mazin170521.jpg
『月刊ヤングマガジン』新連載、「マジンガーZ インターバルピース」の1話
グレートマジンガーがミケーネ帝国を倒して3年──平和を取り戻した地球は復興の道を歩んでいた。その一環として兜甲児はマジンガーZと共に中国へ渡る。何もマジンガーで建設工事をするわけでない。この度 見つかった、ドクターヘルの第5軍団の残骸の後始末をするためだ。とはいえ上の画像のようにマジンガーは強化バンドで しっかり拘束されているのが衝撃的。とても動ける状態ではありません。いや、そもそも動かすつもりもなく、あくまで"最後の手段"の保険だからです。
実際、1機の機械獣が動きだして現場は騒然とするも、ミサイル砲によって沈静化。マジンガーの出番はありませんでした。

復興が進む日本。光子力研究所も施設が拡大し、所員も大幅に増員しているようだ。兜甲児と剣鉄也が食堂で食べている際、テレビではマジンガーの今後について語ってた。
mazin170521-.jpg
要約するとこうです。
・マジンガーとグレートの2体は新国連統合軍へ提供。その交換条件に日本は常任理事国入りへ。
・これに伴い操縦者の二人も統合軍入りが有力視。
・弓教授が政界入りの噂。
所員たちは甲児と鉄也が統合軍に入るのか興味深々のようです。その二人は今後について話し合う。鉄也は統合軍入りを希望して受理されたのに対し、甲児はまだ決めかねていた。何も行かないつもりではない。ただ、平和になった世界で今後もマジンガーが必要なのか? もしかして別目的に運用されるのではないか? との懸念があるからだ。

そこへ鳴り響くサイレン。保管していた機械獣が動きだして街を破壊しながら進んでいるという。マジンガーZとグレートマジンガーは揃い踏みで発進。その排除にあたります。ところがこの機械獣、何か変だ。マジンガーを前にしながら無視してただ進むだけ。実はコレ、革命家と称する団体? が作った寄生虫を模したワームAIで動かしていたもの。ただ動くだけであり、敵に対して反撃するといった複雑な行動はできません。
mazin170521-2.jpg
これに甲児は悲しみとも怒りとも思える表情で 打ちひしがれる。機械獣とは今まで何度も戦ってきた相手。その相手に無視された、相手にされなくなったことに憤りを感じたのだ。無論、平和が訪れたのは喜ばしいことだ。けれど敵がいなくなった以上、マジンガーの必要性にどうしても懐疑的になってしまう甲児です──
mazin170521-3.jpg
後日、鉄也の統合軍入りを記念する大々的なセレモニーが開催された。炎ジュンのセリフは一言もないけれど魅力的ですねー。でも甲児は研究者になるとして断ったらしい。やはりこれ以上、マジンガーに乗るつもりはないみたい。けれど鉄也はこう言います。
 甲児は必ず マジンガーに乗りますよ
 それがマジンガーに乗ってしまった者の──宿命です


人類は有史以来 最も平和な時代へ突入しようとしていた
後の人々はこの時代をこう呼んだ
束の間の平和──すなわち「インターバルピース」と

超合金魂 マジンガーZ GX-70 マジンガーZ D.C.(ダイナミッククラシックス)  約170mm ABS&ダイキャスト&PVC製 塗装済み可動フィギュア
超合金魂 マジンガーZ GX-70 マジンガーZ D.C.(ダイナミッククラシックス) 約170mm ABS&ダイキャスト&PVC製 塗装済み可動フィギュア
スポンサーサイト
boku170522.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問15
学習強化合宿にて、ふとしたことからキスしてしまった唯我と緒方さん。翌日 二人は無断で外出した罰として、女風呂の掃除をやらされていた。罰を受けるのは仕方ないとしても、気まずい雰囲気が漂ってまともな会話ができないのは無理もないか。けれど上の画像にあるように、普段は冷静を装っている緒方さんがただならぬ状態なのは明らか。これが異性への目覚めってやつですかい?(笑)

