gedou170426.jpg
『グランドジャンプPREMIUM』連載、「そしてボクは外道マンになる」の第7話
沖縄で童貞を捨てた平松は文字通り"ひと皮剝けた"ようで漫画は好調。そんな折、かかってきた電話の相手は高校時代に好きだった松山美奈子さんだった! どうして仕事場の番号がわかったかというと、編集部に訊いたら教えてくれたそうだ。当時の個人情報はゆるゆるだったんだねー。そういやもっと昔はファンレターの送り先に漫画家の住所を堂々と載せていたと聞くしな。

高校を卒業して三年、積もる話を色々と。美奈子さんの電話番号も訊き出して嬉しさのあまり鴨居に頭をぶつけたそうだ。ここで話は美奈子さんと初めて会った高校一年に戻ります。
gedou170426-.jpg
ノートに「巨人の星」の飛雄馬を描いていたら声を掛けてきたのが美奈子さん。私も巨人の星が好きと聞かされ関心を呼ばずにいられない。しかも名前は美奈子。飛雄馬の初恋の相手は看護婦の美奈であり、平松もこのキャラが好きだったことから二重の意味で美奈子さんのことが好きになってしまった。けれど「好き」と言えず、手も握れないまま卒業したのだけれど…
あぁ私もこんな経験あるから感情移入しまくりです。あの時、ああしていればと何度思ったことだろう。
その後、何度か電話をして会うことを約束します。

ドーベルマン刑事は沖縄編が好調。担当の権藤も「背景も沖縄らしさがよく出てる」とし、アシスタントたちを喜ばせます。ここで更にBIGニュース。ドーベルマン刑事の映画化が決定とのこと。監督は深作欣二、主演は千葉真一。スチール写真撮影の際に会うことになりました。
gedou170426-1.jpg
生で千葉真一を見たのは初めてで平松は興奮気味。けれど銃がブラックホークでなく、黒い革ジャンを来てなくてブタを連れているのはナゼ?(笑) いや、それかなり原作と離れた脚本だからね。加納が沖縄県警から来たことになっており、原作の前日譚みたいなストーリーとなってます。千葉は松田優作のことを語ってますが、この当時の松田優作は「太陽にほえろ!」のジーパン刑事役ですっかりお馴染みの存在なんです。絵にあるような松田のイメージはまだ早いですけど。
一方、深作欣二とも話したけれど、この後に撮る予定の「柳生一族の陰謀」のことばかり語って肝心のドーベルマン刑事についてはほとんど話さなかったみたい。平松の胸中をお察しします…

それと権藤が結婚! 中剛編集長(実際の名前は二代目編集長の中野祐介)は「権藤くんは将来 集英社をしょって立つ有望株」と語ります。
gedou170426-2.jpg
ヒゲを剃ってサッパリとしている権藤は初めてだ。編集長が語った通り、権藤はジャンプの四代目編集長となる後藤広喜 その人です。この人、「私立極道高校」時代の宮下せんせーの担当者でもありました。ってことはあの打ち切り事件の後始末をしたんだろうなぁ。

