hisk200118.jpg
今日から上映の「劇場版 ハイスクール・フリート」を観てきたー。テレビシリーズでは最終回で沈んでしまった「晴風」でしたが、OVAにて「晴風II」に乗り換えたことを知ってることが前提になります。で、大雑把なストーリー紹介を。内容バレになるのでご注意ください。

横須賀に佐世保・呉・舞鶴の女子海洋学校の生徒たちがやって来て、親睦を含めた競技会が実施される。ホスト側となる晴風のメンバーは屋台やら出し物やらに 大わらわ。艦長のミケちゃんと副艦のシロちゃんはそのお手伝いをする中で、シロちゃんには比叡への館長就任依頼が来て二人の心は揺れる…
その一方で遠洋では人質を取ったテロ事件が発生。この解決のために生徒たちは現場に向かう。

・ミケちゃんとシロちゃん、テレビでは何かとぶつかることが多かったけれど ここではかなりの仲良しになってます。それだけ二人の仲が進展したってことだね。ゆえにシロちゃんと別れるかもしれないという気持ちがミケちゃんを動揺させます。
・シロちゃんの姉であるバンカラ風な真冬さんが大活躍! 超人的な身体能力にテロリストたちは「お前はもう死んでいる」状態になってます!
・大和型の戦艦である大和・武蔵・信濃・紀伊の主砲が40km先の目標目掛けて一斉砲撃する姿は圧巻! 史実において大和の主砲はほとんど使われなかったことを思うと、その悔しさを晴らすように思えたね!
・当然ながら「晴風II」は最も重要な任務に就くわけですが、それをサポートすべくモカちゃんの行動は愛としか思えない! つーか、その塗料どうやって用意したの? 船員たちの血?(笑)
・個人的に最も盛り上がったのはやはりテレビシリーズの主題歌が流れる場面。最終回でも山場に流れたように、ここでも一番の見せ場で流れてきた時には「血がたぎる」思いになりました!
・上の写真は一週目の入場特典であるキャラクターソングシリアルコード付きの描き下ろしイラストカード「岬 明乃」。裏面にキャラソンをダウンロードできるシリアルコードが書いてあります。今まで大抵はミニ色紙だけでしたが、曲を進呈する特典も出来るんですねー。
rail200110.jpg
AT-X最速で観ました! 7年ぶりの超電磁砲なので期待と不安がありましたが、不安など皆無! 期待しか残らなかったね。内容は原作43話をベースに、各キャラを掘り下げる展開でした。その43話レビューは↓
「とある科学の超電磁砲」  ドキッ!人格破綻者だらけのレベル5が大覇星祭に
もう9年前の記事だよ! 懐かしいったらありゃしない。

さて、観ていて気になったのは食蜂さん。改めて能力紹介するなど、今回は出番が多くなることから視聴者へのアピールはバッチリ。ドリーとのやりとりは涙なくして語れませんからねー。そういやツイッターではリモコンが東芝製だとの発言がちらほら。これは作画の人の家のテレビが東芝製だったのかな?

以下、オープニングを観ての駄文。
・今回もやはりエンディングで流れました。これはもう1話の慣例行事でしょう
・ショチトルの後ろに固法さんがさりげなく出てるー!
・当麻&軍覇はやはりあの共闘からでしょう
・同じく湾内さんと泡浮さんもあの場面で怒って戦うことから出番が増加

・SOAアーケード ViSTerモバイル 10連ガシャで「金木犀香る少女 アリス」が出たー
sao200110.jpg
VPガシャの10連ガシャで虹が二つ出た! ☆5の武器「アロンダイト」と、「金木犀香る少女 アリス」です。
sao200110-.jpg
まさか実質無料のVPガシャで☆5が出るとは思わなかったぜ。しかも二つ同時とは何たるラッキー。早速明日にでもカード化してこよう。
strike191104.jpg
10月4日に上映が始まった「ストライクウィッチーズ 劇場版 501部隊発進しますっ!」を今になって観てきました。だってしょうがないじゃん! 全国で10数館でしか上映してないんだもん。上の画像は入場特典の島田フミカネ描き下ろしによるA4判ポートレート。本当なら先週までの特典なんだけど余ってたんでしょうね。そりゃそうか、何せ一日1回だけの上映なのだから。それに入場者も少なく、私も含めて二人だけ。ほぼ独占でしたよ。

