uq210408.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.182 虚空の果て
死んだと思われていた夏凛ちゃん。だが前回、フェイトが「夏凛救出計画」を打ち出した。では今どこでどーなっているかが冒頭で語られます。45年前に刀太を欠いたまま実行したヨルダとの戦いにおいて、夏凛ちゃんは広域神聖魔法を展開。それは「全ての味方ユニットへの攻撃をわが身に受ける」というものだった。それにより光速の10%(秒速3万キロ)の速度で宇宙に弾き飛ばされていた!

不死なので宇宙でも大丈夫。空気や食べ物がなくても生きていける。ただ孤独な絶望感だけはどうしても拭い切れません。
 花も虹も風もない 涙も頬に流れない 冷たく悲しい宇宙の戦いだ(スペースナイツの歌)
 真空の中を 今日もさすらう俺は 銀河に流れる塵ひとつ(さすらいのスターウルフ)
 どっちを(どっちを)向いても宇宙 どっちを(どっちを)向いても未来(夢の舟乗り)
携帯アプリの蔵書で気を紛らわすもバッテリー切れでは使えない。徒手空手の訓練をするも何年も経てば限界を感じて来る。そもそも人類が滅んでいたら何の意味も無い。
uq210408-.jpg
どんなに叫ぼうが喚こうが誰も来ることのない絶望感に夏凛ちゃんは気がおかしくなりそうだ。
死のうとしても死なないので、やがて考えるのをやめた──
そして45年後になってそれは目の前に現れた。太陽系に最も近い恒星 アルファケンタウリ。表面は5800℃、中心温度は1600万℃。私はあの中心に落ちたとしても死なないだろう。地獄の業火で永遠に焼き続けられる…それを考えると恐怖でしかありません。
助けて…誰か…助けてください
それだけは許して勘弁してと、誰に言うでもない謝罪を繰り返す中、そいつは現れた!
uq210408-1.jpg
刀太です! 夢でも幻でもなく間違いなく本物の刀太であることを確認した夏凛ちゃんは泣き崩れるのでした。
でもどーやってここに? それがフェイトによる「天使の梯子計画」。人類がゲートを使って外宇宙に進出しようとするものです。ゲートの設置には術者が訪れた場所にしか設置できない。つまり刀太を飛ばすことでゲートを作り、そのついでに夏凛ちゃんを助けようというわけだ。具体的な飛ばし方は知らないけれど、刀太の無尽蔵な魔力がなければ出来なかったそうだから大変な技術であるのは間違いないだろう。つーか、フェイトはそれだけの物を作れる技術があったとは知らんかったわ。またそれだけの予算もね。

45年ぶりに会った・喋った人物が刀太ならば、今までのツンはすっかり無くなってました。
uq210408-2.jpg
好きだと心中を打ち明けます。ここのところの夏凛ちゃんはもう可愛らしいの何者でもないね! 「おっきいおっぱいはきらい?」と、胸を押し当てて来るなんて今までじゃ考えられないヨ。これまで約2千年生きて来たけれど、この45年間の孤独は夏凛ちゃんを大きく変えたようだ。
uq210408-3.jpg
ならば据え膳食わぬは男の恥。夏凛ちゃんの方から求めて来たのなら、有難く頂戴しても何の後ろめたさがあるものか! こうして二人はアルファケンタウリ背景に結ばれて地球に転送。無事に帰還しましたとさ。
となると残るはキリエ。毒(術)によって眠らされてる?ようだけど、これを解決する糸口は見つかるのかな?
スポンサーサイト



uq210309.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.181 45年前の真相
45年ぶりに肉丸と野和に再会した刀太。三橋と白石がネット風邪によって他界していたのは残念だったけれど、二人ともなりたかった職業に就けたことは幸いだったに違いない。で、肉丸は国際的な飲食チェーン「超包子」の現会長だってー!? 始めは麻帆良学園の屋台でしかなかったのにそこまで大きくなりましたか。つーか、その店を始めた超鈴音はまだ生まれてないかもしれんのだけどな。
また野和は外務官僚で次期次官との噂もあるとは一番の出世頭かもしれんね。私も高校の同級生が市議会議員やってまして、今期は議会長になりました。もしかしたら何年後かに市長選に出るかもしれないと思うと嬉しいです。

