中で母親は本物の あらしだと気が付いたようだ。けれど手を全く緩めません。「これがぼくたちの母の真の姿なんです!」と、とんがらしは責めるも あらしは「だまれ」と非難。
arashi181218-4.jpg
育児放棄されたと話していたがそれは母ちゃんの真実の愛! 子供がひとりでも生きていけるよう、自立できるようにという愛のムチなんだ! と、あらしは泣きながら説明する。
でも実際は違ってたみたい!
母ちゃんの本心は、子供が自立すれば親も自立できる。そうなれば心底好きだったゲームに専念できると思ってたようですよ。また あたしだって世界チャンピオンの称号は欲しいし、老後も自立して生きていくため高額賞金が欲しいと、あくまで自分の為にやっていたのが本性だったようだ。うん、自分に素直で大変よろしい! それでこそ あらしの母親だ。
arashi181218-5.jpg
けれど最後は やはりあらしの勝利! でも決めなきゃならないこの場面で「グレートタイフーン」を「グレートライフーン」と誤字しちゃってるのが残念でならない! どうしてこんな大切な場面で誤字するかな? きっと「ハンドルを右に」と指示した文字が読みにくくて「インド人を右に」になったように、「タ」の字が「ラ」に見えたんでしょう。たぶん。
スポンサーサイト
boku181217.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問92
緒方さんの催眠術にかかって寝てしまった唯我。目が覚めたら布団の中で、その傍らには着替え中の緒方さん! え? 何をしようとしてるんですかーって、汗をかいたからただ着替えてただけでした。なんというオチ。
それはそうと、私に甘えてもいいんですよと ひざ枕を提供してくれました。最初は拒む唯我ですが、いまだに催眠術にかかってるため身体が勝手にひざ枕に。自分に従順に懐いて?くれる唯我に、緒方さんは「可愛い」と思っちゃったようです。
boku181217-.jpg
豊満なバストを頭に乗せて「いい子いい子」してくれるとは何て羨ましいんだ! ってか子供みたいに思ってない? 実は昔 飼っていたウサギと重ねていたそうだ。まぁ可愛がってくれるのはいいけど、生ニンジンはさすがにご遠慮願います。

さて、先週言いかけた唯我の「本当にやりたい事」。話してくれれば力になれるかもしれないと、緒方さんは知りたがるも 話そうとしません。そこで更に催眠術をかけようとしたら自分がかかっちゃいました。
boku181217-1.jpg
唯我もかかってるため緒方さんの言葉に逆らえず、なんとまぁ羨ましい ひと時だこと。傍から見ればバカっぷるそのものだけどな。
お互いに恥ずかしい思いをしたので唯我の気持ちも寛容になったらしく、言わなかった「本当にやりたい事」を話してくれました。
boku181217-2.jpg
俺 VIP推薦 蹴っちゃおうかな
工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工 問1からずっとVIP推薦を目指して来たというのに、それ以上にやりたいことが出来たってこと!?
boku181217-3.jpg
これには緒方さんも驚かずにいられない。唯我は学費のかからない大学に行って好条件の会社に勤めるのが希望だったのに、それを投げだすほどのやりたい事っていったい何だろう? 読者にとっても気になります。
b0uken181216.jpg
『マンガUP』連載、「冒険者ライセンスを剥奪されたおっさんだけど、愛娘ができたのでのんびり人生を謳歌する」の1巻です。
お馴染み「小説家になろう」からのコミカライズ。書籍は2巻まで出てます。

若い頃は「最強の魔術師」と言われ、冒険者のトップランカーにまで登り詰めたダグラス。けれど 37歳になった今は年齢と 身体を酷使し続けたツケもあって、思うようにクエストをクリアできない状態に陥っていた。しかも一年ほど前から奇病にかかり、スキルを使用するごとにHPの最高値が減少し続けていた。これによってレベル68もありながら、今やレベル1ケタの冒険者と変わらないHP。これでは強敵のワンパンだけで即死しかねない有り様だ。
b0uken181216-.jpg
そんなわけでクエストを3連続失敗してしまったこともあり、冒険者のライセンスを剥奪されてしまいます。これが潮どきってやつか──冒険者の未練は残るものの、ダグラスは冒険者の街を離れて あてのない旅をすることを決めました。

それから三ヶ月、森を抜けようとしていたところで傷を負った魔物 フェンリルと遭遇する。そのフェンリルをよく見れば体に呪印が施されているではないか!
b0uken181216-1.jpg
しかもこの印は「変貌の印」。誰がやったのか知らないが、人間を魔物に変える呪詛がかけられていたのだ。ならば助けたいと思うのは本能。けれど呪詛解除のスキルは強力。使ったら全HPを削ることになり、死を迎えるだろう。悩んだ挙句、死を選ぶことにしたダグラス。最期は人の役に立ちたいと、呪詛解除のスキルを発動させた!

