shiba200625.jpg
『コミックアライブ』連載、「魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画」の2巻です。
原作1巻より一年前、司波達也がまだ中学3年だった時のスピンオフ小説のコミカライズ。17歳にして美少女の殺し屋・ナッツの殺人現場に居合わせた達也は、口封じのため殺されそうになる。が、日本でも有数の魔法師である達也に敵うわけもなく敗退。以後、何度か暗殺を試みるも失敗の連続のナッツ。果たして達也を倒せるのか!? というのが大雑把なストーリー。
魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画 1巻 達也を狙う美少女暗殺者

内容はシリアスで笑うところはありません。けれど「達也を殺そうとする」こと自体がナンセンスで笑っちゃいます。だって勝てるわけないやん! 日本でも数名しかいない戦略級魔法師だぞ、普通の殺し屋クラスが敵うわけがなく、実際のところ 殺し屋の情報などとっくにバレてる。それでもなお挑み続けるのだから同情しちゃうよ。

で、今回もナッツは達也を張りこむわけですが、達也が何者かに拉致されちゃったよ!? 助けるわけじゃないけど下手なことを喋られたら困るので後をつけました。連れ込まれた工場に潜入するナッツ。ところが誰ひとり見つかりません。達也と拉致った者たちはいったいどこに消えたのだ!?
shiba200625-.jpg
ナッツが思いついた答えは達也が全員を始末した!?ということ。実際そうなんですがね。あえて拉致されてデバイスで存在ごと消去されたのでしょう。これにより達也に対してますます警戒心を深めるナッツです。
さて達也の活躍は今回これぐらいだけ。ここからは達也に強い尊敬心を抱いている黒羽文弥の出番です。身内ながら敵の多い四葉ファミリーだけど、分家で再従兄にあたる黒羽亜夜子・文弥の双子だけは達也を慕っているのが微笑ましいんですよ。諜報活動
が主任務の黒羽家において、文弥は男の娘となって身分を隠してるぞ。
shiba200625-1.jpg
それでもやはり恥ずかしいようですが(笑)
大好きな達也兄さんが殺し屋に狙われてるなんて放っておけない! 真夜に直談判して実力排除の任務に就くことになりました。そのためなら女装変装するのもいとわない。
今回はナッツへの加勢として二人の殺し屋が登場するも、史弥の前では赤子同然。一人目は何も出来ずに倒されます。
shiba200625-2.jpg
ナッツもやはり手出しが出来ません。てか、史弥に対して「自分より可愛い…気がする」と、褒められちゃってるよ! まぁ本人にとっては嬉しくないかもしれませんがね。
もう一人は達也の学校に現れるも、これまた史弥が素早く処理。ここでもナッツと対峙します。
shiba200625-3.jpg
初めて言葉を交わす二人。女性と信じ切ってるナッツだけど、男の娘と知ったらいったいどんな顔をするのか見てみたいわ。

魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
魔法科高校の劣等生 司波達也暗殺計画 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
スポンサーサイト



yanky200621.jpg
『月刊アクション』連載、「異世界ヤンキー八王子」の1巻です。
まさかこういう異世界ものがあったとは! 高校生ヤンキーが異世界で魔王を倒してテッペンを獲ろうとする、コメディタッチの異世界ヤンキーものです。
八王子の覇権工業高校に入学した星野たち四人は、イキナリ番長をシめて学校のテッペンを獲った。もちろん嬉しいけれど星野は"燃え尽き症候群"に陥ります。「不死鳥」と呼ばれた番長なのに全然大したことなかった。今までも「狂犬」とか「猛牛」とか「獅子丸」とか言われてた番長と戦ったのに同じく倒しており、相手の力不足に不完全燃焼なのだ。俺を燃えさせてくれるヤツは一体どこにいるんだ!?

