shin170323.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第8話
男塾の入塾試験はキツネ面こと市松団十郎ただ一人のみが合格して幕を閉じた。けれど岸田総理は江田島を危険視しており、国家公安調査室の刺客を放つ。トランプは軍国主義の復活を目論んでるとして江田島に牙を剝いたけれど、総理は江田島がキレ者ゆえに亡き者にしてしまおうという魂胆だ。国内・国外問わず江田島の存在はさぞ脅威なんでしょう。

刺客だった盛田は背後から襲うものの、江田島は気配でお見通し。「この国 最高の暗殺者」と自負する盛田は果敢に戦うも所詮 敵ではありませんでした。ってか、「最高の暗殺者」が一方的に成す統べなく倒されるって日本の公安は大丈夫なのかよ?
shin170323-.jpg
一方、男塾の留守番をしていた鬼田軍吉にも危機が迫る。国家公安調査室の別動隊が動いて塾に放火したのだ! 炎上する塾の中にはまだ塾旗が残っており、鬼田は江田島の会話を思い出す。
これは男塾の魂だ この魂を失った時 男塾も消える
男塾が消える…いてもたってもいられなくなった鬼田は無我夢中で炎の中に飛び込んで行った!

炎上する男塾を東京タワーから確認した江田島。盛田の望遠鏡でよく見てみれば…
shin170323-1.jpg
炎の中から塾旗をかかえた鬼田が出てきたところ。家は何度でも立て直せるけれど、魂の塾旗は代えが効きません。鬼田は身を挺して男塾を救ったのだ! これを見て「鬼ヒゲ」と叫ぶわけですが、「鬼ヒゲ」と呼んだのはこれが最初。そもそもヒゲなんて大して生やしてなかったのに こう呼んだのは謎だ。
shin170323-2.jpg
一刻も早く駆けつけるべく江田島の取った行動は、東京タワーの避雷針をロープを結んで曲げて、その反動力で ひとっ跳び。避雷針がそんなに曲がるわけがないけれど(ってか絶対に曲がらないと思う)、江田島の破天荒ぶりを表すにはうってつけな表現だと思います。

29日発売の「極!!男塾」の最終8巻は、男塾のラスト4話が収録された他に初収録となる読み切りも収録。何かは知らないけど男塾を描き始めるようになったきっかけの読み切りかもしれないな。

それと「赤松健原画展」に最終日の26日に行くことにしましたー! 上京するのは10数年ぶりだよ。その日に行く予定がある人、一緒に回ってみますか。って私のことわかるわけないか。
極!!男塾 ( 8)完 (ニチブンコミックス)
極!!男塾 ( 8)完 (ニチブンコミックス) 3月29日発売
男塾外伝 大豪院邪鬼(3): ニチブン・コミックス 4月8日発売
男塾外伝 紅!!女塾(4): ニチブン・コミックス 4月19日発売
スポンサーサイト
shouki170321.jpg
『コミックゼノン』連載、「瘴気のガスマスカレイド」の1巻です。
「サイコメ」等のラノベ作家・水城水城が原作を担当し、新人の田中克樹が漫画を担当。新人にしては迫力ある込み入った画を描いていて読むのを飽きさせません。これは将来が楽しみだ!

世界は瘴気によって侵され、ガスマスク無しでは生きられなくなった時代。また魔獣の出現により、力無き者は成す術もなく死んでいった… けれど"結界"の発明により人々は安住できる地域を得られ、また瘴気に含まれる未知なる成分は様々な利益をもたらす万能のエネルギーでもあった。
世界は瘴気によって侵され、瘴気によって生かされていた。そんな時代の物語──

