online170330.jpg
『ヤングアニマル嵐』連載、「クソゲー・オンライン(仮)」の1巻です。
"史上初 史上最大 最高のVRMMO"としてサービスが始まった「ソード&マジック・オンライン」ですが、それはバグだらけのクソゲーだった! 最初に登場したスライム的なモンスターが激強であっさり死んでしまったり、タイトルに「マジック」とありながら魔法が使えなかったり、家を買ったのに扉が開かなくて無駄買いになるなど、至れり尽くせりなクソゲー具合。
online170330-3.jpg
これはテレポート広場のバグ。テレポートすると全裸になってしまい、それだけで少年保護法のノーマナーとして即死亡。しかもこれを偶然だろうと見てしまった人も強制的に死亡するのだから、おちおち歩いてさえいられない。

主人公のササラキはギルド仲間のアズラエルとリズナと共にダンジョンのボスと戦って勝利したものの…
online170330-.jpg
倒してからの物理演算の挙動不審によってアズラエルが死亡。自分の剣がなぜか腹に突き刺さるというバグでした。これに怒り心頭なアズラエル! クソ運営死になさいよマジで、と怒りをぶちまけた。そんな彼女を見守るしかないササラキですが、アズラエルのことが好きなのは一目瞭然。リズナも二人をくっつけたいと思ってます。

そんなササラキに突然 転機が訪れた。ゲームマスターのアリスが接触してきたのだ。
online170330-1.jpg
クソゲーと言われながら何もしてこなかった運営の理由──それは開発メンバー全員が引き抜かれたから! やろうにも一人だけではやれないのです。当然ながらゲームに参加する人数も減少しており、このままでは四週間後にサービス終了する予定。
そこでササラキなんです。ササラキはバグを使って宝箱の中身を事前に知ることを知っていながら使わなかった。レアアイテムをバンバン収集できたのにだ。けれど楽しみが減るという理由で使わなかった。アリスはそういう精神を見越して立て直しを図って欲しいという。
ササラキとしてもゲームが終了すればアズラエルと会えなくなるわけで、できればずっと続いて欲しい。
online170330-2.jpg
こうしてゲームマスターとして参加することになったササラキ。まずは新ダンジョンを作って自らが最初のプレイヤーとして参加するのですが…まぁ楽じゃないでしょうね。成り行きからして(笑)
クソゲー・オンライン(仮) 1 (ヤングアニマルコミックス)
クソゲー・オンライン(仮) 1 (ヤングアニマルコミックス)
スポンサーサイト
boku170328.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問8
10話近くになって序盤の山場といえる話になりました。今までの努力の成果を確かめる中間テストが始まります。校長は緒方さんと古橋さんには平均点以上を取ってもらいたいと期待するのですが、唯我は気が重い。それを見越してのことなんでしょう、「志望分野を変えさせることも優しさだ」と付け加えた。

唯我が校長室を出てから元・教育係の桐須先生は「怠慢」「結果が出なければ教育係を降りてもらうべき」と言ってますよ? はぁ~? 美人先生にこんなこといいたくないけどさ、これまでの教育係の先生たちがソレが出来なかったから唯我にお鉢が回って来たんだよ? そこで何で唯我を悪く言えるのかね。「怠慢」って言葉をそのままブーメランでお返しするよ。民進党みたいに。

それを聞いてしまった緒方さんと古橋さん。中間テストで結果を残さないと、また唯我も教育係を降りてしまう・・・。いつものこととはいえ今回ばかりは気合が違うようだ。緒方さんは日曜日に唯我を家に呼びました。
boku170328-.jpg
店を離れられないということでこの姿でお勉強ですよー。読者にとってもこの姿は新鮮だなぁ。ちなみに父親は緒方さんを「理珠たま」と呼んで溺愛しており、唯我を目の敵にしてます。こういう"いかにも"ってオヤジキャラは嫌いじゃないね。
テストに出そうな範囲の登場人物の感情を、全て記憶することでテストに挑むつもりの緒方さん。物語の人物の感情がわからないのだから、こうやる方法もありっちゃありか。記憶力のいい緒方さんだからこそ出来る方法ですな。唯我は余計な文章に惑わされないよう、とある方法を教えます。
boku170328-1.jpg
そして始まったテストですが…問題を見て「まずい!」 出そうな範囲として対策していた出題は半分のみ。残り半分は新しい問題だったのです。文章が頭に入ってこないと手が止まる。思い返すのはこれまでの教育係の先生たちの辛辣な言葉です。
笑止千万  そんな才能はないわ  いつまで子供のつもりだ?
どっちがあなたの人生の為になると思う? ほらやっぱりダメだったろう!