で、内容は7年前の劇場版のほぼセルフパロディでした。そりゃ作品そのものが本家のギャグなのだから、劇場版も劇場版のパロになるのは至極当然かもね? だから静夏やハイデマリーももちろん出てきます。
OPはテレビシリーズそのまんま、エンディングが劇場版オリジナル。来年はストライクウィッチーズ ROAD to BERLINが始まるのでその情報もあれば良かったんだけどねー。
そういや再来年予定のルミナスウィッチーズの声優が今日あった『あきかるフェス』に出演したんだってね。まだ楽曲がほとんど知られてないだけに大丈夫だったんだろうか。
boo191006.jpg
名古屋でみそかつといったら「矢場とん」に決まっとるでよ! その矢場とんが作ったアニメ「大須のぶーちゃん」の発表会がPM3時から開始と聞いたのでAM10時半に着いちまったよ(笑)
会場は上の写真のように矢場町本店の真横! いつの間にか空き地だったここを矢場とんが買い取ったようで(元からの敷地だったかもしれんけど)、人口芝生を敷いたちょっとした広場に約2mのぶーちゃんとモニターが設置してありました。
boo191006-.jpg
この ぶーちゃんを下から眺めると壁面の ぶーちゃんと角度が一緒。気付きにくいけれどちゃんと考えて設置してあるのですね。
boo191006-1.jpg
モニターには「大須のぶーちゃん」PVや、店舗情報などが流れてました。早く着きすぎたことから、せっかくなので久しぶりに 矢場とんで昼食をいただくことに。
boo191006-2.jpg
一番人気の「わらじかつ定食」です。200gのカツに二種類の味噌をトッピング。こういう味の濃い食べ物は 名古屋めし特有といえるでしょう。
時間は流れて2時過ぎぐらいには 人がまばらに集まってきました。テレビ局のカメラも東海テレビとCBCが入り、明日の夕方のニュース番組にでも流れるんじゃないかな。そして3時になってアニメ上映が始まりました。1話10分で計3本の上映です。


1話 父ちゃんの家出
2話 観音様のなくしも45の
3話 幻のホームラン
感想としてはまぁ普通。日常的な人情ものなので(いや、観音様とか出るけどさ)派手な動きを求める方がおかしいでしょ。ってか、制作したのがサイクロングラフィックス。CG制作部分で劇場版「傷物語」三部作や、「ライドバック」「とある飛空士への追憶」などに参加した会社です。ここが人情ものアニメを制作したことに驚きですよ。

大須に登場する街並み(店舗)はほぼそのまんま。よって2話において逃げる犯人?の足取りに嘘はありません(東仁王門通りと仁王門通りをちゃんと進んでました)。
boo191006-3.jpg
3時半からは登壇しての制作秘話のお話し。左から矢場とん社長、ぶーちゃんの声を担当した落合福嗣さん、監督の加藤道哉さん、プロデューサーの安藤重幸さん。社長と監督とプロデューサーが同級生だそうで、酒の席からアニメ制作が決まった(監督としては「決まってしまった」らしい)そうですよ。以下、簡略的に。
・ぶーちゃんの声優を落合さんにしたのは、ぶーちゃんの優しそうなところが落合さんに似ていたところから最初から決まったらしい
・そのぶーちゃん、3話において とんかつを仕込んでいる場面があって「これどうなの?」と(笑)。最後まで食べられなければいいよね。
・アニメは全12話のプロットがあるけど実際に作るかは不明だそうだ。
・アニメは放送したり動画サイトに投降したりはせず、大須にある各地のモニターだけの上映にしたいらしい。
・声優は個別に収録したものではなく、今どき珍しく全員が揃って声を入れたそうだ。
・台本には全て標準語で書かれてたけど10分前になって名古屋弁にすることになり 急遽変更したとか。
hello190922.jpg
最近では「22/7(ナナブンノニジュウニ)」、それと言わずもがな「けいおん!」の堀口悠紀子さんのキャラデザ作品なのでそりゃ行くよ。ヒロインである↑の一行さんはカワイイよ、性格はちょっとキツいところがあるけどさ。

物語は2027年の京都。内気で人とロクに話せない高校生・堅書直実が主人公。ある日、京都の空にオーロラが見えた中、三本足のカラス(声は釘宮理恵)が案内人として現れ、10年後の大人になったカタガキナオミがやって来た。彼の目的は3ヶ月後に起きる、恋人となってる一行瑠璃の落雷死から守ることだった。

