fuuto180220.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の18話
カラカル・ドーパントを倒して猫たちは元通りの生活に。依頼されていたチャオも見つかったことから一件落着…とはいきません。父の思い出だから探してほしいとのことだったけれど、実際には違っていたようです。

チャオが見つかったと依頼者の中条朱美に引き渡すも、何か様子が変だ。その様子を見て説明するのはフィリップ。探していたのは猫じゃなく、猫のしていた首輪だろうと! 話しはこうだ。フィリップはチャオの首輪の飾りを見て高級な宝石だと推測。それは以前、ジュエル・ドーパントと戦った際に(Wの41・42話に登場)宝石を調べていてわかったのだけれど、幻のエメラルドであるマリーナ・エメラルドに違いない。
fuuto180220-.jpg
今度は翔太郎が説明に参加。父親のことを思っていたように見せていたけれど、実際には仲がいいとは言えない関係だった。父親が生きているうちから遺産の分配について言い争いをしており、父はさぞ苦々しかっただろう。
父親の死後になってチャオの首輪にマリーナ・エメラルドが付けられていたことが判明するも、元々 猫には興味が無かったので姿を消したことに気が付かなかった。そこで鳴海探偵事務所を訪れて「父親の思い出であるチャオを探して欲しい」と うそぶいてたというわけだ。

全て知られたとあって朱美は本音をさらけ出す。あの宝石は18億もする! 他のどんな遺品にも及ばない金額なので手段を択ばないのは当然だ。だいたい猫に18億もする宝石を付けるなんて正気じゃない・バカげてると言い出したら…
fuuto180220-1.jpg
亜樹子のスリッパが頭にヒットーーッ!
父親を亡くした共通点があるから亜樹子は今回の依頼に乗り気だったけれど、実際には財産目当てだった。更に父親をバカにする発言まで飛び出したことに怒りが炸裂したんだろうね。探偵料はいらない。依頼自体 無かったことにする。その代わりチャオは渡さないと言い始めます。これ以上 人間の醜悪さを見せるわけには行かないという決意なんですね。

そんなタイミングで中条家の親族が集結。やはり財産について話し始めたことから亜樹子はうんざり。隠していたチャオの首輪を窓から投げ捨ててしまいます。
fuuto180220-2.jpg
落ちたところはトラックの荷台で、そのまま走り続けたことから中条家の親族は我先に後を追って出て行った。涙目な亜樹子だけれど、翔太郎としても気分は同じ。スカッとジャパンな気持ちだろうね。
ところでチャオは手元に残ったけれど、ミックと共に二匹飼うことにするの? いえ、引き取ってくれる心当たりがあります。それはカラカル・ドーパントの正体である蝶野麻友だ。
fuuto180220-3.jpg
結婚詐欺に遭っていたたまれなくなり メモリに手を出してしまった。ドーパントになったものの不良品で元に戻れなくなり、助けを求める声に応じて来てくれたのがチャオでした。その献身的な行為に感動して罪を償ったらこの子と暮らしたいとのこと。動物セラピーという効果もあるので立ち直るのに十分な役目を果たしてくれることでしょうね。

