shin180415-.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第34話
時は昭和45年?の春。選抜高校野球で優勝チームが校歌を歌ってるのを見た鬼ヒゲは、思い出したかのように塾長のもとに駆け込んだ。常々何か足りないと思っていたけれど、我が塾には歌が無い。塾歌を作るべきとの提案をする。そこで名前を挙げたのが古賀彗星。日本のベートーベンと言われる大作曲家なので、誰もが一度は耳にしたハズ。
けれどかなり気難しい人物らしいし、最近では全く耳にしない。引退したかもしれないが、鬼ヒゲは命を賭けても退かない気持ちで本人に会いに行った。

が、古賀は気難しいを通り越して乱暴者だった! 玄関ブザーを鳴らしただけで蹴り飛ばすのだから。
shin180415--1.jpg
もちろん作曲を依頼したところで聞く耳を全く持ちません。もう作曲はしないと怒鳴りつけて引っ込んでしまいます。でもそれは承知の上の鬼ヒゲ。曲をいただくまではこの場を一歩も動かないと、座り込みを始めました。
そしてソレは三日三晩続きます。もちろんこの間は飲まず食わず。ドシャ降りの雨になってもそのままのものだから、古賀は根負けして作曲しなくなった理由を語り始めた。
shin180415--2.jpg
戦時中、自分の歌を唄いながら多くの人々が死んでいった。唱歌までが戦意高揚の軍歌として利用されたことを気に留めており、それを理由に作曲を止めたそうだ。
うーん、気持ちはわかりますが歌そのものに罪はありません。余談ですが童謡「汽車ポッポ」も元は兵隊を戦地に送る「兵隊さんの汽車」というタイトルで、歌詞も違ってたんだよねー。

