shousha191214.jpg
『MAGCOMI』連載、「商人勇者は異世界を牛耳る!~栽培スキルでなんでも増やしちゃいます~」の1巻です。
お馴染み「小説家になろう」の連載作。冊子版は2巻まで出てます。

秋那昭二(アキナ ショウジ)はブラック企業の社畜に準じていたけれど、お金を貯めて独立を決意。ようやく辞められるーと思ったタイミングで異世界に勇者として召喚されちゃいました。
shousha191214-.jpg
なぜ俺が!? と思ったところで結論なんて導き出せません。言われるがままステータスを開いてみたらスキルは「栽培」。とんだハズレスキルです。よってタカ派からは殺してしまえだの最前線に送れだの誹謗中傷されたものの、王は食料の生産に役立つかもしれないとして助かることに。

ショウジの栽培スキルは畑に埋めるだけで勝手に育ち、しかも成長速度も非常に早い。ニンジンみたいな野菜は種を埋めてから一週間ほどで収穫でき、これには王も満足です。
でも栽培スキルの真の能力はこんなものではありませんでした!
shousha191214-1.jpg
はい、ここ注目ね。ステータスには「畑に埋めたあらゆるものを栽培するスキル」とあります。つまり農作物でなくとも埋めてしまえば栽培できるわけで、剣や盾やポーションや お金までも栽培して大量生産しちゃうんです。これによってショウジは一躍 商人へと独立開業できました。もっと稼ぐ為に隣町まで行商しようと、冒険者ギルドに護衛を依頼。
shousha191214-2.jpg
三人来た冒険者の中には「武器殺し」と揶揄される少女・メーネが居ました。彼女は「超人」スキルの持ち主で、力が強すぎるあまりに手にした武器を毎度壊してしまうのが その所以です。今回も盗賊の襲来で金棒が折れてしまったけれど、賊がミスリル製の剣を持っていたので拝借して上機嫌。これなら折れる心配がないからだ。でもやっぱり折れちゃうんだよねー。どんだけ怪力なんだよ!

ショウジはメーネのことも含めて不安を持っていた。王の権限で生き延びてるけれど、いつタカ派が刺客を差し向けて来るのかわからない。まして剣や盾まで栽培できるとバレたら強制連行されるだろう。だったら外国に逃亡するしかない。それには護衛が必要だというわけで・・・
shousha191214-3.jpg
メーネに専属の護衛を依頼します。彼女は壊れ続ける武器のために多額の借金をしていたけれど、全額支払う条件を付ければ反論などするハズもありませんでした。とはいえ壊れてしまう武器はどうするの? いえいえ、これも対策済み。先ずは壊れたミスリル剣を栽培して生産。これを鍛冶屋に持ち込んで修理してもらいます。この完成品を大量栽培することで、足りるに充分なストックを作ったのです。
shousha191214-4.jpg
これによって彼女は一変。今まで武器が壊れないように力を抑えて戦っていたけれど、大量のストックがあるからには恐れるものなど何もない! 全力で魔物と戦い、壊れたら次から次へと剣を交換していきます。よって心置きなく戦えるメーネの表情が明るくなるのは当然だね!
けれど次回はメーネが借金した相手と ひと騒動することに。ほぼヤクザなだけにいったいどーする!?

商人勇者は異世界を牛耳る! ~栽培スキルでなんでも増やしちゃいます~ 1
商人勇者は異世界を牛耳る!~栽培スキルでなんでも増やしちゃいます~ 1巻Kindle版
スポンサーサイト



kinsho191212-2.jpg
月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の144話
時間はちょっと巻き戻ってアジト近くまで戻ってきたフレンダ。「退っ引きならない状況って訳よ」と気が重いのは、『スクール』の帝督に『アイテム』の情報をバラしてしまったからだ。アニメ三期では暴行されてやむを得ず喋った印象だけど、ここでは"ドレスの少女(心理定規)"の能力で喋ってしまったみたいですよ。特に怪我してませんから。

