akujiki171122.jpg
「悪食のマリア」の1巻です。
調べたところ雑誌やweb漫画でも連載してないみたいなので、全て描き下ろだと思います。筆者は「復讐教室」を描いてた人なのでミステリータッチな作風はお手の物。

誰であろうと 何があろうと 全て受け入れる 神の名のもとに──
この言葉を理念とする全寮制のお嬢様ミッションスクール 聖アグリーン学園。主人公の穂村 螢は選ばれてこの学園に通っている。もっともこの学園の全生徒・13人は、全てが選ばれし人物なのだけれど。
akujiki171122-.jpg
螢は決まってある夢を見る。両親が殺されたあの出来事を…そして恐怖に怯えて目覚めます。ただし今は授業中でソレをやってしまったため、先生から注意されるのは当然だね。前述通りにこの学園の生徒は全13人の以外に、先生一人とシスター一人の全15人で世間と隔離した生活を送っていた。監視カメラは万全で、鉄柵にも高圧電流が流れているので外部からの侵入者は見逃しません。

生徒の性格は人さまざま。委員長タイプやら エロ話し大好きやら居る中で、特に変わっているのが祭 真矢。人との行動を共にすることを極端に嫌っており、生徒でも浮いた存在になってます。そんな折りに夕食の時間で事件が起きる。突如 停電となり、ゴキッ ガシャ グチャ と謎の音。そして灯りが点いたら…
akujiki171122-1.jpg
生徒の小五味(こごみ)が惨殺死体となって横たわっていた! 身体の右半分が無くなっており、謎の手腕による犯行としか言いようがありません。先生から部屋に戻るよう促され、全員が青ざめて戻ります。

翌日、きっと警察が来て事情聴取とかあるんだろうなと思っていたら、普通通りに授業が始まりましたよ? この異常ぶりに螢が声を上げた。人が死んでるんだよ? いくら何でもおかしいだろうと。でも先生は平然とあの言葉を。
誰であろうと 何があろうと 全て受け入れる 神の名のもとに──
つまり警察を呼ばず、このまま事件を黙示する意向のようだ。これに声を荒げて螢は語る。そしてその語り口からこの学園の全貌がわかります。

ここの生徒は何らかの問題…事件を起こしたとか、巻き込まれたとか、そういう体験をした者だけが送り込まれる学校だったのだ。監視カメラや高圧電流は、外部からの侵入者を見張るのではなく、内部の者を監視して逃亡を防ぐためのものだったのです。螢は両親が殺されて死体が消えていた。殺したのは化け物で、食われたから死体が無いのだと話しても誰も信じてくれませんでした。
akujiki171122-2.jpg
この手口からして両親の時と同じだ、犯人は人間じゃない! 化け物に喰い殺されたんだと生徒に・先生に語ります。が、またしても信じてくれませんでした。ただ一人、真矢 以外は。
真矢は奇怪な事件の探求心が強いらしく、螢の両親の事件も記憶していたとはさすが。螢の話しからして"人に擬態する化け物"だろうと推測。そして
akujiki171122-3.jpg
化け物はボクたちの中にいる
外部からの侵入者がいない以上、こう考えるのが妥当。果たして犯人は・化け物はいったい誰なのか…螢は謎を追い求める。
隔離された空間での事件なので、雰囲気が常に張りつめておりサスペンス感が充実。両親の仇打ちの意味もあって螢の行動が気になります。
悪食のマリア(1) (アクションコミックス)
悪食のマリア(1) (アクションコミックス)
スポンサーサイト
fuuto171121.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の10話
風祭メグの殺害予告をしてきた"m"。恐らくドーパントだろうと察して翔太郎は注意を傾ける。そのメグこと森口もな子は、普段はプログラマーの地味な女の子。コスプレはイヤイヤしてるわけで、このイベントだって出たくありません。けれど会場に集まってくれた子供たちを見て、眼の色を変えてステージに立ちました。自分が作ったゲームを応援してくれる子には裏切れない、そんな気持ちがあるのでしょうね。