担当の権藤が結婚したことから結婚について考えるようになった平松。そんな感情の中で故郷に戻り美奈子さんと再会します。
gedou170426-3.jpg
そこでいきなりプロポーズ! えぇー、何度か会ってからでなく唐突にプロポーズしたの? しかもこの後、抱きしめるばかりかキスまでしちゃうんだから驚きだ。これ事実だったら大胆不敵の何物でもないと思うんだけど、美奈子さんにしたって会った限りは"まんざらでもない"んだろうか。もしかしたら次回でベッドインあるかもね。
スポンサーサイト
boku170424.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問12
自習している緒方さんに語り掛けたのは科学部部長の関城さん。理・数テスト万年2位に甘んじており、緒方さんのことを一方的にライバル視しているようだ。もっとも人のことに無関心すぎる緒方さんにとっては顔はもちろん、名前すら覚えてないようですがね!
ライバルとしては(一方的に思ってるだけ)文系に進学するのは納得できない。そこで調べたところ唯我が浮上。彼と付き合っており、彼が文系に進学ので私も行くとしてるんじゃないの? と訊くも全否定。まぁ事実そうなんだからこれ以上言いようがありません。本当にそうなのか確認するため緒方さんの後をつけることに…
boku170424-.jpg
緒方うどん店で席を並べて勉強する緒方さんと唯我。それを真正面から うどんを食いながら見つめる関城さん(笑う)。本当に好きじゃないのか確かめるため、唯我を誘惑するかのように接近して色々と訊き回ります。
boku170424-1.jpg
けれど矢型さんは全く動じずノートに書く手が止まらない。アピールが足らないのかともっと接近する関城さん。唯我はこれを「モテ期」と勘違いし、互いの声は次第に大きくなるのは当然か。突然 緒方さんは「邪魔」と宣告して二人を外に投げ出した。そりゃ邪魔以外の何ものでもないでしょうよ。ええ。

ここで唯我は改めて教育係に過ぎないと通告。緒方さんとは恋人でも何でもないことを宣言し、関城さんもようやくわかったようだ。でもなぜ緒方さんにこだわるのか? それは同じ大学に行きたかったのに文系を選考したら行けなくなるから。つまり緒方さんと友達になりたかったみたい。いいとこあるじゃん、関城さん!
そうか、唯我とは何でもないのかと緒方さんを案じる関城さん。でも課題テストで良い点を取って頭を撫でられてる姿に違和感を禁じえません!
boku170424-2.jpg
嬉しがってる? 恥ずかしがってる? ともかく普通の感情じゃないことは確かだな! しかも先ほどノートに書き込んでたところを見たら、それを証明する証拠が出てきました。
boku170424-3.jpg
国語のノートなのに途中から円周率がずーーっと書いてある。関城さんが唯我に迫ったことに動揺してこうしてしまったのは疑う余地もないでしょう。
tomodachi170423.jpg
『月刊コミックアライブ』連載、「僕は友達が少ない」の15巻です。
帯にある通り アニメ二期以降、原作を読んでない限りは初めて目にするエピソードになります。いや、もっと正確に言うならばアニメ二期最終話は話を進めるため小鷹の告白がトばされており、そこを原作通りにやってます。

屋上でバトルし、小鷹の初めての友達となった理科。この理科が今回大活躍! 小鷹・星奈・夜空の仲を取り持つ狂言回しなっており、彼女が居なけりゃもっと殺伐としていたかもしれないね。
理科から「星奈先輩のこと どう思っているのか?」と問われて直接話すことを決意する小鷹。「え? 何だって?」と逃げてばかりはもう止めた。初めての友達からの進言なのだからちゃんとすべきとでも思ったんじゅないかな。
tomodachi170423-.jpg
でもそれは「お前が好きだ」と言っておいて「でも俺は お前とは付き合わない」とする不条理もはなはだしい告白でした。どういうことかというと皆が居るこの隣人部という場所が好き。けれど星奈と付き合い始めたらこの人間関係が崩れてしまう。そうしないためには付き合わないという結論なのです。

これに星奈が怒るのは当然。お互いが「好き」と言ってるのにこれまで通りにしろだなんて納得いかない。しかも「許されるかどうかではない、お前が許すかどうかだ」と責任を丸投げ。これでダメと言ったら星奈の方からフッたことになるわけで、それでは自ら負けを認めるようなものだ。
tomodachi170423-1.jpg
仕方なくそれで妥協する星奈。顔を赤らめるところはカワイイよね。ちなみに土下座してる小鷹の頭を踏みつけているところです。小鷹から「イチャイチャとかしたいと思ってる」「エロいことだってしたいと思ってる」「ずっとお前のおっぱいを好きなようにしたいと思ってた」と、胸中を吐露されて恥ずかしがる場面もあり、ここはけっこう見ものです。