そこへ異常事態が発生! 「清掃中」の札を入り口にかけてなかったために女の子たちが入って来てしまったのだ。ヤバイ! このままではノゾキのレッテルを貼られるばかりか、推薦まで取り消されてしまうと唯我は気が気でありません。
boku170522-.jpg
札をかけなかった私の責任だと緒方さんは唯我を逃がすため立ち上がる! ひとまずサウナ室に入れてから みんなに唯我が居ることを正直に話せば何の問題もないハズだ。でもテンパってしまったんでしょうね、「サウナ室に入るな」とだけ言って唯我のことを口にしません。これでは何の解決にもならねーと唯我は心の中で絶叫するのでした!
boku170522-1.jpg
当然のようにサウナ室に入る女の子。しかも うるかと古橋さん。これが普通の場所ならむしろ天国でしょうが よりによってサウナ室。ずっと室内に居る唯我にとっては地獄そのものだ! このままでは本当に死んでしまうという時に、状況を察した関城さんの助け舟で危機を脱した唯我。これというのも緒方さんLOVEの感情があったからこそでしょうね。
boku170522-2.jpg
が、最後になって うるかとバッタリ遭遇。人生オワター! と思ったけれど、何事もなくスルーできたよ?? うるかはうるかで唯我を想うあまり幻覚を見たと勘違いしたらしい。何て天然なんだ うるかは! でもこれって「うるかなら見られても問題ない」という作者の読者サービス精神があったからこそ出したんだろうなー。
boku170522-3.jpg
最後になって仲直りした二人。でも感情を言い表せない緒方さんにとって あのキスは「接触事故」だとは、的を射た表現ですな。それはそうと唯我は見たんだろうか? そっちが気になるわ。
ぼくたちは勉強ができない 1 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
rwby170520.jpg
『ウルトラジャンプ』で連載していた「RWBY(ルビー)」の1巻です。
漫画家は「DOGS/BULLETS&CARNAGE」の三輪士郎氏。日本アニメの影響を少なからず受けたアメリカアニメのコミカライズになります。7月からTOKYO MXで放送が始まることから知る機会にもってこいでしょう。

魔法と科学が同居する「レムナント」という世界。人類はグリムという怪物に脅かされていたが、ダストという力の発見により対抗することが可能となった。主人公のルビーたち4人はグリムを退治するハンターとなるべくビーコン・アカデミーに集まった者たちだ。
rwby170520-.jpg
はい、これがメインキャストのチーム「RWBY(ルビー)」。それぞれの頭文字であり、またそれぞれのカラーであるレッド・ホワイト・ブラック・イエローも指してます。アカデミーに集まった者たちは四人でチームを組むのが基本であり、また複数のアカデミーも存在。それぞれで協力したり対抗したりとさまざまだ。それぞれを左上から簡潔に紹介しますね。
・ルビー・ローズ
 主人公。ヤンの異母姉妹の妹。デスサイズのような武器 クレセント・ローズを使用する
・ワイス・シュニー
 大企業のお嬢様。口うるさいところあり。武器はミルテンアスター
・ブレイク・ベラドンナ
 実はファウナスと呼ばれる獣人であることを隠しているが… 武器はガムボール・シュラウド
・ヤン・シャオロン
 ルビーの異母姉妹の姉。極めて活発な性格。武器は両腕に装着するエンバー・セリカ

この1巻ではそれぞれ4人のストーリーと、チーム「JNPR(ジュニパー)」との共闘を描いた話を収録。全部紹介できないのでルビーとワイスの話をしましょう。
rwby170520-1.jpg
ひょんなことからアカデミーのジャイアンのような存在・ウィンチェスターと一騎打ちすることになったルビー。当初は臆していたけれど、この学校に来た理由・意味を思い出して勝利する。1話なだけに基本設定と人物関係がわかりやすく描いてあります。

2話はお嬢様のワイスの話。ワイスは地元のアカデミーではなく、遠く離れたビーコン・アカデミーへの入学を希望していた。父親への反発心から、手の及ばない離れたアカデミーに進みたいからだ。けれど父親の太鼓持ちである上司は当然ながら反対の意向。
rwby170520-2.jpg
そこで模擬戦に勝てるハズのない強敵のグリムを差し向けた。でも勝たなければ自由を手に入れられない──ワイスは負傷しながらも薄氷の勝利を収めてビーコン・アカデミーへの入学を決めた。