が、ダグラスは死ななかった。フェンリルの呪印はそのまま。何が起きた!? 自分のステータスを確認すれば、奇病が発症する前の、本来のHP(6万台)に戻っているではないか。つまり──呪詛解除の詠唱は成功したけどフェンリルの強力な呪詛に跳ね返されて自分に当たった。俺も呪われていたのだ!
奇病と思われていたのは呪い。誰が何のために!? 思うところはあるけれど、とりあえずフェンリルへの呪詛解除をもう一度。さっきより強めでやってみた。
b0uken181216-2.jpg
そしたらラビという女の子。家族は無いし、元の場所には絶対に帰りたくないという。どうしてフェンリルにされたのか不明のまま、二人は旅することになりました。とはいえ あまり喋らないこともあり関係はぎくしゃくしたまま…

慈善の街を訪れた二人。この街には大きな孤児院があり、そこの院長は誰からも評判の良い話しか聞きません。二人と会うことになった院長は、ラビを預けないかと提案してきました。旅する上で子供の帯同は大変だからだ。もちろん断るダグラスですが、ラビは「孤児院の子になる」と出て行ってしまう。

そうか…本人が決めた以上は仕方ないと一時は諦めるも、院長の不穏な行動に気が付いたダグラスはラビの奪還へ動いた。ラビは自分が嫌われてると思っていたらしく、誤解が解けて二人は元サヤに。しかし話はここで終わらない。院長は慈善と称して子供たちを売っていたのだ。ならばバトルに発展するのは当然の成り行き!
b0uken181216-4.jpg
院長は多数の手下を向かわせるも、以前の身体能力が戻ったダグラスの敵ではありませんでした。手下たちを氷漬けにし、院長には思い切り顔面グーパンチでKOだ。

ってなわけで二人の仲が少しばかり接近して再び旅を続けることになったダグラスとラビ。新たなる旅はどうなりますかね。
冒険者ライセンスを剥奪されたおっさんだけど、愛娘ができたのでのんびり人生を謳歌する(1) (ガンガンコミックスUP!)
冒険者ライセンスを剥奪されたおっさんだけど、愛娘ができたのでのんびり人生を謳歌する(1)
冒険者ライセンスを剥奪されたおっさんだけど、愛娘ができたのでのんびり人生を謳歌する 1巻Kindle版
gunma181214.jpg
『くらげバンチ』連載、「お前はまだグンマを知らない」の10巻です。
2巻以来、4年ぶりのレビューになります。この間にドラマ化、映画化、アニメ化などありましたねー。今回久しぶりにやるのはグンマvsアイチの戦いがあるから。というか、4話に渡って行われたこの戦いのみ紹介することにします。

愛知ちゃんを連れ戻すため次元を裂いてやってきた兄(名前が無いのでアイチとします)。けれどクラスメイトの轟は「グンマに仇為す者を全力で排除する」と抵抗するも、「いくら何でもムリだ!」「トチギとは訳が違う」と、仲間たちは尻すぼみ。だって…
gunma181214-.jpg
アイチ県のGDPは香港と同じなんだぞ
都道府県版GDP、大阪は3位に転落 愛知に抜かれる
はい、1位は東京ですが2位はアイチなんです。片やグンマのGDPはケニアと同じ! これを聞かされ「勝てる気がしない」とクラスメイトたちは絶望。でも轟は諦めない。グンマの大いなる遺産を召喚し引き出せば勝機はある! としてグンマ対アイチのデュエルが始まった!
gunma181214-1.jpg
初手にてグンマは中島飛行機を上げた。日本の航空産業の黎明期にグンマ県太田市に産声を上げた会社です。ならばとアイチは三菱重工。三菱の航空機部門で名古屋市を本拠地とし、主に海軍機を製造してました。これは知名度的には三菱か。

今度は俺のターンとして「堀越二郎」を上げたアイチ。三菱が誇る天才設計士で、零戦を設計したことは語るまでもありません。が、轟は「かかったな!」とニヤリ。堀越二郎はグンマ県出身だ! ショックを受けたアイチはガクッと膝を落とすもゼロ戦を召喚。大日本帝国を代表する機体の登場に勝負あり!?
否! 轟はまたしても「かかったな!」
gunma181214-2.jpg
ゼロ戦のエンジンは中島が開発した「栄(ハ35)エンジン」だ! さらにゼロ戦の生産台数は三菱が3880機だったのに対し、中島は約二倍の6546機! もはやゼロ戦は──中島製!!

