boku181210.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問91
今回は久しぶりの緒方さん回。どれぐらいぶりと調べてみれば、唯我とオープンキャンバスに行った問81以来 10話ぶりじゃないですか。ここで会った熱血教授が古橋さんの父親だったとはね。

その前に前回の続きの うるかから。キスされた上に海外留学と聞かされて動揺する唯我。とりあえず やったじゃないかと褒めたことに「もう迷うのやめた」「一番になりたい」と、うるかは気丈に答えます。上の画像では水泳を頑張るから ずっとちゃんと見ててねと、留学後に浮気をするなよと 遠回りにクギを刺してますよ?
boku181210-.jpg
翌日、練習と称してキスしたことを海原・川瀬コンビに話したら「フツーほっぺとかでしょ」と、唇にはしないと告げられて猛烈に恥ずかしがります。わかる! 私も人には言えない恥ずかしいことをやらかしたらゴロゴロ転げ回りたくなりますから。
ともかくキスしたことで一歩前進したことには違いないと、二人から祝福される うるかでした。

そしてここは緒方うどん店。緒方さんと二人で勉強中の唯我ですが、キスされたことが頭から離れず集中できません。そこで緒方さんが取り出したのはヒモに通した5円玉(50円玉?)。息抜きとして心理学の本を読んでいることから、催眠療法を会得したらしい。けれどホントにかかるとは思えな──ってかかってるやん! そこで知った唯我の本音。古橋も うるかも 緒方もみんなすごい。やりたいことをしっかり持って、毎日懸命に努力している。けれど俺には何もない…
boku181210-2.jpg
いや、やりたいことはあるけどいろんな人に迷惑がかかってしまう。だから甘えるわけにはいかないと、催眠中でも自分に厳しい唯我。頑なに甘えようとしないことに緒方さんは「じゃあ一度 私に甘えてみればいいじゃないですか」と告げた後で…
boku181210-3.jpg
目が覚めたら布団の中。そして緒方さんが脱いでるんですけど!?
今から何が始まろうとしてるんだろう??
これは見届けなければならないね。うん。
スポンサーサイト
boku181203.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問90
古橋親子の一件が終了。唯我たちのごく普通の日常が戻ってき…ません。なぜなら今回、うるかが大きな一歩を踏み出すからだ。依然として進展の無い うるかに、海原・川瀬コンビが耐えきれなくなって積極介入。あんたの海外留学の話なんてとっくに知ってるよ! 唯我君との関係はこのままでいいの?

煮え切らない態度に業を煮やした二人は うるかのブラを人質に、唯我との仲を縮める秘策? を伝授。それは「わざと溺れて人工呼吸大作戦」。わざと溺れるフリをして唯我に助けを求める うるか。助けてもらって人工呼吸をしてもらおうという作戦だ。けれどこれは基本設定から間違ってました。
boku181203-.jpg
そもそも泳げなかった唯我です!
いや、ちょっとは泳げるようになったものの それ以来 泳いでなかったので元に戻っちゃいました。ってゆーか、泳げたところで溺れてる人を助けるのは素人には無理ってものでしょうよ。
うるかは逆に唯我を助けて人工呼吸をしようとするも、寸前で目を覚まして未遂に終わる。
boku181203-1.jpg
キスは出来ずに残念だったけれど、うるかにとっては唯我が無事だったことが何よりも良かったみたいだね。
その後、うるかが以前言っていた「好きな人」の話を投げかけるも「そんな人はいない」と、全部ウソだったと白状。ならば何故そのようなウソをついたのかーっと訊こうとした瞬間でした。
boku181203-2.jpg
突然の うるかからのキス。緒方さんとはアクシデントでしてしまったことはあるけど、これは間違いなく うるかの意思での行為です。中学生時代から想い続けた気持ちが遂に伝えられた瞬間と言えるでしょう。
boku181203-3.jpg
そして留学の件を伝えます。ボールは投げられた! そのボールをどう受け止めるのかは唯我次第でしょうね!
ぼくたちは勉強ができない 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)
ぼくたちは勉強ができない 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
ぼくたちは勉強ができない 9 (ジャンプコミックス)

