railgun200327.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第123話
先月は特別編だったので二ヵ月ぶりの連載再開。内容を忘れてしまった方は↓を。
「とある科学の超電磁砲」 美琴と嬉美の再戦は両者相譲らず

嬉美との戦いに乗じて初春と佐天さんを逃す作戦を見破られた美琴。何とかしてして隙を伺おうとする中、嬉美は超能力開発技術を世界にバラ撒くことを語り出す。これが目的で初春を拉致したわけですが、美琴にとっては「そんなこと」程度にしか思ってないようだ。
railgun200327-.jpg
警備用のムカデロボをハッキングした美琴は嬉美を襲わせるも、"天使型の竜"の能力で?手に触れることなく破砕。翼が生えているように見えるその姿は、まるで六枚羽を生やした垣根帝督を思い出させます。
でも破砕されるのは想定内だったらしく、むしろ逆にこれを利用。
railgun200327-1.jpg
電磁石でバラバラになったパーツを集めます。エネルギーをみなぎらせてるこのポーズ、はて どこかで見たような記憶が…
railgun200327-4.jpg
あーーこの人だ! 「ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日」の戴宗(たいそう)だ。そういや美琴と同じく電気を使う能力者でしたね。
集めたパーツを拳で、肘で、レールガンの弾丸として天使竜に叩きつける! それはさながら連発式のレールガンだ! 天使竜は全身にレールガンを受けるわけですが、意気込みに反して全く動じない。美琴いわく「怪獣映画で総攻撃が徒労に終わる自衛隊の気分」だったみたい。

今度は嬉美の番。空中に浮いてる美琴に向けて、天使竜の頭部の十字光線を発射。これを浴びたら塩になってしまう! 残ったパーツを使って美琴は回避。いや、最初からこれが目的だったのか?
railgun200327-2.jpg
十字光線が壁を照射したことで塩になっちゃいました。ならば後は簡単。レールガンで塩の壁を壊して初春と佐天さんの退路を作ります。大量の塩が煙幕となってる中で、砂鉄で おとり人形を作ろうとする美琴ですが…
railgun200327-3.jpg
天使竜の体当たりを食らってしまいました。いったいどーなるの!? ってか、少年院の警備員たちはどーしてここに一人も駆け付けて来ないのか不思議だ。
スポンサーサイト



kinsho200312.jpg
月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の147話
浜面と むぎのんとの戦いが決着した一方で新たな戦いが始まろうとしていた。垣根帝督はアレイスターとの交渉を有利に進めるべく一方通行の抹殺を決意したのだ。その一方通行は「グループ」の協力者(と思われる)人物から「最終信号(ラストオーダー)」の命に関わる情報を知らされ目の色が変わる──
あ、ラストオーダーは「打ち止め」「最終信号」のどちらでもOKです。念のため。

その頃 ラストオーダーは初春と一緒に居ました。迷子になったのではなく、迷子になった(と勝手に思ってる)一方通行を見失ったから。ラストオーダーがちょっと席を外してる間に初春に接近して来たのは垣根帝督。「こういう子がどこへ行ったか知らないか?」とラストオーダーの写真を見せた。不審に思った初春は知らないとするも、帝督はそれを見抜いてました。イスを蹴飛ばして地面に伏した初春の右腕を踏みつけます。

帝督は格下なら見逃す寛容性があるものの、自分に仇成(あだな)す者には容赦しません。
kinsho200312-.jpg
再度 訊いても返事をしなかったことから情け容赦なく骨折に追いやります。痛そー!
それでもなおラストオーダーの行方を喋らない初春は偉いね。もっともそのために殺されそうになるわけですが、そこへ帝督目掛けて巨大なものが飛んでキター! 道路標識でもなければ飲料水の自販機でもないソレは、銀行のキャッシュディスペンサー!
kinsho200312-1.jpg
一方通行が救世主のように現れた!
もっとも当の本人にとっては初春を助けるつもりなど無かったでしょうがね。ともかく一方通行と垣根帝督が遂に対峙す! 街の中だろうと学園都市の一位と二位が激突するのだから、止められる人物なんて居るわけがありません!
初手は一方通行が勝り、帝督を店舗の壁に叩きつけた。もちろんこれだけで帝督が負けるわけもありません。
kinsho200312-3.jpg
帝督の背中には六枚の翼が生えてました。
似合わねェな メルヘン野郎
心配するな 自覚はある

