oorora140930.jpg
『娘TYPE』新連載、「ストライクウィッチーズ オーロラの魔女」の第11話
パンジャンドラム型の超巨大陸戦ネウロイの出現にスオムスは最大の危機を迎えた! イッル(ここでのエイラの愛称)たち第24戦隊はハッセを射手とする狙撃作戦を展開するもバレてしまい、逆に大型ビームを食らうことに…

墜落しながらも何とか無事だったイッル。しかしニパとハッセは違った。この二人、前からよく似てると言われてるのですが並ぶと本当に区別がつかないな。ニパは左手をヤケド。ビームが近距離をかすめたのでしょう。もっともニパは常に回復魔法がかかっている体質なのでしばらくすれば回復します。問題はハッセで利き腕にヒビが入ってしまい、これでは作戦続行は不可能。作戦を立て直すとルーッカネン隊長から指令が入ったところ、ハッセから提案があるという。それは…
oorora140930-.jpg
イッルを射手としての狙撃作戦の続行でした。むろんイッルは狙撃は得意でないので(というか多分やったことないだろう)断るも、ハッセが直接指導すると。何よりタイミングはイッルの予知能力にかかっているので、本人が直接撃つなら問題ありません。
更に近辺を飛び回る斥候型ネウロイはアウロラさんとラプラが排除してくれるという。これなら狙撃がバレるにしてもすぐに位置はわからないだろう。みんなの協力を得てイッルは狙撃銃を握り締める。
oorora140930-1.jpg
ハッセのオペレートによって準備OK。あとはタイミングを待つばかりだ。落ち着け! 自分を信じろ! イメージしろ! 鼓動よ静まれっ! 様々な感情とプレッシャーが押し寄せる中、イッルは遂に引き金を引いた!
上がる火柱。やったのか!? いや! 最後の最後でリズムが狂い、核を撃ち損ねてしまいました。パンジャンドラム(仮名)は向きを変えてすぐさまイッルたちの場所を特定。再び巨大ビームが咆哮を上げた!
直撃コースのド真ん中のイッルはもはや回避不能。ビームが直撃せんとしたとき、二重のシールドが展開された。ニパとラプラだ。ニパの腕が回復して復帰、ラプラは応援に駆けつけたのです。
oorora140930-2.jpg
しっかりしろイッル…!! お前は私達のエースだろ!!!
私達を信じろ! 自分を信じろ! 皆の期待を受けて銃口を再び核に向け、イッルは弾丸を発射!!
胴体を貫通してパンジャンドラム(仮名)は砕け散ったのでした──

スオムス最大の危機は去った。しばらくは戦況も安定することだろう。軍上層部ではこういう会話がされてました。
oorora140930-3.jpg
第501統合戦闘航空団に最高のエースを派遣すると。次回 最終回! イッルはここを離れて501へ飛び立ちます。 つづく

うわ~最終回か。コミックス1巻が6話収録なので2巻も6話(全12話)が確定。劇場版がそうだったけどニパが別れを惜しむのは間違いないわけで、辛い最終回になりそうです。
FC2 Management
idol170929.jpg
『月刊Comicレックス』連載、「THE IDOLM@STER」の第18話 秋月律子編1の前・後編
6月末発売の8月号以来、3ヶ月ぶりに連載再開。今回から律子編に突入です。
「竜宮小町」の収録が無事に終了して安心の律子。その帰りにプロデューサーから電話が入り心境は一変! 千早の声が出なくなったというのだ。家庭の事情をゴシップ誌に暴露されたショックで一時的に声が出なくなったらしい。
このエピソードはアニメ20話「約束」ですね。私は千早の番でこのエピソードが使われると思ってたのですけど、まさかここで使ってきましたか。ならば千早の回では何が使われるんだろうなぁ?