そこに大地震が発生! 揺れがおさまって周囲を見渡したら驚いた。校舎の周囲が森になっていたのだ。いや、正確には森の中に校舎が置かれていた。そう、星野たち四人は校舎ごと異世界に転移してしまったのだ!
あまりの出来事に放心する星野たち。そこに現地の女の子が魔物に襲われたと助けを求めに来ましたよ!?
yanky200621-.jpg
それは人喰い人面樹! 初めて見る魔物にそりゃ楳図かずお顔になっちゃうよ! 星野は必殺のボディーブローを食らわすも、自分の拳が痛てー!(そりゃ樹木を素手で殴れば痛いだろうな)
必殺技が通用しないことに焦る星野。でも堀井がイイ武器があったと、持って来たのはチェーンソー!
yanky200621-1.jpg
こちとら林業体験もしてるんじゃー!! 工業高校ナメんじゃねえーーっ!!
かくして倒された人面樹。女の子は見たことのない武器を伝説のエクスカリバーと勘違い。更に八王子から来たと言われ、伝えられた「予言の書」を思い浮かべる。それは「闇より黒き衣を纏いし8人の王子が現れる」というもの。
ガクラン=闇より黒き衣
8人の王子=八王子 (まだ4人だけど残りの4人を集めてる途中)
間違いない、この人たちは伝説の勇者様だと思い込んだ女の子は魔王を倒して世界を救ってと懇願。世界を滅ぼす力を持っており、倒せるのは勇者様しかいないと言われたら火か付くしかないよねっ!
yanky200621-2.jpg
俺と張り合えるヤツはこの世界にいたのかと、燃え尽き症候群から脱出するのでした。
村に案内された4人はここでも歓迎されます。「不死鳥」「狂犬」「猛牛」「獅子」を倒したこともあると聞かされたらそりゃ信じるだろうな。(もちろん勘違いだけどね)
ここではオークが出現。それを何とか倒します。星野がパンチを繰り出したら拳が光って大ダメージを与えたことで、本当に伝説の勇者かもしれないよ!?
yanky200621-3.jpg
オークたちとは和解します。「一度でもタイマン張ったらダチ」という「マブダチ仁義」と同じ考えで、殺さずに仲間にするという展開は王道にして胸アツだこと。
オークは星野が本当に勇者か見極める方法を知っていた。ダンジョンに"勇者の剣"があるから、それが引っこ抜けたら勇者だというものだ。ありきたりな展開とはいえやってみたくなるのは誰でも同じ。早速行ってみましたよ。けれど抜けませんでした。
yanky200621-4.jpg
抜けないならば無理してまでも引っこ抜けばいい!
さすが工業高校、ドリルを持って来たので刺さってる周囲の岩に穴を掘って抜いちゃいマス(「抜いた」というより「取った」が正解)。でもこれで本当に勇者なんだろうか??
シリアスとコメディを織り交ぜてるので気持ちよく読めるのがイイですよ。

異世界ヤンキー八王子 : 1 (アクションコミックス)
uwamae200618.jpg
「異世界で上前はねて生きていく ~再生魔法使いのゆるふわ人材派遣生活~」の1巻です。
お馴染み「小説家になろう」の連載作をコミカライズ。書籍版は2巻まで出てます。

なぜかタイトルが575の俳句調になってるから発音しやすい語呂合わせだこと。ブラック企業の社畜として過労死した男が異世界に転生。豪商の三男のサワディ・シェンカーとして生まれ変わる。
uwamae200618-.jpg
魔法使いの才能はあるものの、攻撃魔法はまるでダメ。その代わりに支援魔法や再生魔法の能力は主席クラスに得意としてます。でもこの世界の価値観では攻撃魔法が主体であり、それが使えないサワディの出世は望めそうもない。出世できなければ働かなければならず、とはいえ社畜だったことから楽して暮らしたい。そこで考えたのが再生魔法(治癒魔法)を使った商売なんです。
uwamae200618-1.jpg
それは病気なり怪我で満足に動けない奴隷を安く買い、治療してから冒険者に仕立て上げて上前をはねるという方法。奴隷を使う点で嫌悪感を抱く人もいるでしょう。でも聞いて欲しい。本人にとっては日常生活に支障をきたす障害を持っているわけで、それを完治させているのだからサワディには感謝しかないわけですよ。その上で冒険者への訓練を積んで実践させているのだから特にやましい方法ではありません。まして性奴隷などにしてないわけですからね。
uwamae200618-2.jpg
当初は二人から始めた商売は五人に増やして着実に資金を増やし、遂には大所帯の冒険者クラン「マジカル・シェンカー・グループ」を設立。ここまで来ると冒険者のみならず、各個人の適正に合わせて針仕事なり経理なりの依頼に適した人材派遣業を営むまでに成長します。綺麗どころを店員にしたオシャレ喫茶も開店させたのは前世の記憶ならではでしょうけどね(笑)
上の画像はクラン設立において初期メンバーを叙任するところ。馬人族なり鳥人族なり魚人族など、この世界は多様な種族で構成されてます。
uwamae200618-3.jpg
またサワディは学校で魔結晶交換式造魔の開発に成功。簡単に言うと造魔(ゴーレム)を動かすに必要な魔結晶を交換することで、いちいち最初から造らなくてもいいということ。これによって軍事費の一割強が圧縮されるまでになり、国はその才能を活かすべく貴族にしたいと判断。そこで王都から八歳年上の美人な研究者のローラがやって来ました。貴族出身だけに結婚すれば自動的に貴族に成れるってわけね。
と このように個人的にも商売的にも上向きなサワディはますます人に頼られていくわけですな。

