kinsho180613.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の128話
"左方のテッラ"と戦ってる当麻と五和。テッラは空中にギロチンの刃のようなものを作り出しては投げつけ、手当たり次第にバラバラにしていく。対する二人はコンビネーションで応戦。五和のピンチ! と思わせておいて、張り巡らせたワイヤーで人体を切断する 五和の切り札「七教七刃」が炸裂!
が、何やら「…優先する」とつぶやいたらワイヤーが何故か ほどけちゃったよ!? 今の何? 五和は空かさず槍を繰り出すもテッラが「優先する 外壁を下位に 人体を上位に」と言うや、テッラは壁の中に消えてノーダメージだ。
kinsho180613-.jpg
五和は再び相対するも、今度は「優先する 槍の動きを下位に 空気を上位に──!」と つぶやかれたら、何か壁に阻まれたように進めなくなってしまった。いったい何が起きている?? これこそテッラの固有能力『光の処刑』なんです。
kinsho180613-1.jpg
「神の子」は十字架に架けられ処刑された。でもただの人間に「神の子」が殺されるなんておかしな話だ。神話は時として「優先順位」を変更する。だから「神の子」は あっさり"ただの人間"に殺されてしまった、。
『光の処刑』とは優先順位を変更する能力!
先ほどの五和を例にして、槍は普通 空気を斬り裂いて前に進む。でも「槍の動きを下位に 空気を上位に」とされたことで、槍より空気が優先してしまったので前に勧めなくなったというわけなんです。

理屈はわかっても対応のしようがない二人は攻撃に躊躇。テッラは10秒与えるから策を練ろと余裕の表情だ。そこに現れた土御門! 火球?をぶつけるも
優先する 魔術を下位に 人肌を上位に
とされたことで火球?は難なく叩き落された。ならばと今度は拳銃だ。けれどまたしても
優先する 弾丸を下位に 人肌を上位に
とされたことで肌に当たっても跳ね返してしまう。
kinsho180613-2.jpg
もう打つ手なしなのか? いや、むしろこれで お前の弱点を確信したと、土御門は対抗策を思いついたようだ。その間を狙い、五和は当麻に話し掛ける。先ほどの火球?には土御門からの伝言が隠してあったのです。
   重要なのは教皇庁にあるC文書を止めることだ──
そうだ、そもそも教皇庁宮殿からのパイプラインを切断しようとしたところでテッラに邪魔されたのだ。土御門が動いたらその隙に走りだすとアイコンタクトをし、その瞬間を待──っていたら後ろで大きな爆発音が! 車が吹き飛び、暴徒の人々が逃げ惑っている。今度は何が始まった!? 爆煙の中に居る大きな影は…まさか…どういうことだよ?
kinsho180613-3.jpg
それは学園都市の駆動鎧(パワードスーツ)!
どうしてここに来ているのか全くの謎! 当麻とテッラ以外の「第三勢力」かもしれない駆動鎧(。これは三つ巴の争いになる布石なのだろうか?
スポンサーサイト
rail180526.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第105話
館内に入る前にプログラムを変更させていた警備ロボが到着し形勢逆転。そのままボディーガードとなって美琴たちは囚人役が居る独房を目指します。その頃、屍喰部隊のリーダーは悩んでいた。自分たちがやろうとしているのは囚人の奪取。すなわち美琴が連れて来るだろう囚人を奪うことに「怒るかな」「嫌われるかも」と考えており、美琴に嫌われたくないのは確実だ。

一方通行から失禁&失神させられた苦い経験から「レベル5とは関係を持ちたくない」としていたハズなのに、美琴とはいつしか友情というか友達意識を持つようになっていたのね。読者としては嬉しいよ。今後も付かず離れずの関係での出演に期待します。
rail180526-.jpg
美琴たちが進むうちに婚后さんたちと合流。着ているのは婚后財閥が制作した吸収材スーツ。電波等を吸収して跳ね返さないので、各種センサーを誤魔化せる優れものだそうだ。美琴たちの分も持って来たと差し出されるも、やんわりと断ります。競争と言った手前、競争相手からの施しは受けられないといった"もっともらしい理由"を述べるも真実は↓です。
rail180526-1.jpg
湾内さん・泡浮さんの大きなバストに目が点になっちゃってます。これを着たら身体の輪郭がバッチリ出ちゃう! つまりバストを見比べられるのはイヤという本心が、その発言を引き出したというわけですな!

