boku190610.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問114
季節は12月になってました。街はクリスマスムードに包まれ、センター試験まで一ヶ月切ったとのこと。2020年のセンター試験を調べたら1月18・19日なので、1月20~23日辺りの出来事だと推測します。

今日は全員が緒方うどん店で お勉強。緒方さんはシーズンなことから、店の宣伝も兼ねてサンタのコスをしてます。古橋さんと うるかは興味無かったけれど、唯我が緒方さんのサンタ姿に恥ずかしがってるのを見て急遽着たのが上の画像。うるかはわかるけど、古橋さんもこういうことしちゃうんだ。

これを見て感謝したのが緒方さんの親父。古橋さんは去年・一昨年も同じように店の宣伝をやってくれたらしい。
boku190610-.jpg
そこで二人がいつ知り合ったか訊いてみたら高1の春の学園長室とのこと。ここで早くも教育係をつけるという話があったようだ。何か唐突に基本設定に関わる会話が出てきました。ここでの話は後の伏線という格好になりそうな予感!?

この後、緒方さんを掘り下げる出来事が続きます。
boku190610-1.jpg
・サンタコスの糸がほつれて服の面積がだんだん小さくなっていく!
・このサンタコスを作ったのは祖母。だいぶ前に作ったものを緒方さんがムリヤリ補修して使ってるとのこと
・祖母は器用な人だったらしく、緒方さん用のオリジナルのボードゲームをいくつも作った模様。ボードゲーム好きな理由はこれか
・「成幸さんと2人きりになりたかった」と、先輩のようなウソをつけるようになっていた! これは「人の心がわからない」としていた初期と比べたら随分と進歩したものだ

二階から一階に戻ったら、息抜きとして うるかと古橋さんがサンタコスで店の宣伝をしてました。
boku190610-2.jpg
そこになぜか居た関城さん! 例によって緒方さんへのストーカー行為で"サンタコスになった方がいい"と知ったんでしょうよ。この人はそういう所が無ければ そこそこモテると思うんだがなぁ。がっかり美人に収まってるのが残念でなりません。
boku190610-3.jpg
最後になって「私は私が嫌い」だと、意味不明な言葉を残して幕。これは過去話が出てきそうだね。
ぼくたちは勉強ができない 14 アニメBD同梱版 (ジャンプコミックス) ぼくたちは勉強ができない 12 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 14 アニメBD同梱版 (ジャンプコミックス) 11月1日発売
*問48~50の、先輩&先生の水着回のOVAが付いてます
ぼくたちは勉強ができない 12 (ジャンプコミックス)
スポンサーサイト
boku190603.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問113
朝の番組の占いで『今日はてんびん座のA型』が絶好調とのこと。これに当てはまるのが古橋さん。おぉ、当作品のキャラは生年月日や血液型が未公表だったのに、古橋さんは「9/23~10/23」の生まれのA型だというのが一気に分かってしまいました。
無論 あまり気にしないようにするけれど、周囲の環境がそれを許すわけがありません。漫画だけに。
boku190603-.jpg
昼食で おにぎりを落としそうになった際に唯我が拾って『あ~んしてくれた』り、『あごクイされた』りと、占い通りの現象が起きました。そんなバカなと思うものの、この現象はまだ続きます。放課後のファミレスにおいて唯我が『甘い言葉をささやいてくれた』り、
boku190603-1.jpg
水がこぼれて頭が濡れたところを『やさしくなでなで(拭いて)くれた』りと、またしても占い通りの結果に。ここまで来たらさすがに「本物」だと認めざるを得ません。ならば残るは「0時まで2人っきりでドライブデート」と「密室で体を寄せ合って 次第にあなたも積極的に」の二つだけ。さすがにこのままではヤバイということで逃げるも、律儀な唯我がそれを許しません。追いかけてきたところで緒方さんと うるかに遭遇してしまい、咄嗟にトラックの荷台の中へ。
boku190603-2.jpg
となったら閉じ込められてどこかに移動するのは自明の理! このまま「0時まで2人っきりでドライブ」するのは決定的だろうか。狭い荷台の中の唯我と古橋さん。いつしか寒いことを理由に寄り添ったことで「密室で体を寄せ合って 次第にあなたも積極的に」までもが的中してしまいました。なるようにしかならない──もうどうでもいい気持ちになったところで荷台の扉が開いて顔を見せたのは零侍さん!? え?どういうこと? なぜ古橋さんの家の前で止まってるの??