けれど唯我だけは違った! 今までの先生は不得意分野をあきらめさせてたのに、その分野で点が取れるように教え続けてくれました。その行為に報いるためにも、教えてくれたとある方法をやってみる。

それは削読法。やり方は割愛しますが著者が主張したい部分を照らし出す方法です。登場人物の感情がわからないとする緒方さんにとってこれは"賭け"だったかもしれません。でもやらないからにはダメになる。書かないからには点が取れない。
boku170328-2.jpg
あきらめないとする強い意志が緒方さんを突き動かします! それは「唯我と別れたくない」という気持ちの表れといってもいいでしょうね。本人は1000%否定するでしょうが。
その甲斐あってか自己採点で71点という高得点(緒方さんにしては超高得点)だったようで先ずは大丈夫でしょう。ならば明日の数学で古橋さんも──と思ったらヒドイ風邪の症状。これは勉強以前に体調的に大いに不安だ。
rail170327.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第94話
屍喰部隊(スカベンジャー)によって操歯さんは助かりました。戻ってきた理由はわからないけれど、共同戦線を張ったからにはサービス残業といえど手を抜かないのだろうと推測します。
美琴はドッペルゲンガーが作った植物の茎? をエッチラオッチラと登ってる最中、食蜂さんからの電話を受ける。「派手にやってるみたいじゃなぁい?」なんて言うけれど、あの巨大怪獣対決を見た人から言わせれば、そんな一言で片付けられないインパクトがあったのは間違いないわな!

食蜂さんはドッペルの資料を探したけれど空振りだったことから、操歯さんの人体実験前の論文を調べているという。美琴は『魂の憑依』が最初から胡散臭かったので、物質を操る仕組みを20パターンほど想定して挑み(密かに試しながらやってたのね)、何かを掴んだようだ。その秘密は人工筋肉っぽいと想定しているみたい。

この間 リーダーとも会話し、手元にある人工筋肉のデータは美琴が見込んだスペックより低いものだったけれど、リーダーが見たものでは形状が変わっていた。つまりドッペルがスペックを上げていたと思われます。
rail170327-.jpg
ならばそれは見込んだ通りに自己増殖をし、物質の内部にマイクロレベルで食い込み操る能力。蟻の寄生菌と粘菌の特性を合わせ持った人工筋肉だろうと推測。
つまり『魂の憑依』という霊的なものなんて最初から無かったってことだ!
rail170327-1.jpg
最後になってドッペルと対峙する美琴。
あんたの絶望は人間でなかったことだけじゃない
真の絶望は魂の不在を確信したことじゃないかしら?


いよいよ佳境へ、という場面で今回終了。たった12ページじゃ消化不足だよなぁ。
で、来月号は連載10周年ということで表紙とクリアファイルが付録になります。『少年ガンガン』連載の「禁書目録」も来月号(4月12日発売)で10周年なことから表紙&巻頭カラーと下敷きが付録なんです。
rail170327-2.jpg
そしてこのスピンオフ新連載が来月号から始まりまーす! その名も「とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ」。「超電磁砲」自体が「禁書目録」の外伝なのに、今度は「超電磁砲」の外伝とは忙しいことだ。主人公は食蜂一派のリーダー的存在な縦ロールちゃんです!

aka170326.jpg
最終日にしてようやく時間がとれたもので10数年ぶりに上京して「赤松健 原画展」に行ってきましたー! 着いたのは開場15分前ぐらいで、既に30名ほどが並んでましたよ。
入場してすぐのエリアはまだカメラ撮影可能の場所。
aka170326-.jpg
その突き当りにあったメインビジュアルの4作品の4人。ここから先は撮影不可です。「A・Iが止まらない!」から「UQ HOLDER!」までが順に展示されてました。「AI止ま」ではフロッピーディスクの中央部を取り去りドーナツ状にして壁に付着。そこか。「AIが止まらない」ら中を覗けばラッキースケベシーン等が見れる仕組みになってました。これは展示方法に遊びをつけた格好で、他ではあまり見ない仕組みでしょう。

先生の絵はWikiにあるように「切り貼り」することが特徴のようなので、注意しながら見てたら見つけました。
aka170326-5.jpg
「ネギま!」のコミックス15巻130時間目の枠で囲った部分。ネギやら明日菜やらエヴァの絵は普通に描いてあるものの、枠の中のキャラクター(木乃香とか古とかハルナとか夕映など)は別に描いたものを切って貼ったものでしたよ。

