railgun190829-3.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第117話
冒頭は嬉美に詰め寄る青星。初春をさらうために雷斧と釣鐘が囮になったことを今になって知ったらしい。更に さらった目的も嬉美たちの情報を『書庫』から消すのが目的だったのに、いつの間にか自分の知らないうちに「学園都市の能力開発技術を、全世界に漏洩させる」ことになっていたのが我慢ならないようだ。
これにより二人に溝ができたのは間違いないわけで、初春にとっては朗報かもしれません。

その囮になった雷斧と釣鐘は、出動する前に嬉美と こんなやりとりがあった模様。
railgun190829.jpg
相手はレベル5だから竜を宿す私が対峙するのが道理だろうと嬉美は話すも、右腕に宿ってる姿を釣鐘は見て「無暗に使ったらマズい」ということで囮に出たようだ。なんかグロテスクに宿ってるわけね。この生えている羽を対象の人物に刺すことでマインドコントロールできちゃうんです。
railgun190829-.jpg
初春は施設の子供を人質に取られる格好で情報漏洩を無理強いさせられる。けれどやりたくないに決まってる! 脱出するには監視カメラやドアロックはハッキングでどうにでもなるけど、コントロールされた警備員が三人も居ては困難。でも望みはあるとして脱出大作戦が始まります。そこでやったのはコンピューターの熱暴走。室内を暑くすることで警備員たちを昏倒させようというのだ。

こちらには幸いにも前回頼んだ「キンキンに冷えたアイスティー」があります。このアドバンテージがあるから大丈夫かと思ったら大誤算。携帯ボトルを持ってた! これによりどちらが倒れるかの持久戦となりました。互いに飲み干して数十分が経過し初春の意識がなくなりかけた。そこで思い出す佐天さんのこと。「急にいなくなったりしないって約束したんだから!!」として喝を入れた。これが幸いしたのか、警備員たちの意識がなくなって初春の勝利。でもこの勝利には知られざる奇策を用いてました。
railgun190829-1.jpg
初春の能力「定温保存」によってアイスティーの氷を溶けなくし、首筋の血管を冷やしていたので耐えきれたというわけ。あーそんな能力だったね。能力が効果的に使われたのはこれが初めてかな?
ともかく部屋からの脱出には成功した初春。とりあえず監視カメラをハッキングして外の様子を見ることにします。

一方、警備員の服に着替えて成りすましてる佐天さん。上司だろう者に呼び止められたので研修生だと嘘をつく。
railgun190829-2.jpg
そしたら俺が指導してやるとのことになり、初春捜しじゃなくなっちゃいました。いったいどーやって逃亡する!?
スポンサーサイト



kinsho190812.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の141話
突如 ショチトルの身体に変化が現れた。手足がヒモか布きれのように細くなって螺旋を巻き始めたのだ。これはいったい? まさか魔導書を読んだのか!? エツァリは問うも「それ以上」とのこと。ショチトルは足りない実力を魔導書と融合、いや、逆にパーツとなることで力を得ていたのだ。今までは溢れて来る魔力を押さえ込んでいたけれど限界を迎えて、この様な姿になってしまったらしい。

こんなものは自分の手に負えない…禁書目録でさえ破壊不可能なものを、一介の魔術師たる自分がどうこうできる範囲を超えている。それでも僕はショチトルを助けたい!
kinsho190812-.jpg
そこでエツァリは破壊するのではなく自分が引き継ぐ行為をもって対処します。結果、上手くいってショチトルの命は助かりました。読む限りでは万々歳な結末ですけど、今後エツァリが負荷を強いられるのは間違いないだろう。だったら今後はショチトルが力になるという形になって欲しいものですね。

一方、少年院に侵入した『ブロック』を追う結標と土御門。『ブロック』の佐久は収監室の扉に爆薬を仕掛けて中の者を人質とし、結標に協力を呼び掛ける。「窓のないビル」の搬入ルートを教えろと。
kinsho190812-1.jpg
でもここでちょっとした反乱が。手塩が「人質は使うべきじゃない」と佐久に異を唱えたのだ。どうやら手塩は元 警備員だったらしく、卑怯な手は使いたくないみたい。佐久は「テメエからブ殺すぞ」と脅しをかけるも、逆にアゴをきれいに打ち抜かれて失神KOしちゃったよ。無論、結標の味方になったわけでなく、腕力をもって吐かせようとするわけだね。

