uma211126.jpg
『週刊ヤングジャンプ』連載、「ウマ娘シンデレラグレイ」の62R
オグリが連れていかれたのは中山レース場。有馬記念が開催される場所で、今日は六平が貸し切ったので存分に本番さながらのトレーニングが出来るという。うん、事前にコースを知っていればイメトレも出来ることだし、事前練習としては申し分ないですね。「中山の直線は短い」ことはゲームで知った知識だけどな。

そこに先回りして待っていたのはまさかの北原トレーナー。六平に頼まれて来たらしい。ちゃんと中央のことは勉強してるというので場内施設を案内します。その中でもオグリの表情は晴れません。
uma211126-.jpg
例によってタマモやオベイにあって自分には無いものが見つからず、ジレンマにより自信を失ってる様子。それを見た北原はカサマツ時代とは別次元の悩みだと悟る。ウマ娘でも頂点に立つ者だけが得る「何か」についてはは知らないし教えられることも無い。けれど俺達ならば出来ることが、いや、俺達だけしか出来ないことがあるとして今日の練習相手を紹介します。
uma211126-1.jpg
フジマサマーチ、ノルンエース、ルディレモーノ、ミニーザレディの四人です
あの、一度ならず二度もオグリに勝ったマーチはともかく、いわゆる「3バカ」は需要あるん? まぁ仲良くなったのはいいけどさ。特にノルンは今や熱烈ファンと化しているので心強いね。
この陣容は六平の希望だったようで、"領域(ゾーン)"というのはつまるところの熱中状態。様々な条件はあるけど一つだけ確かなことは「走ることが好きである」こと。それを思い出させるために懐かしのメンバーを呼び寄せたということです。
ちなみに北原は中央へのトレーナー試験に落ちたそうだ。なーんだ落ちてたのか、てっきり合格したと思ってたヨ。
uma211126-2.jpg
でも全然 諦めてません。何度だって挑戦すれば良いだけの話だ!
これを聞いたオグリは何かを掴んだみたい。今までは切羽詰まった感じだったものの「何度だって…」との意見に視野が広がったみたいですね。
その一方で生徒会長のシンボリルドルフに面会者が現れます。
uma211126-3.jpg
それはタマモのトレーナーの小宮山さん。今までにない真剣な表情です。まぁ何を言おうとしてるのかは想像がつきますが、あえて書くのはやめておこう。

ところで12月5日に中京競馬場で開催するチャンピオンズカップを生で見ようと座席を申し込んだのですが、残念ながら落選しちゃいました。おとなしくテレビで観戦することにします。
スポンサーサイト



kasa211123.jpg
コロナによって県外に出ることがこの1年あまり無かったけれど、久しぶりの県外がここだ! オグリキャップの故郷である岐阜県の笠松競馬場に行ってきましたー。知ってる人は知ってるだろうけど騎手・調教師による馬券不正購入やセクハラなどの不祥事により運営を八ヶ月間自粛。このまま閉鎖される可能性があったものの9月に再開し、10月から観客を入れての復活開催となりました。

着いたのは開場約30分前。にも拘らず待ちわびて並んでるのが上の画像ね。入場して売店のおばちゃんいわく「こんなに人が居るのは久しぶり」だそうだ。そりゃ基本、平日開催なので今日のような祝日じゃないと行けない人が多いからでしょう。客層も思った以上に小さな子連れの親が多いこと。イメージ的におっちゃんばかりなところがあるけれど、実際にはそうじゃありませんでした。
kasa211123-.jpg
kasa211123-2.jpg