「UQ HOLDER!」が終わると撮影可能な赤松健エキシビジョンゾーン。ここに車ものの謎のネームがあったんですよ。
aka170326-2.jpg
これがMAX氏の言う、「ラブひな」終了後に描いたネームだけれどボツになって「ネギま!」になったという"幻の作品"なんですね。

aka170326-1.jpg
同じくそこにあった、仕事場のライブ映像。4月8日発売する『別冊少年マガジン』連載の「UQ HOLDER!」Stage.135をまだ描いてました。締め切り過ぎてるのに(笑) 見たところキリエですね。この絵がどんな場面に使われたのか確認するのが楽しみだ。
[赤松健 原画展に行ってきました]の続きを読む
choujin170325.jpg
『ヤングガンガン』連載、「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」の2巻です。
実は去年読んだコミックスの中でベスト3に入るほど、個人的に気に入ってるこの漫画。異世界で成り上がっていく姿はもちろん、絵が好きなんですよ。上の画像はお気に入りの林檎ちゃん。高校生にして数世紀先の頭脳を持つ発明家です。

高校生にして総理大臣の司、高校生にして世界最高の実業家の勝人などの『超人高校生』7人は飛行機事故により異世界へ飛ばされてしまう。そこで各人は才能を活かして活躍するわけですが、1巻では勝人の活躍が目立ちました。
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 1巻

この2巻では今後の彼らの目的が示されるわけですが、その前に読者サービス? ですよ。
choujin170325-.jpg
機械の冷却に使って熱くなった湯(ちなみに原子力発電所です。林檎ちゃんの頭脳なら余裕)で風呂を作りました。女性陣は葉っぱを水着にして入浴です。高校生にして世界最高の医者である桂音のバストがスゲー! 
choujin170325-1.jpg
その桂音の活躍が今回ようやくありました。"森の王"に殺されてしまった村長の蘇生手術です。内臓が飛び出してるのに瞬く間に処置を行い、心臓を直接マッサージすることで蘇生完了! 死んでも数分以内だったら余裕で治せるんだとか。しかも"ついでに"初期のガン治療もしたというのだからスゴすぎるよアンタ!

そしてこの2巻の本題。平民の娘は処女を捧げよとする悪徳領主が難癖をつけて、美人のリルルを奪って行った。村民たちはそんな領主と対決姿勢を見せるも、司は乗り気でない。領主に逆らえば村人全員が殺されるのは明白。万が一 勝ったとしても今度は帝国の軍隊がやって来て、同じく村を滅ぼすだろう。
けれど司たち『超人高校生』ならば対処は可能なのだ!
choujin170325-2.jpg
ただしこの世界の文明を軽く五百年は進めちゃうよ?
つまり世界をぶち壊すことになるけど本気を出していい!?

そこで始まった世界を変える、というか新国家を作る戦いが始まります。先ずは賢固な領主の城壁を劣化ウラン弾で爆破!(笑) 穴が開いたところに平民たちが突っ込んでいきますが、領主の兵士とて無能ではない。矢を放ち進撃を阻止します。が、矢が刺さらないよ? 見れば身を隠せるほどの鉄の盾を持ってるではないか。バカな! あんな村に高額な鉄の盾があるわけがない。第一、あんなに大きければ重くて持てないハズなのに何で片手で持ってられるの??
choujin170325-3.jpg
それは鉄ではなくジュラルミンだから!
20世紀初頭に発明されたソレは軽くて丈夫なことにより戦闘機などに使われたことは知られてます。けれどこの異世界においては超チートアイテム! どの国も持ってないし存在しない。ましてや作れるハズもないわけで、そんな防具で身を固められたら領主たちは打つ手がない。さらに木の弓ではなく金属製の洋弓で、ジュラルミンの矢を放てばどんな防具だって貫通可能。これらの装備で戦うのだから結果は言うまでもないでしょう。

これによって帝国は反逆したと判断し、新たな戦いが待ち受けるのは必至。そこで司の取った行動とは…宗教? いったい何をするつもりなんだー?
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! (2) (ヤングガンガンコミックス)
海空 りく 山田 こたろ
スクウェア・エニックス (2017-03-25)
売り上げランキング: 545
kenki170324.jpg
『ヤングエース』連載、「剣姫、咲く」の1巻です。
島根県西部にあるという剣道の強豪校・鶴城高等学校が舞台。ですから島根の人は応援してあげよう。
剣道部に入部してきた戸狩姫咲はいきなり主将に試合を申し込むも却下。今日は見学だと言いつけられるも、我慢しきれなくなった戸狩は練習中の部員たちの竹刀をマジックペン1本だけで叩き落す。
kenki170324-.jpg
そして改めて試合を申し込んだ。この行為に怒った主将は受けるも、圧倒的な実力差で負けてしまう。そこでわかった戸狩の正体。"剣聖"と呼ばれる剣道家の一人娘で、中学一年にて全中大会を制した猛者だったのだ。剣道の天才であり「剣道を愛してる」とさえ言うのだけれど、問題なのはその性格。ひたむき過ぎて 剣道愛のない人は弱い人→剣道やる資格なし→剣道着を売ってしまえと、部員たちの道具を片付け始める。挙句は「剣道部を私に頂戴」とまで言うのだから部員から猛反発を浴びることに。
kenki170324-1.jpg
そこで名乗りを上げたのは同じく新入部員の草薙諸葉。「ボクがキミの剣道を斬り伏せる!!」と勝負をすることに。ただし諸葉は強くありません。中高一貫の剣道の強豪校に居たのだけれど、実力差を感じて高校は鶴城に来ました。主将とは幼馴染みだったことから感情的に戸狩を許せず名乗りを上げてしまったんですね。

