densetsu190916-4.jpg
『マンガUP!』連載、「万年Dランクの中年冒険者、酔った勢いで伝説の剣を引っこ抜く」の2巻です。
この後どーなっちゃうの!? と思わせながら1巻が終了。2巻はそのままヤってしまったところから始まります。
万年Dランクの中年冒険者、酔った勢いで伝説の剣を引っこ抜く 1巻

ルーカスが引っこ抜いた伝説の剣・ウェヌスは眷姫後宮(クイーンズハレム)という固有スキルを持っていた。つまりルーカスが女性とヤればヤるほどウェヌスの能力が上がる。よってルーカスも強くなるということ。
38歳にしていまだに騎士になりたい夢を捨てられないルーカスは騎士学校の入学試験に挑む。この際に出会ったのが同じく騎士になりたい少女・アリア。アリアはウェヌスから ルーカスとヤって眷姫になれば「疑似神具」を貰えると聞き、それを実行しようとしたところで1巻が終わりました。
densetsu190916.jpg
2巻冒頭は事後から。そのままヤっちゃったのね。驚いたのはアリアの心の変わりよう。「疑似神具」が欲しいから身体を授けたと思いきや、ルーカスが好きだから抱かれたと言ってます。えぇー! 前回までそんな素振り無かったのにイキナリ好きになったの!? まぁ女心は変わりやすいと聞くからなぁ。
ともかくこれによってウェヌスの能力がまた上がったと共に、アリアには疑似神具の「紅姫」が授けられました。魔剣とも言える能力を秘めているほか、剣を通じてルーカスと念話もできるという優れものです。

そして最終試験が始まった。ルーカスの相手はもちろんレガリア家のライオスの息がかかった者だけれど、ウェヌスを手にしてるからには負けるわけがありません。圧勝して一足先に合格となりました。さぁ今度はアリアの番というところでルーカスはレガリア家の暗殺者「毒蛇」に捕まってしまう…

一人で試験に臨まねばならなくなったアリア。相手はライオス。金に物を言わせて剣も防具も最高のものを揃えてます。自身たっぷりのライオスはアリアをいたぶろうとするけれど、紅姫の能力は伊達ではない!
densetsu190916-.jpg
ただでさえ剣技が優れているのに疑似神具を持っているのだから、卑劣なライオスなど敵ではないわ! 氷属性の攻撃に対して火属性、いや、火なんて生ぬるい「炎熱」によってライオスを大ヤケドでKO。アリアも合格を勝ち取ります。
その頃 ルーカスは毒蛇と戦ってました。毒蛇は名前のように毒使い。毒と薬は表裏一体なことから、自らを巨大化させる薬を使ってルーカスを追い詰める。
densetsu190916-1.jpg
が、やはり伝説の剣・ウェヌスにかかってはどんなに巨大化しようが問題ナッシング! 片腕を斬り落としちゃいます。この後 逃げられて遺恨を残すことに。手負いなだけに恨み百倍で再登場してくるだろうね。きっと。

こうして二人は騎士学校に入学できたわけですが、ここでウェヌスに異変が。
densetsu190916-2.jpg
ウェヌスが幼女化しちゃったよ!
剣なのに人? これというのもパワーアップした成果だそうです。つーか、性格からしてジジイかと思いきや幼女とはアンバランスにもほどがあるわ!
それとルーカスの学生寮の同僚となったクルシュがこれまたちょっと…
densetsu190916-3.jpg
誤ってシャワーを浴びているところを見てしまい、あれほどきれいで形の良い尻を見たのは初めてだとか。以来、クルシュの尻ばかり見てしまうルーカスです。えーと、これはもしや女の子なのに訳あって男のふりをしているパターンでしょうか? それはそれで楽しみが増えるというもの。こうして3巻からは騎士学校編に突入です。
万年Dランクの中年冒険者、酔った勢いで伝説の剣を引っこ抜く (2) (ガンガンコミックスUP!)
万年Dランクの中年冒険者、酔った勢いで伝説の剣を引っこ抜く (2) (ガンガンコミックスUP!)
万年Dランクの中年冒険者、酔った勢いで伝説の剣を引っこ抜く 2巻 (デジタル版ガンガンコミックスUP!)Kindle版
スポンサーサイト