そこに地響きが渡り、土砂崩れが家を襲う。ドシャ降りの雨によって地盤が緩んだのでしょう。って、この「漫画ゴラク」の発売時期が大分の土砂崩れとほぼ同じだったから驚いたよ。それでも作曲してくれるまで動こうとしない鬼ヒゲ。この頑固ぶりは"さすが教官"と言うべきだな。
shin180415--3.jpg
それを救ったのが男塾塾生たち! 素手で土砂崩れを止めるとは人間技じゃねーよ! これというのも先ほどまで「トゲ棒倒し」をしていた訓練の成果だとか。江田島は土の中から作曲に必要なオルガンを掘り出して「アンタにとって命だろ…!!」とニクイ一言。
ここまでされてしまっては断るのはもはや失礼というもの。自分の負けを認めて日本一の塾歌を作ると鬼ヒゲに告げるのでありました。
そして出来上がったのがあの校歌。そう、大威震八連制覇にて死んだ(と思われた)田沢と松尾への手向けとして唄われたアレです。
shin180415.jpg
スポンサーサイト
shin180329.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第33話
運命のプロボクシング新人王戦。男塾は塾生総動員でケン・暮井の応援に駆け付けた。もしこの会場内で大鐘音をやったら うるさすぎて試合どころではないだろうね。前から思ってたけどケン・暮井とはクレイジーケンバンドから取った名前なのかな?
片や暴力団・極羅狗組(ゴラクぐみ)からの刺客であるチャイ。素性・戦歴など一切不明って、どうしてそんなヤツが新人王戦に出てるんだよ!? 明らかにおかしいって誰か気付けよっ!(笑)
shin180329-.jpg
イキナリの先制ラッシュでケンはダウン! そりゃそうだ、ケンは新人でもチャイは地下ボクシングのチャンピオン。しかも三十五戦三十五 KO勝ちなのだから経験・実力とも差があり過ぎですって!
何とか立つも結果は同じで二度目のダウン。さぁ後が無くなりました。けれど塾長は慌てない。この世の一番の罪は己の母親を泣かすことだと諭し、会場の一角に指を指す。
shin180329-1.jpg
それは失踪した母親だった!
貴様は捨てられたのではない、常に陰から人生を見守られていたのだと塾長。その まぶたの母親が必勝を祈願している、ならば勝たねば男じゃない! 眼光が戻ったケンには、もうチャイのパンチは通用しません。
shin180329-2.jpg
そして逆転KOとなる鋭いアッパーが炸裂! そのままリングの外まで吹っ飛び、ついでに極羅狗組の組長の上に落ちてダブルでKO勝ちとなりましたー。リングアナは「世界チャンピオンへの第一歩を歩みだしました」と告げたけど、それはまだ早すぎ! とりあえず日本チャンピオンとアジアチャンピオンが先だろうね。
喜びも束の間、ケンは母親が居たところに駆け付けた。
shin180329-3.jpg
そこに置かれていたのは幼きケンと両親。ケンは写真を涙で濡らしたとさ。
と、短期シリーズ終了。そろそろ長編やってくれませんかねぇ?
真!! 男塾(3) (ニチブンコミックス)
真!! 男塾(3) (ニチブンコミックス)
真!!男塾 3 Kindle版
shin180306.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第32話
ここ最近、長編をやらずに短編を続けてる男塾。設定固めをしてるんでしょう、たぶんね。
晴れて男塾の教官となった飛行帽と鉄カブト。新参者にも関わらず「男塾名物」と称して「剣山地獄 腕立て伏せ」を強要します。あぁ、これは「魁」初期にあったやつね。必死に続ける塾生たちの中でパンチパーマの者が居たことから、飛行帽が鉄槌を下そうとしますが…
shin180306-.jpg
鋭い眼光に恐れおののき、処分せずに離れていきます。こいつはケン・暮囲という黒人兵士と日本人女性とのハーフ。生まれてから父親は帰国し、母親は行方不明に。一年前に暴力団・極羅狗組(ゴラクぐみ)相手にケンカとなって極等少年院に送致されたとのこと。今はボクシングに打ち込んでおり、目指すは世界チャンプ!
でも江田島に不安がよぎる。ケンカを売った相手はメンツで食ってる連中だ。恩赦で出てきたことを知ったら ただでは済まないだろうと。はい、その不安は的中です。
shin180306-1.jpg
ケンが出てきたことを知った極羅狗組は地下ボクシングのチャンピオンであるチャイを雇い入れ、ボクシングの試合の相手にするつもりだ。何せ三十五戦三十五 KO勝ちの猛者。組に置いてあった壺を壊すことなく穴を開けてしまったことから実力は本物だ。試合中に殺してしまっても事故扱いで罪に問われないのをいいことに、マジで殺しにかかるつもりのようです。
shin180306-2.jpg
一方、江田島はケンカを仕掛けるも、実はトレーニングに願い出た格好。素直に打ち明けられないのね。こうやって特訓するのはいいけれど、チャイを相手に通用するのだろうか?
真!! 男塾(3) (ニチブンコミックス)
真!! 男塾(3) (ニチブンコミックス)
shin180301.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第31話
刑務官から「もう戻って来るなよ」と言われて出所したのは飛行帽と鉄カブト! 1話にて爆弾を手に路面電車をジャックし、江田島にやり込められました。今まで懲役を食らってたわけね。
参考 真!!男塾 新連載!若き江田島が日本を変える!男塾創設の歴史が今ここに

出所して思うのは江田島への復讐心のみ! そこで とっておきの兵器を持ち出して男塾に向かいます。
その男塾では前回デザインされたガクランを着用した塾生が集結。人間に戻る手術に成功したカッパも居ます。でも名前は本名の春日井ではなく、カッパのままなのね。そこへ地面を揺らし、塀をぶち壊して乱入してきたのは戦車! デザインからして61式戦車だろう。
shin180301-.jpg
乗っていたのはもちろんコイツら。終戦のドサクサに隠匿しておいたとのことですが、もう誰もが突っ込まずにいられない。
なんで61式戦車が1945年以前に作られてるんだよっ!
戦時中ならばせめて"チハ車"こと九七式中戦車にしてくれや。貴様も男塾も殲滅してくれると、戦車で校舎を壊し始めた。無論、このまま され放題にしておくわけがありません。でもこの行動に潜んで見えぬ悲壮感はいったい?