絵に多少クセがあるので好みの分かれるところでしょうが、海外アニメは大抵そんなもの。キンターへと成長していく彼女たちを見守ってあげてください。
RWBY (ヤングジャンプコミックス)
RWBY (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
shinju170519.jpg
『チャンピオンRED』連載、「神呪のネクタール」の1巻です。
「聖痕のクェイサー」のコンビによる新作なんですが、おっぱい吸ってパワーアップ、というか変身するコンセプトは変わってねーじゃん! まるで「聖闘士星矢」の後に始めながらも似たよーな内容だったために13週で打ち切られた「SILENT KNIGHT翔」を思い出したよ。もっとも当作品が打ち切られるかどうかはあなたの応援次第です!

ここは異世界。オード共和国の追手は大人数を率いて逃げる二人を捜索していた。その一人はアダール侯国のお姫様であるサクラ・シャクンティーラ。もう一人はその義兄のスゴ腕の剣士・グレイだ。アダール侯国は金やオリハルコンの産地だったためにオード共和国に攻め込まれたばかりか、不思議な力を持つ神妃を手にいれんとサクラを追っていた。

神妃の不思議な力とは異世界からの稀人(まれびと)の召喚。サクラは今がその時と儀式を行い、勇猛なる稀人が来ることに期待したのですが…
shinju170519-.jpg
カイという名前の とんだヘタレ野郎でした! 交通誘導員のバイトで暮らしているらしく、世間の誰からも期待されてないことが伺えます。けれどサクラが危機に陥った際、身を挺して庇ったカイ。致命傷かと思われたけれど、ここでサクラの態度が一変します。
shinju170519-3.jpg
いや、態度どころか髪の色とか容姿まで別人へとチェンジ。これこそが神妃の能力というか別人格で、高飛車なお嬢様モード。この状態になってこそ真の能力が発揮されるのだ。
shinju170519-1.jpg
巨大なバストを露出させて吸ってみろときたもんだ!
そんなこと言われりゃ吸うしかねーだろ! アンタは吸わないのか? 絶対吸わないと神に誓えるか!? 俺だったら吸うね! それが呪いだとしても目の前におっぱいを差し出されて吸わない奴がこの世にいるかよっっ!!
こうして呪乳(授乳とかけてます)を授かったカイは神呪化し、超人へと変身す! この呪乳をネクタールと呼ぶんだそうだ。
shinju170519-2.jpg
いやもう強いの何の! 人が簡単に真っ二つですよ。しかも容赦ないので残酷とも思えるほどの暴れっぷりを見せてくれます。但し長時間は無理のようで、しばらく経たないと再度の変身もできないみたい。まぁヒーローはそんな弱点があるものだけどな。
こうして最初の戦いは無事に終えたものの、オード共和国がこの力を見せつけられて手を引くわけがありません。増々その力を欲せんとして趣向を変えて再攻撃。
shinju170519-4.jpg
これにより頼れる剣士・グレイが死亡。これにはサクラはもちろんカイもショックを隠せない。屋台骨な存在でしたから。更にサクラも捕らえられてしまいカイは全てを失った。けれどグレイから「強くなれ」と言われたことを思い出し、逃げないでサクラ救出に向かう──

前作と似すぎるコンセプトながら、異世界を舞台にしたことから「これもアリ」と思えます。サクラを救うべくその姿になったのは決意の表れなんだろうね。どうやって救出するのか見ものです。
神呪のネクタール 1 (チャンピオンREDコミックス)
神呪のネクタール 1 (チャンピオンREDコミックス)
神呪のネクタール 1 (チャンピオンREDコミックス)Kindle版
itsuka170518.jpg
『コミック百合姫』連載、「いつかみのれば」の1巻です。
雑誌が雑誌なだけに百合展開があると思ったら全くなし。むしろ女性同士の友情といった感じかな。