そして案の定 現れましたヨ。古代の巨大トンボをモチーフにした、メガネウラ・ドーパントが「死の制裁の時だ」と お出ましです。早速 飛び出した翔太郎ですが、イキナリ壁に張りつけ状態にされて身動きが取れません。
fuuto171121-.jpg
そこで ときめに懐から携帯(スタッグフォン)とメモリを出してもらい、クワガタ形態のライブモードへとチェンジ。動きを封じているクサビを切ってもらう。このメモリガジェット、物語後半ではほとんど使わなくなったよなぁ。
再びメガネウラと対峙し、Wへと変身。バトルが始まったところでオーロラ・ドーパントが高みの見物ですわ。
fuuto171121-1.jpg
そこでW初心者 及び おさらいを兼ねて、Wの変身形態9種類を解説してくれました。こういうのは地味に有難かったりします。ってか、何でWについてそんなに詳しいの? 財団Xの関係者だったとか!?
Wはマキシマムドライブを使って一気にケリをつけようとするも、タフなのか一撃だけでは決まりませんでした。これによりメガネウラは憎さ百倍!
fuuto171121-2.jpg
本気を出したらしく、Wは「身体が…重いっ…!?」と身動きできません。その隙にメガネウラの会心の一撃が決まってしまう。この意外な展開はオーロラにとっても興味深いらしい。
fuuto171121-1-3.jpg
もしかすると…ハイドープ?
何のことやら読者には全くわからないものの、Wが今後 苦戦を強いられるだろうことは間違いないでしょうね。

さて、前回あったWの最新情報とは──真骨彫製法の ファングジョーカーが発売決定ということでした。ハッキリ言ってちょっと肩透かしだったよ。
週刊ビッグコミックスピリッツ 2017年44号(2017年10月2日発売) [雑誌]
週刊ビッグコミックスピリッツ 2017年44号(2017年10月2日発売) [雑誌] Kindle版
boku171120.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問40
本屋に参考書を買いに来た唯我。でも一緒に来た大森はエロ本を買いたいけれど恥ずかしくて買えないとのこと。しょうがなく参考書にサンドイッチして買うわけですが、そこで あしゅみー先輩と会ってしまいバツが悪いったらありゃしない。
まぁ普通そうだわな。私は少女マンガ(「なかよし」とか)を普通に買うので、もう羞恥心なんて無いけどな!

その後 先輩と勉強することになるわけですが、先輩は元同級生と会って変貌ぶりに驚いた模様。彼氏を連れており、すっかり大学生してるからだ。一緒に居る唯我を「彼氏?」と訊かれたところで、今度は先輩の父親が登場。これにより唯我を彼氏としてしまいます。だって父親に見られたメイド服は、恋人である唯我を喜ばせるためと説明してるから。メイド喫茶でバイトしてるなんて とても言えないしね。

でも微妙な空気感を感じた父親。二人が本当に恋人同士なのか確かめたいらしい。
boku171120-.jpg
そこでラブラブな写真を送るよう促すのですが、写真なんて無いとの返事に増々疑ってきたヨ。仕方なく適当に撮るも「恋人らしくない。本当に恋人なのか?」とダメ出しの連続。二人はすっかり疲れてしまいます。いったいどうしたら納得してくれるのだろうか。恋人らしい写真なんて どんなものかわからないし…。
いや、待てよ。この手があったかと先輩は何か思いついたらしい。
boku171120-1.jpg
そこで届けた写真は二人でのジュース飲みとか、ひざ座りとか、ひざ枕とか、恋人だと納得できる数々。父親はすっかり恋人同士だと納得したようだ。
でも先ほどと 打って変わって恋人らしい写真を撮れた理由は、さっき会った元同級生のインスタ写真を参考にしたから。本当の恋人同士がしてる写真をそっくりそのまま似せて撮れば間違いありませんからね。

またこれは先輩自身にとっても思い出になったらしい。夏を思い切り楽しんでる元同級生と会って ちょっとヘコんでたそうで、この撮れた写真はいい夏の思い出となったとのこと。そこでもう一個 思い出を作ろうとして…
boku171120-2.jpg
唯我にキスしようと迫ります! ま、いつもの冗談。騙しただけなんだけど、ネコの目のように変わる先輩の本心は騙してばかりとは限りませんよね?
ぼくたちは勉強ができない 3 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 3 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 3 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版
ぼくたちは勉強ができない 4 (ジャンプコミックス) 12月4日発売
ぼくたちは勉強ができない 4 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

