galpan180520.jpg
昨夜、安城コロナで行われたガルパン二作品の爆音上映に行ってきました。丁度 一週間前にあった岩崎監督監修の重震センシャラウンドを、より爆音で聞くというものです。
その前に、夜9時から始まる上映だったので客の入りが気になったのですがほぼ埋まりました。空いてる席は20もなかったんじゃないかな。8時半ごろからチケット売り場を見てたら購入していく人も数名おり、人ごとながら嬉しくなってしまったよ。

で、人生初の爆音上映を体験して、砲撃の振動に酔いしれました。あ、劇場版は6.1ch、最終章1話は7.1chね。重低音の音域と共に震える座席・バットキッカーの威力で、特に砲撃や爆発音では正にその場所に居るかのような感じが得られました。ただ、期待が強すぎたことから私としては「この程度?」と思えなくもありません。本気ならばもっと音を出せたんじゃない? 名古屋茶屋でやってたように、外まで(隣りのシアターまで)行ってみて影響が出ない程度のギリギリの大音響で今度はやってみてください。
galpan180520-.jpg
galpan180520-1.jpg
それと先週あったコメントシートがそのまま貼り続けてあったようで、コメント数が増えてました。

来週はこの爆音上映ですよ。となると爆発音よりも剣の甲高い響きによって座席が振動するのかな? というか、このまま岩崎さんが担当した作品が上映する可能性大と見ます。その先陣は「ニンジャバットマン」だろうね。

・NHK名古屋「Uta-Tube(ウタチューブ)」にLiSAが出演
lisa180520.jpg
Uta-Tube (NHK)
東海北陸の7県のNHKだけで放送してる歌番組「Uta-Tube(ウタチューブ)」に、岐阜県関市出身のLiSAが出演。今週・来週の2回あります。1回目の今回は上京してメジャーデビューするまでのエピソードと、「岐阜から世界へ! ~LiSAの軌跡~」というタイトルで海外進出した各国でのライブの模様などを放送。スタジオのスペシャルライブは
・RisingHope (魔法科高校の劣等生 OP)
・シルシ (ソードアート・オンラインII マザーズ・ロザリオ編 ED)
の2曲が放送されました。
スポンサーサイト
galpan180513.jpg
12日に安城コロナであった岩浪監督トークショー付きの上映に行ってきました。トークショー付きの上映に行ったのは1月20日のイオンシネマ名古屋茶屋に次いで2回目。あの時は音響調整を観客を入れながらやってましたが、今回は前日のうちに調整済み。よってトークだけに専念できてよかったのかな(笑)。
galpan180513-.jpg
右が岩浪監督。中央がいきなり呼ばれて参加することになった、振動する「バットキッカー」(訳すとケツ蹴り)の社長の息子さん。現在 日本在住でオタクになったらしい。左が電通の人ね。

まぁ言っちゃいけない内容もあったので書きませんが、なぜかレディプレイヤー1の話で盛り上がったりして。はい、私は正にこの安城コロナで観たんだよね。また重震シアターは「パシフィック・リム:アップライジング」を観て以来二回目。その際は振動を感じたけれど、なぜか今回あまり振動しなかったような…ひょっとして座席によって振動にムラがあるんじゃない? というかそうとしか思えないんだけど。

で、今度の土曜日・19日には爆音上映が決定。さすがに夜9時からの上映なので満席になるのは厳しいかもしれませんが、この地区でのガルパンの爆音上映は珍しいので価値はあるかと。
galpan180513-1.jpg
はい、私は早速チケット買っちゃいました。戦車の咆哮をガンガン聞くつもりです。