boku190915.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問127
センター試験を目前に控えて緒方さんや古橋さんたちは大わらわで、足が地に着かない状態。その点 唯我は落ち着いて…ません。やはり緊張のために胃が痛いようだ。そんな唯我に声を掛けたのは学園長。模試の結果を見てヒロインたちの成績が好調なことに「すまなかった」と頭を下げる。
boku190915-.jpg
どうやら当初は桐須先生同様に志望校を変えろと言うものだと思ってた。けれどそんなことをせずに希望通りの道を進ませ、見事に合格ラインまで成績を上げたことに敬意を表しているようだ。
これに対して唯我は「乗り越えたのは あいつら自身の力」と、あくまで謙遜。でも学園長が頭を下げた理由はもう一つありました。
boku190915-1.jpg
なんと唯我の父親と学園長は仲が良かったらしい。まぁ同じ教師同士、同級生だったかもしれませんね。父親は「いつかお前のとこに入学したら 厳しく育ててやってくれ」と言い、学園長はその言付けを守って教育係にした。そして成し遂げるまでにしたことから頭を下げたのでしょう。いや~世間は思わないところで繋がってるものだ。

一方、唯我と学園長との会話を影から聞いていたヒロインたち。自分たちを褒めてくれたことに感謝して…
boku190915-2.jpg
唯我の手を温める選手権が勃発。古橋さんも参加して三人で唯我の手を奪い合うとは羨ましいものだ。ってか古橋さんも完全に この輪の中に入るほど唯我LOVEになっちゃったか。
そして雪となった試験当日。ヒロインたちは試験会場に到着したけど唯我はまだ来ません。
boku190915-3.jpg
唯我は犬を助けたことを原因に階段を落ちていた!
ここに来て予想もしない大波乱! このままじゃ大学は合否以前の問題だ。いったい助けてくれる人は居るのだろうか!?
fuuto190914.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の63話
オウルの胴体となった舞の攻撃を受け、病室から転落した照井は地面に叩きつけられた! 血塗られたコンクリート?がその衝撃を物語っており、即死は確定か──

時 同じくしてフィリップがガイア鳥で飛来。オウルのメモリの秘密を「地球の本棚」で知っただけに来るのが一足遅かったです。
fuuto190914-.jpg
死んだ照井?を見て亜樹子が顔面蒼白になるのは当然として、それ以上にショックを受けたのは菜々だったようだ。
私のためを思って最初から真剣に怒ってくれた… さっきも私を庇って なのに私は…
後悔先立たずとは正にコレ。だったらこれを機に不良から卒業しようよ、奈々ちゃんよ。

話しをちょっと戻してフィリップはオウルの秘密を語る。「舞がオウル」ではなく「舞もオウル」。それは鳥羽本人からも語られた。
fuuto190914-1.jpg
鳥羽のハイドープとしての能力は、人間のタイプをメモリの色で識別できること。ときめと翔太郎は黒、フィリップは緑、照井は赤というように。オウルは凄まじく強いが小型。それを補うために稀少な黄色のメモリの人物を探しており、それに適合したのが舞だったということだ。これによって「二人で一人のドーパント」が誕生したというわけね。
fuuto190914-2.jpg
オウルの胴体となった舞は 菜々に怨み千倍。塾を紹介したからだけど、だからといって塾に出向いたのは舞自身。前回も言ったけれど完全な逆恨みであって奈々に責任を押し付けるなよ!

胴体と一体化したオウルは亜樹子たちを襲おうとするも、後頭部に突き刺さったのはエンジンブレード。ってことは!?
fuuto190914-3.jpg
生きていた照井!
あれだけの出血をしながらなぜ無事なんだ? と思うけれどまぁいいでしょう。怒りに震える照井はアクセルに変身だ!
boku190909.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問126
試験前に合格祈願のお祈りやお守りを買うのは定番な行為。また運を使うのではなく貯めておこうとするのも精神的な支えになります。今回はそんなお話し。あしゅみぃ先輩が当たり付きの自販機で当ってドリンクが二本出たけど二本ともあげてしまう。センター試験前だから、運を使いたくないからだ。
そこに唯我が現れて運が少し減ったのが上の画像。幸運が起きると運ゲージが減り、不幸だとゲージが上がるのが今回のキモとなります。

