shiden211013.jpg
『イブニング』連載、「紫電改343」の第29話
互いに帰還途中で出会ってしまったための望まぬ戦い。後で知ることになりますが接近してきた4機のヘルキャットは、他機を安全に逃すための足止めとして任されたとのこと。そりゃ燃料も残弾も少ない状態でわざわざ積極的に仕掛けて来るわけがないわな。
菅野は皆に告げる。「怯むな」と。ヤツらは俺たちが弾も燃料もないことを知らない。ココで怯めばヤツらの気持ちを楽にするだけだと。

とはいえこの状況でどう戦えばいいの? それを実践する杉田です。
shiden211013-.jpg
敵の後ろに食らいついて「撃つぞ撃つぞ」と けしかける。パニックとなったパイロットは逃げようとして必死になり、味方機に接近しすぎて衝突させようというわけだ。今回は失敗したとはいえ敵をビビらせたのは間違いなく、これによってトラウマにでもなってくれたら しめたものですよ。杉田は語る。
弾なんざなくたって…戦えるんだぜ 俺達はな

これに続けと今度は菅野の番。敵機の後ろに回り込み、操縦桿を引きつけて接近しようとしたら…
shiden211013-1.jpg
勢いが余って敵機の前に出てしまいます。先の戦闘でエルロン(補助翼)の1/3が無くなっており、上手く操縦できなかったようだ。相手にしてみればわざわざ照準器のド真ん中に入って来たわけで、こんな絶好機を見逃すわけがありません。
ガンガンガン! 菅野機は掃射を受けて火を吹いた。コクピット内でも火災となり、顔を火傷した菅野は脱出すべく外へ身を乗り出す。
shiden211013-2.jpg
そこに迫るは先ほど杉田に追い詰められたケーリン少尉。裸同然の菅野にトドメを刺そうというわけです。杉田は叫ぶも離れすぎていて間に合わない。絶体絶命の菅野! 機銃が掃射される刹那、その間に割って入ってきた機体がありました。
日光「させるかよ
shiden211013-3.jpg
日光安治上飛曹の紫電改が盾となって菅野を護りました。代償は日光の命── 301でも若い隊員だっただけに菅野の無念は相当なものだっただろう。
尚、菅野はこの後に落下傘で無事に着陸するのですがここでエピソードが。顔が火傷で赤くなっていたため日本人ではなくアメリカ兵と間違えられ、住民に追い回されるというウソのようなホントの話があるのです。もっともこの後で誤解が解け、手土産をもらって帰還するのですがね。まぁこれが描かれるかどうかは知りません。

紫電改343(4) (イブニングコミックス)
スポンサーサイト



uq121010.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.188 見たかった景色
エヴァ=ヨルダは固有スキル「共鳴り」を展開。刀太を始めとするナンバーズたちはヨルダが見続けていた憎悪・怨念・不満・恨み・妬みなど「負の感覚」を視覚的にも感覚的にも味わうことに。ナギといいネギといい雪姫といい、この感覚を絶えず浴びせられていたらダークサイトに堕ちるのはやむを得ないかもしれないね。

一方、「アカシャの天輪」?内での三太と一空の戦い。前回は三太が勝ったけれど、今回の一空は太陽系全部の計算資源を使ってるので押され気味。それどころか…
uq121010-.jpg
僕は死にたくない
僕は最初からヨルダ・バオトに操られてなどいない!

と真実を打ち明けた。一空が今までしてきた行為は自分が助かりたかっただけらしい。
とはいえ三太も一方的にやられるわけにいきません。ナナコの力を借りて形勢逆転。そのまま押し切って三太の勝ちとなりました。
uq121010-1.jpg
最期はスッキリとした表情で皆に別れを告げて消えるのでした。(三太はやたらと「一空先輩はそんなこと言わない」などと信じようとしていたけれど意味がわかりません)
一空の退場によりネットの抑圧が無くなるわけで、幾分かは有利になるのは間違いないね。