想像を超えた戦いは始まったばかりだ。
railgun200228-2.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の特別編
アニメ放送中ならではのこと。今回はブルーレイ&DVD特典の小説を、全6ページであらすじ紹介する内容でした。↑のマンガは導入部で、初春を助けに来た佐天さんの前に その初春が登場。しかも嬉美を殴って壁をぶち壊して。
えーっと、こんなに強いのなら拉致されんなよと(笑)
railgun200228.jpg
特典小説はアニェーゼ・ルチア・アンジェレネの三人が主役らしい。ここはドイツのフランクフルト。アンジェレネがスマホと自転車を使った宅配バイトをしたとのことでアニェーゼを肉体言語のお説教。聖職者なのに副業でお金を貯めて おやつの買い食いとは何事だと。

でもそれは偽りなんだよねーと、事態は思いもよらぬ方向へ。最近、宅配バイトの行方不明事件が頻発している。現場に残されたのは自転車と血溜まりと魔術の残り香。
railgun200228-.jpg
アンジェレネは犠牲を止めるために自らが囮となって宅配バイトしてたのか!
…まぁ何とも都合の良い勘違いだこと。
railgun200228-1.jpg
第一話 スペイン バルセロナ
第二話 フランス カレー
第三話 ドイツ フランクフルト
こうして三人は話ごとに場所を変えて行方不明事件の犯人を追い詰めるらしいですよ。まぁどこまで信用していいのやら。

余談として大魔法峠の主題歌を。歌ってるのは佐藤利奈さん。2:12あたりからプロレス技を連呼する箇所があるのですが、この部分の声が完全に美琴になってます。だから脳内では勝手に、黒子にプロレス技をかけてるんだろうなぁと変換してる自分です。
ちなみにこのOVAの監督は水島努さん。現在はガルパンなどをやってます。もしこのOVAのテイストでガルパンをやってたら、みほたちがやられたらパンツ丸出しでピクピクしたのは間違いないと思うぞ。
kinsho200212.jpg
月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の146話
耳を犠牲に むぎのんの右目を潰した浜面。とはいえ迫力や勢いは依然として むぎのんが優勢。「手足がもげようが戦力差はひっくり返すらねえ」「テメエら無能力者なんざ指一本動かさなくても一〇〇回ブチ殺せるんだよオおぉぉ」と浜面の首を絞め上げる。
確かにそうだ。レベル5と無能力者は月とスッポン、天と地ほどの差があるだろう。それを承知で浜面は冷静に答える。

アンタはこんなつまんねぇ無能力者相手にこだわる必要なんてなかった
自慢の超能力を使って遠距離から狙い撃ちしてりゃ良かったんだ

kinsho200212-.jpg
その無駄な勝利宣言が決定的なスキになるっつってんだよ!
取り出したのは小型拳銃。服部半蔵からもらったレディース用の小口径でも、このほぼゼロ距離ならば威力は絶大だ。銃声が鳴り響くたびに むぎのんの身体に穴が開いて鮮血が飛び散る! 全弾撃ち尽くしたところで むぎのんは倒れ天を仰いでいた。「指一本動かさなくても一〇〇回ブチ殺せる」のは間違いないものの、直接 絞め上げようとしたのが最大の失策でしょう。

けれど むぎのんは死せず!

怒り狂ってゾンビのように立ち上がり、粒機波形高速砲を発射! 銃は全弾撃ったので使えない浜面は、逃げるのではなくむしろ むぎのん目掛けて走り寄る。接近した方がむしろ避け易いと判断したのだろう。
kinsho200212-1.jpg
その目論みは当り、ギリギリのところで回避に成功。その勢いのまま顔面に男女平等パンチを叩き込み、今度こそ完全決着! 以前 無能力者の当麻が一方通行に勝ちましたが、当麻は右腕があるので実質 能力者と言えるだろう。でも浜面は正真正銘の無能力者であり、それがレベル5に勝ったのだから これは史上空前の快挙と言っていいだろうね!

