nidome181129.jpg
電子コミック連載、「異世界召喚は二度目です」の1巻です。
もう当たり前のように「小説家になろう」連載作のコミカライズ。書籍版は5巻も出てます。この手の作品は主人公がモテまくるのが定番ですけど、多分に漏れずその定番を踏襲してます。

かつて異世界 エクレールに召喚された勇者・セツは、魔族と獣人との戦いに終止符を打つ大活躍を見せた。けれどその力を恐れた国王はセツを罠にハメて元の世界に強制送還。新たに須崎 雪という名前となり、赤ん坊から人生をやり直すことになりました。
ところが高校生になったある日、クラスメイト丸ごとエクレールに召喚。魔族と獣人に攻められているので異世界の勇者たちよ、どうか戦ってくれということだ。
nidome181129-.jpg
国王は生まれ変わった俺とは知らずに再び呼び出してやんの。だったら勇者活動はクラスメイトに任せて、俺は二度目の異世界をうんと楽しませてもらうぜと意気込むセツでした。
とはいえ勇者になる修行は建前上やらなければならない。その指導に当たるのが かつて部下だった美人のエルカ。生意気な口調に腹が立ったセツは調教し直しを実行!
nidome181129-1.jpg
尻たたきデス この叩き方はまさかセツ様!!? と、だんだん気持ちよくなっていくエルカ。そう、以前 行動を共にしていた時期にMに目覚めさせてしまったのがセツなんです。ちなみに地球では赤ん坊から高校生になるまでの月日が経ってるけど、このエクレールでは5年ほどしか経ってません。

久しぶりの再会を喜ぶエルカから、この度の戦いの真相を知るセツ。以前の戦いで魔族と獣人のトップとは話し合い? でケリがついたけれど、国王がセツを強制送還させたと知っての怒りの反乱だそうです。何しろモテモテだったし。国王はこの戦いを利用して逆に領土を侵略するつもりと知ったからには 戦いをやめさせなければなるまい。
あえて勇者失格の汚名を浴びて城から追い出されたセツは、まずは魔族のところへ。
nidome181129-3.jpg
海を渡る手段として使ったのが海神リヴァイア。普段は巨体だけど人間体になるとカワイイ女性になります。さすがモテモテ勇者、そういった方面にも手を出してたわけか。
こうして魔族大陸に渡ったセツですが、魔王デザストル(女性)が大変なことになっていた。セツに合いたいために召喚できると豪語するヤツとの結婚準備に入ったのだ。部下たちは反対するけど せめてもう一度合いたいと決心は固い。何か手段はないのかーと思ってたらセツが帰って来てるじゃん! だったら結婚式をぶち壊すしかないよね。
nidome181129-4.jpg
ということで結婚を未然に防ぎ、会えた喜びで泣くデザストル。けれどこの式場において不審人物との戦いが勃発。これが新たな戦いの火種になるのは間違いなさそうだ。
ともかく何かとモテまくる主人公は羨ましいとしか言うほかありません。どうか一つ、私にもおすそ分けして欲しいものだね。
異世界召喚は二度目です(1) (モンスターコミックス)
異世界召喚は二度目です(1) (モンスターコミックス)
異世界召喚は二度目です(コミック) : 1 (モンスターコミックス)Kindle版
スポンサーサイト
sozai181125.jpg
『アルファポリス』連載、「素材採取家の異世界旅行記」の1巻です。
神城タケルは普通のサラリーマンだったけれど、太陽系を管理する神に認められて「マダウス」という異世界(というよりも別の惑星)に転生することを命じられる。
sozai181125-.jpg
そのマダウスは神がいくらいじっても、定期的に文明が滅んでしまう。ならばタケルがバタフライ効果となり、文明を繁栄させる礎になって欲しいということだ。無理を言って転生させることからスキルはたっぷり付けてもらい、魔法も存分に使えるようしてもらいます。そして出来れば可愛いパートナーとも巡り合いたいなーと、欲が出るのも一理ある?
そんなこんなでマダウスに降り立ったタケルですが、災厄級のトンデモ人間になっていたことを自身はまだ知らない…

村を見つけたけれど宿賃はどうしよう? そうだ、「探査能力」を付けてもらったから価値のある素材を見つけて売れば金になるに違いない。
sozai181125-1.jpg
ということで能力を展開。ランクBの「月夜草」とか、ランクCの「ハンマーアリクイの糞」とか、労せずして貴重素材が発見出来るので大助かりですわ。これらを採取して村の雑貨屋に持ち込んだところ、あまり手に入らない素材の山に目を輝かせて買い取るのでした。