千早に付き添ってるPの代わりに、貴音たちの収録現場に現れた律子。貴音の収録は終ったけれど千早は出られない。その代理に来たのは美希でした。
idol170929-1.jpg
事情なんてどうでもいい、千早が困ってるならその代役をちゃんと果たすと なんとも頼もしい発言だこと。美希のプロ意識はこうやって覚醒していくんだろうな。それにしてもこの一件は961プロが絡んでいるのでは? と貴音。その後 社長・善澤記者も含めた説明会があり、予想通りに記事の出所は961プロの関係者だったそうです。
プロデューサーはフォローしてくれた礼を言うも「それ以前に私も同じ765プロのプロデューサーですから」と、当たり前のことをしたまでと振舞う律子です。

その夜、律子は昔を振り返る。プロデューサーになりたいと思っていた学生時代を──
idol170929-2.jpg
店頭イベントに出演しているアイドルを見て「この子たちはこんなひらひらした衣装じゃ駄目」「もうちょっと大人の魅力も引き出して」などと、高校生でありながら気持ちは既にプロデューサー志望だった模様。気持ちが抑えられなくなって765プロに直訴しに行ったところ、裏方ではなくアイドルをやってみなさいと社長に言われてしまいます。
idol170929-3.jpg
ステージに立つ気持ちは今後のために役立つと思ってやり始めたアイドル時代。客席に居るメガネの少年はアニメ18話に登場した熱烈ファンのプチピーマン氏です。やりたくなかっただろうけどファンを作ったからには応えなきゃね。
やがてアイドルを辞めて念願のプロデューサー業に転身。そこで「竜宮小町」をヒットさせることができ、律子は夢を叶えたのでした。しかし千早は…ずっとステージで歌うことだけを望んでいたのに今は歌えなくなってしまった。苦しいハズだ、苦しいに違いない、ならば私達がステージに立てるように応援せねば!
翌日、改めてプロデューサーに全力でサポートすることを宣言。765プロの団結力が試されるときはいま! つづく
goku140928.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「極!!男塾」の第14話
ペットのナメブータをあっさり殺されてしまったカグヤ姫は怒り爆発! 王者・クンタッチにスタップ殺法を仕掛けようとするも、オマエが勝てる相手じゃないと獅子丸が止める。そんなカグヤをクンタッチは「気丈な女よ気に入った。俺のパートナーにふさわしい」と一方的に宣言。そこで見せるのが超奥儀です。
いったいどんな奥儀かと思ったら、なぜか身体が溶けていくぞ!? そして別のものに変化します。
goku140928-1.jpg
これぞ超奥儀「華雲達懼(カウンタック)」
そう、クンタッチはカウンタックに変形したのです。どうやら昔 地球に来たことがあるらしく、そのときに見たカウンタックの神々しさに惚れ込んでこの姿になってるそうだ。ドアが開いてさぁ乗れとするも、まんまと乗るカグヤじゃない。けれど催眠術によって操られ、獅子丸目掛けて走り出す!

そんな攻防が何度か続き、シビレを切らした獅子丸も奥儀を繰り出すことに。親父の愛車だったそれは、当時のカウンタックと世界最速の座を争うライバルだったそうだ。それは…
goku140928-3.jpg
フェラーリB・B(ベルリネッタボクサー)! 刀身に込めた気を虎の姿にして打ち出す奥儀「暹氣虎魂(しんきふうこん)」を、今回ばかりはフェラーリB・Bにして打ち出したんだな、これが。ちなみにこの車は宮下あきら先生がかつて乗っていた愛車で、それを桃も乗っていた設定にしてます。

まさか宇宙でスーパーカー対決になるとは誰が思ったことだろう。ってか何で今になってスーバーカーなんだ? よくわからないところが男塾っちゃ男塾ですけどね。 つづく
極!! 男塾 (1) (ニチブンコミックス)
宮下 あきら
日本文芸社 (2014-09-18)
sugar140927.jpg
webコミック「IS シュガー&ハニー」の2巻(完結)です。
オーバーラップ文庫のHP内で公開していた「インフィニット・ストラトス」のシャルを主人公にしたスピンオフ漫画。シャルと一夏とのラブコメを、これでもかというぐらいに甘い展開で描いてます。ストーリーはあって無いようなもの。結局は一夏とのイチャイチャになるのですから。