というわけで今回は全三話で完。次回は一ヵ月後の3月19日発売号です。って休んでばかりじゃねーか!
風都探偵(1): ビッグ コミックス
風都探偵(2): ビッグ コミックス 共に3月30日発売
スポンサーサイト
boku180219.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問51
髪は自分で切っていた緒方さん。明日から2学期なので切ろうとしていたら、オヤジのせいで前髪パッツンになっちゃった! うるかと古橋さんには問題なく見せることは出来ても、唯我には恥ずかしくて見せられません…
「合理的に考えて何の問題もない」と思いながらも唯我だけには見せられないとはウブですねー。でもこう思うこと自体、初期と比較したら感情性が随分増してますよ。
boku180219-.jpg
見せたくない感情は放課後の勉強でも続き、被り物までするとは どんだけ見せたくないんだろう。でもそれにより唯我は「俺って嫌われてるの?」と思ってしまい、かえって逆効果だよと古橋さん。たまらず被り物を取ってしまって唯我のフォローに期待します。もちろん気の利いたセリフを言ってくれるだろうと思っていたところ、とんでもないセリフが飛び出してビックリだよ。
boku180219-1.jpg
        なんだ いつも通り
全然気が付いてねーよ、コイツは!
無論、うるかと古橋さんから罵詈雑言を浴びせられます。何で気が付かないんだよと。そりゃ勉強中心のサイクルで暮らしてたら女性のオシャレに疎くなるのは当然だよな。緒方さんを随分と傷つけてしまったことを詫び、もう一回チャンスをくれと頼みます。この際に「理珠」と初めて名前を呼び捨てにしたのは、問47を読み返しましょう。
boku180219-2.jpg
唯我はそれでも間違えるってお前の目は節穴かーっ!
当てずっぽうで言ってることに前髪パッツンなど どうでもよくなってしまったようで、緒方さんは少し寂し気。そこへ唯我が「表情だ!!」と更に的外れなことを。
boku180219-3.jpg
けれど「最初の頃とは違って色んな表情をみせてくれるようになった」「信頼してもらえるようになったのかとちょっと嬉しかった」なんて聞かせられたら正解としか言えないよね! こうして緒方さんが気を利かせることで事態は収束したわけですが、唯我は勉強を教えるだけでなく乙女心について勉強しろと言わずにいられないね。
kinda180218.jpg
『マガジンポケット』連載、「金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿」の2巻です。
1992年から少年マガジンで始まった「金田一少年の事件簿」は大人気を博し、94年からは少年サンデーで「名探偵コナン」が始まるなど 推理漫画の魁となりました。参考までにジャンプでも「人形草紙あやつり左近」という推理ものがありましたが大人気とまでは至りませんでしたね。

当漫画は金田一の犯人側の視点に立って、そのトリックの裏側を見せるギャグ仕立てになってます。完全犯罪を目論んだはいいけれど、よく考えたら無理あり過ぎるなんてこと珍しくないみたいですよ?
冒頭は「雪夜叉伝説殺人事件」。犯人の綾辻は極寒のマイナス20℃の中で、アリバイを作るために氷の橋を作らなければならない。
kinda180218-.jpg
原作では さも簡単に作ったような説明しかありませんでしたが、現実に作ってみると死ぬほど辛い! マイナス20℃の中で谷底の水をバケツで何回も汲み上げなければいけないんですよ? しかも女性でありながら やり遂げたなんて、さぞ大変な苦労だったんだろうね。
また「タロット山荘殺人事件」で犯人の小城は、タロットの「運命の輪」に見立てて風車に死体を括りつけようとします。
kinda180218-3.jpg
死体を背負って風車を登り、その後も落ちないように気を使いながら 必死な思いで風車に括るとは相当に疲れたに違いない。そこまでしてタロットに見立てるなんてスゴイ執念としか言うしかないよ!

このように苦労してトリックを作ったはいいけれど、時には警察側が全くの勘違いをして犯人が「おいおい」と 突っ込みたくなる事態もあるようだ。ここでは明智がアイドルの速水が犯人だと勘違い。
kinda180218-1.jpg
アイドルの盗撮動画を見て体重を確認。これで明智が考えたトリックが使えると踏み込むのですがこれって犯罪だよね! 真犯人の綾辻がたまらず「誰か明智を止めて」と言いたくなるのもわかります。
またこの時は明智の勘違いが絶好調だったようで、「私が思ったように明智が動いて(踊って)欲しい」との願いを そのまんま受け入れてくれたようだ。
kinda180218-2.jpg
見事に踊ってくれた明智! こんな姿、普段じゃ見られないぞ。
このように犯人の苦労や警察側の?な行動など、笑える作品になってます。こういった事件の見方もあるということで。
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(2) (講談社コミックス)
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(2) (講談社コミックス)
金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(2) (週刊少年マガジンコミックス)Kindle版
shin180216.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第30話
岸田総理との一件を終え、江田島と鬼ヒゲは飲み屋で祝杯を上げていた。少年院生は晴れて正式に男塾塾生に、カッパも手術で元に戻れるとのこと。だったらもっと早くやっていればいいじゃんと思うけれど、ここは素直に話を聞いておこう。
次は念願の制服という話になって、江田島は奴のことを思い出す。同じ守備隊に居た国城という男を…
shin180216-.jpg
戦争が終わって復員した二人は今後について語り合った。江田島は男塾の設立を目指し、国城は元の仕立屋に戻るから その塾の制服は任せてくれと言ったそうだ。あれから二十余年、どうしているかと思って会いに行ってみた。
shin180216-1.jpg
が、既に五年前に他界したとのこと。現在はその息子の洋一が後を継ぎ社長 兼 デザイナーとして活躍しているのだけれど、父親の昔話など興味が全く無いらしい。話しもロクにせずに追い返す有り様だ。
その夜、洋一は父が残した手紙を発見する。それは自分の生い立ちに関わるものだった…