これだけの素材を見つけられる素質があるならば…と、雑貨屋は貴重なミスリル鉱石の発掘を依頼します。充分な必要経費と成功報酬を聞かされてタケルはいざ東にある山奥へ。
魔獣が出ることを聞かされていたため当初は臆していたものの全然出てきません。おかしいなーと思いながらも目的地に着き、採掘を開始します。そこで見つけたのはランクSSの「地下の魔素水」。何でも古代竜の魔素が溶け込んだものだとか。やれ、どんな味なんだろうと水をすくってみたら…古代竜・ヴォルディアス(通称 ボルさん)が出ちゃった!
sozai181125-2.jpg
取って食おうというわけじゃありません。タケルから強大な魔力を感じたので目が覚めたということ。途中で魔獣と出会わなかったのは、その魔力を恐れて出てこなかったと聞かされます。
双方話していくうちに タケルが信用できる人物と見抜いたボルさんは相談を持ち掛けた。数百年前から大地を巡る魔素の流れが変わったために、後継者となる卵が孵化しなくなってしまった。よってタケルの魔力を使って孵化させてもらいたいとのことです。

タケルは承知した後に卵を抱き抱えて魔力を込める。やがて光り出した卵は──
sozai181125-3.jpg
ってなことで子供竜が誕生しました。タケルはブラック・ノウビー(通称 ビー)と名付けたところ、ボルさんは旅に同行させるのを依頼。可愛いパートナーと巡り合いたいと希望したけど そっちの意味での可愛いだったの?
こうしてタケルと ビーとの素材採取の旅が始まったとさ。
素材採取家の異世界旅行記 1 (アルファポリスCOMICS)
素材採取家の異世界旅行記 1 (アルファポリスCOMICS)
bougyo181124.jpg
『コンプエース』連載、「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」の1巻です。
やっぱり「小説家になろう」からのコミカライズ。書籍版は4巻まで出てます。
女子高生の楓は、友達の理沙に誘われてVRMMOの「ニューワールドオンライン」というゲームをやり始めた。初期設定において名前が楓なので"メイプル"にしたのはともかく、痛いのは嫌だからと(ゲームの中なので痛くはないと思うんだけど)ステータスポイントを全て防御力(VIT)に注ぎ込んでしまう。これにより攻撃力(STR)や俊敏性(AGI)、器用度(DEX)などがゼロ! もしかしてやっちゃった? と後悔してもしょうがない。 とりあえず戦ってみますかと街を出た。
bougyo181124-.jpg
そこで何とかなっちゃうんですねー。現れたウサギは執拗に攻撃してくるけど堅固な防御力のためノーダメージ。やがてウサギは疲れ果てて何もしないのに勝っちゃいました。また毒液を吐くハチには さすがにダメージを与えられるも、何度も浴びているうちに毒耐性がついて やはりダメージゼロに。こういうことを繰り返すことで地味ながら徐々にスキルを得て、時にはドロップアイテムも獲得しながらレベルアップをしていきます。

そして初めてのダンジョン探索。目指すは「毒竜(ヒドラ)の迷宮」です。そのヒドラの毒は強力なれど、ポーションとスキルを兼ね合わせたことでどんな毒さえ通じない「毒無効」を会得。さぁ今度はこっちの番だとして…
bougyo181124-1.jpg
喰ったー!! 工エエェェ(´д`)ェェエエ工
おいおいヒドラさんよ。何で抵抗しないまま喰われちゃうの? 巨体なんだから尻尾で追い払うなり、壁に打ち付けるなどすればいいのに なされるがまま無抵抗で喰われたことに疑問を抱かずにはいられないのですが。
ともかくこれによってスキル「毒竜(ヒドラ)」を獲得。初めてまともな(毒の)攻撃できるスキルを得ました。また宝箱には「ユニークシリーズ」と呼ばれる大盾・鎧・小刀が入ってました。表紙になってる黒い装備一式ですね。これを得たことにより防御力はまた一層強化されました。