高1になったばかりの揺篭みのる(通称 みの)の父親は格闘家。格闘家生命の最後に本場アメリカのラスベガスへ挑戦することに決め、みのも同行することを促される。行こうかどうか迷っていた時、ふと立ち寄ったゲーセンで出逢いが待っていた。同じ歳の女の子でありながら格ゲーをやってる四条だ。見よう見まねで対戦したところ瞬殺。相手が素人だと知った四条は手ほどきをしてくれて、再度対戦することに。
itsuka170518-.jpg
そしたらどうだろう! みのがまるで別人になっているではないか。さすがに技はまだ出せずに防戦一方だけれど、決めに行った技をことごとく防いでしまうのだ。これが格闘家の血を引いたせいかどうかはわからないけれど、相手の動きを見極めてからの行動が鬼のように素早いのです。
itsuka170518-1.jpg
結局 今回も四条が勝ったのですが喜びはありません。むしろ"この子と一緒に格ゲーをやりたい"気持ちで一杯になっていた。四条はプロゲーマーを目指しており、みのをこれから鍛えれば同じレベルまで強くなれるハズ!
そしてラスベガスを旅立とうとする みのを抱きしめ、引き留めたのが一番上の画像。
 私があなたを 世界で2番目に強くしてあげる
こうして みのは単身 日本に残ることになり、四条と格ゲーを極めることに…

とはいえ一朝一夕で上達するわけもなく、時には反発するなどして一人でゲーセンに行ったら、今度は音ゲーをしていた少女・ZTTと出逢う。この子は音ゲーの楽しさを教えてくれたものの、四条と顔を合わせたら険悪ムードに。どうやらZTTは元は格ゲーの上級プレイヤーだったようで、四条にも勝ったことがあるみたい。だから四条は目の敵にしてるわけね。
itsuka170518-2.jpg
そこでもって みの争奪?を賭けて みのとZTTが格ゲーで戦うことに。四条は みのを渡すまいと特訓に取り組みます。また みのも、 とあるキャラが父親の動きに似ていることに気が付いた。それもそのはず、父親がモーションキャプチャーで演じたものだからだ。使用キャラをソレに決めて練習を繰り返し、とうとう戦いの場に立つ二人。
itsuka170518-3.jpg
三本勝負で二本取られて後が無くなった みの。でもここから みのの本領が発揮される! 例によって鬼のように素早い反応で相手のペースを取らせません。そして二人の結末は…

時おり本格的な格ゲーの講座が設けられており、興味がある人はけっこう読み込むんじゃないかな。格ゲー経験者なら読んでおいて損はないと思いますよ。
いつかみのれば1 (百合姫コミックス)
いつかみのれば1 (百合姫コミックス)
いつかみのれば: 1 (百合姫コミックス)Kindle版
aoi170516.jpg
『ゲッサン』連載、「アオイホノオ」の17巻です。
久しぶりにアオイホノオを買いました。『アオイホノオ被害者の会小冊子付き特別版』で! 連載100回目を迎えた『ゲッサン』17年2月号にて発表されたイラストはもちろん、今回新たに羽海野チカ・日本橋ヨヲコらなどを加えた21名の漫画家・編集者らのイラストやコメントを掲載。
aoi170516-.jpg
その一部がコレ↑ 左が板垣恵介、右が羽海野チカ。作品には登場してないけど本人との今までの経緯から藤田和日郎も「全面支援」「ゼッタイゆるすな!」と、意気を高めてます。

時は1981・2年あたり。少年サンデーの新人賞に『必殺の転校生』で入選を果たしたホノオは連載が決定。今大人気の機動戦士ガンダムを雁屋哲の原作でやるというから引き受けたものの、忍者が出てるし超忍が主人公と書いてある。編集者はこれがガンダムだと言い張るも、絶対にそうでないのは明らかだ。
でもホノオは考える。小学館がガンダムを真剣に考えたらスーパー忍者になったんじゃね? かっこいいぜ小学館! と、騙されたことを自分勝手に都合よく納得してしまうのはいかにもホノオだこと。

もうお気づきでしょうがこの作品は初の連載作となる「風の戦士ダン」になっていきます。この時点では「闇戦士リュウ」というタイトルだけどね。

これとは別に今回上京した理由の一つに、漫画家からカラー原稿を習う目的がありました。その習いたい漫画家は誰だと編集者が訊いたところ、新谷かおるだと答えたホノオ。間を置かず即座に編集者は言い返す。
だったら帰れ!!   ええっ!?
aoi170516-1.jpg
どうやら編集者にとって新谷は見習って欲しくないところが多い、多すぎるらしいのだ。それが何なのかハッキリとは言わないけれど「それを知ってしまったら…新人漫画家としては…終わりだ!!」とまで言うからには余程のことなんだろうね。
折しもつい先日、休筆宣言をしたところでの登場ですからこれは注目せずにはいられません。

