boku200706.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問165
うるかが唯我に告白しようとする現場に居合わせ、逃げ出した古橋さん。足がほぼ治っていたことがバレて気まずいまま、雪山の卒業旅行となりました。あ~女の子別にストーリーが変わってるとはいえ卒業旅行はそのままなんだな。
boku200706-.jpg
唯我の運動オンチは相変わらずでスキーでコケたところに うるかが声をかける。そのやりとりから告白を受け入れたと感じた古橋さんは、切ない気持ちを切り替えるためにも この卒業旅行を楽しいものにしようと思うのでありました。
スキーで気分を紛らわそうとしても、心の片隅にはやはり唯我が。そこに唯我が近づいて来たよ!? 元気がないのを不審に思ったそうだけど、古橋さんにとっては関わりたくありません。逃げては追う展開になってエリア外へ。更に雪が吹雪いてきたから遭難みたいな格好になっちゃいました。
boku200706-1.jpg
運良く備蓄小屋に辿り着いた二人。幸いメールが打てたので連絡できたのはいいけれど、小屋には一枚の毛布に小さなストーブ。これじゃ二人で毛布にくるまうしかないじゃん。当然気まずくなるものの、二人は夏祭りの夜に姉弟の設定で民宿に泊まった経験があるから今さらな気がしないでもありません。

そこで唯我は思いがけない?相談をします。それは最近になってある人のことがどうにも気になってるということ。あぁそれは うるかちゃんのことだなと察して「それは恋なんだよ」と告げます。古橋さんからすれば『私の口から言わせないでよ』なんて気持ちが少なからずあったかもしれません。
しかしそれは勘違い。唯我は うるかに告白されて「ごめんなさい」をしていたのです。他に気になってる人がいることを 告げて うるかとは何の関係もないのです。
boku200706-3.jpg
じゃあその「気になってる人」が誰かというと…言うまでもありません。二人の気持ちは繋がっていながら切れている(と思ってる)ことに、読者は少なからず苛立ちを覚えますよ!
スポンサーサイト



boku200629.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問164
二回目の最下位掲載…もうヤバイとしか思えないのですが。やっぱキャラ目当ての人はそのキャラがメインの話を読みたいのであって、そうでない話は疎遠になるのもしょうがないか。下手したらweb連載に回されるかもしれないね。

二次試験から合格報告までを4ページで駆け抜ける! ここまで来たら勉強うんぬんよりも恋愛重視だから、勉強はさっさと終わらせるのが得策だ。古橋さんの足の怪我はだいぶ良くなりました。いや、本当はほぼ治ってるのだけど、唯我と一緒にいたいがために嘘をついてる状態。だから後ろめたい気持ちがある中、唯我との接点を失いたくない気持ちもあって心は揺れる。
boku200629-.jpg
だからいっそのこと「あなたが好き」「世界中で誰よりも」と言えたのならどれだけスッキリするだろう。
唯我の父親の話になって父親を追いかけたいと思っているそうだが、古橋さんにとっては唯我が自慢の先生なので「お父さんはお父さん 成幸くんは成幸くんでいい」と告げる。更に「成幸くん「が」いいんだよ」と、気持ちを打ち明けた。この言葉が響いたようで「これからも よかったら色々相談に…」と、よもやの急接近のサイン。
そこに うるかが来ちゃった!
受験が終わったら告白すると聞かされた、その瞬間に遭遇しちゃいます。
boku200629-2.jpg
一気に現実に引き戻されてしまいます。友人が好きな人を好きになるわけにはいかない。怪我してる足を二の次にして足早にその場から離れるしかありませんでした。
boku200629-3.jpg
足がよくなってることがバレたこと、何より唯我の気持ちが遠ざかることに涙せずにいられません。もっとも古橋さんルートであるからにはここから結ばれるわけで、過去最高の逆転勝利ぶりを思い切り見せて欲しいわ!
boku200622.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問163
冒頭は小美浪診療所で足を診てもらってる古橋さん。病院じゃなくここで診てもらってたのか。経過は良好のようであと1~2週でギブスが取れるらしい。それはそうと今日はバレンタイン。昨日作ったチョコをどうしようかと思案する中、緒方さんと うるかは↑のように率先して唯我に渡します。やはり「義理」を前面に押し出す格好になっちゃうよねー。
boku200622-.jpg
だったら私も渡そうかなーと思うのも自然の成り行き。けれど うるかから「やっと好きな人にチョコ渡せたの」とLineを貰っちゃったら背徳感が勝って渡せないじゃーん。結局「お父さんへのチョコ」と誤魔化すのでした。
帰り道、行き先を失ったチョコをどうしようかと迷う古橋さん。川に投げ捨てようかと思うけれど躊躇します。が、突風によって川に落ちちゃったよ! どうする 拾う!? 迷ってたら唯我が躊躇なく川に入って拾ってくれました。
boku200622-1.jpg
古橋さんの家に向かう途中で偶然目撃して拾ってくれた模様。父親への大事なチョコだからと迷うことなく川に入ったと聞いては抱きしめずにいられませんでした。
boku200622-2.jpg
ようやく唯我へのチョコだったと正直に話すことができました。もちろん「義理」を後付けにして。料理下手な古橋さんだからチョコは硬くてまともに食べられないシロモノ。けれど唯我は硬いのを無理して、出血しながら食べてくれたことに古橋さんの想いは ますます上昇しちゃいます。
とはいえ傷が治ったらこういう日々から遠ざかることだろう。「まだしばらくかかるみたい」と嘘をつくのはせめてものわがままでした。
boku200615.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問162
掲載位置が初の巻末になっちゃったよ! でも来週はセンターカラーってことは人気が落ちたってことじゃないよね!? 最後の桐須先生編まで確実に続いて欲しいわ、いやホント。