そして今度は「爆発テントウ(爆発するテントウムシ)」を食べたことで「悪食」というスキルを獲得。これは あらゆる装備類を飲み込んで、しかもMPに変換してくれる優れもの。このスキルを大盾に実装したことにより、メイプルはとんでもないプレイヤーとして名の知れることになります。
bougyo181124-2.jpg
運営が第一回バトルロイヤル大会を実施して、メイプルは「悪食」によって敵プレイヤーを次々と吸い込んでいく(殺すわけじゃないから装備類を身ぐるみ剥すのみ)。攻撃されてもダメージゼロ。躊躇して近づかない相手には毒を散布することで動きを止め、そして攻撃するという隙の無い戦い方に、見学者たちは唖然とするしかありません。
bougyo181124-3.jpg
これは掲示板におけるメイプルファンたちの会話。一部の人は大会前からメイプルの戦い方がスゴイと知っており、いつしか有名人になってたのでした。

とまぁこのように、本人は意識してないけど強すぎるプレイヤーになっていくメイプルの成長を描く物語。割愛しましたが友達の理沙はサリーというプレイヤー名で、同じくユニークシリーズの装備を獲得。彼女も回避系のプレイヤーとなり、「二人揃って いつでもノーダメージ」を目指すことになってきます。次巻ではどんな無双を見せてくれますかね?
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 (1) (角川コミックス・エース)
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 (1) (角川コミックス・エース)
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 (1) (角川コミックス・エース)Kindle版
arafo181121.jpg
『コミックウォーカー』連載、「アラフォー賢者の異世界生活日記」の1巻です。
お馴染み「小説家になろう」の連載作をコミカライズ。書籍は7巻も出てます。

人気VRRPG『ソード アンド ソーサリス』。このトッププレイヤー5人によるパーティーがラスボスを退治した…のはいいのだけれど、そのラスボスとは本物の邪神。太古の昔に勇者と女神が封印したものだったのだ。死ぬ直前に道連れだとして爆死し、それに巻き込まれたのが大迫聡。アラフォー無職のおっさんで、プレイヤー名 ゼロス・マリーンです。
女神は退治してくれたお礼と、死んでしまったお詫びとしてゲームデータをそのままに異世界に転生させてくれました。
arafo181121-.jpg
これがゼロスのステータス。レベル1879でHP・MPとも一千万台。職業スキル・身体スキル・魔法スキルなどほとんどがMAXです。だからちょっとした魔法でも虐殺レベル。獲物を捕らえようとしてもケシズミになってしまうから、注意深くレベルを抑えないといけない有り様です。

そんなゼロスが盗賊に襲われている馬車の一団に遭遇。圧倒的な魔法で勝利するのは当然だ。馬車に乗っていたのは元公爵と、魔導士見習いの少女 セレスティーナ。ティーナは魔導士の家系に産まれながら魔法を使えないと聞き、それは変だと魔導書を見れば欠陥品。それをたちまち書き直してみれば、ティーナは魔法がつかえるようになったよ!?
実はゼロス(大迫聡)は元 一流企業のプログラマーだったのだ。理数が得意だったことから魔法陣の仕組みがわかっていたようです。
arafo181121-1.jpg
魔法がスゴイばかりか魔導書を書き変えてしまうゼロスにティーナは惚れこみ、先生になってと願い出ます。こうしてゼロスは元公爵の家にご厄介になることに。一つ屋根の下に暮らすことになるのならトラブルは付き物。
arafo181121-2.jpg
このように湯浴みで見合わせる場面に出くわすのはお約束ってものです。
ともかくティーナの先生として暮らすようになったゼロス。時には厳しく、時には甘く「〇〇ができたらオリジナル魔法を教える」としてティーナを喜ばせる。この世界でオリジナル魔法の伝授は後継者の証を意味するのだそうで、それを聞いたら頑張らないわけにはいきませんからね。
arafo181121-3.jpg
よってこのような感情が芽生えてしまうのは無理もないか。アラフォーになってようやく人生の春を迎えることが出来るかどうかは読んで確かめてみよう。
アラフォー賢者の異世界生活日記 1 (MFC)
アラフォー賢者の異世界生活日記 1 (MFC)
アラフォー賢者の異世界生活日記 1 (MFC)Kindle版
dange181120.jpg
『ヤングマガジンサード』連載、「ダンゲロス1969」の2巻です。
「二丁拳銃(ちんことピストル)VS.女子小学生のおしっこ!!1969年、学生闘争、ぶっとび異能力バトル開幕!」というヤングマガジン編集部のアオリ通りに、下ネタ異能バトルが繰り広げられるトンデモ漫画。1巻のレビューは下記に。
ダンゲロス1969 1巻 パワーアップした下ネタ能力に君はついていけるか!?

