gedou180221.jpg
『グランドジャンプ』連載、「そしてボクは外道マンになる」の第14話
100ページの読み切り作「ミスター★レディー」に、ミル・マルコビッチを模したミロ・マンコビッチという下ネタキャラを描いた平松。後に全日の試合を観に行った際、マルコビッチ本人が怒って首を絞められる破目に…
これ、本当はミル・マスカラスなんだけどあえて別名にしてます(そりゃそうだ)。ただし怒ったのは本当らしい(タイガー戸口 談)。もっとも首を絞めるまでには至らなかったようですがね。

そのことを美奈子さんの父親に話したら大笑い。最初に会ったときと違い、平松と同じくプロレス好きなことが共感を得たようだ。話し合ううちに平松を信用したようで「娘を頼む」と晴れて結婚の許可が下りました! よかったね。
その帰り道、高校の一学年上の先輩だったユキトウを見かける。全国4位の秀才ながらメガネをかけた青白い顔は印象的だったので覚えていたらしい。はて、どういう漢字なんだろう? ユキトウ 雪トウ 雪藤…
平松に突如、天啓ともいえるイメージが降りてきました。
gedou180221-.jpg
普段はおとなしい性格でありながら、いざとなったらメガネを外して鋭い視線を送るキャラ・雪藤ヨウジ。まだ「ブラック・エンジェルズ」のタイトルはおろか影・形さえ浮かんでない時期に、このキャラのイメージが浮かんだという。それがやがて大活躍するのだから、インスピレーションとは本当に気まぐれなものだ。

「リッキー台風」はアクションを派手にしても人気は中位のまま。やがて高橋陽一が「キャプテン翼」連載のためにアシスタントを辞め、入れ替わるように来たのが猿渡哲也でした。
gedou180221-1.jpg
手にしているスケッチプックには手の動きだけのデッサンがあった。その確かなデッサン力を見て、底知れない才能がうかがえた。そして将来 必ず怖いライバルになると思ったようだ。
遂に出ましたか! いや、1月14日にあった「平松伸二先生 トーク&サイン会」では出すことを聞いていたので 私としては「満を持して登場」って気持ちなんです。

そして三人目の新担当が来ました。
gedou180221-2.jpg
チャラチャラしていい加減な性格という真髄 栄加元(まずい ええかげん)。後に「ブラック・エンジェルズ」の担当になり、ある意味最高で最低の編集者だったという。
はい、この人は本当は松井栄元という人。「キン肉マン」や後に「聖闘士星矢」の担当もしました。この人についてもサイン会で話されていて、平松先生にとっては最低だったようです。
スポンサーサイト
gedou180207.jpg
『グランドジャンプ』連載、「そしてボクは外道マンになる」の第13話
『少年ジャンプ』1979年48号でドーベルマン刑事が終了。次回作に考えているのはプロレス漫画だと魔死利戸に告げる平松。「原作なしのオリジナルで!!」と強調したのは、以前の担当・権藤からキツイ言葉を言われたことに由来してます。
はい、それは5話でのことでしたね↓
そしてボクは外道マンになる オメエを漫画家として認めねえ!担当から辛い声

この当時、タイガーマスクはまだデビュー前だけれど既にプロレス熱は加熱中。新日は猪木が異種格闘技戦をやって、坂口・藤波がNo.2と3といったところ。全日ではテリー・ドリーのファンクス兄弟とブッチャーが"血の抗争"を繰り広げていた時期でした。よってプロレスものをやりたいと思うのはごく自然な流れと言えます。更に結婚に反対してる美奈子さんの父親もプロレス好きと知り、俄然やる気になって描いたのが「リッキー台風(タイフーン)」。主人公のリッキー大和は力道山をモデルにした力王岩の隠し子という設定。力道山が亡くなってまだ16・17年あたりの年だから、主人公にするに丁度いい年齢だったのでしょう。

