girls191123-4.jpg
『月刊コミックフラッパー』連載、「ガールズ&パンツァー 劇場版Variante」の5巻です。
5巻にして初紹介。ガルパン劇場版のコミカライズになります。といっても映画をそっくりそのまま描いてるのではなく、個人の描写を丁寧にしたり、切り口を変えて描いているので新鮮味が感じられる内容になってます。

大学選抜チームとの試合がいよいよ始まった。大洗は他校の力を借りて相手と同じ30輌の戦車で挑みます。急造チームでありチームワークに問題が無いといえば嘘でしょう。
girls191123.jpg
けれどここに集まった者たちは大洗を、西住みほを助けたいと思って集まりました。我ら生まれた日・時・学校は違えど志は同じ! と、桃園の誓いのように聖グロ・黒森峰・サンダースの隊長はこの戦いに全力を尽くすことを誓います。
幸先よく高台(カチューシャいわく203高地)を制した ひまわりチームでしたが、謎の大爆発によって数輌が撃破されてしまいます。これこそカール自走臼砲の600mm砲弾の威力! もし直撃していたらただでは済まないでしょうよ、いくらカーボンで覆われていようともさ。
girls191123-.jpg
一発も撃てないままリタイアしてしまった小梅。みほが黒森峰を去る理由を作ってしまっただけに、全く活躍できなかったことを悔やみます。それでも何か役に立ちたいと、コインを立てて大洗の勝利に願掛け。映画には無かった漫画オリジナルの演出であり、こういうところが当作品の魅力なんですよ!

高台を追われた ひまわりチームは たんぽぽチームとの合流を目指して敵前突破。大学選抜がそれを見逃すわけもなく、愛里寿はカチューシャへの集中砲火を命じた。この危機から逃すためクラーラやKV-2・ノンナまでもが行く手に塞がります。まるで関ヶ原で島津義弘を逃すために使った「捨てがまり」のようだ。
girls191123-1.jpg
また彼女たちは闇雲に応戦したのではなく、撃破されようともこれ以上は進ませないよう道路を塞いでたのです。カチューシャにそれほど求心力があるのかわからないものの、慕われているのは間違いないみたいだね。

そしてこの5巻の最大の見せ場である対カール自走臼砲戦。あひるさんチームが「殺人レシーブ作戦」を決行するもCV-33はカールまで届かず。でもひっくり返ったまま履帯を稼働させたことで加速ジャンプ台になりました。
girls191123-3.jpg
これを使ってカメさんチームがジャンプし、マズルを狙っての一発勝負に勝利。見事カールを討ったのでした。
これを見ていた役人は「反則じゃないのか」と言うけれど、カールを持ち出したことこそ反則だろう!と思わずにいられないね。
girls191123-2.jpg
そして5巻になって初めて取り上げた最大の理由が継続高校の戦いっぷり。短時間で3輌も撃破します。しかも最後の一輌になって履帯が切れるも、「天下のクリスティ式 なめんなよ!」と装輪走行で戦闘を続行。今度はその装輪が破壊されても片方の装輪だけで走り続けるというのは驚異でしょう。ミッコは将来、高橋レーシングに入って片輪走行のアクションをしようよ!
ガールズ&パンツァー 劇場版Variante 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
ガールズ&パンツァー 劇場版Variante 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
スポンサーサイト



shiba191122.jpg
『コミックアライブ』連載、「魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画」の1巻です。
これは達也がまだ中学生だった頃の物語。主人公は17歳にしてスゴ腕の暗殺者である、ナッツと呼ばれる少女です。標的を殺るには苦手な色仕掛けも止む無し! おっぱいを揉まれながらも暗器を取り出してサクッと一丁上がりです。ところがこれを通りすがりの中学生・達也に見られてしまうのですよ。その達也は声を出さないばかりか死体の横を通りながらも一向に意に介しません。まるで見えてないかのように。

