toal190412.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の138話
第二三学区の人工衛星用地上アンテナを破壊すべく向かっている一方通行。地上攻撃レーザーを搭載している「ひこぼしII号」にクラッキングが仕掛けられてるので、破壊してしまえば乗っ取られる危険が無くなるからだ。
その背後にいきなり現れたのが「メンバー」の査楽。どうやって気付かれないまま現れたの?

査楽に銃を向けたら消えた。一方通行は瞬時の判断で真後ろに銃を撃ったら当たったよ!? はい、いとも簡単に査楽の能力がわかっちゃいました。「死角移動(キルポイント)」と呼ぶべき能力で、背後に回ることしかできないんだそうだ。早くもネタバレで手負いとなった査楽は警備員を人質にする。一方通行が人質を捨て置けないとわかってるからだ。

銃の照準は最初に後ろを取ったときにズラしたので精密な射撃はできない。さぁどうする!? と迫るけれど、一方通行は極めて冷静だ。
toal190412-.jpg
悪党の美学ってヤツが全く足りねェよオマエと、自分に向けて撃つ! その弾丸は反射して査楽の腕に見事にヒット! 照準が使えなくても、自分のベクトルで操作してしまえば照準以上の性能で当たるんです。
完全に孤立した査楽。「死角移動」を使って逃げようにも、周囲に誰も居ないのでは逃げようがありません。
toal190412-1.jpg
恐怖する査楽に一方通行は畳みかける。俺は必ずオマエをぶち抜く、肝に銘じて恐怖しろと。そして情け無用の銃声が鳴り響いた━━
その頃、「スクール」の垣根は「メンバー」の博士と対峙。先ほどスクールの構成員が骨にされたのは「オジギソウ」と呼ばれる反射合金なことが判明。博士は今度はソレを垣根に けしかけた。
toal190412-2.jpg
光るそば粒子に飲み込まれる垣根。死んだと確信した博士は背を向けたら大爆発が起きて形勢が大逆転。そもそもレベル5の第二位がこんな簡単に死ぬわけがないと誰もが思ったでしょうけど!
「もう一度 ここで絶望しろ コラ」との言葉を最後に博士は帰らぬ人に。ついでにこの状況を地下核シェルターから見ていた馬場も閉じ込められて水を流されて脱出不可能。真っ暗闇と化したシェルターの中で馬場の精神はたぶん持たないだろうね。

そして「ブロック」。一方通行が地上アンテナを破壊したのを感謝したことで、仲間に化けてる海原光貴(エツァリ)はビックリ。こいつらの目的は「ひこぼしII号」を乗っ取ることじゃなかったのか!
toal190412-3.jpg
真の目的は学園都市の監視機能の麻痺だったのです。これによって第一一学区の外壁の外に待たせている、5000人の傭兵たちが動きだそうとしていた!
スポンサーサイト
railgun190327.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第113話
先月が休載だったので二ヵ月ぶり。今月号から「魔法科高校」の新連載が二本同時スタートしたことから『電撃大王』の中に「とある」が三本、「魔法科高校」が三本という集中掲載状態になりました。ってか、「魔法科高校」はアニメ二期をやらないの!?
前回を忘れた人のために記事は↓
「とある科学の超電磁砲」 行動を先読みする釣鐘に黒子が打った手は?

テレポートすると見せかけての直接攻撃を顔面にヒットさせた黒子。けれど釣鐘も殴られ際に腹を短刀で撫で斬っていた。もっともコンクリ板を腹に忍ばせていたおかげで無傷。おろしたての冬服がダメになっただけで済みました。
釣鐘は唐突に物心がついての最初の記憶を語り始める。なぜか一人、山中を彷徨って野犬に襲われていたそうだ。絶望と恐怖の中、近江手裏さんによる嵐のような駆逐で助かったとのこと。
railgun190327-.jpg
けれど ついさっき、その組織を裏切った。いや、今回の行動は裏切ること自体が目的だった模様。やがて来るだろう抜け忍の征伐に、あの時の野犬と同様に殺してくれることを望んでいるようだ。また首が切断されても数秒は意識があるとされることから、切り離された胴体を目に焼き付けながら逝きたいとも語っており、独特の「死の美学」を持ってるみたい。