こんなことしてる間にアジトが破壊されてビルから煙が立ち上る。やばっ! これは逃げた方が良さそうだと身の保身をはかります。が、そこに降って来たのは むぎのん。むぎのんは帝督が「情報通り集まってんな」と言ったことが気になっており、フレンダを見て納得。コイツか…
『アイテム』を裏切るヤツは許さないから
と、容赦なくフレンダに襲い掛かる──

一方、滝壷のところに戻ってきた浜面は帝督に銃を向けるも撃てません。
kinsho191212-3.jpg
というか撃ちたくありません。心理定規の能力によって「親しい間柄」に錯覚させられているからだ。滝壷が倒れているのは帝督が何かしたわけじゃなく、体調の悪化が原因。滝壷は能力を発動させるため「体晶」を使っていた。いや、厳密には意図的に拒絶反応を起こして能力を暴走させていたのだ。
kinsho191212.jpg
暴走は大抵の場合はデメリットだけれど、滝壷は暴走状態の方が好結果を生んだ稀な例。でもこのような暴走状態が身体にいいわけがなく、あと一回か二回使えば「崩壊」するんだそうだ。これならトドメを刺すまでもないと帝督は身を引き、浜面も見逃します。お情けで助かった以外の何物でもありませんが、この機会を逃すわけにはいきません。滝壷をこのまま『アイテム』に残しては 麦野に殺される! そう思った浜面は滝壷を逃がすための逃亡が始まります。

途中、黄泉川と会って滝壷を託そうとするも、むぎのんが追いついた。
kinsho191212-.jpg
しかもフレ/ンダを持って! 状況を理解した黄泉川は滝壷を受け取り、すぐに援軍を連れて戻ると言い残してこの場を走り去ります。その車を攻撃しようとする むぎのんですが浜面が「体晶」をエサにして分断に成功。モノレールの屋根に飛び降りてトンズラを謀るも、変圧器?を破壊されたことで停止しちゃったよ。
kinsho191212-1.jpg
顔芸キター! ブチゴロシ確定と むぎのんは醜悪な顔で睨みつけとたさ。でもまさかのジャイアントキリングが発生しようとは、むぎのんはもちろん 浜面だって思わなかっただろうよ。
fuuto191210.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の68話
廃棄場に現れたドーパント。身体の左側の影のような部分は、コールタールみたいな粘液物になってます。ここは宝の山。お前たちのような無価値な生ゴミが足蹴にしていいわけがないと、職員をけん制。職員たちは立ち向かうもドーパントに敵うわけもなく、逆に粘液物によって溶かされてしまいました。

悲鳴を聞いて駆けつけたのはフィリップ。
fuuto191210-.jpg
フィリップを見て「おまえっ…なぜ…ここにっ!」としているからにはやはりbbbの誰かなんでしょう。フィリップはメモリの種類は「トラッシュ(クズ、ガラクタの意味)」だと断定。直ちに翔太郎に連絡してダブルドライバーの左側にジョーカーをセットしてもらいます。つまりファングジョーカーの登場だ! ちなみに翔太郎は ときめに身体を頼んでおいたので倒れずにすみました。
「そっちか!」「亜樹子ー!(怒)」
てなことにならないで良かったね。