肉丸も野和も出世した。けれど一番スゴいのは刀太だと、45年前に何が起きたのかがようやく語られます。真祖バアルたちの強力な布陣に対しては何とか勝った。しかし崩壊しつつある低軌道リングには強毒ウイルスが仕込まれており、このままでは全人類が絶滅してしまうだろう。
uq210309-.jpg
そこで刀太の出番というわけ。ニキティスはこんなこともあろうかと?刀太の身体に世界樹の種子を魂魄レベルで融合しておいた。これを己の魔力によって発芽させ、低軌道リングを覆い尽くす巨木を作って支えようというのだ。自身が世界樹となる──下手すればそのまま帰って来れないわけだけど、他に選択肢が無いからにはやるしかない! 九郎丸・三太・雪姫らに別れを告げて刀太は世界樹になった…そうです。

ここまで聞くともうやり直さないんだなぁと実感。いや、心の片隅にはまだ「ダーナによって過去に戻ってやり直せる」との思いがあったのだけど、もうこの線は完全に消えてこのまま突き進むんだなと。そういやダーナは45年間何をしてるんだろう?

その後、刀太が大浴場に浸かっていたら美少女が接近。いや九郎丸です。
uq210309-1.jpg
ようやく二人きりになれたこともあって胸中を涙で吐露。女性化してるので背中に柔らかいものが当たってウハウハだね。夏凛ちゃん、キリエ、一空、三太らがいなくなっても頑張って戦い続けた。それは刀太が戻って来ることを信じて支えにしてきたから。
uq210309-2.jpg
僕…ご褒美 欲しい…
おいおいおい! 破壊力絶大じゃねーか! 
ここのところだけなら絶対に美少女にしか見えない!

この発言の重大性に気が付いた九郎丸は慌てて去ろうとするも、刀太はその想いに応えて…。まぁ後は男女の関係みたいな展開になってしまうわけだ。久しぶりに逢えたのだからこれぐらいはいいんじゃない??
uq210309-3.jpg
最後になってフェイトとニキティスの対談。ニキティスによって殺されかけたというのにフェイトの胸中はどーなってんだろ。刀太の復活によって夏凛ちゃんの救出計画が実行される模様。「ラグランジュポイント3」って「サイド3」と同じこと。ジオン脅威のメカニズムと言われるように、驚異の救出作戦が実行されるのか?
uq210209.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.180 再会
「アカシャの天輪」を敵に回った一空に乗っ取られ苦戦するナンバーズ。十蔵と対峙してこの身体じゃ無理と見た一空は、最新モデルにチェンジ。凄まじい剣戟に「お前がこれほどの剣士たり得るとは」と十蔵をもってして言わしめた。片や源五郎は七尾、いや、ナナコと戦ってます。人工精霊ってメカじゃないのになぜ一空に操られるのかしらん??

甚兵衛と九郎丸は刀太を安全区域に連れて行くのに尽力を注いでます。特に九郎丸は瞬動どころか縮地をマスターしており刀太を驚かせた。
uq210209-.jpg
更に剣術も以前と比べ物にならないほど進歩を遂げていた。十蔵やニキティスもその腕前を認めているというのだから、今じゃ刀太は太刀打ちできないんじゃないかな。
敵は九郎丸が何とかしてくれるだろう。ならばやるべきことは三太の復活。一空に電子的に対抗できるのは三太しかいないからだ。起きろ!! 三太!! 回天を使って重力剣を振り下ろし、三太地蔵を割ってみれば見事に復活だぁー!
uq210209-1.jpg
復活早々に乗っ取られたアカシャの天輪の支配権を次々と奪い返す快進撃。不利と見た一空は撤退していきました。支配権を完全に奪回してからは亜空間を離脱して日本へ転移。正規軍を持つ主権国家ならば奴らもおいそれと大軍を率いての転移はできないからです。