さて、夜空からの「旅に出ます。探さないでください」のメールが届いたのはこの後。どうやら屋上での理科とのバトルを見ていたらしく、それがきっかけのようだ。たぶん星奈が告白したことと、理科と友達になった=小鷹の初めての友達になれなかった というショックだろうか? 正直、旅に出る理由がイマイチわかりません。

けれど夜空は案外近くに居た。というか小鷹の家の中。小鳩が密かに匿っていたのだ。でもこういう出会いは最悪だ!
tomodachi170423-2.jpg
夜中にこっそり風呂に入っていて、しかもオナってるところに遭遇。いやいやいや、他人の家で何してますの、あなた! 寂しさを紛らわせるにも場所を考えて下さいよ!
何か世間一般的にこの15巻の最大の見せ場的なイメージがあるけれど、話の上では通過点の一部であって大した意味はないのであしからず。問題はむしろこの後ね。
tomodachi170423-3.jpg
理科と友達になったことを告げられ「だったら…私とお前はもう友達じゃない」と自ら決別を選択。昔は「タカ」「ソラ」と呼び合う仲だったのに、いつまでもそういう関係は続けられないということか。そして星奈に告ったことを聞かされての反応がこの画像ですよ。あぁやっぱ口では拒否るように言ってみたものの内心では好きのままなんだね。これにはさすがに切なさを感じてしまいます。辛いわー。
でもまぁこのような難局を経験しつつ少年少女たちは進んでいくわけで、希望を持たせるような巻末を迎えてます。それぞれの転機を祝して乾杯としたいね!
僕は友達が少ない 15 (MFコミックス アライブシリーズ)
僕は友達が少ない 15 (MFコミックス アライブシリーズ)
僕は友達が少ない 15<僕は友達が少ない> (コミックアライブ)Kindle版
kirico170421.jpg
『別冊ヤングチャンピオン』連載、「Dr.キリコ 〜白い死神〜」の2巻です。
ブラック・ジャックと対極する存在であるDr.キリコ。死神と呼ばれる彼であるが、金を積まれれば誰でも安楽死させるわけではない。死神であっても殺し屋ではないのだから…
Dr.キリコが己に課している条件は三つ。
一つ 助かる見込みがない事
二つ 生きているのが苦痛である事
三つ 本人自らが死を望んでいる事
そして施術料は500万円。眠るように苦痛の無い死が得られるのなら、この価格は高いか安いかは自分次第!
2巻は全て読み切りの6エピソード、そのうちの3つを紹介します。

第7話 死神泣かせ
死を恐れない「死神泣かせ」と呼ばれるマフィアのボスの安楽死を依頼されるキリコ。助かる見込みがないので上記の条件の「一つ」と「三つ」はパスするも、まだ苦痛に至る前なので条件に当てはまらない。けれどボスは執拗に迫る。それはいつ訪れるかわからない死が怖いから。けれど世間体の手前、そういう姿を見せるわけにはいかない。だから伝説を残したまま死にたいのだと。
kirico170421-.jpg
けれどキリコには罠が待っていた。自分が"怖がっている"という弱みを知られたからには生かしておけぬと、自爆する仕掛けをしていたのだ。それを見抜いたキリコはボスに社会的失墜に至らしめる最大限の屈辱を与えることに…
ある意味、キリコの嫌らしさをもっとも引き出してます。こういうやり方で罰を与えられては、とても表を歩けなくなるだろうな。

