shin170323.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第8話
男塾の入塾試験はキツネ面こと市松団十郎ただ一人のみが合格して幕を閉じた。けれど岸田総理は江田島を危険視しており、国家公安調査室の刺客を放つ。トランプは軍国主義の復活を目論んでるとして江田島に牙を剝いたけれど、総理は江田島がキレ者ゆえに亡き者にしてしまおうという魂胆だ。国内・国外問わず江田島の存在はさぞ脅威なんでしょう。

刺客だった盛田は背後から襲うものの、江田島は気配でお見通し。「この国 最高の暗殺者」と自負する盛田は果敢に戦うも所詮 敵ではありませんでした。ってか、「最高の暗殺者」が一方的に成す統べなく倒されるって日本の公安は大丈夫なのかよ?
shin170323-.jpg
一方、男塾の留守番をしていた鬼田軍吉にも危機が迫る。国家公安調査室の別動隊が動いて塾に放火したのだ! 炎上する塾の中にはまだ塾旗が残っており、鬼田は江田島の会話を思い出す。
これは男塾の魂だ この魂を失った時 男塾も消える
男塾が消える…いてもたってもいられなくなった鬼田は無我夢中で炎の中に飛び込んで行った!

炎上する男塾を東京タワーから確認した江田島。盛田の望遠鏡でよく見てみれば…
shin170323-1.jpg
炎の中から塾旗をかかえた鬼田が出てきたところ。家は何度でも立て直せるけれど、魂の塾旗は代えが効きません。鬼田は身を挺して男塾を救ったのだ! これを見て「鬼ヒゲ」と叫ぶわけですが、「鬼ヒゲ」と呼んだのはこれが最初。そもそもヒゲなんて大して生やしてなかったのに こう呼んだのは謎だ。
shin170323-2.jpg
一刻も早く駆けつけるべく江田島の取った行動は、東京タワーの避雷針をロープを結んで曲げて、その反動力で ひとっ跳び。避雷針がそんなに曲がるわけがないけれど(ってか絶対に曲がらないと思う)、江田島の破天荒ぶりを表すにはうってつけな表現だと思います。

29日発売の「極!!男塾」の最終8巻は、男塾のラスト4話が収録された他に初収録となる読み切りも収録。何かは知らないけど男塾を描き始めるようになったきっかけの読み切りかもしれないな。

それと「赤松健原画展」に最終日の26日に行くことにしましたー! 上京するのは10数年ぶりだよ。その日に行く予定がある人、一緒に回ってみますか。って私のことわかるわけないか。
極!!男塾 ( 8)完 (ニチブンコミックス)
極!!男塾 ( 8)完 (ニチブンコミックス) 3月29日発売
男塾外伝 大豪院邪鬼(3): ニチブン・コミックス 4月8日発売
男塾外伝 紅!!女塾(4): ニチブン・コミックス 4月19日発売
スポンサーサイト
goku170309.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第7話
男塾入塾二次試験の場所は完成間近の東京タワー! ここで東京タワーについて調べると1957年6月に着工、1958年12月にオープンしており、一年半という短期間で建てられたものなんですね。漫画では桜の季節なことから1958年の4月頃だと思われます。でもこの時点で漫画のようにほぼ完成してるわけがなく、ここのところは深く考えないようにしますか。

試験は登頂付近からのバンジージャンプ。ただしゴムでなく荒縄を使い、その縄も身体に巻き付けるのではなく手で掴んで飛び降りるというもの。挑戦するのはこの三人だ。その様子を双眼鏡で窺う怪しい男がおり、その男は↓この人物からの要請でした!
goku170309-.jpg
時の総理大臣、岸信介ならぬ岸田総理! トランプは実名で出しちゃってるけど、ここでは流石に偽名なのね。「天下無双 江田島平八伝」での活躍ぶりを知っているようで「この国にあって非常に危険な男」と江田島の動向を危険視。部下の公安調査室の精鋭を塾生として送り込んであり、場合によっては殺害も構わないらしい。

さて、試験ですが黒岩は恐怖により失禁リタイア。盛田はソロバンで計算して「生存確率3%」だったので同じくリタイア。そして謎のキツネ男は面をようやく外します。
goku170309-1.jpg
その正体は歌舞伎役者の市松団十郎でした。ここでも本当なら「市川團十郎」なところをボカした格好です。団十郎の神髄は豪快な荒事で、中でも大見栄を切ってのニラミが重要。けれど自分は未熟なことから極められておらず、その為にも男塾に入塾したいんだそうだ。

江田島は気合を入れてやってから団十郎は飛び降りた! もちろん恐怖で一杯だろうけれど男になるため、ニラミを得るために恐怖に打ち勝つ。
goku170309-2.jpg
ちょっwww 流石に無理があるよー
これゴムじゃないんだぞ、縄だぞ。ゴムならば延びきったところで手を離せばダメージを回避することができるだろう。けれどこれは縄。落ちていく重力を和らげるものがありません。つまり飛び降りた団十郎はそのまんまのスピードで手を離し、ニラミを効かせたことになります。ならば両足は骨折、ないしそれ以上の怪我を負わなきゃおかしいよー
goku170309-3.jpg
その様子を見ていたのは盛田。奴こそ調査室からの刺客だったのだ。江田島はいったいどうする!?