久しぶりの日本に来て早々に、肉丸から刀太への電話。ならば行くしかないよね。
uq210209-2.jpg
刀太を迎えたのは肉丸と野和。還暦を過ぎたのだから刀太と違って老けているのは当然だ。肉丸はそのコック服からして料理人になる夢を叶えたんだろうな。4人組が二人しかいない、つまりもう…。しかも二人ともネット風邪によるものだとか。けれど三橋はミュージシャンに、白石は作家に希望通りになれたのが幸いでしょう。

二人から知らされた45年前の謎。刀太はネット風邪の強毒ウイルスが全地上に降り注ぐのを防いだそうだ。これによって救われたのは30億人を下らないんだとか。へー、じゃあ刀太は力尽きたとかで衛星軌道上を43年 彷徨っていたというところかな。
uq210209-3.jpg
成人式で撮ったビデオを観る刀太。もう居ない三橋と白石、みぞれと しのぶまで映るその映像に涙します。せめてもの救いは刀太がいなければこの全員が45年前に亡くなっていたかもしれないわけで、刀太は自分を責める必要はないということだね。
次回は45年前の真相に迫る内容&表紙。図書カードプレゼントもあるようです。ラブひなやネギま時代はテレカだったけれど、さすがに時代が違うよねぇ。
uq210108.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.179 アカシャの天輪
今回情報量が多いことからトばし気味にします。
刀太を助けた甚兵衛・源五郎・十蔵・九郎丸。全員死んだと思われていたナンバーズは生きていた! バアルの手下だった四人組(魔界四天王と呼ぶらしい)は甚兵衛により月に転移させてしまったようだ。それは以前、夏凛ちゃんを瞬時に月に転移させた南雲士音の忘れ形見だとか。そりゃ40年以上経ってるのだから亡くなってるか。でもなぜ敵であるナンバーズの甚兵衛が持っていたかと思えば…南雲は九郎丸の兄の鬼郎丸の配下でしたか。九郎丸を助けた一件で和解したので敵ではなくなったということね。

転移させたはいいけど奴らは裏金星 業魔大陸の諸侯(ここに来て裏金星というキーワード。つまり「魔界」)。すぐ戻るとも限らないからアジトに移動というわけで、開いたゲートを通ってみれば(そのゲートはドクター・ストレンジに使われたものっぽいやつ)上の画像の移動図書館「アカシャの天輪」だったと。
uq210108-.jpg
ここは次元の狭間の世界。20年前にこの全長2・2キロに渡る「アカシャの天輪」を発見してアジトにしてきた。世界のどこでもない場所なことからパクティオーカードも反応せず、だから亡くなってる扱いの「枠なし」になっていた。
で、情報を箇条書きにします。
・これはネギが発掘した一万二千年前の古代金星文明の遺物。一部をアトリエとして利用していた
・艦長はニキティス。また館長でもある
・このアカシャの天輪を使ってヨルダの元へ行くつもり
・ネット風邪はバアルの仕業。小夜子の魔素技術とバアルの廉価版「完全なる世界」の合成ウイルスがその正体
・ネット風邪にかかった者の最期は灰のようになって崩れ去る。それは「ネギま!」においてヨルダが裏火星の人々を桜の花びらのように消していったのを再現したと思われ
キリエ・夏凛ちゃん・三太は奴らにやられた
・但し三太は成仏する寸前にお地蔵さんに封印したので復活するチャンスはある
uq210108-1.jpg
一空は本体の大部分をネット上に展開していたので、真っ先にウイルスに汚染されて奴らの仲間になっているらしい。あぁ一空は敵に回ったのか。まぁ のどかや夕映も敵になってるのだからそれに比べりゃショックは少ないので良しとしよう。