それとアニメのPVが出来ました。唯我とメインヒロイン三人の声が聞けます。先生とあしゅみぃ先輩はまだですか?
boku181126.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問89
古橋さんの理系行きをどうしても認めようとしない父親の零侍さん。最終手段として持ち出したのは母親・静流さんのパソコンでした。古橋さんは「☆」マークのパスワードを解析したのです。いや、解析というより思い出と言った方がいいかな。詳しくは後に。

入っていたのは動画データ1つのみ。零侍さんが期待していた論文なんてありません。その動画が↑の画像。
ゴメンその1 ミレニアム懸賞の論文が入ってるなんてウソ! 難しいからムリ
ゴメンその2 私は天才じゃない! 高校まで数学の才能なんてゼロでした。
などと、零侍さんにとっては何とも期待外れな内容でした。悪く言えば買いかぶりし過ぎだったわけね。
boku181126-.jpg
今の古橋さんを元気づけたのは「好きなことを全力で 好きにやりなさい」という応援の言葉。これは零侍さんにも届いたハズです。それにしても「☆」マークのパスワードは何だったのか? それは古橋さんと静流さんの会話から生まれたものでした。
boku181126-1.jpg
もし新しい星を見つけたらどんな名前にしたい? と問われて古橋さんは「レイジ」と答えました。それは私もお母さんも一番好きな人の名前にしたいから…
うわー泣けてくるね。零侍さんが10年かかってもわからなかったパスワードが自分の名前だったなんて皮肉もいいところだ。

その後、古橋さんの三者面談に出席した零侍さん。進路は理系を認めたとのこと。静流さんから「好きにやりなさい」と言われては認めないわけにはいかないでしょう。ある意味 遺言ですしね。また家出の最中に零侍さんは唯我の母親と会って古橋さんを心配していた模様。
boku181126-2.jpg
あぁ、10年前にぶってしまったことを零侍さん自身も後悔していたのか。以来、娘とどう向き合えばいいのかわからなくなったっていうのは、古橋さん自身も同じこと。つまり何だ、二人して歩み寄るのを躊躇してしまったために10年間も冷えた生活を送っていたと。こりゃまた壮大なボタンの掛け違いでしたね。
boku181126-3.jpg
最後になって古橋さんと「どの段階までの関係」かと問われた唯我。こう切り出すということは仲を認めてるってことだな! だったらここは「最後までヤっちゃってます」と答えるべきだ! 男ならそうしろ、絶対にだ!

さて、12月4日にコミックス9巻が出ます。特定の店にて今回は あしゅみい先輩のブックカバーが付きますよ。その店は下記にてご確認ください。
『ぼくたちは勉強ができない』12月期特典配布書店一覧
ぼくたちは勉強ができない 9 (ジャンプコミックス) 12月4日発売
ぼくたちは勉強ができない 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
boku181119.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問88
夜10時前になって唯我から「デートしよう」と誘われた古橋さん。上のセンターカラーがデート先に向かっているところ。二人乗りじゃダメだろうと思うけれど、"道路を走ってる"ように見せてないからにはセーフでしょう。そういや「宙のまにまに」でもOPで二人乗りが問題になって、道路じゃないところを走ってるように変更したっけ。あれも天文の話だったからひょっとして意識して描いたのかな?

唯我が連れて来たところは星空をよく見渡せる場所でした。そこで星座を言いだしたことから驚く古橋さん。問39において旅館にお泊りした際、星空の話をしたことがきっかけで勉強したそうです。
boku181119-.jpg
古橋さんも負けじと専門的なことを語り出します。この漫画において今は10月頃だから10時を過ぎれば冬の星座の代表格であるオリオン座が出てくるハズ。私も以前は星座が好きで名古屋の科学館のプラネタリウムはそれなり行ってました。世界最大級となった現在のものになってからは一度しか行ってないけどね。