Mazinger Z infinity Intro Español Latino
新録された主題歌に乗り、今までの出来事を振り返る内容になってます。
・半分内部メカは語るまでも無くエンディングのオマージュ
mazin171120.jpg
・鉄骨の下敷きによる十蔵博士の死と、初めて見たマジンガーもほぼ原作通り。十蔵博士の顔が原作に比べりゃ100%以上 修正されてますな
・1:01辺りで追い抜いていくのは、ギャグ短編「思い出のK君」に登場したマジンガーZ。この作品においてマジンガーはロボではなく、顔の形をした車なんです。乗っているのは豪ちゃんのデフォルメキャラである 冷奴。詳しくは下記及び「思い出のK君」で検索してみてください。
衝撃の事実
・握手する甲児と兜剣造博士は興味深いな。実の親子なんだから抱き合うぐらいしてもおかしくないけれど、グレートマジンガー建造のために息子をほったらかしてたわけで、微妙な空気がある関係なので握手に留めたと解釈しました。
・白と赤が半分に分かれた炎ジュンの水着は、テレビアニメに登場したもの

あと、12月16日放送の「題名のない音楽会」では「アニメ特撮音楽の巨匠・渡辺宙明&俊幸の音楽会」を放送。水木一郎・堀江美都子らが登場します。それと昨日あった水樹奈々さんのファンクラブイベントに水木アニキが登場してマジンガーを一緒に歌ったとか。ツイッターで「水木一郎」で検索するとよくわかります。
para171118.jpg
『ヤングマガジン』連載、「パラレルパラダイス」の2巻です。
女性しか居ない異世界に召喚されてしまったヨータ。彼女たちは[嫉妬深い神の呪い]によって20歳で死ぬ運命にある。しかし男と交尾をすれば呪いが解けると知って、多くの女性を救おうと決めたヨータ。まぁ公然と交尾が出来るので都合がいいこと この上ないんですけど(笑)。

また女性にとってもヨータは3000年ぶりに現れた男だそうで、いつ現れるかもしれない男のために"変化"していた。それは異常なほどの性欲。男に触れられただけで、いや、交尾を考えただけで"欲情の泉"がビュルビュルと溢れ出し、身体を求めずにいられない性格になってしまいます。つーか、当漫画はビュルビュルと溢れ出てくる"泉"の場面が多いこと多いこと。ほぼ毎回必ず出るんじゃね?
尚、過激な画像のUPは以前 運営から削除要請が来た経験から控え目になってます。

今回三人の女の子と交尾するヨータですが、最初はメインヒロインのルーミ。
para171118-.jpg
気持ちいい 気持ちいい
なにこれ なにこれ なにこれ すごく気持ちいいの!!

と、欲望と感情の言葉が止まりません。フィニッシュしたら首にアザができ、これが呪いが解けた証拠なわけね。でも非処女になったことが一目瞭然なわけで、有難いのか有難くないのか…

実は交尾をすれば20歳で死ななくなると知っていたのはこの時点ではヨータのみ。これによって死ななくなったと告げたら、なぜか怒りだしましたよ?
para171118-1.jpg
同情で交尾をしたと思ったらしく、好きでヤったんじゃなかったんだと罵倒してきたものだから「めんどくせぇ」と思うのも無理ないね。女心は複雑です。
この後、彼女たちの敵であるカルが出現。ヤツラは女性を強姦することが目的で、しかも交尾されたら毒を出すので絶対に助からない。でもヨータの出現に逃げ出したよ? 男との戦いは本能的に避ける性質なんだろうか。

二人目は男嫌いを語っていたミサキ。だから当初はヨータのことをよく思っていませんでした。が、手に触れただけで倒れ込んで"欲情の泉"がビュルビュルと噴出。こうなったら止まりません。ヨータの目の前でオナりだし、本人も恥ずかしいと思っていながら手が止まらないのです。
para171118-2.jpg
もちろん性格も一変。普段は強気で足元を見られるのが嫌なのに、この時は謝ってまで種付けしてくれることを切望。もちろん交尾中は快楽の言葉が出るわ出るわ。男嫌いの裏返しで求め求めあいます。
この子は巫女衣装を着ており、私としては一番のお気に入りなので こんな姿が見られて満足だ。