一年前、北東結界 秋葉原の結界が壊されて瘴気と魔獣が街に流れ込んできた。ある者は瘴気で死に、またある者は魔獣に食い殺されていく中、14歳の結城 堅牙(ゆうき けんが)にも死が迫る。魔獣が目の前に来たからだ。
shouki170321-.jpg
が、飛雅 凌(ひゅうが りょう)と名乗る戦闘魔術師(ウィザード)によって命を救われた。凌の華麗な戦闘技術に目を奪われた堅牙は憧憬を抱き、また彼のようになりたいと思うようになっていく。
そして一年後──堅牙は念願の戦闘魔術師となりました。早速 魔獣を狩る仕事を…と思ってもまだランク1の堅牙にそのような仕事は回ってきません。ギルドの受付嬢と交渉していたら、凌と同じチームだという魔術師と出くわします。憧れの人と会えるチャンスと、無理を言って凌のもとに連れて行ってもらうのですが…
shouki170321-1.jpg
冷たくあしらわれます。凌にとって堅牙を助けたつもりはなく、魔獣の近くに居たので どいてもらった程度のことだったのです。
とはいえ堅牙にとっては命の恩人であり尊敬すべき人に変わりないわけで、自分の理想を熱く語ったら とんでもないことに。凌のチーム『カルネイジ』の入団テストを受けることになったのだ! 最低でもランク80が入団条件なのに、ランク1でテストは無謀。凌としても追い払うつもりでテストを受けさせてみたらしい。
shouki170321-2.jpg
ところが堅牙の動きに目を見張る一同。ここ一番の技が凌とそっくりだったのだ。あの時の動きを目に焼き付けていたから それをコピーできたわけですね。トドメはオリジナルの"輝炎万浄(アルマゲドン)"という火炎技。ちなみに持ってる武器の名前は紅蓮壱式だってー(笑) 絶対コードギアスが元アイデアだよね。

まさかの勝利に 渋々ながら入団を認めた凌。その嬉しさに「リョウさんみたいな強い男になります」と堅牙は宣言するのですが、なぜか殴られてしまいます。
shouki170321-3.jpg
だって女だったからーっ!
これには読者もビックリだ。もっとも表紙からある程度は想像できましたけれど。こんな調子で仲間になれた堅牙はチームと初めて結界の外へ。そこで狩りをするのですが…誰もが驚く後味の悪い事件が起きてしまいます。いやホント、この終わり方は どんよりとした重い空気になってしまいますねぇ…
瘴気のガスマスカレイド 1 (ゼノンコミックス)
瘴気のガスマスカレイド 1 (ゼノンコミックス)
shoku170320.jpg
『eヤングマガジン』連載、「食糧人類 −Starving Anonymous−」の2巻です。
人間をブクブクに肥らせて怪物のエサにしている施設に拉致された伊江とカズだが、ナツネと山引の協力によって肥育場からの脱出に成功する。が、今度は怪物の羽化場に閉じ込められて、羽化したばかりの怪物と出くわしたところから始まります。1巻レビューは下記へ。
食糧人類 1巻 エサにされそうになった少年の脱出サバイバルホラー

掃除道具室に逃れた四人は やりすごそうとするも、三日も何も食べてなかったことから腹の虫が鳴ってしまい気付かれてしまった。このままでは全滅は免れない…ところで思わぬ人物に救われる。
shoku170320-.jpg
それが同じように逃げ延びてきたこの男・小倉だ。彼は拉致されたのではなくルポライターとしてこの場にやってきたという。ここで明らかになるのがこの施設は(表向きには)放射性廃棄物処理施設だったのだ。作業員が消えるだの怪物を見ただの、この施設は噂が絶えないことから身分を隠して新規従業員として着任。そこで真実を見て怖くなり逃亡。誰も気付かない天井裏などに隠れて今まで逃げ延びてきたようだ。壁にあるのは数えきれない日数を刻んだ「正」。いったいどれほどの日数をすごしてきたのだろう…

小倉はこの施設の出来事を話す中、とんでもないものを見たという。総理や官房長官らが訪れて怪物にひざまずいたそうだ、
shoku170320-3.jpg
そこで知った恐るべき事実──人間が怪物を飼っていたのではなく、怪物が人間を飼っていたのだ! 総理は怪物の知恵を借りるためにこの施設を作って、人間をエサとして肥育していたようだね。
これを聞いたナツネは怒りだし、その場へ連れていけと激昂。確かに腹の立つことだけれどナツネのこの怒りはいったい?