極!!男塾 ( 8)完 (ニチブンコミックス) *3月29日発売
男塾外伝 大豪院邪鬼(3): ニチブン・コミックス *4月8日発売
男塾外伝 紅!!女塾(4): ニチブン・コミックス *4月19日発売
makiba170227.jpg
「たいようのマキバオーW」が最終回を迎え、「みどりのマキバオー」「たいようのマキバオー」と続いて来たシリーズが遂に完結。これを記念してジャンプ作家陣13人がマキバオーを描く企画を『週刊プレイボーイ』でやってたので主な作家をご紹介。ちなみに最終話は下記のサイトでご覧いただけます。
たいようのマキバオーW

上の画像左は宮下あきら、右は漫☆画太郎
男塾推しの当サイトとしては宮下せんせーを最初に取り上げなきゃね。けれど随分と雑な塾長としか思えません。今週の『漫画ゴラク』表紙と比べたらさ。画太郎せんせーは編集部からモザイクがかかっちゃいました(笑)。そりゃそうなるでしょうよ!
この二人が「アッコにおまかせ」で発表した年賀状は↓を。
まん○画太郎が和田アキ子に送った年賀状クソワロタwwwww
makiba170227-.jpg
左は森田まさのり、右は うすた京介
森田せんせーは「これからも先生の背中を追いかけ続けます」とあります。…はぁそうですか…
makiba170227-1.jpg
尾田栄一郎
ハヤトが激似じゃないですか?
makiba170227-2.jpg
左は岸本斉史、右は村田雄介
岸本せんせーは新旧マキバオーのコラボが嬉しいです。村田せんせーのは随分とシックな つの丸せんせーだこと。つーか、顔を知らないので本当に つの丸なんですか?

・『月刊アームズマガジン』今月号の表紙が戸松遥さん
arm170227.jpg
表紙写真がそのままBIGポスターとして付録になってます。また専用のアプリをスマホにDLして見ると動画も観られるそうですよ。

週刊プレイボーイ 2017年 3/13 号 [雑誌] アームズマガジン17年4月号
週刊プレイボーイ 2017年 3/13 号 [雑誌]
アームズマガジン17年4月号
shin170223.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第6話
今回は表紙&巻頭カラー。「極!!男塾」の最終8巻が3月29日発売とあります。「極」の収録は1話か2話程度で、後は初単行本化の読み切りが収録だそうからこれは買ってみたいね。
神宮球場での一件で男塾には入塾希望者が殺到していた。父親の命令で入塾することになったトランプもしぶしぶ手伝いをしてます。そこでもって↓この記事ですよ!
刃牙道に「トラムプ」、実在人物をモデルにした漫画キャラ…法的にはどうなの?

トラムプ? ふっ笑わせてくれるぜ。こっちなんて堂々とトランプだぞ! 一字も変えないでやってるこの行為は、以前打ち切り回収の目に遭った地獄の経験者だからこそ成せる技なんだぞ!(ホントかよ)

入塾希望者は見た目に いかつい者ばかり。その中においてキツネの面を被った異様な者が居ました。カクエイとトランプは力尽くで 剝ぎ取ろうとするも、身軽な動きで翻弄。手玉に取ります。
shin170223-.jpg
江田島の質問に「入試を試されるのは私ではない。この男塾がどれ程のものか…それを私が試すのだ」と、上から目線で返答。自信満々とも見えるこの態度、いったい何者!?
shin170223-1.jpg
男を鍛える男塾。けれど入塾するにはこのような試験を受けなければいけないらしい。第一次試験は「教養 灼熱 鉄板カルタ」。焼けた鉄板の上に これまた焼けた数字があり、読み上げる問題の答えのフダを取るというものだ。この時点で怖気づいて帰る者が居るけどそれは正解。並大抵の志がなければ男塾で生き抜けませんからね。
・太陽を英語にすると?── 三(SUN)
・礼を言ってるアリは何匹?── 十(アリがトウ)
・スカンクが嫌いな数字は?── 九(すかんク)
というような質問が出されて、これは教養というよりもナゾナゾじゃないかと思わずにいられません(笑)。
そして超難問として出されたのが
・魚が五匹 置いてある。猫がくわえて逃げてしまった。残りは何匹?
ここでキツネ面が登場ですよ。
shin170223-2.jpg
くわえて逃げたのではない。加えて逃げたのだとして正解の「六」を"くわえて"きました。手を使うよりも口の方が痛すぎるよなー。鮮やかな身のこなしに江田島は「格闘系のモノでは無い。まるで舞をまうかのような…」と言ったことから舞踊の経験者か? ますますわかりません。