最後はモモさん。この人は交尾をすれば呪いが解けると知って、ヨータを後ろ手に縛って恋愛感情の無いまま行為をし始めた。
para171118-3.jpg
モモもまた触れただけでスイッチオン。ヨータは動けないので自分の腰を感情のまま振り続けます。
とまぁ全編に渡ってビュルビュルが止まりません。次回はリリアとの交尾が決定してるので、また一段とビュルビュルすることでしょう。
パラレルパラダイス(2) (ヤンマガKCスペシャル)
パラレルパラダイス(2) (ヤンマガKCスペシャル)
パラレルパラダイス(2) (ヤングマガジンコミックス) Kindle版
wag171115.jpg
webマンガ『コミッククリア』に連載していた、「Wake Up, Girls! エターナル・センシズ」です。
GUNPさん、お久しぶりです。結局 お会いできる機会を逸して幾年月。まぁ同じ愛知県内ですからいつかお会いできるのではないかと。たぶん、きっと。関連記事として随分前ですが「瞳のフォトグラフ」での名古屋港の聖地訪問のやつは下記に。
瞳のフォトグラフ 名古屋港のロケーション巡りをしてきました

当漫画は映画「Beyond the Bottom」と放送中の「Wake Up, Girls! 新章」を繋ぐ物語。Wake Up, Girls!は東京進出したけれど都落ちして仙台に逆戻り。でも「アイドルの祭典」で優勝した直後から始まります。
I-1clubを破っての優勝に、事務所には仕事依頼が殺到。メンバーは忙しい日々を過ごしていた…のだけれど、社長が「日本一になったのだから」と出演を出し惜しみ。結果、スケジュール表が真っ白になってしまいました。もっともこのまま忙殺の日々を過ごしていては東京に居たときの二の舞に成りかねないわけで、仕事を選ぶことも必要なのでしょう。
wag171115-.jpg
そこへ冠番組「わぐばん!」が決まったと報告。これを機会に地元で地に足をしっかりつけて大きく成長しろと社長からの有難い? お言葉に元気よく返事する皆です。

こうして始まった「わぐばん!」。初放送に緊張し、皆の会話は ままなりません。けれど真夢のアドバイスで持ち直して無事に終了させるとはさすがですな。その「わぐばん!」がファンクラブと合同でイベント開催が決定。皆で考えた演出は初めて立った野外ステージで、その時と同じ制服を着ての出演でした。
wag171115-1.jpg
もちろん参加するのは お馴染みのワグナーたち。彼女たちが確実に成長してることに喜び涙するのもわかるよ。こういうファンは読者と同じ目線なので共感が持てます。
このイベントを成功させて、仙台の凱旋公演が決定。セットリストはどうしようか、衣装はどうしようか悩むメンバー。でもこれは嬉しい悩みであって全然 苦にはなりません。楽しいですからね。
しかしI-1clubの白木が怨みか復讐か、とんでもないことを仕掛けてきた!
wag171115-2.jpg
同日にライブをするんだと!
ある意味 全面対決ですからファンたちにも激震が走ります。いったいどうなるんだろうと。更に今年もまた「アイドルの祭典」が迫って来た。出演するならば公演との二足のワラジ状態になるわけで、とても両方に勢力を向けられません。そこでリーダーの佳乃は思い切った決断を下すのでした──