入場してすぐ、左側にあるのがオグリキャップ記念像です。これで今回行ったメインイベントを早くも回収した気分(笑) 像の正面には読みにくいけど「オグリキャップよ 永遠に」と彫られた台座にオグリのタテガミが収納されてました。将来、クローン技術が進んだら、このタテガミからオグリを再生するんですよね?
kasa211123-1.jpg
一般的な売店。おでん・焼き鳥・串カツなど ほぼ1つ100円でした。『シンデレラグレイ』1巻207ページにあったカウンターの店は発見できず。コロナや長期の自粛閉鎖で閉店してしまったかもね。
kasa211123-3.jpg
競馬場の風物詩と言えるかもしれない予想屋のおっちゃんの屋台(って言うの?) 1レース100円、全レース600円ぐらいで売られてました。左側面と後ろに屋号が書かれてます。
場内を巡って気になったのは閉鎖されている馬券売り場がやたらに多いことでした。これは昔と違って手売りから自動支払機に代わったこともあるでしょうが、それにしても多すぎて寂しい情景になってるのは否めません。それとこれは私自身の問題で、『シンデレラグレイ』コミックス1巻を持って行って描かれている実際の場所を撮らなかったのが悔やまれる!
kasa211123-5.jpg
最後に、入場者プレゼントとして飛騨牛ビーフカレーを貰いました。調べたら約1000円もするやつなので驚き! 入場料タダなのだからこれだけで充分に行った甲斐があったってもんです。入場料タダは今年いっぱいまでなので行ける人は行ってみてください。
kinsho211120.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の164話
後方のアックアが倒された。ローマ教皇の前に現れたのは最後の「神の右席」である"右方のフィアンマ"です。教皇は語る。ヴェントやテッラやアックアの学園都市への攻撃はことごとく失敗に終わった。これ以上の手があるのかと。そしたらフィアンマはトンチンカンなことを言い出したよ!?
まずイギリスを討つ
は? 意図が読めない教皇。それで学園都市にダメージを与えられるのかと問いただしたら ちゃぶ台をひっくり返しやがんの。
学園都市なんてこっちには眼中にないんだよ
教皇はますます意味が分からない。「イギリスにはどうしても必要な「あれ」があるんだ」と、フィアンマは内に秘めた野望を語る。
kinsho211120-.jpg
それを聞いた教皇は信じられないという表情で睨みつける。こいつは危険だ── ヴェントもテッラもアックアも傲慢で冒涜的だったが「神の右席」という十字教の一集団だった。だがこのフィアンマだけは決定的に何かが違う! 十字教徒とは思えない思想に教皇は見過ごせないとして封印しようとする。ローマ教皇の術式なので非常に強力なものであったけれど、フィアンマは難なく封印を破壊した。
kinsho211120-1.jpg
破壊したのは右肩から生えている巨大な腕。これがフィアンマの強大な術式である「聖なる右」。チート級の能力で、この腕を振るうだけでどんな敵だろうと勝つことが出来るというシロモノだ。ただし不安定な存在で完全ではない。完全にするのに必要なのがこの三つ。
・上条当麻の『幻想殺し』
・禁書目録(インデックス)の持つ10万3000千冊の知識
・本物の「天使」を降ろした素体であるサーシャ=クロイツェフ
「イギリスを討つ」と言ったのは恐らくインデックスを手に入れるためだろう。

ローマ教皇と縁を切るためにもフィアンマは「聖なる右」を振るった。それはローマ市街まで瓦礫にする強大な衝撃波であったが教会周辺の被害だけで収まった。教皇が身を挺して被害を最小限に留めたからだ。
kinsho211120-3.jpg
死なないまでも重症の教皇を見下ろすのはヴェント。相変わらず態度はデカいが今回ばかりは教皇の肩を持つ。十字教徒の道を踏み外したフィアンマは敵であるとして対峙するようだ。
こうして物語はフィアンマ戦に突入。次回から新展開になります。
uma211118.jpg
『週刊ヤングジャンプ』連載、「ウマ娘シンデレラグレイ」の61R
ジャパンカップが終わり、各ウマ娘はそれぞれのレースに向けて動き始めた。ディクタストライカは早朝からランニング。有馬記念に向けてストイックに自分を追い詰めている感じだ。スーパークリークは推薦で有馬行きが決定。「私にはトレーナーさんがついてますから」と、奈瀬トレーナーに全面的な信頼を寄せてます。それはいいんだけど当日にアレをやっちゃうんだよなぁ…
ヤエノムテキは皐月賞以降の成績が振るわず、日本ダービーでは4着、菊花賞では10着と惨敗。これを踏まえて有馬での出走はしないと宣言。
今は自らの適性を確かめる時 己を見つめ向き合う事こそが肝要!
トレーナーはこれに応え、G1ではなくG2の鳴尾記念への出走を決めるのでした。ちなみに史実ではこれに勝利しています。
uma211118-.jpg
さて、オグリはというと前回の続きから。「私は…勝てないと思う」と心中を吐露。タマモやオベイと比べて私は明らかに違う。何かが足りない。それを掴まないと私は勝てないと声を絞り出します。
六平はこれを「領域(ゾーン)」だと推測。時代を創るウマ娘が必ず入ると言われているもので、その領域に足を踏み入れると感覚が研ぎ澄まされて普段と比べものにならないほどのパフォーマンスを発揮できるといわれている。