そこで敵が『狭間の世界』に侵入してきたのでバトル展開。どうやら刀太に何かマーキングが付いていた模様。ニキティス館長はアカシャの天輪を発進させて迎え撃とうとしたらシステムダウン。一空がセキュリティをかいくぐって艦を乗っ取ったようだ。
uq210108-2.jpg
ニキティスを斬り裂き勝ち誇る一空。ニキティスは再生しようにも専用に調整したナノマシンにより不可能状態へ。一空の無双は源五郎にも届くばかりか、ナナオ・セプト・七重桜まで味方に引き込んだ。こいつ感化されやすすぎるぞ!
一空がこうも強くなったのは使えなくなったインターネットの計算リソースの58%をフルに使い、動きを全て読んでいるからだそうだ。不死者は科学を甘く見て進歩を軽視しすぎると、科学が勝っていることを謳いあげる。
uq210108-3.jpg
それに真っ向 対抗する十蔵! 不死者の剣は科学を上回ることが出来るのか!? それにしても「昔から心底嫌いだった」って、敵に回る前からそう思っていたってことだよね。何かヤダなぁ。
uq201209.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.178 40年の遅刻
日本に戻るため中東を通り東南アジアのインドネシアまで来た刀太。今は路銀を稼ぐため傭兵みたいなことをしてるみたい。今回の依頼は下水で繁殖してる魔獣退治です。
戦ってる最中に思い出すのはキリエや九郎丸や夏凛ちゃんたちのこと。アガリに殺されたと知って以来、「俺が悪い 俺の責任だ」と何度も繰り返して思い続けているのだろう。たぶんそうすることで戦う意味を、生きている意味を感じ取っているのではないだろうか。

全滅させた後に掛かってきた謎の電話。指示する方に行ってみたらモニターに映ってるのは一空! お前無事だったの!? いや、それは囮でした。アガリたち四人の上級魔族に捕らえられてしまいます。
関係ないけど一空は脳まで電脳化してることから、破壊されたとしてもデータとして他に転送できるので生き延びてる可能性がありますね。もっとも転送先がそれに対応できるスペックがあるかが問題ですが。
uq201209-.jpg
これまで何度も封印されかけた刀太だけど今回が最強。フェイトが開発した疑似火星の白システムを更に改造した封魔陣によって、身体を刻んで部位別に封印。それはまるで「AKIRA」のようだ。
今回こそ このまま封印されてしまう最大のピンチにこいつらは駆けつけた!
十蔵 手遅れ?
源五郎 待ちわびた?
甚兵衛 バーカ
uq201209-1.jpg
俺達 不死人にとっちゃあ 40年なんて
大した時間じゃねぇんだよ

最後の最後になって現れたのは死んだと聞かされていた九郎丸・甚兵衛・源五郎・十蔵の四人。恐らく魔族が刀太を封印しに来ると知ったのでタイミングを見計らって登場したのだろう。裏返せば刀太が封印されるまで出番を待ってたことになるけど、それを言っちゃあカッコよく登場できないしな!

ともかく生き残ったナンバーズは刀太だけじゃなかった。彼らも生き延びるために何かを犠牲にしてきたに違いありません。特に九郎丸は刀太が生きていると知って一刻も早く逢いたかっただろうけど、自分が生きていると知られたら元も子もありません。この時が来るまで耐え忍んできたんだね!
uq201209-2.jpg
抱き合う二人。もはや言葉はいらないでしょう。これにより謎のままだった45年前の軌道エレベーターで何があったのかがようやくわかりそうです。
で、今回気持ちよくナンバーズが現れました。その気持ちを表現すると↓ぐらいに勇ましかったです?
uq201107.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.177 最後の一人
襲ってきたのはアガリ・アレプト。バアルと共に居たヤツなので同等級の強さなのは間違いない。信じ難いことだがナンバーズで残っているのは刀太だけ、お前を殺せば全ては終わるとのこと。
不死の能力を失い左手だけの刀太にとって最大級のピンチです。
uq201107-.jpg
一撃でも喰らえば終わると"全集中"して攻撃を避けます。また不死じゃなくなったとはいえ基礎の「黒と白」はそのまま。それを分けることで最低限の対抗策で致命傷は追わせません。それに灰人に習った瞬動術「大地を掴め」を思い出して加速を効かせた一撃を叩き込む。さらにさらに黒棒を呼び出しての五百t剣を喰らわせて胴体を真っ二つ! もっともこの程度で倒れるタマじゃないけどね。