ファングは果敢に攻めるも攻撃が意味を成さずジリ貧状態に。
fuuto191210-1.jpg
これというのもコールタールのような黒い粘液が何でも溶かしてしまうからだ。Wの装甲はもちろん、アームファングの鋭い刃でさえ触れた途端に溶かされてしまいます。更にこのドロドロはゴミから出来ており、廃棄場に居る限りエネルギー源は無尽蔵。この場にいる限り勝ち目は無いとフィリップは断言。ならば触れるにせよ一瞬でケリがつく、マキシマムドライブで決めちまおうと翔太郎の提案しかないね!
こうしてファングストライザーがトラッシュの身体を斬り裂いたわけですが…
fuuto191210-2.jpg
斬り裂かれたのは粘液物の部分のみ。他の部分は健在で、直ちにゴミを取り入れて元の姿に戻っていく。不死身か…恐るべき相手だと、翔太郎とフィリップは驚愕する。
boku191209.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問139
二次試験まで あと一週間。一人で黙々と勉強する唯我。ここまで来たらヒロインたちに教えることは無く、誰も来ないことに母親は寂しそう。もっとも誰が本命なのか知りたいのが本心ですけどw
けれど唯我が出来ることがまだありました。その発送を母親に頼みます。
boku191209-.jpg
ここからヒロインたちがリレー形式に登場。古橋さんが勉強中に飲み物を持ってきてくれた父親。すっかり理系の大学に進むことを応援してるようだ。母親のノートパソコンの電源が落ちたことに「落ちるとか言わないでッ」→うるかも母親に「漫才がオチてない」と言ったことに敏感に反応。更に「この芸人もスベってるわね」と続いたことに過剰に感じてしまいます。
boku191209-1.jpg
店内でスベってしまった緒方さん。これまた縁起が悪いとガクブル状態。続いて客から「漫画の主人公が浪人」との話を聞かされて追い打ちされてしまいます→「浪人ってゆーなーっ」と叫ぶ先輩。いや、貴女の場合は本当に浪人生なんだけどなw ヒロインたちで唯一の大学受験経験者なのに けっこうビビってる様子。まぁさすがに二浪するわけにもいかず後が無いプレッシャーなんでしょう。きっと。
そんなヒロインたちに唯我からの贈り物。それは最後のノートでした。
boku191209-2.jpg
それぞれの注意すべき点を書いてあると共に、一緒に勉強してきて悩み、苦しみ、楽しかったことが書き連ねてありました。これは読者も読んできたことなので唯我の気持ちがよくわかります。
一緒にがんばってくれてありがとう
「一人」でも「独り」じゃないから絶対 皆で合格しよう!!

で締めくくったことに笑顔したり涙したり、二次試験に向けて気合が入るのでした──
boku191209-4.jpg
ちなみに先生にもノートが届けられましたが、それはしばらく行けなくなるのでゴミの分別方法とか、掃除の仕方などが書いてあって先生は屈辱的に思えてしまったそーだ!
次回からいよいよ二次試験。唯我はまた怪我するんじゃねーぞ。
ぼくたちは勉強ができない 15 (ジャンプコミックス) 1月4日発売
ぼくたちは勉強ができない 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)
uq191207.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.167 新オスティア
バアルが逃げた先は裏火星にある武装勢力「新たなる夜明け」の支配地域。ここに一斉攻撃を仕掛けたナンバーズたち。ようやく全員が揃ったのだから一気に攻めてしまおうということか。グレートパル様号を旗艦として三太が・一空が・夏凛ちゃんが各自の能力をフル回転して暴れ回る! そして雪姫の広域魔法が敵城を滅すべく放たれた。が、敵もまた広域な魔法障壁(いわゆるバリア)によって無力化。さすがにさっさと やられるわけにはいきませんからね。
uq191207-.jpg
バリアを発生させてるのは地下の大型反応路だと分かり、三太と源五郎がここに向かう。何せ源五郎はイレカエ、三太は透過能力があるのだからバリアはもちろん分厚い壁なんて意味がありません。
「新たなる夜明け」は最終兵器たる100mを超す鬼神兵を10体全て出して押し返そうとするも…
uq191207-1.jpg
十蔵です! この世の全てを斬ることができる十蔵にとっては鬼神兵とて意味を成さない。これに続けと九郎丸は新奥義・千雷剣を、刀太は雷天大壮を繰り出してこれまたバッタバッタを倒していく。満を持して現れたニキティスはもうすっかりギャグメーカーになっちゃいました。さっさと攻撃しろよ!
反応路を壊し、鬼神兵も全滅させたことで「新たなる夜明け」はもう打つ手なし。雪姫は投降を促すも徹底抗戦の構えをしたことから氷漬けにされちゃったとさ。

