kizu160930.jpg
『週刊少年チャンピオン』掲載、「バキ外伝 疵面(スカーフェイス)」の第54話
去年の『別冊少年チャンピオン』12月号掲載以来、10~11カ月ぶりの登場となりました。いったい今まで何をしてたんでしょうね? GM戦は終わったのだから何の気兼ねもなく新章を始めて欲しいのですが。

花山の携帯に着信音が鳴り響く。それは抗争相手だった源王会のNo.6、山中からのものだった。源王会の会長・グランドマスター(GM)はレックスに敗れたため、藤木組との抗争は沈静化したハズ。なのになぜ? いや、何てことない。山中が個人的に、本当に個人的に素手喧嘩(ステゴロ)で戦いたいということだった。
敵陣にただ一人、真っ向勝負を挑んできたならば断る理由が見当たらない。いやむしろ「そういうヤツは嫌いじゃない」とばかりに受けて立つ花山です。

関係ないけどトビラ絵の右側に簡潔な作品ガイドがありまして、そこに「最強の暗殺者、GMをも撃破!!」とあって笑っちゃったよ。おいおい、倒したの花山じゃなくレックスだろ! そこんとこ間違えるなよ。

人通りの少ない駐車場、そこが戦いの場となりました。
  いいのか? 丸腰で…
  なめんな バカヤロ 男の喧嘩はステゴロだろ

で始まった喧嘩は13ページにも及びます。山中マジ強いわ!
kizu160930-.jpg
見た目は互角。殴り殴られいい勝負なんですよ。花山が地下トーナメント一回戦で戦った日本拳法の使い手・稲城文之信ってのが居ましたが、それと比べりゃ断然 山中の方がマシですわ。

手数としては圧倒的に山中の方が上。でもパンチの ひとつ一つの重さでは花山が勝っており、腫れ上がってきた顔のダメージから勝負の行方は見えてきました。
   花山はモノが違う フィジカルが違う
   規模(スケール)が違う 格が違う

kizu160930-1.jpg
本当に…笑っちまうぐらい 強ェな …こんな……
こんな化物が ホントに… 存在(いん)だねェ……

「完敗だ」と負けを認めた山中の顔は大きく腫れている。対する花山は腫れてません。この点からもどちらが格上だったかがわかるってもの。けれど花山は別のことが気になっていた。それは白のスーツ。これを着るからには汚しちゃいけない。笑われるかもしれないが"身だしなみ"として汚してはいけないと…
kizu160930-2.jpg
けれど汚してしまった。これは遠回りに山中の強さを認めてるのですね。山中としても敗者を侮蔑する態度は我慢ならない。だけど花山のはちっとも嫌な気がしないと、これまた相手を認めます。つまり"雨降って地固まる"、少年チャンピオン的に言えば「タイマン張ったらダチ」ってことですな!

12月6日発売の「刃牙道」14巻のOAD付き限定版の中身は最凶死刑囚編になりました。恐らく全員が脱獄して地下闘技場に現れるところでしょう。刃牙はその昔 OVAで1巻だけ出まして、そこで当時パンクラスの船木が声優出演したのですが、そのヘタっぷりに閉口したものですよ。
刃牙道(14)(オリジナルアニメDVD付限定版)(マルチメディア扱い)
板垣 恵介
秋田書店 (2016-12-06)
売り上げランキング: 294
スポンサーサイト
suka160214.jpg
『別冊少年チャンピオン』連載、「バキ外伝 疵面(スカーフェイス)」の7巻です。
負傷した花山を救うべく戦うのはレックス。対するは源王会会長であり世界最強のテロリストのグランドマスター(GM)。長きに渡る休載から連載を再開して、遂にこの巻で 足掛け6年にも渡った戦いに決着の時が!

その前に社会状況を簡単に説明を。源王会会長となったGMは警察の一部を配下に収めるなど日本侵攻を企てていた。けれど邪魔になるのが藤木組。そこで若頭の清水を暗殺し花山にも重傷を負わせるなどして事を有利に運ぼうとしましたが、藤木組組長・秋田の想像以上の抵抗により一進一退。レックスとGMとの戦いはヤクザ同士の対立という構図のみならず、日本侵攻を食い止めるか否かを賭けた一戦でもあるのです!
suka160214-.jpg
戦いは終始 GMの優勢。薬の効き目が切れて早く飲まなければ命に関わることから余裕の無さがそうさせるのです。とはいえそれが凄惨でとても直視できない状態。鼻が取れて両指は骨折し、左ひじは複雑骨折して骨が皮膚から飛び出そうとも決して倒れないのは花山が"男"と認めたからだろう。
GM自身も「本当にしぶとい」と認めてトドメを刺そうとした時、それは起きた。レックスが何気に放った一発が腹に突き刺さったのだ! これで状況は一変する。この一撃を新日 対 Uインターの武藤 対 高田戦に例えるなら武藤のドラゴンスクリューと同じこと。
suka160214-1.jpg
GMの脚を持って空港の固いコンクリートの上を何度でも叩きつける! これは技とは言えません。が、その攻撃力は他のどんな格闘技よりも強力なのは明らかだ! 結果、ギブアップ宣言によってレックスの勝利。日本の無名のファイターが世界最強のテロリストを倒したのだから高く評価されていいと思いますよ。

