uma210119.jpg
『ヤングジャンプ』連載、「ウマ娘 シンデレラグレイ」の1巻です。
待望の1巻がようやく出ました! コミックスに出来るストックは充分あるのに今まで出なかったのは、アニメ開始に併せて出したかったに違いありません。私としても東海地区の地方競馬(ウマ娘の世界では「ローカルシリーズ」という名称)のウマ娘が中央に進出して活躍するというシチュエーションがいいんですよ。
1話は本誌に載った際にレビューしてますのでそちらをご覧ください。
新連載「ウマ娘 シンデレラグレイ」 岐阜・笠松出身の あのウマ娘がトレセンデビュー

トレセンでの驚異的な走りに魅了された北原トレーナーはオグリキャップを勧誘。食べることと走ること以外はボーっとしてて何を考えてるのか分からないオグリだけれど、チームに所属しないとレースに出られないと知って即座に承諾。「私をレースに出して」との一言におう!と応える北原デス。

そんなオグリを見つめるウマ娘、それがカサマツでの最大のライバルとなるフジマサマーチ。史実ではマーチトウショウという名前なんですが、違っているのは許可が下りなかったのかしらん?? 奇しくもテビュー戦が重なります。
uma210119-.jpg
ここは史実通りに(てゆーか、史実通りなのがウマ娘)マーチが優勝。オグリは僅差で二位に終わります。敗因は靴がボロボロで走り辛かったというものですが、史実では ひづめの病気が原因だとされてます。
uma210119-1.jpg
ここで珍しく感情を表すオグリ。負けるのは悔しいと知ったことが今後のバネになっていきます。
さて、1話から気になるのがオグリに嫌がらせをする三人組のこと。オグリの二戦目においてカカトを踏んで靴を脱がせてやろうと試みますが、圧倒的な瞬発力に実行する気が失せてしまいました。
uma210119-2.jpg
アイツ…次元が違う と、悔しいけれど実力を認めざるを得なくなります。以後、優しくなってツンデレ的になるとはカワイイとこあるじゃん!
そして前述したライバルのフジマサマーチ。
uma210119-3.jpg
準重賞レースのジュニアクラウンに出ろとオグリを挑発。デビュー戦において勝てたのはオグリが万全でなかったと知ってるからこそ、今度こそ完璧に勝ってみせると意気込みます。はて、三戦目においていきなりジュニアクラウンですか? 史実では七戦目のレースなんだけど…そこまでゆっくりやるつもりはないということなのかな。
レース当日、偶然にも中央のウマ娘が見学に来ます。
uma210119-4.jpg
それが中央でのライバルとなるタマモクロス! 同じ葦毛を持つ者同士、惹かれるものを感じるのは確実かなー。ところでタマモクロスがミドリマキバオーのモデルって知ってました?
読み終えて「もっと読ませろ」と、全然物足りなさを感じたわ。ストックはあるのだからハイペースで続巻の発売を期待します。

ウマ娘 シンデレラグレイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
スポンサーサイト



dega210116.jpg
『ヤングエースUP』連載、「最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い」の2巻です。1巻レビューは下記に。
最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い 1巻 帝位争いに勝ち抜くためアルは暗躍す

第七皇子のアルノルト(通称 アル)は遊び人で無能無力のダメダメ皇子。故に「出涸らし皇子」と呼ばれていた。けれどそれは表向き。隠れて禁忌とされている古代魔法をマスターし、大陸に五人しかいないSS級冒険者のシルバーとして素顔を隠して活躍していた。
そのアルの双子の弟はレオナルト(通称 レオ)。兄と違って才能に長けて誰からも好かれる好青年。けれどそれが災いして次期帝位争いに巻き込まれてしまった。争いに負けるということは良くて国外追放、悪けりゃ死刑になりかねないためにアルは暗躍してレオを次期帝位に就かせようようとするお話しです。