実力行使派らしく土御門は簡単に片付けられてしまいます。また結標も同様に いいパンチを食らうも退こうとしません。かつての仲間が収監されてる目の前で、下手な姿を見せる訳にはいかないからだ。覚悟を決めた結標は首に取り付けてあった精神を安定させる低周波治療器を引き抜いて対峙。
kinsho190812-2.jpg
かつてテレポートに失敗して足首を地面とを一体化してしまったトラウマが蘇る! 揺らめく影は蘇る悪夢 さよならは言ったハズさ別れたハズさ 逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ!
超える…私は越えてみせる!! 結標が飲む学園都市のコーヒーは苦い
kinsho190812-3.jpg
今まで出来なかった、自身のテレポートをここでやってみせました。結果、手塩に一気に近づいてからの一撃を加えることに成功して倒したのです。
これにより『ブロック』による事件は一件落着。「闇の中へ戻る」としますが原作の禁書15巻はまだ終わってません。この先 フレ/ンダが待っているかと思うと気が重いです。
railgun190726.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第116話
先月が休みだったので二ヵ月ぶり。忘れてしまった人は下記をご覧ください。
「とある科学の超電磁砲」 初春を想う気持ちが佐天さんを強くさせる
この間にアニメ「とある科学の一方通行」に屍喰部隊(スカベンジャー)が登場するのが決定、つーか原作通りに登場します。果たしてリーダーの失禁はそのままアニメで描かれるのだろうか?

「初春がここに居るかもしれない」と、第二少年院に来た佐天さん。吸盤グローブを使って看守棟の侵入に成功します。看守の目を掻い潜って壁に張り付いてる姿はスパイダーマンのようだ。プルプル震えながらロッカーのキーナンバーを盗み見して、看守服のゲツトに成功するのでした。

そして初春は──やはりここに居た! 更に嬉美の目的もようやく判明。学園都市の能力開発技術を、全世界に漏洩させることでした。
railgun190726-.jpg
学園都市の180万人の学生だけに超能力開発技術を享受させるのは勿体ない。世界の20億を超える若人には想像を絶する輩が眠っているだろう。レベル5級の者が複数生まれれば、世界のパワーバランスは塗り替えられると目論んでいるのだ。
でもなぜそんなことを望んでいる?  嬉美いわく「踏みつけられた奴らに牙を与えるのよ」として回想に入ります。

数年前だろうか、嬉美は荒れた暮らしをしていた。喧嘩をしても退屈で「世界ってこんなんだっけ」と思っていたようだ。そこにいじめられてた少女が助けを求めてきた。でも手を貸さずに渡したのはナイフ。「テメエでなんとかしな」というわけだ。
railgun190726-2.jpg
少女はナイフを使ってマジに応戦。相手もここまでやるとは思ってなかったらしく、これを見て感心した嬉美。このようにちょっとした きっかけを与えれば人は抗える。それをワールドワイドでやってみようというわけだね。

目的はわかった。でも初春はもちろん「お断り」するも、嬉美とて諦めるわけがありません。
railgun190726-1.jpg
保険をかけておくとして、自分の血を初春に飲ませます。これによって助けに来た美琴だろうと退けてしまうそうだ。えーと、これどいうこと? 単に"能力が通じなくなる"ってことかな。黒子がテレポートで初春を連れ出そうとしても能力無効になるとか。
railgun190726-3.jpg
最後は「必要なものは何でも用意させよう」との言葉に「シロップたっぷりのキンキンに冷えたアイスティー」だそうだ。きっと「キンキンに冷えてやがる」と、頬づりしながら叫ぶのだろうね!?
kinsho190712.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の140話
『ブロック』を追って少年院に着いた『グループ』一同。そこで見たのは『ブロック』の傭兵たちが何故か自分の銃器で自殺していることだった。そして現れたショチトル。かつて海原光貴(エツァリ)が所属していた組織の一員で、エツァリを裏切者として始末しに来たというわけ。二人の戦いが今始まる!

