kinsho200911.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の152話
アスファルト タイヤを切りつけながら第二二学区の暗闇を走り抜ける五和のサイドカー。チープなスリルに身を任せても後方のアックアの襲撃に怯えざるを得ないけれど。
当麻たちはインデックスが風呂を壊してしまったために二二学区にあるスーパー銭湯に向かってる最中なんです。当麻は「安全運転で頼みますよ」と五和の腰に手を掛けたら、恥ずかしさで余計にスピード出しちゃうのは仕方ないかー。

目的地の「スパリゾート安泰泉」に着いたら平日なのに客が多くてビックリ。学園都市ガイドにも載ってる人気スポットだそうだ。ならば知ってるヤツと会う可能性もあるわけで、インデックス&五和と一緒に居るのがバレたら何を言われるかわかったもんじゃない。当麻はそそくさと男風呂に直行です。だから気が付きませんでした、美琴がここに来ていることを!

その美琴、キャンペーンで来店スタンプ10個貯めれば「湯上りゲコ太ストラップ」がもらえるとあって来てました。黒子と一緒ならばスタンプ倍だから早く10個貯められるものの、あの黒子だぞ!? 美琴の裸を見ようものなら欲情してハァハァ騒ぎかねない、いや絶対するに決まってると連れて来てません。
kinsho200911-.jpg
いざ浴室に入ってみたらインデックスが居るじゃないですか! 「なんでこんな所にいるのよっ!?」と大声を上げたら「しーっ お風呂では静かに!」「お湯にタオルは入れない!」と たしなめられてしまいます。そりゃそうだね、これは美琴が悪いわ。
でも美琴は五和に対しても声を上げた。先ほど当麻がサッカーボールを頭部に食らって抱きつかれていた女性だったからだ(前話参照のこと)。
kinsho200911-1.jpg
五和の胸囲に驚異し、「チッ」と舌打ちしちゃいました。さすがのレベル5も圧倒的格差の前には太刀打ちできなかったようだ。
それはそうと この子たちはあいつの記憶喪失には気付いてるのだろうかと美琴は思案。そもそも私はまるっきり部外者であって、あの子たちみたいに親しい間ではない。けれど気になる相手だから…と、答えの出ない堂々巡りに思いつめていたら湯の中に沈んでしまう。気を張り詰めすぎた結果、のぼせてしまったようだ。
その後、誰かが担架で運ばれていく姿を見た当麻は「湯あたりでぶっ倒れたかな」と遠い目で見つめるのでありましたー。

風呂から出た五和は当麻と合流。インデックスは試食コーナーを回ってるから二人きりで束の間のデート?を楽しみます。後方のアックアはなかなか来ない。学園のセキュリティーにはまだ反応がないようだけど、そもそも反応するのかも怪しいところだ。
kinsho200911-2.jpg
「女教皇様もいてくだされば百人力」と神裂の話題になったところで、前々から訊こうと思っていたことを当麻はぶちまけた。
神裂の服装って変じゃね?
天草式は街に溶け込むのが得意なのに、あの格好では逆に見てくれって言ってるようなものだと当麻は語る。確かにそうだよね。更にグラマラスな美女だから あなただけ見つめてる、出会った日から今でもずっとですよ。けれど五和いわく、あれは術式を組むにあたって左右非対称のバランスが有効だからだそうだ。だったら女性の魔術師たちはどんどん露出を強調する方向になって欲しいと願うばかりだ。

この様子を遠方から監視している天草式教皇代理の建宮。ただ覗いてるのではなく、こちらもまたアックアの襲撃に備えてくれてます。そもそも当麻一人のために学園都市・イギリス清教・ローマ正教の三方が策略を巡らせてることが妙。
kinsho200911-3.jpg
当麻には大組織を動かすだけの価値があるのかと、改めて上条当麻は何者なのかと建宮は考える。ふと気が付けば周囲に誰も居なくなっていた。人払いの術式? ついに来たか!? そう、後方のアックアがついに来たのだ!
スポンサーサイト



railgun200827.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第127話
青星は目の前で起きている現象に目を疑う。初春の姿が変貌しているのだ。AIMジャマーを使ってAIM拡散力場を物質化? 刻一刻と変化する力場をミクロレベルで調整するなんて人間技じゃない! 学園都市内のどんなスパコンを使ったってこんなマネは無理だろう。目の前の現象は奇跡そのものであり、青星はその傍観者となっていた。
railgun200827-.jpg
二人の戦いは混沌と化してました。天使竜は嬉美の支配下から逃れ、逆に嬉美を浸食。もう人間でなくなる一歩手前という段階です。また美琴にしても体力切れ寸前。砂鉄の腕で天使竜を押さえ込んでも、何せブラックホールからの無尽蔵な供給エネルギーだからスタミナ切れがありません。やがて力尽き、砂鉄の腕は砕け散った。