えーつまり釣鐘は死ぬために甲賀を裏切ったということか。何でそんなこと考えたんだろうね。これを聞いて今度は黒子が「死に際の希望」を語り出す。
railgun190327-1.jpg
病弱で余命幾ばくもないので美琴に「最期のお願い」を申し出た。それに答えて生まれたままの姿で肌を重ねるといったもの。…うん、いつもの黒子だ。間違いなくソレを望むだろうね。よかったよかった。

このようなインターバルを取ってバトル再開。前回説明があったように、釣鐘はAIM拡散力場がえる。よって飛ばす飛ばさないに関わらず観えたら注視せざるを得ない。そこをすかさず攻撃してくるので一歩遅れてしまうのだ。
railgun190327-2.jpg
そこで編み出したのがコレ。短刀にワイヤーを取り付けてのロングレンジ攻撃です。これは直線ではなく円の軌道を描くことから、演算が複雑になる効果も含めていて 効果てき面。釣鐘は続けて自らテレポート範囲に身を投じた。これまでの観察で繊細な演算は不意討ちに弱いとわかったからだ。
railgun190327-3.jpg
近距離で繰り出した棒手裏剣・短刀に見せかけた手刀・ワイヤーの短刀による三段構えで、黒子はとうとう傷を負ってしまう! 即効性の痺れ薬が塗ってあることから黒子は堪らずテレポートで逃げるのですが…
railgun190327-4.jpg
微かな気配を察して見つかってしまいました。ずっと釣鐘のターン状態に陥り絶体絶命。黒子はいったいどーなってしまうのか!?
kinsho190313.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の137話
今回は表紙&センターカラー&B5サイズのクリアファイルの付録つき。表紙はレベル5の一位・二位・四位の揃い踏み。この画と3月22日発売のコミックス22巻の表紙がクリアファイルの両面になってます。またこの画はPCとスマホの壁紙にダウンロード出来るので下記↓HPを参考ね。
ガンガンカスタマイズ
センターカラーは『スクール』の四人が勢揃い。ドレスの少女がなんか…キャバ嬢に見えるのだが(笑)

鉄球クレーン車の襲撃を受けた浜面・むぎのん・滝壺。操縦してるのはドレスの少女だ。むぎのんの目的は盗まれた「ピンセット」の奪還なので戦闘は回避。三人バラバラに分かれた後、ドレスの少女は浜面を追いかけます。なぜよりによっては浜面なのか? 無能力者なので捕まえるのは容易だと思ったんでしょう。たぶん。

シャッターを閉じても太ももに隠してあったグレネードランチャーで爆破。少女は不二子ちゃんですか? ビルの屋上に追い詰められた浜面は「負け犬上等おおおおお」と飛び降りた!
kinsho190313-.jpg
飛び降りた構図はアニメそっくり。てゆーか、アニメを元にして描いてるよね。若奥さんの服装と姿勢がほぼそのまんまですから。「空から落ちてくる系のヒロインです」と言い残し、少女の追跡を振り切ります。アニメではここで終わりましたけど、原作(この漫画)ではちょっと違います。
kinsho190313-1.jpg
少女がふと見た先には逃げているフレンダが! ははーん、ここでフレンダが捕まっちゃうのか。そして提督に…という流れですかね。いずれにせよフレンダがフレ/ンダになる時間が迫ってます(泣)