異世界で 上前はねて 生きていく~再生魔法使いのゆるふわ人材派遣生活~(コミック) : 1 (モンスターコミックス)
uma200611.jpg
『ヤングジャンプ』新連載、「ウマ娘 シンデレラグレイ」の第1R
テレビアニメから二年経ってもまだ出ないソシャゲはいったいどーなっているんだろう? そんな中でまた新たなるウマ娘の漫画が登場です。これが起爆剤となってゲームが出たらいいね!

実際の競馬では中央競馬と地方競馬があるように、ウマ娘の世界ではトゥインクルシリーズとローカルシリーズが存在します。当漫画はローカルシリーズの、岐阜県羽島郡にあるカサマツレース場が舞台となります。

華やかなトゥインクルシリーズの日本ダービーをラジオで聴いてるのは、カサマツレース場のトレーナーである北原 穣(通称 ジョー)。観客でいっぱいな東京レース場と比べて、ローカルシリーズのカサマツはいつもガラガラな状態。別にここに限らずともローカルシリーズのレース場はたいていこんな状況なのだろう。
uma200611-.jpg
中央と比べて地方は設備も人員もウマ娘もレベルが違うから人気が無いのは当然かもしれない。けれどジョーの意見はちょっと違う。それは「スターがいない」ということ。
自分と重ね合わせて心の底から応援したくなるような
そんなウマ娘はいないものか?


ところ変わってカサマツトレセン学園では新入生を迎えていた。ここでの進行役はベルノライト。いつかはレースに出たいと希望を膨らませるのですが、そいつはいきなり遅刻してきた!
uma200611-1.jpg
なぜかボロボロなジャージを身にまとい、制服そのものを知らないというクセのスゴさにクラス一同 唖然とします。更に授業中に寝てしまうわ、昼食が おかわり自由をいいことに超山盛りにするわでクラスのイジメっ子の的にされてしまう。でも本人が全く気にしないのは神経が図太いのか、それとも頭がニブイだけなのか読者の判断に任せるとしましょう。

翌日の授業はゲートからの八〇〇m走。注目は特待生のフジマサマーチで、期待通りの走りっぷりにトレーナーたちは勧誘に必死。トレーナーにはジョーもいるけれど個人的にはイマイチな評価。他に誰かいないか~と探してたらいましたよ。アイツです。身体の柔らかさが他のウマ娘と比べて尋常じゃないようだ。そして走ってみたら…
uma200611-3.jpg
他を全く寄せ付けない!
しかもそれはイジメっ子に靴紐を解けされ、結び直してからのスタートなのに、だ。その速さの秘密は異常なまでの超前傾姿勢。これというのも身体の柔らかさであり、特に膝の柔らかさが大きなアドバンテージとなっている。
その走りを見ながらジョーは以前の言葉を繰り返す。
自分と重ね合わせて心の底から応援したくなるような…
ジョーはようやくそんなウマ娘と巡り合えたと確信し、ゴールしたら走り寄っていた。この娘を是非 自分の手で育てたいと。でもまずは名前を訊かなきゃ。君の名前は?
uma200611-4.jpg
その名はオグリキャップ!
実在したオグリは笠松けいばで育ち、中央に進出して名だたる名馬へと成長しました。それを当漫画ではウマ娘として再現しようというわけですな。私と同じ東海地区なだけにこれは期待して見守りたいです。
boku200608.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問161
センター試験に向かう途中で古橋さんに怪我をさせてしまった責任感から、治るまで身のお世話を申し出た唯我。父親の零侍さんからは例によって「くれぐれも間違いは起こさないよう…」と言われるも、本当は孫の顔が見たいんだろう? また そのようなことを言う父親を古橋さんはたしなめるも、鏡の前で小一時間 髪形のセットに悩むのだから人のこと言えないね!