白木はなんて嫌なヤツなんだと当初思ったけれど、社長との会話を読んでいると不思議と嫌なヤツじゃなくなってきます。恐らくアイドル界全体を見てるのでしょう。そして力が無いものは生き残れないという姿勢を示すことで、Wake Up, Girls!のステップアップを狙ってるんじゃないかな。
wag171115-3.jpg
最後になって「Run Girls, Run!」と真夢の邂逅。この三人は全6話収録の全話に何らかの格好で登場してます。I-1clubが好きだけれど流されるままWake Up, Girls!に心頭していく いつかが私のお気に入り。
地元に戻った彼女たちが何を目指していくのか見守ってあげてください!
Wake Up, Girls! エターナル・センシズ (ファミ通クリアコミックス)
Wake Up, Girls! エターナル・センシズ (ファミ通クリアコミックス)
Wake Up, Girls! エターナル・センシズ (ファミ通クリアコミックス)Kindle版
aoi171114.jpg
『ゲッサン』連載、「アオイホノオ」の18巻です。
帯に「さらば、トンコさん…」とあり、キスシーンが描かれてますが表紙詐欺です! こんなシーンありません。つーか、トンコさん自身が回想でしか出てきませんから感動的な場面があると想像しちゃダメだよー!

ホノオの初連載は雁屋哲が原作の忍者もの。原作を読んだら1話で3話分ぐらい描けそうな中身の濃い内容に悩まずにいられない。これを32ページで描かなければならない。しかも原作者は雁屋哲、下手なものを描くわけにいかない。ギャグを描いてきた自分が急に劇画調に変えられるわけもなく、いったいどうすれば…。

散々 悩んだあげく、考えはこう至りました。
 この原作をベースにして得意なギャグ入りで描く
          ↓
 読者はそもそも原作を読んでないから「雁屋哲がこういう話を書いた」と思うことだろう
          ↓
 それでいいではないか! 読者は騙せる
          ↓
 騙せないのは雁屋先生だけ
aoi171114-1.jpg
そう思いながら(というか願いながら)描いたのが右上のネーム。まだ下絵の段階なので雑に見えますけど、ギャグテイストで描かれているのがわかります。
これを担当の三上に送って反応を待ちます。
aoi171114-.jpg
最悪なのが雁屋先生にこういう反応をされること。ま、そういう場合は三上さんをなぐさめてあげようと思ったところで電話がかかってきました。
「ギャグがふんだんに入っていてよかったよ!」 褒められた? ならば殴られずに済んだのか!
「ただし「俺」はね!」 え? 俺って…まさか見せてないんですか?
aoi171114-2.jpg
見せられるわけがないだろう!!
見せられるわけが!!

担当も怖すぎてまだ見せてないんだそうだ。でもこのまま描け、もし何かあったら全部 俺が受け止めると、身体を張った態度を示したのでホノオは更にギャグを入れて描いたんだそうです。

はい、これが18巻の全体的な流れです。後は細かなギャグが散りばめられており、それがけっこう楽しみだったりします。
aoi171114-3.jpg
右上は「宇宙刑事ギャバン」が始まった時の模様。この当時の金曜のテレ朝は7時からドラえもん、7時半から宇宙刑事に代表されるメタルヒーローシリーズ、8時からはワールドプロレスリングという流れだったよね。だからいつ風呂に入ろうかタイミングが取り辛かったです。

左下は先輩でありライバルでもある矢野健太郎がヤングジャンプで新連載「ネコじゃないモン!」を始めた時の衝撃。てっきりSFものだと思ってたのにラブコメだったことに驚いたようです。あぁ私も読んでたな。コミックスも何巻か買った覚えがあります。主人公の女の子が初エッチをする際に、イデオンのメカが"合体"するように置き換えて描写してたんだよねー。
aoi171114-4.jpg
右上は編集部に行った際に高橋留美子を見る機会があり感動。何か盗める技術はないかと探します。けれどさっさと原稿を戻されてそんな時間はありませんでした。

左下は出渕裕との初対面。新連載作品のメカデザインをしてくれてるけど、ホノオにソレは難しくて描けない。よって自分風に描いてることに負い目を感じてます。よって持ち上げる話をしようとボルテスVを褒めるのですが、出渕はソレには不参加。次回作のダイモスから参加してたのです。勘違いしてるんだろうな、ちゃんと本を読んどけよと半分キれながら聞いていたとさ。
この失敗は30数年経った今でも言われることがあるそうで、ホノオにとって忘れるに忘れられない大失敗だったようです。
アオイホノオ 18 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
アオイホノオ 18 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
アオイホノオ(18) (ゲッサン少年サンデーコミックス) Kindle版
アオイホノオ 18 『炎の転校生』完全新作読み切り小冊子付き特別版 (特品)