話は戻って刀太たち。雪姫は完全にヨルダになっていなかったようで隙を作ってくれた間にフェイトの旗艦に戻ることができました。休む間もなく衛星カロンの北極に居るだろうバアルを撃破して「白い巨人」の侵略を止めなければなりません。
uq121010-2.jpg
その際に刀太を敵中枢まで送ってくれるのが明石マキナ。どうやら明石裕奈の子孫のようだ。
uq121010-3.jpg
またアーティファクト「千の絆」の中にある大量のアーティファクトの17個を組み合わせることで、依り代にされた人物を一人だけ取り戻せるとのこと。つまり雪姫を問答無用で取り戻せると。
物語が終局に近づいて詰め込んできた感は否めないけれど、早くバアルを倒してヨルダとの決戦に挑まなくちゃ!
UQ HOLDER!最終回まであと4話!
uma211008.jpg
『週刊ヤングジャンプ』連載、「ウマ娘シンデレラグレイ」の56R
極東の島国で行われるG1レースに この私、トニビアンカはやって来た。侮っていたつもりはないがレース対策はしてきたし、コンディションも遠征前のレベルまで取り戻した。だから凱旋門賞と同様な運びになると思っていたが…これは何だ!? タマモクロスもオベイユアマスターも想定以上の、世界レベルな走りをしているじゃないか!

自分の前を走る無名の二人にトニビアンカは憤慨する。悪く言えばどこの馬の骨とも知れないウマ娘に、凱旋門賞という世界の最高峰の栄誉に輝いたこの私が負けるわけにはいかないのだ!!
ふざけるな いいだろう
ならば…出し惜しみは無しだ!!

残り300mになってトニビアンカは本気の走りでタマモに迫る。
我が全身全霊を以て叩き潰す…!!!
uma211008-.jpg
ピッチを上げたところ左脚に違和感が走る。そして決定的な痛みが伝わって来た。トニビアンカは無念にもこれ以上のスピードを出すことができず、馬郡の中から飛び出すことはありませんでした…

残り200mとなって先頭争いはタマモとオベイの二人に絞られた。タマモはこれまでのオベイの馴れ馴れしい態度を振り返り「随分 分厚い猫 被っとったみたいやな」と、作戦だったことを知る。
uma211008-1.jpg
だったら売られた喧嘩を買うしかありませんね!
ええで 万が一…いや 億が一 隣りに並ばれても
競り合いならウチは負けへん
来れるもんなら来てみい…

勝負といこうや オベイユアマスター!!
今度はタマモからオベイへの挑戦状。並んで勝負しようというわけですが…オベイは並ぶどころか斜めに走って距離を取ります。
uma211008-2.jpg
お前の隣なんて…走ってやらない
負けん気の強いタマモは並走することで実力を発揮する。ならば並んで走る必要などないってわけです。史実においてはタマモ(南井騎手)の方がペイザバトラーに並ぼうとしたようですが、ペイ(マッキャロン騎手)は斜行してこれを回避。この行為にマッキャロン騎手は戒告処分を受けたそうです。
並走できないタマモは不発に終わってしまうのか!? そしてオグリは今どこに?
baki211006.jpg
『月刊少年チャンピオン』連載、「バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ」の第25・26話
幾度もの鞭打を受けたオーガは本気モードへ移行。それは肩・腕・背中などからツノを生やしての、超低姿勢による突進態勢。バキはピクル戦でトリケラトプス拳を披露してトリケラトプスを幻視させたけどここは異世界。幻視ではなく本物の怪物がいま正に襲いかからんとしていた。

これを見物していたゴブリンは慌てた。この突進によって南の集落が森ごと全滅したからだ。そんなものをここで発動したら旦那(烈のこと)どころか領地そのものが無事じゃ済まねぇ…
烈もそれを感じ取り、ラウリーに「あなたには覚悟してもらう必要がある」「おそらく次の一撃でこの一帯は…瓦礫と化す!!!」と要注意を呼び掛けた。
その衝撃たるや…わたしには想像もつかぬ…ッ
だが中国武術は…
逃げぬッ 躱さぬッ 退かぬッッ

はて同じようなことを「北斗の拳」のサウザーが言ってたような気がするけど…まぁいっか!