初春の腕は止まることなくキーボードを叩き続ける。
たすけるんだ 佐天さんを
たすけるんだ 御坂さんを
そして春暖嬉美のことも

railgun200827-1.jpg
私は風紀委員(ジャッジメント)なんだから!!
全てを推測し計算し導き出した解決策を実行!
railgun200827-2.jpg
それは見事に的中して天使竜は白骨と化し、嬉美への浸食はストップ。異形な姿も徐々に元に戻っていきます。初春がやったことだと理解するも「俺が望む結末じゃねぇ」と、最後まで弱みを見せません。
railgun200827-3.jpg
そして嬉美は再び支配下に置いた天使竜(白骨バージョン)をぶつけ、それをレールガンで迎え撃つ美琴。これが互いに最後の一撃となるのは間違いなく、その勝敗はいかに!?
kinsho200816.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の151話
センターカラーは水着のインデックスと五和! インデックスはいつも子供っぽいだけにビキニ姿は(いい意味で)違和感を感じちゃうなぁ。五和は横乳がたまりませんわ!

「後方のアックア」が襲撃してくるからと、五和は泊まり込みで当麻の護衛に就くことになりました。二人の様子を双眼鏡で覗いてイライラしてるのは天草式の教皇代理の建宮だ。相変わらずの押しの弱さに何してんだよという気分。自分の武器に気付いてないと見える。そう、五和隠れ巨乳説をな! と、独断と偏見の巨乳説を力説する建宮。あのー、こんなんが教皇代理でええの??
ともかくその武器を最大限に発揮するための秘策「フィールドの狙撃手 フリーキック大作戦」を決行。何てことない、サッカーボールを当麻の頭にぶつけることでフラフラと五和の胸にダイブさせようとする魂胆だ。
kinsho200816-.jpg
その作戦はバッチリ決まり、当麻は五和の胸で夢気分? でも予想しない事態が発生。その場面を美琴がちょうど見てしまったことから怒りの電撃を食らわせたので、それどころじゃなくなってしまったとさ。

当麻は五和を連れて自宅へ。インデックスが ふて腐れるのも当然か。
kinsho200816-1.jpg
料理を作ってくれる五和に嬉し涙!
そりゃ家庭的な一面を見せられりゃ大抵の男はクラッと来るもんよ。それに引き換えインデックス! あなたは何ですか!? あれが居候の正しいあり方だ! なぁんでお前はいつも食べて寝てテレビを見る係なんだ!? と、まくし立てた。
kinsho200816-2.jpg
そこで課せられる風呂掃除。確かに何もしてないのだからこれぐらいのことはしなきゃと、読者の多くが思ったことだろう。
それはそうと、五和の美味そうな味噌汁の匂いに敏感に反応したのが隣の部屋の土御門の妹・舞夏だ。
kinsho200816-3.jpg
ベランダの仕切り板を破って部屋に乱入し、匂いだけで隠し味が何なのか当てやがる。さすが料理の腕前が料理店並みなだけあります。また味見をして「この女…できる…!!」と一目を置いた。巨乳な上に料理上手という好条件、俺だったら絶対にモノにしちゃうね。
この後、風呂掃除の不備で風呂が使えなくなったことから三人で銭湯(温泉)に行くのですが…
kinsho200816-5.jpg
そこでこのような場面があるらしい(禁書三期7話)。美琴が一目して敗北を認めた胸だけに、どう描かれるか楽しみだ。
railgun200728.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第126話
美琴と嬉美が戦ってる間に、初春は嬉美の能力を解き明かそうとしていた。青星がいくら挑んでも破れなかった暗号ファイルを初春は突破できるのか?
 私には解けなかった暗号だけど試したパターンが参考になれば…
 折角ですがもう解き終わったので…
 あ ハイ
早っ! なんちゅう速さで暗号を解くんだ!
これだけの電算能力を持ってる初春。嬉美たちに拉致されるわけだよ。

で、書かれていた驚くべき内容。嬉美はブラックホールを生み出す能力を持っているらしいのだ! だからレベル5に成りえるとも。でも強すぎる能力は危険と隣り合わせなわけで、全世界のエネルギー問題を解決できる反面、下手したら地球の近くにブラックホールを作ってしまう可能性もある。だから研究者も実験継続派と存在抹消派とに分かれていたそうだ。