1巻では有力貴族を味方に就かせることに成功したアル。今回は皇帝が言っていた騎士狩猟祭が開催されます。これは割り当てられた近衛騎士と共にモンスターを狩って、そのレア度や大きさを競うというもの。勝った者は全権大使に任命されることから次期帝位にグッと近づくのは間違いない。

…けれど始まるのは後半過ぎ。それまで成り行きが単調なことから、今回は登場する二人のヒロインをメインに紹介することにします。
dega210116-.jpg
一人目は1巻にも登場したフィーネ。国で一番の美女と名高い子です。アルの正体がシルバーと知る数少ない人物で、しかもアルの恋人?というのは許せない気が(笑)。今回は皇帝からもらった髪飾りが盗まれたので奪還する場面があります。もちろんアルが活躍するわけですが、そこは弟のレオに成りすまして(何しろ双子ですから変装が容易い)点数を稼ぐとは抜け目ありません。

そしてもう一人が──アルが会いたくなかった人です。近衛騎士にして「帝国の守護者」と呼ばれる超凄腕。何しろ五百年ほど前の魔王を討伐した勇者の血筋なのだから強くて当然でしょうね!
アルは割り当てられる近衛騎士にコイツだけは絶対に来て欲しくないと願ってた。あいつは悪魔みたいな女なんだから!
dega210116-1.jpg
その悪魔みたいな女性が来ちゃった!
その名はエルナ。幼馴染みにして帝国最強の剣豪。小さな頃に「鍛える」と称してのイジメに遭っており(アルにとってはイジメの範囲ということ)、故にいまだに苦手意識があるのですよ。
とはいえ帝国最強が陣営に加わったことからアル陣営は一躍 優勝候補に名乗り出ることに。まぁこれが原因で暗殺されかねるのですが、この程度でアルがやられるわけもありません。

騎士狩猟祭は無案の定、アルがトップに躍り出た。もちろんエルナの活躍に他ありません。ところが三日目になって異変が。予想もしてなかった第五皇子のカルロスが一位になったのだ。しかも 時同じくしてモンスター達の集団が移動して街に迫っていた。
dega210116-2.jpg
モンスターの集団に対抗できるのはエルナしかいない。そう思ったアルは狩猟祭を放棄してエルナを街に向かわせます。普段は慣れ親しんだ間柄の二人ですがこの時ばかりは大真面目。この態度にエルナも敬意を表して「全ての敵を殲滅してみせる」と誓うのでした。

執事のセバスと二人だけになったアル。さぁお楽しみはここからだ!
dega210116-3.jpg
二人だけになったのを見計らっていSS級冒険者のシルバーにチェンジ。狩猟祭は放棄したけど何もしないとは言ってない。暗躍してレオを勝利に導く行動に出るのだろう、きっと!

最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い (2) (角川コミックス・エース)
shiba201230.jpg
『コミックアライブ』連載、「魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画」の3巻です。
司波達也が中学三年の頃の物語。暗殺者・ナッツこと榛有希が仕事(暗殺)をしているところを達也に見られてしまい、有希は達也を消すことにする。が、達也が簡単に殺られるわけがなく、逆にやられてばかり。そこに四葉家の諜報部門担当の黒羽家が(とゆーか、達也大好きな黒羽文弥が「兄さんを傷つける奴は許さない」として)参戦。女装、いや変装した男の娘・ヤミとして有希と戦いを繰り広げます。
魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画 1巻 達也を狙う美少女暗殺者
魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画 2巻 男の娘・黒羽文弥が参戦す

shiba201230-.jpg
達也の通う中学に潜入した有希はヤミと遭遇。生徒たちに知られないようサイレントな戦いとなり、両者 怪我を負って有希は逃げ延びた。ヤミは達也に逃げられたことを詫びるも特に気にしてないみたい。そりゃ今まで何度も撃退してるからね。
shiba201230-1.jpg
そんな達也に顔を赤らめて「ワイルドな達也兄さんも魅力的だ」とヤミ。
あぁもうカワイイなぁ!
男とはいえ達也を尊敬し、力になりたいと頑張る姿が愛くるしいんだよねー。だからアニメ二期のラスト2話で文弥が登場したときは応援しちゃったよ。

