lost190323.jpg
『イブニング』連載、「ロストフード 絶対味覚探偵モズの事件簿」の1巻です。
雑誌で1話を読んで「こりゃ面白い」と思ったね。「めしばな刑事タチバナ」は昔の食品のウンチクを語りますが、この漫画はその味を再現するのがウリなんです。漫画家は「勇午」の赤名修氏。

下北沢東会商店街(実在する商店街です)にある百武探偵社。この所長は元刑事の百武推理。通称"モズ(百舌)"と呼ばれている。そのモズとしての能力を頼りに依頼しに来たのが外務省のお偉いさん。北〇鮮の金〇男がモデルだろう、アレクセイが来日する。16年前、偽造パスポートによる密入国で拘束した際は即時送還してしまったため日本国内での地下活動の詳細が聞けなかった。その雪辱を晴らすために今回は是非とも聞いてみたい。

とはいえ日本の狙いを察してさまざまな要求を出してきた。できる限り要求に応えてきたものの、どうしても一つわからないものがある。それが「ターザン」。食に関してることは知ってるけれど、メニューなのか店なのかさっぱり見当がつかない。何か心当たりは? ということでモズが導き出したのは、永谷園が出していたレトルトカレーの「ターザン」ということ。
lost190323-1.jpg
無論、とっくに発売中止になってるロストフードなので売ってません。ならば作るしかない! お偉いさんもそのために訪れたのだ。そう、「百の舌」と書いてモズと言うように、絶対味覚の持ち主なんです。どんなに昔に食べたものでも舌が記憶しており、必ずや味を再現してしまうのがモズの特徴であり特性なのだ!
lost190323-6.jpg
これはターザンを作ってるところ。モズの友人であるロバート秋山そっくりな料理人が、どんな食材を使っていたのかも再現してることに驚きを隠せません。けれどモズ本人は料理の腕はからっきしで、以前 ロバート秋山の店を燃やしかけたことから決して手を出させません。モズが役に立つのは本当に「舌」だけなのね。

こうして完成したターザンを懐かしく・美味しく食べるアレクセイ。私にとって日本の味はまさにこのカレーだと、モズに感謝します。けれどモズの狙いが別にあろうとは!
lost190323-2.jpg
ターザンが発売していた期間は1988年~1991年の間。16年前ではつじつまが合わない。だから1988年~1991年の間に偽造パスポートで来日してたことになりますよね!? と、核心に迫るのでした。

はい、これが1話。意外な終わり方に物寂しく感じちゃったよ。続いて2話ね。かつてトリプルエクスタシーという超人気女性三人組バンドがありました。高校時代からの仲良しの三人がそのままプロになったわけで、当時 デニーズのメニューにあったジャンバラヤが大好物だったそうだ。
lost190323-3.jpg
写真の盛り付けから何年かまで当てるなんてモズの知識は底無しかよっ! でも4年前、ドラムの雅が謎の死を遂げる。自殺か他殺か…。その後バンドは解散。京子と美香はケンカ別れしてそれっきり。けれど京子がトリプルエクスタシーを再結成したいので、美香を捜してと依頼が入る。そこでモズは美香を捜すと同時に、思い出のジャンバラヤの再現を試みた。
lost190323-4.jpg
美香は再結成に否定的だったけれど、ジャンバラヤを食べると共に雅は自殺じゃなかったと知らされて打ち解けるのでした。当時まだ刑事だったモズだからこそ導き出せた 自殺じゃないという事実。きっと雅も浮かばれることでしょう。
3話はロッテの高級ガム「イヴ」の1話目のみ。これは食したことがあるので自分にとっても思い出の味。香り高いガムだったよね。
ロストフード(1) (イブニングKC)
ロストフード(1) (イブニングKC)
ロストフード(1) (イブニングコミックス)Kindle版
スポンサーサイト
gacha190322.jpg
『モヤモヤさまぁ~ず』『10万円でできるかな』などで1000円ガチャに挑戦することがありますが、大須には3000円ガチャが存在します。「必ず電化製品が当たる!!」を売り文句にしており、1000円札を3枚入れればカプセルを排出。中に入ってる商品札を受付に持って行けば交換してくれるというもの。
gacha190322-.jpg
これが商品一覧。
1.iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル
2.Fire HD8タブレット 8インチHDディスプレイ 16GB
3.Dragon Touch タブレットPC
が大当たりのベスト3のようだ。他にはワイヤレスイヤホン、たい焼き器、ブルートゥースヘッドホン、フリーサウンドイヤホンFORTE 3rd、デザインポータブルスピーカー、ワイヤレスネックイヤホン、DC専用ハイパワーカークリーナー、ヘルスメーター、コーヒーメーカー、カメラ付きスマートウォッチ、コードレスケトルなど。
場所はメガタウンにあるアニメグッズ専門のゲーセン。お金に余裕のある人なら挑戦してみてください。
zon190320.jpg
『月刊サンデーGX』連載、「ゾン100 ~ゾンビになるまでにしたい100のこと~」の1巻です。
「ハレルヤオーバードライブ」で知られる高田康太郎氏の最新作。ゾンビの溢れる世界で絶望するのではなく、逆に人間らしさを取り戻していくといった前向きな作風が好印象です。