こうしてドーベルマン刑事が終わってほぼ一か月後の1980年1号から早くも連載がスタートします。が、人気は中ぐらいに留まってしまう。これに魔死利戸は「何ンか違うんだよね」「もしかして楽してない!?」。
gedou180207-.jpg
魔死利戸の話はまだ続き、楽しんで描いちゃだめ。もっと苦しんで苦しんで、そのドロドロとした苦しみの中から"怒り"をエネルギーに漫画を描かなきゃと告げた。平松だって さすがにここまで言われちゃ黙ってられない。好きで入った漫画の世界で、オレは楽しんで描いちゃいけねえのかと反発。

そこで今度出る増刊にプロレスものを楽しんで描いて、成功させれば認めてくれるんだなということに。
gedou180207-1.jpg
魔死利戸はソレを100ページ描いてと条件を追加。驚く平松ですが売り言葉に買い言葉。100ページを楽しんで描いてアンケートの断トツ1位を獲ってやると言い返した。こうして描いたのが「ミスター★レディー」だったのですが…結果は良くなかったみたい。
結局、平松は楽しんで描いたつもりでも、魔死利戸への怒りのエネルギーが描かせていたのだと自覚するのでした。

その「ミスター★レディー」で描いた内容で ひと悶着。全日の最強タッグリーグ戦の決勝日にコンタロウや ゆでたまご らと控室に入れてもらった。漫画内にあるモノを描いていたことで、モデルとなったレスラーから仕打ちを受ける・・・
gedou180207-2.jpg
ちなみにこれはウソのようですが、失礼なものを描いたのは本当。実在する人にやっちゃダメだよねー。

尚、漫画内では「ミル・マルコビッチ」というレスラーですが、実際にはミル・マスカラスだった模様。話しかけてきた口ヒゲのレスラーはタイガー戸口(キム・ドク)に違いありません。念のため。
gedou180117.jpg
『グランドジャンプ』連載、「そしてボクは外道マンになる」の第12話
先の「平松伸二先生トーク&サイン会」において当漫画の今後の展望を聞かせていただきました。あの場に居た30名ほどだけが美奈子さんとこれからどうなるのかも知ってるんだよねー。もちろん書くわけにはいかないので知らないフリでレビューします。

改めて美奈子さんにプロポーズし、それを受け入れてくれたので平松は大喜び。美奈子さんの両親に挨拶に行くわけですが、父親は市役所勤めの公務員で相当な頑固者だという。ある程度の反対は予想していたものの、予想以上に厳しいことを言われて唇を噛むしかない平松。

そりゃ収入が不安定なだけに親が心配するのも当然っちゃ当然。まして70年代後期はまだ漫画家という職業が認知されてるとは言い難いし、自分が公務員という立場からすれば不安定な仕事としか思えないのだろうね。
gedou180117-.jpg
けれど平松だって負けてはいない。4年間の連載で蓄えた収入 約1億円の通帳を見せてアピール。どうやらそれがかえって癇に障ったようで、ますます反対されてしまいます。いったいどうすりゃいいんだよ…

そしたら衾(ふすま)が突然開いて入って来たのは平松の父ちゃん! いきなり平松をビンタですわ。金は見せびらかすものじゃないとのこと。…えーと、じゃあ人の家に勝手に入ってきたのはいいのでしょうか? と小一時間ほど問い詰めたいのですけど!
gedou180117-1.jpg
美奈子さんの父親の前で土下座する父ちゃん。これにはさすがに父親も低頭平身するしかなく、この場は丸く収まることに。平松は涙するのですが、それは父親に思いが伝わらなかった悔しさか、父親の愛情に対する感謝だったのか──