失態を繰り返した有希に、彼女を雇ってる亜貿社は最後通告を突きつける。ヤミにも10名ほどの刺客が差し向けられるのですが、それを全て一人で片付けてしまうとは黒羽の次期後継者は伊達ではありません。むしろ刺客が居なくなったのをチャンスと見て、亜貿社を襲撃して社長を屈服させてしまうのでした。
shiba201230-2.jpg
達也に最後の戦いを挑んだ有希はまたしても敗退。飛んできた弾丸を素手で掴んで何事もないのだから驚くのも当然だ。まぁそれでこそ「さすがですお兄様」なのだけど。
捕らえられた有希はヤミと直接交渉へ。亜貿社が黒羽傘下に入ったことから貴女もそうしろと迫ります。断ったら記憶を消されるとなれば うなづくしかないわな。
shiba201230-3.jpg
ただし「私は四葉や黒羽に従うのではなく、ヤミ あんたに従う」とのこと。殺りあった仲だからこそヤミには心を開いてもいいとのことだろう。ただし後日になってヤミの正体が男だとわかって愕然。それが
あの外見で!? あたしより可愛いかったぞ!?
の発言になるわけで、有希にとっては屈辱だったに違いありません。

魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画 3 (MFコミックス アライブシリーズ)8
kensei201228.jpg
『がうがうモンスター』連載、「剣聖の幼馴染がパワハラで俺につらく当たるので、絶縁して辺境で魔剣士として出直すことにした。」の1巻です。タイトル長すぎるわー。

主人公・フィーンの幼馴染みで恋人のアルフィーネは誰もが振り返るほどの美女。それでいて国に三人しかいない「剣聖」の称号を持つ凄腕の剣士なのだから、フィーンにとって自慢の恋人と言え…ないんだよ、これが! 高飛車な態度で複縦を誓わせ、何かと罵詈雑言を浴びせる日々。
kensei201228-.jpg
我慢の限界を迎えたフィーンは恋人解消を告げると共に、辺境に行って冒険者として出直すことにしました。ここまで書いた時点ではアルフィーネが嫌な女にしか思えないけれど、去られたことを後悔しており 予算を度外視してフィーンを連れ戻すことにやっきになります。だから少なからずはいいところもありますよ。

でもフィーンの消息がわかんないんだなぁ。なぜなら辺境都市ユグハノーツに行って髪を切って染め、瞳の色もカラコンでチェンジ。名前も新たにフリックと名乗るようにしたことから、ちょっとやそっとじゃわからない別人になったからです。しかもこれが美形なので街の女性たちから好評というのは痛し痒しといったところか。

この街で冒険者登録したついでに魔力測定をするフィーン改めフリック。アルフィーネと一緒にいた時は剣が全てであり、魔法には興味ありませんでした。だから魔力なんて計ったこともなく、いざしてみたら──測定する水晶玉が壊れちゃったよ!? はい、実はフリックは剣士よりも魔術師のスキルが高かったことが判明します。
そこに現れたのは以前、水晶玉を壊したことのあるノエリア。辺境都市ユグハノーツの領主の娘にして、「無限の魔術師」と呼ばれるほどの魔力の持ち主デス。
kensei201228-1.jpg
ならば魔力比べをするのがお約束というもの。いざしてみれば…ノエリアの方がハァハァ状態に! 「なにこの量は…普通じゃない」「私の…魔力量を超えてくるの」と、まるですごく…大きいですみたいなことやってますよー。
これによってノエリアはフリックに夢中となり、ストーカーまがいな行動まで起こします。なので魔獣?への対応が遅れてフリックに助けられるのですが、これが二人の仲を接近させることに。
kensei201228-3.jpg
魔力があっても魔法が使えないフリック。だからお礼に魔法の練習の講師をしてくれないかと頼みます。これをもちろん快諾するノエリア。好きな人から頼まれて嫌なわけがないし、フリックとしてもこの都市で一番だろう魔術師の教えを受けられるのは名誉ですしね。
kensei201228-2.jpg
でもフリックの魔法量はハンパじゃなかった!
ほんの軽く「火の矢」程度の炎を放とうとしたら、上級魔法の「終末の光」級の炎が出ちゃって周辺一面が更地になっちゃった! いやはや、ノエリアが魔法の師匠になって正解ですわ。