戦争末期、玉砕覚悟の南の島の守備隊に赴任していた時に洋一が誕生したとの知らせが届いた。我が子の無事を願い 有り合わせの布で服を作ってみたものの、これを届けるなんて絶対に不可能。しかし それをやってのけた男が居たのだ。無論、江田島のことである。
shin180216-2.jpg
零戦に乗り、敵機の大軍をものともせずに凄まじい精神力と体力で本土に届けたという。その江田島に制服を作る約束をしたので、力になってくれとのことです。
あのー美談として納得できるっちゃできるのですが一言いいですか?
   それって敵前逃亡じゃね?
守備隊として島に居たのだから島を守らなきゃ。その任務を放棄して一時的とはいえ島を離れたのだから、充分に職場放棄と見なされて当然だよね? ってか「天下無双 江田島平八伝」と全然違うじゃん。天下無双隊を率いて神出鬼没の大活躍をしてたのは何だったんだろうな?

この後、洋一の新作発表会に塾長が招待された。見てもらいたいものがあるらしい。
shin180216-3.jpg
以前 会ったときとは180°違う人間性になっちゃってます。仕事一貫でやってきたのでキツイ性格だったけれど、あの手紙を読んで感動し 心を取り戻したようだ。その戦友(江田島)に捧げるとして披露したのが!
shin180216-4.jpg
今にも繋がっているガクランだったというわけですね!
つまりデザイナーズブランドでしたか。ならば某小学校が採用するブランド品の制服のように、一着8・9万円ぐらいするんじゃない? とてもじゃないけど買えないよ!
真!!男塾(3): ニチブン・コミックス 3月29日発売
muda180215.jpg
『近代麻雀』連載、「ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング」の1巻です。
ムダヅモが新主人公を据えて再スタート! その主人公とは女子高生の御門 葩子(みかど はこ)。ただし麻雀を知りません。いや、正確には麻雀を打つことを戦後すぐから禁止された家で育ったのです。ではなぜそうなったのかが冒頭の1・2話で語られます。

日本が敗戦し、連合国最高司令官のマッカーサーが来日。ミカドを戦争犯罪人として断罪すると言ってきた。さすがにそれは我慢ならないと外務大臣の吉田シゲルが"外交"で決着すべく赴きます。"外交"といっても当漫画のことだから、話し合いじゃないってわかりますよね? そう、麻雀外交です!
muda180215-.jpg
場所はGHQ本部 地下闘牌場。御門の出廷は遠慮願いたいとする吉田。もしそうなったら内乱は必至で、日本の統治は失敗すると釘を刺す。実はそれこそがマッカーサーの秘めた願いなことから聞き入れるわけもなく、いつもの見開き役満で吉田は大ダメージ。このままでは御門が本当に犯罪人になってしまう・・・と思ったところ、まさかの事態に!
muda180215-1.jpg
      本人来ちゃった!
えーと、いいんかコレ?(笑) そして御門が自ら牌を握ってマッカーサーと対決。そこで見せたのが神の領域たる「神代の麻雀」。圧倒的に卓上を支配するその腕前にマッカーサーは成す術なく敗れるのでした。その後、マッカーサーは考えを改め御門の出廷は無くなるのですが、麻雀の腕前は驚異だとして打つことは禁止だと厳命。それが今に至るというわけ。
つまり葩子はその子孫、プリンセスということです。

けれど戦後70余年の現在、葩子と打ってみたいという人物が現れた。45代大統領のドナルド・トランプです。超法規的措置とでも言いますか、金のかかる強引な手段を使ってニューヨークまで来させての対局を迫る。どうしてここまで葩子と打ってみたいのだろうか?
muda180215-2.jpg
それはマッカーサーが仕留められなかった相手であり、その存在を完全破壊するために打ちたいとのこと。てことは負けたら御門家が無くなる? だったら負けるわけにはいかないと葩子は打つも、まだロクにルールも知らない現状ではトランプに勝てるハズもありません。

