boku190819.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問123
大晦日の夜、唯我は小林・大森らと共に神社に初詣に行き、そこで会ったのが↑の三人。三人とも振袖でイイネ。特に緒方さんは髪の分け方からして別人っぽく見えますよ。
古橋さんは根拠のない"カロリーゼロ理論"を持ち出して、屋台で買った大量の食べ物を食べるつもりだ。その内のアメリカンドッグを唯我におすそ分けしようとしたら…
boku190819-.jpg
緒方さんはうどんを、うるかは たこ焼きを食べてもらおうと急接近。そりゃ好きな人なのだから自分アピールを積極的に行うのは当然ですな。もっともこのモテっぷりを見て大森は殺意を抱くわけだが(笑)
boku190819-1.jpg
お守りとか売ってる授与所では先輩たちハイステージの人たちが巫女姿で売り子やってた。どうやらハイステージは毎年ここで出張してるみたいです。いったい何年前からメイド喫茶をやってるんでしょうね?
boku190819-2.jpg
またアクシデントで垣根に上半身を埋めて身動きが出来なくなっていた先生を救助。空き缶を拾おうとして滑り落ちただなんて先生や。けれどこれを持って行きなさいと渡されたのは合格祈願のお守り。生徒用に大量に買っていただなんて先生の気持ちも随分変わったようだ。
boku190819-3.jpg
最後はこれまでのことと、今後のことを思いながら参拝する唯我と三人。センター試験まであと三週間ほど。この漫画の終着点はなることやら。
ぼくたちは勉強ができない 13 (ジャンプコミックス) 9月4日発売
スポンサーサイト
hon190818-1.jpg
コミケで必ず長い列が出来る、おこたんぺこさんの新刊「いろいろな何か。”SE”」を入手! 入手方法は聞かないでってことで(笑) だって欲しかったんだもん いーじゃん!
hon190818-2.jpg
冬コミに続いて夏コミもユーフォ本。あとがきに書いてありますが、この本の制作が佳境を迎えたときに京アニの事件が起きたそうです。だから本の制作中止や、イベントの参加自体を見送ることも考えたとか。そりゃあんなことが起きるなんて予想すら出来ないわな。
内容はいつも通りにキャラと下着。これだけ多種多様の下着をよく描けるものだと関心します。

・中日新聞の中高生向け記事に本名陽子さんを取材した「声優」
hon190818.jpg
中日新聞の日曜日に載る中高生向け記事「マナビバ」。これに本名陽子を介しての声優という職業の紹介がありました。四歳で児童劇団に入った本名さんは中学卒業までに舞台・ドラマ・CMなど約180本に出演したとか。
hon190818-.jpg
上は「おもひでぽろぽろ」「耳をすませば」について
下は「ふたりはプリキュア」について。七夕の短冊に「プリキュアになりたい」を見つけ、うれしさと責任の大きさを感じたんだとか。

・増岡弘さん最後の「サザエさん」
hon190818-3.jpg
18日放送分で増岡弘さんが卒業ということで観てました。↑このテロップも今回までなのね。来週からマスオ役は田中秀幸さん。私からすればイデオンのジョーダン・ベスが一番思い出があります。
上映が始まって三週間あまりになってようやく観てきました。あ、ネタばれがあるのでご注意ください。
冒頭からいきなり大和の最期の戦いである坊ノ岬海戦から始まります。ここで描かれるのは25ミリ機銃の隊員たち。いくら撃とうが滅多に当たるものじゃありません。当たったところでパラシュートで脱出した飛行士にはすぐさま救助飛行艇が駆けつけて飛び去っていく。これを見せつけられた隊員は驚くと同時に、戦闘員に対する考え方の違いと国力差を思い知らされるのでした。

左舷に集中砲火を浴びた大和は大きく左に傾いていき、甲板の船員たちは次々と落ちていく。落ちまいとぶら下がるけれど力尽き、あちこちぶつけながら落ちていく姿は痛ましかったな。生き残った人によれば甲板は爆撃によって血の海になっており、肉片が散らかっていたというじゃないですか。さすがに映画ではそこまでの描写はないけれど、転覆して船体が折れて大爆発する姿を 落ちた隊員の目線から描いたのはリアルそのもの。つーか、ここまでリアルに大和の最期を描いた映画も珍しいかと。

さて、本編は言うまでもなく巨大戦艦を作ろうという推進派と、戦艦よりも空母にすべきという反対派との争い。双方の予定建造費を比べてみると戦艦の方が空母よりも安くなってる! そりゃおかしいだろうと反対派は非難するけれど、推進派は揺るがない。だって本来なら公平であるべきの海軍大臣が推進派なのだから。

そこで反対派の山本五十六は100年に一人と言われる天才数学者の櫂を招き、数学の面から新造戦艦の建造費がデタラメであることを証明することになります。けれど反対派からは詳しい資料の提出が無いばかりか、ことごとく関係者に口止めして四面楚歌状態の櫂。それでもやっとのことで協力者を得るも、今度は決定会議の日時を早めて あくまで櫂のやることを妨害し続けます。
このような苦難・試練に遭いながらも会議の席において大逆転の真実を発表するところは非常に胸のスカッとするところ。この映画を爽快娯楽映画で終わりたいならここでの退席をお奨めします。