ただ一人、戦車の前に立って「一騎打ちの勝負だーっ!!」と吠える江田島。もちろん飛行帽たちは戦車の砲口を江田島の目の前にセット。いくら江田島でも戦車の砲弾を食らってはタダでは済まないだろう。普通ならね!
shin180301-1.jpg
が、撃ったと同時に頭を突っ込んで暴発させちゃったよ!!
江田島の頭は今まで日本刀を折り、拳銃の弾丸さえも はねのけました。ここに新たに「戦車の砲弾でさえ弾き返す」が加わったことになります。戦車を失い戦意喪失の二人。なぜ死に急ぐ行為をするのか語り始めました。こう見えても以前は教員だったらしい。
shin180301-2.jpg
戦争では若い命が戦場に散って逝った。その若い命をバンザイで送り出したのは俺たちだ
教え子たちは死んで俺たちは生きている。これが許せない! だから死に場所を探している。死んで謝りたいと──
気持ちとしては理解できますが、だったら1話でヒロポン中毒で路面電車をジャックするなんて元教師の風上にも置けない行為をするんじゃないよ。そんなことをしておいて「死んで教え子たちに謝りたい」だなんてよく言えるなと思いますがね。

春になって再び刑務所から出所した二人。待ち構えていたのは江田島たち男塾生でした。
shin180301-3.jpg
二人を男塾教官として迎え入れるらしい。江田島に男気が伝わったようで、これにより「魁」初期の教官たちが揃ったわけですな。

オー・マイ・ジャンプ! 公式
3月2日(金)深夜0時12分放送の「オー・マイ・ジャンプ!」8話では男塾ネタやりますよー! 直進行軍や油風呂、出演者にも王大人や枢斬暗屯子とかも出るようだから録画しておこう。
真!!男塾(3): ニチブン・コミックス 3月29日発売
shin180216.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第30話
岸田総理との一件を終え、江田島と鬼ヒゲは飲み屋で祝杯を上げていた。少年院生は晴れて正式に男塾塾生に、カッパも手術で元に戻れるとのこと。だったらもっと早くやっていればいいじゃんと思うけれど、ここは素直に話を聞いておこう。
次は念願の制服という話になって、江田島は奴のことを思い出す。同じ守備隊に居た国城という男を…
shin180216-.jpg
戦争が終わって復員した二人は今後について語り合った。江田島は男塾の設立を目指し、国城は元の仕立屋に戻るから その塾の制服は任せてくれと言ったそうだ。あれから二十余年、どうしているかと思って会いに行ってみた。
shin180216-1.jpg
が、既に五年前に他界したとのこと。現在はその息子の洋一が後を継ぎ社長 兼 デザイナーとして活躍しているのだけれど、父親の昔話など興味が全く無いらしい。話しもロクにせずに追い返す有り様だ。
その夜、洋一は父が残した手紙を発見する。それは自分の生い立ちに関わるものだった…

戦争末期、玉砕覚悟の南の島の守備隊に赴任していた時に洋一が誕生したとの知らせが届いた。我が子の無事を願い 有り合わせの布で服を作ってみたものの、これを届けるなんて絶対に不可能。しかし それをやってのけた男が居たのだ。無論、江田島のことである。
shin180216-2.jpg
零戦に乗り、敵機の大軍をものともせずに凄まじい精神力と体力で本土に届けたという。その江田島に制服を作る約束をしたので、力になってくれとのことです。
あのー美談として納得できるっちゃできるのですが一言いいですか?
   それって敵前逃亡じゃね?
守備隊として島に居たのだから島を守らなきゃ。その任務を放棄して一時的とはいえ島を離れたのだから、充分に職場放棄と見なされて当然だよね? ってか「天下無双 江田島平八伝」と全然違うじゃん。天下無双隊を率いて神出鬼没の大活躍をしてたのは何だったんだろうな?

