uq200609.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.172 不死狩りの神刀
先月はコロナの影響で雑誌そのものの発売が見送られたことから二ヵ月ぶりになります。
九郎丸が「神刀姫名杜(しんとう ひなもり)」と化してしまったことに刀太は激昂! 武陵玄真を一撃にして倒し(いつの間にか黒棒が復活してたとは)、檜田斬九朗には北斗百裂拳というか オラのラッシュというか、無数の拳でぶん殴る。トドメは玄真を倒したのと同様の黒棒を使うも、それは姫名杜が受け止めた。さすがヨルダ・バオトも倒せると豪語する神刀だけなことはあります。
九郎丸! 刀太は叫ぶ。そんな奴にいいように使われてるんじゃねぇという気持ちなのだろう。これに姫名杜(九郎丸)は共鳴する。
uq200609-.jpg
実は刀にされる前に兄の鬼郎丸からアドバイスを貰っていた。もっとワガママを言ってもいい、己の意志を示せと。それは今まで兄らしいことをしてやれなかったせめてもの慈悲だったかもしれないね。それが幸を奏して九郎丸は自分の意識を持ち続けてました。
uq200609-1.jpg
刀が変形して人の姿へ。ただし六枚羽をまとうその姿は、まるで熾天使・ルシファーのようだ。神刀だけに神の、しかも最上級の神の化身というところか。でも目覚めたばかりか自意識を失ってるようで手を付けられない暴れっぷり。更に少し遅い反抗期らしく故郷の城下町を ぶっ壊すべく飛び立っていく。

もちろんそれを止めようとする刀太だけれど猛攻は凄まじく一筋縄にはいきません。
uq200609-2.jpg
そこであえて胸を貫かせて抱きしめる捨て身の戦法に打って出た。更にキスして自意識を取り戻させるとは捨て身にもホドがあるだろうよ! ともかく意識が戻ったことで九郎丸は"ただの神刀"になるのは避けられました。いや、むしろ神刀になれる能力を身に付けたことで刀太と共に戦える──というより刀太に使ってもらえるのが本人にとって大きなアドバンテージとなることだろう。
UQ HOLDER!(23) (講談社コミックス) 7月9日発売
スポンサーサイト



uq200409.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.171 不死の怪物
九郎丸の兄、鬼郎丸に「不死祓い」でに真っ二つに去れた刀/太。これでは復活は不可能だ! 更に武陵玄真からに真っ二つにされたことで四分割にされちゃいました。玄真は語る。よるだばおとを倒さんとする同志とも言える立場なのに敵対するのはなぜか? それは不死者を倒すのは人でなくてはならないから。貴様ら化物の力を借りていては いつまでも人の世に安寧はないと──

刀太は身動き出来ないままどれぐらい経っただろう…上半身だけが復活する。玄真に斬られた下半身はそのままだけど、鬼郎丸に斬られた箇所だけは復活したのだ。ここで思い出すのが鬼郎丸の言葉「本当にあの子と共に歩むと言うなら…来るがいい」。兄は手加減してくれたのか? 迷ってる暇はない、早く行かなければ九郎丸が危ない!
uq200409-.jpg
己の血がある場所なら復活できることを逆手に取り、自決した上で九郎丸の体内に流れる俺の血を目掛けて飛ぶ刀太! ここが地球ではなく裏世界の新オスティアだったことも距離的に・魔力的にも功を奏した格好ですわ。
途中、「力の手」の南雲士音と出会うも今の実力ならば敵ではありませんでした。むしろ圧倒的な怪物的能力を見せつけたことで今後は顔を合わせることもないだろう。ちなみにここで欠損していた左手をゲットしたことで上半身は完全に復活します。

その頃、九郎丸は桃源神鳴流の聖地捕らえられてました。思い出すのは黒いモヤのような生物?のこと。
uq200409-1.jpg
あれはヒナちゃんという、一族の宝刀の心というか魂のようなものだったらしい。死にかけていた刀太はこれを取り入れたことで生き長らえたけれど、一族の魂を失った桃源神鳴流としては九郎丸を許せず怨まれる存在になったようだ。ヒナというのはラブひなの素子が後に帯刀することになった妖刀「ひな」をイメージしたものと推測します。

儀式が始まった。それは九郎丸の身体そのものを刀身とすること! その一方で屋敷内では捕らえられていた帆乃香と勇魚が月詠に助け出されます。まさか二人の師匠とはね! しかも月詠は刹那から頼まれて育てていたとか。いつの間に刹那と月詠はそんな関係になったん??
uq200409-2.jpg
刀太が到着。えーと、これはゴンさんならぬ刀太さんな姿になってます。どことなくFate/stay nightのランサーやアーチャーにも似てますね。下半身が復活してますがこれは魔素による作り物か、あるいは血によって再構成したものかも。
uq200409-3.jpg
けれど時は既に遅く刀太は刀身にされてしまいました。檜田斬九朗は「神刀姫名杜」と命名し、これならば よるだばおとをも倒せると太鼓判。ただし今は刀太だと、刃を向けるのでした──

