uq171109.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」の15巻です。
Stage.137~140を収録。表紙が夕映&のどかになっていて、各話も「ネギま!」時代の回想になってることから一冊丸ごと「魔法先生ネギま!」の続きと言えなくもない。いや、38巻で完結でしたけれど勝手に第39巻とでも名付けてしまおう。それだけ「ネギま!」色の強い一冊になってます。

Stage.137
UQ HOLDER! Stage.137 これが並行世界! ネギま!のその後が語られる
京都のナギのアトリエに行ったら謎のおじさんに キリエのパンツを盗られてしまった。実はこの人、かつてのネギの相棒だったカモ君だったことに驚きだよ。そしてダーナが久しぶりに登場して、ネギから託された過去の映像を観ることで「ネギま!」掲載時に描かれなかったエピソードを知ることになります。悪く言えば当時ほったらかしにされた未消化部分を、今になって描き加えた格好です。
uq171109-.jpg
その中でも表紙になってるこの二人からの告白を受ける場面は、避けて通れぬイベントでしょう。結局はああなるのですが読者的に区切りがついたのは間違いありません。
そしてネギの本命の相手が発覚。ま、これは14巻特装版の小冊子に書いてあったし、ファンなら予想がついた相手ですから「ヤッパリな」と思いました。けれど一般的には意外だったらしく、当時のニュースサイトでちょっとした話題になったのは正直意外でした。

Stage.138
UQ HOLDER! Stage.138 千雨への告白は苦い経験に。今のところはね
その本命の相手・千雨に告白するネギ。結局この時点ではフラれるわけですが、そのフッた千雨に いいんちょが血の涙を流して羨ましがるところは鬼気迫るものを感じずにはいられません!
uq171109-1.jpg
「好きです」と言われてグラつき、フッた後でも気にしてるのか顔を赤らめてるところに可愛らしさを感じちゃうね。この時点の千雨はまだ自分の事しか考えていない、考えられない性格だったからフッたんじゃないかな。それでもネギのアタックはその後も続いていたらしいですねー。そして卒業5年後にあった大きな戦い、ナギ=ヨルダとの大戦へと続きます。

Stage.139
UQ HOLDER! Stage.139 赤き翼&白き翼が勢揃いには圧巻すぎる!
造物主を倒すということは父親であるナギを倒すということ。その葛藤を背負いながら決着をつけるべく戦うネギ。途中、「ネギま!」時代に登場した敵が登場して懐かしく思ったり。
uq171109-2.jpg
敵の攻勢に傷つき倒れたところを助けたのは かつての教え子たち! そして赤き翼と白き翼の面々が一堂に横並びする場面は圧巻の一言です!

Stage.140
UQ HOLDER! Stage.140 ヨルダとの総力戦が決着!そしてネギと千雨は…
泣いても笑っても最終決戦は全員参加の出し惜しみ無しの総力戦。明日奈が能力を使ってる間に決着の一撃をつけなければならず、ネギは渾身の拳を振るう! あのー、心臓潰しておいて鼓動が聞こえるってのは変じゃありません? それともその心臓はナギのものじゃなかったったことですか??
uq171109-3.jpg
回想を締めくくるべく登場したこの一枚の写真。これで読者も納得です。長い間、誰と結ばれたのか謎でしたからね。
UQ HOLDER!(15) (講談社コミックス)
UQ HOLDER!(15) (講談社コミックス)
UQ HOLDER!(15) (週刊少年マガジンコミックス)Kindle版
スポンサーサイト
uq171108.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.142 憎しみから生まれたもの
仙境館に侵入したカトラス(前回、真名が「テナ・ヴィタ」と判明しましたがカトラスのままにします)を迎え撃つのは源五郎と甚兵衛。第二形態へと姿を変えたカトラスは源五郎を瞬殺! 即時 復活するも、またしてもやられたのが上の画像。甚兵衛を師匠と慕っているので、盾となってることが不利の一因のようです。この後、三人目がガトリングやら手榴弾やらロケットランチャーなどを撃ち込むもやはりダメ。

四人目になって甚兵衛が地下の大空洞に"イレカエ"で送り込むも、転移符を使って即時に脱出。コレを使ってくることを予想して、あらかじめ手を打っておいたのだからますます厄介です。厄介といえば源五郎の即時 復活は、カトラスにとってのソレ。ならばと思いついた対抗策は殺さずに遠くへ投げつけることでした。これなら戻るのに時間がかかる=この間に甚兵衛を殺れるというわけです。