そして遂に最終地点である、囚人役の独房に到着。所長は帰り道こそ真の恐ろしさを見せてやると意気を上げるのですが…あれ? 扉が開いてない? 美琴たちが確認しても誰もいない。既に誰かが連れ去った後だ。監視カメラには依然として囚人役が座ってるってことは…監視システムをハッキングされたってこと!? そんなこと出来るなんて美琴以外に誰が…いや、いました!
rail180526-2.jpg
初春が囚人役を連れて正面門から堂々と脱出ーっ!
響き渡る「トライアル終了」のコール。これに驚きの声を上げる一同ですが、これは読者にとっても同じこと。まさかこんな終り方だとは誰もが思わなかったことだろうね。
初春の手順はこうです。外堀の時点で壊された警備ロボからプログラムを取得&ハッキング。仲間の警備ロボをタクシー代わりに乗って堂々と侵入し、囚人役を連れて堂々と出て行ったというわけ。もちろん監視カメラには映らないよう処理していたわけで、高度なハッキングテクニックだったことが伺えます。
rail180526-3.jpg
賞金の10奥円は あすなろ園に全額寄付すると言われ、佐天さんは信じられないといった表情。まぁそりゃそうだよな。ここは佐天さんが正常な判断と言えるだろう。初春は欲の無い聖人だったのですね!
rail180526-4.jpg
いや違った! その程度のお金などいつでもハッキングして手に入るという自信の表れでしたー。これに引いてしまう佐天さんと黒子。取り出した手錠を初春にハメる日は そんなに遠くではなさそうだ!?

結局、はわわちゃん(仮名)とか甲賀のクノイチの近江さんとかはどうなったんだろうね? ハシラにあるように「もうちょっとだけ続く」のならこの顛末が描かれそうな気がします。
kinsho180510.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の127話
フランスで当麻&五和が『神の右席』の一人・「左方のテッラ」と対峙してた頃、イギリスのロンドン塔ではステイル&アニェーゼが二人の罪人に尋問していた。その二人とは「アドリア海の女王」の一件の首謀者・ビアージオと、「使徒十字」を使って学園都市をローマ正教配下にしようと企んだリドヴィアです。

はい なぜロンドン塔なのかというと、ここは昔 罪人たちを幽閉・拷問・処刑していた場所で、別名・処刑塔と言われていた。今では観光名所となってますがステイルたち「必要悪の教会」は依然として罪人たちをそうしてるというわけ。尚、ステイルは久しぶりに登場したことから漫画家の近木野氏は忘れてしまったらしく、右目の下のバーコードを当初 左目側に描いてしまったと巻末コメントに書いてあります。

『神の右席』について知ってることを全部話せ──
と言われても簡単に口を割るような二人ではない。ビアージオはどんな拷問をされようと決して割らないと豪語する。一方 リドヴィアはこの処刑塔に捕らわれてる仲間の解放を要求。そして何やら呪文?を唱えたら、アニェーゼの胸のロザリオが突如暴走。光を放って拘束具を破壊した。どうやらローマ正教のロザリオには何らかの仕掛けが備わっていたようだ。
kinsho180510-.jpg
自由になったリドヴィアは木片をステイルの首元につきつけてオリアナの解放を要求する。ただの「運び屋」程度の関係ではなかったのね。けれどそのオリアナは現在、イギリス清教と一時協力の契約を結んでいた。現在世界中で起きている暴動にて『指導者リドヴィア=ロレンツェッティの手による弱者達の保護』 を交換条件として。