とはいえちょっと物足りなさが感じられました。だって主役である花山が何もしなかったから。今ここに立ってるだけでも不思議な状態なのはわかりますよ、脳外科手術までしたのだから。でもさ、自分を重症に追い込んだ男なのだから自分の手で始末するぐらいの気持ちはあっていいと思うぞ。それとレックスがこんなに強いのは鎬紅葉の人体実験が原因だと思われる件で、それが確定なのかどうか真相を知りたいです。
あとは…連載中断になってる今、いつになったら再開するのかしらん? そのまま終了は無いよね?

ここからはちょっと別のこと。マスター国松について話をします。このモデルが戸隠流忍術34代目の初見良昭氏だと思ってる人が居ることでしょう。確かに各国の警察や軍隊組織から多数の感謝状が来てるのでその点においてはモデルですけど、外見や風貌は その師匠である高松寿嗣氏がモデルなのです! けれどあまりに資料が少ないので短いビデオですがYiouTubeをご覧ください。
   最後の実戦忍者 高松寿嗣(YiouTube)

バキ外伝疵面 7 (チャンピオンREDコミックス)
山内雪奈生 板垣恵介
秋田書店 (2016-02-08)
売り上げランキング: 509
baki160111.jpg
『別冊少年チャンピオン』今月号を買ってみたら「バキ外伝 疵面」が載ってませんでした。おかしいと思って巻末を見てみれば、上の文章でお断りがありました。
  またこれかよッ!!
こう思った人は『チャンピオンRED』連載時の事を知ってるよね! とはいえ多くの人が知らないと思うので説明しますと、グランドマスターの襲撃により重傷を負った花山がリベンジすべく病院を抜け出したところで連載が中断。それから数か月後、突然発表したのが連載終了のお知らせでした。
 ガーン!「バキ外伝 疵面(スカーフェイス)」突然の終了宣言(2008/2/19)

グランドマスターとの戦いが終了していよいよ新展開と思った矢先にこの状態。まぁなんだ、期待しなくてもいいと自ら言ってるように思えてなりません。だったらこっちも期待しないで待ちますよ。本当に再開するのかどうか知らないけどさ!
baki151115.jpg
『別冊少年チャンピオン』新連載、「バキ外伝 疵面(スカーフェイス)」の第53話
花山は代貸し(若頭)の木崎らと どこぞの人里離れた山中に来ていた。この服装からしてハイキング? いえいえ、この度 花山が二十歳を迎えたそうで、花山組の成人の儀として「一週間の山籠もり」をするためとのこと。

パプアニューギニアの成人の儀はワニのウロコ模様のタトゥーを彫りサメを素手で捕らえるという。バヌアツ共和国のペンテコスト島では高さ30mの塔から足に木のツルを巻いて飛び降りるという。ちなみにこれがバンジージャンプの原型で、この映像は「すばらしい世界旅行」とか「なるほどザワールド」などで観た人も多いことでしょう。
そこでもって花山組は「一週間の山籠もり」。…何でヤクザがそんなサバイバルをしなきゃならないのか不思議だけど組の儀式ならしょうがないわな!

背負ったリュックにはテントとかナイフとか生きるために必要な道具が一式入っており、木崎が弓ぎりという手法での火おこし方法を実践してくれました。こんな巨躯をしてるけど実際には二十歳であり、完全なサバイバルという状況下で一週間も過ごさねばならない辛さを思っての親心ですよ。
baki151115-.jpg
ところが帰ってから驚いた! 花山は木崎の用意した道具のほぼ全てを置いていったらしく、いつものスーツとタバコとタオルと調味料。後はほとんど酒だったらしい。ナイフすら持って行ってないそうで木崎の不安は右肩に上がりっぱなしです。