一人になった甚兵衛は奮闘するも首をはねられジ・エンド…と思いきや、イレカエでカトラスの腕をねじ切ったよ?
uq171108-.jpg
首を落とされても潰さない限りは死なないらしい。ってか、Stage.9を読み返すと「首を落とされれば死んじゃうし」と書いてあるんですけど!? 設定変更したの? それとも手の内を明かさないために あえてそう言ったと考えるべきでしょうか。
ともかく甚兵衛は死んでないし、イレカエを使えば即時にカトラスの首をねじ切ることも可能だったとも。それを聞いて逆上するのですが源五郎が五人目になって帰還。空中で自決して即時舞い戻った模様。今度は無抵抗のまま あえてやられて? 六人目が登場。カトラスは即時斬りつけるも手応えがありません。なんで?
uq171108-1.jpg
復活後、三秒間は無敵だから──って何それー!?
残機システムはゲームそのものなんだろうか。まるでシューティングか格闘ゲームみたいですね。この無敵時間を使ってカトラスは半死状態へ。最後は甚兵衛が意識を断たせて 一先ず終了となりました。

意識は断たれたけどサブ電脳で復活したカトラスは逆転の機会を伺う。そこに京都から転移してきた刀太たちが現れ、"狭間の魔女"たるダーナも居たことに血相を変えて撤退を敢行。ダーナには時間を止める"時の回廊"が効かないからだ。更に「なぜあんな化け物が…!」としていることから、段違いな戦力差があるんでしょうな。
uq171108-2.jpg
それをイキナリ見せつけたのがこれ。400mも離れた場所から腕を伸ばしただけで捕まえるとは、なんて遠近法を無視したやり方だこと。 これ漫画だからやれたという方法ですね。さすが時間も空間も自由自在に移動できるダーナだからこそのやり方だーな。

この後、源五郎に殺されかけるも刀太の説得により、脱出不可能な牢獄に監禁されるカトラス。
uq171108-3.jpg
翌日になって勝利したかのように世界情勢を気に留めるよう謎の勧告。その通りに軌道エレベータが爆破されてしまいました。ミサイルらしきものが発射してることからネギ=ヨルダたちの仕業ではない? それとも操って撃ったとか? いずれにしろこれによって世界中が緊迫感に包まれることは間違いないでしょう。

【Amazon.co.jp限定】 UQ HOLDER!~魔法先生ネギま! 2~ Blu-rayBOX (オリジナルB1布ポスター付)UQ HOLDER!(15) (講談社コミックス)
【Amazon.co.jp限定】 UQ HOLDER!~魔法先生ネギま! 2~ Blu-rayBOX (オリジナルB1布ポスター付)
UQ HOLDER!(15) (講談社コミックス)
アニメはいきなりボックス売りだそうです。これにより全12話なことが確定。この前が6話なのであと半分でネギたちと戦えるの? それとも分割の全24話だろうか。

それとBlu-rayでは夏凛ちゃんの〇〇な部分を隠してたカモ君が消えることを、赤松先生が発表。みんな期待して良さそうだぞ!
UQ HOLDER!(15) (講談社コミックス)
夕映と のどかがメインを飾るとは!
ネギがダーナに託した過去の記録映像のものでしょう。Stage.137でネギに告る場面をイメージしたものじゃないかな。こうも堂々と「ネギま!」のキャラを表紙に用いると、改めて『魔法先生ネギま!2』との副題を付けた意味がわかるってものです。
ところでアニメって全何話になるのかな? 未だにDVD・Blu-rayの発表が無いことから26話ぐらい?

・『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の新規映像とか

ローマ国際映画祭にて世界最速上映をしたことから記事になってます。また早朝の番組にて放送された中に、地獄大元帥やガラダK7との戦いが新規に公開されてます。
>マジンガーZ イタリアで大暴れ!?
↑この映像はそのうち消えると思うので今のうちにご覧ください。