とはいえ一夏の唐変木ぶりは相変わらず。二人で街に出てシャルがウェディグドレスを見つめていると「すごくキレイだろうな」とつぶやくんですよ。シャルはてっきり自分がお嫁さんになったものとして考えてると、一夏は千冬姉さんが着たときの姿を思い浮かべていたとかね。
今回は更識盾無と簪(かんざし)の姉妹も登場して、ヒロイン全員が何かしらに出演してます。簪は一夏をモデルにした乙女ゲーを密かに自作したところ、シャルに知られてしまって泣きつくといった意外なストーリーもあったりします。
sugar140927-.jpg
けれど結局はこういうオチ、というか場面が多いです。これはブライダル無料体験に行ったところ間違えられて新婦の服装を着せられてしまいました。でもこの姿のおかげで子供の命を救うことができたので結果オーライ。お詫びにちゃんとウェディングドレスを着ての一夏とのツーショットを撮れたのだから満足だね。
最終回はシャルへのサービス要素が強いです。だって一夏から──
sugar140927-1.jpg
一夏からキスをされて驚くシャル。か~~! 原作じゃ考えられませんよ、一夏の性格からして。今までさんざんヤキモキさせてしまった、そのお詫びのキスという解釈でいいでしょう。お二人様、末永くお幸せに!
巻末の描き下ろし漫画ではこの関係が更に進展した内容に…
sugar140927-2.jpg
一夏が風呂に入ったのを確認して後からシャルが入っていきます。ちょwwwそれってもはや そういう関係になってしまったってことなのかーーー! 一夏は一応は断りますけど断固拒否はしてません。シャルもそのつもりなんだから、ま、そういうことだ。シャルファンの諸君はヤケ酒でも飲んでくれや。以上!
ISシュガー&ハニー2 (オーバーラップコミックス)
ISシュガー&ハニー2 (オーバーラップコミックス)
date140926.jpg
『別冊漫画ゴラク』連載、「男塾外伝 伊達臣人」の第6話
今回は表紙&巻頭カラー。同誌の連載陣の中で人気上位なのは間違いないようです。
毒蝮四兄弟の血蝮&肉蝮ペアと、月光&雷電ペアとの戦いの真っ最中。互いに絆錠鋼という鎖で繋がれている状態で、肉蝮は絆錠鋼を使って血蝮を振り回す! 血蝮は火を噴いていることから それはさながら"かえんぐるま"。あるいは回転ジェットで空を飛ぶガメラのよう? 「大車輪炎上蝮」というこの技に、月光&雷電はたまらず火だるまになってしまいました。

かろうじて二人は難を逃れるもボロボロ。蝮兄弟はトドメとばかりにもう一度 同じ技を繰り出そうとしたとき「この雷電…同じ技を2度は食らいはせぬ!!」と動き出す! さすが雷電、何やら策でも思いついたのか? けれど忘れちゃいませんか、いま置かれている状況を!
date140926-1.jpg
絆錠鋼でつながれているのだから一人だけ動き出しても鎖が張って身動きが取れない! 何という凡ミスなんだ!! 「魁!!男塾」時代からは思いもしない失策です。
「無様だな!! 死ぬがいい~~!!」と再び大車輪炎上蝮が炸裂! 激しい炎と煙に包まれた二人は今度こそ…いや! 煙の中から五体満足の二人が現れます。その身体には何やらタトゥーがあるぞ!?
date140926-2.jpg
こ これは! 本気になったときにだけ身体に現れるという怒粧墨(どしょうぼく)じゃないですか! 驚邏大四凶殺にて月光が一度だけ使った技です。その効果は体表細胞の密度を高め皮膚を硬質化させる事にあるのですけど、驚いたことに雷電も使ってるぞ。って使えたのかよ!
月光のタトゥーは「一見必殺」。「一度見た者は必ず殺す」という意味。雷電は「一目大往生」で意味は同じです。

本気になったからにはもう容赦はせぬと反撃開始。蝮兄弟と同じく雷電も絆錠鋼を持って月光を振る。ただしそれは一度だけ。斧を振り下ろすがごとく肉蝮に目掛けて月光を叩きつけた!
date140926-3.jpg
肉蝮の腹に食い込む月光の頭。身体を硬質化しただけに威力は抜群で一発大逆転のKOだぁーーー! ただ、逆さになっても不動の姿の月光がユーモラスに見えてしまうのはいたしかたないことでしょう。 つづく
geki140925.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「激マン! ~マジンガーZの章~」の第7話
今は1972年(昭和47年)の6月末。東映動画(現 東映アニメーション)の有馬氏から「マジンガーZ」の放映がほぼ決まったとの報告があり激は驚きの声を上げる。気になるのは「ほぼ」の意味。フジテレビから条件付けされて「原作者が週刊誌でのマンガ連載をすること」が絶対条件だったそうだ。