目を輝かせて話す古橋さんに唯我は「そういう話… 親父さんとは?」と訊いてみた。してないし 聞くわけがないと最初から諦めている模様に、「ちょっとだけ頑張ってみないか」と励まします。心から楽しそうに話している姿を見て俺は興味を持った。だからその気持ちで伝えれば親父さんにも伝わるハズだ!
boku181119-1.jpg
手を取り「全力で応援してる」と言われて赤くなる古橋さんデス!
そうまで言われちゃやってみるっきゃない。帰宅して零侍さんと対峙します。当初はやはり気後れしてしまうも、唯我の言葉を思い出して奮い立つ。そして語り出す星の話。
boku181119-2.jpg
その熱意を込めた話を聞いて、亡くなった妻・静流さんの面影が重なります。ならばその気持ちは酌まなければなるまい。そうでないと静流さんまで否定することになるからだ。けれど根本的な、理系の道を歩むことまで認めるわけにはいかない! 才能に恵まれながら活かされないことは損失だからだ。
boku181119-3.jpg
そこで古橋さんが取り出したのは静流さんのPC。お母さんに聞くという。ってことはパスワードを解析したってこと!? 入っていたのは数学の事ではなく、家族に宛てたメッセージってところかな。
ぼくたちは勉強ができない 9 (ジャンプコミックス) 12月4日発売
boku181113.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問87
古橋さんと父親の零侍さんとの仲が悪くなったのは、10年前に母親の静流さんが亡くなってからとわかった前回。零侍さんに見つからないようキャビネットに隠れた二人ですが、そこで見つけたのは静流さんのノートパソコンでした。何でも「数学界に一石を投じる重大な論文データが入っている」として、触ることを禁止されていたものらしい。
boku181113-.jpg
電源を入れてみたら起動はしました。でも「☆」マークのフォルダはロックされており、あと1回のミスでデータは削除されるとのこと。零侍さんが何度か試したけどダメだったんでしょうね。何か展開が見えちゃったな。次回あたりでこのパスワードがわかり、中身を見て親子の確執が無くなるといった お話になりそうな気がする! 違ったにせよ、少なくとも数学界の論文じゃないと思うぞ。

翌日は休日。唯我が目を覚ましてみれば…
boku181113-1.jpg
割烹着な古橋さんカワイイ!
古橋さんが朝食を作ってました。昨夜 母親が、成幸以外の全員が朝から出かけるので二人で留守番してと頼まれたからです。けれどその朝食は見るも無残な有り様。「和洋中 なんてもござれと言ってたのウソなのォォ」と泣いて詫びますが、はいはい知ってましたよ。貴女が出来ないってことはちゃんとお見通しさっ! 
この後、掃除・洗濯をやるけど やはりダメ。まぁ何だ、メインヒロイン三人の中でダメダメっぷりは一番でしょ。
boku181113-2.jpg
そのお詫びってことで、風呂に入ってる唯我の背中を流してくれるそうです。家に寄った際、スク水まで持って来たのかよ。今の漫画内は9月末か10月ごろ。もう学校のプールはやってないと思うんだけど…は!? もしやこれは来年の夏ぐらいまで唯我の家に居候するつもりという意思表示なのか?

風呂で唯我は零侍さんの話をするけれど、頭にきているようで話す気になれないようだ。とゆーか、ろくに寝ないで勉強&炊事・洗濯をしていた影響で、背中を洗いながら寝てしまうとは大胆にもほどがあるぞ。これでは唯我に何をされても文句は言えないね。
この後、夜10時近くまで寝てしまった古橋さん。勉強をしないとと焦る姿を見た唯我は予想外な言葉を放ちます。
boku181113-3.jpg
デートのお誘いです。こんな時間のデートだなんていったい何をするつもりなんだ!?
boku181105.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問86
古橋さんが父親の零侍さんと口喧嘩! 家なんか出てってやると言ったところで唯我が助け船を出したことから、唯我の家に厄介することになりました。話を聞いた母親は俄然ノリ気。向こうの頭が冷えるまでいくらまでウチにいなさいと、嫌がるどころか勧めてます。けれど快く思ってない人物──妹の水希がいました。お兄ちゃん大好きっ子だけに、他の女性と一緒となるのは嫌に決まってます。
boku181105-.jpg
お湯がもったいない都合上、二人は一緒に お風呂に入ることに。胸の話を出すのは姑のイビリそのものですな。そういや以前、問78の誕生日プレゼントで誤って妹のブラを贈ってしまい、パットが必要だったってあったなぁ。
ぼくたちは勉強ができない 問78 誕生日プレゼントにブラを贈っちゃう唯我

兄を取られまいとする水希。それでいて古橋さんが「お兄さんとは そういう関係(恋人)にはならない」と言ったら「兄に魅力がないとでも!?」と怒り出すのだから どっちだよ!?と言いたくもなるよね。