焦ったのはナッツ。暗殺者が現場を見られるなんてあってはならないこと。すぐさまその中学生を口封じするため接近するのですが…気が付いたら地面に突っ伏してました。
shiba191122-.jpg
え? 何が起きたの? 自分がどうして倒されたのかわかりません。達也は冷静に冷酷にナッツを見下ろし、ナッツはその実力差を思い知る。だめだ…勝てる相手じゃない。運よく仲間のクロコが救助に来たので事なきを得るも、このまま放っておくなんて暗殺者のプライドが許しません。とゆーか、通報されるわけにはいきませんからね。
でもね、その達也は今からスパイを10人ほど殺りに行く途中で出くわしたことであり、とても警察に通報できる立場じゃなかったんだな。これが(笑)。
shiba191122-1.jpg
数日後、暗殺組織の力を借りてあの中学生が司波達也だと突き止めた。ナッツは用意してもらった制服を使って達也の素性を探ろうとします。が、達也が気配を察知するのは当然なわけであり、ナッツはまたしても退散するしかありませんでした。
shiba191122-3.jpg
そのナッツですがやはり17歳の女の子。パンケーキを食べて満面の笑みを浮かべたり(画像左)、カワイイ寝顔が見られたりと(画像右)、戦い以外の姿を描いてくれてるのは好感が持てますね。何なら露出の多い姿を描いてもらっても私はいっこうに構わん!
shiba191122-2.jpg
一方、達也は自分が標的になってることを十分理解しており「必要になれば消します」と冷静に報告。この「消す」とは殺すという意味ではなく「肉片一つ残すことなくこの世から消滅させる」という意味。それを涼しい顔してやっちゃうのだから怖いわー。
shiba191122-4.jpg
達也の危機というわけで分家の黒羽文弥も参戦。黒羽は諜報・工作をは生業としており、文弥は仕事中は女装して姿を変えるのが恒例なんです。つまり男の娘ですわ。文弥にとって達也は憧れの存在。だから「そんなヤツはこの手ですぐにでも──」と、殺る気満々。達也にとっては頼もしい助っ人になることでしょう。もっとも達也の力量ならば加勢なんて必要ないんでしょうけど!
魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画 1 (MFコミックス アライブシリーズ)Kindle版
arashi191120.jpg
『コロコロアニキ』読み切り掲載第2弾、「ゲームセンターあらし」です。
去年の『コロコロアニキ』冬号でも掲載された「ゲームセンターあらし」が約一年ぶりに新作で登場。その時の記事は↓ね。
特別読み切り「ゲームセンターあらし プロゲーマー編」 35年ぶりにあらしが帰還

宇宙から帰還した あらしたち。折しも時代はeスポーツ興隆期で、国体やアジア大会でも正式競技となっていた(という設定です)。今日の あらしは全日本ゲーマー選手権に出場して無難に予選を突破。決勝の「鉄拳7」でもエレクトリックサンダーや炎のコマを使いこなして優勝を飾ります。
が、この結果に異議を唱える者が居た。審査委員長の山嵐だ。かつて あらしと名前が似ていることをいいことに、子供たちにインチキな必殺技を教えて高い月謝を取っていたインチキゲーマーです。でも審査委員長となってるからには心を入れ替えたということか?
arashi191120-.jpg
俺のことをインチキとか言ってるが あらしの必殺技こそインチキでペテン! 手をすり合わせて摩擦電気を発生させ、CPUに異常を起こさせるエレクトリックサンダーの どこがスポーツだと言うのだ? 炎のコマも摩擦熱による高熱でCPUをオーバーヒートさせて異常動作を引き起こしている。これすなわちインチキでなくして何とする!
正に正論! あらし自身も少なからず認めているのでしょう、返す言葉が見つからず うなだれるしかありません。

けれど完全な違反とも言い切れないわけで、来週に わしのゲーム道場の門下生と戦って勝ったら優勝を認めると言ってきた。もちろん あらしは勝負を受けるわけですが、その対戦ゲームはゲーム電卓ときたもんだ!
ゲーム電卓…懐かしいですね。そもそも電卓にゲーム機能を取り付けた発想が素晴らしい! どんなものか知らない人は↓をご覧ください。
ゲーム電卓(カシオ公式)
arashi191120-1.jpg
早速 貸してもらった電卓を使って練習を始めます。高得点を狙うには10の倍数で数字を消していくこと。そうすればn字型UFOが出現しますからね。けれど あらしは数字が苦手。5+7が10とか 6+2が10など、一桁の足し算すら わかりません。
ならば数字が出現したら すぐ消す方法しかありません。でもあまりに高速でボタンを連打すると炎のコマになってしまい、基板から煙が出てしまう。いったいどうすれば…でも俺にはインベーダーキャップがある! このキャップに染みついている霊力が俺を助けてくれるハズだ!
ところが これを聞いていた者がいたとは あらしは知りませんでした。