また昨日放送した「YOUは何しに日本へ?」でマジンガーZのフィギュアを買いに日本に来たマジンガーYOUが登場。その人は多くのSF映画のCGを手掛けており、「アバター」のロボットの動きはマジンガーZを参考にしたと言ってます。
YOUは何しに日本へ 2017年10月30日
この51:20から。ただし消される可能性があるのでご注意。
uq171013.jpg
これは原作Stage.1のトビラ絵。UQ HOLDERのメンバーであろう不死者たちの一覧なのですが、現在Stage.141になっても未だに登場しない人物が三人います。
uq171013-3.jpg
この三人です。あ、右から三番目のフードを被ってるのは三太ね。アニメのオープニングの最後は この絵なのに、三太を含めての四人が削られちゃってます。その代わりなのかフェイトが後ろ姿で追加。ってことは三太はアニメに登場しないのか!?
ま、それはともかく この三人の不死能力について説明したいと思います。
uq171013-1.jpg
先ずは右端のブロンドヘアーは吸血鬼。その中でも「貴族」らしい。たぶんエヴァみたいに人工的に吸血鬼になったのでなく、生粋のバンパイアなんだろう。ってことは昼間に活動できないのかな!? でもそれだと不死と言えないような。
uq171013-2.jpg
中央は「神酒・霊薬・賢者の石などの不死グッズを使用しての不死者」らしい。この人だけ「十蔵」という名前が判明しており、ホルダーメンバー最強とのこと。ですから出番が待たれます。
そして左端のロン毛は甚兵衛の同僚? 甚兵衛と共に宇宙へ行ったことがあるみたい。「吸血鬼に並ぶ不死性を有する神魔妖怪の類」との説明があります。勝手に想像すると九尾の狐とか?
この三人がいつ登場するのかさっぱりわからないけれど、劇的な登場に期待します。

あと、アニメ化したので初めてコミックスを買ったという人も居ることだろう。その場合、帯に「アニメ化決定」とか書いてあるに違いない。ここに用意したのは初版の帯で今となっては入手困難。何かの参考にでもしてください。
uq171013-6.jpg
uq171008.jpg
『別冊少年マガジン』連載、「UQ HOLDER!」のStage.141 夢に向かって
今月11月号は表紙&センターカラー。カラーは夏凛ちゃんの声優・小倉唯さんの写真をイラストにしたもの。また付録として九郎丸(女性ver.)のパクティオーカードが付いてます。ちゃんとプラスチック素材ですからこれは手に入れておくべきでしょう!
小倉唯さんの写真は下記をご覧ください。
小倉唯:「UQ HOLDER!」の夏凜に変身 「別冊少年マガジン」グラビア

ネギの残した映像記録を観終えた一同はお腹いっぱいの状態で、本来観るべきだったチャチャゼロの映像(80年前と30年前の戦い)の余裕が無い。(下記のStage.137参考)
UQ HOLDER! Stage.137 これが並行世界! ネギま!のその後が語られる
ちょっとブレイクタイムという時に、ダーナが仙境館での不穏な動きを察知しましたよ。この人、時間はもちろん空間さえも跳躍して知ることが出来るとはさすがだね。

それはカトラスの潜入。雪姫も離れた いま現在、ナンバーズは甚兵衛と源五郎しか居ないので片付けられるとの算段だ。静かに潜入したつもりでも いち早く気が付いた源五郎とのバトルが開始!
uq171008-.jpg
これがカトラスの資料による源五郎のデータ。最初は黒世界に身を置いていただんなて初めて知ったよ。20年前の抗争で甚兵衛に敗北し、義兄弟の杯を交わすも"甚兵衛の弟子"というスタンスを保っているそうだ。ふーん、元からのヤクザで、だから日本刀をよく使ってたってことか。

最初は源五郎が優勢なれどカトラスは「時の回廊」を使って時間を止め、その間に首を撥ねた! 更に胴体を時間停止の空間に閉じ込めたことから絶対に復活しないだろうとのこと。
uq171008-1.jpg
が、別の源五郎が現れた! 死体は空間に閉じ込めたままなのに なぜここに!? これが初披露となった源五郎の不死の秘密「残機制」。死んでも別の本体が現れるという非常に変わった不死者なんです。
uq171008-2.jpg
しかも見ただけでその者のステータスが数値化されるとはまるで機械だ。それによるとカトラスというのは通称で、真名は「テナ・ヴィタ」。レベルは97の魔法剣士とのこと。これ本人自身も知らないだろうに よくわかるよね。
不死のヒントを知られたからには生かしておけぬと、先ほど以上の体術を繰り出す源五郎。その甲斐あってカトラスの左腕を飛ばすと共に胴体を刀が貫いた!