一件落着してナンバーズは新オスティアでしばらく休暇を取ることになりました。オスティアといったら「ネギま!」に登場した場所じゃないですか。懐かしい!
uq191207-2.jpg
温泉に浸かる女性陣。龍宮も攻撃に参加してました。その隣が雪姫で、その右側は女性化した七尾ですよ。そもそも男でも女でもないそうだ。ナイスバディな女性陣を尻目にキリエと九郎丸は肩身が狭いよなぁ。
魔法を使い過ぎて雪姫は本来のエヴァンジェリンに戻った。そこでキリエから刀太と腹を割って話しておいた方がいいと諭され、七尾が気を利かせてくれましたよ!?
uq191207-3.jpg
全裸でのしばしのデートとなりました。刀太にとってはキティな存在でもあるわけで、募る想いはどう傾くのやら!
kenshin191206.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第21幕
今回は総集編+αといった内容で、劍客兵器との戦い(小樽と札幌)を前に各自が思慮してます。
先ずは東京の神谷道場から。訪れたのは塚山由太郎。今では塚山商会の若旦那です。いきなり燕ちゃんに「道場に住んでいるって本当?」と切り出した。赤べこの妙さんが「慶事(つまり婚約・結婚)は近い」と牛鍋二割引セールを早くもやっちゃってるんだとか。
恥ずかしながらも本当のことなので否定しない燕ちゃん。そこに「なんなら塚山邸に来ない?」とナンパしたものだから、弥彦が黙ってないのは当然だな! 十本刀の蝙也を倒した時と同様に見様見真似・龍槌閃を繰り出してけん制します。

由太郎が来たのは剣心たちからの手紙を持参したから。塚山商会の船便ならば郵便よりも早い上に無料だからです。そこに書かれていたのは劍客兵器のこと。
kenshin191206-.jpg
元寇と戦った鎌倉武士団の末裔とか、今まで出てきた劍客兵器の「號」たちなどを書き連ねてます。そもそも薫の父親を捜しに行っただけなのにこの様な戦いに巻き込まれたわけで、弥彦にとっても寝耳に水に思ったんじゃないかな。
場面は変わって斎藤と永倉。政府に報告書を送ったけれど「人員も資金も廻せないから、現状の戦力と態勢で対処しろ」と つれない返事に うんざりといった顔してます。
kenshin191206-1.jpg
自由民権運動が盛り上がっていて全国で事件が頻発してるから人員は割けれない。更に鹿鳴館が出来て連日連夜の接待や社交界で金が足らないんだとか。
調べたところ「板垣死すとも自由は死せず」の板垣退助が岐阜で襲撃されたのも自由民権運動によるもの。この年・明治15年春の出来事でした。この名言を残したけれど板垣はちゃっかり助かり、82歳という長寿になるまで生き延びました。それと鹿鳴館が完成は翌年の明治16年なんだけど…??
ともかく無いものは無いなら仕方がない。当面は俺達が前線で戦って実検戦闘を阻止し、軍と警察は劍客兵器の隠れ里の探索をしてもらうということで落ち着きます。

片や薫と左之助。剣心は九頭龍閃の連発で寝込んでおり、疲労回復が芳しくないようだ。そのためか、息子の剣路に殺されそうになるのですがね(笑)。
kenshin191206-2.jpg
剣心ばかりに任せるわけにはいかない! 次の戦いの大将格は俺が引き受けると頼もしい言葉。五年間 世界放浪して何を得たのか読者に見せて欲しいものです。但し方向音痴は相変わらずなので いささか心配なのが気になります。
kenshin191206-3.jpg
そしてこれが小樽と札幌の対処法。小樽には剣心・左之助(薫も?)。札幌には斎藤・永倉・栄次。函館で待機するのは安慈和尚をまとめ役にした十本刀たちだそうだ。まぁいいんじゃない? 下手にバラバラに組み分けするよりは、仲間内で分けた方が信頼できるでしょうから。