何てことはない。このトラックは古橋零侍さん宛ての荷物を届けに来ただけのこと。
boku190603-3.jpg
しかも「0時までドライブ」ではなく「零侍までドライブ」だったというオチでした。なんだそりゃー! つーか、娘と仲良くなりたくて占いの本を多数買うなんて、けっこう茶目っ気あるじゃん。当初のキツイ性格からしたら、かなり柔らかくなって好印象です。
ぼくたちは勉強ができない 14 アニメBD同梱版 (ジャンプコミックス) ぼくたちは勉強ができない 12 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 14 アニメBD同梱版 (ジャンプコミックス) 11月1日発売
*問48~50の、先輩&先生の水着回のOVAが付いてます
ぼくたちは勉強ができない 12 (ジャンプコミックス) 6月4日発売
boku190527.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問112
当漫画において現在は11月か12月ごろ。寒い日には激辛ラーメンだと、学校帰りに うるかと海・川コンビはラーメン店に立ち寄った。その影響で汗が止まらなくなります。今から唯我の家で勉強するというのに!
私の住んでる愛知県で辛いラーメンといったら台湾ラーメン。その発祥の店である「味仙(みせん)」で台湾ラーメンを何度も食べたことがあります。体調がいいと何でもないけど、悪いとムセて食べられないんですよ。やはり最初から台湾ラーメンのアメリカン(辛さ控え目という意味)で注文しておくべきかな。

そして唯我の家ではコートを脱がずにそのまま勉強。「寒くて」と言うものの、実際には汗でブラウスがヌレヌレでスケスケ状態だから隠すためにしているのです。しかもコートを着っぱなしだから余計に汗をかいてしまうという、悪循環もはなはだしい。素直に言えばいいものの、嫌われたくないという理由で言い出せないとは乙女だね。
boku190527-.jpg
寒いと言われちゃ唯我だって気を遣います。熱々のしょうがハチミツ湯を提供したらマフラーを追加した うるか。今度は顔から汗が出て来たので隠すための行為なんだけど、これで唯我の勘違いは益々ヒートアップ!
boku190527-1.jpg
ストーブに湯たんぽを追加して うるかの寒さを吹き飛ばそうとするけれど、これによる汗の増加を画す為に うるかは更に身を固める。もうひたすら悪循環、負の連鎖状態で部屋の中はほとんどサウナ部屋と化しました。