反撃の「冥府の黒柱」によって身動きできなくなった刀太に、アガリは心を折りにかかる。先ずは雪姫。43年前、彼女は刀太の代わりに冥王星に赴き、今でもヨルダの野望を阻んでいるそうだ。「俺の代わりに」という点で刀太は暗い影を落とす。
uq201107-1.jpg
更に三太・九郎丸・夏凛ちゃん・キリエの「枠がない」カードを見せつけられて、本当に存在していないことを実感。絶望し涙する中、首をはねられるわけですが…まだ死ぬわけにはいかないと気力を取り戻す!
uq201107-2.jpg
確かに九郎丸たちは死んだかもしれない。けれど雪姫はまだ健在だ。だったらここでくたばるわけにはいかないと、土壇場で不死の能力が復活。首は斬られても右腕が復活し、相手の攻撃をそのまま返して(これは「イレカエ」なのか?)アガリを倒すのでした。

刀太はそのまま倒れて四か月後に復活。なんでこんなにかかったのかは知らないけど、たぶん不死の能力が低かったので完全復活まで時間がかかったんでしょう。「冥王星に雪姫がいる」ことを心の糧にして、刀太は日本まで歩むことにしました。サハラ砂漠を渡りエジプト・イスタンブールを抜け、インド・ジャカルタまで二年かかってます。
uq201107-3.jpg
途中 刺客の襲撃を返り討ちにし、指名手配犯を捕らえて路銀にするなど様々なことがあったようだ。目指すは日本の仙境館。そもそも今もあるのか不明ながら、そこしかアテがないからには行くしかありません。

UQ HOLDER!(24) (週刊少年マガジンコミックス)
uq201008.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.176 痛み
43年後の2131年に来ていることを知った刀太はあの日、何が起きたのかを思い出す。突如 スペースポート静止軌道ステーションが破壊され、キリエは何者かによって封印状態に。このようなことが出来るのは同系統の能力者によるものだとニキティス。それはいったい誰なのか…と こちらを見ていたのはバアル!
Stage.165でダーナに倒され姿を消したバアルが仲間を連れて復讐に来たようだ。
UQ HOLDER! Stage.165 頂上決戦は意外な形で決着す

これ以後のことを思い出せない刀太は同僚のアキムや班長の助力を得て図書館で調べることに。ネットを使えばもっと簡単なんだろうけど「死にてぇのか」と言われて どういうこと?
uq201008-.jpg
理由はすぐわかりました。軌道エレベーターの破壊はバアルの組織「新たなる夜明け」によるもの。また同時期に「ネット風邪」と呼ばれるインターネットを媒介する感染症が発生。死亡率は高くないが爆発的な感染力があり、特定条件を満たした者は昏睡状態に陥る。一時は世界人口の76%が感染したことからインターネットは停止したまま。以後、世界の情報流通は22世紀から20世紀時代に逆戻りし、世界恐慌や戦争を経て現在に至っているそうだ。

43年間の出来事を知り刀太は打ちひしがれる。みぞれや忍や肉丸たちと将来の約束をしたのに何一つやれなかったと。感染者リストを調べても名前は書かれておらず消息不明のまま。いったいどうすれば…と思っていたら胸ポケットに光るものが。これはカード? いやパクティオーカードだ。そこで思い出したカモ君の言葉。パクティオーカードの枠が無くなっていたら契約者は死亡していると。ならば枠があって欲しいと願いながらカードを取り出してみた…
uq201008-1.jpg
枠は消えてました  絶望に叩き込まれた刀太は雨が降る中で泣くしかありません。

その後 アキムに励まされ、また日本に戻って仙境館に行けば誰かが残ってるかもしれないと希望を見い出します。が、突然の刺客の来襲ですよ。逃げるも身体がついて行きません。ブランクがあるし、何より頬の傷と右腕の欠損が治らないのは不死身の能力が無くなってるかもしれないからだ。何ヵ所か撃たれて痛みと出血により気を失いかける刀太。
uq201008-2.jpg
でもまだ終われねぇと踏み止まる! あいつらが襲ってくるということは、まだ何かが終わってないという証だからだ。その何かを知らせる強敵が姿を現しました。
uq201008-3.jpg
それはバオトの仲間の一人。この43年間でナンバーズの全てを狩り尽くし、残るは刀太一人だけという。文句なく最強レベルの相手に対して刀太の今の能力では敵うハズもない。けれどただ負けるわけにいかないわけで、いったいどのように戦おうというのだ!?