けれど史実において新造戦艦の大和は造られてしまいます。それが会議の後の約10分。なぜ大和を造らなければいけないのかが語られ、これには櫂も観客も納得してしまう説得力があるのですよ。その結果、考えさせられて映画館を後にすることになるのでご注意ください。つまり爽快感のまま終わりたいなら会議のところで退席し、重々しい気持ちになりたいなら最後まで居ろってことで。

あと細かな点。
・山本五十六が日露戦争で左手の指二本を失くしたのは知っていたので注視してたけど、最初からありませんでした。やはりそういうミスはしないか。
・大和が新造された姿は両舷に副砲あり。やはりここでも25ミリ機銃をゴチャゴチャつけるようなミスはしないね。
choujin190815.jpg
『ヤングガンガン』連載、「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」の7巻です。
先月末に出たのを今ごろ紹介。だって過去の6巻全てをレビューしてる手前、やらないわけにはいかないじゃん。待望のアニメも10月から始まることだしさ。原作小説4巻のコミカライズになります。
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 1巻
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2巻 文明を壊す戦いへ
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 3巻 宗教で人心掌握?
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 4巻 戦略魔法を攻略す
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 5巻 お仕置きで人格改造
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 6巻 エルム共和国 建国す
choujin190815-.jpg
前回にてエルム共和国の樹立を宣言した超人高校生たち。国を繁栄させるには独自の貨幣を発行すべきということで、周辺国家との通商会議が始まりました。普通ならば"世界最高の実業家"であるマサトが交渉すべきだろうけど、今回は進行役に徹するとのことでエルクが財務次官となって3ヶ国と交渉することに。当初はただのガキと思ってたけど、マサトを習って勉強してたのね。それに現地のことはやはり現地人に任せるのがセオリー。マサトが急に元の世界に戻ってしまったら手に負えなくなるなんて最悪手だしね。
choujin190815-1.jpg
エルクは強気にフレアガルド帝国とエルム共和国の価値は同格だとして、一対一の交換を要求。これに異を唱えたのはアジュール王国とラカン群島連合。ポッと出来た新国の価値が帝国と同価値なわけがないと突っぱねます。まぁ当然の言い分だけど、当の帝国はあっさり受諾。実は帝国とは事前に密約して話がもう出来ていたのだ。

ならば他国が口を出すわけにもいかない。3国はそのレートを認めたけれど、各国の要望金額が思ってたより数倍も多かった。一度に大量発行すると貨幣の価値が薄まるけれど、ここで拒否したら舐められるに決まってる。エルクをやむを得ずこれを受けるのですが、これこそが3国の罠だったのです。
choujin190815-2.jpg
帝国はエルム共和国と密約してたと同時に、アジュール王国とラカン群島連合にも話をつけていたのだ。各国が金を買い占めることで流通量を減らし、エルム共和国に金貨を作らせないように働きかけていた。結果、エルクは金が欲しくても手に入れられない状況となり大ピンチ。このまま契約不履行になれば新国家の信用は地に落ちることになるだろう…

でもここで意外な人からの提案で突破口が見つかります。3国は必ずしも仲良し友好国ではない。金を買い占めてるのはいいけど、どこかが抜け駆けして売れば大金が手に入ることだろう。逆に売らなかったら儲けられた分がまるまる損ということだ。つまり そそのかせて裏切られたと思わせることで金を手に入れようとするわけだね。
choujin190815-3.jpg
この話をアジュール王国に持ち掛けたら案の定、話に乗ってきました。そりゃ赤字には誰だってなりたくないからね。こうしてようやく金を手に入れたけれど、爪が甘かった。そのような裏切りに備えて帝国は手を打っていたのだ。結果、その船は海に消えてしまい依然としてピンチの状況は変わらない。
choujin190815-4.jpg
しかしこれによってマサトに怒りの火が点いた。傍観するつもりだったけれど、頑張ってる者を踏みにじることが許せないのだ。「骨も残すかよ…!!」と、既に臨戦態勢に突入。
次回、怒りの逆転劇があるようなので読まないわけにはいきません!
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!(7) (ヤングガンガンコミックス)
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!(7)
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 7 Kindle版
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! (8)  9月25日発売
shin190814.jpg
4月末発売の『漫画ゴラク』をもって最終回を迎えた「真!!男塾」。このたび最終6巻が出たわけですが、最終話が大きく加筆修正されてたので報告します。その前に連載時の最終話がどうだったかは↓をお読みください。
真!!男塾 最終回 塾長は時空を超えて桃たちと会っていた!