そして先生と会って話を聞いていたところ、やはりと言うかとんでもないことを言ってきました!
aoi170516-2.jpg
原作通り描かなくていい! 原作通り 描かないのが──いっぱしの漫画家だ!! と、新人漫画家にとってはいきなりハードルの高いことを突きつけた。今まで編集者から言われてきたことの真逆なのだからちょっとしたパニックですよ。
また原作と締め切りとの関係を聞いてホノオは身震い。原作は必ずしも予定通りに入るわけでない。下手したら締め切りの三日前になって届くこともある。それで原稿が完成しなかったら100%漫画家が悪いことになるそうだ。でもたった3日で下書きからペン入れまでやるのは実質不可能。ではこういう場合どうすればいいのか? 新谷はいかにも悪巧みしている顔でこう答えました。
aoi170516-3.jpg
原作が来る前に──勝手に描いちまうんだよ!
なにーーー! 読者さえ想像できなかった返答です。ま、新谷はこの時点でかなりの売れっ子だから、原作者にも融通が通るのでソレが出来たのでしょうね。もし新人がこれをやったらホされかねませんよ。
アオイホノオ 17 (少年サンデーコミックススペシャル)
アオイホノオ 17 (少年サンデーコミックススペシャル)
アオイホノオ 17 被害者の会小冊子付特別版 (少年サンデーコミックススペシャル)
boku170515.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問14
学校で山に来た唯我たち。ああ、学園もので恒例の林間学校かと思ったら、学習強化合宿とは珍しい。どこかの学習塾が夏休みとか使って合宿して勉強する姿をニュースで見たことあるけど、そんなもんなんだろう。普段は買ってる 山うどが普通に生えているのを見て収穫したがる唯我だけれど、先生の指導で泣く泣く断念。
この一部始終を見ていたのは緒方さん。古橋さんに指摘されてしらばっくれるけれど、こういうところは最早お約束とも言えますね。

これにより唯我のことを意識し始めるわけですが、こういう時こそ唯我を取り巻く人物が気になるというもの。消しゴムを渡そうと思ったら古橋さんに先を越されて頬をぷくぅ。今度は うるかに手と手が触れて恥ずかしがる姿を見て頬をぷくぷくぅ。いやはや、それを嫉妬と言うのですよ、緒方さん。もっともこう指摘したところでまたまた しらばっくれるに決まってますが。
boku170515-.jpg
ちなみにこの時の うるかの表情がやけに可愛いじゃないですか! 好きな人だからこそ笑顔になれるのでしょう。ま、誘うんだったら足を広げるなどの配慮が必要だね(笑)

そんな経緯から唯我と顔を合わせ辛くなってしまった緒方さん。でもそんなときに限って唯我と会ってしまうんだなぁ。
boku170515-1.jpg
恥ずかしさのあまり逆ギレな感じて飛び出してしまいます。外でボードゲーム「ニムト」をやりながら、唯我に対する気持ちを整理する。けれど結果が出てきません。感情がよくわからないとする緒方さん、まして恋愛感情なんてわからないよね。
仲直りするにはどうすれば? そうだ、欲しがっていた 山うどだと獲り始めたはいいけれど、熱中しすぎて元の場所に戻れなくなってしまう・・・

遭難して一夜過ごすことを覚悟する緒方さん。唯我が助けに来てくれることを期待するも、逆ギレで別れたことから確率が低いに違いないと自己嫌悪。
boku170515-2.jpg
でも来てくれるんだよなぁww 雨水でニムトのカードを流れてきたのを手掛かりにして到着したようだ。でも決して楽ではなかったようで、顔やズボンに着いたドロから苦労したことが窺えます。
boku170515-3.jpg
とうとうラブコメの王道・ハプニングキスか!
遂にやってしまったという感じ。もっとも定番中の定番をやってこそ安心感が出るというものですが。これで緒方さんの感情が劇的に変化することに期待します。やっぱ今のままでは固すぎるイメージなので、もうちょっと柔らかくなって欲しいね。
ぼくたちは勉強ができない(1): ジャンプコミックス