序盤は上の画像のように会話を交わすも「今の貴様には生きる権利すらもない」と豹変。そしたら右手に持っていた黒曜石のナイフを、自らの目に突き立てようと腕が勝手に動いていく。
kinsho190712-.jpg
傭兵たちが自殺していたのはこれが原因か! ショチトルは相手が持つ武器に干渉して自らを屠る「自殺術式」を行ったのだ。目を突き刺すまであと僅か…というところでエツァリは右手首の関節を自ら脱臼させて逃げ延びた。猛烈な痛みだろうけど死ぬよりはいいだろう。
  なぜです 私の知ってるショチトルはこんな…人を傷つける術式は使わなかったはずだ
と言って語られるショチトルの本職。アニメでは描かれなかったけれど「死体職人」という仕事でした。
kinsho190712-1.jpg
何とも悩ましいお姿だこと。死者の残留情報を汲み取って葬儀の流れを取りまとめる、死者の「アフターケア」をしていたとのこと。あくまで平和利用のために行っていたわけで、戦うことは専門外。けれどエツァリを始末するために来たわけで、それだけ「裏切られた」気持ちが強かったんでしょう。きっと。

ショチトルの次なる手は戦士の剣・マクアフティルを錬成しての攻撃。巨大な刀身にノコギリ状の刃が付いたもので、頭部に直撃したら即死は免れないだろう。素手のエツァリは逃げるしかなく壁に追い詰められてしまいます。「終わりだッッ」と振り下ろしたとき、エツァリは右腕を捨てる覚悟を決めました。
kinsho190712-2.jpg
右腕で受け止め、空かさずミゾオチにきつい蹴りを食らわせて危機を脱出。金属を武器として加工する手段を持たないアステカの剣はそれほどの切れ味が無い。よって骨まで覚悟を決めれば受け止められると踏んでの行為だったのです。
苦しむショチトルに優しく語るエツァリ。 あなたに武器は似合わない
こう悟らされてはショチトルも示しがつかない。幸か不幸かこのタイミングで彼女の限界が訪れてしまった。
kinsho190712-3.jpg
四肢が らせん状の紐みたいに変化していきます。いったい何が起きている!? エツァリの心は揺れる。 
kinsho190612.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の139話
先月が休載だったので二ヵ月ぶり。暗部組織『ブロック』が攻撃衛星をクラッキングしてたのは、衛星を乗っ取るためでなく地上への監視を黙らせるためだった。そうとは知らず地上アンテナを壊してしまった『グループ』は間接的に手を貸してしまった格好です。
衛星からの監視が止まった今、警備ロボがローテーションする空白時間を利用して外部からの5000人もの傭兵が壁を乗り越えて侵入を開始し始めた。

このままでは間に合わない! 『ブロック』の主要メンバーに成りすましていた海原は「もう出し惜しみはなしだ!!」と、堂々と反撃の狼煙(のろし)を上げた。これにより無人攻撃ヘリ『六枚羽』が飛来し、侵入した傭兵たちは瞬く間に数を減らしていく。手塩は「このままでは全滅する」として、まだ外にいる傭兵は諦めるよう佐久に指示します。

可能な限り侵入者の数を減らした後、自分までやられてはたまらないと海原は『六枚羽』を破壊。しかしもう一機が迫る! それを倒したのは一方通行でした。
kinsho190612-.jpg
5000人の侵入者(傭兵)を100人まで減らしたとするも、一方通行は「五十歩百歩」だとして褒めようとしません。いやいやいや、その数はかなりスゴいだろうよ。ってか、『ブロック』の思惑にまんまと乗って地上アンテナを破壊したのは一方通行、アンタでしたよね!