一週間後。山嵐の門下生とは40年前に同じくゲーム電卓で戦った、戸符一郎の孫である三郎でした。山嵐といい戸符といい、昔の仇を討つつもりなんだろうね。こうして二人の戦いは始まりました。確実にn字型UFOを出現させて高得点を狙う戸符と、素早い連打で出た数字をすぐ消していく あらし。経過は戸符がややリード。あらしはまだ俺にはインベーダーキャップがあると強がるも、その手は通用しないと山嵐。なぜならキャップは山嵐が持っているからだ!
arashi191120-2.jpg
犯人は母ちゃん! 介護施設にいる父ちゃんの費用の足しにするためインベーダーキャップを売ってしまったとのこと。何か前回から母ちゃんは敵に回ってるよね。
ちなみに山嵐はキャップを戸符に被らせようとするも、本人は拒否。あくまで自分の実力で勝ちたいとする姿勢には好感が持てました。まぁ全然洗っておらず汚く臭うキャップなんて被れるかぁ! ってな気持ちもあったんでしょうけど(笑)。

キャップを失った あらしは逆に闘争心が燃え上がって一層激しくボタン連打するも、またしても煙が出てきてペースダウンに追い込まれる。そこでもって母ちゃんの激しいヤジを受けて堪らず泣き始めたよ。
arashi191120-3.jpg
それも瀧のような号泣!
これにより煙は消えてボタン連打しても大丈夫になったことから猛追が始まります。あのーでもさ、今度は涙による漏電の危険性が増していると思うのだけれど…それは考えちゃダメなんでしょうか??
そしてタイムアップ! 結果は──8290点と8320点の30点差で あらし勝利となりました。
早速 山嵐は「お前のようなヤツは破門だ」と、戸符を蹴って罵倒する。余程悔しかったのだろう、地が出ちゃいましたね。これにより あらしはプッツンだぁー!
arashi191120-4.jpg
エレクトリックサンダーをスタンガンよろしく見舞うことで溜飲を下げた あらしだったとさ。今回の掲載で あらしは昭和・平成・令和の三時代に掲載した漫画となりました。月曜の夜7時に日テレ系でアニメ放送してたんだよねー。
renkin191115.jpg
『マンガUP!』連載、「冒険者をクビになったので、錬金術師として出直します! 〜辺境開拓? よし、俺に任せとけ!」の1巻です。タイトル長げーよ!
『カクヨム』連載のラノベのコミカライズ。冊子版は2巻まで出てます。

魔術師のクラフトはまたしてもパーティーをクビになる! 魔術師の証拠である紋章も手首の甲にあるけれど、繰り出す魔法は役立たずのレベルばかりで全く戦力にならないからだ。途方に暮れて冒険者ギルドに相談したところ、ベイルロード辺境伯の領地に開拓村を作ることになったので行ってみないかという誘い。まぁ悪く言えばお払い箱というわけだ。

冒険者として無能ならば転職も止む無し…心機一転して生産ギルドの門を叩くわけですが、そこで思いがけない展開が待っていた。魔術師の紋章を紋章官に見せたところ、全く相性が悪いものとのこと。だから魔術師としては役立たずだったわけね。では本来の適正ある紋章は何かというと錬金術師。
renkin191115-.jpg
しかも錬金術でも伝説級の上位職である『黄昏の錬金術師』だそうだ。こうして『黄昏の錬金術師』の紋章を得たクラフトは開拓団の一員として旅立つことになります。
renkin191115-1.jpg
その仲間となるのがこういった人たち。
右は開拓村の生産ギルドのギルド長となるリーファン。若い女の子に見えるけれど土小人(ノーム)の血が入ってるから若く見えるだけで、実際は結構な年齢らしい?

左は開拓団の責任者となるカイルと、その妹のマイナ。実は辺境伯の跡継ぎの権力争いで、陰湿な次男から開拓村行きを命じられました。開拓に失敗したら全責任を負わせて跡継ぎ候補から外そうという魂胆だ。クラフトはカイルを見て つい先日までの自分だと想いを寄せる。そこで次男に対して「大手振って凱旋してやるから首洗って待っとけ!!」と啖呵を切ってみせました。かっこいいぜ!

で、出発前にいきなり『黄昏の錬金術師』の能力をお披露目。空間収納魔法で大量の荷馬車の荷物を収納してしまい、開拓団は大助かり。荷物が少なければそれだけ移動する距離が稼げるし、何より費用が安く済みますからね。
renkin191115-2.jpg
更にスタミナポーションを作れば伝説級の品質に向上。1000年経っても品質が劣化せず、専用の瓶に入れれば10億年!も劣化しないとか。それを口にした開拓民が上の画像。移動に疲れてバテバテだったものが元気爆発ガンバルガーになっちゃいました。このポーションのおかげで開拓地まで一ヶ月かかる予定だったものが一週間で着いてしまったとさ。

その後も開拓地で30匹以上のオークを瞬時に氷漬けにするとか、ヒールポーションを作って重傷者を瞬時に治すなど、その実力を大いに発揮していきます。
renkin191115-3.jpg
これは刃物にシャープネスオイルを塗ったら切れ味が格段に上がり、木の枝どころか木の幹まで斬ってしまったところ。このようなトンデモ品を作っていくクラフトに期待せずにいられません。
冒険者をクビになったので、錬金術師として出直します!  ~辺境開拓?よし、俺に任せとけ! (1) (ガンガンコミックスUP!)
冒険者をクビになったので、錬金術師として出直します! ~辺境開拓?よし、俺に任せとけ! (1)
冒険者をクビになったので、錬金術師として出直します! ~辺境開拓? よし、俺に任せとけ! 1巻 Kindle版
ara191101.jpg
『月刊Gファンタジー』連載、「アラフォー男の異世界通販生活」の1巻です。
お馴染み「小説家になろう」の連載作。書籍版は3巻まで出てます。アラフォー手前のイラストレーターのケンイチはスローライフを求めて田舎暮らしを始める。が、なぜか突然 気が付いたら森の中に立っていた。ここどこ? 金も無ければ武器となるものも無い。もし熊にでも襲われたらOUTだぞ。けれどこれってもしや異世界ってやつ? 半信半疑で手を前にして「ステータスオープン!!」ってやってみた。
ara191101-.jpg
マジで出ちゃったよ
シャングリ・ラとはケンイチもよく使ってるネット通販サイトのこと。日用品はもちろん自動車や重機まで売ってる大手です。開いてみれば本当に買える。しかも品物の査定や買い取りまでしてくれるから換金しての現金化も可能なのだ。帰れる術が無いならばこれを活用してこの世界で暮らすしかない! というわけで街に出て商人として暮らすことになりました。

活動拠点として18歳の可愛いアザレアが店番をしている宿屋に来たケンイチ。商売を始める前にこの世界の文字や常識を教えて貰い、その代わりに似顔絵や甘いお菓子をプレゼント。もちろんこの世界には無いキャンディです。
ara191101-1.jpg
そしたらいきなり脱ぎ始めましたよ!? 私が貰い過ぎるからと、身体で支払うというわけだ。口では拒否しても身体は正直。結局そのままアザレアをいただいちゃいましたー! 羨ましい! そういう店に行ったって18歳の子と体験できる機会なんてほとんど滅多に無いからね。経験者は語るけど(笑)