二次試験の前にあるのはバレンタインデー。受験の息抜きにと三人でチョコを作ることになりました。ここでファーストシーズンと違うのは作る場所が緒方さんちじゃなく古橋さんちということ。そりゃヒロインによってストーリーが枝分かれするのは当然か。
でも家に唯我がいたんじゃ絶対ダメ。勘違いされるに決まってるから、今日は来なくていいと後で連絡しなきゃ。
boku200615-.jpg
    既にいたーー!!
え? 玄関開けたら入ってたってどういうこと? 何でも父親と親しくなって、隠してある合鍵の場所を教えてもらったとか。いやそれはもう早く孫の顔を見たいからの「侵入OK」ってことでしょうよ。もちろん別の意味での「侵入」を指してるけどな!
けれど古橋さんにとっては後ろめたさが先行して歓迎なんてとてもとても… すぐさま出て行ってもらおうとするも、二人がもう来ちゃったからにはもう遅い! 唯我は訳の分からないまま隠れることになりました。でもそこはコタツの中、暑くてたまりませんわ。
boku200615-1.jpg
唯我はコソコソせずに堂々と事情を話せばいいとするも、背徳感を感じてる古橋さんはそんなの絶対認めません。つーか、唯我もそこんとこ少しは察しろよ!
boku200615-2.jpg
だから二人がコタツに入ってきたらこうなるのはやむを得ないか。唯我にとっちゃパンツを見れる機会なわけで、暑いのを我慢さえすれば案外天国かもしれない!?
ガールズトークにおいて うるかは受験が終わったら好きな人に告白すると宣言。これに耳が痛い古橋さんはますます背徳感にさいなまれることに。自分が告白したら二人を傷つけることになるけど、それでも私は好きなわけで… 唯我と二人でいられる期間はもうすぐ終わる。それまでにどう決着つけるんだろう?
boku200601.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問160
今回から古橋さん主役の「文学の森の眠り姫編」になります。冒頭の「また寝ちゃったのか 古橋…」「起きてる」の部分は問89から。全く同じ構図ですからコミックスを持ってる人は11巻でお確かめください。古橋さんが唯我を好きと自覚したのは"一巡目の世界"ではもっと後だけれど、文化祭の花火のジンクスを体験した現在では もうこの時から好きだったわけね。そのためか古橋さん視点での唯我がイケメン化してます。

1月のセンター試験当日の朝、古橋さんは着替え中なのに考えるのは唯我のこと。今回読んでてかなりの妄想癖になってますな。だから家を早く出て、遠回りなのに唯我と一緒に行こうとするのも当然の成り行きか。唯我成幸なだけに。
けれどここからは問127の再現。犬を助けようとしたことで唯我が階段から転げ落ちそうになって…
boku200601-.jpg
でもそれを助けたのは古橋さんでした。"一巡目の世界"では唯我が落ちたところを、古橋さんが身代わりとなって助けたのです。これにより やはり唯我と同じく重度の捻挫を負うのは致し方ないところか。でも重度とはいえ捻挫で助かったよ。もし骨折だったら受験そのものができなかった可能性あるしね。
boku200601-2.jpg
後日、唯我は怪我をさせた詫びとして 古橋さんをしばらくサポートしたいと訪れた。古橋さんは驚くものの、一緒にいられるなら勉強を教えて貰い放題だし、それ以外のこともし放題だから別にいいじゃん! 父親の零侍さんだって「くれぐれも間違いはおかすなよ くれぐれも」と、ダチョウ倶楽部の「絶対に押すなよ 絶対だぞ」的なこと言ってるのだから公認だろうよ。早く孫の顔を見せてやろうぜ。
boku200601-3.jpg
お前の足が治るまで俺がずっと支えてやると言われたことに「はい」と返答してしまう。ここでも ひとりノリツッコミをしてしまうとは今回の古橋さんはコミカル面多めになってますな。