1998年4月8日の深夜に放送が始まった「センチメンタルジャーニー」。あれから20周年となりましたー! ゲーム「センチメンタルグラフティ」の20周年の時は失念していたのでやらなかったけれど、せめて今回はやろうと決めてました。でも正直言わせてもらうわ。私はキャラクターデザインの甲斐智久氏が描いたキャラが好きなのであって、アニメ絵はそれほどでもなかったりする。
シスター・プリンセスが好きな人にしても天広直人氏が描いた絵は好きだけどアニメ絵はあまり…という人が居るんじゃない? それと同じだ。

とはいえこのアニメ化によってグッズがかなり多く出たことは忘れてはいけない。プライズ用に ぬいぐるみ・フィギュア・シングルCD・オルゴールなどけっこうあったよなぁ。
senti180408.jpg
これは「センチメンタルジャーニー」主題歌「天使にあいたくて」のシングルCD。今じゃ8センチCDを見ること自体、機会がなくなりました。
senti180408-7.jpg
いまだに手元に残ってるグッズで一番揃ってるのがトレカなので、これを紹介します。先ずは全員水着絵。この中だと遠藤晶の赤ビキニがいいかなぁ。松岡千絵の黒ビキニであぐらというシチュエーションは個人的にアリ。
senti180408-1.jpg
senti180408-2.jpg
制服の全員集合絵。下は裏面です。ま、よく見たやつですね。
senti180408-9.jpg
senti180408-11.jpg
これは私服で、下は裏面。裏面は制服と校章。黒い部分には趣味・バイト・特技・得意科目などが書いてあります。
開けてください。12の切なさの扉を──
センチは今でも私の大切な思い出として心に刻みこまれています…
galpan180407.jpg
今日から全国の19館で上映が始まった、ガルパン最終章 第1話のDolby Atmos上映を体験してきました。上のポストカードは全4種ある入場特典の、前生徒会の三人。できればサメさんチームが欲しかった…

で、Dolby Atmosを大雑把に説明すると一般的な5.1chとか7.2chなどの上映ではなく、周囲に設置されたスピーカーからピンポイントで音が出るシステム。これが最も活かされていたのは冒頭の橋の上での砲撃や、生徒会室での会話でしょう。飛んでくる砲弾の音が本当にその方向から聞こえてきてきて臨場感たっぷり! 着弾した爆発音は天井のスピーカーから降り注いでくるなど、音で現場が体感出来るようになってます。
生徒会室ではその人物の位置から声が聞こえてきて、画面には映ってない秋山殿は、いかにもちょっと離れたように後ろのスピーカーから聞こえてきました。

このように明らかに通常の上映ではないことがわかるので行ける人は行ってみてくださいな。ただし館によるけど上映期間が短いところがあるので注意してね。

これとは関係ないけど愛知県安城市にあるコロナ安城では、全国初らしい「重低音×震動シアター(重震シアター)」が来週から始まります。
juushin180407.jpg
Electro-Voice製 ライブ用サブウーハー重低音スピーカーと、重低音にシンクロして震動する装置(座席震動発生装置(バットキッカー))のシートを組み合わせたもの。つまりなんだ、爆音上映と振動するシートが組み合わさったようなものですかね? ともかくこれが13日からの「パシフィック・リム:アップライジング」にて初導入とのことなので行ってみようと思ってます。
suga180323.jpg
ちょっと時間があったのでアニメの舞台になったスガキヤ「イオンタウン太閤店」周辺を撮ってきました。上がアニメ、下が写真。
suga180323-1.jpg
名古屋駅に近くてもこの周辺は昭和30~50年代に建てられたであろう家がまだかなり残ってます。
suga180323-.jpg
マックスバリューの敷地内にある「イオンタウン太閤店」を横から見たところ。悠は正面からでなく裏手側から入って来たことになります。