一方、『スクール』の垣根帝督はピンセットを手に入れたことで分かったことをドレスの少女(獄彩海美)に報告。
kinsho200212-2.jpg
アレイスターが学園都市内で起きていることを何でも知ってる理由。それは街中に見えない機械を五〇〇〇万ほどばらまいて のぞき見していたから。その名は『滞空回線(アンダーライン)』という70ナノメートルという極小のシリコン塊。これを逆利用してアレイスターとの直接交渉権を得ようとするも、もう一押し 欲しい。
kinsho200212-3.jpg
そこで一方通行の排除。第一位を亡き者にすることで自分が『第一候補』の核になるという。かくして学園都市 第一位と二位の戦いは待ったなしの状況に!
railgun200129.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第122話
嬉美が電源を切り、AIMジャマーが働かなくなったのを見計らって侵入した美琴。そのままジャマーを破壊したことからもう再起動できなくしたのは好判断。能力を封じられてはただの喧嘩であり、場数を踏んでる嬉美の有利は違いありませんから。
仕掛けたのは嬉美! 天使型の竜の羽根を撃ち込みます。
これってコンドルのジョーの羽根手裏剣じゃね?
と思ったのは全国で私ぐらいだけでしょうか。そういう世代だからな!

無論、美琴は電撃で撃ち落としてそのまま嬉美。ところが嬉美は「黒い稲妻」?で電撃を逸らす。嬉美って電気使いだったの!? まぁ竜以外の能力をあまり見せてないので未だに不明ですけど。
嬉美は竜を出して咆哮一閃! 最初の戦いで美琴の砂鉄のゴーレムを破壊したやつです。
railgun200129-.jpg
けれど侵入した際に破壊した扉を盾代わりにして難を逃れた。そのまま美琴は接近戦へ移行。能力が通じないなら肉弾戦で勝負ということか。
railgun200129-1.jpg
でも前述した通りに嬉美は戦い慣れをしていることからアジャ・コングばりな裏拳で攻撃を許しません。ところが意外だったのはこれから。そのまま倒れるかと思いきや、嬉美の足の甲を踏みつけて距離を取るのを許さない。
railgun200129-2.jpg
膝によるミゾオチ蹴りと、右腕の打ち下ろしパンチ! 正に双方互角の戦いです。でもこの戦いの中で美琴はあることを思案していた。が、嬉美はこれも気付いていたとは!
railgun200129-3.jpg
戦ってる隙に佐天さんと初春を逃がす計画でしたが、嬉美は超電磁砲(レールガン)を使って裏口上に穴を開け、凝固剤を噴出させる。その凝固剤で裏口を塞いでしまおうというわけだ。抜け目のない点ではさすがの嬉美と言えるでしょう。
kinsho200112.jpg
月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の145話
関係ないけど今、CS放送"シネフィルWOWOW"で「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」を鑑賞中。押井守・上坂すみれ・小黒祐一郎のコメンタリーで放送しており、今になって初めて知ったことがけっこうあって実に興味深いです。特に「この部分は誰が描いた」だなんてわからねーよ! 

滝壷を護るために むぎのんに反旗を翻した浜面。「ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・ね」と むぎのんは追いかけ、浜面はエタノールの精製プラントに逃げ込んだ。無論、ここの機材が盾になるとは思っちゃいない。けれど鉄球や列車本体を破壊しなかったことから、照準を合わせるのに時間がかかると推測。つまり奇襲に弱い、ならばワンチャンあるかもしれないと隙を伺います。
kinsho200112-.jpg
が、むぎのんは『原子崩し(メルトダウナー)』の粒機波形高速砲を連射して浜面をいぶり出した! ここで改めてその能力が解説されました。私はビーム砲みたいなものだと思ってたけれど、電子を「粒子」でも「波形」でもない「曖昧なまま」で固定して発射。これにより物体にぶつかってもその場に留まり、疑似的な壁となって恐るべき威力で標的に叩きつけるんだそうだ。
全然わかんねーよ!
kinsho200112-1.jpg
これにより肩を怪我して動けなくなった浜面。ただ殺すならば今だろうけどそうもいかない。滝壷の居場所と「体晶」の在り処を訊きださなければならないからだ。もちろん話さないけどね。
むぎのんは自分勝手に「滝壷が潰れたら他の能力者を補充すればいい」と、人の死など全く気にしてません。このような態度を取ることに「アンタは何度やったって垣根帝督には勝てねえ」と突きつけた。
kinsho200112-2.jpg
垣根は弱ってる滝壷にトドメを刺すことはしなかった。格下相手を見逃すぐらいの度量はあったんだよ。けどアンタは違う! 気にくわないって理由で仲間にまで牙をむくテメエが垣根に勝てるわけがない! 根本的な部分で負けてんだよ! と、思いの丈を吐き出します。