ただでさえ怪物なのに異形な姿に変化しての超低姿勢からの高速タックル! それを迎え撃つ烈は逃げることなく正面から攻撃態勢へ! 二人が激突して凄まじい衝撃と砂ぼこりが舞い上がった。その結果…
baki211006-.jpg
吹っ飛ばされたのはオーガ!
烈は過去の経験を活かしたのだ。ピクル戦にて同様に高速タックルを仕掛けてきたビクルに対し、烈は正面から崩拳(中段突き)を打つも不覚を取って吹き飛ばされた。だが刃牙は相手の突進力を逆に利用してピクルを躱した。真っ直ぐ進む力が強ければ強いほど、横からの力に弱いからだ。
baki211006-1.jpg
そこでボクシング挑戦時代に二番目に対戦した強敵 "スモーキン"ジョー・クレイザーの最大の武器だった左フック(左鉤打ち)を絶妙のタイミングで食らわせたのだ。
参考までにジョー・クレイザーのモデルはジョー・フレージャー。前の東京五輪でボクシングで金メダルを撮っており、バリバリ現役時代のモハメド・アリと15ラウンドまで戦って判定勝ちを収めたこともあるマジでスゴイ人です。

勝った烈にラウリーが近づこうとしたら衝撃によって足場が崩れた。それを助けたのは父親。勝手にしろと部屋を出ておきながら、影では息子の安否を気遣ってたのね。その際、持っていた杖がカランカランと落ちていってオーガの目の前に。
baki211006-3.jpg
それを見たオーガは「見ツ…ケタ」と! えぇ!? 殺した人間のはらわたをえぐり出して何やら調べてたけど、杖の宝石? が目的だったの?? だったら全くの見当違いでしょうよ。

バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 3
kenshin211005.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第39幕
話しは斎藤が回想する第37幕での「油小路の変」の続き。新撰組と、新撰組から脱退して倒幕派になった御陵衛士との戦いです。二刀流で大柄の服部武雄に新撰組の平隊士は成す術なく斬り倒されていく。勢いに乗って阿部十郎も続こうとするも服部は「退け」と命令。御陵衛士はお終いだからここで命を捨てず、意思と人生を新時代へ繋ぎなさいと告げる。つまり自分が命を賭して時間を稼ぐから、その隙に逃げろというわけです。

かつては新撰組で剣術師範をしていただけのことはあって斎藤の牙突を二つの刀で受け止めるなど、並みの強さじゃありません。だから永倉新八と 十番隊組長・原田左之助による三人がかりでようやく倒すことができました。
kenshin211005-.jpg
この一部始終を観ていた阿部は涙を流して新撰組を恨みます。だから現在の阿部は今でも斎藤と永倉を恨んでおり、大きな態度で接しているわけですな。
ところでこの新撰組と御陵衛士の戦いを描いた映画がもうじき上映されます。タイトルは『CHAIN/チェイン』。全国一斉ロードショーではなくミニシアターを巡る小規模上映なことから行ける機会が少ないとは思いますが記憶には留めておいてください。今年1月1日に亡くなった「5万回斬られた男」の福本清三氏が最期に出演した映画でもあります。
CHAIN/チェイン

一方、永倉は札幌の歓楽街・薄野に来ていた。しかも貸し座敷(遊郭みたいなところ)。本人が好んで来たわけでなく、前回 「お久しぶりです ガムシンさん」と接触してきた人物がここを選んだのだ。
kenshin211005-1.jpg
それは加納鷲雄でした  加納鷲雄(Wikipedia)
御陵衛士残党であり、近藤局長を襲撃して負傷させたばかりか 偽名を使って身分を隠していた局長を見破って逮捕・死地へ追いやった張本人です。斎藤と会ったら悪・即・斬で殺されかねないから永倉だけに接触してきたというわけ。一つ上の阿部の画像において、阿部を後ろから羽交い締めにしてるのがコイツですよ。

危険を恐れず接触してきた理由は阿部の身辺警護をよろしくお願いしたいから。嫌なヤツだと分かっちゃいるけど、同じ軒の下で同じ釜の飯を喰った 腐れ縁。殺させたくないので警護をしっかり頼みたいとのこと。
へー、あのイヤミな阿部にも仲間が居たんだ。しかも頭を下げてまで頼んでいるので結構 慕われているんだなぁ。
kenshin211005-2.jpg
それと新撰組を離れてから しばらく一緒に戦った前野五郎の登場
前野五郎(Wikipedia)
この貸し座敷の経営者であり、今では札幌でも20位内に入る大金持ち。永倉と知り合いということで久しぶりに引き合わせたいから加納がわざわざここを指定してきたったわけね。
kenshin211005-3.jpg
翌日の夕刻。劍客兵器との内通者は阿部ではないかと疑っている斎藤は、三島栄次を尾行させて様子を伺っていた。が、阿部は尾行されていることに気が付いていた。いったいどーなる!?
shiden211002.jpg
『イブニング』連載、「紫電改343」の第28話
モブリー少佐が率いるF4U コルセアの部隊に大打撃を与えた菅野たち戦闘301飛行隊(新選組)。本来の目的だった呉への攻撃は目の前なのでキャントレル大尉は進言するも却下された。我々が飛んでいられるのはコルセアというタフな機体があってこそ。帰投できるチャンスはこの一瞬しかないと、悔しさを滲ませながら部下に言い聞かせた。