今や嬉美の支配下から逃れた天使竜は、本能の赴くまま暴れていた。美琴はこう思わずにいられない。
どこからそんなエネルギーを調達してるっていうのよ!?
railgun200728-.jpg
これに答えるように話す初春。ブラックホールがエネルギー源ではないのか? ブラックホールは物体をバラバラに分解して超高エネルギーのジェットを放出する。竜は何らかの方法でその莫大なエネルギーに寄生してるかも。なるほど、だから天使竜はブラックホールを作れる嬉美に憑りついたと考えれば納得できます。
けれどこれは…絶望感に包まれる初春。嬉美と天使竜を引き剥さない限り、私たちはブラックホールを相手に戦ってるも同然。ならば美琴の勝利は絶対にあり得ない!

佐天さんの症状の危険を知らせる信号音が鳴り響く中、初春は必至で考える。このままじゃ佐天さんは助からない。けれど天使竜を黙らせるなんて美琴でも難しい。それを可能にする能力者、そんな人いるわけが…
railgun200728-1.jpg
いないなら 創り出せば──
これが境地に達した考えかもしれないね。前々回、佐天さんに怪我を負わせたことに怒りが頂点に達して、ダークサイドに堕ちる寸前までいきました。今回は救うためなら身を犠牲にしてまでも助けたいとの想いがそうさせたと感じます。
railgun200728-2.jpg
長距離AIMジャマーをどう稼働させたか知りませんが、自ら大量に浴びることで身体に変化を起こさせます。パッと見て巫女っぽい印象を持ちました。この能力で嬉美と天使竜とを分断させれことができるのか!?
kinsho200716.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の150話
長かった暗部組織の抗争が終息し、今回から原作16巻に突入。冒頭はアニメではカットされたイギリス清教の部分。ローマ正教の「後方のアックア」から、「左方のテッラ」の遺体が送られてきた。付属していた手紙には「これより上条当麻 粉砕に赴く 止める気があれば全力で臨むようにされたし」とある。
つまりこれはイギリス清教と学園都市に対する果たし状。ローマ正教と学園都市との戦争が始まることを意味してます。
kinsho200716-.jpg
そんなことなど知らない当麻。132話、18年11月号以来の約二年ぶりの登場デス。命を狙われてるというのに今回はギャグ展開。授業が長引いたせいで昼食のパンは売り切れ、学食は完売という有り様で当麻のクラスは危機に瀕していた。何も食べないまま午後の授業なんてやってられるか! こうなったら脱走してコンビニに買いに行くしかないと、吹寄・青髪・土御門・当麻の四人が買い出し班に選ばれた。アニメ三期7話だと他にも買い出しに向かうも失敗。残るはこの四人だけという設定に変更されてます。

フェンスをよじ登る際、ゴリラのような災誤(さいご)先生と出くわしてしまい青髪は最初の犠牲者に。土御門と当麻は先生をまくべく二手に分かれるも、先生は当麻の方。「やっぱ俺の方かよおぉ」と逃げるも掴まれてしまいジエンド…かと思われたが!
kinsho200716-1.jpg
五和がキター! 助けてくれたのは五和でした。ただ「覚悟してください 後方のアックア!!!」と叫んでることから、人まちがいだったようだけどな。
この後、五和は学校の先生を殴ってしまったと知って自己嫌悪。それはそうとなぜ五和がいるの? 理由を訊いたら当麻の命が狙われてるから護衛に来たとのこと。
kinsho200716-3.jpg
しかも泊まり込みで! でもインデックスが何て言うかな? けれどそれは得意の料理で懐柔できそうだ。いやそれよりも先に来月号では建宮による「五和隠れ巨乳説」の熱弁が楽しみだったりします。 
railgun200628.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第125話
嬉美の攻撃に負傷(というか体内の塩分を変化させられた)した佐天さんは、青星と初春によって医務室に運ばれる。そこで青星は嬉美たちとの境遇を語るも初春には届かない。佐天さんを攻撃した怒りが何よりも勝っているからだろう。
 同情しますがあの人は許さない。ですがここから先は風紀委員として対処します
として青星に協力を要請。それを請ける青星。↑の画像のように天使竜を使い続けると嬉美が危ういと知ったからだ。
railgun200628-.jpg
青星は研究所を脱出した際に持ち出したデータを初春に託す。暗号化されて自分たちにはわからなくても、初春の腕前からすれば解読できると踏んだからです。つまり嬉美の能力の詳細を知られてしまうけれど、命がかかってるのなら背に腹は代えられない気持ちなんでしょう。
railgun200628-1.jpg
その一方で美琴と嬉美は第三ラウンドの真っ最中。嬉美の目的が超能力開発技術を世界中にバラ撒くことと聞かされ「弱者に力を与えるのは過去の自分と重なるから?」と心情を揺さぶる。それは図星だった。研究所を脱出する時、灰火が撃たれて死んだのは自分たちを助けるための囮だったと思ってるからだ。自分が何も出来なかったことにムカつく嬉美。
しかしそれは美琴でも同じでした。
railgun200628-2.jpg
一方通行との戦いや大覇星祭など、今まで何度も当麻に助けてもらってる美琴。こんな弱い自分が許せなかったと電撃を放ち嬉美を直撃。感情がこもった分だけ思いが届いた格好だ。
けれど嬉美は立ち上がる!
railgun200628-3.jpg
普通なら立ち上がれないほどの電撃を受けながら無事だったのは、天使竜の浸食が思いのほか進んでいたから! 当麻の右手では普通に生活していた? 竜だけれど、他人ではこうしないと生きていけないということかな?? ともかく竜と完全に一体化してしまったら分断は不可能っぽいし、このままでは精神も侵されるんじゃないかな。

