kinsho200112.jpg
月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の145話
関係ないけど今、CS放送"シネフィルWOWOW"で「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」を鑑賞中。押井守・上坂すみれ・小黒祐一郎のコメンタリーで放送しており、今になって初めて知ったことがけっこうあって実に興味深いです。特に「この部分は誰が描いた」だなんてわからねーよ! 

滝壷を護るために むぎのんに反旗を翻した浜面。「ブ・チ・コ・ロ・シ・か・く・て・い・ね」と むぎのんは追いかけ、浜面はエタノールの精製プラントに逃げ込んだ。無論、ここの機材が盾になるとは思っちゃいない。けれど鉄球や列車本体を破壊しなかったことから、照準を合わせるのに時間がかかると推測。つまり奇襲に弱い、ならばワンチャンあるかもしれないと隙を伺います。
kinsho200112-.jpg
が、むぎのんは『原子崩し(メルトダウナー)』の粒機波形高速砲を連射して浜面をいぶり出した! ここで改めてその能力が解説されました。私はビーム砲みたいなものだと思ってたけれど、電子を「粒子」でも「波形」でもない「曖昧なまま」で固定して発射。これにより物体にぶつかってもその場に留まり、疑似的な壁となって恐るべき威力で標的に叩きつけるんだそうだ。
全然わかんねーよ!
kinsho200112-1.jpg
これにより肩を怪我して動けなくなった浜面。ただ殺すならば今だろうけどそうもいかない。滝壷の居場所と「体晶」の在り処を訊きださなければならないからだ。もちろん話さないけどね。
むぎのんは自分勝手に「滝壷が潰れたら他の能力者を補充すればいい」と、人の死など全く気にしてません。このような態度を取ることに「アンタは何度やったって垣根帝督には勝てねえ」と突きつけた。
kinsho200112-2.jpg
垣根は弱ってる滝壷にトドメを刺すことはしなかった。格下相手を見逃すぐらいの度量はあったんだよ。けどアンタは違う! 気にくわないって理由で仲間にまで牙をむくテメエが垣根に勝てるわけがない! 根本的な部分で負けてんだよ! と、思いの丈を吐き出します。

こう言われちゃさすがに手を出さずにいられません。背後に回ってマイナスドライバーを取り出して「頭のネジ 締め直して欲しい?」と、耳の中に突っ込んだ。絶体絶命の浜面。だが相手の方から接近してきたのは最大のチャンスでもありました。ポケットの中にあった「体晶」を入れているケースを握りしめ、振り向きざまに右目に突き刺します!
kinsho200112-3.jpg
無能力者の耳一つで レベル5ま眼球一つか…安い買い物だろ?
と、してやったりな浜面。しかし怒り心頭と化した むぎのんがこのまま終わるハズもなし。手負いの獅子となった むぎのんが怖いのはこれからだ!
スポンサーサイト



railgun191227.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第121話
いよいよ7年ぶりのアニメ「とある科学の超電磁砲T」放送まで半月切りました。放送期間は2クールらしいことから大覇星祭編の全編はもちろん、その後のドッペルゲンガーもやるのかしらん? まぁアニメ2期後半のようなオリジナルストーリーって手もあるかもしれんけどね。

監禁されていた部屋を脱出した初春は屋上の脱出シューターを目指す。が、既に看守たちは下ろされるだろうシューターの先で待ち構えていた。このままじゃ捕まっちゃう! 看守に化けている佐天さんは何としても先に屋上へ行く方法を思案する…
初春は屋上へと繋がる はしご階段から落ち、頭を打ってしまったのが上の画像。夢か幻覚か、佐天さんが他の友達と仲良くしている姿を見て叫ばずにいられません。
嫌だ 私がそこにいたいんだ 誰にも譲りたくない
railgun191227-.jpg
このまま また捕まってしまったら二度と会えなくなるかもしれない。その恐怖と不安が初春を奮い立たせます。怪我をおして梯子を掴み、ノートパソコンは口で咥えるという恥も外聞もなく屋上を目指す! 全ては佐天さん・白井さん・御坂さんらが居るあの場所へ帰りたいから──

屋上に出るハッチに辿り着いたけれど精一杯押しても開きません。もう一度押したらバゴッと勢いよく開き、その反動で初春は落ちそうになってしまう。
railgun191227-1.jpg
それを助けた佐天さん!
どうやってここに? 吸盤グローブでよじ登るのは体力的に無理なのに! それは看守に化けていたからこその技。警備ロボに壁を登ってもらうよう指示を出し、それにくっついて登ってきたんだと。「なんでこんな所にいるんですか」と初春は問い詰めるも、泣いていたんじゃ本気で言ってるわけないね。再会の喜びも束の間、二人は脱出を試みます。