それから二ヶ月。平松はドーベルマン刑事の最終回を描き上げた。加納が結婚式に向かう途中、怨みを持つ者に撃たれてしまい重傷のまま式場で真っ白になるラストでした。私はジャンプ掲載時の記憶で知ってるよ。式場になぜかマジンガーZが居たりしてね。
gedou180117-2.jpg
その原稿を読み上げた後、平松を褒める魔死利戸。高校卒業して初の連載作で4年3ヵ月も続いたのだから今は自慢してもいいでしょう。その最終回はアンケート1位だったそうです。けれど既に新連載については決定してるハズ。だって5週後から「リッキー台風(タイフーン)」が始まるのですから(80年1号。ドーベルマン刑事最終回は79年48号)。ついでに言わせてもらうと80年5・6合併号から「Dr.スランプ」が始まります。魔死利戸はこっちで有名になるわけですね。
そしてボクは外道マンになる 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) そしてボクは外道マンになる 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
そしてボクは外道マンになる 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
そしてボクは外道マンになる 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
hiramatsu180114-2.jpg
名古屋・大須にある「漫画空間」での「平松伸二先生 トーク&サイン会」に行ってきました。トークは訊かれたことを全て答えてくれるぶっちゃけぶりで、「外道マン」では今後の展開までも教えてくれたのには優越感すら覚えることになりました。差し当たりないところでのトーク内容を書きますね。
・「どす恋ジゴロ」はアンケート結果もよく傑作だと思っているけど、コミックスが売れなかったのは残念
・「外道マン」にて担当が変わったのは事実
・「外道マン」最新話での高橋陽一先生の件。ネームを見せてもらったのは実際には「キャプテン翼」ではなく別のもの
 そしてボクは外道マンになる 新アシスタントに高橋陽一! 独創性に驚嘆す
・ヘビが本当に嫌いで、ブラック・エンジェルズや「外道マン」1話に登場したヘビはアシスタントに描いてもらった

トークの後はここ数年展開している漫画と書道を合体させた"漫書"の実演。書道は「段」以上の腕前だそうで、「外道マン」のタイトルロゴもご本人が書いたそうです。通販もしているので購入可能ですよ。高額と思われるでしょうが印刷ではなく全て直筆なので価値はあります。↓
  STAGE For life
hiramatsu180114-.jpg
先ずはタイトルから。下書きなしに一気に書きます
hiramatsu180114-1.jpg
さすがに絵は簡単な下書きをした後でペン入れ。真横に立たせていただいて、キャラの眼力は流石と思わせるほど迫力がありました
hiramatsu180114-7.jpg
下書きが終わったら色エンピツによる彩色。色がついて魂が入ったように感じられます。そして出来上がったものが一番上の画像というわけ
この時点で予定時間を超えてしまい、最後はコミックスへのサイン会。
hiramatsu180114-3.jpg
これまで石森章太郎先生とか目の前でサインをしてもらったことはあっても、絵の実演は初めてだったので貴重な体験となりました。これからもご活躍ください。
そしてボクは外道マンになる 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) そしてボクは外道マンになる 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
そしてボクは外道マンになる 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
そしてボクは外道マンになる 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
gedou180106.jpg
『グランドジャンプ』連載、「そしてボクは外道マンになる」の第11話
「ドーベルマン刑事」連載4年目の1979年の春。板橋のマンション最上階に引っ越しました。今までのアパートと比べて広くて快適…なのだけれど、平松のアシスタントに対する姿勢は厳しいものになっていた。今ではアシ全員が年下ということもあるだろうし、"一城の主"となった責任感からくるものだろうか? または外道マンの片鱗を見せ始めたのかもしれません。

その日、担当の魔死利戸が新しいアシスタントを連れて来た。将来が有望な新人は誰かのアシに付かせるのがジャンプの方針だからです。
gedou180106-.jpg
その人物とは高橋陽一。物静かで遠慮がちに話す印象で、それは今でも変わってないらしい。仕事ぶりは可もなく不可もなくといったところだけれど、本当のスゴさは絵の良し悪しではありませんでした。