この時点で直実は一行さんとは友達にもなれてない状態。だからナオミが恋愛の師匠となって直実を徐々に恋人にしていく過程が面白いです。こうして恋人になった二人。落雷から守れて一安心かと思いきや、オナミの本当の目的がわかり…

SAOの監督である伊藤智彦さんの作品らしく、近未来を舞台としたSFラブストーリーに仕上がってます。過去や未来を行き来するところは やはり「君の名は。」の影響を受けてるとみた。「からくりサーカス」の藤田和日郎さんがデザインに参加されており、敵となる"きつねめん"と、ラストあたりで京都タワーをぶん投げる巨大きつねを描いたそうだ。

この映画のキャッチコピー「この物語はラスト1秒でひっくり返る」は確かにそう。けれどこれは意味が分からない人がほとんどだろう。実際 私もよく分かりません。小説にはズバリ書いてあるそうなんですが、そこまでする気がないので もう一度観てみたいと思う。あ、「天気の子」と比べて私はこっちの方が感動しました。個人の感想ですがね。

あとちょっとした点。
・監督の監督テビュー作である「世紀末オカルト学院」がなぜかエンドテロップに書かれてます。何か参考にした?
・子安さんが声をしてる千古教授のピンクのTシャツに描かれてるのは、音響監督の岩浪美和さんが描いた「らいぶざうんどくん」です。このTシャツはチネチッタで売ってるので買える人は買おう(笑)

・京都の名所がそこかしこに出てきますから少なくとも京都人は行ってみた方がいいです。
natsu190831.jpg
NHK連続テレビ小説「なつぞら」は、実在するアニメーターとアニメ作品をモデルにして描かれてます。NHKの情報雑誌『ステラ』の今週号には、今まで番組内に登場したアニメのポスターが載っていたものですから実在作品と併せて紹介してみます。
その前に登場人物を軽く紹介。東映動画は東洋動画という会社名になってます。
坂場なつ=奥山玲子(広瀬すず)
坂場一久=高畑勲(中川大志)
*この二人は夫婦ですが史実においては夫婦ではありません。番組のアニメ時代考証をしている小田部羊一が夫です
下山克己=大塚康生(川島明(麒麟))
神地航也=宮崎駿(染谷将太)

先ずは↑の「白蛇姫」(右)。実在するのは左の「白蛇伝」です。昭和33年に作られた日本初の総天然色長編漫画映画ですが、「白蛇姫」は一年早く昭和32年公開になってます。なつが入社して初めて参加した作品で、仕上げを担当しました。
山寺宏一が豊富遊声という役名で主演声優をしたのは当時の記事になりましたっけ。その際、なつの兄の奥原咲太郎が「森繫久彌の方がいい」とか言ってたけど、森繫久彌こそ「白蛇伝」の声優を務めてました。

natsu190831-1.jpg
「わんぱく牛若丸」のモデルは「わんぱく王子の大蛇退治」。なつは原画を担当。番組では昭和33年公開なんですが、史実においては昭和38年公開です。

natsu190831-.jpg
「ヘンゼルとグレーテルと魔法の森」。短編として作られたけれど未公開に終わった作品。このような作品が本当に作られたのか不明です。この作品において新人の神地が次々と画期的なストーリーを考え、周囲を夢中にさせて巻き込んでいく展開は、まるでアニメそのものの面白さがありました。なつは上京した 爺っちゃんの背中を見て、森の守り神的存在の大樹の歩き方に取り入れました。

natsu190831-2.jpg
「神をつかんだ少年 クリフ」(右)のモデルは「太陽の王子 ホルスの大冒険」。下山が作画監督という東洋動画初の役職を命じられ、その下山の指名でイッキュウさんが演出を担当することに。けれど子供には難解な内容となり、会社始まって以来の数字になった責任をとってイッキュウさんは会社を去ることになります。史実においてもほぼ同じですが高畑勲が会社を辞めるまでには至りません。