ならば解放を要求してもオリアナ自身が断るだろう…無駄だと知ったリドヴィアは手を下ろし、『神の右席』について話し始める。…と、ここから難しい話が続くので はしょります。超簡単に略すと『神の右席』とは「原罪」を克服するための集団。「原罪」とはアダムとイヴが"知恵の実"を口にした罪のこと。この子孫である人類全ては原罪」が引き継がれていると考えられてます。よってステイルは『神の右席』は「原罪」の完全抹消を目論んでいる?とするも、リドヴィアの真意はそこではありませんでした。
kinsho180510-1.jpg
『神の右席』 それが彼らの目指す所ですよ
一見するとチンプンカンプンですが、ここで言う『神の右席』とは「神と並び立つ」という意味。つまり神と同等の存在と成らんということなんです。そして場面は当麻たちへ!
術式の途中で槍を壊された五和ですがスペアがあったようで身構える。それを微笑むテッラ。
kinsho180510-2.jpg
そんなもの、私の術式の前では何の意味もないと言いたげに技を繰り出します。白い刃は周囲の物を壊して当麻へ一直線。軌道が読めたのでさすがに右手で破壊に成功。
kinsho180510-3.jpg
そしたら何やら白い粉が!? じつはこれ、小麦粉なんです。"地の属性"たるテッラにとって畑の恵みは自分の活力。「光の処刑」という特殊な術式を使う際の副産物が小麦粉だったりします。当麻たちに迫るテッラ。当麻に勝算はあるのか!?
rail180427.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第104話
小学生としか見えないのをいいことに、美琴たちと行動を共にすることにした甲賀忍者の近江さん。目的は最新の科学技術と、超能力の詳細について知ることです。忍者だけに密かに尾行している薬丸さんには気が付いており、放っておくか始末するか検討。その際、うっかり煙玉を落としてしまい 危険だからと黒子に没収されちゃったー。

その分 情報で埋め合わせてもらおうと「AIMジャマーが作動中に能力を使ったらどうなるか?」について訊いてみた。
rail180427-.jpg
バラバラな意見だけれど超能力は発動することはする。しかし思った方向に発動しない、または暴走するとのこと。玉砕覚悟で使われたら何分の一の確率で当たる可能性もあるので厄介だろう。とはいえやはり実態を見て確認しておきたいもの。
そんなタイミングで念動力を使って扉のロックを解除しようとするグループと遭遇。そしたら暴走した念動力が、警備ロボのゴム弾に乗り移っちゃったよ!?
rail180427-1.jpg
そのゴム弾はあらぬ動きをして近江さんの下半身を直撃! 痛すぎて残っていた煙玉を使ってトンズラする破目になっちゃいました。尾てい骨を痛打とのことだけど、私はてっきり…したのかと思ったよ。他の読者もそう思ったよね??

急に消えてしまった近江さんを捜す美琴たち。そこに はわわちゃん(仮名)が警備ロボに追われてやって来た。別の通路からもロボが侵入して逃げ場を失った美琴たちは絶体絶命の危機!
rail180427-2.jpg
これをモニターで監視していた所長は笑いが止まらない。能力が使えなければレベル5と言えどもここまでだと勝利を確認する。でも有能な秘書である青星さんが異変に気付いた。ワーアルマジロは外部侵入者用のもので外壁にしか配備してません。それがどうして屋内まで入ってきてるのだ?

その悪い予感が的中。ワーアルマジロがギガビートへ攻撃し、2機とも破壊してしまいます。いったい何が!?
rail180427-3.jpg
実は美琴は屋外にて数体の警備ロボのプログラムを書き変えておいたのです。AIMジャマーが働いてない場所だったので簡単にフログラミングが出来たというわけ。これによって力強い味方を得た美琴は、今後が楽になるに違いありませんね。
kinsho180412.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の126話
フランスのアヴニョンに降り立った当麻は偶然にも五和と合流。この街に「C文書」を止める鍵があるらしく、五和に訊いてみたところそれは教皇庁宮殿らしい。ここからちょっとややこしくなるから注意ね。

