fuuto191203.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の67話
"知識の怪物"たるbbbのメンバーとすっかり意気投合したフィリップは、夕陽の真相がわかるまで源十郎の家に泊まるという。談笑の最中に外から室内を探るのは秀夫。「メモリ持ち同士は惹かれ合う」と言ってることからbbbのメンバーにドーパントがいるということか? まさか依頼人の源十郎自身がドーパントなわけがないしね。しばらく様子を見るとして秀夫はこの場を去るのでした。
fuuto191203-.jpg
源十郎から改めてbbb(ベイサイド・バッド・ボーイズ)のご紹介。
肥っているのは馬場凡太。昔の瓶時代の風都サイダーの王冠を集めているという。裏に世界の名所がプリントされており、546種類中、あと一つだけ見つからないとか。
あ~これを見て真っ先に思い出したのがコカコーラの王冠。昭和51年ぐらいだったか、瓶しかない時代ね。当時ハヤっていたスーパーカーブームにあやかって王冠の裏にスーパーカーのイラストが入ってたんですよ。当時の子供ならば誰もが集めてたんじゃないかな。もちろん私もだけど。余談だけどコカコーラはラッセルヨーヨーでヨーヨーブームを作ったこともありました。

帽子を被ってるのはビリー佛田。旧車マニアで廃棄場のスクラップからパーツを集めているんだとか。被ってる帽子にはダイハツ ミゼットが描かれてます。私がまだ小さな頃には三輪トラックが普通に存在してたのを覚えてます。

最後に紅一点の暮雨川しおれ。蟻のエキスパートで、港に近いこの辺りには外来種も見つかるのでbbb入りしたらしい。あのーそれってヒアリのような危険外来種も居るだろうから、巣作りしちゃマズイんじゃないの??
ともかく三人とも廃棄場に用があるからこそ仲間になったということですね。

フィリップを残して帰る翔太郎たち。フィリップの初めての外泊に翔太郎は嬉しそうだ。
fuuto191203-1.jpg
フィリップはミュージアムから逃れてガレージに隠れ住んでおり、頭初は翔太郎にも心を開かなかった。それが初対面の人たちと外泊するにまでなったのだから、翔太郎にとってはとても嬉しく思うのは当然でしょう。

その翔太郎、現場の大気の分析はフィリップに任せるとして別方向からの調査を始めます。行き先はエコロジー研究所。ドラマ5・6話に登場した楠原みやびの新しい勤め先です。
fuuto191203-2.jpg
廃棄場は風都がまだ発展途上だった頃、処理できなくなった金属類のゴミを大量に積み上げた場所。今の風都は国内有数のエコロジー都市になったけれど、ここに残った廃棄物の処理は遅々として進んでない。風都の影が残ってる場所なので役所も調査したくないようだ。でも みやびは翔太郎に命を助けられたこともあって全面協力するようですよ。

その夜、廃棄場の職員が見回り中に不審な奴と遭遇します。
fuuto191203-3.jpg
どう見てもドーパントです。鉄くずを蹴ったことに「それは宝の山だ」と忠告。ならばやはりbbbの誰かなのだろうか?
スポンサーサイト



fuuto191127.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の66話
6週間ぶりに連載再開。新章は風都湾で調べ物をしている翔太郎・ときめ・ウォッチャマンから。前回の最後にてブラキオサウルス・ドーパーントがここに出現。その影響で木片やらゴミやらが多数 浮いてます。でも何故ここに? 目的は見当もつきません。
ブラキオの正体である秀夫がエロガキなのは41話を見ればわかりますよ。
風都探偵 41話 ときめに手を出したエロガキ・秀夫は許さんっ!

そこに亜樹子から依頼人が来たと電話。それも過去最高級に変な依頼だからとお手上げな様子。ならば翔太郎が直接訊くしかありません。
fuuto191127-.jpg
夕陽泥棒を捕まえてくれ!
はい、変な人 来ちゃった! この人は高名なカメラマンの弁財天源十郎。取り出したのは家の付近から撮った夕陽の写真でキレイに撮れてます。でも最近になってこの風景が消えてしまった。警察にも役所にも依頼したけどロクに調査してくれず、ここに来たという。フィリップは気象現象なので写真映えの悪い日が続くこともあるだろうとするも、ならば実際に見てくれということで行ってみた。
fuuto191127-1.jpg
確かに夕陽が変になってます!
子供の頃からこの場所から見る夕陽が好きで家まで建てた。誰かが盗らなきゃこんなにならん! 人間が何かせん限り、こんな異常な空にはならんだろうが! と語気を強めます。
fuuto191127-2.jpg
ちなみにバットショットに写真を撮らせてみて、3キロ離れた場所からは問題なし。日中の青空には異常はなく、おかしくなるのは朝と夕方のみ。この辺り一帯に何かが起きているのは間違いないようです。
翔太郎と ときめが大気のサンプルを取りに行ってる間、フィリップは源十郎の仲間(知識の怪物と呼ばれる変人たち)と意気投合してしまいました。
fuuto191127-3.jpg
夕陽の真相がわかるまでぼくは事務所に帰らず、この家にお世話になるときたもんだ! もうキャラそのものが崩壊しちゃってることから、bbbのメンバーが相当気に入ったみたいですねー。
それを外から見ている秀夫。え? ひょっとしてbbbは裏風都と関係あるの??
fuuto191014.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の65話
オウルを倒したアクセルブースター。舞は元に戻り一件落着。けれど照井は大量出血が祟って変身が解けてしまう。そこに現れたスクリーム・ドーパントの正体・五条一葉。名前を堂々と名乗ってしまうのは、万灯と同じく どうせ調べてもわからないからです。そして「アタシ、貴方が好き。この手で殺したい」と 告白と殺人予告を同時に決行。とどのつまりが過激なヤンデレですな。

一葉は姿を消すも勝負はまだ完全に決してはいなかった。鳥羽はまだ健在だったのだ!
fuuto191014-.jpg
舞のメモリはブレイクしたけれど、鳥羽はやられる直前に身体から分離して自分のメモリを守っていたからだ。瀕死の状態ながら この場さえ切り抜ければ万灯さんが助けてくれると、オウルになって飛び立ってしまった!