うひゃー、まさかこんなことになろうとは! 銀河鉄道999の鉄郎はネジにされそうになったけれど、九郎丸は本当に刀になっちゃいました。展開次第によるけど今後は生身の身体と刀身との二つのモードにチェンジできるのかな? って、ソウルイーターか。 
uq200308.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.170 不死祓い
九郎丸の兄・鬼郎丸たち桃源神鳴流の襲撃に遭って九郎丸・帆乃香・勇魚は空中都市・新オスティアから落下。刀太も後を追う。血を使って分身を作った刀太は三人とも助けるも、状況は芳しくありません。刀太の左腕は鬼郎丸に斬られて再生せず。九郎丸は胴体を袈裟斬りされて真っ二つで、これまた治りません。帆乃香と勇魚は毒で動けない状態で、念話も邪魔されて使えないときたもんだ。

体温が下がる一方の九郎丸を心配した刀太は回天を使って体温を上げると共に、自らの血を使って無理矢理くっつけます。意識が戻った九郎丸はソレを聞かされ「刀太君の血(体液)が僕の体の中に?」と、別のことを考えて赤くなる。おいおい、何を考えてんだよ! もう意識そのものが女性化しちゃってる感じだね。
uq200308-.jpg
鬼郎丸に斬られたところが治らない謎を九郎丸が解説。「不死祓い」と呼ばれるもので裏神鳴流(桃源神鳴流)でも境地に達した者しか放てないらしい。それは十蔵の「概念斬り」に似ているそうだ。「概念斬り」は"りんご"を知っていても、斬ればりんごが何だかわからなくなる。「概念斬り」はどんな不死者だろうと斬られた部分の不死性が阻害されるとのこと。

そんなこと言ってる間に九郎丸の状態が悪化。いきなり身体がズレたらそりゃ驚くよ。ダクダク流れ出る血に刀太は血を追加。この状態にあっても「刀太君のが…入ってく」と思うのはどーよ!?
uq200308-1.jpg
刀太は更に九郎丸の血を吸うことで一時的に眷属にするこうすれば拒絶反応が抑えられて回天の速度が上げられるからだ。って、血を吸われて↑のような姿を見せられたら別のことヤってるとしか思えねーよ! 何でこんなに性的に見えてしまうのだろう。ちなみにこの時、白い翼が生えるのですが、これは「ネギま!」の刹那と関係あるのでしょうか??

これにより症状は安定し回復するも、今度は桃源神鳴流が再襲来。帆乃香と勇魚が人質に取られては打つ手なし。
uq200308-2.jpg
またここで九郎丸の体内にある「神体」を欲していることを知る。桃源神鳴流伝来のもので、これでヨルダ・バオトを倒せるらしい。打つ手がない以上、九郎丸は従うしかありません。自ら「行く」として人質の安全を確認する。
uq200308-3.jpg
残された刀太は「必ず助ける」と叫ぶも鬼郎丸に縦に真っ二つ。しかも「不死祓い」だから再生不可。過去最悪にヤバイ状態から刀太の復活はあり得るのだろうか!?
uq200207.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.169 不死狩り
雪姫に寄せる刀太の気持ちが ひと段落し、平穏な日常に戻ると思いきや そうもいかないという今回。先ずは誰と一緒にシたいのか、というか慕ってくれる人と仲良くしろという件。何しろヨルダと戦って不死者といえど無事とは限らない。生きているうちに後悔ないようにしろということだ。