とはいえこの「領域」の会得法なんてあるわけがなく教えようもない。けどな
uma211118-1.jpg
俺達にもやれることがあるとベルノライトに告げたのは、領域などに頼らなくともオグリを強くすればいいってこと! こうして六平とベルノは有馬までの一ヶ月間にやれる事を全てやるつもりだ。
ベルノが目を付けたのは中山レース場の攻略。ゴール前180mから70mにかけて高低差2.2mもの坂が設けられている。
uma211118-2.jpg
心臓破りのこの坂はスタミナがあっても登り方を間違えたら勝ち目がないと、ここの攻略法を見つけようとします。うーん、坂道って攻略法があるの? ここのところはイマイチわかりません。
uma211118-3.jpg
そして三人目の協力者と成り得る人物から電話。笠松の北原トレーナーだ。どうやら中央でのトレーナー免許が取れたらしく六平に連絡した模様。となるとオグリの心強い味方になるのは間違いないわけで、「足らない何か」を見つけられるかもしれないね!
fuuto211116.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の105話
冒頭は裏風都を拡張しているリアクター・ドーパントのヒカルから。幹部入りして間もないこともあってか、任された仕事はキッチリやっている模様。それを褒める秀夫ですが「ただの子供には見えない」というヒカルの言葉にピクリと反応。
    こいつは危険だ…
スクリーム・ドーパントの一葉は殺人と照井にしか興味がないので権力や名誉に関しては無欲。でもコイツは違う! 腹の中では何を考えているのかわからず、何かしらの野心を感じると警戒します。
その際「これ以上、万灯さんの前で失点をするわけにはいかない」との発言は、66話~74話にて廃棄場の中にあった巨大機械を破棄せざるを得なくなったことを意味してます。
迷路棟を早くなんとかしろ…
できるだろ シザーズの力なら!

はい、今まで推定でしかなかったシサーズと裏風都が繋がっていたことがハッキリと確認できました。しかも言葉の意味合いから秀夫は迷路棟で何かを画策しているのは間違いないでしょう。
fuuto211116-.jpg
そのシザーズがヘルスタイン博士と入れ替わる格好でフィリップ・ときめ・亜樹子の前に登場。Wでも苦戦するのだから生身のフィリップたちが敵うハズもありません。何でも真っ二つにする切断攻撃がフィリップに届かんとした時にコイツが現れた!
fuuto211116-1.jpg
エクストリームメモリ! すなわちガイア鳥です。プリズムエネルギーを全開にしたエクストリームなら奴の切断攻撃に耐えられると思って、ぶっつけ本番で試したのが功を奏したってわけですな。
これを見たシザーズは意外にも「二度とここに近づくな」と残して闇の中へ消えた。戦うのが厄介な相手だと思われたようでラッキー以外の何ものでもありません。