またしてもショックを受けたアイチに、轟は更に追い打ちをかける。九一式戦闘機・九七式戦闘機・鍾馗・隼など、陸軍機を次々と召喚させる物量作戦に打って出た。これだけ畳み込まれてはアイチも…いや、まだピンピンしてます。なぜならアイチには切札があるからだ。
gunma181214-3.jpg
        そう、トヨタです!
2017年度「世界の有力企業2000社ランキング」においてトヨタは日本企業トップの10位。またトヨタの関連企業が日本のGDPの1割を担ってるのだから驚きだ。これに悲鳴が上がるグンマ陣営。「こんなの勝てるわけが…」と、弱気になるも轟は健在。中島飛行機は年月を経てSUBARUになっていたからだ。
gunma181214-4.jpg
スバル360、インプレッサ、フォレスター、レガシィ、アイサイトォーと、やはり物量で押しまくる。ところがこれらを無効化してしまうアイチ。なぜならば!
gunma181214-5.jpg
SUBARUの筆頭株主は…トヨタ自動車なんだよ
絶望し万策尽きたと ざまずく轟。グンマは負けてしまうのか!? 否! 天の声に導かれた轟は打ち宇宙に目を向けた。中島の技術者だった糸川英夫はペンシルロケットを皮切りに宇宙産業に手を伸ばし「日本の宇宙開発の父」と呼ばれた。現在スバルの2大事業部門は自動車と「航空宇宙カンパニー」。
また戦後初の国産旅客機「YS11」や、その後継機MRJ計画も UBARU(中島)の技術者が携わってるとアピール。

でもアイチからも「航空宇宙カンパニー」の本拠地は愛知県半田市だとし、YS11やMRJも三菱が関係してると負けてはいない。
gunma181214-6.jpg
だったらもう争わなくてもいいんじゃない? グンマもアイチも単独で存在してるわけじゃない。日本を支える屋台骨の一つ!
俺たちは"チーム日本"だ…!
として、仲良く引き分けのでありましたー。
お前はまだグンマを知らない(10) (BUNCH COMICS)
お前はまだグンマを知らない(10) (BUNCH COMICS)
お前はまだグンマを知らない 10巻 (バンチコミックス)Kindle版
kinsho181213.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の134話
現在放送中のアニメ三期4話部分をコミカライズしてるわけですが、いかにアニメでカットされた部分が多いかがわかって面白い今回。いや、今回のみならずこの先ずっとこんな調子なのかもしれません。

親船最中が暗殺されると分かって、講演会場にテレポートされた土御門と一方通行(アニメでは一方通行のみ)。会場には『妨害気流(ウインドディフェンス)』と呼ばれる特殊車両が配備されており、周辺に突風を発生させて狙撃の狙いを逸らせるようになってました(アニメでは全カット)。

この会場にはタクシーを降りた"打ち止め"と、それを保護した初春が来てました。また土御門舞夏もメイド弁当の出張販売? をしていたことから…
kinsho181213-.jpg
二人とも身を隠してやり過ごします。何かこういう場面は微笑ましいなぁ。ちなみに"打ち止め"は「迷子を捜してる」として初春と来たようで、迷子扱いになってる一方通行はどう思うんでしょ?

気付いてみれば『妨害気流』が動いてない。車両の中央に弾痕があるではないか! どうやら砂皿は、先ずは『妨害気流』を潰してから親船を殺るつもりだ。遠くから狙撃銃を構えて狙いを定める砂皿。が、上がる炎と爆発! 親船はSPに誘導されて退場。砂皿には「潮時だ 引き上げろ」と連絡が入る。連絡を入れたのはレベル5 第二位の…
尚、この火災は一方通行がやったものでした。どこから撃って来るのかわからないのだから、講演そのものを中止にしてしまえばいいという単純明快な妨害行動でした。

そして動きだす暗部組織。
kinsho181213-1.jpg
右上は「メンバー」。博士、ショチトル、査楽 と、ここには来てない馬場芳郎の四人で構成。
左下は「ブロック」。佐久辰彦がリーダーで、サブリーダーは手塩恵未。海原光貴(エツァリ) はここの山手という男に化けているわけですが、まさかの組織の中心メンバーだったことから 逃げようにも逃げられない状況になってました。