こう言われちゃさすがに手を出さずにいられません。背後に回ってマイナスドライバーを取り出して「頭のネジ 締め直して欲しい?」と、耳の中に突っ込んだ。絶体絶命の浜面。だが相手の方から接近してきたのは最大のチャンスでもありました。ポケットの中にあった「体晶」を入れているケースを握りしめ、振り向きざまに右目に突き刺します!
kinsho200112-3.jpg
無能力者の耳一つで レベル5ま眼球一つか…安い買い物だろ?
と、してやったりな浜面。しかし怒り心頭と化した むぎのんがこのまま終わるハズもなし。手負いの獅子となった むぎのんが怖いのはこれからだ!
railgun191227.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第121話
いよいよ7年ぶりのアニメ「とある科学の超電磁砲T」放送まで半月切りました。放送期間は2クールらしいことから大覇星祭編の全編はもちろん、その後のドッペルゲンガーもやるのかしらん? まぁアニメ2期後半のようなオリジナルストーリーって手もあるかもしれんけどね。

監禁されていた部屋を脱出した初春は屋上の脱出シューターを目指す。が、既に看守たちは下ろされるだろうシューターの先で待ち構えていた。このままじゃ捕まっちゃう! 看守に化けている佐天さんは何としても先に屋上へ行く方法を思案する…
初春は屋上へと繋がる はしご階段から落ち、頭を打ってしまったのが上の画像。夢か幻覚か、佐天さんが他の友達と仲良くしている姿を見て叫ばずにいられません。
嫌だ 私がそこにいたいんだ 誰にも譲りたくない
railgun191227-.jpg
このまま また捕まってしまったら二度と会えなくなるかもしれない。その恐怖と不安が初春を奮い立たせます。怪我をおして梯子を掴み、ノートパソコンは口で咥えるという恥も外聞もなく屋上を目指す! 全ては佐天さん・白井さん・御坂さんらが居るあの場所へ帰りたいから──

屋上に出るハッチに辿り着いたけれど精一杯押しても開きません。もう一度押したらバゴッと勢いよく開き、その反動で初春は落ちそうになってしまう。
railgun191227-1.jpg
それを助けた佐天さん!
どうやってここに? 吸盤グローブでよじ登るのは体力的に無理なのに! それは看守に化けていたからこその技。警備ロボに壁を登ってもらうよう指示を出し、それにくっついて登ってきたんだと。「なんでこんな所にいるんですか」と初春は問い詰めるも、泣いていたんじゃ本気で言ってるわけないね。再会の喜びも束の間、二人は脱出を試みます。

看守たちが待ち構えている逆側の壁から地上に降りた二人は裏門へ急ぐ。けれど嬉美はトンボ型の監視カメラでお見通し。ノートパソコンを持ってることからハッキングで裏門が開いてしまうと思い、電源を落とすように指示。これによりAIMジャマーもOFFになりますが「ジャマーが無ければコイツも使えるしな」と、右手の"天使型の竜"をチラつかせます。

追いついた嬉美は佐天さんに腹パンを食らわせて戦闘意欲を失わせる。ふと見ればノートパソコンが壊れているではないか。それは はしご階段から落ちた際に壊れたもの。なぜ壊れていたのに持ち歩いていたんだ?
railgun191227-2.jpg
それは佐天さんの計算通り!
腹パンで吐きそうになりながらも嬉美にその理由を告げる。ハッキングするだろうことをちらつかせれば きっと電源を落とすだろう。そうすればAIMジャマーも止められる。
ジャマーさえ無ければきっと友達が助けに来てくれる!
佐天さんにしてみれば狙い通りに引っ掛かったわけで、まさにしてやったりな気分でしょう!

その期待通りに裏門を勢いよく破壊して入って来た美琴! ジャマーさえなければ本領発揮の全力全開。アニメだったら主題歌が流れて来る場面ですね。挨拶代わりにレールガンを2・3mの距離から ぶち込みます。
railgun191227-3.jpg
ほぼゼロ距離なのに竜の力で防いだ嬉美。さぁ第二ラウンドの開始ですが竜がある限り美琴が苦戦を強いられるのは今回も必至か。主人公としても連続しての能力の無効化は避けたいところですが…一体どうなる??