shin180216.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第30話
岸田総理との一件を終え、江田島と鬼ヒゲは飲み屋で祝杯を上げていた。少年院生は晴れて正式に男塾塾生に、カッパも手術で元に戻れるとのこと。だったらもっと早くやっていればいいじゃんと思うけれど、ここは素直に話を聞いておこう。
次は念願の制服という話になって、江田島は奴のことを思い出す。同じ守備隊に居た国城という男を…
shin180216-.jpg
戦争が終わって復員した二人は今後について語り合った。江田島は男塾の設立を目指し、国城は元の仕立屋に戻るから その塾の制服は任せてくれと言ったそうだ。あれから二十余年、どうしているかと思って会いに行ってみた。
shin180216-1.jpg
が、既に五年前に他界したとのこと。現在はその息子の洋一が後を継ぎ社長 兼 デザイナーとして活躍しているのだけれど、父親の昔話など興味が全く無いらしい。話しもロクにせずに追い返す有り様だ。
その夜、洋一は父が残した手紙を発見する。それは自分の生い立ちに関わるものだった…

戦争末期、玉砕覚悟の南の島の守備隊に赴任していた時に洋一が誕生したとの知らせが届いた。我が子の無事を願い 有り合わせの布で服を作ってみたものの、これを届けるなんて絶対に不可能。しかし それをやってのけた男が居たのだ。無論、江田島のことである。
shin180216-2.jpg
零戦に乗り、敵機の大軍をものともせずに凄まじい精神力と体力で本土に届けたという。その江田島に制服を作る約束をしたので、力になってくれとのことです。
あのー美談として納得できるっちゃできるのですが一言いいですか?
   それって敵前逃亡じゃね?
守備隊として島に居たのだから島を守らなきゃ。その任務を放棄して一時的とはいえ島を離れたのだから、充分に職場放棄と見なされて当然だよね? ってか「天下無双 江田島平八伝」と全然違うじゃん。天下無双隊を率いて神出鬼没の大活躍をしてたのは何だったんだろうな?

この後、洋一の新作発表会に塾長が招待された。見てもらいたいものがあるらしい。
shin180216-3.jpg
以前 会ったときとは180°違う人間性になっちゃってます。仕事一貫でやってきたのでキツイ性格だったけれど、あの手紙を読んで感動し 心を取り戻したようだ。その戦友(江田島)に捧げるとして披露したのが!
shin180216-4.jpg
今にも繋がっているガクランだったというわけですね!
つまりデザイナーズブランドでしたか。ならば某小学校が採用するブランド品の制服のように、一着8・9万円ぐらいするんじゃない? とてもじゃないけど買えないよ!
真!!男塾(3): ニチブン・コミックス 3月29日発売
スポンサーサイト
shin180203.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第29話
相撲対決はカッパが勝利! しかし頭のサラが割れてしまい死は確実…。「カッパーーッ!!」と叫びながら抱き起こす江田島だけれど、誰も本名の「春日井」とは言わないのね。
shin180203-.jpg
おのれ岸田め と、江田島の怒りは頂点に達し「死ねいっ!!」と殴りかかる。でもちょっと待ってよ。サラが割れたのは寿命が来たからであって、総理が殺したわけじゃないよ? また総理にしたって「貴様が憎いんじゃない 貴様の親父が憎かっただけ」ならば、どうして男塾を燃やしたり平八を殺そうとしたの? 二人とも会話が成り立ってないよ!

それを止めたのは例の謎の爺さん。まだカッパは死んでないそうだ。
shin180203-1.jpg
カッパのサラには復元力があり、割れたサラの破片を集めれば復活できるとのこと。工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 そんなので生き返るの?? だって27話の説明では頭のサラは生体電池って言ってたじゃん。それをただ「破片を集めるだけ」で電池の容量が元通りになるなんて信じられないんですけど!
あ、この漫画に常識があればの話だからこれでいいのか? これでいいのだ!

爺さんの話はまだ続き、今度は岸田総理について。江田島の父親・國義を憎んでいるのは逆恨みとのこと。恥をかかされた岸田はその悔しさをバネに一国の宰相にまで登り詰めた。國義は岸田の将来を見据えていたからこそ、あえて恥をかかせたというのだ。事実を知って愕然とする総理です。