唯我は福引券で大当たりを当て、一等の ドハっちゃんランドご招待券を手に入れた。先輩が好きなキャラだからと招待券を貰おうとしたら…
boku190909-.jpg
運ゲージが急降下! そりゃそうか。憧れの場所にタダで行けるのだから、運を大きく使うよね。泣く泣く券を突き返す先輩デス。
この後も盆と正月が一緒に来たように、先輩に次々と幸運が訪れる。ファミレスに入ったら本日100人目のお客様とか(笑)、ごはんが丁度 炊き立てとか、おつりが777円とか。
結果、ゲージが消えかかるほど減っちゃいました。これでは試験の結果は目に見えたも同然だ。

でも不幸になればゲージが上がる。その不幸がやってきましたよ。問71に登場したハムスターのハミちゃんが先輩の元に現れます。ただ、寒さに弱いハズのハムスターがなぜ1月に公園に居たのか謎だ。
boku190909-1.jpg
ともかく げっ歯類が嫌いな先輩だけど、これは運を上げるチャンス。ハミちゃんを肩に乗せたまま しばらくそのまま。巻き添えを食らう格好の唯我だけど、先輩から抱きしめられるとは羨ましいね。
この後、公園の池(噴水)?に頭が落ちてしまった先輩は自宅へ。そこで今日一日、運を使わないようにしていたことを唯我に打ち明けました。
boku190909-11.jpg
唯我から「意外と可愛いところがある」と言われてまたゲージが減っちゃいました。まったくゲージは何にでも反応するものだ。そして終盤、アクシデントで唯我からデコチューされちゃった先輩。
boku190909-3.jpg
ゲージが減るわ減るわ! むしろマイナスになっても不思議じゃないでしょうよ。果たして先輩は試験当日に実力を発揮できるのだろうか!?
uq190908.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.164 結集
ようやく軌道エレベーターから降りてきた刀太。そしたらダーナが敵側に居たものだからビックリ。バアルはダーナと同じ真祖。同等の力を持っているだろうから寄生生物等の能力で操られているらしい。そのダーナは遠近法を無視した空間攻撃で九郎丸を圧殺する(不死だから復活するけど)など、相変わらずムチャクチャな行動ですわ。

ともかく始まった刀太とバアルの戦い。ここでも刀太はニキティスを苦しめた瞬間移動な能力を使ってバアルに一撃を入れた。
uq190908-.jpg
これというのも来る前に既に俺の血を撒いておいたからだ。
って、なに言ってるのかわかんないんだけど!?
来る前に撒いたって、この仙境館が戦いの場になることを知っていたってこと? ちょっと都合良すぎるだろうよ。

刀太もバアルも巨大怪獣(降魔兵装)を使っての大規模戦闘へ。この中でバアルは「ヨルダに同意する」と告げた。
uq190908-1.jpg
バアルはバアルで新たな人類を教導しようとしていた。それを妨げたのが雪姫。だからヨルダこと「始まりの魔法使い」による『完全なる世界』に導こうとする計画を支持するんだそうだ。
またバアルとニキティスは同じ種から分かれ、二つの星に分かれて育った兄妹姉妹のようなものとのこと。真祖でありながら兄弟というのは圧倒的な気がします。

ここでニキティスもやって来て、刀太とバトルを開始。バアルは九郎丸・夏凛ちゃん側の戦闘に加わりました。
uq190908-2.jpg
バアル・ダーナ・七尾の三人と戦わねばならない九郎丸・夏凛ちゃん・三太・キリエ・源五郎。数ではこちらが上回っているけれど、どれも魔王級なことから絶望感しかありません。「僕達だけでは…勝てない」と悟った九郎丸。そこにダーナが作った極小ブラックホールとも言えるヤバイ黒球が襲いかからんとしたとき、ソイツは現れた!
uq190908-3.jpg
十蔵です! もちろん甚兵衛もやって来ました。前回ダーナにやられたように見えたのは何だったのか。まぁ復活したんだろうけど、ひょっとして最後の力を振り絞っての参戦だったらヤダなぁ。
更に雪姫も外出から帰って来て、考えられる全勢力がこの場に集結しました。
uq190908-4.jpg
UQホルダー不死身衆
ナンバー1 雪姫
ナンバー2 宍戸甚兵衛
ナンバー4 結城夏凛
ナンバー5 獅子巳十蔵
ナンバー6 真壁源五郎
ナンバー7 近衛刀太
ナクバー9 桜雨キリエ
ナンバー10 飴屋一空
ナンバー11 時坂九郎丸
ナンバー12 佐々木三太
このメンバーがバアル・ダーナ・七尾・ニキティスらの四人と戦います。正に総力戦だ!
kenshin190905.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第18幕
9月11日から愛知県の明治村で剣心のリアル脱出ゲームが始まります。
修羅潜む京都からの脱出~己の剣と拳でこの町を守れ~
会場は明治村全域、時間制限なしなので一日かけても構いません。もちろん止めたくなったらそのまま帰ってもOK。ってか、この11日から園内の各飲食店でコラボ料理の提供が始まります。中でも正面入口近くの大井牛肉店が「赤べこ」となるのがメインになるかな。すき焼き一人前が5千円ぐらいするけど。