確かに隊長の判断はビンゴだとキャントレル大尉。この戦争を終わらせるにはアイツらをどうにかしないといけないと雪辱を誓う。
オレ達アメリカを甘くみるなよ
お前達を倒すオプション(戦い方)は必ずある!


このセリフを実証してしまうのが図らずも「紫電改の弱点」について語っていた呉のおじさん。誰かと思ったら海軍工廠で紫電改の開発に関わってきた人らしい。そうだとしても一般市民に対して新型機の弱点を教えてしまう行為は、憲兵にしょっびかれて当然な行為だと思うけどな。
shiden211002-.jpg
紫電改の航続力は増槽なしで30分。20ミリ機銃が4門あっても各2百発の弾丸を撃ちっ放しでは24秒で底を突く。
つまり30分しか闘えない戦闘機
それが紫電改なんだよ!

「遅すぎた零戦の後継機」と言われる紫電改ですが、航続距離が短いのが致命的なのか。まぁ局地戦闘機と割り切ってしまえば楽かもしれませんが、零銭に慣れている人からすれば物足りなさがあったかもしれませんね。

菅野はモブリー少佐の部隊が離脱するのを確認。追い掛けないのは戦う意思がない者への攻撃は無意味ということか。撃墜数を杉田に訊いたら「5・6機で勘弁してやった」とのこと。これを上回ったのは加藤勝衛 上飛曹の10機。これはいささか大袈裟だったようだけど、8・9機は間違いないらしいですよ!?
見渡す限り敵機は見当たらないことから帰投する301です。

その頃の空襲警報がやんだ松山基地の近郊。菅野が贔屓にしている すき焼き専門店「喜楽」の女将・今井琴子さんのもとに訪れる人がいました。
shiden211002-1.jpg
日光安治 上飛曹の姉と、井上伊三郎中尉の奥さんです。
よりによってこの二人の身内を出しますか!?
お涙頂戴劇の何ものでもないんですけど…。ここまで書けばほとんどの人が察しているでしょうが死亡フラグになってるんですよ。だからこれから起きることを思うと切ないったらありゃしない!

帰投する菅野機が被弾していることに気付いた杉田。右翼の補助翼(エルロン)が3分の1ほど無くなっているけれど帰るには支障がないという。けれどこんな時に限って不幸がやって来るというもの。四国の西条飛行場あたりを攻撃して帰還するF6F ヘルキャットの編隊と遭遇してしまう。お互いに攻撃帰りなので燃料と残弾が厳しいに違いない。だから見逃すし、相手も見逃して…くれませんでした。4機だけが編隊を離脱してこっちに向かってきます。
shiden211002-2.jpg
ならばこちらも攻撃態勢になるしかないね! 「日光! 行くぞ!!」と激を飛ばすわけですが──301部隊を設立して初の戦死者を出すことになるとは誰が思おうか!
doubune211002.jpg
本当は11RのG3・シリウスステークスを目当てに行ったのですよ。けれど9Rに噂のドーブネが出場すると知り、こっちがメインになっちゃいました。ドーブネについては↓をお読みください。ウマ娘のサイバーエージェント社長・藤田晋氏が4億7千万円で落札した話題の新馬です。
【ききょうS】〝ウマ娘〟ドーブネがデビュー2連勝 藤田晋オーナー「やった」

で、ドーブネをパドックで10mほどの近距離で見ました。漆黒の体毛が日光で輝いており、神々しくさえ思えましたね! ならばこちらも馬券で応えなければいけません。
doubune211002-.jpg
てなわけで買ったのが↑。全て当たりましたー! ガチガチな本命だけあって単勝で170円、3連単でも980円という低配当。こんなことならもっと大口で買うべきだったよ!
ドーブネは今後は重賞に挑戦するとか? ならば12月11日のG1・朝日杯フューチュリティステークスへの出場は間違いないところか。