ぼくたちは勉強ができない 17 (ジャンプコミックスDIGITAL) 6月4日発売
boku200525.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問159
案の定、今回で緒方さん編完結となりました。一キャラにつき全9話で構成するのが確定です。
互いに好きであることを確かめた唯我と緒方さん。改まって父親に交際してることを報告デス。さぞ お怒りかと思いきや、意外にも「そうか」の一言。高校の頃から唯我のことばかりを見ていたことを知っていたらしく、むしろこういう機会を待っていたかもしれません。唯我は真剣に告げる。
はい 必ず幸せにします!
え?それって交際どころか結婚の挨拶になってねーか!?
boku200525-.jpg
それを見ていた みさおちゃんは関城さんに報告。いつの間にか みさおちゃんの存在は関城さんと緒方さんに知られてました。特に緒方さんから「一緒にゲームをして遊びませんか!?」と言われたことが嬉しかったらしく涙します。両親と別れて長い間、みさおちゃんの友達と言える存在は人形のフランソワだけ。一緒に笑ってくれる友達ができたことが相当嬉しかったみたいだね。

その後、唯我と緒方さんは公園でゲームを始めます。それは問2で、同じ場所で遊んだボードゲームのニムト。緒方さんが勝ったら褒美をあげるという約束で始めたところ…勝っちゃったよ! もっとも19敗1勝という結果ながら、勝ちは勝ち。以前は一度も勝てなかったのだから強くなったんでしょうね。
で、そのご褒美はキスの催促でした。
boku200525-1.jpg
ならばするしかないやん!
つーか、火が点いたら止まらない性格の唯我だったのね。何度も何度もしちゃうとは、これまでの想いが爆発したのだろう。ともかく「ごちそうさま」と読者は言うべきだね。
boku200525-2.jpg
ハッピーエンドを迎えようとする中、寂しかったのは みさおちゃんの失踪。いや、成仏だろう。友達ができて一緒に遊べたことで思い残すことが無くなったんじゃないかな。
boku200525-3.jpg
そして最後に幸せそうな二人。今回の緒方さん編は関城さんと みさおちゃんのおかげでストーリーが進行した気がします。来週からの古橋さん編はさて どうなりますか!
ぼくたちは勉強ができない 17 (ジャンプコミックスDIGITAL) 6月4日発売
boku200518.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問158
関城さんの一件が落着。改めて家族で今後のことについて話し合うらしく、しばらく実家に戻るそうだ。てことは部屋には緒方さん一人だけ。ならばこのチャンスを活かしなさいと唯我に告げるのは当然か!? ちなみに みさおちゃんも関城さんにくっついて外出することからホントに一人だけです。
そう言われちゃ気にしない方が無理というもの。ただでさえ部屋のクーラーが故障して暑いというのに、ほてった身体に薄着のワンピース姿を見せられちゃ余計に熱く(暑く)なっちゃいますよ。このままじゃマズイ! クールダウンするために散歩することにしました。

そしたら卒業以来、桐須先生と久々の再会です。
boku200518-.jpg
なんか雰囲気 変わった? 「当たり前だった日々が無性に輝かしく思える」とはフィギュア一辺倒だった学生時代を少なからず反省してるのでしょう。つーか、春になって先生を辞めてコーチになったんじゃなかったっけ?
まぁあれは緒方さんルートになって歴史が変わった。問100~103の、唯我とスケートをするイベントが起きなかったからコーチにはならなかったと解釈します。(となると親とは依然としてバツが悪い関係のままってことになるね)

4・5ヶ月ぶりに校舎を見回る二人。感傷的になってる中、緒方さんが階段で足を滑らせて唯我がキャッチします。
boku200518-1.jpg
これは問14であった、学習強化合宿でのハプニングキスを彷彿とさせます。さすがにキスまではしなかったようですが…離れたと思わせての引き寄せてキス!
boku200518-2.jpg
ようやく二人の気持ちが通じたね!
緒方さん編を1巻完結の全9話とするなら次回で最終回となります(コミックスは1巻につき9話収録)。何年か経っており、唯我はうどん店の主人になってても私は構いませんよー。
  6月4日発売