小倉と もめていたら天井裏が抜けてしまい、運悪く怪物と出くわしてしまったナツネ。ナイフ一つで怪物と対峙するのですが(一番上の画像ね)、体長の差は圧倒的で成す統べなく敗退。身体を真っ二つにされた上で腹の中に収まってしまいました。
と こ ろ が !
shoku170320-1.jpg
ナイフで腹を突き破り、上半身のままで這いつくばって脱出に成功したナツネ! なぜ?どうして生きていられるのか伊江たちはもちろん、読者だって理解不可能ですわ。ここで時間はナツネの幼いころに戻り、その生い立ちが説明されます。
shoku170320-2.jpg
詳しいことは読んでいただくとして、ナツネも実のところ普通の人間ではありませんでした。増殖種と呼ばれる人間で、中枢神経を破壊されない限りはどんな再生だって可能らしい。これは怪物の食料として考えられたものであり、母親はその実験に使われたからこそナツネが受け継いだわけだね。怪物を通常以上に憎むのはそのせいなんだろう。

思わぬところでナツネが"普通の人間じゃない"とわかり、これは今後 戦う上で大きなアドバンテージになりそうな予感。それはそうと主人公である伊江は今回ほとんど役立たずに終わってしまい、このままでは主人公交代してもよくね? となるかも?
食糧人類-Starving Anonymous-(2) (ヤンマガKCスペシャル)
イナベ カズ
講談社 (2017-03-17)
売り上げランキング: 404
boku170318.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問7
助けてドラえもーん!成幸ー!と、のび太のように泣きつく武元さん。それはスポーツ特待生の彼女が英単語50個を覚えなければ、部活に出られず補習となるからです。文法がわからないならまだしも、単語がわからないのは教えようがないわけで、唯我も緒方さんも冷ややかなものの言い方になってしまいますね。
出題する単語はわかっていることから一度テストしてみたら見事に0点という有り様。これでは絶望的ではないか!

けれど拾う神あり。古橋さんが手伝うと言うのだ。改めて古橋さんを間近に見て その美少女ぶりにドキドキな武元さん。私の理想とするところばかりだとするも、バストだけは勝ってると自信をつけるのはちょっと失礼というものだ(笑)
その後、記憶するのに5時 費やすも依然として0点ばかり。さすがの古橋さんも魂が抜けかけるのも無理ありません。
boku170318-.jpg
辛さに耐えかねて楽して記憶する方法を探るも、唯我から「そんなものはない」とピシャリ。できない奴にとって勉強は辛くて当たり前。「できない」なりに地道にコツコツ積み重ねて少しずつできるようになって初めて「楽しさ」が生まれるのだと説明します。
武元さんも最初から水泳が得意だったわけでありません。負けた悔しさがバネとなり努力を積み重ねた結果、今の成績に至ったのです。唯我はその頑張りを振り返り、ある勉強法を思いつく。
boku170318-1.jpg
辛いままでは覚えるものも覚えられない。そこで好きな水泳と組み合わせ、単語を言ったらその意味を拾ってくる方法にしたのです。そしたら効果てき面で50個全てをマスター。いやはや勉強法を変えると ここまで別人になれるのかと思わずにいられないね。

その帰り道、お礼として何かを渡された唯我。教育係も悪くないと思うも、それが使用済みのスク水だったことに困惑。いったいこれをどうしろと???
boku170318-3.jpg
一方、武元さんは渡す物(筆箱)を間違えたとして大声上げて後悔するのでありましたー。そりゃ死にたくなるのも無理ないわな!
uq170318.jpg
今日から始まった「赤松健原画展」。一般公開を前に記者会見が行われ、TVアニメ「UQ HOLDER!!」の情報公開がされました。
UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~(公式サイト)
原作:赤松健『UQ HOLDER!』
監督:鈴木洋平
シリーズ構成:赤松健/ヤスカワショウゴ
キャラクターデザイン:藤井昌宏
プロデュース:EGG FIRM
アニメーション制作:J.C.STAFF
------------------------------
近衛刀太:高倉有加

先ずメインビジュアルに驚かずにいられない! 一番奥が成長したネギで、次いで「ネギま!」キャラの5人。そして前列の5人が「UQ HOLDER!」のメンバーという構成。これはタイトルの副題が「魔法先生ネギま!2」だからこそ「ネギま!」キャラを持って来たということか? それともシリーズ構成が「赤松健/ヤスカワショウゴ」となってることから原作以外に何かやる→「ネギま!」キャラも登場させるってことなのかしらん??