剣聖の幼馴染がパワハラで俺につらく当たるので、絶縁して辺境で魔剣士として出直すことにした。(コミック) : 1 (モンスターコミックス)
aku201220.jpg
『コミック百合姫』連載、「私の推しは悪役令嬢。」の1巻です。
お馴染み「小説家になろう」の連載作のコミカライズになります。中小企業の社畜としてこき使われていたOL・大橋零の唯一の楽しみは乙女ゲーム。ある日、その世界のヒロインであるレイ=テイラーとして転生してしまいます。そこのところの詳細はないけれど、恐らく過労死が原因なのだろう。でも本人自身が全く気にしていない、むしろこの世界を楽しんでいることから気にする必要はナッシング!

さて、乙女ゲームなのだから本来なら攻略対象となる男性たちと仲良くなるのが普通でしょう。でもレイは違いました。
aku201220-.jpg
レイが好きなのはライバルとして登場する悪役令嬢のクレア! よりによって何故? と思うのだが「好きなものは好きだからしょうがない!!」(ってタイトルのBLがあったなぁ)。つーか連載誌が『コミック百合姫』なのだからこういう展開になるのが普通だよね!
だから 突き飛ばされたり踏まれたりする定番の嫌がらせをされても嫌じゃない。むしろ「もっとやって」と言うほどなので、クレアの方が気味悪がるというか嫌になっちゃうのが常なんです。

そこでクレアが一計を案じたのが試験。今度ある試験(教養・礼法・魔法力)で負けたら学院を去るという勝負を仕掛けてきました。無論 勝算あってのこと。私は貴族でレイは平民、識字率の低い平民が貴族の私に勝てるわけが無いという算段です。
aku201220-1.jpg
ところが
・教養 レイの勝利 ゲームに登場するイベントで、やり込んでいたレイは問題を知っていた
・礼法 クレアの勝利 優雅なクレアの作法にレイが見とれて減点されたから
・魔法力 レイの値が測定不能 これは転生者のチート能力なんだろう。普通なら四つある魔法属性の一つだけを会得するところを、レイは二つ持っている。なので魔法力が振り切れてしまったというわけ。

測定不能ならば判断がつけられない。よって1対1で引き分けという結果となり学院を去ることは無くなったレイ。でもこれによって本来の攻略対象の一人である第一王子のロッドから興味を抱かれてしまい、それが物語にどう絡んでくる?

クレアにとって忌々しい存在のレイ。後半はそのレイがクレアの お付きメイドになるという展開。
aku201220-2.jpg
だから風呂に入る時や着替える時も一緒。もう鼻血ダラダラ流し放題ですよ! ちなみにメイドになれたのはクレアの父親を脅迫したから。これもゲームをやっていたからこそで、知られてはマズイ情報を知ってたんですね。
aku201220-3.jpg
これによってより近い存在になれて嬉しいレイ。片や嬉しくないクレアですが、巻末では↑のようにまんざらでもない顔になってることから二人の仲は良くなる…のかな??