その頃、むぎのんの追跡から逃げ延びた帝督はピンセットを取り出していた。これがアレイスターへの突破口になるらしい。
kinsho190313-2.jpg
そこにシャッターを破って入ってきた初老の男。何らかの薬品を使って帝督と一緒に居た組織員を瞬時に骨にしてしまいました。この男の名は博士。『メンバー』のリーダーだ。
カージャックした一方通行は目的地の第二三学区に到着。運転手には律儀に数万円を渡します。地上アンテナをぶっ壊そうかというときに、そいつはイキナリ現れた!
kinsho190313-3.jpg
デバイスのスイッチを押させません。これさえ防いでしまえば能力が発動できないと知っているからだ。コイツの名は査楽。博士と同じく『メンバー』の一員。なぜ急に後ろに現れたのか? それが分かるのは次号です。きっと。
とある魔術の禁書目録(22) (ガンガンコミックス)
とある魔術の禁書目録(22) (ガンガンコミックス)
とある魔術の禁書目録 22巻 (デジタル版ガンガンコミックス)Kindle版
kinsho190211.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の136話
素粒子工学研究所の職員を脅して超微粒物体干渉用吸着式マニプュレータ 通称「ピンセット」を奪おうとしている男女。そこに正体不明の4人組の襲撃を受けたと連絡が入る。その4人とはもちろん『アイテム』だ!

フレンダは小型爆弾で構成員を倒し、絹旗は撃たれても窒素装甲(オフェンスアーマー)によって意味を成さない。
kinsho190211-.jpg
そして むぎのんは"ゴーグルの少年"こと 誉望万化を原子崩し(メルトダウナー)で片付けた! アニメ4話では戦いの場面はカットされてたので詳細は不明でしたが、 誉望は姿を消す 厄介な能力もあったようです。でもそこは滝壷の能力追跡(AIMストーカー)で居場所を確認。滝壷が居なかったもうちょっと手こずったとか。

そこに現れたのは冒頭の男女。「足止めだけしとけつったんだがな 誉望のヤツ」と、亡くなったことについては何とも思ってないようだ。
kinsho190211-1.jpg
その人物こそ暗部組織『スクール』の、レベル5の第二位である垣根帝督でした。女性は名前が判明していない"ドレスの少女"。思ってもみない第2位の登場に、むぎのんの目は警戒を強める──

その頃、外では浜面が煙の立ち上がる素粒子工学研究所を見上げており、黄泉川が話し掛けてきたよ。十四回も留置場に ぶち込まれたそうで「黄泉川のクソババア」と呼ぶのも納得か?
そこにステーションワゴンが猛スピードで駆け抜け、むぎのんが滝壷を抱えながら追うように指示。あの車に奪われたピンセットが乗せられているそうだ。
kinsho190211-2.jpg
追う車がこれ。アニメ4話では大型のキャンピングカーだったのに、当漫画では初代ホンダ・シティのような小型車になっちゃいました。原作には車種まで詳しく書いてないんでしょう。たぶん。
車の中にて
・絹旗とフレンダは置いて来たけど、あいつらはあれくらいじゃ死なないと むぎのんは信じてる
・スクールのメンバーを一人潰してきたと、浜面に血まみれのヘッドギアを投げつけた
・車は逃げてるけど滝壷の能力なら太陽系の外だって追い掛けると自信あり
kinsho190211-3.jpg
こんな話をしてる最中に、ドレスの少女が運転する鉄球クレーン車が鉄球をぶつけてきた! おいおい、アニメなら頑丈そうな車だったから良かったけど、小型車のコレだと一発で致命傷じゃね? この絵だと運転席へのダメージで浜面死亡でもおかしくねーぞ!
railgun190127.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第112話
美琴vs雷斧戦が決着し、今度は黒子の番。拉致された初春が乗っているハズの車が自損事故で止まってた。100%罠だろうと思いつつ近づいたところで棒手裏剣が飛来! やはり罠でした。
となると相手は甲賀のクノ一・釣鐘だ。器用にカラビナで枝にぶら下がってます。もっとも近江手裏さんをあっさり裏切ったことから今でも甲賀と言えるんだろうか? 5歳にして「置き去り(チャイルドエラー)」として学園都市に潜入調査していたことから、ほぼ独学で体術・忍術を習得したと思われます。

黒子はテレポートで釣鐘の後ろに移動。釣鐘はタイムラグなく小刀を突き刺すも、用意していたコンクリートブロックで防御される。
釣鐘「テレポート先を読んでることを読まれてた!?
黒子「やはり事前に察知する能力によるもの!
ここのところ相手の裏をかく読み合いになって面白い。

今度は私の番と黒子は思い切り蹴飛ばそうとするも、垂直に素早く移動するわ、木から木へと飛び移るわ、信じられない釣鐘の動きに目を見張る。
railgun190127-.jpg
能力は一人一系統のハズ! テレポートの先読みが能力によるものなら
まさか 素の運動神経ということですの!?