持ち点は減る一方で残りわずか。このままじゃ負けちゃうという状況に追い込まれて葩子に変化が現れます。牌から声が聞こえてくるというのだ。
muda180215-3.jpg
これが神代の能力の血を受け継ぐ者だからか? 絶望的な配牌だったのに、見る間に牌が集まり始めて役満を狙える手に育ちました。これなら勝てると思うものの、相手は一枚も二枚も上手なトランプ。そう易々と勝てる相手ではありません…

新主人公が麻雀を知らないとは予想の斜め上を行く設定。そこからグングン育っていくわけで、それを見届ける私たちはまるで親になった心境だ。同じ女子高生だから「咲-Saki-」とのコラボがあったりするかもしれませんよ??
ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング 1 (近代麻雀コミックス) [まとめ買い] ムダヅモ無き改革(近代麻雀コミックス)
ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング 1 (近代麻雀コミックス)
ムダヅモ無き改革 プリンセスオブジパング (1) (近代麻雀コミックス) Kindle版
[まとめ買い] ムダヅモ無き改革 1~16巻(近代麻雀コミックス)Kindle版
*現在旧作 1~16巻のKindle版が一冊4円で買えます! 全巻買っても64円!
seijo180214.jpg
『ComicWalker』連載、「聖女の魔力は万能です」の1巻です。
先週発売したものですが読んでて優しい気持ちになれる、女性向けの異世界召喚もの。原作は「小説家になろう」連載のものをKADOKAWAが書籍化。その半年後からコミカライズという、イチオシな作品なんです。女性向けとはいえ絵がキレイで、男でも普通に読めるので手に取ってくださいよ。

20歳台のOL・小鳥遊 聖(たかなし せい 通称・セイ)は仕事三昧の日々をしていたところ、突然 異世界に召喚されてしまう。
seijo180214-.jpg
同じくもう一人の少女・御園 愛良(みその あいら)も召喚されて何が何やら。ここスランタニア王国ではいたるところで瘴気が発生し、濃度が濃くなると魔物となってしまう。それを浄化するのが聖女の役目なのですが、国中 捜しても見つからなかった。そこで異世界から聖女を呼び寄せたというわけ。
第一王子は一目で愛良だけが聖女だと決めつけ、セイには一声もかけず二人で出て行ってしまう。じゃあ私は何? と怒り心頭なセイ。側近もどうすればいいのかわからず、とりあえず王宮で暮らすことに。

そんな暮らしも飽き始めた頃、薬草を育てている研究員・ジュードと出会い、ポーションの存在を知る。ゲームやアニメでお馴染みのポーションが実在することに驚いたセイは興味を持ち、宮廷の許可を得て研究員の道を歩むことになりました。
そうしてポーションを作り始めたはいいものの、自分が作ったモノは他と違うことを知らされる。
seijo180214-1.jpg
なぜかセイのポーションだけが一般のものより1・5倍の性能があるというのだ。これでは誤差が大きすぎるため市場に出せません。それでいてセイの魔力は衰えを知らず、一日100本作っても大丈夫なのでストックは増えるばかり。
そんなある日、緊急事態が発生。騎士団が魔物に襲われて多数の怪我人が出た。そこで研究所にある全てのポーションを持って行くことに。幸いにもセイのストック品が役に立ち、多くの人が救われます。一番の大怪我である団長には、セイのとっておきのモノを使うことになりました。
seijo180214-2.jpg
見る間に傷が消えていき完治する団長。部下たちは一同にセイに感謝を表します。研究所の所長からも こいつは俺の古い友人なんだと感謝され、微笑むセイでした。
seijo180214-3.jpg
後日その団長・アルベルトがお礼を言いに来た。ぶっちゃけ、セイに惚れてしまってこの後も何度か会うことになります。かなりのイケメンなので つき合っちゃえばいいのだけれど、セイは今まで付き合った男性がいないので奥手になりがち。今後は二人の進展に期待を持ちましょう。