番組に登場したヒロイン・キアラの原画は、番組のアニメ時代考証の小田部羊一が描いたもの。余談ですがスケバン刑事の作者である故・和田慎二は、実際のヒロインであるヒルダのことが大好き。たびたび漫画のネタにしてたのは今となってはいい思い出です。

natsu190831-3.jpg
東洋動画初の魔女っ子もの「魔法少女アニー」のモデルはお馴染み「魔法使いサリー」。ここから東京教育テレビ(TET)の作品が三連発。史実はもちろん日本教育テレビ(NET)で、現・テレビ朝日。なつがイッキュウさんと結婚後に務めた初の作品。魔法の呪文は「キラキラバンバン、キラキラアニー」。

natsu190831-4.jpg
「キックジャガー」のモデルは「タイガーマスク」。ただしプロレスではなくキックボクシングなことから「キックの鬼」の要素もある? なつの初の作画監督作品。昭和43年~46年放送と、3年も放送したことになります。終り方について討論して、なつの提案による「敗者の美学」が採用される。自らマスクを脱いで子供たちに正体を明かし、キックジャガーではなく「中神拳矢」として戦っていく終り方はちょっと感動しますよ。第130回において最後の10秒ぐらいがアニメ化しており、「中神拳矢」の声優は真殿光昭、アナウンサーに鈴木健一が務めました。

natsu190831-5.jpg
そして目下の最新作は「魔界の番長」。
デビルマンが番長ものになっちゃったよ!
『週刊少年ガソリン』連載のホラーアクションだそうだ。なつが「キックジャガー」に次いで作画監督を担当。ポスターには毎週木曜夜7時に放送とあるけど、実際のデビルマンは土曜の夜8時半から放送してました。当時 オバケ番組と呼ばれた高視聴率番組「8時だョ!全員集合」に対抗するためで、8時からは「人造人間キカイダー」を放送してました。ここにきてようやくリアルタイムで観てた番組が登場しました。
saku190825-7.jpg
9月6日の金曜ロードSHOW!で劇場版「名探偵コナン 天空の難破船」が放送されるということで、コナンと怪盗キッドが降り立つ愛知県の佐久島に行ってきました。上のネコは東港の近くに居た、生後数か月だろうの子猫です。島にはネコが多数おり、近づくと ほぼ逃げずに逆に寄ってきます。

その前に映画のストーリーをサラッと紹介。東京から大阪に向かう飛行船がテロリストにジャックされ、コナンは愛知県上空にて外に放り投げられてしまう。けれどそれを助けたのは乗組員に扮していた怪盗キッド。ハングライダーで助けて降り立ったのが愛知県西尾市にある佐久島なんです。もっとも上映当時は幡豆郡一色町でして、平成23年4月に西尾市に合併しました。
saku190825-.jpg
島に降りたコナンが服部平次に電話をしているところ。キッドはヤギと遊んでますが、もちろんヤギは放し飼いにされてるわけでありません。島にはノンとビリーという二匹のヤギが柵の中で飼われており、特別に外に出して友情出演?したというわけ。
saku190825-1.jpg
海岸に降りる堤防の階段に立つ二人。この海岸は「天神の浜」という場所。海水浴場ではないので泳がないように!
saku190825-2.jpg
その後の二人は「おひるねハウス」というアート作品に移動します。佐久島はアート作品を多数作って、それを観光材料にしてます。「おひるねハウス」はその代表格である有名な作品なんですよ。ちなみに屋根の部分には薄い鉄板が敷かれており、この時期はとても座れるものじゃありません。つーか、階段がそこまで伸びてないので屋根に上るのは困難です。
saku190825-8.jpg
これが二人が移動した「天神の浜」から「おひるねハウス」に行ったルート(赤い線になります)。どうやっても15分前後はかかる距離。この間を島民や観光客に全く見つからずに移動するなんて不可能だろう。キッドはいつもの服装でよく無事だったものだな。しかも警視庁のヘリに助けられた時は工藤新一に化けており、その服装はどうやって手に入れたん??
saku190825-5.jpg
これは島に降りた当初に登場する、東港の風景。当時はあったかどうか知りませんが、「ようこそ佐久島へ 三河湾 海の祭り」というアーチ状の看板はありませんでした。
saku190825-4.jpg
島の風景。レンタル自転車で走ってると見た事の無いカニが道路を横切ること3回ほど。南国かよ! と思ったね。また前述通りに島にはネコが多数いて、向こうから近寄って来て「撫でて撫でて」とスリスリしてきますからハァハァしちゃうよ。
佐久島には一色町からほぼ二時間おきに船が出てますので乗ってください。こう紹介したはいいけれど、放送で佐久島の部分がカットされてたら元も子もないけどな!
saku190825-6.jpg
ちなみに愛知県の豊田スタジアムは「名探偵コナン 11人目のストライカー」において、東都スタジアムのモデルになってます。橋から臨むスタジアムの位置感覚がそっくりですね。橋は黒川紀章さんが設計した豊田大橋。さすが金の使い道が違います。アニメでデザインが変わったのは版権とか何かあるからなんだろうか?