来月号で外伝の「アストラル・バディ」「とある科学の一方通行」が揃って終了。こうも一度に終わるなんて何かあるの?

Barry Douglas 毛布 シングル とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 食蜂操祈 大判毛布 掛け毛布 カスタム可能 約200cm X 150cm
kinsho200612.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の149話
先月休載だったので二ヵ月ぶり。一方通行が垣根帝督に打ち勝ち戦いは収束を迎えた…と思ったら ひと波乱。仲裁に入った黄泉川に帝督が攻撃を加えたのだ。
結局テメエも俺と同じだ 誰も守れやしない
これからもたくさんの人が死ぬ 俺みてェな人間に殺される

と、更に黄泉川に攻撃したことから一方通行の理性が完全に暗黒に支配された!
kinsho200612-.jpg
二つの黒い翼は上空高く舞い上がり、ビルを軽々と破壊する。つい先ほどまで周囲に被害者を出さないように守っていたことからすれば完全な逆行為であり、理性が消し飛んでるのは間違いないようだ。
俺と同じになりやがったと歓喜した帝督は能力を繰り出して対抗しようとするも焼け石に水。帝督の能力などもはや何の役にも立ちませんでした。
kinsho200612-1.jpg
はい、禁書アニメ3期6話において帝督は胸元あたりまで地面に埋められて ひたすら殴られ続けるだけでしたが、原作ではこのように右腕が消し飛ぶなどもっと過激だったんです。もっともこれはアニメにはできないとの配慮で削られたんでしょうけどね。
殴り続ける一方通行。このままでは殺してしまうのは確実で、深手の黄泉川は止めようとする。幼い頃に装甲車で包囲して研究所に送り込んだことを後悔しており、二の舞を避けたいのだ。けれど止められないからにはまた再現してしまうことだろう。
ここまでなのか…? こんな所であの子の未来を終わらせてしまうのか
絶望に支配されかけたとき、その子は来ました。打ち止め(ラストオーダー)です。

近付く打ち止めを黒い翼は排除しようとするも寸前で止まった。また黒い翼は警備員に攻撃しようとするも、これまた打ち止めの言葉通りに攻撃をストップ。どうやら理性を失っていても打ち止めに関しては素直に聞くようだ。
kinsho200612-2.jpg
抱きしめたことで完全に沈黙! つい先ほどまでとは打って変わって静かなものです。これによって今度こそ一方通行が垣根帝督に勝ったと断言できました。

ここからは『グループ』のエピローグみたいなもの。海原光貴(エツァリ) はショチトルの命が助かったことに ひと安心。結標淡希は少年院に囚われてる仲間に対して「いつか必ず救い出してみせる」と己の魂に刻んだ。入院してた一方通行は脱出して土御門たちに合流ですわ。
kinsho200612-3.jpg
土御門はピンセットをドサクサに紛れて奪取しており、アレイスターの『滞空回路(アンダーライン)』にアクセスして情報を入手。暗部の機密コード類の中に「ドラゴン」と記述してあり、これは何? と言わざるを得ません。いったいナニコレ珍百景なのだろう。

とある魔術の禁書目録 24巻 (デジタル版ガンガンコミックス)