十四世紀ごろ、フランス国王とローマ正教教皇とで争いがあった。勝ったのはフランス国王で、ローマ教皇は本拠地を出ることになり幽閉されたのがこのアビニョンの教皇庁宮殿。本人は移動できても本拠地にある宗教設備や霊装は移動できずにそのまんま。そこで本拠地とアビニョンとを術的なパイプラインで結び、アビニョンに居ながらにして本拠地の設備や霊装を使えるようにした。今回の事件の元凶である「C文書」は、どうやら教皇庁宮殿からのパイプラインを使って本拠地にある「C文書」を操作したようだ。

今後どうするか土御門と連絡しようとしたら暴徒に襲われてしまって逃げる二人です。
kinsho180412-1.jpg
五和はしばらくこの街に滞在してたけれどこんなことは無かった。タイミングが良すぎることから、当麻と土御門が来たことは気付かれており、この暴動は連中からの迎撃だと当麻は悟る。いったいどうすりゃいいんだ!? 教皇庁宮殿に行こうにもきっと待ち構えてるに違いなく、さすがに五和と二人だけじゃ無理だし…。
そのタイミングで土御門から連絡が。教皇庁宮殿に直接行かなくとも手はある。パイプラインを切ってしまえばいいのだ。宮殿の南東にある小さな博物館にパイプラインが通っているので、そこで切断することになりました。
kinsho180412-4.jpg
その際に土御門は妙なことを言います。処理は五和に任せておけ、当麻はするなとのこと。パイプラインを切ることで何が起きるかわからないし、当麻の右腕でも例外的に消せない可能性が高いんだそうだ。今まで何度も右腕を使って解決してきたけれど、今回はダメと聞かされて納得できない表情の当麻。改めて右腕の正体がいったい何なのか考えさせられるのでありました。

その小さな博物館に潜入した二人。敵に気付かれないうちにやってしまおうと五和は準備を始めます。
kinsho180412-2.jpg
天草式は日用品を使って術式を作るのが習わしで、カメラやスリッパなどある中に「白いパンツ」も必要なんだってー! もちろん五和が使ったものらく、顔を赤らめながら「この術式の構成にどうしても必要なんです」とのこと。当麻よ、術式を唱える前にパンツをしっかり見とけよ。そして五和が履いてる姿を想像してムラムラしちゃおうぜ!

こうして術式に入ったのですが、外からの衝撃波が窓枠を破壊して五和を襲う! 幸いにも怪我はしなかったけれど、術式に使っていた槍が壊されてしまいました。これではやり直すことは不可能だ。
kinsho180412-3.jpg
それは左方のテッラからの攻撃でした。いきなり「神の右席」である四人の一人が登場とは苦戦は必至か!?
rail180328.jpg
『月刊コミック電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の第103話
救出対象のターゲットが居るのは女子棟なのに、男子棟に行ってしまった美琴たちは出遅れてしまいました。その間に先に女子棟に入ったのが↑の画像の面々。