こうして第一次試験合格者は五十名。続いて第二試験は東京タワーでバンジージャンプ! えぇぇー! 東京タワーが完成したのって昭和33年(1958年)ですよ。私は昭和22・23年ごろと思ってたけど10年も後でしたか。ってことは米軍の横流し品を売ってた鬼田軍吉(後の鬼ヒゲ)は第二次大戦時の品ではなく、朝鮮戦争での横流し品なんだろうな。また「魁」の当初の設定は「男塾三百年の歴史」だったけれど、これで「三十年の歴史」になってしまいました。
shin170223-3.jpg
そんなバカげたことやれないと、残ったのはキツネ面を含む三名のみ。生き残るのはいったい!?
謎が謎を呼ぶキツネ面。舞踊ができて 口達者。男塾にも入れる度胸の持ち主か…まさか梅沢富美男? いや、調べたら生まれが1950年なのでさすがに若すぎますね。
極!!男塾(8): ニチブン・コミックス
宮下あきら
日本文芸社 (2017-03-29)
売り上げランキング: 7,085
shin170209.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第5話
模造刀や女装プロレスラーなど、姑息な手段で江田島を陥れようとしたトランプ。江田島は その張本人をリングに上げて直接対決をするつもりだ。無論 力による戦いではトランプに勝ち目はないだろう。そこで使われたのがポーカー。しかも負けたら毒入りの酒を飲むという「死のポーカー」です。
ひょっとしてこれが後の男塾名物「羅惧美偉(ラグビー)」の元になった設定かな?

10杯飲めば巨象さえ死ぬそうで、江田島は負け続けて9杯目。普通の人間ならば既に死んでもおかしくないだろう。これが最後のゲームだと配られたカードを見て、江田島はノーチェンジ。そのまま勝負に出た!
shin170209-1.jpg
ここで起死回生のロイヤルストレートフラッシュを引き当てたのは持ち前の運の強さだろうか。ストフラによる勝ちは残りの酒を一気飲みする取り決めなので、今度はトランプがピンチ。けれど何故か強気のままだ。まるで自分もストフラが出来るかのように…。
「髪に手をやる仕草はやめろ 貴様の手札にはポマードがついている」
! 江田島はトランプがイカサマをしていたのを知っていたのだ。知っていながら黙して負けて毒を飲んでいたのだ。トランプがイカサマをしないで堂々と勝負する姿を見たいがために。

けれど最後までイカサマを押し通す姿に、トランプの父親が我慢なりませんでした。
shin170209-2.jpg
「このバカ息子が」と、頭を殴ったことで髪からカードが落下。イカサマの発覚により敗北決定です。
自分の息子ながら情けないと思ったのでしょう、「男塾で息子を鍛えて欲しい」と頼む父親に江田島は即答でOKするのでした。
shin170209-3.jpg
こうして男塾入りとなったのは後の第四十五代米国大統領となるD・トランプ。大統領就任式に招待した江田島に向かって「押忍!!」と叫んだそうです。

前回も言ったけど現大統領が男塾塾生だったとするのはヤバくない? 本当に大丈夫なのか心配になってしまいますよ。
とはいえ塾生が集まらなければ話が続かないのでしばらくは「ぞくぞく入塾者シリーズ」が続くんじゃない? 私としては今後はカツシンが登場すると予想します。破天荒なキャラ的にも男塾塾生が似合いますからね。
極!!男塾(8): ニチブン・コミックス *3月29日発売
shin170126.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第4話
子供ながらにして策略家のD・トランプの罠にハマり、模造刀を渡された江田島。これで石を真っ二つになんてできるものかとトランプは ほくそ笑む。江田島は諦めたのか刀を構えたままで動こうとせず、シビレを切らした観客からは罵声の嵐。
でも江田島は諦めたわけではなかった! を練って精神を集中していたのだ。