その花山、これが俺の制服だと言わんばかりに山中でありながらしっかりとネクタイを締めて白いスーツに着替えます。タバコを咥えて、てきとーに石を拾って打ち合えばしっかりと火花が出るじゃないですか! さすが並外れた腕力の持ち主。火打ち石じゃなくてもバッチリ火が起こせるのですね。木の棒を勢いよく旋回させて火を起こした木崎の苦労はいったい何だったの?
baki151115-1.jpg
その夜、想定される一番の問題だろう動物の襲撃を受けることに。数百キロはあると思われるイノシシが花山に牙を剝く! その際の花山のセリフが「闘るかい…?」 これは!死刑囚・スペックとの戦いで何度も放ったセリフじゃないか! そのことを思い出して声が出るほどシビれたね! しかし戦いの模様は描かれず一週間が過ぎ去ります。
baki151115-2.jpg
迎えに来た木崎たちは驚いた。頭だけでも大人の体重はありそうなイノシシの頭だけが残っていたからだ。後は全て食べたとのこと。一般人にとっては生命の危機だろう襲撃でも、花山にとっては「食料が好都合に向かって来てくれた」程度しか思わなかったんでしょうね。
木崎は気が付かなかったけれど何があったのかは たまたま通りがかった きこりが目撃してました。
baki151115-3.jpg
頭の無い巨大なイノシシの骨。周囲の木々は激しく衝突して折れており、地面にはイノシシと人間の靴を履いた何かの足跡が刻まれていた。きこりは恐ろしくなり急いでその場を離れたという。そこには何かとんでもない怪物が棲んでいるに違いないと思って──

来月号は休載だそうです。でもゲッターロボの最新作「ゲッターロボ DEBOLUTION 宇宙最後の3分間」が新連載だそうだから、少なくとも1話だけはレビューするつもり。
baki151012.jpg
『別冊少年チャンピオン』新連載、「バキ外伝 疵面(スカーフェイス)」の第52話
レックス対GMの長ーーい戦いが終わって久しぶりの単エピソード。下手に長期の続きものをやると収集つかなくなって連載中止という前科があるだけに、こういった単エピソードないし数話で終了する内容で構わないんだけどね。

先の抗争を踏まえて藤木組の幹部57名は、組長の無事を願って頑丈な装甲車を贈ることにした。何しろ若頭の清水が国松らに殺られたので、何としても組長を護りたいという気持ちの表れですね。
装甲車のメーカーからは営業マンではなく会長自らがプレゼンを行います。
この車は絶対に壊れない、バズーカでも地雷を踏んでも壊れない! どんな紛争地でも涼しく走り抜けることでしょう。これはもう自動車ではアリません、疾駆(はし)る要塞ナノデスッッ

自信満々に語る会長。けれど幹部たちはまだ信用していない。そこで登場したのが花山というわけ。
baki151012-1.jpg
アンタの作った"最強の盾"がこの車なら
藤木組の"最強の矛"はこの喧嘩師なんだよ

素手で殴ったところでビクともしないと自信の会長でしたが、花山の巨躯な姿を見て圧倒される。更に「この男の握力は強過ぎて計れねェんだ…」と聞かされては汗が出るのももっともだ。

ギュと握った拳、大きく振りかぶる上半身! 出るぞ出るぞーあの方程式が今ここに!
   握力×体重×速度=破壊力!
渾身の一撃がボンネットに突き刺さった!
baki151012-2.jpg
恐らく数トンはあるだろう車体が一瞬浮き上がり、ドアは外れてシャフトは壊れてタイヤもゴロゴロと外れてしまった。ちょっと前まで新品で頑丈だったその車は、今やスクラップと化したことは明白だ。
baki151012-3.jpg
一ッッパツじゃねェか… これ…お前…ッ ゼッタイに大丈夫だって言ってたよなッ
ゼェッッタイに壊れないって言ったよな?

会長に向けられる幹部たちの罵詈雑言。苦しい懐事情の中で集めたお金で買ったのに、一瞬で廃車となってはこうなるのも当然か。でも規格外の花山に殴られたこと自体が会長にとってはアンラッキー。ってか、幹部たちも花山が殴ればどうなるのかある程度わかってやらせたりしてね。 つづく
kizu150914.jpg
『別冊少年チャンピオン』新連載、「バキ外伝 疵面(スカーフェイス)」の第51話
レックスとグランドマスター(GM)の戦いが始まったのは2009年。始まったのはいいけれど、どうやって終わらせたらいいのか考えがまとまらず連載中断へ。そして去年、5年半ぶりに再開して先月号でレックスの勝利となりました。言わば「足かけ6年の戦い」になったわけで、ようやく物語が進むことができます。
とはいえGMの源王会と 花山が所属する藤木組との全面抗争が続いており、今回はそれが終結するエピローグ。