サラの破片を集めたけれど、どうしても 一つ見つからない。いったいどこに飛んで行った? 塾生全員で捜す中、見つけたのは総理。それを素直に江田島に渡します。少年院生への恩赦もつけて。積年の恨みは完全とは言わないけれど雲散霧消したようだ。
shin180203-2.jpg
破片の最後の一つをはめ込んで活を入れた江田島。そしたらカッパは見事に復活! 出来過ぎる気はするけどこの章を終えるには相応しいやり方かな。そして謎の爺さんですが…
shin180203-3.jpg
どうやら「担げずの御輿」の御本尊だった模様。でも今さら驚かないぞ。そんな傾向あったし。
shin180118.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第28話
男塾生となった河童壱号と、史上最強の横綱と謳われる魔神丸との相撲対決が始まった。相撲が得意とされる河童だけれど、現役の横綱相手に通用するのか!? まして生体電池となってる頭のサラはヒビが入り始めており、割れたら死んでしまうとのこと。
どう考えても不利としか思えない河童ですが、スタートダッシュでは河童が優勢。凄まじい張り手のラッシュが横綱の顔面を襲う。が、魔神丸も負けてはいない。すぐさま反撃に出て今度はカッパがKO寸前に。
shin180118-.jpg
けれど瞬発力で逃れて、今度は横綱の首を締めあげた。懸命にこらえる横綱。河童はあと少しと力を入れるも、頭のサラのヒビがますますひどくなって失神しかねない状態に。この状況で俺たちがやれるとしたらアレしかない! 江田島はドスを借り受け、俺に続きたい者は続けと意味深な言葉を投げかけた。
となったらアレしかないよね!
shin180118-1.jpg
血闘援を刻んで河童壱号を応援する男塾!!
時系列としては未來になりますけど、大威震八連制覇にて負けそうな飛燕を応援すべく富樫が胸に彫った行為ですわ。傷跡が一生残ることから彫る側も相当な決意がいるわけで、生半可な気持ちじゃ決して出来ない応援ですね。もっとも一生残ったものを見たことがありませんけどねー。
shin180118-2.jpg
これに感激し涙する河童は、その勢いで魔神丸を土俵外へと投げ飛ばした。けれど勝利した河童もまた頭のサラが完全に割れてしまった。河童の運命やいかに!?
shin180105.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第27話
人間兵器 河童壱号として余生を過ごしていた元日本海軍の春日井上等兵。岸田総理から「江田島が戦争を起こそうとしている」と聞かされたのを信じて江田島と戦ってます。もちろんそんなのはウソ。真実を言ったところで信じないと悟った江田島は「俺について来い そこで奴の本性を知ることになる」と話し、河童壱号も応じました。

そして50トンもある「担げずの御輿」をようやく総理宅へと運びこみ、これで恩赦がもらえると思いきや…
shin180105-.jpg
あぁやはりね。擬宝珠が無くなっているから恩赦はやれんとイチャモンをつけて約束を守らない総理。どうせこんなことだろうと思ってたよ!
shin180105-1.jpg
更に河童壱号へは江田島を倒さなかったと役立たず呼ばわり。生体電池である頭のサラの寿命もあと僅かと罵ります。ようやく騙されていたと知って怒りに震えるのも当然だね。そして男塾一同と総理の黒服一同とが入り乱れての大乱闘~かと思ったら、例の爺さんが登場。総理が青ざめてることからやはり神様か、相当な実力者といったところか。

その爺さんの提案で相撲で決着をつけようということになり、総理側からこの人が。
shin180105-2.jpg
懇意にしている横綱の魔神丸です。巡業先で生涯事件を起こし謹慎中とのことだけれど、明らかにあの事件をネタにしていることは明らか。「このハゲー」を出す機会が無かったから、今になって時事ネタをぶっこんだんでしょう。きっと。
ならば河童壱号は男塾に入塾を願い出て、江田島はもちろん認可。
shin180105-3.jpg
人間兵器にされながら終戦を迎えたので出番が無かったけれど、遂にこの力を使う時が来たというところでしょう。しかしこのタイミングでサラにヒビが! この相撲が最初で最後のご奉公になってしまうのか!?
男塾外伝 赤石剛次(2) (ニチブンコミックス)
男塾外伝 赤石剛次(2) (ニチブンコミックス) 1月19日発売
shin171215.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第26話
ピラニア十万匹を気絶させた江田島。しかしまだ奥の手があるとする岸田総理は余裕の表情。水柱が勢いよく立ち上り現れたのはカッパだった! 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 思いもしない生物の登場にさすがに驚いたぞ。但し伝説上の生物ではなく元日本海軍 人間兵器 春日井上等兵。暗号名 河童壱号だそうだ。

水中なら無敵の強さを誇ることから江田島を翻弄。その姿に総理は心から喜んでいるようだ。ここで総理の解説が入ります。
shin171215-.jpg
人間兵器計画が立案されたのは大戦末期。窮地に立たされた現状を打破するためのもので、人体をそのまま兵器に改造。すなわち医学的手術による半魚人化です。これならば水中は敵のレーダーにも探知されず自由自在。爆薬を敵艦に気付かれずにセットする事も可能…だそうだけど、生身だけならともかく さすがに爆薬を運んでいたらレーダーに引っ掛かると思うぞ!?