佐久や手塩ら『ブロック』は100人の傭兵を連れて何処かへ移動。それを調べるべく、土御門たちは生き残った傭兵に尋問を開始。傭兵としても見捨てられた格好なので素直に白状します。第10学区のの少年院を襲撃する予定だったと。これを聞いて目の色を変えたのは結標でした。
kinsho190612-1.jpg
俺達の標的は…座標移動だ
わたし? まさか自分の名前が出てこようとは思ってなかっただろう。つまりこうだ。結標はアレイスターの居る「窓のないビル」の案内人。少年院に居る結標の仲間を交渉用に捕まえて、窓のないビルの物資搬入ルートを聞き出す。ビルは外部からは核爆弾に耐えても、内部からならば吹き飛ばせるだろうと。

最後まで聞いて結標は「目の前にいるのが誰だかわかってる?」と言うや、鉄棒を6本ばかりグサリとテレポート。殺されなかっただけでもいいでしょうよ、ここは。この後『グループ』は少年院に移動。移動する最中に少年院内はAIMジャマーが装備してあるので「能力を使うな」と一方通行と結標は釘を刺される。並みの能力者なら怪我ですむけど、能力が高い二人だと自殺行為に等しいらしいですよ。

少年院に着いたら傭兵たちがなぜか自分の銃器で自分を撃っていた。そこに現れた少女は「今さら私に素性を尋ねるのか エツァリ」と、変装を解く。
kinsho190612-3.jpg
それはかつて同じ組織に属していたショチトルでした。彼女は組織を裏切ったエツァリを処分するため、全てを捨ててここに来たようだ。自殺していた傭兵たちは彼女の術式だけど、昔はこのような仕事とは無縁とのこと。全てはエツァリを倒すため! ショチトルの決意は固い。

禁書の新スマホゲームが出るようです。スマホどころか携帯そのものを持ってない私にとっては全くの無縁ですけどね。
railgun190528.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第115話
嬉美と美琴との初対決(108話)において、破壊された建造物の犯人に名乗り出た佐天さん。「第二少年院に初春が捕らえられている?」とする黒子の憶測を確かめるためだ。供述は二転三転して聴取している警備員は頭にきている模様。佐天さんとて本当に犯人にされたいわけでなく、せめて一晩泊めてもらってその間に探ろうという魂胆です。
余談ですが108話で美琴が砂鉄で作った像を嬉美が龍で破壊した際、像は塩化ナトリウム(いわゆる塩)に変化したらしい。これは旧約聖書のソドムとゴモラに由来してるのでしょう。

佐天さんの目論見は成功して一晩ご厄介になることになりました。もちろん部屋から脱出して初春が捕らえられてるだろう、女子監獄エリアを目指します。とはいえ警備ロボがウヨウヨいるので簡単に行けるハズもなく、逆側の部屋に入ったら…
railgun190528-.jpg
壊れた所長ロボに悲鳴を上げそうになる佐天さん!
急にこんなのを見たらそりゃ驚くよ。この部屋はどうやら脱獄トライアルで壊されたロボの保管場所だった模様。これだけなら単なるギャグイベントですが、この部屋に来た意味があることを後で知ることに!

そして目下 最大の難所となる、警備員棟の屋上から看守棟の屋上に飛び移る場面へ。インディアン・ポーカーで走り幅跳び能力を習得済みとはいえ実際にやるのは初めて。この高さから落ちたら死は免れないというプレッシャーに気を臆してしまいます。
railgun190528-1.jpg
初春が絶対ここに居る確証はないのだから私がやらなくとも…けど本当にここに囚われていたら? 心の中で何度も自問自答を繰り返します。御坂さんがあたしと同じように潜入しても能力が使えなければ条件は同じ。レベル差なんて言い訳にならない! 足手まといにしかならない無能力者も、命を投げ打つ覚悟があるなら立派な戦力って訳よ!

意を固めた佐天さんは飛び移るべく助走を開始。もちろんこの間に想うのは初春のこと。
railgun190528-2.jpg
初春は白井さんや御坂さんとはちょっと違う。正義に憧れて正義でありたいと思ってる子だ。
初春をさらったからには良くないことをさせるつもりなんだろう。それが許せない。
がんばって 危険な日にも 痛い目にも遭って それでもせいぎであろうとする初春を悪いことに利用するのは許せない!!