さすが忍者です! ここまで動けるなら体操で金メダルを狙えますよ。もっとも学園都市だけに超能力とみなされて出場不可になる可能性がありますがね。
railgun190127-1.jpg
黒子は釣鐘の能力を考察。予知能力ではあの精度はあり得ない。読心能力では対処が間に合わない。ならば先読みの正体はAIM観測能力でしょ? はい ご名答とのこと。って言われてもよく分かりません。能力者は無意識にAIM拡散力場を発しているそうで、釣鐘はこれが観える。テレポートは出現場所にAIMの揺らぎと振幅が出るので分かるらしいですよ。

しばし考えた後で黒子は後方へ60mほど移動。落ちていた小枝を掴みます。素手では不利と思ってだろうか? でも慣れぬ武器はかえって身を危険にしかねません。そこへ釣鐘が急接近!
railgun190127-2.jpg
AIMの揺らぎと振幅から眼前にテレポートするとわかった。カウンター狙い? ならば甘く見過ぎだと急停止。そこへ石つぶてが飛んできた。小刀で弾き、今度はどこへ移動するのかとAIMを観ようとしたら…
railgun190127-3.jpg
直接攻撃が釣鐘の顔面にヒット!
相手はテレポート能力者。だから身体ないし武器を移動させるに違いないと、AIMの揺らぎを注視していたのが裏目になった格好です。観ることに気を取られて見なかったわけね。
これにより先ずは黒子が一本獲った格好ですが、即効性の痺れ薬を持ってるだけに かすり傷一つ負うだけで逆転負けは充分 考えられます。それに嬉美がまだ居ると思われることから気が抜けないぞ!
kinsho190111.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の135話
浜面仕上。無能力者の武装集団『スキルアウト』のリーダーとなり、組織の命運を賭けたデカい依頼を請けた(美鈴さんの殺害)ものの、当麻と一方通行により失敗。組織は壊滅的なダメージを受け、浜面も少年院送りにされた…と思ったら、裏取引によって釈放されました。その際の条件というのが暗部組織『アイテム』の雑用係だったわけです。
で、いよいよ「禁書目録」に『アイテム』が登場デス! 

漫画・アニメでは「超電磁砲」に先を越されたけれど、言うまでもなく原作のこっちが最初だからね。レベル5の第四位の むぎのん、フレンダ、絹旗、滝壷の4人で構成。これに浜面がアゴでコキ使われるわけですな。
ところで おわかりいただけただろうか?
この中に信じられないものが映っていることを…

そ 
れ 
は 
む 
ぎ 
の 
ん 
の 
頭 
の 
上 
に 

kinsho190111-.jpg
  佐天さんじゃないかーーーっ!!!
まさかの登場に ある意味こっちの方で驚いたわ! もっともこれ、15巻の口絵のオマージュなんですがね。

彼女らの主な仕事は統括理事会を含む上層部の暴走阻止や、不穏分子の抹消。それに準ずる事件が昼前に起きた。統括理事の親船最中の狙撃未遂だ。この詳細のニュースを携帯で転送するよう浜面に命じたら、バニーガールの画像を誤転送してしまって むぎのんに睨まれた。ま、こんなこともあるわ…な?

改めてそのニュースを読んで絹旗は『スクール』の連中が企画していたものだと理解。
kinsho190111-1.jpg
でもあそこの狙撃手は3日ほど前に始末したはずですが…と、弓箭猟虎さんがシルエットで登場。ってかこんな手してなかったぞ。それに死んだと思ってるだけであり、↓このような姿になったけれど生きていると私は思ってます。
「とある科学の超電磁砲」 来るハズもないフレンダを待ち続ける佐天さんに涙(2016/3/16)