アシになって一ヶ月もしないある日のこと。他のアシは全員寝ている中、一人だけ起きて連載用のネームを描いており、平松はそれを読ませてもらう。タイトルは「キャプテン翼」。最初は普通のスポ根ものかと思っていたところ、ある言葉に驚かされる。それは「ボールはともだち」。
gedou180106-1.jpg
「巨人の星」や「あしたのジョー」「タイガーマスク」など梶原一騎の原作漫画に熱狂した平松にとって、スポーツ漫画とは常に根性・努力・勝利の三拍子。そこに「ボールはともだち」という発想は全く無く、驚くしかなかったのだ。5歳年下でありながらそのような発想をしていたことに新しい漫画の到来を感じずにいられなかった──
gedou180106-2.jpg
事実「キャプテン翼」は国内外に広く知られることになり、この漫画・アニメを見てプロサッカー選手になった人は数知れず。それほど多大な影響を与える作品になりました。また私としてもプリンプリントで同人誌を刷ってた80年代後期、一番多く印刷したのがC翼でしたね。同人誌即売会初期の一大ジャンルでした。

その後、恋人の美奈子さんとの交際は続いているものの、結婚は親に反対されていると聞かされ鬱。
gedou180106-3.jpg
更に「ドーベルマン刑事」があと10週で終了と聞かされて…。終わったのが79年48号ですから、聞かされたのは38号頃。ってことは8月下旬か。80年1号から「リッキー台風(タイフーン)」の連載が始まるものの、連載期間は2年持ちませんでした。
gedou171219.jpg
『グランドジャンプ』に移籍連載となった「そしてボクは外道マンになる」の10話
今まで隔月発行だった『グランドジャンプPREMIUM』から、本誌である月刊の『グランドジャンプ』に移籍となりました。これにより毎月読めるわけですが、その分 仕事が忙しくなるのは当たり前。前回から出演するようになった外道マンは「集英社の悪口しか描かねぇオッサンが目障りだから 過労死させるつもりなんだぜ」と叫んでますよ。あ、この外道マンとは作者・平松伸二の心の闇を悪魔っぽく擬人化したものです。念のため。

外道マンは前回同様に気に入らないこと(編集長や担当への不満)について言いまくる。これはすなわち平松の本音となるわけですが、あくまで外道マンの叫びですから本人が言ったんじゃありませんよ。あぁそうともさ!
そして外道マンが出現する原因となったブラック・エンジェルズについて語り始めた。数々の巨悪を倒し続けてきたけれど、描いてるうちに平松の感情も黒く染まるようになった。
gedou171219-.jpg
そのドス黒いエネルギーが外道マンを生んだ。この漫画を続けたいなら早くブラック・エンジェルズ編に行くべきだ、伸二が今のいいヤツのままじゃ漫画は終わっちまうと諭すのだった…
とはいえ今はまだドーベルマン刑事を描いてる最中。もうしばらく待つことになりますね。

ドーベルマン刑事の連載も終盤となった1979年、マンションの抽選会で運良く最上階を引き当てた平松。将来、ここで美奈子さんと新婚生活ができたら…と思いを馳せる。そんなこともあってかこの頃の平松は調子に乗って浮かれていたらしい。
gedou171219-1.jpg
アシスタントたちに気合を入れて仕事をしろと怒鳴り散らし、自分もインクを落としてカリカリしてる。明らかにいつもと違います。美奈子さんも電話越しに平松の落ち着かない態度がわかったらしく「上の空のような気がするよ」と告げられた。ここでようやく自分が変になってることに気が付きます。オレが変? なぜなんだろう──

ふと自転車屋に飾ってあるロードバイクに目が留まり、なぜか輝いて見えたことから衝動的に購入。学生時代を思い出して走ってみます。
gedou171219-3.jpg
そのバイクに後に雪藤が乗ることになるわけですが、それまでまだ二年の年月を待たねばなりません。
gedou171024.jpg
『グランドジャンプPREMIUM』連載、「そしてボクは外道マンになる」の第9話
前号は復活読み切りの「ブラック・エンジェルズ」が掲載されたことから四カ月ぶりの掲載となります。この漫画は今まで「ドーベルマン刑事」連載中の若き平松伸二を描いてきたのですが、今回は冒頭から現在の平松が登場。何か病気をしているのでしょう、咳き込んで時おり吐血しながらもタバコを吸う悪循環。