その後、古橋さんは勉強している途中で母親のことを語り出す。名前は静流(しずる)さんと言い、数学者の中でも天才だったそうだ。けれど早くして亡くなり、零侍さんは「君なら世界を変えられた」「つまらん凡人が遺ってどうなる!?」と嘆き悲しみ、この一件↓が起きます。
boku181105-2.jpg
悲しんでる父親を喜ばせようと算数の宿題ができたことを見せるも、「お母さんみたいに」がシャクに触って ひっぱたいてしまった。以来、父親との関係が悪くなったということだ。
あ~この時点では古橋さんはまだ理系は大丈夫だったんだ。でもこれをきっかけに嫌いとなり、文系が得意になったんでしょうね。たぶん。
翌日、更衣室ではこのような↓出来事がありました。
boku181105-3.jpg
着替えが無かったものだから昨日と同じキャミソールだったことに気付かれてドキドキ。あのーこれ 私と世代が違うからでしょうか、A組と古橋さんとD組の うるかが合同で体育の授業ってあるの? それともクラスが多いから合同でやるってことなのかな? 私の場合、一緒にやったことが無いので、この感覚がわからないです。

これではダメだ。着替えが必要だと、父親が居ない時間を見計らって自宅に戻った古橋さんと 付き添いの唯我。ところが帰って来ちゃうんだねー。
boku181105-4.jpg
咄嗟にキャビネットの中に隠れた二人。でもこの状態で見つかった方がヤバイのでは? とゆーか、そもそも玄関に置いてあるだろう、二人の靴を見て家に居ることがバレてると違う? 矢口真里はこういう時にどうしただろうね。
boku181029.jpg
『週刊少年ジャンプ』連載、「ぼくたちは勉強ができない」の問85
三者面談においてVIP推薦の話になったら唯我は冷や汗だらだら。どうやら母親には話しをしてなかったのね。希望する学部を問われたら「一番就職に有利で、一番しっかり稼ぐ力がつく学部」とのこと。やはりお金優先になってしまうのは仕方ないか。この学部の中で稼げるといったら…やはり法学部に入って弁護士になるコースか?

緒方さんも面談が終わったのはいいものの、思いもしない人物につかまってました。
boku181029-.jpg
それは問81にてオープンキャンバスに行った際、緒方さんの数式の解き方に感銘した教授でした。文系ではなく理系の道へ進めと高校にまで説得に来たようです。
ぼくたちは勉強ができない 問81 緒方さんは皆と仲良くお出かけしたい
積極的なのはわかるけれど、人の進路に口を出すのは お節介というものだ。悪く言えば独善的。そんな教授を見た古橋さんは、思いもしないことを話し出します。
boku181029-1.jpg
まさかの古橋さんの父親でした!
あ~以前、威圧的で苦手にしているような話をしてましたが この行為を見て納得だわ。自分の思った通りに物事を進めなきゃ気に入らないのでしょう。それでも面談に来てくれて嬉しいとする古橋さん。けれど零侍は(この際、呼び捨てで結構!)面談のプリントを見ておらず、そもそも出るつもりもないと言う。
boku181029-2.jpg
更に まだ子供じみたこと言ってるのかと理系ではなく文系に行けとバッサリ。反論の余地さえ与えません。しかも「そんなことよりも」と、緒方さんの勧誘を続けます。これにはさすがに頭にきて 思いの丈をぶつけるも、零侍の意思は相変わらず。「お前のは夢とも言えん 出来ない者の曖昧な空想でしかないからな」と言ったことに今度は唯我がカチン。これは亡き父親に教えられた「できない奴をわかってやれる男になれ」との言葉に反するからだ。

怒った古橋さんは「家を出る」と言い出した。頼りになれる当ても無いのに。
boku181029-3.jpg
そこで唯我が同棲 ウチ来る宣言をしちゃいます
本当に来たら妹の水希が それこそ鬼の形相で姑のようにイビリまくるのは必至だ! 成り行きとはいえ古橋さんの動向が気になります。

さて、もうご存知でしょうがアニメの公式HPとツイッターか開設されてます。公式HPは まだほとんど何もありませんが おいおい追加されるでしょう。