前回からの続きだった、まるだし刑事の粘着質精液vsアトランティス鈴木の女子小学生のおしっこの戦い。おしっこを何に使うかと思ったら頭部を覆っての窒息でした。飲み干すか? いやこの量はちょっと無理。拳銃を取り上げられ大ピンチに陥る まるだし刑事。やぶれかぶれなのか粘着液を発射するもかわされる。いや、真の狙いは女子小学生の めぐみちゃんでした。
dange181120-.jpg
粘着質の精液で息ができない めぐみちゃんと、おしっこで息ができない まるだし刑事。書いてる私も恥ずかしいわ。鈴木は めぐみちゃんを助けたいため能力を解除してお縄につくことになりました。学生運動の過激派「革マジ」のリーダーである鈴木の逮捕によって、闘争は別段階を迎えることになっていきます。

一方、主人公・ユキミが所属してる「プロ魔連」にも動きが。1巻にて まるだし刑事の襲撃によって多数の死者を出した「魔人インター」のリーダー・白金が身を寄せてきたのだ。一致団結して公安警察を襲うというわけでない。死者を出した暴挙をマスコミにリークすれば世間は魔人側につくだろう。それは「プロ魔連」にも喜ばしいことなので、共同して虐殺した証拠集めをしようというのだ。
その目撃者である石動刑事を何とか説得して有利な証言を得ようとするのですが、オナホ刑事によって"息子"が人質状態に。不利なことを言えばオナホが動いて、死ぬまで絞りつくすと脅されていたのです。

そのオナホは能力によって絶対に取れない。ならば取れるような魔人と言ったら…「革マジ」の阿鼻狂華か。
dange181120-1.jpg
はい、その阿鼻狂華です。相手の喉に狙いをつけて「男性のイチモツ」を転移させ、窒息死を狙う恐怖の能力。こんなんが喉に詰まって窒息したら死んでも死にきれねーよ!

「革マジ」は新リーダーを小竹(表紙の子ね)に据え、逮捕された鈴木の奪還を狙う。護送車を襲撃したものの、それは罠でした。一斉に現れた魔人公安たち。この中には初登場となったゴリラ(本物のゴリラでありながら魔人能力者)とかラーメン刑事とかいます。
dange181120-2.jpg
そしてこれがオナホ刑事。オナホを操る魔人で、阿鼻狂華の能力が通じません。やはりち〇こじゃオナホには勝てないのか?
このように圧倒的不利に陥る「革マジ」のメンバー。けれどそこに現れたのが主人公でした。
dange181120-3.jpg
相手の魔人能力範囲を縮小・拡大させる能力によって、能力が使えなくなった魔人公安。さぁ一泡吹かせてやろうぜ!

尚、この漫画は二次創作フリーとなっており、漫画のコマを勝手に利用して商品化して構わないとのこと。だったら私は↓のコマを使おうか!
dange181120-4.jpg
食事中になぜか脱ぎ始めて開脚する芹沢清姫。このコマをTシャツにして売ってもいいのです。ただ、事情聴取を取られそうになる可能性は否定できない…
ダンゲロス1969(2) (ヤンマガKCスペシャル)
ダンゲロス1969(2) (ヤンマガKCスペシャル)
ダンゲロス1969(2) (ヤングマガジンコミックス)Kindle版
habu181116.jpg
『マンガボックス』連載、「葬-はぶり-」の1巻です。
先祖代々、悪霊を祓う稼業に生まれた少年・賽河 柩(さいかわ ひつぎ)。その仕事は"葬(はぶり)"。お札や呪文などによって霊を祓うのではなく、剣によって退治すると聞いていた柩は父親をスーパーヒーローのように尊敬していた。だから「父ちゃんよりスゲー"ハブリ"になってやる」と話すも、なぜか家の者は口を閉ざしてしまう。柩がまだ9歳の時のことだ。
habu181116-.jpg
けれど実際は違っていた!
憑りつかれた者は"凶憑き(まがつき)"と呼ばれ、早いうちなら除霊できて問題はない。でも期間が経つにつれ人間の霊を寝食していき、半分以上寝食されると もはや除霊は不可能。精神を崩壊させ理性をなくして暴徒と化す。そこで登場するのが"葬"。苦しみ悶える凶憑きを「ギロチン包丁」を使って、せめて苦痛なく一撃にして首を撥ねることが仕事だったのだ。
これを知った柩はショックを受ける。父ちゃんは人を助けるのではなく、人を殺すことが仕事だったのかと…