これらの内容を手紙で知った弥彦たち。燕ちゃんは今から応援に行った方が良いとするけれど…
kenshin191206-4.jpg
弥彦は慌てず騒がず冷静に剣心からの呼び出しを待つことにしました。最も尊敬する人から何も言われないのならすべきではないと思っているのでしょう。各自で今やれることを尽くしてこそベストなのだから。
fuuto191203.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の67話
"知識の怪物"たるbbbのメンバーとすっかり意気投合したフィリップは、夕陽の真相がわかるまで源十郎の家に泊まるという。談笑の最中に外から室内を探るのは秀夫。「メモリ持ち同士は惹かれ合う」と言ってることからbbbのメンバーにドーパントがいるということか? まさか依頼人の源十郎自身がドーパントなわけがないしね。しばらく様子を見るとして秀夫はこの場を去るのでした。
fuuto191203-.jpg
源十郎から改めてbbb(ベイサイド・バッド・ボーイズ)のご紹介。
肥っているのは馬場凡太。昔の瓶時代の風都サイダーの王冠を集めているという。裏に世界の名所がプリントされており、546種類中、あと一つだけ見つからないとか。
あ~これを見て真っ先に思い出したのがコカコーラの王冠。昭和51年ぐらいだったか、瓶しかない時代ね。当時ハヤっていたスーパーカーブームにあやかって王冠の裏にスーパーカーのイラストが入ってたんですよ。当時の子供ならば誰もが集めてたんじゃないかな。もちろん私もだけど。余談だけどコカコーラはラッセルヨーヨーでヨーヨーブームを作ったこともありました。

帽子を被ってるのはビリー佛田。旧車マニアで廃棄場のスクラップからパーツを集めているんだとか。被ってる帽子にはダイハツ ミゼットが描かれてます。私がまだ小さな頃には三輪トラックが普通に存在してたのを覚えてます。

最後に紅一点の暮雨川しおれ。蟻のエキスパートで、港に近いこの辺りには外来種も見つかるのでbbb入りしたらしい。あのーそれってヒアリのような危険外来種も居るだろうから、巣作りしちゃマズイんじゃないの??
ともかく三人とも廃棄場に用があるからこそ仲間になったということですね。

フィリップを残して帰る翔太郎たち。フィリップの初めての外泊に翔太郎は嬉しそうだ。
fuuto191203-1.jpg
フィリップはミュージアムから逃れてガレージに隠れ住んでおり、頭初は翔太郎にも心を開かなかった。それが初対面の人たちと外泊するにまでなったのだから、翔太郎にとってはとても嬉しく思うのは当然でしょう。

その翔太郎、現場の大気の分析はフィリップに任せるとして別方向からの調査を始めます。行き先はエコロジー研究所。ドラマ5・6話に登場した楠原みやびの新しい勤め先です。
fuuto191203-2.jpg
廃棄場は風都がまだ発展途上だった頃、処理できなくなった金属類のゴミを大量に積み上げた場所。今の風都は国内有数のエコロジー都市になったけれど、ここに残った廃棄物の処理は遅々として進んでない。風都の影が残ってる場所なので役所も調査したくないようだ。でも みやびは翔太郎に命を助けられたこともあって全面協力するようですよ。

その夜、廃棄場の職員が見回り中に不審な奴と遭遇します。
fuuto191203-3.jpg
どう見てもドーパントです。鉄くずを蹴ったことに「それは宝の山だ」と忠告。ならばやはりbbbの誰かなのだろうか?