ゾンビ映画で「こんな地獄 もうたくさんだっ」とのセリフを、「会社に比べりゃ天国だよな」と死んだ目で観ているのが主人公の天道輝(以後 アキラ)。三年前 目を輝かせて入社したのはいいけれど、それがとんでもないブラック会社だった。入社のその日にいきなり徹夜。帰宅したのは二日後だ。
zon190320-.jpg
以来 三年、精も魂も疲れ果ててカップ麺をすする日々。電車のホームドアを見ては「これが無かったら会社に行かずに済むのに…」と、生きることに希望を見い出せません。
そんなアキラに突然の転機が訪れた。ゾンビが溢れる世界になってしまったのだ! 普通ならば絶望するのが当然だろうがアキラだけは違った。
今日から会社に行かなくてもいいんじゃね?
zon190320-1.jpg
逆に喜ぶとは何という皮肉。アキラにとって嫌なものは 会社>ゾンビ だったのだ。屋上に上がって青空を見ながら「会社に行かなくていい一日って、なんて素晴らしいんだーーッ!!」と寝そべる。そしてこの三年間やれなかったことをしようとアレコレ思い描き、浮かんだのは会社のマドンナ・鳳さん。社長の愛人だったけれどそんなの関係ねぇ! 3年分の想いを伝えず後悔するなら、ゾンビに喰われたほうがマシだと、会いに行くことを決意します。

ゾンビが徘徊する中を必死に自転車を漕いで自宅に行ったら、全裸の社長がゾンビになっていた。そして鳳さんも…
zon190320-2.jpg
ゾンビになっていようが関係ない。3年間働いて伝えたかった言葉を、ちょっぴり涙を浮かべながら伝えるのでありました。これを機にアキラは考えた。俺の命はあと一日だろうが60年だろうが、やれる事をやれる時間はあまりにも短い。ならば目標を立てようと、ノートに書き始めたのが「ゾンビになるまでにしたい100のこと」。
zon190320-3.jpg
1、好きだった人に想いを告げる
2、部屋の大掃除をする
という具合に望みを叶えたものは横棒で消すことにしました。今のところまだ33までだけれど、これは追って増えていくことでしょう。この後、32の「親友と朝まで飲んでバカ騒ぎをする」を実行。ラブホテルに閉じ込められたケンチョをを救い出してアクション映画さながらに隣のビルに飛び移るところは躍動感がありました。
zon190320-4.jpg
そしてコンビニで出会った謎の少女・三日月 閑(みかづき しずか)。株トレーダーとかやってるみたいなクールビューティー。今のところアキラと出会っただけだけれど、今後 何かしらに関係してくるのは間違いないでしょうね。
ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~ (1) (サンデーGXコミックス)
ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~ (1) (サンデーGXコミックス)
ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~(1) (サンデーGXコミックス)Kindle版
hero190319.jpg
『ゆりひめ@ピクシブ』連載、「ヒーローさんと元女幹部さん」の1巻です。
『コミック百合姫』のWEBコミック誌に連載してるだけあって百合です。しかも地球征服を狙う悪の組織の元女幹部が、ヒーロー(ヒロイン)に恋をしてしまうという百合コメディー。特撮ファンなら読んでおくべきかもね!?