そう説明する上の画像にキリエや夏凛ちゃんが居るのは当然だけど、三太はビミョー。ましてニキティスが居るってどういうこと? コイツとはそういう仲じゃないじゃん。いや、ダチになろうぜと言ったのは刀太の方だから放っておくわけにもいかないということなんだろうな…?
uq200207-.jpg
雪姫の勧めを実行して夏凛ちゃんとは改めて握手を。またキリエは抱きしめて「大事にする」「お前がいらんと言うまで傍にいる」と、愛の語らいをしちゃいます。あぁやっぱ本命はキリエなんだなと私としては ひと安心ですよ。ネギの遺伝子を受け継いでプレイボーイな面がありますからね。
そして九郎丸とはデートを敢行! いやはや もう完全なヒロイン側ですな。ただでさえ女の子に見えるというのに、スカートな服を買ってパフェを食べるのでは「もう女の子でいいぢゃん」と読者も納得することだろう。
でもその九郎丸に忍び寄る桃源神鳴流の影!
uq200207-1.jpg
えーと、神鳴流はこっちの世界では桃源神鳴流という名前で発達。流派というか派閥というか、ここでは檜田家と武陵家が登場。ヨルダを封滅するには九郎丸が不可欠だから捕らえろと指令が下ります。これにはもちろん九郎丸の兄である時坂家頭首の時坂鬼郎丸も同行。更に以前戦った「力の手」の傭兵・南雲士音と月詠も同伴して先んじて捕獲しろとのこと。
一転して九郎丸に危機が迫るわけですが、放免しておいて捕らえるなんて無様としか思えないね!
uq200207-2.jpg
そうとは知らない九郎丸たちは ほのかと いさなを伴って神鳴流の話をします。改まって ほのかの祖母が木乃香、いさなの祖母が刹那と聞かされると時間の経過を感じてしまうよ。つーか、二人で結婚したんじゃなかったんだね(そりゃそーだ)。
それよりもラブひなの素子と姉の鶴子さんじゃねーか!
懐かしいなぁ。アニメはほぼ20年前にやってたんだよなぁ。ちなみに素子は女子高生ながら帯刀しているというキャラのハシリな存在でした。鶴子さんとフィアンセとの情事を見てしまったことがショックで亀が嫌いになったんです。
どうして亀が嫌いになったんだろうね??
uq200207-3.jpg
南雲と月詠の襲来に九郎丸・ほのか・いさなが連れ去られてしまう! 刀太も自ら突っ込んで、桃源神鳴流との全面対決になるのは確実だ。
UQ HOLDER!(22) (講談社コミックス)
UQ HOLDER!(22) (講談社コミックス)
UQ HOLDER!(22) (週刊少年マガジンコミックス)Kindle版
uq200108.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.168 幸せのかたち
七尾の計らいによって全裸でカップル用の水中観覧車に乗せられた刀太と雪姫。いや、この姿だとエヴァンジェリンと呼んだ方が相応しいね。エヴァは改めてヨルダを倒す切り札として、道具として刀太を造ったことを詫びる。もちろん刀太はそんなこと気にしてませんがね。つーか、造ったからこそ ここに居て話してるわけであって感謝しかないですよ!(宮迫風に)
uq200108-.jpg
それよりも刀太は「俺のこと覚えているか?」と、ダーナの城で過去に何度か会ってることを告げる。「キティと呼──」と言いかけたところでエヴァは刀太の口を塞いだ。恥ずかして堪らないのだろう。水中から街へ逃げてしまいます。そのおかげで刀太は溺れかけましたがね。

街では冷静さを取り戻すために雪姫にチェンジ。今度は自ら刀太をデートに誘います。ついでに刀太にも年齢詐称薬を使って青年の刀太にチェンジ。もう成長しないだけに青年姿は貴重かもね。
観光地となってる新オスティア。これというのもネギたち「白き翼」の活躍があったからこその賜物だ。約80年前の英雄たちを称えてネギや「白き翼」のメンバーが石像になっており、これを見て雪姫は笑いが止まりません。
uq200108-1.jpg
ここまで雪姫(エヴァ)が笑うのは珍しいですね。かつての仲間が意外な形で褒め称えられているのがツボにハマったのでしょう。これというのも歳を取らず800年生きているからこその到達点かもしれないな。
でもこの笑いでとんでもない勘違いをしてたと、今度は刀太が恥ずかしくて逃げ出した。
uq200108-2.jpg
雪姫をキティとして初めて会った頃の思い出から、今でも辛いのだろうと思っていた。俺が支えてやらなきゃと思ってた。でもこの笑いを見て自分が勝手にそう思ってただけと気付かされたのです。挙句に「あんたに俺は最初から必要なかった」と言い出すのですが、これを否定するのはキティでした。
uq200108-3.jpg
お前が私の初恋だ
と笑みを浮かばされちゃ惚れてまうやろ~~! まぁあの閉鎖された場所で唯一の異性だったのだから惚れるのも当然か。私が幸せそうに映ったとすれば、それは3-Aやホルダーのお前たちがこの世界にいるからだとして幕。今回は「ネギま!」時代を思い出させる内容で、懐かしかったなぁ。
uq191207.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.167 新オスティア
バアルが逃げた先は裏火星にある武装勢力「新たなる夜明け」の支配地域。ここに一斉攻撃を仕掛けたナンバーズたち。ようやく全員が揃ったのだから一気に攻めてしまおうということか。グレートパル様号を旗艦として三太が・一空が・夏凛ちゃんが各自の能力をフル回転して暴れ回る! そして雪姫の広域魔法が敵城を滅すべく放たれた。が、敵もまた広域な魔法障壁(いわゆるバリア)によって無力化。さすがにさっさと やられるわけにはいきませんからね。
uq191207-.jpg
バリアを発生させてるのは地下の大型反応路だと分かり、三太と源五郎がここに向かう。何せ源五郎はイレカエ、三太は透過能力があるのだからバリアはもちろん分厚い壁なんて意味がありません。
「新たなる夜明け」は最終兵器たる100mを超す鬼神兵を10体全て出して押し返そうとするも…
uq191207-1.jpg
十蔵です! この世の全てを斬ることができる十蔵にとっては鬼神兵とて意味を成さない。これに続けと九郎丸は新奥義・千雷剣を、刀太は雷天大壮を繰り出してこれまたバッタバッタを倒していく。満を持して現れたニキティスはもうすっかりギャグメーカーになっちゃいました。さっさと攻撃しろよ!
反応路を壊し、鬼神兵も全滅させたことで「新たなる夜明け」はもう打つ手なし。雪姫は投降を促すも徹底抗戦の構えをしたことから氷漬けにされちゃったとさ。