私の推しは悪役令嬢。: 1【イラスト特典付】 (百合姫コミックス)
geass201129.jpg
『コミックニュータイプ』連載、「コードギアス 復活のルルーシュ」の1巻です。
タイトルだけなら2019年初頭に劇場公開された「コードギアス 復活のルルーシュ」のコミカライズと思いきや、劇場版三部作(興道・叛道・皇道)との空白期間を描くオリジナルストーリー。もっとも話が進めば映画を辿ることになるでしょうけど。
読んでいて「スゲー!」と思ったのが絵が上手いこと。まるでアニメの作画監督が描いているかのようなアニメ絵そっくりなことに驚きました。さすが「コードギアス 反逆のルルーシュ Re;」も描いていただけのことあります。

ゼロレクイエムから数か月。世界は復興に向けて動き出していた。これというのも「世界中が憎むべき悪逆皇帝ルルーシュが倒れた」ことが引き金であり、倒したゼロは世界的英雄に。だがカレン及びごく一部の人々は知っていた。それはルルーシュによる計画だったことを…

扇首相とヴィレッタ先生との結婚披露宴が催され、久しぶりに集まった一同。もちろんゼロやナナリーもいます。「双貌のオズ」のキャラまでいるのは個人的に嬉しいぞ。カレンはゼロが一人きりになったのを見計らって声を掛けた。
geass201129-.jpg
それは平和になったことへの感謝。もちろん中身はルルーシュではなくスザクと知ってのことですが、それは決して口にできません。
♪だーれも知らない 知られちゃいけーないー ゼロの正体が誰なのかー
 何も言えない 話しちゃいけなーいー ゼロの正体がだーれーなのーかー
(今日もどこかでデビルマンの曲調で)
ちなみにナナリーももちろんスザクだと知ってるけど、人前ではそうしません。そこのところがもどかしいんだよなー。

けれど平和を願う希望が打ち砕かれる事態が発生。元日本解放戦線の生き残りである坂東が空港を制圧して四千人もの人々を人質にして立て籠もったのだ。これというのもゼロへの恨み。かつて共闘を持ちかけたけど拒否されて草壁中佐と片瀬少将を失ったことへの復讐だ。
主犯が坂東と聞いてスザクは驚く。小さな頃、剣の師範をしてくれた人だったので信じたくありません。けれど討たねば人質が危ないわけで、再びナイトメアに乗ることに。
geass201129-1.jpg
こんなこともあろうかと! ラクシャータは新機体を用意してました。紅蓮聖天八極式と同等の能力を持つ、漆黒のランスロット。その名もランスロット・アルビオンゼロ。はい「反逆のルルーシュ外伝 黒のアルビオン」に登場したやつですね。白ではなく漆黒なのはゼロの専用機体であることを知らしめるためなんだろうな。

その圧倒的機動力で反乱軍は瞬く間に全滅状態。坂東に投降を迫るも、ランバラルのように爆薬を抱いて自爆してしまいました。でも本人は満足して散っていった。なぜなら飛んでいる飛行機のデータを改ざんし、三機が空中衝突するように書き変え済みだったからだ。残された時間は50秒。この僅かな時間内でスザクは解決しちゃうんですよ、信じられないけど。
geass201129-3.jpg
助かった親子を見てスザクは喜びます。が、その親子は色は違うけどランスロットなことに気付いて嫌がるように立ち去った。ランスロットは忌まわしいルルーシュの片棒を担いでいた機体だったことから、嫌なイメージしか残ってないからだ。その現実をまざまざと見せつけられたスザクは、まだ平和が遠いことを知らされるのでした…
geass201129-4.jpg
で、この二人もチョイ役で登場。右は本編の重役を担うシャムナ。コード継承者になったけれど未完全だったという場面。左は魂の無い状態のルルーシュ。どうやって正気に戻るのかは映画を観てください。

ところでコードギアスはまだまだ終わりません。ルルーシュの誕生日である12月5日に新たなプロジェクトが発表されるとのことで、これは楽しみでしかありません!