三本勝負で一本目は難なく戸狩の勝ち。実力差を見切ってしまった戸狩は不満爆発。名乗ってきたからには腕前を期待してたのに、てんでダメだからだ。さっさと終わらそうと二本目の勝負に出るも、今度は いなされた。
kenki170324-2.jpg
それどころか胴を取られてしまいましたよ? 諸葉は確かに凡人です。けれどただの凡人ではありませんでした。中学時代は負け続けてきたことから相手を徹底的に研究し、予備動作(行動に移るための筋肉の動きや癖)から相手の動きが読めるのです。これぞ千里眼の如き『見』の極致!!

けれどその上を行くのがやはり戸狩。三本目を取って勝ったわけですが、勝敗など どーでもよくなりました。
kenki170324-3.jpg
中学時代から対等に戦える人が居なかったことから、内心 ライバルを求めていたのです。ようやくそれに近い人に巡り合えたことから「好敵手(仮)に任命してあげる!」と、上から目線とはいえ"仲間"になった諸葉だとさ。

冒頭、戸狩の無邪気な俺様ぶりに反発するものの、諸葉を好敵手(仮)としてからはいささか丸くなった気がします。素はカワイイのに俺様モードになるとイヤな顔になるのはやめて欲しいわ。
剣姫、咲く (1) (角川コミックス・エース)
剣姫、咲く (1) (角川コミックス・エース)
shin170323.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第8話
男塾の入塾試験はキツネ面こと市松団十郎ただ一人のみが合格して幕を閉じた。けれど岸田総理は江田島を危険視しており、国家公安調査室の刺客を放つ。トランプは軍国主義の復活を目論んでるとして江田島に牙を剝いたけれど、総理は江田島がキレ者ゆえに亡き者にしてしまおうという魂胆だ。国内・国外問わず江田島の存在はさぞ脅威なんでしょう。

刺客だった盛田は背後から襲うものの、江田島は気配でお見通し。「この国 最高の暗殺者」と自負する盛田は果敢に戦うも所詮 敵ではありませんでした。ってか、「最高の暗殺者」が一方的に成す統べなく倒されるって日本の公安は大丈夫なのかよ?
shin170323-.jpg
一方、男塾の留守番をしていた鬼田軍吉にも危機が迫る。国家公安調査室の別動隊が動いて塾に放火したのだ! 炎上する塾の中にはまだ塾旗が残っており、鬼田は江田島の会話を思い出す。
これは男塾の魂だ この魂を失った時 男塾も消える
男塾が消える…いてもたってもいられなくなった鬼田は無我夢中で炎の中に飛び込んで行った!

炎上する男塾を東京タワーから確認した江田島。盛田の望遠鏡でよく見てみれば…
shin170323-1.jpg
炎の中から塾旗をかかえた鬼田が出てきたところ。家は何度でも立て直せるけれど、魂の塾旗は代えが効きません。鬼田は身を挺して男塾を救ったのだ! これを見て「鬼ヒゲ」と叫ぶわけですが、「鬼ヒゲ」と呼んだのはこれが最初。そもそもヒゲなんて大して生やしてなかったのに こう呼んだのは謎だ。
shin170323-2.jpg
一刻も早く駆けつけるべく江田島の取った行動は、東京タワーの避雷針をロープを結んで曲げて、その反動力で ひとっ跳び。避雷針がそんなに曲がるわけがないけれど(ってか絶対に曲がらないと思う)、江田島の破天荒ぶりを表すにはうってつけな表現だと思います。

29日発売の「極!!男塾」の最終8巻は、男塾のラスト4話が収録された他に初収録となる読み切りも収録。何かは知らないけど男塾を描き始めるようになったきっかけの読み切りかもしれないな。

それと「赤松健原画展」に最終日の26日に行くことにしましたー! 上京するのは10数年ぶりだよ。その日に行く予定がある人、一緒に回ってみますか。って私のことわかるわけないか。
極!!男塾 ( 8)完 (ニチブンコミックス)
極!!男塾 ( 8)完 (ニチブンコミックス) 3月29日発売
男塾外伝 大豪院邪鬼(3): ニチブン・コミックス 4月8日発売
男塾外伝 紅!!女塾(4): ニチブン・コミックス 4月19日発売