真!!男塾 新展開は学生運動? 時代が江田島を呼んでいる

shin170803.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第17話
脱出したとも知らず、岸田首相は江田島&少年院生が死んだと思って大喜び。加護山夫妻も学校が戻って来ると喜んでますよ。一件落着と思ったら外が騒がしい。学生たちが権力に対抗しての反体制運動をしているのだ。いわゆる学生運動なんですが、西暦が1968年ってのはおかしいよ! 10年前の1958年の間違いでしょ? でなけりゃ東京タワーが建造中なわけがなく、岸田首相の元ネタである岸首相の就任時期も変ってきますので。

ちなみに私は安田講堂事件を当時のニュースでおぼろげに見た記憶があります。ゲッターロボのハヤトも石川賢の原作では、大臣暗殺を狙う過激な学生運動活動家の一人なんだよねー。
shin170803-.jpg
一方、少年院生たちは江田島の招きで男塾に来ており、全員が塾生だと伝えられる。けれど生きてることが知られたらまた監獄行きは確実だ。それを「その時はその時だ」と笑って流すのはイマイチ信用できないぞ。絶対に。

そこにやって来たのが関東豪学蓮。「魁」での設定では関東一都六県に98の支配校を持つ、構成員1000名の不良の集まりだったものが、ここでは十万人の団体に。100倍もパワーアップしてるよ! いや、それほどまでに当時の学生は血の気が多かったとしておきますかね。

豪学蓮は右翼らしく学生運動をする輩を排除したい。よって男塾は我が傘下に入れとのことだ。
shin170803-1.jpg
それを真っ向に拒否する江田島。ひたすら男を磨くのみであり、右も左も無いとピシャリ! でもこの程度であっさり引き下がる豪学蓮でありません。銃で恐喝してきました。けれど江田島の意志は固く、豪学蓮は引き金を引いた…
shin170803-2.jpg
そしたら歯で受け止めやがんの! 数々の奇蹟をおこしてきたけれど、これもその一つになるね。
豪学連を追い払ったのも束の間、今度は学生運動の首謀者である鳩野が何やら企んでる様子。
shin170803-3.jpg
毛沢東とは「天下無双 江田島平八伝」にて盟友になった関係。その江田島をいったいどうしようというのだろう??
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こっからあと19年で魁男塾第1話の時代になるんですね
2017/08/09(水) 20:23 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/4164-fb5f886e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック