uma210409.jpg
『週刊ヤングジャンプ』連載、「ウマ娘シンデレラグレイ」の37R
東京レース場の本バ場入場したオグリキャップとタマモクロス。オグリが勝てば前人未到の重賞7連勝、タマモが勝てば史上初の天皇賞春秋連覇。どちらが勝っても歴史的大記録であり、12万人の観客の眼は彼女たちに注がれていた。
タマモのトレーナーである小宮山は、後方からの追い込み戦法に変えたことで勝ち始めたことを振り返る。今の彼女の後方一気はおそらく現役最強だ。
uma210409-.jpg
六平から調子を訊かれて「今日のタマちゃんは一味違いますよ」と、自信を持って答えます。

こうしてレースはスタート! 先行してレースを引っ張ると宣言していたトップシュンベツ(トウショウサミット)が出遅れた代わりに、早々と逃げでリードをとるのはロードロイヤル(レジェンドテイオー)。前回、腕を組みながら「手の内はバレてない」と意味深なことを言っていたけど、やはり逃げでした。「逃げて逃げて逃げまくる」と意気込むものの、ソレって意味深な風に言う戦法ですかね?

そして意外や意外、このウマ娘が二番手に来ました。
uma210409-1.jpg
タマモクロス! これには多くの人が驚きます。普通ならば後方からの追い込みタイプなのに、逃げになってるからだ。その驚きは小宮山も同じ事。全く聞いてなかったんでしょうね。
uma210409-2.jpg
片やオグリは中団からタマモを見据えるようなレース運び。なぜタマモはこのような戦法をとったのか? たぶんオグリから見える位置から自分の強さを示すために、「追い抜く」ではなく「追いつけない」ことを見せつけたいからではないだろうか。
uma210409-5.jpg
さて、実際の競馬において話題になってるのがソダシですよ! 牝馬の白馬というだけでシンデレラ的なアイドル要素があるのに、4戦4勝の負けなし状態から牝馬三冠の一戦目・桜花賞に挑むのだから期待せざるを得ません! 応援馬券として単勝を買ってみようかな。
スポンサーサイト



uma210401-.jpg
『週刊ヤングジャンプ』連載、「ウマ娘シンデレラグレイ」の36R
10月。G1の天皇賞秋が開催するため東京レース場には多くの観客が詰め寄せていた。パドックに登場したのはオグリキャップ。この勝負服で観客の前に立つのは初めてであり、「カッコイイー」などと歓声が上がってます。そんな中に北原トレーナーが持って来た「カサマツの星 オグリキャップ」の応援幕を発見してニコリ。緊張はしてないようだ。
実況では「中央入りから負けなしの重賞6連勝中」と言ったことにブーイングをしてる人がいますよ?
uma210401-1.jpg
はい、カサマツの面々です。オグリはカサマツで8連勝してから中央入りしたものだから14連勝中。そのことを言えよという圧力です。あぁそういやかつて「カルトQ」というクイズ番組であったなぁ。競馬がテーマの回にて「オグリキャップの生涯着順を全て言え」という出題がされました。番組スタッフは当然 中央の成績を答えると思ったら、回答者は笠松時代からの成績から言い始めたものだからMCのうじきつよしを慌てされたことがあったんですよ。まだインターネットが無かった時代にこのような知識を身に付けていたのは相当な競馬ファンだったんだろうな。
uma210401-2.jpg
続いて登場したのは白い稲妻・タマモクロス。G1 2連勝で通算7連勝中だけに人気もトップ。年内無敗の二人が初めてぶつかることに藤井記者も興味津々な様子デス。
uma210401-3.jpg
次々と現れる出走者の中で何やら考えているのはロードロイヤル。毎日王冠ではレース前にシリウスシンボリの腕が当たって出血、発走除外となったけれど、手の内を明かしてないことがかえって好都合だと自信があるみたい。
こんなこと言ってるけど お前は逃げ馬なのだから鬼逃げ・爆逃げで逃げるだけってことになりそうな予感!

控室に戻ったオグリは珍しくタマモについて研究。「なんというか…アイツは違うんだ」と、その実力を認めてます。
uma210401-4.jpg
ろっぺいは私が勝てると思うか…?
勝てるかどうかじゃねぇ 勝つんだ
ターフに向かうオグリとタマモ。葦毛同士の頂上決戦がいよいよ始まります!

週刊ファミ通 2021年4月15日号 [雑誌]
uma210325.jpg
『週刊ヤングジャンプ』連載、「ウマ娘シンデレラグレイ」の35R
前回タマモクロスにかかってきた電話は「おっちゃん」と呼ばれる人物が入院したことを知らせるものでした。点滴をしながら横たわる おっちゃんの手は痩せ細っており、その手を握ったタマモは何かしら秘めた決意をする。
…せやな それしかないな
実話においてタマモを生産した錦野牧場はタマモが活躍する前に倒産していることから、これを漫画的に表現したものなのでしょう。更に母親も亡くなってしまうのですが…さすがにここまで漫画化したら暗くなりすぎるのでやめた方がいいと思うぞ。

場所は変わって都内某所。天皇賞秋の出走ウマ娘の記者会見場には六平(むさか)とオグリが来てました。今までと違いG1は特別な勝負服で走ることになっている。その勝負服の初披露というわけだ。でもオグリは例によって世間知らず。オグリ自信も初めて見るってことは──六平がデザインしたってことなの!? だとしたらちょっと…
uma210325-.jpg
はい、アニメ・ゲームでお馴染みの服装がいまここに!
さすがに話題のオグリキャップ。重賞6連勝は中央タイ記録なだけあってマスコミもザワめきます。けれどそれ以上にカメラのフラッシュを浴びたのはタマモクロス! 現在G1 二連勝を含む7連勝中で、シンボリルドルフさえ成し得なかった史上初の天皇賞春夏 連覇がかかっているのだから人気が集中するのは無理もない。

しかも関西出身だけに話術も得意なようでマスコミを沸かせます。これを見ていたダイナムヒロインは「一瞬で場を支配する 異才」と評価。ただ走るだけが得意なウマ娘じゃないってことですね。

それぞれのウマ娘がレースに向けて抱負を述べる中、オグリは大きく出ます。
uma210325-1.jpg
日本の頂点…いや 天下を獲る!
握っているのは北原トレーナーの手作りの人形。二人で頂点を目指すと誓ったことを忘れないためにも持って来たようです。とはいえ「現在最強のウマ娘」であるタマモの前でこれを言うかね? まぁ普段から何を考えているのかわからないオグリだけに、後先何も考えてないんでしょうけど。
uma210325-2.jpg
そのタマモはタマモでこれまた大きくぶちまけた。天皇賞秋・ジャパンカップ・有馬記念の、秋のG1の3つ全てを獲ると言い放つ。あぁこれが「おっちゃん」の手を握りながら決意したことなんだろうな。でも華奢な身体でG1 3連投はさすがにキツイでしょう。史実がそれを証明してます。そこのところを漫画でどのように表現するかが腕の見せ所でありますな。
uma210325-3.jpg
オグリは氷の微笑を感じ取ってゾワッとするも、「紛れもない本物と戦えるG1レース」だとして、むしろ歓迎な様子。こうしてオグリ初のG1レースを迎えることになるのでした。
uma210311.jpg
『週刊ヤングジャンプ』連載、「ウマ娘シンデレラグレイ」の34R
毎日王冠を制したオグリは重賞6連勝の記録を達成。21日後には初のG1・天皇賞(秋)に出走するので六平(むさか)の立ち合いのもと練習に励んでます。そこに「ろっぺいさぁーん!!」と大きな声を掛ける人物が現れましたよ。そう、北原トレーナーです。

1月にカサマツを離れたきりなので9ヵ月ぶりの再会ですか。中央のトレーナーになるべく勉強を続けてる模様。何やら荷物を多く持ってるけど、これは天皇賞に出走するからと仲間たちからの差し入れです。ただ、ノルンは自分のダンスのDVD、マーチは金華山のキーホルダーなど、貰ったところであまり嬉しくないものばかりですが(笑)
uma210311-.jpg
その中で六平が気に入ったのは「カサマツの星 オグリキャップ」と書かれた応援幕。意外にもガラは悪いが字はキレイというルディが書いたんだそうだ。六平はこれを貰い受けてパドック入場の際に飾るみたいですよ。
仲間と談笑するオグリを見た北原は「中央は楽しいか?」とストレートに訊いてみた。
uma210311-1.jpg
しばしカサマツ時代を振り返った後で「あぁ!」と一言。北原はこれを笑顔で返します。その表情からして寂しくもあり嬉しくもありといったところでしょうか。

片や同じく天皇賞(秋)に出走するタマモクロスも練習中。前走の宝塚記念から4ヶ月経ちながらもタイムは良好なことから勝算ありとトレーナーは踏んでます。そこに誰からかタマモに電話がかかってきました。
uma210311-2.jpg
それに驚くタマモ。何か良くないことでもあったんでしょうか?
次週は休みだそうで再開は25日発売分になります。
 
ウマ娘 プリティーダービーマガジン
『ウマ娘 プリティーダービー』WINNING LIVE 01
uma210304.jpg
『週刊ヤングジャンプ』連載、「ウマ娘シンデレラグレイ」の33R
G2の毎日王冠がスタート。これに勝たなければG1に出場させないと六平(むさか)から言われてるので是非とも勝ちを納めたい。が、出走する全員からマークをされているので近づくのは得策ではありません。下手したら取り囲まれて馬郡に沈む可能性があるからだ。
そこでオグリはいつもより後方で機会を伺う作戦をとります。
uma210304-.jpg
第3コーナー付近でオグリは動いた。外から早めに仕掛けようと速度を上げたのですが、前を走っていた4人も「来た!」と動き出す。4人は申し合わせたかのように横一列となってオグリを針路を塞ぐのでした。これを見た六平は舌打ち。
結託したワケではないだろうが…一斉に動けば こういう事もあり得る

前を塞がれたとはいえ9番10番の間はやや空いていたのでそこにオグリは駆け込もうとします。けれど動きを察した9番・ダイナムヒロインによって針路を完全に塞がれてしまう。細かなこととはいえ決めたことが出来なかったのだからオグリの精神的ダメージは相当なものだ。
ルートが…無い…!!
暗闇を進む格好となって息遣いも荒くなる。いったいどうすれば…そこで六平の声を思い出した。
誰にも触れられない位置を走れ
誰にも触れられない位置、それは…
uma210304-1.jpg
ダイナムヒロインよりも外側の最大外!
オグリはここから一気に先頭まで駆け上がる。でもこれを待っていたシリウスシンボリ。全員からマークされた上での最大外、もう体力は残ってないだろうと詰め寄るのですが、オグリの体力はシリウスの想像以上でした。速度が落ちることなくシリウスの追撃も届かないままゴールイン!
uma210304-2.jpg
全員 百戦錬磨の先輩達や…そんなん相手に
後方から大外 廻って差し切る…?
そんなん本物の怪物やんけ

こうして中央に上がって無傷の6連勝! さぁいよいよタマモクロスとの直接対決1回目が待っている!
 
ウマ娘 プリティーダービーマガジン
『ウマ娘 プリティーダービー』WINNING LIVE 018
uma210225.jpg
『週刊ヤングジャンプ』連載、「ウマ娘シンデレラグレイ」の32R
7月の高松宮杯から三ヶ月。秋のG1の前哨戦となる毎日王冠が始まります。暑い時期に休暇と走り込みをしたオグリは気合十分。力が漲っている姿はその顔からも伺えます??
パドックでは現在 気になるウマ娘の話をしています。
uma210225-.jpg
先ずはともかくオグリキャップ。我々の世代では明らかに「別格」 いや、「異質」とまで言われてます。
この感覚と同じと思われるのがタマモクロス。
最後はディクタストライカ(実話ではサッカーボーイ)。この三人が現在を代表するウマ娘ということ。
実話でも1988年を代表したのがこの三頭。翌89年になってすぐ元号が昭和から平成になることから、「昭和の最後を代表する三頭」とも言われます。ちなみにこの三頭が初めてにして唯一、競い合うことになるのが年末の有馬記念。恐らく漫画も過去最高の盛り上がりになるのではないだろうか。

尚、サッカーボーイという名前はこの当時に「キャプテン翼」が流行っていたから名付けられたとか。私はこの当時、漫画同人誌印刷店で勤務してまして、最も刷ったのがC翼なことから身をもって流行っていたことを知ってます。
前回登場した藤井記者による有力馬展望がこれ↓
uma210225-1.jpg
ダイナムヒロイン→史実ではダイナアクトレス。去年の毎日王冠の覇者でもあります
ロングリブフリー→史実ではランニングフリー
ロードロイヤル→史実ではレジェンドテイオー。「本番(天皇賞)でもレースを引っ張ると目される」とあるけれど、この後でシリウスシンボリの腕が顔面に当たって鼻血のため発走除外。実話での左前脚故障を漫画ではこのように処理しましたか。
マッシブバイキング→史実ではボールドノースマン
そして画像はないけれどシリウスシンボリも間違いなく有力馬。但し実話では4番人気だったりします。

レース前、六平(むさか)はオグリに告げる。
uma210225-2.jpg
ウマ娘のトレーナーたちは間違いなく「オグリキャップを徹底的にマークしろ」と指示しているだろう。少なくとも内は全て塞がれている。かといって先行しての逃げはオグリには向いてない。ならばどうするか?
レースでは全員から距離をとれ
誰にも触れられない位置を走れ つまり…

どうやら六平には戦法があるようだ。
uma210225-3.jpg
ゲートインする際に全員からの視線を感じるオグリ。10人から包囲されるこのレース、どのように走るのか注目です。
でも ねたバレしてもいいからどーしても気になる人は↓をご覧ください。


ウマ娘 プリティーダービーマガジン 3月22日発売
uma210220.jpg
『ヤングジャンプ』連載、「ウマ娘 シンデレラグレイ」の2巻です。
オグリキャップがデビュー戦で負けたフジマサマーチとの再戦となるジュニアクラウン(重賞)が始まった。マーチがやや先行して残り600m、いつもより早くオグリが仕掛けるも、それはマーチも同じこと。偶然にも同じタイミングで両者が加速! 1秒か2秒でもオグリが早ければ並ぶか先に立てただろうが、マーチも加速したため追い抜けません。勝利を確信するマーチ!
uma210220-.jpg
お…まえ…には…!! 負けん!!!
信じられないことに二段目のロケットスパートをかけたオグリがゴール手前で抜いて勝利を手にします。呆然とするマーチはなぜ再加速できたのか理由を問う。
多分 マーチお前のおかげだ
「負けたくない」って思ったら 自分でも知らない力が出せた


ライバルがいたからこそ いつも以上の力を発揮できたわけですね。「一緒に東海ダービーで走ろう」「次は負けん」と握手を交わし称え合う二人です。
熱いこのレースを観ていたのは北原トレーナーの叔父である六平(むさか)。中央でトレーナーをやってます。オグリの走りに興味を持ったようで、次のレースが中京盃(重賞)と知るや意外な言葉が帰って来た。
uma210220-1.jpg
中京盃には出るなと言う。なんで? ジュニアクラウンの次が中京盃はごく自然の成り行き。いったい何がいけないというんだ?? いくら考えても理由がわからない北原は意見を無視して中京盃に参加させます。

この中京盃はカサマツと違って中京レース場で行います。オグリにとっては初の芝コースであり経験を積むにはもってこい。あ、普通ローカルシリーズ(地方競馬)はダートです。芝は手入れが必要なので赤字経営の多いローカルでは困難。その点 ダートなら手入れの必要がありませんからねー。
尚、実話においてオグリキャップが出場した87年当時は中京競馬場で開催してましたが、92年をもって中京競馬場は地方競馬の開催を行ってません。ちなみに中京競馬場は織田信長のデビュー戦である桶狭間のごく近くにあるので、機会があれば陣跡も見学してみてくださいな。

初の芝もなんのその。オグリは中京盃に難なく勝利します。勝利したことで北原は「中京盃はやめとけ」と言われた本当の理由を知るのでした。
uma210220-2.jpg
オグリキャップを"中央"にスカウトしたい
中京レース場は中央のレースが催される東海地区唯一の場所。よってカサマツとは違って注目度が断然違う。しかもこの日は次のレースに先乗りして? トレセン学園 生徒会長のシンボリルドルフたちが来ていた。その前でオグリの素晴らしい走りを見せたのだから、これはもう「スカウトしてくれ」と言ってるようなものです。六平の言葉は「カサマツ所属のままで東海ダービーに出したいのなら、中京盃で目立たせるな」との意味だったのだ。

突然のスカウトに悩む北原とオグリ。北原にとって東海ダービーはプー太郎だった自分を立ち直らせてくれたレース。これに出場して勝つことが最大の目標なのだ。オグリならその目標を叶えてくれる素質が十分にある! とはいえ全国クラスのその脚をローカルに留めていいのだろうか…

またオグリにとっても東海ダービーは最高のレースだと自覚している。北原のためでもあるし「一緒に東海ダービーで走ろう」と言った手前 フジマサマーチを裏切ることはできない。けれど全国区の中央に行けばもっと走ることができるだろう…

北原は悩み抜いた上でこう示した。次のゴールドジュニアで
勝てば中央 負ければ東海ダービーを目指せ
これは酷な選択です。ある意味オグリに丸投げしたのだ。飛ばない豚は ただの豚であるように、走らないウマ娘はウマ娘である資格がない。わざと負けろ・負けたいと言えるわけもなくレースが始まった。

その走りに覇気が感じられないオグリ。当然だろう、未だに迷っているからだ。このまま仕掛けることなくレースを終えてしまおうか…。そこに大声で北原の叫びが掛けられた!
uma210220-3.jpg
走れ!!! 走るんだァアアア!!!
吹っ切れた北原。自分のことしか考えずオグリの気持ちを汲み取ってやれなかったことを恥じるのでした。
勝てばいいんだよ
お前は天下を取る ウマ娘なんだから


その後の結果がどうなったのかは語るまでも無いのでこの辺でやめておきます。オグリだけじゃなく北原とマーチの熱い気持ちも十分に伝わる内容ですから読んで損はありません!

ウマ娘 シンデレラグレイ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)