監督について調べたら「下ネタという概念が存在しない退屈な世界 」の監督だったのかwww だったら夏凛ちゃんの脱げっぷりは期待できるかもしれません。

キャストは今のところ刀太役の高倉有加さんのみ。調べたら声優始めて12年目にしてようやく掴んだ主役の座みたいですよ。公式発表ではないけれど原作12巻限定版のDVDにあったように雪姫(エヴァ)役の声優は「ネギま!」同様に松岡由貴さんが担当すると思われます。ってか、「ネギま!」キャラは引退でもしてない限りはスライド登板と思われます。

本日の記者会見の様子。TVアニメが10月から始まる前に、9月8日に原作14巻のOAD付き限定版が発売されて、一足早くアニメが観られるそうだ。

主役の高倉有加さんの緊張ぶりがよくわかる動画。ちなみにこの動画をUPした どんちゃんとは「UQ HOLDER!!」の担当です。
shoucomi170317.jpg
今日発売の『Sho-Comi』の表紙を見たらコナンが載っており、珍しかったので買ってみました。一緒に表紙に登場してるのは「鬼宮先生のキスには逆らえない」の二人です。
それはそうと「待たせたな、バーロー」と、表紙で意味なくバーローを使うのはあまり良くないんじゃないかと…
shoucomi170317-2.jpg
付録は「名探偵コナン 公式スペシャルコラボBOOK」と「名探偵コナン Wヒーローズクリアファイル」。
コラボBOOKの方が良かったんですよ。
shoucomi170317-.jpg
青山先生の"お姉さん"に向けられたメッセージ。いつもと違って描くのが楽しかったかもしれないね。
shoucomi170317-1.jpg
左が池山田剛、右が くまがい杏子。
『Sho-Comi』の漫画家23名がコナンを描いてます。人によって阿笠博士だったり、ジンだったり、黒タイツだったりと個性が様々で面白かったです。またコミックス83巻収録の3話分がそっくり掲載して読み応えもあります。
次号もコナンとコラボしており、生写真2枚などが付録だそうです。
honmei170316.jpg
『やわらかスピリッツ』連載、「本命はポニーテール」の1巻です。
名古屋を舞台にした「八十亀ちゃんかんさつにっき」は以前紹介しましたが、今回また新たな名古屋の漫画が登場したぞー! 競馬好きの女の子が主役の「本命はポニーテール」です。金山に行くならウインズ名古屋、桶狭間に行ったならば中京競馬場と、この地方の人にしかわからないネタも含んでいるので愛知県民なら買いましょう。

大学生の有馬は以前から好意を寄せていた、清楚なポニーテールのメガネ女子・小栗さんに遂に告白! 用があるからと金山駅で待ち合わせることになりました。どこに行くつもりなんだろう? 図書館かなー映画館かなーと有馬は思いを巡らせるも、着いたところはウインズ名古屋。意外にも場外馬券売り場でした。
honmei170316-2.jpg
そう、小栗さんは大の競馬好きだったのです。馬券は常に1着だけを狙う単勝1点買いのみ。レース時間が近付くにつれてテンションは高くなり、一定レベルを超えたらメガネを外して「勝負の時間だがや!」と名古屋弁にチェンジ。以後、名古屋弁丸出しで応援を続ける競馬ジャンキーとなってしまうのだ!
honmei170316-.jpg
ここからのストーリーはあってないようなもの。だって
中を… 中を突いてちょ~~~っ! とか
差してくれて気持ちよかった とか、そういうセリフを楽しむ漫画だからです。よって心が澄み切って「何のことだかさっぱりわからない」という人にはオススメしません。ま、そんな人は居ないでしょうけど(笑)
honmei170316-1.jpg
こっちでは
中ぁ~~っ! 中がいいがや~~~っ!
抜いたらイか~~~ん!! 外じゃイかんでぇ~~~っ!!
というセリフが。これを聞いて有馬があらぬことを想像してしまうのは無理もありません。しかも「からだが ちんちんだわ(身体が熱い)」とか「からだが ちんちこちん(熱いの最上位)」なんて言ってくるものだから想像力がMAXになってしまいまいよ!
honmei170316-3.jpg
これはフィニッシュした時の表情。
もう絶対に事後としか思えないよ!!
あなたも小栗さんの叫び声でいろんなことを想像してみてくださいな。
本命はポニーテール 1 (ビッグコミックススペシャル)
本命はポニーテール 1 (ビッグコミックススペシャル)