異次元からやってきたアンチノイド。この世界の人々の記憶に残らないという特性を活かして人類滅亡を企てていた。そこに現れたのが正義のヒーロー(ヒロイン)・ラピッドラビット。彼女の出現により状況が一変すると思いきや、アンチノイドとて伊達ではない。女幹部のハニィ・トラップが直々に乗り出してラピッドラビットを苦しめます。猛攻により変身が解けてしまったラビットの顔を見て、ハニィは思わず手を止めてしまいました。
hero190319-.jpg
     めちゃくちゃタイプの子~!!!
一目惚れってやつです。この子を痛めつけるなんて私にはムリーと、そのまま帰ってしまいました。でもそれがいけませんでした。首領X(エックス)からクビを宣告されてしまいます。しかも刺客のオマケつき。傷つき倒れてしまったハニィ。それを助けたのが都合よくもラビットの中身(って言っていいの?)の本城颯だったのです。

目が覚めたらあの美少女に介抱されてて気が動転するハニィ(ちなみに本名も同じ)。「敵とか味方とか関係なく 私は困ってる人がら助けたい」と言われて「なに この子天使!?」と思うのも無理ないか。
hero190319-1.jpg
更に「ここにいてください」を都合よく『それって同棲じゃん』と解釈し、脳内のリミッターが解除。組織から完全に寝返って正義につく、というよりも颯さんと共に戦うことを誓うのでありましたー。
hero190319-2.jpg
一方、首領Xはハニィをクビにしたことを大後悔。冗談で言っただなんてシャレにならねーよ。しかも刺客まで送るのだから本気だと思って当然だな。ちなみに首領Xも他の幹部も全員女性ですよー。百合姫だけに。
hero190319-3.jpg
以後、このように颯さんハァハァな日々を過ごすハニィのコメディな日常。もちろん戦いもあるけれど、大したものではありません。あ、巻末は違うか。
hero190319-4.jpg
また敵幹部のキョーカ(右)とメルト(左)も百合っぽい関係。上の画は颯に惚れてるハニィに当てられて羨ましくなり、メルトは抱き着かずにはいられなかったようだ。こういう女性同士の関係は見ていてホワワンとしちゃうな。
ヒーローさんと元女幹部さん(1) (百合姫コミックス)
ヒーローさんと元女幹部さん(1) (百合姫コミックス)
ヒーローさんと元女幹部さん: 1 (百合姫コミックス)Kindle版
boku190318.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問103
久しぶりに登場の関城さん。唯我と緒方さんに見せたい発明品があるという。それが『1DAY トレンD』という、15時間効果を維持する超強力接着剤だそうだ。あのー赤城さんって発明品を作るキャラだっけ? ようやく科学部(元)部長のキャラらしい設定に寄せてきた感がします。そしてこの接着剤が唯我とヒロインとをくっつけちゃうのが今回の展開なんだろうな~と思ったら、関城さんとくっついちゃったよ! これは正直意外でした。

どんなことしても離れない二人。関城さんは更に後輩が開発した液体が付着して、シャワーしないと取れないや。そこでシャワー室で急いで頭だけ洗ってくれとしたものの…
boku190318-.jpg
なぜか全裸になってるよ!
こうしないと服が濡れちゃうし、落ち着いてシャワーができないという。そりゃそうだけどよく脱げるな。ヒロインたちだったら絶対やってないぞ。唯我は更に緒方さんから「見ちゃだめです」と目隠しをされる。腕には生暖かい脱ぎたての服、耳には緒方さんの吐息、背中には緒方さんの柔らかい胸が当たって、そりゃもう大騒ぎさ!
boku190318-1.jpg
翌朝までくっついたままなので唯我は関城さんの家に泊まることに。両親が放任主義なので問題ないそうだ。さすがに二人きりはマズイということで緒方さんも泊まることになりました。その際、部屋中に緒方さんグッズがあったから片付けるのにちょっと時間がかかったとのこと。どんだけ好きなんだよ…

関城さんはさっさと寝てしまうも唯我はあまり寝られない。その時だ。緒方さんが寝ぼけて身を寄せてきましたよ。
boku190318-2.jpg
更に手を握ってきたことから、ますます寝られなくなっちゃった。文字通りに「両手に花」じゃねーか! 唯我がうらやましいぜ。でもこれは緒方さんのささやかな故意だったようだ。
boku190318-3.jpg
寝ぼけたフリしてわざと手を握ってたのね。まぁこれぐらいだったら別に構いやしませんよ。ってな今回でしたが、あの行為についてはパスしましたね。トイレですよ、トイレ! 流石に一緒に中に入るわけにはいかないでしょ。音とか気になるしさ。
kouni190317.jpg
『マンガUP!』連載、「高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果」の1巻です。
例によって『小説家になろう』の連載作をコミカライズ。書籍版は3巻出てます。
「あの時 こうしておけばなぁ」と思ったことありません? 私はあるぞ。若かりしあの頃にもう少し勇気があればなぁと思ったことは数知れず。この漫画はその気持ちを思い起こしてくれて、読んでて胸がギュンギュンします。