踏み切って宙を舞う佐天さん。けれど全然届かない! 視界は屋上から壁となり、このままでは壁に激突して落下するのはもう確定だ。が!
railgun190528-3.jpg
脱獄トライアルで装備してたアレのおかげで落下せずにセーフ! 実は先の壊されたロボを保管してた部屋において、佐天さんがアレを隠しておいたロボが見つかったのです。これにより壁にくっついて事なきを得たのでした。
railgun190528-4.jpg
あたしが脱獄させてあげるからと意気揚々の佐天さん。とはいえまだ監獄棟に着いたわけではありません。この先もあるだろう侵入困難な場所をどうやってかいくぐるのだろうか!?
railgun190427.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第114話
即効性の痺れ薬によって動けなくなった黒子に釣鐘の魔の手が迫る! その刃が振り下ろされんとした時、黒子はアゴへの頭突き&ミゾ落ちへの攻撃で意表を突いた。なぜ動ける!? 薬は確実に効いてるハズなのに!
その答えはすぐにわかった。 風紀委員ご用達の止血用薬剤を血管に直接テレポートさせて効き目を緩和していたのだ。だがこの方法は乱暴で、血管や神経も断裂したハズ。とてつもない激痛が走ったハズなのに声ひとつ出さないなんて…
railgun190427-.jpg
黒子に興味を持った釣鐘は「貴女になら殺されてもいいかも」と打ち明ける。「一位とは大きく差はついてるけど」という相手は嬉美か近江手裏さんでしょうか。
片や黒子は「あいにくと心に決めた方がいる」と、相変わらず お姉さま一本な姿勢はブレません。

痺れ薬の効き目は緩和されてるけれど時間が経てば全身に回るだろう。釣鐘はそれを待ってもいいのだけれど、黒子に興味を持った以上は いま倒してこそ価値があるというもの。こうして二人の戦いは続行するけれど、これこそ黒子が望んでいたことでした。秒読みをしてゼロになった瞬間、仕掛けておいたケータイのカメラのフラッシュが釣鐘に向けて閃光が走る!
railgun190427-1.jpg
目をくらまされた釣鐘は黒子の居場所を見失った。何処に行った!? 逃げたのか?? いや、黒子は逃げてはいない。むしろ逆で釣鐘の短刀を奪うために罠を張ったのだ。つまり黒子は痺れ薬を盛られようと最初から逃げるつもりは無かった! 何度かテレポートして逃げる素振りはしたものの、それはケータイを仕掛けるトリックであり釣鐘を倒すための壮大な罠だったのだ!!

奪った短刀で釣鐘を斬りつけ、自らの痺れ薬で釣鐘は倒れた。薄氷の勝利を収めた黒子だけれど、同じく傷つき力尽きます。どんな状況に陥ろうと決して逃げずに諦めずに相手を倒すことを優先した黒子は風紀委員の鏡ですな!
railgun190427-2.jpg
尚、近江手裏さんの甲賀忍者たちはこの戦いを見てました。抜け忍となった釣鐘を処分するためです。釣鐘の心変わりは「暗闇の五月計画」が関与していたものらしい。それを踏まえて今後は学園都市に近づかないことと、釣鐘の処断は学園都市に委ねるとしました。最後に「さらばだ釣鐘」とつぶやいて近江手裏さんは消えた。約10年 学園都市に潜伏した釣鐘の、せめてもの手向けなんでしょうね。

美琴のところはもちろん、黒子のところにも誘拐された初春は居なかった。これにより頼みの綱は あえて爆弾犯を語った佐天さんに委ねられた。ここでちょっと回想ね。
railgun190427-3.jpg
初春の誘拐に手を貸していた三人はATM荒らしとして捕まった者たち。少年院から脱走したとは聞いてないことから、第二少年院自体がグルなのか?と黒子は読んでいた。初春に何かのプログラミングをさせるにはどこかに腰を据える拠点が必要だ。学園都市の外に運ぶ手段はあるけれど追手に追われるのは確実。ならば少年院を拠点にすれば、これ以上安全な場所もないだろう。
railgun190427-4.jpg
よって佐天さんは少年院の内部から捜すためにあえて犯人を語ったというわけ。いわば捨て身の潜入捜査だね。果たして佐天さんは初春を見つけることができるのだろうか!?