さすがにもう無理! 「脱いで布団に行こう」と唯我は誘う。え? いきなり!? いえいえ、これだけやって寒いとするのだから体調が悪いと思っての発言です。恥ずかしがる うるかですが、うるかとしても暑くて何も考えられない。
boku190527-2.jpg
堪りかねて脱いだところで水希が帰宅。タイミングがバッチリすぎて怖いぐらいだ。何でお兄ちゃんの目の前で武元先輩がぬいでるの??
boku190527-3.jpg
魂を放出して三途の川が見えたとか見えなかったとか。これがきっかけでようやく真実を話す うるか。やはり人と会う前にはニンニクと激辛はやめた方がいいってことね。
ぼくたちは勉強ができない 14 アニメBD同梱版 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 14 アニメBD同梱版 (ジャンプコミックス) 11月1日発売
*問48~50の、先輩&先生の水着回のOVAが付いてます
ぼくたちは勉強ができない 12 (ジャンプコミックス) 6月4日発売
boku190520.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問111
駅でバッタリ出会った唯我と先生。唯我は予備校帰りに対して、先生は新しいアパートの内見に行くんだそうだ。その部屋の詳細を見せてもらったら、駅に近いのにたったの2万!? しかも最上階の角部屋という好条件。更に「何があっても自己責任で」って…怪しい! 怪しすぎる! こりゃ事故物件住みます芸人の松原タニシの出番だぜ。
けれど全く気にしてない先生を見かねて唯我も付いていくことにしました。
boku190520-.jpg
そしたら案の定、心霊現象が出るわ出るわ。最上階なのに上から子供の遊び声が聞こえるわ、クローゼットが勝手に開閉するわ、洗面所の鏡に不気味な手形がついてるわ、誰の目にも不審なのは明らかだ。でも現実的な先生はこれを心霊現象とは感じないんだよなー。木を見て森を見ずと言いますか、最初から幽霊という不確かなものを信じてないから心霊現象だと思わないんです。
けれど唯我にとってはたまったものでありません。怖くて先生にしがみついた。
boku190520-1.jpg
そしたら先生は「最低限! ちゃんと卒…ツ」 え? 卒業したら抱きしめてもいいんですか!? だったらするする! 先生を抱きしめられるんだったら何度でも卒業しちゃいますよ!
実はこれらの現象は隣に住んでる女の子のイタズラでした。
boku190520-2.jpg
みんなが驚いて帰っていくのが面白くてやってたんだって。何て人騒がせだこと。ともかく先生はここが気に入ったようで契約すべく不動産屋に戻りました。
boku190520-3.jpg
そしたら隣の部屋は永い間、誰も入ってないそうだ。そんな感じの病気がちな娘さんは居たけれど、もう15年ぐらい前の話だそうです。これを聞いてさすがの先生も借りることを考え直しました。でも先生だったら女の子とけっこういい付き合いが出来たりして!?
ぼくたちは勉強ができない 14 アニメBD同梱版 (ジャンプコミックス)
ぼくたちは勉強ができない 14 アニメBD同梱版 (ジャンプコミックス) 11月1日発売
*問48~50の、先輩&先生の水着回のOVAが付いてます
ぼくたちは勉強ができない 12 (ジャンプコミックス) 6月4日発売
boku190513.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問110
唯我は先輩をお姫様だっこをして診療所のベッドの上へ。え? 今から始めちゃうの? どうせ親父は扉の外で耳をそばだててるに違いないけど、それはそれでかえって興奮するというものだ。と思ったらやっぱ違った。子供の頃にここで寝るのが好きだったということで、運んだというオチ。ええ、そりゃわかってましたよ。どうせこんなことだろうとね。

とはいえここが「診療所を継ぎたい」と思うようになった原点には変わりない。先輩は語る。患者の笑顔が好きだった。笑顔で帰っていくのが誇らしくて、親父のバトンを私が繋いでこの診療所の笑顔を守りたいと思っていたのに…
と聞いたところで これは先輩の母親の かすみさんにそっくりだと、唯我は昨日聞いた話を説明し始めた。