これで勝負ありと思ったら固有能力「金星の黒」が発動! 太い腕が4本はえると同時にHPもどんどん増えていく(いま現在は4倍で、更に数値は上昇中)。その太い腕による渾身の一撃が源五郎を貫いた!…かに見えましたが間一髪で甚兵衛の能力「イレカエ」にて難を逃れました。
uq171008-4.jpg
今の状態が「カトラス2」だとすれば、まだ「カトラス5」までパワーアップするらしい。こうしてる間にもカトラスは全身が変形しており手が付けられそうもありません。この状況を二人はいったいどうやって切り抜けるのだろうか!?
これは単なる希望として言います。そろそろ出てきてもいいんじゃないですか、最強と言われる十蔵さん!
別冊少年マガジン 2017年11月号 [2017年10月7日発売] [雑誌]
別冊少年マガジン 2017年11月号 [雑誌] Kindle版はパクティオーカードの付録が付きません
uq171004.jpg
今週の少年マガジンに「UQ HOLDER!」出張版が掲載。アニメ放送が始まったことから改めて人物紹介をする内容でした。ストーリーはハッキリ言って あって無いようなもの。よって当方としても気になった点についてだけ書こうと思います。ある意味、重箱の隅をつつくようなものですが。

上は露天風呂に入ってる三人。コミックス14巻限定版のOADでは九郎丸が恥ずかしながら夏凛ちゃん&キリエと一緒に風呂に入るシーンがあります。それを知ってる人なら違和感ないけれど、知らない人からすれば「なぜ一緒に!?」と思うだろうな。特に夏凛ちゃんは"脱げ要員"なのでカラーページで裸なのはデフォです。ええ。

刀太の死因を知るため過去に戻ったキリエは、刀太とぶつかって真犯人は私? の場面。
そう言えばここは私の部屋でドアはオートロックだった」…
自分の部屋を覚えてないヤツがいるかよーっ!

更に三太が「お~い 刀太兄ちゃ~ん?」と、キリエの部屋へ侵入。
女の子の部屋に何も言わずに入るのはマズイんじゃね? 刀太とキリエがお楽しみの最中だったらどうするんだよ。って、実際にお楽しみっぽかったんだけどな。

刀太の死因はバナナの皮で滑っての自滅でした。
uq171004-1.jpg
よく見るとちゃんとバナナの皮が描かれてるんだよね。でもここってキリエの部屋でしょ? キリエは片付けられない性格だったのかな。いや、死を招いた原因はやっぱりキリエということになると思います。

それとアニメ1話の冒頭はStage.129からの引用だったことを付け加えておきます。
uq171004-2.jpg

uq171004-3.jpg
UQ HOLDER!(15): 週刊少年マガジン 11月9日発売
うん! 原作通りという点において「ネギま!」1期・2期を既に抜いたね。つーか、1期・2期がどんだけ原作離れしていたんだと。冒頭に「ネギま!」キャラたちを出したことで「2」を名乗るだけの面目躍如してますわ。
血が出るシーンは容赦ないですねー。某アニメでは黒塗りして具体的に見せないシーンもそのまんま表現。不死だけに今後 このようなシーンが多くあるけれど、視聴者の反応によって規制されるかもね。

原作と違うのは墓場でネギの亡霊?が現れるところ。原作では出ませんが、ネギチームとの対決が決定してるだけに早めに因縁を持たせたというところか。
uq171003.jpg
そうそう、この場面。1話のイラストにあるやつです。けれど十蔵が居ないのはともかく、三太も居ないということは話がそこまで続かないってこと? だったらネギチームとの戦いも尚更ないと思うのですが…そこは原作と離れて早めに戦うことになるのかしらん?
あと箇条書き。
・みぞれのキック姿がやたら目立つ
・忍が最初からメイド服なので男?女?と迷うことがないね
・OPの夏凛ちゃん見て好きになれない人が多いかも
・その夏凛ちゃん、EDではなぜかナルト走り
・2話で九郎丸が登場の謎。(原作では2話で忍、3話で九郎丸が登場なんです)
【Amazon.co.jp限定】 ハッピー☆マテリアル(オリジナルブロマイド付)
近衛刀太(Cv:高倉有加)、時坂九郎丸(Cv:広瀬ゆうき)、桜雨キリヱ(Cv:茅野愛衣)、夏凜(Cv:小倉唯)、結城忍(Cv:原田彩楓)、雪広みぞれ(Cv:鬼頭明里)
キングレコード (2017-10-25)
売り上げランキング: 1,254