こうして河童壱号が完成したのはいいけれど終戦を迎えたので出番なし。元に戻ることも出来ず、本物のカッパとして人知れぬ山奥で暮らしていたそうだ。そこを「江田島がまた戦争を企んでいる」と嘘をついて騙し、攻撃してるというわけ。
苦戦する江田島に歓喜する総理。これを見て加護山夫妻は愛想が尽きたようだ。
shin171215-2.jpg
欲と夢は違う。夢はいくら大きく持ってもいいが、欲は人を貴様のように卑しくするとして総理と決別する道を選びます。ここんとこはカッコイイね。モデルとなった当人もこんな人物なら良かったのに。
shin171215-3.jpg
水中に引きずりこまれて大ピンチだったところを、捨てられていた高圧縮ガスのボンベを使って脱出に成功した江田島。さぁ本当の戦いはここからだ!
shin171130.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第25話
岸田総理の策略で、十万匹ものピラニアが放たれた池を横断するしかない塾生たち。総理が池の生態系を壊していいのかよと突っ込みたくなるのはさて置き、死中に活を求めんと池に飛び込んだ江田島。自分が囮となって引き付けておくから、その間に池を渡れという作戦です。

それでも怖くて入れない塾生たちに鬼ヒゲは檄を飛ばす。塾長が身体を張ってやってるのだから、それに応えるのが男塾魂! 自分も率先して池に入ることでようやく渡り始めました。
shin171130-.jpg
危険な行為を娯楽として悦に浸る岸田総理。あれだ、カイジの鉄骨渡りを豪華な食事をしながら鑑賞する、上流階級と同じやつだな。しかもピラニア以外にもまだ何かを忍ばせているらしいぞ。

ピラニアに気付かれないよう静かに「担げずの御輿」を担ぎながら中間地点まで来ました。ここでカクエイが屁をする失態をやらかし、ピラニアに襲われる一同。これでは御輿など担いでいられず、傾いて水没してしまいます。ならばと江田島の売った手は、御輿の擬宝珠に気合を込めた頭突きを見舞う!
shin171130-1.jpg
凄まじい大音響と振動が池を揺らし、そのショックでピラニアが失神! 十万匹全てが浮かび上がりました。これをガッチン漁とか言うそうですがこの際どーでもいいや。目覚める前に池を渡り切ろうと御輿を立て直すのですが、総理が臭わせていた真打ちが登場ですよ。
shin171130-2.jpg
この登場の仕方から大型の生物で間違いないでしょう。たぶんワニだと推測しますが真実はいかに!?
shin171116.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「真!!男塾」の第24話
岸田総理が示した少年院生の恩赦の条件は、50トンもある「担げずの御輿」を総理宅まで運ぶことだった。その為ならばと塾生全員で"初めて"持ち上げ、いざ総理宅へ!
けれど岸田が黙って見ているわけがない。例の場所へ誘導すべく、道路を規制していた。江田島のことを相当嫌っているらしく「あの時より五十余年…やっとワシの怨みが晴れる」と言ってるぞ。今は昭和44年(1969年)だから五十余年ってことは…1916年前後ぐらいか。
shin171116-.jpg
怨んでいるのは平八の父親、國義のこと。國義とは海軍士官学校の同期で、戦艦の航海訓練の合間に甲板で相撲大会が催された。岸田は出自の違いと体格差から手加減するものと思っていたのだが、國義は全力で張り手を見舞って岸田は海へ落下。そこにサメが現れて岸田は必至に逃げるしかない。けれど國義は平然と海へ飛び込み、サメを一撃で倒したという。

これは瞬く間に話題となり國義はもちろん英雄扱いだったのに対して、岸田は笑い者に成り下がった。國義はその後、レイテ戦で戦死するも岸田の復讐心は消えず、今はその息子の平八に怒りを向けているとのこと。
えーっと、それってただの八つ当たりじゃね? そんな器でよく首相が務まるものだな。

そして例の場所へ誘導されてしまった一同。そこは池でした。渡るにしてもなぜか橋が壊されているぞ? 江田島は構わず直進を指示しようとした際、例の爺さんが現れます。しばらく待てと。そしたら…
shin171116-1.jpg
水鳥がピラニアに食われてしまった!
爺さんいわく、橋は昨夜 爆破され、池には十万匹ものピラニアを放流したんだと。誰がやったのかは語るまでもないけど、これだけは言っとく。
公共物破壊に危険動物投棄を総理が するなよ!
総理自らが池の生態系を壊してどーすんだ!!

更にもう一つ何かあるようだけれど、前回同様に忽然と姿を消した爺さん。それは自らが確かめろってことか。
shin171116-2.jpg
池を回避していては遠くなってしまう。ならばやはり池を突っ切るしかありません。そこで江田島はピラニアの池に堂々と飛び込んだ! まさか十万匹全てを倒すつもりなのか!? 不可能を可能にする男の動向が気になります。
真!! 男塾(2) (ニチブンコミックス) 男塾外伝 伊達臣人(5) (ニチブンコミックス)
真!! 男塾(2) (ニチブンコミックス)      真!!男塾 2 Kindle版
男塾外伝 伊達臣人(5) (ニチブンコミックス)    男塾外伝 伊達臣人 5 Kindle版