二次試験に向けて勉強する二人。でも唯我の意識は常に古橋さんに向けてました。
boku200608-.jpg
消しゴムが落ちたとあらばスライディングで受け止め、昼ご飯にと作って来たサンドイッチを自らの手で食べさせようとするなど、もう行き過ぎというかやり過ぎだろう。もっとも、その行為を薔薇をバックにして古橋さんは見ているのだから 満更でもなさそうだけどな。それを証拠に…
boku200608-1.jpg
こんな空想までしちゃってるよー。些細なことですが古橋さん左利きの設定なので、ちゃんと左手で哺乳瓶を持ってるところがナイス。え?なぜ母乳じゃないかって? 古橋さんのお胸の事情を考えればわかるだろう!(泣)

過剰気味とはいえ こんなに親切にしてくれることに感謝するも、これは怪我をさせた罪悪感だけでやってくれてるのかな? 怪我してなかったら そばに居てくれないのかな…
boku200608-2.jpg
スムージーを誤って被ってしまったので浴槽で頭を洗ってもらう。その際に言葉に出してしまったのが「嘘でも 「恋人同士みたい」って言ってくれたらいいのに」。言ってしまってから赤面して否定する古橋さん。と同時にバランスを崩して二人ともシャワーを浴びてしまった。
boku200608-3.jpg
やっぱこうなるわけか!
ブラが透けて見えてしまうアクシデントで今回 幕。そういや古橋さんは、というか うるかエンドで終わった本筋で唯我とキスしたことあるのは うるかと緒方さんだけ。古橋さんは問68において 唯我が被っていた着ぐるみ(ニャンポレオンZ)越しでしかキスしてません。本当にキスする機会が訪れたらどーなるんだろうなぁ。
shinmai200530.jpg
『コミックファイア』連載、「新米オッサン冒険者、最強パーティで死ぬほど鍛えられて無敵になる。」の1巻です。
面白れぇ~~! ここ最近じゃ珍しく声を出して笑った漫画です。Sランク冒険者のみで構成される大陸最強のパーティー「オリハルコン・フィスト」に鍛えられた、アラサーのオッサン冒険者・リックが主人公。最強パーティーに鍛えられただけあってSランク並みにムチャクチャ強いけれど、本人自身は強いと思っておらず至って弱気。BランクやAランク相手にビビるものの、実力を発揮することで相手の鼻を明かしていくのが痛快です。

14年間 冒険者ギルドの受付をしていたリックは一念発起して冒険者に転職。2年間「オリハルコン・フィスト」に鍛えてもらい、Eランク昇格試験に臨みます。どうして最強パーティーに教えを乞うてもらったのかは不明。恐らく冒険者ギルドの受付だったことから顔馴染みで、願いをきいてもらったという ところでしょうか。

同僚だったアリサと久しぶりに話していたらナンパ男がアリサに迫ってきた。それを止めるリックに、男が殴りかかってきましたよ!?
え、この凄くゆっくりなパンチは何なの? jまぁいいや ボゴン! ええええぇ!? 今のでダウン!!? ちょっと小突いただけなのに…
shinmai200530-.jpg
やべぇ~下手すりゃ昇格試験を受けられなくなると思ったリックは足早に退散。この後、警察?が来て驚いた。鋼鉄の鎧が陥没していたのだ。リックいわく「ちょっと小突いただけ」なのに。しかもこの男は元Aランク。落ちぶれたとはいえとてもFランク冒険者が敵うわけがないのだ…

試験会場ではディルムット公爵の次男・フリードが話題になっていた。実力を測るスライムバッグを多少ながら揺らしたからだ。他の受験者はそこまで揺らせません。けれどただ一人「ちょっと待て ショボ過ぎるだろう」とするのはリック。先輩には遠く及ばないのに騒がれる理由が理解できません。そこで思い切り殴ってみた!
shinmai200530-1.jpg
バッグは揺れるどころか壁を突き破って屋外へ!
これには試験官や受験者、フリードもビックリだ! リックはこの後、防御魔法でもフリード以上の耐久力を発揮して一躍 受験者たちの話題をさらうことになりました。でもこれによってディルムット公爵一家の恨みを買うことに…
shinmai200530-2.jpg
右はフリード。この試験で華々しく天才ぶりを見せつけるハズだったのに…と泣いてしまう。
左はその姉のアンジェリカ。可愛い弟を泣かしたなと王国騎士団二等騎士という高貴な身分でありながら決闘を挑んできます。どーでもいいがこの一家は人の話を聞かないようで「アナタが悪いに決まってる」と反論を認めません。しかも負けたら死ぬまで相手の召使になるという条件まで付けてきた。その結果!
shinmai200530-3.jpg
   だ よ ね ー !
地面にクレーターが出来るパンチを見たことで戦意喪失。堪らず降参デス。でもリックは俺が劣勢だったのになぜ降参? と理解できない。こういう風に自分の実力がわかっておらず常に相手が上、自分が下に見ているところが笑えて来るんですよ。
あ、ちなみに相手の召使になるという約束を反故して逃げちゃいました。