第8話 ロボットと死
私が最もグッときた話がこれ。事故により人工呼吸器がないと生きられなくなった主人。仕えるロボットはキリコを呼んだ。これに家族は激怒。安楽死なんてさせたくないからだ。けれどロボットは言う。主人は以前、このような状態になったら安楽死を望むと。まして人工呼吸器の費用もバカにはならず、家計を圧迫している。よって安楽死が一番最善であると。
kirico170421-1.jpg
だったらロボットが人工呼吸器を止めればいいとするも、ロボット三原則の第一条にて人間の生命に危害を加えられない。けれど第二条には法律に反しない限りは人間の命令に従えとある。ロボットとしても第一条と第二条に挟まれてどうすればいいのかわからない…
kirico170421-2.jpg
そこでキリコはヒモを用意し、「これを引っ張れるか?」とロボットに問う。ヒモは主人の部屋に繋がっており、恐らくは人工呼吸器に結び付けてあって引けば装置は止まるだろう。でも確認してないからには断言できない、よって三原則には当てはまらずヒモは引けるハズだと。
あぁ、これってシュレーディンガーの猫みたいなものですね。ヒモを引くべきか、聞かざるべきかロボットは考えて──
このエピソードは生きることの是非を問うことで実に考えさせられました。私が思うところの傑作の一つだと思います。

第12話 死神の瑕(きず)
戦地帰りの兵士の復讐劇。その男は自爆攻撃に遭い、右半身を吹き飛ばされた。それを診たのがまだ若い頃のキリコ。男は痛みに耐えきれず「殺してくれ」と頼むも、キリコはこれならまだ助かるとして意志に反して処置を行う。
kirico170421-3.jpg
確かに男は助かった。けれどその姿ではまともな働き先など見つかるわけもない。あのまま死んでいれば二階級特進で家族には遺族年金も出たハズだ。俺は愛されながら死ねたのにとキリコを恨む。
助けたことで悲劇を生んでしまったという やるせなさ。こう思われたら医者なんてやってられないよね。
Dr.キリコ~白い死神~ 2 (ヤングチャンピオンコミックス)
Dr.キリコ~白い死神~ 2 (ヤングチャンピオンコミックス)
ginza170419.jpg
『ふんわりジャンプ』連載、「銀座レッスン」の1巻です。
いわゆるグルメものですが銀座の名店ばかりを紹介する(必然的に割と高額)のが特徴。けれど食事よりも別のものが味わえる作品だったりします。

麻生ミホは一流商社のデベロッパー部門に勤めるも、大きな仕事は任されないままアラサーに。このままじゃダメだ、何とかしないとと思うものの現実は厳しいものです。けれど銀座の とあるバーに間違えて入ったことがミホの運命を大きく変えることに。
ginza170419-.jpg
この店はボッタクリでないけれど請求料金は10万円と高額。でもママは言う。銀座の値段にはそれなりの意味がある。もし この正規料金を払ったら、見たことのない新しい世界を見せてあげると。
変わりたいと願うミホは代金を支払ったことで、ママの紹介する銀座の名店巡りが始まります。
ginza170419-1.jpg
まぁ当然ながらその店の料理を味わいます。これは1話に登場した資生堂パーラー銀座本店レストランのビーフシチュー。3500円もしますよ! 普通のグルメ漫画だったら「美味しい」と言ってりゃいいんですが、この漫画の最大の特徴は銀座という場所に特化していること。
ginza170419-2.jpg
これは2話のKOMATSU RESTAURANT & BARから。つまり雰囲気です。高級店の建ち並ぶ銀座において食事を楽しむのはもちろんのこと、店の雰囲気が食事を二倍にも三倍にも引き立たたせてくれるのです。よって漫画に登場する「食事を食べたい」のではなく、「描かれた雰囲気を味わいたい」気持ちにさせてくれるのが最大の魅力だと思いますね。
ginza170419-3.jpg
そして店で出会った人が重要な取引先の重役なんてことがしばしば。ミホはこれにより各方面にコネができ、仕事がステップアップしていくことになります。そんな上手い具合に重役と会えるかとしてしまえばそれまでですが、ママの紹介した店に行ったからこそ会えたのです。10万円を払っただけの価値があったというものですよ。
銀座レッスン 1 (ヤングジャンプコミックス)
銀座レッスン 1 (ヤングジャンプコミックス)
dod170418.jpg
本屋にて滅多に足を運ばないテーブルトークRPGのジャンルの場所に行ってみたら、こんな本が置いてあったので驚いたよ! まるで「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」じゃん。調べてみたらイラストは佐藤ショウジ氏なので似てて当然、というか本人そのものでした。
去年、「ダイス・オブ・ザ・デッド」(左)が別イラストで発売されて今年の三月に続編となる"グレートウォールブレイク"(右)を佐藤ショウジ氏のイラストで発表。それに合わせて前作のも佐藤ショウジ氏のイラストに変えて再発売したようですね。