一件落着してナンバーズは新オスティアでしばらく休暇を取ることになりました。オスティアといったら「ネギま!」に登場した場所じゃないですか。懐かしい!
uq191207-2.jpg
温泉に浸かる女性陣。龍宮も攻撃に参加してました。その隣が雪姫で、その右側は女性化した七尾ですよ。そもそも男でも女でもないそうだ。ナイスバディな女性陣を尻目にキリエと九郎丸は肩身が狭いよなぁ。
魔法を使い過ぎて雪姫は本来のエヴァンジェリンに戻った。そこでキリエから刀太と腹を割って話しておいた方がいいと諭され、七尾が気を利かせてくれましたよ!?
uq191207-3.jpg
全裸でのしばしのデートとなりました。刀太にとってはキティな存在でもあるわけで、募る想いはどう傾くのやら!
uq191108.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.166 祝杯
バアルを撃退したナンバーズ&ダーナ。海に落ちたバアルはそのまま逃げ去ったらしく、周囲300キロにも痕跡なしだという。こうして敵は去ったものの、仙境館はことごとく破壊されて復旧にはかなりの時間を費やすことになるだろう。が、建設時にネギが形状記憶魔法陣を敷いていたそうで、雪姫・刀太・七尾の魔力で元通りにしているのが上の画像。本来なら数か月かかる建設を三日でやってしまうというのだから、さぞ壮観な状況だろうね。

敵は去った! 仙境館も元通りになる! UQホルダーのナンバーズも晴れてNo.1~12が勢揃い! というわけで無礼講の酒宴が始まります。それを仕切るのはNo.3の七尾だ。敏腕執事を自称してるヨ。
uq191108-.jpg
ついさっきまで敵だった者がしれっと味方になってることに夏凛ちゃんたちが気に入らないのは無理もないでしょう。読者としても急に性格まで変わってることに違和感を覚えます。どうやらニキティスがバアルの心臓を握りつぶした際に核も破壊したらしく、その隙にダーナと雪姫が支配権を奪ったそうだ。雪姫は特に戦った姿が無かったけれど、影でこの様な仕事をしてたのね。そういや"支配されていたダーナ"が"支配されてないダーナ"に倒された理由がまだ判明してません。私は支配される前のダーナが時間を飛び越えてやって来たと思ってるけどそれでいいよね??

さて敏腕執事を自称してる七尾はパーティーの席に合うように、皆の衣装をドレスアップ。特にキリエ・九郎丸・夏凛ちゃんにはウェデイングドレスにしてしまいます。
uq191108-1.jpg
人の好意を目視できる能力があるらしく、刀太に好意を持ってる三人をウェディングドレスにしたというわけ。九郎丸が完全に女性にしかみえないんだけど? 関係ないけどセーラームーンが流行ってる当時にウェディングドレスで戦う「愛天使伝説ウェディングピーチ」って覚えてる? またナース服で戦う「ナースエンジェルりりかSOS」ってのもあったよなぁ。

刀太は""最強の超剣士""と聞いて十蔵に剣の教えを乞う。それを聞き捨てならんと茶々を入れてきたニキティス。二人の間に火花が散りますが、「概念を斬った」ことで更にエスカレート!
uq191108-2.jpg
また十蔵と源五郎は甚兵衛の弟子という点で張り合います。このように同じナンバーズではあるものの個人同士の関係は一筋縄ではいかないようだ。なんかニキティスが"かまってちゃん"に見えるのは、前回 刀太から「ダチになろうぜ ニキティス」と言われたのに、刀太が全然構ってくれないのでヤキモチを焼いてるように見えてしまいますよ。
uq191108-3.jpg
ニキティスと十蔵の争いはエスカレートして戦闘に発展。更にダーナも巻き込んだことで周囲はもう大変なことに! まぁこれも敵がいなくなったからこその「酒宴の出し物」なんでしょうけど!
それはそうとフェイトは首だけになりながら生きていることが判明。バアルの逃走経路からヨルダの所在場所が割り出せる可能性が出てきたことで、雪姫は反撃に打って出るつもりのようだ。