さて、セイのポーションが1・5倍の能力になる謎がありますが、それを示すのがこの↓ステータス。
seijo180214-4.jpg
最初からレベル55で「聖属性魔法」は無限大。つまり本当の聖女なのは…。だから魔力が尽きず、一日に何本もポーションが作れるってわけ。この後、セイの能力が ますます開花されていくのでその無双ぶりが楽しみです。
聖女の魔力は万能です 1 (フロース コミック)
聖女の魔力は万能です 1 (フロース コミック)
聖女の魔力は万能です 1 (FLOS COMIC)Kindle版
tatoeba180213.jpg
『ガンガンONLINE』連載、「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」の1巻です。
現在4巻まで出ている同名のラノベのコミカライズ。かなり強いのに強いと自覚してない少年が、偶然や勘違いにより周囲を巻き込んでいく お話しです。

大陸の端にあるコンロン村の少年・ロイドは、村で一番弱いにも関わらず「軍人になりたい」として王都にやって来た。この街の魔女・マリーをアテに来たのだけれど、マリーは冷たく一蹴。けれど村長のアルカの名前を出したら態度が一変。どうやらアルカの弟子だったようで、頭が全く上がらないみたい。

こうして試験が終わるまでマリー宅に住むことになったロイド。でも見た目に弱そうな この子が受かるのか? と思うのは当然の事。でもそれは全くの杞憂でした!
・コンロン村からこの王都まで走って6日でやって来た。大陸横断を汽車や馬車も使わずたった6日で??
tatoeba180213-.jpg
・牙や角のある魚に苦戦するほど弱いと言われていたロイド。でもそれ魔物だけど勝てたってことだよね?
・剣の手合わせで全身骨折したけれど治るまで丸一日寝込んだ。一日で治るものなの!?
など信じられない話しを聞かされる。トドメに失われたルーン文字を使って雨を降らせることだって出来るのだ。ついでにその魔力は掃除などにも役立っており、能力のムダ使いも はなはだしい。

実はコンロン村は古の英雄たちが世俗を離れ、安らぎを求めた村。住人全員が強いのは当然で、一番弱いとされるロイドだけれど一般レベルからすれば かなり相当強いのだ! でもそれを全く自覚していないんだね。
更に崖崩れの岩をササッと片付けたり、水不足で運河を渡れない状況に雨を降らせて通行させるなど、無意識で社会的問題を簡単に解決してしまう無双ぶり。無自覚で経済状態を良好にさせるとは恐れ入ります。
tatoeba180213-1.jpg
またこのような人助けもして惚れられちゃいます。軍人を志望して来た貴族の娘・セレン。彼女は呪いのベルトが頭に巻き付いて離れず、「ベルト姫」と呼ばれて疎まれていた。そのベルト姫と会ったロイドは魔物を簡単に片付け(ただの虫だと思っている)、ドロに汚れた ベルト姫を介抱。その際、ルーン文字が「解呪」として働いて 疎ましかったベルトがようやく外れます。長年の望みが叶ってベルト姫は"ロイド様ラブ!" になってしまったとさ。

そして始まった士官学校募集試験。開催した張本人のメルトファン大佐はロイドの放つ怪物的オーラを見て震え上がると共に、このような者が軍人になってくれるとは心強いと一発合格を確信する。ベルト姫もロイドと再会してラブラブビームを放ちっぱなしだ。
こうしてまともに試験を行えば確実に合格するハズのロイドだったのですが…
tatoeba180213-2.jpg
鉄塊を切り刻むなんてロイドにとっては簡単なもの。けれど僕は何か勘違いしてるのでは? と、疑心暗鬼。純真無垢な性格ゆえに、ただ刻むだけではダメなんじゃないのか? と思ってしまうのです。能力のみならず常識の無さもケタ外れなのね。
結果、不採用となってしまいました。これに納得しない人たちデス!
tatoeba180213-3.jpg
右はロイドとベルト姫を使って一儲けを企んでいたリホ
中はロイドの腕力に期待を寄せていたメルトファン大佐
左は"ロイド様ラブ!" なベルト姫
ロイドはいったいどこに行ってしまったのだと探し始める三人だったとさ。
たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語(1) (ガンガンコミックスONLINE)
たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語(1)
たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 1巻Kindle版