先ずは警策さん&ドリー。この警策さん、やけにOLっぽく見えるんだよなー。その後、巨大ムカデメカと対峙することになり苦戦は必至? でもドリーの髪を使ったレールガンもあるし何とかなるでしょ。
下は通称・はわわちゃんと、当初から目立っていたタヌキの被り物の男。いままでクマだと思ってたけどね! 正式名称は勝勝戦隊のポン吉くんだそうだ。はわわちゃんは誰かに頼って出し抜くタイプだと思わずにいられない。前回、扶桑さんを眠らせたのはたぶんこの子だと睨んでます。
rail180328-.jpg
そして近江 手裏(おうみ しゅり)さんを頭とする甲賀忍者の面々。巨大ムカデメカの節の部分に爆薬を取り付けた苦無 (くない)を打ち込んで爆破させてしまうとはさすがだ。彼女たちの目的は「本物の忍術を完成させる」ことであり、そのため忍術に応用できる最先端の科学技術を知るためにこのゲームに参加。優勝賞金の10億円など二の次に過ぎません。
近江さんは美琴が来たのを見て、情報を聞き出そうと子供に扮して接近します。
rail180328-1.jpg
姉とはぐれた小学生を演じて帯同することに成功。見た目は子供でも実際は三十過ぎとはとても思えないヨ。でもこれを見て不安視する人が居ました。リーダーの命令で影ながらサポートしている屍喰部隊の薬丸さんです。これ以上、足手まといが増えると私が困るんだけど。
rail180328-2.jpg
というか、あの子 何か引っ掛かると警戒警報がビンビンだ。普段、だます側の者として あの小学生は怪しいと、勘が働いているようだ。更に先ほど見た二人組──ポン吉くん&はわわちゃんも怪しいとのこと。だって素で はわはわ言う女なんて居ないと、確信を持って語ります。
rail180328-3.jpg
そのポン吉くん、はわわちゃんを庇ってリタイアに。やはりまた怪しさが増しました。はわわちゃん、思った以上に策士じゃね?
ところで美琴たちとすれ違った二人組の背中には、何かの機械を装着してたけど…
rail180328-4.jpg
それってゴーストバスターズのプロトンパックを、上下逆さまに描いたものですね。
kinsho180314.jpg
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の125話
学園都市からフランスまで一時間という超超音速旅客機に乗った当麻と土御門。チャーター機でファーストクラス貸し切りだから乗り心地は最高! と思ったら大間違い。シートに押し付けられる重力で、当麻は声も出せずに意識が飛ぶ寸前の状態を維持してます。けれど土御門は何の問題もなくこれからやるべき事を話し続けた。

いま世界中で起きている学園都市を糾弾するデモと騒動の元凶は「C文書」と呼ばれる霊装。これを妨害ないし破壊すること。これはローマ教皇の発言が全て「正しい情報」になるというもの。例えば教皇が宣言すれば不治の病でも完治し、焼けた鉄板を押し当てても火傷しないで済んでしまうのだ。とはいえ「正しいと人に信じさせる」効果であって、物理法則が変わるものではない。よって「重力が下から上に移動する」と宣言したところで、そのようにはなりません。
話しを戻して、今の「C文書」には学園都市を悪だと信じ込ませてデモを誘発している。だから書き変えるか破壊することが目的となります。

一通り説明したところで何やら機内アナウンス。そろそろ時間かと当麻を誘導してパラシュートを装着させましたよ?
kinsho180314-.jpg
実はこの旅客機、フランス着ではなくイギリス着。正直にフランスの空港に着陸したらすぐバレるので、着陸せずに飛び降りるというわけ。モタモタする当麻を蹴り落した土御門。こうして二人はフランスに不法入国することに。当麻はもちろん「土御門 後でコロス」と呪ったとさ。

で、当麻は川に着水し溺れかけたところを女性に救われます。その女性こそ!
kinsho180314-1.jpg
五和でしたー。えーと、ベネチア旅行に行った際にアニェーゼを救出する戦いで共闘して以来の登場でしょうか。当記事で調べたところ約3年ぶりの登場です。なぜここに? 土御門に呼ばれたのか? と問われても違うみたい。イギリス清教の要請でフランスの地脈や地形の魔術的価値を調べていた。ここで会ったのは全くの偶然とのこと。
改めてお礼を言う当麻ですが目線はどうしても胸元に。そりゃそうだろう
kinsho180314-2.jpg
   ブラがスケスケなんだもーん!
慌てて隠し、着替えを持って来ると離れた五和。いつもだったらキャーと叫んでビンタを食らわせたり、電撃で黒コゲにさせようとする場面なのに、五和は何もしないばかりか「お見苦しいものを見せてしまいました」と逆に謝る始末。良識ある大人って感じだなぁと思わずにいられない当麻です。
でも言ってるそばから大人すぎる大胆な服に着替えてきた五和ですよ?
kinsho180314-3.jpg
元々は服の上から羽織って印象を変えるためのアイテムだったのに、服が濡れたので脱ぐしかなかった。よってこうなってしまったとのこと。大丈夫です! 充分に大人であると私が保証します。するともさっ!