親船の狙撃は警備網を攪乱させるための布石だと むぎのんは推測。今 警備が手薄になってる施設をチェックすれば『スクール』はそこに現れるハズ!
kinsho190111-2.jpg
上司からかかってきた電話に「『スクール』のクソ野郎どもを皆殺しにする」と宣言。あ、原作では『アイテム』は上司から連絡で動いてます。アニメでは(「超電磁砲」も含めて)むぎのんの独断で動いてるようになってますけどね。
尚、移動するに使った車は盗難車。買ったものではありません。運転する浜面も無免許ですが「必要なのは免許証じゃない 技術だ」と、全然気にしてませーん。

一方、『グループ』も『スクール』を追っていた。第十三学区の西部ターミナルの応答が無いことから「オレ達を誘ってる?」と挑発にあえて乗る。向かう途中で今度は第二三学区でもクラッキングが確認され、地上攻撃用大口径レーザーを搭載した衛星が電子攻撃を受けていると報告が。どっちかが囮に違いない、ならば俺は第二三学区行くと、一方通行は一人で車を飛び降りた!
kinsho190111-3.jpg
都合よくオープンカーが通りがかったので助手席に着地。銃を突き付けてタクシー代行させちゃいます。アニメては若い男だったけれど、この漫画ではナイスミドルになりました。
kinsho190111-4.jpg
また むぎのんたちが調べた結果、素粒子工学が怪しいとして向かいます。そこで待つのは"ゴーグルの少年"こと誉望万化。アニメでは一瞬で終わっちゃったけど原作ならばそうじゃないよね!?
railgun181227.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第111話
雷斧に操られた無人攻撃ヘリコプター「六枚羽」を超電磁砲で撃ち落とした美琴。雷斧はこれに懲りずにもう一機の「六枚羽」も同様に落とそうとする。もうそれは効かないって…と思ったら雷斧の姿が消えていた。ここで錯綜する美琴の心理。同じ手段を繰り返す? 観察していた? 一発目の超電磁砲を? こうしてる間にも迫る「六枚羽」。背に腹はかえられない──超電磁砲で「六枚羽」を射抜く美琴。でもこれこそが雷斧が待っていたものでした!
railgun181227-.jpg
「六枚羽」の後方に居た雷斧は放たれた弾丸(コイン)を自分の周囲で回転させ、軌道を変えて美琴に撃ち返した。
超能力者(レベル5)の防御力を突破するには…超能力者の力を!!
あぁ、宇宙船や人工衛星が軌道を変える際に引力を応用するのと同じ要領か。今までもこのようにして弾丸の軌道を変更してたわけね。けれど超電磁砲は美琴に直撃せずに近距離に着弾。不審感があったので咄嗟に威力を絞ったのが功を奏しました。
railgun181227-1.jpg
これにより謎が解けた美琴。雷斧の能力は重力操作だったのです。能力を知られてしまったからには遠距離戦は不利と判断し、接近戦用の鉤爪を装着。一気にケリをつけるつもりだ。
美琴は重力により電撃まで逸らされることから一旦背後へ逃げようとするも、雷斧はそれさえも重力を使って離さない。小型のガスタンクを介しての二人の攻防戦において雷斧は重力レンズを使う。光を曲げてずらした座標で美琴の狙いを逸らすつもりだ。勝機と見るや、鉤爪が美琴の胸元をエグる!
railgun181227-2.jpg
いや、それは塵や砂鉄で作った美琴の虚像・替え玉でした。背中を向けたのが運の尽き。今度は確実に電撃が雷斧を襲う。バリバリバリ! 一時は勝率六八%まで上昇したのに、今や0.0三%。やけくそだろう攻撃も、もはや意味を持ちません。後頭部に蹴りを食らい、もう立ってるだけでやっとだ。
railgun181227-3.jpg
私が知ってるヒーローってヤツは困ってる人のみならず
アンタみたいなやつでさえ救わないと気がすまない大馬鹿野郎よ

それが誰なのか言うまでもありませんが、美琴が「ヒーロー」と認めていると知れたのが収穫ですね。こうして雷斧戦は終了。そして初春が乗ってるだろう もう一台の車は黒子が停めることに成功。けれどこれには嬉美と釣鐘も乗ってるハズだから、圧倒的に不利な気がします。