「ブロック」は学園都市上層部に反旗を翻してアレイスターの殺害を目論んでいた。行動を移す前に裏切者がいないか確かめるという(この部分 全てカット)。
kinsho181213-3.jpg
そこで呼ばれたのがこの娘、鉄網です。アニメじゃ何をするため出演したのか意味不明でしたけど、手を握ることで人の心を読む「意見解析(スキルポリグラフ)の能力者でしたか。
海原が握られたらバレてしまうのは間違いない。そこであるトリックを使います。
kinsho181213-4.jpg
ある男の手に少量の液化爆薬を仕掛けて燃やしたのです。これによって鉄網の手のひらは火傷により使い物にならず。男はたちまち射殺されてしまいました。敵とはいえ犠牲者を出してしまったことに心を痛める海原。けれど「ブロック」の活動目的の詳細を知るにはこのまま行動を共にすべきだと、気持ちを切り替えるのでした。
rider181212.jpg
名古屋・栄のテレビ塔の真下にある地下街 セントラルパーク。ここで「『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』!! ~自分の好きなライダーと写真を撮ろう~」という巨大パネル展示展があったので先の日曜日に行ってきました。
rider181212-.jpg
人通りが多くなると撮影が難しくなると思い、到着したのが朝の9時40分ごろ。それでも私のような人が既に居ました(笑) やはり考えることは同じか。それにしてもこの近辺は、栄に「まんだらけ」や「とらのあな」があった時分にはよく行ったものですが、近年は全く足を遠ざけてたなぁ。
rider181212-1.jpg
平成ライダーを印刷したパネル(厚紙?)は2m×1.4mの特大サイズ。この20作品20人分が約50mに渡り展示してありました。偶然通りがかった人も足を止めて見るなど、インパクト大でしたね。では全20人をどうぞ。
rider181212-2.jpg
rider181212-3.jpg
rider181212-4.jpg
rider181212-5.jpg
パネルの横にはこの↑ように、作品の簡単な紹介が添えてあります。
[名古屋栄セントラルパークでやってた仮面ライダー特大パネルを見てきた]の続きを読む
fuuto181211.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の43話
廉太郎さんと ときめを裏風都に残し、強制送還されてしまった翔太郎と照井。裏風都へ行く術を失ってしまったからには、もう諦めるしかないのか!? 否! 鳴海探偵事務所の面々はそれぞれのやり方で希望を見つける努力をしてました。

先ずはフィリップ。東城の持っていたビゼルの復元を目論むも困難。一定時間を過ぎたら中枢部分の装置が崩壊するよう作られていたからだ。こうしてる間にも深く静かに彼らは裏の街を拡大している。そこに踏み入る方法が得られないまま…
そこに亜樹子が助け船。旦那がダメ元でロードやパズルに変身してた犯人を、再度取り調べているそうだ。どんな些細なことでも構わないというつもりで。ダメ元…か、実にいい言葉だとフィリップ。何もしなければ勝率はゼロ。ならばダメ元で中枢部の解析を続けてみるよと、気持ちを切り替えます。

次は翔太郎と亜樹子。ときめの持っていたジョーカーのドーパントメモリを前に腑抜けになっていたところを、亜樹子は例によってスリッパでパッコーン! 君の軌跡の起こし方は何だっけ?
fuuto181211-.jpg
依頼人のために後先考えずに走った時…だけだ! これにより自分を取り戻した翔太郎。ときめだって自分が危ない時に、先ずは廉太郎さんの危機を知らせたじゃねえか。俺がじっとしててどうする! ならば もう一度 廉太郎さんの周辺から手掛かりを調べようと、急ぎ足で事務所を出て行った。
そして亜樹子は裏風都に向かって胸の内を吐き出した。
ホンモノの風都の人間をなめたらあかんぜよ!

翔太郎は廉太郎さんの会社で、グラサン野郎(二階堂)が依頼したバルブの手掛かりを探す。設計図等は以前調べて見つからなかったけれど、何かあるんじゃないかと思っての再調査。その後は依頼者である りつかちゃんがお参りに行ってるという、裏山の神社へ出向きます。
fuuto181211-1.jpg
りつかちゃんとの何気ない会話で出た大きな手掛かり。おじいちゃんは試作品が出来た度に、奥の祠に収めていたという。だったらあのバルブもあるのでは!?  住職に頼んで祠を開けてもらい調べてみればありました! 遂に見つけた裏風都に繋がる唯一にして大きな手掛かり。早速 フィリップに"地球の本棚"で調べてもらいます。
fuuto181211-2.jpg
結果、このバルブはこちら側の風都のどこかに設置してある。また二階堂はこの機械を必ず定期的に使う。すなわち そこが二つの街が繋がる場所だと断定し、二人は現場へ向かいます。
fuuto181211-3.jpg
そして ときめはロードに襲われそうになっていた廉太郎さんを救出。それぞれが活躍した今回は、反撃準備が整っていく姿が気持ちよかったです。
fuuto181211-5.jpg
で、先の日曜に名古屋のセントラルパークで開催中の「『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』!! ~自分の好きなライダーと写真を撮ろう~」に行って写真を撮ってきました。(この展示は12日までです))この模様は明日記事にします。まぁ写真だけなんですがね。