そんな柩に不幸が襲い掛かった。父親は長い間 "葬"をやってきたことから自分自身が悪霊に憑り付かれていたのだ。今までは お札を使って沈めてきたものの、柩が お札を持ち出していたために遂に限界を突破。家の者を惨殺し、その手は柩にも。けれど寸前のところで正気を取り戻した父親は「俺を殺せ」と、ギロチン包丁を手渡します。
habu181116-1.jpg
これは殺すんじゃない 救うのだと信じ、泣きながら父親の首を撥ねるしかなかった柩。こうして わずか9歳にして"葬"を継承することになりました。
それから七年。柩は高校生として暮らすのと同時に、"葬"としての仕事もこなしていた。未だに父親を殺したトラウマが残っており寝られない状態だという。だから鍛錬をひたすら続ける毎日。
habu181116-2.jpg
今では画像にあるような重いものでも自在に振れるようになりました。身体能力だけなら、霊術師協会の頭領に お付きの"葬"に劣らない実力だそうだ。成長著しいのはいいけれど、逆にそれを危ぶむ者が居た。ミト製薬の副社長・三途カルマだ。
ミト製薬は人を自在に凶憑きにさせる薬を開発していた。暴徒と化した凶憑きは超人的な動きが出来るために、軍事利用などしようと考えているのだろう。そのため"葬"が邪魔なのだ。
habu181116-3.jpg
カルマは柩の友達を誘拐し、30分以内に俺を殺さないと殺すと言う。凶憑きでありながら正常な精神を保っているのが普通の凶憑きと違うところ。かつてない強敵に柩はどう戦う!?
葬-はぶり- 1 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)
葬-はぶり- 1 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)
葬-はぶり-(1)Kindle版
bake181115.jpg
『週刊少年マガジン』連載、「化物語」の3巻 特装版です。
初めて取り上げる化物語の3巻。しかも特装版。これは本誌にて「化物画廊(バケモノギャラリ)」で紹介された、赤松健先生のカラーイラストカードが入ってるからこそ買いました。
bake181115-.jpg
これね。本誌ではモノクロだったので分かり難かったけれど、こういう色だったのか。カラーイラストカードは全9名分のカードが入ってます。で、特装版って普通のと比べてぶ厚いのね。初めて知りましたよ。紙の質が良いしちょっと厚めなのでインクのノリが違いますわ。巻末には第1話のネームが載っており、"こういう風になってたんだ"と感じ取れます。

さて、内容は「まよいマイマイ編」。道に迷っていた八九寺真宵を暦が助けようとするも、何故か暦も迷ってしまいます。やがてそれは戦場ヶ原も巻き込んでの怪異に進展していく…
bake181115-1-2.jpg
本筋と別のところでは胸を触ったかどうかで二人の掛け合いが面白いです。暦は触るどころか揉みしだいていたのね(笑)
八九寺に関して羽川は「あんまり戦場ヶ原さんに気を遣わせちゃダメだよ」と言い、忍野からは「ツンデレちゃんにこんなに気を遣わせて…」と言われるも、暦は何のことやらわからない。八九寺は蝸牛(カタツムリ)の怪異に憑かれているから道に迷っているのに、俺がどうして戦場ヶ原に気を遣わせてることになるわけ??
でもそれは本人の口から語られました。
bake181115-1.jpg
戦場ヶ原には八九寺は見えていなかった!
ここで初めて八九寺は蝸牛の怪異に憑かれていたのではなく、八九寺 自身が怪異だったことが発覚。アニメで前もって知ってたけれど、知らなかったらそりゃ驚くよね。
その後、八九寺の不幸な過去が語られるだけに気持ちが入っちゃいます。
bake181115-3.jpg
そしてようやく辿り着いた場所に涙して飛び込み、姿を消した八九寺。この笑顔で救われた気がするのは私だけじゃないハズだよね。ね! とまぁこれがこの3巻のメインといえる見開きなのですが、実はこれ以外にもあるのですよ。
bake181115-4.jpg
6ページに渡っての暦への告白です!
これを機に二人の交際はスタートするのですが、戦場ヶ原から告白したというのがいかにも"らしい"ですよね。尚、少年マガジン今週号ではこのページをクリアファイルにした抽選プレゼント企画をやってますよー。
化物語 特装版(3) (週刊少年マガジンコミックス) 化物語(3) (週刊少年マガジンコミックス)
化物語(3)特装版 (講談社キャラクターズA)
化物語(3) (週刊少年マガジンコミックス)