闘姿──それは人の闘争の本質が姿形となって顕れたもの。凍座はこの能力を買われて劍客兵器の先鋒に選ばれたそうだ。けれど猛者は本気にならないと闘姿を見せない。儂は抜刀斎の闘姿が視たいと、前回の剣心と同様に堀の水面を疾走(はし)って剣心に詰め寄った!
kenshin190905-.jpg
同じことができるなんて…強敵と見なした剣心は剣を繰り出そうとするも、それを止めた斎藤。以前 凍座との戦いで刀を折られたことを身に染みて覚えているからだ。
拳をかわそうとするも襟首を掴まれてしまい、地面に思い切り叩きつけられた。勝負あり!? いや、砂煙の中で剣を構えた剣心は神速の奥義を披露する。
kenshin190905-1.jpg
九 頭 龍 閃
これにはさしもの凍座も血へどを吐いて倒れ…ない! 当たったところから出血しているものの、笑って耐えてみせました。
kenshin190905-2.jpg
片や剣心は叩きつけられた影響もあってか息も絶え絶え。改めて凍座の強さを知ることになります。これを見ていた斎藤は「何か技か術を使ってる」と推測。凍座は今まで警察のライフル弾や牙突も止めてきた。この堅さには何かあると感じ取ったようだ。
ここまでの経緯を見れば剣心が押されてるのは間違いない。でも未だに本気には至らないようで、闘姿が視えないのがその証拠
だ。ならば一体どうすれば…というところで永倉新八が尋問したいと名乗り出た。
kenshin190905-3.jpg
不意な永倉新八の登場は事態を変える要因となるのだろうか!?
fuuto190904-3.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の62話
拉致された舞の居場所を突き止めたWとアクセル。バイオレンス・ドーパント四人と対峙するも所詮はザコ。サイクロンジョーカーによるジョーカーエクストリームで四人同時に倒してしまいます。以前戦ってるから対処の仕方を知ってるとはいえ、四人を同時だなんて よほどドーパントが間抜けだったんだな。塾の教師だけど。

保護された舞は直ちに病院へ。もちろん照井が付き添います。彼女だけ連れ去られたからには何か理由があるわけで、取り返しに来る公算が高いからだ。また依頼者の奈々にも安心させてあげたいので連絡を入れます。
連絡を受けた奈々は早速病院に顔を出し、舞に学習塾を紹介したことを謝ろうとするのですが…

一方、その病院の隣に現れた鳥羽音吉とスクリーム・ドーパント。彼女を取り戻しに来たようだ。けれど翔太郎はこれを読んでいた。いや正確には ときめがビゼルを使う空間の歪みを感じ取ったので、早々に来れたというわけ。
fuuto190904.jpg
でも余裕しゃくしゃくな鳥羽。ワシは彼女を強奪する必要がない。近くまで来て呼び戻せばそれで済むと言いながらオウルのメモリを取り出した。まさかここでドーパントに!?  翔太郎は身構えるも投げたメモリが消えてしまう。いったいどこに消えたのだ?
fuuto190904-.jpg
意識を取り戻した舞。奈々と感動の再会と思いきや「全部…ナナのせいだ」とまさかの展開に。胸の辺りが光ったと思ったら身体がどんどん大きくなっていき、見覚えのある形になっていく。
fuuto190904-1.jpg
それはオウルの胴体でした!
ってことはオウル・ドーパントはWと同じように「二人で一人のドーパント」ってこと? 舞はこうなったのは菜々のせいだとするけれど、メモリに興味を持って進学塾に入ったのは自分自身じゃん。奈々は紹介しただけ。責任転嫁もはなはだしいね!
fuuto190904-2.jpg
奈々を庇って殴られた上に、3階以上はあるだろう病室から転落する照井。あぁこりゃ死んでもおかしくないよ。いったいどーなっちゃうの!?