看守たちが待ち構えている逆側の壁から地上に降りた二人は裏門へ急ぐ。けれど嬉美はトンボ型の監視カメラでお見通し。ノートパソコンを持ってることからハッキングで裏門が開いてしまうと思い、電源を落とすように指示。これによりAIMジャマーもOFFになりますが「ジャマーが無ければコイツも使えるしな」と、右手の"天使型の竜"をチラつかせます。

追いついた嬉美は佐天さんに腹パンを食らわせて戦闘意欲を失わせる。ふと見ればノートパソコンが壊れているではないか。それは はしご階段から落ちた際に壊れたもの。なぜ壊れていたのに持ち歩いていたんだ?
railgun191227-2.jpg
それは佐天さんの計算通り!
腹パンで吐きそうになりながらも嬉美にその理由を告げる。ハッキングするだろうことをちらつかせれば きっと電源を落とすだろう。そうすればAIMジャマーも止められる。
ジャマーさえ無ければきっと友達が助けに来てくれる!
佐天さんにしてみれば狙い通りに引っ掛かったわけで、まさにしてやったりな気分でしょう!

その期待通りに裏門を勢いよく破壊して入って来た美琴! ジャマーさえなければ本領発揮の全力全開。アニメだったら主題歌が流れて来る場面ですね。挨拶代わりにレールガンを2・3mの距離から ぶち込みます。
railgun191227-3.jpg
ほぼゼロ距離なのに竜の力で防いだ嬉美。さぁ第二ラウンドの開始ですが竜がある限り美琴が苦戦を強いられるのは今回も必至か。主人公としても連続しての能力の無効化は避けたいところですが…一体どうなる??
kinsho191212-2.jpg
月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の144話
時間はちょっと巻き戻ってアジト近くまで戻ってきたフレンダ。「退っ引きならない状況って訳よ」と気が重いのは、『スクール』の帝督に『アイテム』の情報をバラしてしまったからだ。アニメ三期では暴行されてやむを得ず喋った印象だけど、ここでは"ドレスの少女(心理定規)"の能力で喋ってしまったみたいですよ。特に怪我してませんから。

こんなことしてる間にアジトが破壊されてビルから煙が立ち上る。やばっ! これは逃げた方が良さそうだと身の保身をはかります。が、そこに降って来たのは むぎのん。むぎのんは帝督が「情報通り集まってんな」と言ったことが気になっており、フレンダを見て納得。コイツか…
『アイテム』を裏切るヤツは許さないから
と、容赦なくフレンダに襲い掛かる──

一方、滝壷のところに戻ってきた浜面は帝督に銃を向けるも撃てません。
kinsho191212-3.jpg
というか撃ちたくありません。心理定規の能力によって「親しい間柄」に錯覚させられているからだ。滝壷が倒れているのは帝督が何かしたわけじゃなく、体調の悪化が原因。滝壷は能力を発動させるため「体晶」を使っていた。いや、厳密には意図的に拒絶反応を起こして能力を暴走させていたのだ。
kinsho191212.jpg
暴走は大抵の場合はデメリットだけれど、滝壷は暴走状態の方が好結果を生んだ稀な例。でもこのような暴走状態が身体にいいわけがなく、あと一回か二回使えば「崩壊」するんだそうだ。これならトドメを刺すまでもないと帝督は身を引き、浜面も見逃します。お情けで助かった以外の何物でもありませんが、この機会を逃すわけにはいきません。滝壷をこのまま『アイテム』に残しては 麦野に殺される! そう思った浜面は滝壷を逃がすための逃亡が始まります。