加筆修正したといっても基本的な流れは変わりません。核爆弾によって時空を彷徨った塾長は「魁!!男塾」の世界に来てしまいました。新首相の英愛は男塾を滅ぼさんと攻撃するのですが、連載時では英愛一号という戦闘ロボが登場しました。この英愛一号がコミックスでは別人になってるのですよ。
shin190814-3.jpg
その名はジャキ!
DNA理論で巨大化させた人間で、AIで完全思考する史上最強の男なんだそうだ。えーと、なぜ人間なのにAIで思考するのか謎。サイボーグじゃないんだからさ、そういう細かなところは気にするなってことですかね。
ともかくロボットのように感情を持たないジャキは、明石など男塾の面々を次々と倒していく。そこで塾長の出番です。
shin190814-1.jpg
構えた塾長にジャキの動きが止まる。AIといえど塾長の底知れない強さを感じたらしく慎重になったのだ。やがてジャキは全身から汗を吹き出し、鼻血さえ出始めた。塾長の凄まじいオーラがジャキの思考回路を混乱させているのだ。
ジャキには塾長が自分より何倍も巨大に見えていた。堪らず殴りにかかるも、ジャキの拳は塾長には届かない。逆に激しく弾き飛ばされます。
shin190814-2.jpg
激しく叩きつけられたことでジャキには感情が芽生えたらしい。無機質な目でなくなっているのがその証拠だ。ジャキはこうして男塾で男を磨き、大豪院邪鬼となって男塾の帝王に君臨したのだろう。
こうして「新しい最終回」として終わった「真!!男塾」。掲載時に新作が構想中とあったので早く読んでみたいものです。
真!!男塾 ( 6)完 (ニチブンコミックス)
真!!男塾 ( 6)完 (ニチブンコミックス)
真!!男塾 6 Kindle版
akuma190814.jpg
名古屋には「浜乙女」という、海苔や ふりかけなどを販売している食品メーカーがあるんです。そこが8月1日から発売を開始した新商品が「混ぜ込み 悪魔めし」。
どう見ても「悪魔のおにぎり」を意識してるとしか思えません!
"混ぜご飯の素"でして、原材料も天かす・天つゆ(顆粒)・青のり・青じそなど「悪魔のおにぎり」とほぼ一緒。だから自宅で「悪魔のおにぎり」(とほぼ一緒のもの)が作れちゃいます。
ちなみに一袋130円。20g入っており、お茶碗ほぼ2杯分(約320g)の混ぜご飯ができます。
浜乙女 新商品
tonzura190813.jpg
『マガジンポケット』連載、「とんずらごはん」の3巻です。
3巻にして初紹介。いいとこのお嬢様である小波 沙羅(21歳)は突如、殺人犯に仕立てられてしまい逃亡。更に300万円の懸賞金付きのお尋ね者として指名手配されてしまった! ならば地下に潜伏するのが妥当だけど、お嬢様暮らしをしてただけに不味いものは食べられない。よって食事の名店を紹介しながら逃亡を続けるという、ロードムービー的なグルメ漫画となってます。
東京から始まった沙羅の逃亡は西へ進み、この3巻では静岡・愛知・大阪が舞台となりました。その内の私が住んでいる、愛知県の3店を紹介します。
tonzura190813-.jpg
静岡県浜松市にて家出少女の 御山れんげとムリヤリ強引に旅することになった沙羅。隣の愛知県豊橋市に到着します。とあれば名物は豊橋カレーうどんですよ。
tonzura190813-1.jpg
豊橋は うずらの卵の生産量が日本一なことから具材にうずらの卵が入ってるのが条件。更に面白い特徴がドンブリの底にご飯が入っており、それを とろろでコーティング。こうして食べ進めるうちにカレーうどんがカレーライスになるというのが最大の特徴なんです。
訪れたのは豊橋・豊川に11店舗ある名店の「勢川」。作者が実際に訪れているようで店構えも描いてあるから近くの人は行ってみてください。

豊橋から名古屋に進んだ二人。名古屋メシの名前を上げれば きしめんとか味噌カツとかあるけれど、ここはやはり ひつまぶしってことで名の知れた「イチビキ」へ。納谷橋に近いところにある店ですね。
tonzura190813-2.jpg
お嬢様だけに うなぎは今までけっこう食べてきた。だから大体の味は知ってる。美味いに決まってると。でもこのうなぎを食べてみたら手の震えが止まらない。「うなぎって ここまでのものでしたっけ!?」と。一緒に食べた れんげなんて涙を流してます。それほどまでに知ってる うなぎとは別次元の美味さだったんでしょうね。
ちなみに「ひつまぶし」とは開発した"あつた蓬莱軒"の登録商標なので、本来ならばこの店しか使えない名前なのです。でも名前を広めて欲しいという要望から、お咎めなしとなり現在に至ってます。
tonzura190813-4.jpg
最後は名古屋市瑞穂区にある「トップフルーツ八百文」。フルーツ店だけどカフェコーナーも設置してあり、モーニングサービスでは生フルーツジュースを頼むと数々のフルーツが付いて来ます。朝にフルーツを食べることは身体にとてもいいから、それを知ってもらうためにモーニングをやってるんだとか。
砂糖など甘味料が無くとも ここまでフルーツが甘いものだと知らなかった二人は大満足で食べたとさ。
とんずらごはん(3) (KCデラックス)
とんずらごはん(3) (KCデラックス)
とんずらごはん(3) (マガジンポケットコミックス)Kindle版