そこに現れたのは悪魔? いえ、これが外道マンだそうだ。約36年前に描いた「ブラック・エンジェルズ」は心の闇を描いており、これを描いている最中に自分の分身として誕生したとのこと。言わば平松のダークサイドを形として表した存在だね。
外道マンは語り掛ける。この漫画、いつまで平松をいいヤツにしておくんだ? さっさとオレらみたいに外道マンにしちまおうぜと。この後も平松が内心思ってる? ことをズケズケと話し始めた。
・単行本が売れなきゃ連載は終わる。善人ぶったグランドジャンプ編集部の思うツボだ
・ヤツらは赤っ恥をかかせる為に連載をやらせてる。でなきゃ新連載一回目の雑誌の表紙に名前を載せないミスなどしない
・結局オッサンはGJ編集部、いや集英社に嫌われてる
さすがにハラワタが煮えくり返って怒鳴る平松。でもこれは本人の心の声であるので怒りのぶつけようがありません。せいぜい外道マンを睨みつけることぐらいです。
gedou171024-.jpg
この目を見て やっとオッサンらしいギラギラした眼つきになったと喜びます。「ブラック・エンジェルズ」を描いていた当時は終始この目をしていたそうで、それはまるで人殺しの目そのもの。そんな感情で机に向かっていたと思うと、アシスタントとは殺伐した関係だったかもしれませんね?
gedou171024-1.jpg
外道マンはこの後も挑発を繰り返してつぶやいた。悔しさや怒りを原稿にぶつけるんだな。そうしないと連載終了だ。とにかくいいヤツの平松じゃダメ。さっさと「ブラック・エンジェルズ編」に行って平松を外道マンにしろ! それでこそ本領を発揮できると。

で、時は遡って1978年。付き合ってる美奈子さんと遂にホテルで過ごします!
gedou171024-2.jpg
4ページぐらいあるけどこの程度で。彼女と念願の初エッチをしたのはいいけれど、処女じゃなかったことを知って少なからずショックする平松。人によるけどそんなにこだわるものかね? これを担当の魔死利戸に話したところ(話しちゃうのかよ)…
gedou171024-3.jpg
彼女の全部が好きというなら、過去もひっくるめて全部愛してあげなよと大人の対応。こういうところが有能な編集者の才能なんでしょう。たぶん。1979年となって今年も愛読者賞の10人の漫画家に選ばれた平松。今回は「ミスターレディー」を描いて2位へ! 1位は当時「ホールインワン」を描いていた金井たつお氏の「いずみちゃんSOS」。ちなみにこの読み切りが元になって翌80年から「いずみちゃんグラフティー」が始まるわけです。この当時のジャンプのエロはこれだったよなぁ~!

金井氏とは褒美のヨーロッパ旅行で意気投合。同じ歳ということもありお互いに くん同士で呼び合える数少ない漫画家仲間になってるとのこと。そして帰ってから美奈子さんとまたしても合体~。
gedou171024-4.jpg
これを見た外道マンは怒りだした。平松が外道マンになるどころかますます いいヤツになってると。
読者は平松が幸福になるところなんか読みたくない! グッチョングッチョンのド外道漫画が読みたいに決まってる! ボケてんじゃねえぞ クソオヤジ~~ッ!! というところで幕。「次号、新展開突入!!」とあることからドーベルマン刑事が終了して「リッキー台風」にいくのかな? それとも飛ばして「ブラック・エンジェルズ」かも。

ところで「このマンガがすごい!!WEB」を開くと現在この漫画が3位になってるのね。だとしたら来年度の本にランクインするかもしれません。
そしてボクは外道マンになる 2 (ヤングジャンプコミックス)
そしてボクは外道マンになる 2 (ヤングジャンプコミックス)
そしてボクは外道マンになる 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
グランドジャンプPREMIUM 2017年 11/30 号 [雑誌]Kindle版