翌日、商業ギルドで登録を済ませていよいよ商売開始。あらかじめリサーチしておいた商品を並べたけれど、予想外にヒットしたのが洗濯バサミ。地球では何気ないものでも、この異世界では木でも金属でも加工技術がまだ未熟なために優れた逸品なんですね。どこかのメイドがまとめて100個購入と共に(ちなみに200個入りで1000円で購入したものを2個1000円で売ってます)、金剛石(ダイヤモンド)と見間違わんばかりのガラスのネックレスに注目。その日は取り置きにしました。
ara191101-2.jpg
後日、雇い主だろうお嬢さんが来て商品の出来栄えに目を見張る。そりゃこの世界では絶対に手に入らないものだから興味を持つのは当然だね。彼女は是非 父親に会って欲しいと頼みます。彼女はこの街でも有数の大店であるマロウ商会の娘・プリムラだったのです。
ara191101-3.jpg
マロウ商会の店主と会ったケンイチは二つ返事で商品を下ろす契約を結びます。お客相手に毎日店を広げなくとも、売り値の5倍で買い取ってくれるここに売るだけで ひと儲けできるからだ。また大手とコネを持つことが今後の商売に役立つのは間違いありませんから。
こうして大金を手に入れたケンイチはログハウスを通販で買って(組み立ては自分)念願のスローライフを手に入れた。ドラムカン風呂に入りながら夜空を見る行為はさぞ至福なことだろう。そんなケンイチを慕ってか、プリムラさんが来ちゃいました。
ara191101-4.jpg
改めて自分の理想を語ります。お金儲けよりも静かにと。暮らして美味い飯を食いたい…と。でもケンイチはこの先、プリムラさんが大変なことになることをまだ知るハズもありませんでした。
アラフォー男の異世界通販生活(1) (Gファンタジーコミックス)
アラフォー男の異世界通販生活(1) (Gファンタジーコミックス)
アラフォー男の異世界通販生活 1巻 (デジタル版Gファンタジーコミックス)Kindle版
cham191024.jpg
『週刊少年チャンピオン』連載、「チャンピオンズ」の2話
私が尊敬する漫画編集長は二人います。一人はジャンプの発行部数を飛躍的に押し上げた三代目編集長の西村繁男。そしてもう一人が今回取り上げるチャンピオン二代目編集長の壁村耐三。先週から始まったチャンピオンの歴代編集長を漫画にする「チャンピオンズ」において、この人が登場するからには取り上げないわけにはいきません!

強面で ほぼヤクザ、ほとんどヤクザと思われるのが壁村。「ブラック・ジャック創作秘話」では編集長の机の上で水虫をマッチの火で焼く姿が描かれてました。編集部員は一同に怖かった印象が残っているようで、若手なんてウイスキーのツマミと氷の購入の使いっ走りをさせられていたようだ。
少年チャンピオンの二代目編集長になったのは1972年。その際、社長に「オレは徹底的にやりますよ」と話して認めてもらい、実行したのが初代編集長・成田が立ち上げた漫画をことごとく終了させたこと。「痛み無き改革は真の改革にあらず」の言葉を文字通りに執行したということ。もちろん編集部員は腹が立ったそうだけど、壁村の真の改革はここから。
cham191024-.jpg
一話完結ものの導入です。大物作家だろうが若手だろうが同じルールで作ってもらうとのこと。またもっと子供の目線で物事を見ろ、それをやってくれるのなら全責任は俺が持つ! この言葉で編集部員の空気が変わったらしい。後に名物編集長と言われるだけに人心掌握術が長けていたようですね。

一枚岩となった編集部は空気の流れが良くなり、一人の編集部員が頭角を現してくる。それが三代目編集長となる阿久津邦彦。オヤジ雑誌に描いていた山上たつひこに目を付けて壁村の認をもらう。本人は刑事コロンボみたいなものを描きたいと言い、阿久津はギャグ漫画を希望。そこで出来たのが!
cham191024-1.jpg
がきデカでした!
何を隠そう、私が自分のお金で初めて買ったコミックスこそ がきデカなんです。この当時大人気だったんですよ。これにあやかって秋本治は「山止たつひこ」の名前でデビューしたことは語るまでもないでしょう。
cham191024-2.jpg
阿久津はその後も つのだじろうや、鴨川つばめを招へいして「恐怖新聞」「マカロニほうれん荘」をヒットさせ、水島新司「ドカベン」と共に70年代終盤の黄金期を確立させます。でも私がいま一番言いたいのは右下のキャラ。
cham191024-5.jpg
ふたりと5人じゃないかー!
つい先日亡くなった吾妻ひでおですよ。へー、チャンピオンには阿久津の勧誘で来たのですか。私が 初めて見た吾妻ひでおの漫画がこれ。懐かしいなぁ。

そして壁村といったら忘れちゃいけないのが手塚治虫との関係。でも当初は考えられないことをしたそうです。新入社員の時に原稿を取りに行ったけれど何十時間と待たされた。後から来た他の編集員に原稿が渡されたことに腹を立て、手塚にヅカヅカと歩み寄り…
cham191024-3.jpg
勝手にコソコソすんじゃねーよ!
と、手塚の頭をバチンと叩いて帰ってしまったそうだ。その後、社長と二人で謝りに行くのだけれど、これがきっかけで秋田書店の原稿は遅れなくなったとのこと。怪我の功名というかなんと言うか、これも壁村の人柄の成せる業なんでしょうね。