30歳手前の真田誠治はなぜか突然 高2時代にタイムリープ。そこに居たのは高校で三年間好きだった、社会史担当の柊木春香先生。告白出来なかったことを今でも後悔してる真田は、迷うことなく「好きですーっ」と言ってしまう。
言ってみたものの即座に後悔しまくり。俺は七歳ぐらい年下で、しかも先生と生徒の間柄。恋が成就するわけないと諦めます。
kouni190317-.jpg
ところがOKとの返事が! 好きになっちゃったんだもんと、先生としても感情的にクるものがあったんだろうね。けれど付き合ってることがバレるわけにはいきません。下手したら先生は懲戒処分ものですから。そこで二人の隠密恋愛が始まります。
kouni190317-1.jpg
これは職員室内で、勉強を教わるフリをしながら筆談で愛を語ってるところ。わざわざここでやる必要ある? バレる危険性が高いのにするとは"吊り橋効果"を楽しんでるとしか思えません。
kouni190317-2.jpg
手作りの弁当です。箸は一つだけ。だって「あ~ん」してくれるなら、一つで充分だからね。く~! 付き合い始めた翌日にコレですよ。うらやましいったらありゃしない。でもそこに人が入ってきた。真田は慌てて机の下へ。
kouni190317-3.jpg
そこでパンツを見ちゃいます。しかもじっくりと。また別の場面では堂々と脱いでブラがあらわに! えーと、この時点で既に犯罪でしょうか? この後でキスもしちゃいますけど。こういう二人のイチャラブが続くラブコメになってます。
後半になって真田の"お兄ちゃんラブ"な妹が登場。柊木先生を見て「お兄ちゃんに恋してる?」と、直感で感じ取りました。これにより危険度が更に増して二人はどーなってしまうのか!?

先生と生徒との恋愛で背徳感ありあり。その状況下においても二人は別れようとしません。バレたら即死亡な関係だけれど、私は二人を応援したいね。だって「あの頃 もっと勇気があれば」と思ったことを真田は実行したのだから、せめて読者が後押しすべきでしょうよ!
高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果(1) (ガンガンコミックスUP!)
高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果(1) (ガンガンコミックスUP!)
高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果 1巻Kindle版
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を観たのなら『キャプテン・マーベル』も観なきゃダメでしょう。だって『インフィニティ・ウォー』のラストでフューリーが起動させたポケベルこそ、マーベルを呼ぶためのものだったのだから。
と、いきなり書き始めても知らない人にとっては何が何やらだね。順を追って書くにしても ただのあらすじ紹介になりかねないから、思いつくままいってみよう。

・冒頭の『MARVEL STUDIOS』のクレジット。普通ならばアイアンマンやキャプテンアメリカなどのキャラクターが登場するけれど、昨年11月に亡くなったスタン・リーを称えてスタン・リーのみが登場。スタン・リー祭りと化してます。

・そのスタン・リーは電車内の乗客の一人としてカメオ出演。すぐわかります。

・物語の時代は1995年。ビデオゲーム・ストIIの筐体があったり、インターネットがwin95で普及し始めた頃。携帯電話を持ってる人も少ないため、ポケベルが活用されてました。それが重要アイテムに化すわけです。

・ヒューリーの猫を可愛がる声に共感します。やっぱり赤ちゃん言葉になるよね? ね?

・その猫のグースが影のMVP。まさかあんなことが出来るとは! 飲み込んだ〇〇〇〇が『アベンジャーズ/エンドゲーム』のカギを握るアイテムになるのは間違いない?

・洋画の吹き替えは俳優やアイドルらがメインに起用される場合が多い中、竹中直人以外は全て声優に任せたのは好印象。やはり"餅は餅屋"であるべきで、慣れない人を声優に使うべきじゃないと思います。

ともかくマーベルのヒーロー(ヒロイン)でも最強クラスだろうキャプテン・マーベル。彼女の雄姿を観た上で来月公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観れば、きっと活躍具合に納得できるハズです。