先月、「学園黙示録」の原作者たる佐藤大輔氏がお亡くなりになったのはご存じだと思います。私はその当時 東京に行ってたので記事にする機会を失念したので遅ればせながら書きますが
    学園黙示録はどうなるの?

「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」 2年ぶりの復活掲載(2013/4/10)
4年前にこの記事を書いて以来、復活するのをずーーっと待ち続けていたのですよ! でも原作者死亡により再開は闇のまま。このまま未完で終わるかもしれません。じゃあこの最後のエピソードはコミックス未収録のままになるの? 登場した宍戸錠っぽい人物は麗の父親で合ってるの? など、投げっぱなしのままで終わるのは納得いきません。ここはやはり佐藤ショウジ氏または誰かに原作を書いてもらって続けて欲しいのですがねー。
ゾンビサバイバルRPG ダイス・オブ・ザ・デッド グレートウォール・ブレイク
ゾンビサバイバルRPG ダイス・オブ・ザ・デッド グレートウォール・ブレイク
boku170417.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問11
古橋さんを襲う衝撃、それは増えていた体重! 昨夜 体重計に乗ってわかったことで、たぶん寝られなかったんじゃないかな。一夜明けた今日になってもまだ引きずってるのだから深刻だ。そんな気持ちなどいざ知らず、緒方さんと うるかは間食におやつや うどん(笑)をいつものように食べていた
 原因はこれかーーっ!
皆と勉強する際に持ち寄っていた食べ物によって肥ってしまったと痛感。ちなみに緒方さんは食べた栄養分が おっぱいに行くらしく、その巨乳ぶりからして納得。うるかは いくら食べても肥らないタイプのようだ。
boku170417-.jpg
もう間食はしないと決めた古橋さん。けれどこういう時に限って誘惑が強まるというもの。唯我が持って来たチーズタルトに始まり、レアなプリン、緒方うどん店の試作品・ウナギうどん、デラックスなケーキと続いたことに、食べたいけど食べられない焦燥感に打ちひしがれる…
つーか、唯我の妹の水希は家が貧乏なのになんでそんなに作れるん? はっ!? 作り過ぎとか言ってるけれど実のところは兄に食べてもらいたいからワザとそうしてるのかもしれないね。

ここのところ古橋さんの体調が悪いらしいことを気にし始めた唯我は原因を訊いてみたらダイエットと知る。全然やせてるだろと答えるも本人からしたら"やばい"んだそうだ。
boku170417-1.jpg
ならば実際に触ってみてよとなったのがこの状況。古橋さんも精神が滅入ってしまったんでしょうね、触ったところでわかると思えないのに 触らせるとは余裕がなくなってる証拠です。片や、一種のラッキースケベになった唯我はうらやましい。労せずして合法的に女子のお腹を触れるのだから!

帰り道、なんて声を掛けるべきか唯我は困っていたら、古橋さんは夜食を買うと言ってスーパーへ。
boku170417-2.jpg
そしたら両手いっぱいに買って来たよ!?
夜は勉強に集中する→頭に糖分を使う→いくら食べてもプラマイゼロになる
と信じていたようだ。んなわけねーだろ! 全ての原因はそれだと知り、以後は夜食は 春雨だけにすることで、ほどなくして体重は元に戻ったとさ。