途中、黄泉川と会って滝壷を託そうとするも、むぎのんが追いついた。
kinsho191212-.jpg
しかもフレ/ンダを持って! 状況を理解した黄泉川は滝壷を受け取り、すぐに援軍を連れて戻ると言い残してこの場を走り去ります。その車を攻撃しようとする むぎのんですが浜面が「体晶」をエサにして分断に成功。モノレールの屋根に飛び降りてトンズラを謀るも、変圧器?を破壊されたことで停止しちゃったよ。
kinsho191212-1.jpg
顔芸キター! ブチゴロシ確定と むぎのんは醜悪な顔で睨みつけとたさ。でもまさかのジャイアントキリングが発生しようとは、むぎのんはもちろん 浜面だって思わなかっただろうよ。
rail191129.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第120話
超電磁砲のアニメ3期「とある科学の超電磁砲T」の放送は2020年1月10日から。これを記念して来月の電撃大王2月号は表紙などでプッシュする模様。
嬉美たちの過去を描く3回目。反乱を起こした嬉美たち四人ですが、詰め寄る警備ロボに仄火は、嬉美と雷斧を蹴り落としてしまう! これは能力者に対する逆恨みか、それとも自分だけは助かりたい身の保身だろうか。が、皮肉にも警備ロボのおかげで捕獲されても怪我することはありませんでした。その一方で逃げた仄火は…
rail191129-.jpg
撃たれてしまうんだな、これが!
これこそ皮肉でしょう。バチが当たったとも言えるけどね。これを見た雷斧は能力を解放! 嬉美と共に警備ロボからの脱出に成功したようだ。片や釣鐘は仄火を殺された恨みもあって忍者のスキルをフル回転。職員たちを血祭りに上げると共に、仄火を撃った警備兵たち もろとも研究所を燃やしてしまいます。
rail191129-1.jpg
燃える研究所を前にして仄火を想う嬉美。けれど何も感情が湧いてこないという。死んだというのに悲しいとか辛いとか何も感じない。これは研究で頭の中をいじられたから、感情が色々と欠如しているからだとか。あぁだから嬉美は物事に対してあまり興味を持たなかったわけか。

で、話は現在の嬉美へ。初春を監禁しているモニターに目をやります。
rail191129-2.jpg
3人の監視者には一定時間置きに立ち位置を変えるよう指示しておいたのに動いてない。つまり録画映像をループさせていることを一目で見破るのは流石だ。直ちに館内のブレーカーを落として電力の供給をストップさせた。電気がなければいくらハッキング技術が上手くても物理的に動作不可能だからだ。

ならばと初春は屋上にある脱出シューターを選択。ここなら停電時でも作動しますからね。
rail191129-4.jpg
けれどそんなことは先刻承知。看守たちは待ち受けているぞ。紛れ込んでいる佐天さんはいったいどうする気なんでしょうか!?
kinsho191114.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の143話
どうやってこの場所がわかったのか知らないが(笑)『アイテム』のアジトである高級スポーツクラブのVIP部屋に侵入してきた垣根帝督。 絹旗はすぐさまソファを投げつけて けん制すると共に、壁をぶち破って浜面と滝壷を逃がしにかかる。帝督が来た目的が滝壷にあると踏んでの算段だ。何せ滝壷の能力は地球の裏側に逃げようが追跡できるので、厄介この上ありませんからね。

むぎのんと帝督が交戦中の間、絹旗は砂皿の狙撃を受ける! 強力な磁力狙撃砲の銃弾を数発受けて倒れるも、すぐさま起き上がれるのは『窒素装甲』の能力ならでは。逆に小型ミサイルを放って砂皿を部屋ごと吹き飛ばします。
そこに帰って来た帝督。むぎのんとの戦いは「大したことなかった」そうだ。やはり学園都市第二位は伊達じゃないってことなんでしょう。
kinsho191114-.jpg
帝督は改めて絹旗を見るや「暗闇の五月計画」の残骸だとつぶやいた。これは一方通行の演算パターンを参考にして強化・最適化を図る実験のこと。成功したのは数人しかおらず、その一人が絹旗最愛なのです。
滝壷の居場所を訊きだす帝督ですが、絹旗がすんなり教えるハズもなし。「そんな交渉に応じる馬鹿がいると思うんですか」と返すも…
kinsho191114-1.jpg
いるんじゃねぇの? フレンダとか
あぁこれでこのアジトの場所をチクッたのがフレンダだとバレちまったよ。むぎのんの粛清が怖いわ。こうして帝督と絹旗との戦いが始まるも一瞬で決します。やはり下剋上とはいきませんか。
エレベーター待ちをしていた浜面と滝壷に、失神した絹旗を引きずった帝督が追いついた。ようやく扉が開いたエレベーターに滝壷を乗せようとするも、浜面は逆に放り込まれてしまいます。
kinsho191114-2.jpg
それは無能力者である浜面を逃がすために滝壷が身を挺して庇ったということ。下るエレベーターの中で苦悶する浜面に、当麻の言葉が突き刺さる。
馬鹿にされてきたって言うなら 理由は力の有り無しなんかじゃねえ!
kinsho191114-3.jpg
急いでエレベーターを元の場所に戻してみれば、滝壷が倒れてました。むぎのん・絹旗・滝壷と、全て帝督一人にやられたわけで、こりゃもうお手上げするしかないですね。
とある魔術の禁書目録(23) (ガンガンコミックス)
とある魔術の禁書目録(23) (ガンガンコミックス)
とある魔術の禁書目録(インデックス) 23巻 (デジタル版ガンガンコミックス)Kindle版
railgun191026.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第119話
能力向上施設に預けられた嬉美たち四人。それは超能力の開発とは名ばかりで、体のいい人体実験でした。仄火は超能力が伸びるどころか逆に衰え、雷斧なんて頭をいじられて普通じゃなくなってます。そんな雷斧をおぶって部屋に戻る仄火。能力が使えなくなったいま、せめて皆の役に立ちたいんだそうだ。
railgun191026-.jpg
その一方では所長と部下たちとで いさかいが起きていました。嬉美の能力を知ったことで所長はこのまま実験を続けるとするも、部下たちはこぞって反対。この反応からかなりヤバイ能力なことは間違いないでしょう。危険を危惧した部下たちは所長を撃ち、嬉美を手術中の事故として処理する方針のようだ。
でもこれを隠しマイクで録音していた者がいた。甲賀忍者の釣鐘です。
railgun191026-1.jpg
これを聞いて驚く一同。どうしようか相談する間もなく所員が嬉美を連れて行こうとしたことで咄嗟的に反逆が勃発。所員を椅子で ぶん殴り、四人の逃亡が始まります。もちろんこれを知った所員たちは実弾を装填した管理部隊を導入して全員を処分しろとの命令を下します。
railgun191026-2.jpg
その逃亡の途中、仄火は涙を流します。高レベルの能力者になれるどころか能力を失って殺されるかもしれないことに「あんまりじゃん」と悲しくなってしまったから。でもその一方では嬉美が無能力者でなかったことに「裏切られた」という感情もあったに違いない。
railgun191026-3.jpg
それを証拠に、詰め寄った警備ロボに向けて仄火は嬉美と雷斧を蹴り落とした。この土壇場での犯行は能力者に向けての逆恨みなのだろう。
kinsho191013.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の142話
先月休載だったので二ヵ月ぶり。更にアイテムのメンバーが登場したのは4月号以来、六ヶ月ぶりになります。ここのところずっとグループvsブロック戦だったからね。