・貴重と思われる貞本義行さんの写真

水木一郎アニキのツイッターより。先の日曜にNHKの公開録画に行った際、貞本義行さんが登場されたことは書きましたがアニキが写真を載せてくれました。アニキの隣に居る、白髪の男性が貞本さんです。滅多に写真に載らない方なので貴重ではないでしょうか。
ramen180322-1.jpg
アニメ「ラーメン大好き小泉さん」12話が名古屋なので再掲
↑でも書きましたが原作にあったスガキヤ名駅西店は2016年5月に閉店しており、どのようなストーリーになるのか注目してました。結果、ああそういうことね、という感想。悠は小泉さんを求めて歩き回り、「名駅西店」ではなく「イオンタウン太閤店」に辿り着いた格好になりました。マックスバリューの敷地内にある店舗です。
ここは名古屋駅はもちろん、アニメイトやメロンブックスにも近くて駐車場が広いために、私はそっち目的で駐車することありますよ。
suga180316-.jpg
アニメでは「玉子入ラーメン」370円を食べてました。↑は普通の「ラーメン」320円。アニメで「先割れスプーン」とか言ってましたが正式には「ラーメンフォーク」ね。デザイン製が認められてニューヨーク近代美術館(MoMA)でも販売されている優れもの。今、Amazonを見たら少数ですが在庫がありましたー。やや高いですけど。
MoMA スガキヤラーメンフォーク
MoMA スガキヤラーメンフォーク
chuuni180107.jpg
アニメ 二期から約半年後の春休み。三年生になった勇太は、落第しかけた六花の補習を手伝って何とか進学できたところから物語は始まります。いつものメンバーが巻き起こす騒動が劇場版となって登場~。映画だけに京都・東京・北海道・青森と舞台を次々と移動するなどスケールアップしてますよー。

はい、映画ユーフォニアムにあったように当作品も冒頭に5分程度のミニアニメがあり、上の画像のように写真が撮れるフォトセッションの時間が設けられてます。これは週替わりで三週分ありますから好きな人なら三週通い続けましょう。よって座席はなるべく中央を取ろうね。

で、思った以上にラブロマンス映画でした。婚約指輪ではないけれど、自分の気持ちを伝えるために指輪を買った勇太。それを嬉しく思う六花だけれど、勇太を好きになればなるほど邪王真眼の魔力が失われる気がして(つまり真人間になっていく)関係の向上をためらってしまう。勇太を取るか、中二のまま い続けるのか六花は迷う…

もちろん面白い面もありまして、十花に弱みを握られて二人を捕らえようと追い続けるモリサマーと凸森はルパン三世の銭形そっくり。テレビシリーズでは仲の悪かった二人がタッグを組むとは劇場版ならではって感じがしたね。それと中二病における空想バトルシーンは例によって迫力充分。これを京都タワーの展望室でやるのですから再現する人が居たりして?
chuuni180107-.jpg
これが入場特典のフィルム。カメラのレンズが写りこんじゃってますけど(笑)。シーンとしては割りと早いところ。六花の部屋が十花によって片付けられ、イタリア行きを告げられる場面ですな。
なにぶんアニメ 二期から四年経ってますので正直懐かしい感がありますが、ラブロマンスがパワーアップしてるので女の子ならより楽しめるのではないかと。

・ガルパン最終章 三回目に行って特典フィルムを貰った
galpan180107.jpg
今週の入場特典はフィルムってことで行ってきた。
私が好きな華さんが生徒会長だと知る場面じゃん!
これはいい! 充分に満足デス! 尚、なぜ華さんが生徒会長になったのかは↓のドラマをお聞きください。


・漫画家・平松伸二先生が1月14日に名古屋大須の「漫画空間」でトーク&サイン会

これを知ってすぐさま漫画空間に問い合わせて参加する意向を伝えました。ドーベルマン刑事から知ってる人ですからこりゃ楽しみだ! サインは「そしてボクは外道マンになる」のコミックスを持参することらしいので持っていこうね。漫書もあるので参加費3500円かかります。
詳細は「漫画空間 名古屋本店」に問い合わせてみて。当日いきなり行っても定員に達したら入れないかもしれないので、事前に参加することを伝えておこう。