かすみさんが海外で活躍するのは患者のため。海外に私を待ってる患者がいる限り、宗二朗ちゃんのバトンを私が繋いで代わりに皆を笑顔にしていくのが夢なんだそうだ。
boku190513-.jpg
私はいつでも宗二朗ちゃんと小美浪診療所をやってるつもり。大切なのは場所じゃなくて心だということです。
それを踏まえて唯我は熱く語る。この診療所がなくなっても先輩の夢は終わらない!
boku190513-1.jpg
先輩は必ず立派な医者になるっ! 場所なんてどこでもいい、先輩が居ればそこが新しい小美浪診療所になるんだと!
これを聞いて泣き出してしまう先輩。ここでこそキスで返礼してもいいんですよ? セ・ン・パ・イ!
ちなみにこの様子をやはり扉の外から聞いていた親父と かすみさんだったとさ。また子作りの場面を聞き逃してしまいましたね。
boku190513-2.jpg
翌日、診療所の扉に「閉院のお知らせ」を貼りだした先輩。けれど親父が「土日のみの営業」へと書き直します。話を聞いて先輩が医者になるまでは続けようと思ったのでしょう。これによって再び医者を目指すことにした先輩。今年こそは「サクラサク」の結果になって欲しいね。
ぼくたちは勉強ができない 12 (ジャンプコミックス) 6月4日発売
boku190429.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問109
冒頭は十余年前の診療所の思い出から。まだ若かった宗二朗は患者の親身になって治療しており、そんな父親を誇らしげに見つめていた先輩。母親の かすみさんは海外で待っている患者のために別の道を歩むことになるけれど(離婚したのではなく、「互いに成すべきことを成すだけ」という協議した上での別離です)先輩はちっとも寂しくなんかありません。
boku190429-.jpg
なぜならこの診療所は私が守るから!
こんな小さなころから診療所を継ぐつもりだったのね。
そして現在、先輩はメイド喫茶の女医イベントにおいて"患者を診る"という名目でのお医者さんごっこをしてます。前回 唯我が言ったお医者さんごっことはこれを意味してたのか!
boku190429-1.jpg
この席において患者(客)の体調を当てまくり、「あしゅみっくミラクル」なんて言われてるよー! まぁ常連客だからこそ普段との違いがわかるってことでしょうね。感謝されたことに思い出したのが冒頭のシーン。
boku190429-2.jpg
やはり先輩にとってはこの診療所こそが世界の全てであり、ここを無くしては意味がない。だからハンパな気持ちで医大に受験などできないとして勉強はもう止めると告げるのでした。
そしたら唯我は思い立ったように先輩を お姫様だっこしたよ!?
boku190429-3.jpg
そして診療代にベッドイン! え?いまから何が始まるんです!? 本気のお医者さんごっこを始めるってことで、期待する人は挙手願いまーす!
boku190422.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問108
小美浪診療所が廃業する──今まで家を継ぐために勉強してきたというのに、突然の廃業を聞かされてショックの先輩。ゼミに来ても 上の空で、テキストどころか筆記用具すら忘れてきちゃったよ!?
明らかに様子のおかしい先輩に唯我は話し掛けるも、例によってはぐらかされます。バイトに行くと言って別れたところ、バイト仲間からは今日は店が休みと聞かされて 何か訳ありだと察知。
boku190422-.jpg
唯我は雨に打たれてる先輩を保護。そこで聞かされた廃業のこと。父親は患者のことを考えて納得した上での結論だから、今から考え直すことは困難だろう。先輩は明るく振る舞うけれど、心中を察した唯我は先輩の頭を撫でてみた。一人で泣いてるみたいだったからと。
boku190422-2.jpg
そしたら涙腺が崩壊。常に強がって心を見せなかった先輩だけど、さすがにこの寂しさには耐えきれなかったみたい。でも初めて先輩の本当の気持ちを知った気がする場面ですね。
その後、雨が降り止むまで二人は一緒に居たようで、診療所に戻る頃には口止めをしっかり忘れません。うん、いつもの先輩に戻ったようだ。でもその姿を母親の かすみさんに見られちゃったけどね。
boku190422-3.jpg
かすみさんは海外のいくつかの病院でボランティア執刀医をしてるとのこと。その名称はともかく、唯我は何か思いついたようで「どうして海外に?」と訊いてみた… これが父親ないし先輩の助言になる前振りなんでしょう。たぶん。
boku190422-4.jpg
そして翌日。メイド喫茶・ハイステージではナース服イベントが開催です。そこで唯我は「お医者さんごっこをしましょう」とシュールな一言。まぁこれが先ほどの答えだろう。本気で言ってるかもしれんが(笑)

お知らせしたいことがあります。
先週から会社の残業時間が増えて更新を休むことがありました。連休前の今週は更に残業が増えることから、更新ができない可能性が高いことをお伝えします。まぁ連休に入ったら入ったで今度は新刊が出ないので、これまた休むかもしれませんがね(笑)