スクールの追手"ドレスの少女(心理定規)"から逃れた浜面。けれど下っ端は常にコキ使われるもの。むぎのんから寝袋の始末を言い渡されます。実験動物焼却用の電子炉で焼却しながら浜面は ふと考える。「どんなヤツだったんだろう…」
俺と同じ下っ端の構成員だったのか、それとも敵組織の能力者か。そもそも敵だったのだろうか、巻き込まれた一般市民の可能性だってある。
俺達の命って一体いつから こんなに安くなっちまったんだよ
改めてこの世界に足を踏み入れたことを少なからず後悔するのでした。

その帰り道に学生寮狙いの空き巣集団に襲われた。どうやらスキルアウトのリーダーだった駒場に恨みを持っているようで、その後釜だった浜面を潰そうということらしい。多勢ながら奮闘するも、刃物を取り出してきてピンチに。そこに思いがけない助っ人が!
kinsho191013-.jpg
服部半蔵です。てか、このエピソードはアニメ化されずに飛ばされたので原作読者しかわからないね。かつては浜面とつるんで悪さした仲間でした。浜面はスキルアウトは俺が潰したので合わせる顔がないと思っているけれど、半蔵はそうじゃない。いや、半蔵どころか(元)スキルアウトのメンバーは誰も浜面を恨んじゃいない。あの状況では誰がリーダーになったってスキルアウトは潰れていたと感じているからだ。
kinsho191013-1.jpg
↑は昔のことを懐かしんでる場面。半蔵が計画を練って、浜面がアシを確保し、駒場が襲撃の指揮を執っていた。あの頃が楽しかったというのは二人の総意です。尚、1月にこの三人が黄泉川に捕まったことがあり、その際に半蔵は黄泉川に惚れてしまったそうです。
別れ際に半蔵はレディース用の小型拳銃を渡します。これが活躍する時は来るのかな?
kinsho191013-2.jpg
アイテムのアジトに戻った浜面。アニメでは全く触れてませんでしたが、ここは高級スポーツクラブのVIP用の部屋みたいです。フレンダの姿が見えず、死んだか捕まったかは不明のまま。その事に何の不安も悲しみも見せないところが むぎのんらしいけれど、このような態度をとることに絹旗や滝壷はどう思っているのだろう?

今度はこっちが反撃する番だと むぎのんは滝壷に「能力追跡(AIMストーカー)」の能力を発動させる。検索対象はもちろん「未元物質(ダークマター)」の垣根帝督だ。検索開始して間もなく、思ってもみない結果が出ました。
「未元物質」はこの建物の中にいる
kinsho191013-3.jpg
その刹那、扉を破壊してヤツが登場。言うまでもなく帝督です。どうやってこの場所を知ったかというと…あぁフレンダの命は残り少ないというわけで!
とある魔術の禁書目録(23) (ガンガンコミックス) 11月12日発売予定