そして振り下ろされた模造刀! 石は…斬れておらず「いいザマだ」とトランプは笑う。が、ほどなく切れ目が入って石は見事に真っ二つ! 江田島は言う。
日本刀は刀で斬るのではない 精神の刃で斬るのだ…!!
shin170126-1.jpg
これと同じようなことを桃は大威震八連制覇の邪鬼戦でやってます。しばらく氣を練り続けてからハチマキに氣を注入。そしたらハチマキがピンと立ったばかりか邪鬼の拳を割ったではないですか! これぞ氣功闘法 硬布拳砕功!!
民明書房『氣──その効用と実践』によると達人ともなると髪の毛を針金のようにして敵を一撃のもとに絶命させたりできるそうだ。また紙片でも岩石を真っ二つにできるそうだから、模造刀ならば充分に可能だったわけですね。

悔しがる間もなく次なる手を打っていたトランプ。江田島の対戦相手に2m以上はあるだろう女子プロレスラーを差し向けたのだ。女に負けたら屈辱的だろうと思わせたいのでしょうが、当初の「軍国主義復活を阻止する」目的からしたら なんてチャチな やり方なんだと思ってしまったよ。
shin170126-2.jpg
「女には手を上げないのが信念」として一方的にやられてばかりの江田島でしたが、汗で化粧が落ちてヒゲが現れたことにより男だと発覚。ならば遠慮はしないと反撃して当然の如く江田島の勝ち。もしこれが本当に女性だったらヤバかったのは間違いないでしょう。
shin170126-3.jpg
トランプと直接対決すべくリング上に上がってこいとする江田島。この際「後に第四十五代米国大統領 回顧する」とあることから新大統領本人だと断言してるわけで、これは大丈夫なんでしょうか? 一文字変えるとかした方が良かったんじゃない??
shin170112.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第3話
三日連続で男塾ネタになってしまいました。「直進行」の勝負に勝った江田島。負けたカクエイは男気に惚れて そのまま塾入りを志願し、塾生第一号となりました。前回も書きましたが「田中」とも「角栄」とも言ってないので"それっぽい人物"として受け止めておきます。
この様子を見ていた怪しげな男が後日、江田島の前に現れたのが上の画像。まだ子供なのに拳銃を持っており、江田島と男塾の抹殺を宣言。江田島が先の大戦でアメリカ相手に大暴れしたことを知っており、男塾の立ち上げは軍国主義の復活の布石と考えているようだ。

無論 違うとする鬼田とカクエイですが、拳銃で威嚇して聞く耳なんて持ちません。……でもさ、「魁」1話の冒頭はモロに軍国主義なことやってるんですけど? 銃剣を構えた兵士たちに鬼ヒゲが「死ねい貴様ら!! 死んで祖国の御盾となるんじゃーーっ!!」と言ってるし。
その子供は明日 神宮球場で主催する大会に必ず来い、そこが貴様の墓場だと豪語して去っていく。
shin170112-.jpg
子供はそのまま父親にそのことを報告。ここで父親が言い出したのが右の画像。「マッカーサが言うには江田島が三人おればアメリカは敗北した」と。
それに対して左の画像は「魁」の天挑五輪大武會での藤堂のセリフ。「大統領いわくEDAJIMAが あと10人いたらアメリカは負けていた」。これはマッカーサーと大統領とで江田島の評価が違うから人数の差が出たのです。「天下無双 江田島平八伝」にてマッカーサーは江田島と直接戦っており、底知れぬ器の大きさを知っていたからこそ「三人」という少ない数字を出したのでしょうね。

奴は明日で終わりだと楽観視する子供に対して父親は助言する。その若さが裏目に出る時もあることを忘れるなと。
成り行き上、そうなる展開に期待します。
shin170112-1.jpg
翌日、神宮は大観衆に埋め尽くされていた。日本対アメリカの親善異種格闘技大会をやっているからです。リング上ではボクサーと力士が対戦しておりボクサーの勝ち。アメリカの全勝が続いているそうです。ちなみに日本で最初の外国人との異種格闘技戦とされるのが大正時代にあったプロレス対柔道。これは1976年のジャンプに「プロレス対柔道」というタイトルで短期連載されておりレビューは下記に。いまだにコミックス化してない漫画です。
プロレス対柔道(前編) ジャンプ掲載の大正時代の実録異種格闘技戦

このリングに呼び出された江田島。刀で石を真っ二つにするアトラクションをしろとのこと。ところが刀は模造刀であり真っ二つなど不可能だ。社会的信頼を失墜させようとする企みに「このクソガキが~~っ!!」と吠える江田島に子供は自分の名前を告げる。
shin170112-3.jpg
D・トランプ!! 将来 アメリカの星となる男だ!!
ついに出ちゃったよ! 着任寸前の新大統領の名前が!! いや出るだろうことは「極」の最終回で予想してたけれど、一字も変えずにそのまんまの名前で出してくるとは思わなかったぜ。
江田島はどうするのか? 刀ではなく頭突きで石を割ると予想します。だって弾丸すら跳ね返す頭ですから これぐらいはやってくれるんじゃないですかね。