この後、本条たちが来たことで迷路棟から脱出できたフィリップたち。でもその瞳が険しくなっていることから、何か良くないことがわかったようだ。隼人たちを見届けてから事務所に戻った翔太郎は、部屋が重々しい空気になってる違和感を感じた。何かよくない知らせがあるのは間違いないだろう。
fuuto211116-2.jpg
その前にと財団Xの話をし始めたフィリップ。迷路棟は財団Xと関係があったみたいですヨ!?
retsu211113.jpg
『月刊少年チャンピオン』連載、「バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ」の第27・28話
オーガを吹っ飛ばした烈。そのオーガの近くに領主の杖が落ちたら「見つけた」と意外な反応を示したよ!? 何かと思って列が杖を拾ったら、柄の紅玉から禍々しい瘴気が噴き出した!
ゴブリンいわく、それは呪いの魔具「オーガの紅玉」だそうだ。
retsu211113-.jpg
それはオーガにとっては先祖の魂であり神聖な宝。だが他の種族にはその瘴気で精神も肉体も蝕まれ、やがて死んでしまうというシロモノだったのです。なるほど、領主の顔がやつれて短気になっていたのは疲れではなく、紅玉によるものでしたか。
でもなぜそんなモノが? だって欲しがる人間がいるから。巨大な宝石なので単に収集して自慢したい者や、敵に送り付けて殺したい策士など。またお守りだと騙されて買ってしまった領主とか?
retsu211113-1.jpg
そういわれてギクッとした領主。リンキン領の領民のためだと思って「幸福の杖」を旅の商人から買った:けれどこれが大誤算。逆に紅玉を奪い返しにオーガの襲来を招き入れたわけで、その責任は非常に重く重大だ。
retsu211113-2.jpg
見境なく人間を襲い喰らう ただの鬼かと思っていたら
その正体は…先祖を敬える敬虔な文明種族だったのだな

烈は紅玉を差し出してオーガは哭いた。周囲の目をはばからず大声で…。
領主は原因を作ったとして死んで詫びようとするも烈が阻止。死ぬのは勝手だが残された領民はどうする? と問われては黙るしかありませんでした。

その後、オーガはおとなしく紅玉を抱えて山へ去っていった。領主は出家して今でも死んだ仲間を弔っているという。ラウリーも跡目を継いで正式に領主になったそうだ。
烈はというと──行き先を告げずどこかに去ってしまった。「あがく者」と言われるけれど少なくともこのリンキン領では誰もそんなことは思っていない。
retsu211113-3.jpg
逆にこの街を救った救世主であり、リンキン領を守護(まも)る
守護神として大きな銅像が建てられたという

異世界に来た烈がその成果を残した街となったわけで、転生した意味を知るのに充分ではないでしょうか。
shiden211112.jpg
『イブニング』連載、「紫電改343」の第31話
昭和19年3月19日にあった343海軍航空隊の初出撃戦はまだ続いてますが、701(維新隊)の鴛淵・301(新選組)の菅野・407(天誅組)の林隊長たちはどうなったかが今回 語られました。

先ずは鴛淵。先陣を切って飛び出した701の紫電改16機はグラマン20機と会敵。その後も敵は増え続けて空戦域は移動し続け、701も編隊空戦から個別空戦へと変わっていった。補給したくとも来襲が途切れない状況では松山基地への着陸は困難。何せ着陸前から離陸後までは無防備状態だから、敵機にとっては「美味しい相手」に違いありませんからね。
鴛淵は松山への着陸は諦めて兵庫県の成尾飛行場まで飛ぶことにしたそうだ。
shiden211112-.jpg
301の菅野は機体を失い、またそれを庇って日光が死亡。菅野は落下傘で脱出に成功して命に別状はありません。ただ…描かれるかどうかは知らないけど顔を火傷しており日本人と判断できなかったことで、村人からアメリカ兵と間違えられて追い回される事件?が勃発します。

最後は407の林。基地強襲のグラマン隊を迎撃するも右翼の主脚が引き込まれない故障を起こして苦戦。「まだヤレる」と強がる林と、安全を考慮して「退避してください」とする二番機の遠藤上飛曹。そんなことをしていたら敵機によって遠藤は撃墜されてしまいました。林は山口の岩国飛行場に辿り着き、失意の中で同期だった梅村大尉と久しぶりの再会を果たします。
shiden211112-1.jpg
話を聞いた梅村は「自分の責任だ」とする林を「違う」と一喝。
お前はヤレたが 部下はヤられた
お前の判断で部下は死んだんじゃない
ここは戦場なんだよ

なるほど、何が起きるか分からない戦場において「どっちが正しかったか」なんて意味がない。結局は「弾が当たらなかった」方が評価されるってことですよ。
shiden211112-2.jpg
故障した紫電改を残して、零戦を借り受けて帰投する林。梅村の言葉で幾分かは気分が紛れたようだ。