73年になって手塚は虫プロ商事と虫プロダクションが倒産して どん底状態。少年サンデーに原稿を持ち込んでもダメだったという低迷期でした。そこに手を差し伸べたのが壁村。「死に水をとる」格好で連載を始めたのが「ブラック・ジャック」。当初は数回で終わるつもりだったけれど、約10年間で全242話に及ぶ人気作になろうとは誰が思っただろう。

前述の漫画と「ブラック・ジャック」も相成って、1979年新年合併号には発行部数250万部を達成。この時期の少年週刊誌で一番売れたのはジャンプでもマガジンでもありません。チャンピオンなんです!
cham191024-4.jpg
その最たるエピソードがこれ。編集部員がスキーしに深夜特急に乗った際に1車両だけ積み荷で一杯だった。それは見渡す限りの週刊少年チャンピオン。これを見て涙が止まらなかったそうだ。今ではトラック輸送だろうけれど、こうやって地方に運ばれていたと思うと それだけで物語が書けます。

このようにチャンピオンの黄金期を築いた壁村耐三。1981年まで9年間編集長を務めるわけですが、まさか85年に二度目の編集長に返り咲くとは思いもしなかっただろうね。
kanzen191019.jpg
『Comic Walker』連載、「完全回避ヒーラーの軌跡」の1巻です。
お馴染み『小説家になろう』連載作のコミカライズ。書籍版は25日に5巻が出ます。
大学生の桜井広希は他の二名と共に突然 異世界に召喚された。例によってテキスト通りに魔王を倒してくれと言い渡されるんだけど、王様はやたら威張っているのでその気になれないのは当然か。
kanzen191019-.jpg
ステータスを開けば回復以外は全て1という偏りぶり。職種はプリーストだけれど、あえて下位職種のヒーラーを名乗ります。だって素直に言ったら期待されるに決まってるしね。ちなみにこの世界ではステータス値が50を超えれば一流クラス。なので回復が100もあるヒロキは(回復だけは)超超一流になります。

そこで更にステータスポイントが50あります。普通だったら攻撃なり防御に振り分けるでしょうが、ヒロキはそんな普通なことはしたくない。攻撃を全て避けてしまえば防御ポイントいらなくね? との考えから50全てを回避に注ぎ込みます。これなら敵の攻撃を受けることなく仲間を回復できるとして。

けれど王様はこの行為を愚行として激怒! ヒロキを牢屋にぶち込みます。回復値が100もあることを言わなかったこともあるけど、どうやらこの世界において回避値はあまり認められてないみたいですよ。
ま、翌日には他の召喚者の助力もあって出られるのですが この世界を見てみたいとの理由からヒロキは旅に出るのでした。
kanzen191019-1.jpg
旅先で働くなら やはり冒険者になるしかない。冒険者ギルドに登録してみるも、ここでも回避値は認めてもらえず誰もパーティーに加えてくれません。だったら一人で行くしかないじゃん! ってことで、ヒロキは一人キャンプならぬ一人パーティーでいざダンジョンへ。
スライムやら巨大ネズミが襲ってくるも回避しまくるヒロキ。前述しましたが50あれば一流クラス。よってヒロキは"一流の回避能力者"なので魔物なんてカスリもしません。
kanzen191019-2.jpg
それはラスボスだって同じこと!
当たれば即死だろう棍棒をことごとく避けまくってボスは混乱。その隙にラスボスの間を通り抜けて奥の部屋にあった宝箱をゲットだぜ。ちなみにヒロキは攻撃力は1のままなのでスライムを倒すことさえ出来ません。それでいてラスボスを相手にしないのだから、強いのか弱いのかよくわからん…綿密に言えば敵とは全て「引き分け」という判定らしい。
kanzen191019-3.jpg
持ち帰った宝は何も書かれてない本でした。でもこれはスキルを獲得できる書で、かなりの値打ち物。でもヒロキはスキル獲得を優先します。そこで得たのが「シールド」。これは仲間を防御するのに最適なスキルですが、肝心のパーティー仲間がいなければ宝の持ち腐れというもの。果たしてヒロキとパーティーを組んでくれる人は現れるのだろうか!?
完全回避ヒーラーの軌跡 1 (MFC)
完全回避ヒーラーの軌跡 1 (MFC)
完全回避ヒーラーの軌跡 1 (MFC)Kindle版