コードギアス 復活のルルーシュ (1) (角川コミックス・エース)
majo201118.jpg
『週刊少年マガジン』連載、「魔女に捧げるトリック」の1巻です。
「リアルアカウント」の渡辺静の最新作。母親がマジシャンだった針井マキトが主人公になります。マキトが6歳の時に手品を見て「お母さんは魔法使い?」と勘違い。まぁそれは後に手品だとわかるのですが「僕も魔法使いになりたい」と必死に練習。その甲斐あって少年にして"天才マジシャン"と呼ばれるほどの腕前に成長します。ただし甘やかされて育ったため性格は最悪だけどな!
majo201118-.jpg
世界的なマジシャンになったものの6年前に母親は他界。以後、ワガママぶりは悪化すると共に手品に対する情熱は薄れ、これが最終公演となりました。最後の演目・炎からの脱出マジックで波乱が起きます。トリックを使った炎のハズなのに、本物の炎に包まれる。死を覚悟して目覚めたら…風景が変わってた。中世ヨーロッパ風な建物に甲冑を着た兵士たち。これはまさか異世界転生ってやつなのか!? マキトは喜んだ。ならば魔法もあるに違いない、憧れの魔法使いに会える(なれる)かもしれないとワクワクが止まりません。
majo201118-1.jpg
が、それが違っていたことが発覚。自分を介抱してくれた少女・ミアが魔女として捕らえられて拷問を受けていた。先端が引っ込むよう偽装した錐を心臓に刺しこみ「出血がなく痛みも無い。これが魔女である証拠」として魔女と断定されてしまう。
間違いない、ここは異世界なんかじゃない! 中世ヨーロッパ風ではなく本当の中世ヨーロッパ時代。それも「魔女狩り」として無実の女性が何百人と殺された暗黒時代だと知るのでした。

ミアは死に至る病を抱えた子供を必死に看護。薬を調合して助けようと努力するも死んでしまった。それを「毒薬を飲ませて殺した」と間違えられて魔女と認定されてしまったのだ。性格は最悪ながらそのような真実を知ったマキトは、大掛かりな脱出マジックを使ってミアの救出に成功します。ただしマキトの風貌・髪型から「悪魔」と思われてしまったのは、後になって功を奏すことになります。

マキトは自分は未來から来たこと、魔法ではなくマジックを使ってること、そして魔女なんてこの世にいないことをミアに説明。日本だって戦時中まで天皇は神であり、イザナギ・イザナミが国を作ったと本気で教えていたのだから、中世の人が「魔女は実在する」と思っていたところで不思議じゃないですね。
majo201118-3.jpg
その後、イカサマして美人の奥さんや金品を奪っていた悪党に怒りの制裁。トリックを逆に利用しての1000倍返しに成功して大金と家までゲットだぜ。当然イカサマだと言ってくるも、↑のような現代のマジックを惜しげもなく披露したら魔法使いと勘違い。凄みを効かせて脅してみたら泡食って退散ですわ。

あー、クラークの第三法則みたいなものか。「十分に(高度に)発達した科学は、魔法と見分けがつかない」というのがあるのですよ。この時代のトリックは現在では十分に研究し尽くされているので知っている。けれど現代のマジックはどうしてそうなるのかわからないものが多い。この時代の人にとって現代のマジックは魔法そのものに見えたのでしょうね。

不可能を可能にしてみせる それがマジックだと聞かされてミアは決意する。魔女狩りを止めたいと。無実の人が魔女と見なされて殺される負の連鎖を断ち切りたい、だから力を貸して欲しい。これにマキトは最初は乗り気じゃなかったけれど、また新たな魔女狩りの卑劣な手口に決意する。
majo201118-2.jpg
魔女と見なされる子は何らかの技能・技術を持っている(ミアは薬の調合ね)。そういう技術を持ってるスペシャリストを集めて魔女狩りを止めようというのだ。具体的に何をやるかは知らないけれど、面白いものを作るのは間違いなさそうだから楽しみです。

魔女に捧げるトリック(1) (週刊少年マガジンコミックス)