源王会と藤木組との抗争は血を血で洗う争いに。外国さながら白昼に堂々と市街戦を繰り広げる有様で、マスコミもこぞってこの件を取り上げていた。そんな中、花山組の若頭・木崎と連絡してるのは警視正の園田。42話にてニューヨークマフィアからGMの正体を聞き、その支配下勢力には日本の一部の警察官も含まれていると知って驚いた人です。
この戦いはGMの日本侵略を食い止める戦いでもあることから、不本意とはいえ藤木組を応援しているみたい。中でも鍵を握っているいるのが花山だそうだ。もっとも実際に戦ってる(戦っていた)のはレックスでしたけど。
kizu150914-.jpg
抗争とは別に市街を騒がせていたのは芝千春が総長を務める暴走族・厳駄無。今 戦っているのを邪魔されたくないのでワザと騒いで警察の目を引っ掻き回してました。
その副総長らしき人物は隊員から「総長はどこ?」と訊かれて「場所は言えん…ッ」とのこと。
このぶんでは何度 訊いても教えてくれそうもありませんね!
kizu150914-1.jpg
ちょwww ギャグかよ コントかよッ
結局、芝千春総長がどこにいるのか わかった隊員だったとさ。

そしてその空港では全てが終わっていた。倒れたままのGMを見下ろしているレックス。もう誰の目にもどちらが勝ったのか明らかです。この状況を携帯で報告したのはマスター国松。車ごと海に落とされたけれど這い上がってきたようだ。
源王会に知らされて、それは盗聴していた藤木組も知ることに。描写は一切無いけれどこれで抗争が終結したのは ほぼ間違いないでしょうね。
kizu150914-2.jpg
締めの言葉はこうでした。
本当に厄介なことは 信じ難いことだが…
余りにも突出した "個の力"が…
一国家の軍事力をも 怯やかすという事実だ……

世界一のテロリストを破ったのは名も無き日本の若者だった。国をひっくり返すほどの軍事力を持っていながら個人に負けたのだから、こう言われても不思議じゃありませんね。ってか、レックスってひょっとして今後は軍事衛星から監視されるんじゃねーの?
それはそうと花山から食事を誘われたレックスはウキウキ気分で「肉がいい」と向かいます。あのー、レックスは鼻がもげたままで右手のコブシが骨折、左腕は複雑骨折で骨が皮膚から飛び出してます。なのに治療もせずに食事が先なのですか??? つづく
baki150812.jpg
『別冊少年チャンピオン』新連載、「バキ外伝 疵面(スカーフェイス)」の第50話
前回の49話はあえてレビューしませんでした。だって48話とほとんど全く状況が変っていないことに頭にきたので! でも今回は違います。長かった戦いに遂に終止符が打たれました!

レックスは鼻をもがれ、右手の指は骨折し、左腕は複雑骨折で骨が皮膚から飛び出しながらも戦いを続けていた。対するグランドマスター(GM)は薬の効き目が切れて死亡する危機にありながらも健在。見た目としてはGMの勝利はほぼ間違いないだろう。またこれはGM自身も思っていた。
 こんなイカレた暴走で逆転などあろうはずもない
 ここに来て望みを捨てずあきらめないのは── こいつの頭が足りないからだろう
 そもそもこれだけ頭を打たれて効いてないのが 馬鹿の証明…ッ


こう思いながらレックスのパンチを受け流そうとしたらソレはおきた。慢心による油断なのか、それとも薬の効き目が切れたことによる影響なのか、ガードが崩れて心臓あたりにパンチが入ったのだ。
baki150812-2.jpg
思いのほか効いたようで幼いころに戦乱に遭った故郷と、亡くなった母のことがフラッシュバックする。しかしそれも一瞬。気を取り戻してレックスに突進するも脚を掴まれる。どうやら気持ちは健在でも身体がついていかなかったようだ。
baki150812-3.jpg
今度は一転してレックスのターン! 飛行場の硬いコンクリートにカナヅチを打ち付けるが如く、GMを思い切り何度も叩き付ける! 叩き付ける! 叩き付ける! 更に踏みつけてパンチを叩き込む! 叩き込む! 叩き込む!
しばし静寂が訪れてからレックスは訊いた。
 ギブ? んぁ死んだ? もしもし
baki150812-5.jpg
    ギ…バ…プ…(ギブアップ)
レックス対GMここに決着! まさかの逆転勝利でレックスが勝ちました。連載再開前からならば、6年越しの決着ということに。この勝利は地下トーナメント編で 芝千春がアイアン・マイケルに勝ったのと同じか、それ以上の価値じゃないですか? だってGMって世界最強のテロリストだぞ。こんなヤツに勝ったんだからその価値は相当なものなのは間違いないでしょう。これによって現在は市街戦の状況である源王会と藤木組の抗争も変化するんじゃないですかね。