この後、洋一の新作発表会に塾長が招待された。見てもらいたいものがあるらしい。
shin180216-3.jpg
以前 会ったときとは180°違う人間性になっちゃってます。仕事一貫でやってきたのでキツイ性格だったけれど、あの手紙を読んで感動し 心を取り戻したようだ。その戦友(江田島)に捧げるとして披露したのが!
shin180216-4.jpg
今にも繋がっているガクランだったというわけですね!
つまりデザイナーズブランドでしたか。ならば某小学校が採用するブランド品の制服のように、一着8・9万円ぐらいするんじゃない? とてもじゃないけど買えないよ!
真!!男塾(3): ニチブン・コミックス 3月29日発売
shin180203.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第29話
相撲対決はカッパが勝利! しかし頭のサラが割れてしまい死は確実…。「カッパーーッ!!」と叫びながら抱き起こす江田島だけれど、誰も本名の「春日井」とは言わないのね。
shin180203-.jpg
おのれ岸田め と、江田島の怒りは頂点に達し「死ねいっ!!」と殴りかかる。でもちょっと待ってよ。サラが割れたのは寿命が来たからであって、総理が殺したわけじゃないよ? また総理にしたって「貴様が憎いんじゃない 貴様の親父が憎かっただけ」ならば、どうして男塾を燃やしたり平八を殺そうとしたの? 二人とも会話が成り立ってないよ!

それを止めたのは例の謎の爺さん。まだカッパは死んでないそうだ。
shin180203-1.jpg
カッパのサラには復元力があり、割れたサラの破片を集めれば復活できるとのこと。工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 そんなので生き返るの?? だって27話の説明では頭のサラは生体電池って言ってたじゃん。それをただ「破片を集めるだけ」で電池の容量が元通りになるなんて信じられないんですけど!
あ、この漫画に常識があればの話だからこれでいいのか? これでいいのだ!

爺さんの話はまだ続き、今度は岸田総理について。江田島の父親・國義を憎んでいるのは逆恨みとのこと。恥をかかされた岸田はその悔しさをバネに一国の宰相にまで登り詰めた。國義は岸田の将来を見据えていたからこそ、あえて恥をかかせたというのだ。事実を知って愕然とする総理です。

サラの破片を集めたけれど、どうしても 一つ見つからない。いったいどこに飛んで行った? 塾生全員で捜す中、見つけたのは総理。それを素直に江田島に渡します。少年院生への恩赦もつけて。積年の恨みは完全とは言わないけれど雲散霧消したようだ。
shin180203-2.jpg
破片の最後の一つをはめ込んで活を入れた江田島。そしたらカッパは見事に復活! 出来過ぎる気はするけどこの章を終えるには相応しいやり方かな。そして謎の爺さんですが…
shin180203-3.jpg
どうやら「担げずの御輿」の御本尊だった模様。でも今さら驚かないぞ。そんな傾向あったし。
shin180118.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第28話
男塾生となった河童壱号と、史上最強の横綱と謳われる魔神丸との相撲対決が始まった。相撲が得意とされる河童だけれど、現役の横綱相手に通用するのか!? まして生体電池となってる頭のサラはヒビが入り始めており、割れたら死んでしまうとのこと。
どう考えても不利としか思えない河童ですが、スタートダッシュでは河童が優勢。凄まじい張り手のラッシュが横綱の顔面を襲う。が、魔神丸も負けてはいない。すぐさま反撃に出て今度はカッパがKO寸前に。
shin180118-.jpg
けれど瞬発力で逃れて、今度は横綱の首を締めあげた。懸命にこらえる横綱。河童はあと少しと力を入れるも、頭のサラのヒビがますますひどくなって失神しかねない状態に。この状況で俺たちがやれるとしたらアレしかない! 江田島はドスを借り受け、俺に続きたい者は続けと意味深な言葉を投げかけた。
となったらアレしかないよね!
shin180118-1.jpg
血闘援を刻んで河童壱号を応援する男塾!!
時系列としては未來になりますけど、大威震八連制覇にて負けそうな飛燕を応援すべく富樫が胸に彫った行為ですわ。傷跡が一生残ることから彫る側も相当な決意がいるわけで、生半可な気持ちじゃ決して出来ない応援ですね。もっとも一生残ったものを見たことがありませんけどねー。
shin180118-2.jpg
これに感激し涙する河童は、その勢いで魔神丸を土俵外へと投げ飛ばした。けれど勝利した河童もまた頭のサラが完全に割れてしまった。河童の運命やいかに!?