へーー! アニメ化決定にもそんな条件が必要なことがあるんだ。そりゃ局だってヒット作にしたいのだからできるだけ良い条件をつけるわな。半年後の12月から放送開始を予定してるので、連載はその三ヶ月前ぐらいから始めて欲しいとのこと。12月の三ヶ月前といったら9月。あと三ヶ月(実質二ヶ月ちょっと)で連載を始めなきゃいけないの? あまりに急なことなので難しいとしか言えません。だって自分だけの問題ではなく雑誌社との話し合いもしなけりゃいけませんからね。

とはいえ東映動画としてはもう決定の方向で話が進んでおり、監督やシナリオライターの人選をしている最中。後には引けない状態なのです。その雰囲気に押されて激は宣言!
geki140925-.jpg
週刊誌連載は絶対にやる! ロボットマンガはオレがマンガ家を目指した動機の一つ! 「マジンガーZ」にはオレのマンガ家としての夢が詰まっている!
時期的に来週あたりからアニメの「デビルマン」の放送が始まる頃。世話になってる東映動画を安心させるためにも、このように啖呵を切るしかありませんでした。でも実際のところ雑誌はどーなのよ!?
geki140925-1.jpg
前回の話にてジャンプの「ハレンチ学園」は既に連載終了の許可が取れてます。片やサンデーの「あにまるケダマン」とチャンピオンの「あばしり一家」は終了の話などしておらず、納得させるのに時間が必要。当初の予定ではジャンプにはこのまま当分描かないつもりでしたが、現状からしてマジンガーの連載はジャンプにするしかなくなりました。

なるほど! 予定が早まったゆえにやめるつもりだったジャンプに掲載となったわけですか。ケダマンはそのあおりを食らって終了。サンデーにはしばらく描かなくなったのですね。尚、実際のところ9月からの連載はやはり無理だったようで、10月最初の週から連載開始となりました。

マジンガーの描き直しは地下研究所から出たところ。隣の山田さんの家を壊すところは初。また銭湯を破壊して女性たちがパニくる箇所も初です。
geki140925-2.jpg
裸を見てしまい「モロ見え」と顔を赤らめる甲児の初々しいこと。むろんこんな場面は原作には出てきません。ジャンプに引き続き連載するとのことで、ハレンチ学園のハレンチシーンをマジンガーにも取り入れたらこんな風になるんだろうなとの思いがこうなったのです。もしこれが取り入れられたらかなり雰囲気が変ったんじゃないかな。 つづく
uq140924.jpg
『週刊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.51 小夜子と三太
三太は死んでいる! そう告げられても にわか信じられない刀太。でも目の前にあった三太の腕が霧のように消えたし、住民登録も死亡届も確認したという。もはや疑いの無い事実だけに受け入れるしかありません。
けれど当の本人は死んでることが信じられない様子。その姿を見て事件の当事者だと決め付けるのは早いと声を荒げる刀太です。

刀太の気持ちはわかりますよ。でも「目を見りゃわかる」「俺を信じろ」と言われたところで「オマエ何歳なんだよ」と言いたいね。年端もいかないないのに(もっとも不死だけど)そう言われたところで説得力がありませんって。
ここでよもやの内乱が起きて刀太VS一空戦が勃発。一空はパワーアーム三本とチェーンを地面に撃ち込んで刀太を押さえ込もうとします。が、闇の魔法を使ってたった一撃で撃破! もう自由に使えるようになったのかしらん? もっともそうでなければフェイトに勝つことなどできませんがね。
uq140924-.jpg
追いかける九郎丸をあっさり確保。おのずと瞬動術も上達してることがわかります。そこで三太が犯人じゃないことを理由付けて説明します。ふーん、ただ闇雲に「犯人じゃない」と言ってたんじゃないんだ。納得できる説明なので関心しちゃいました。ともかく三太じゃないとすると誰? 九郎丸のが思い浮かべたのは謎の少女。ズバリ正解なんですが、今は三太と会ってました。
uq140924-1.jpg
別れを告げる小夜子。どうやら人格の形成に限界が来ているらしい。そこで全てを話します。事件を起こしたのは自分だ。私はネクロマンサーだったことから三太の魂をこの世に留まらせたのだと。人格が無くなったらいったいどんな事態になるのだろう? 考えただけで恐ろしい…

ラストは久々登場のキリエ。血の匂いがすると不吉な前兆を予感します。この子一人で来るの? 学園なんだから年齢詐称薬を使わないでエヴァ本人の登場に期待します。無理だろうけど。 つづく
UQ HOLDER!(4) (講談社コミックス)
UQ HOLDER!(4) (講談社コミックス)