これでもまだ止まらないディルムット公爵家。今度は最後の砦である長男・ラスターの登場だ。弟と妹までも泣かされたとあっては示しがつきません。ラスターは"千の術を持つ男"と呼ばれるAランク最強の魔術師で、"Fランク潰し"と異名される試験官でもある。次なる実技試験でいたぶるのもいいけれど…ここは親衛隊の助言から試験に参加できないようリックは転送されてしまう。更に20人からなるAランク・Bランク級の黒服に囲まれてピーンチ!
shinmai200530-4.jpg
でもそこに現れたのは神の使いが地獄の使者か、「オリハルコン・フィスト」の先輩の面々。リックが汗してるのは黒服が怖いからじゃありません。先輩たちが怖いからです。
あ、こりゃ死んだな(黒服が)
と思わざるを得ない! 次巻にて先輩たちの恐るべき実力が垣間見えそうです。

【電子版限特典付き】新米オッサン冒険者、最強パーティに死ぬほど鍛えられて無敵になる。1 (HJコミックス)
kamigami200526.jpg
『ComicWalke』連載、「神々に育てられしもの、最強となる」の1巻です。
お馴染み「小説家になろう」の連載作のコミカライズ。書籍版は3巻まで出てます。
捨て子の男の子は万能の神レウスに拾われ、神々の住む山 テーブルマウンテンに預けられる。ウィルと名付けられた少年を育てたのは三人の神でした。
kamigami200526-.jpg
剣の神ローニン、治癒の神ミリア、魔術の神ヴァンダル。最初はミリアだけが育てる意欲満々で、男の二人は興味なし。けれど子供ゆえの可愛さにメロメロとなって、今日は俺が教える・いや私の番だと引っ張り合い。三人ともいづれは「天下無双の剣士に」「私と動物を癒す聖者に」「最強の魔術師に」と、自分の後継者にしたがる欲を持つのは神も人間も同じでしょうか(笑)。

ともかく三人の神に育てられたウィルは剣を握っては負け知らず、動物と話せて治癒もでき、古代魔法の魔術も使える最強の少年に育っていった。そして14歳となった時、転機が訪れます。
kamigami200526-1.jpg
人々の入山を許さないテーブルマウンテンに侵入者あり。どうやら女性が鎧を着た男たちに追われているようだ。自分以外の人間を見るのは初めてだけど、こういう場合は女性側に付くのは本能的に知ってましたw
男たちを倒し、ついでにドラゴンをも倒したウィルに悪漢どもは戦意喪失。とても敵う相手じゃないと退散ですわ。
kamigami200526-2.jpg
盲目の巫女である少女の名前はルナマリア。大地母神に仕えていたところ神託を受けてこの地に来たという。目的はズバリ、私とともに世界を救う旅に出て欲しいというもの。先ほどの悪漢はそれをよく思わない者からの刺客だったようです。
やがて旅に出ることはレウスから聞かされていたのでいいけれど、問題は三人の神。何せウィルを過保護に育ててきたものだから反対するのは当たり前だ。
kamigami200526-3.jpg
それでも必死に食い下がるルナマリア。そこで落としどころとして提案してきたのが3人がそれぞれ試練を出すので、全てを突破しろというものでした。
知恵を絞ってヴァンダルとローニンの課題をクリアした二人。口では反対していても我が子の成長を見たい気持ちがあったようで、難癖つけることなく合格させたのは好印象。でも最大の難関が待っていた。ミリアだ。
kamigami200526-4.jpg
形相が怖いよ~~!
小さな頃からウィルを溺愛していただけに、どこの馬の骨とも知らない女に大切なウィルを渡してなるものかと、認めないつもりらしい。ではいったいどのような課題にする気だろうか!?
漫画は「ソシャゲのプランナーさん」などの九野十弥氏。丁寧な画調でルナマリアがカワイイです。

神々に育てられしもの、最強となる1 (電撃コミックスNEXT)