これはマズイ! オウルの速さに対抗できるのはアクセルブースターだけなのに照井はもう変身不可能。このままでは逃がしてしまう! そこでフィリップはファングにトリガーのメモリを使うことを提案。以前 ファングに他のメモリを試してみたけれど、ジョーカー以外は受けつけなかった。でもエクストリームも扱える今なら、短時間の変身は可能なハズとして。
fuuto191014-1.jpg
そこで変身したのがこのファングトリガー。ファングの新たなる力です。左腕からアームファングを二つ出してからマキシマムドライブを発動。
fuuto191014-2.jpg
そしたらこのように弓を射る姿になりました。これぞ新必殺技のファングスクリュードル!
誰ですか、勇者ライディーンのゴッドゴーガンと言う人は! 放たれたファングの矢はオウルを噛み砕くかのように接近して命中。メモリは壊れ、鳥羽は再起不能みたいに 死んだように眠ったままになってしまったそうだ。まぁ自業自得だね。これによって今度こそ一件落着です。

エピローグは舞の病室。包帯グルグル巻きの照井と菜々の会話です。舞は想像以上に回復しており、後遺症も残らないだろう。けれど怪物となって人間を襲ってしまったことへの罪悪感が残り続けるに違いない。その時は親友として君がこれからも支えてやって欲しいと、照井は菜々にお願いするのでした。
fuuto191014-3.jpg
このことで感謝する菜々。そして今度こそ舞の本当の親友になると誓ったのでありました──
とまぁこれにてアクセル編終了なわけですが、次なるエピソードのプロローグが始まってます。漁船の港にブラキオサウルス・ドーパントが出現。わざわざ目立つことをするからには秀夫なりの理由があるのだろう。
新章は11月25日の52号から開始だそうです。
fuuto191001.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の64話
お気付きだろうか。前回のタイトル場面では照井が地面に叩きつけられ倒れていた場面に対して、今回は「猛反撃開始!!」と身構えてます。つまりタイトル場面からして照井の気持ちの高揚が感じられる仕様になっていると!

とはいえ血がダクダク流れた後だから動きが鈍く、オウルにとっては格好の標的。気持ちだけは負けないにせよ、アクセルは追い詰められていく。そしてまたしても高所から落とされてしまったよ。
落とされるの多くね?
今回で三回目だよ。仏の顔も三度までとは言いますが、あまりに落とされすぎでしょ。
fuuto191001-.jpg
けれど照井は亜樹子から、翔太郎から、フィリップから見守られていた!
意識が回復するて共に、ガイア鳥から贈り物が届けられた。
fuuto191001-1.jpg
それはメモリの強化アダプター。Vシネ「仮面ライダーアクセル」に登場しました。その後 フィリップに渡したらしく、アクセル用に再調整してもらったようです。アクセルのメモリに装着して「アクセルアップグレード」の声。そしてドライバーに再セットして「ブースター!」
fuuto191001-2.jpg
黄金に輝くその姿はアクセルブースター!
最大の特徴はバイクモードを破棄した代わりに飛行できるようになったこと。しかも身体の各部に飛行スラスタを備えているので細かな空中移動が可能なことだ。この新たなる力で今度は逆にオウルを圧倒。速さも力も上回ってます。何しろ前述道りにアクセル用に再調整してもらったことから、Vシネのとき以上の能力になってるのは確実ですからね。

オウルは決着をつけるべく身体を旋回しながら突っ込んできた。アクセルも負けじと金色に輝くエンジンメモリをエンジンブレードに差し込んでアップグレード完了!
fuuto191001-3.jpg
そのままマキシマムドライブでオウルと真っ向勝負! 結果、勝ったのは言うまでもありません。
その感情が「絶望」だ
そいつが…おまえのゴールだ!

次回、アクセル編の完結です。もっとも来週は休載のようで再来週ですがね。
fuuto190914.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の63話
オウルの胴体となった舞の攻撃を受け、病室から転落した照井は地面に叩きつけられた! 血塗られたコンクリート?がその衝撃を物語っており、即死は確定か──

時 同じくしてフィリップがガイア鳥で飛来。オウルのメモリの秘密を「地球の本棚」で知っただけに来るのが一足遅かったです。
fuuto190914-.jpg
死んだ照井?を見て亜樹子が顔面蒼白になるのは当然として、それ以上にショックを受けたのは菜々だったようだ。
私のためを思って最初から真剣に怒ってくれた… さっきも私を庇って なのに私は…
後悔先立たずとは正にコレ。だったらこれを機に不良から卒業しようよ、奈々ちゃんよ。

話しをちょっと戻してフィリップはオウルの秘密を語る。「舞がオウル」ではなく「舞もオウル」。それは鳥羽本人からも語られた。
fuuto190914-1.jpg
鳥羽のハイドープとしての能力は、人間のタイプをメモリの色で識別できること。ときめと翔太郎は黒、フィリップは緑、照井は赤というように。オウルは凄まじく強いが小型。それを補うために稀少な黄色のメモリの人物を探しており、それに適合したのが舞だったということだ。これによって「二人で一人のドーパント」が誕生したというわけね。
fuuto190914-2.jpg
オウルの胴体となった舞は 菜々に怨み千倍。塾を紹介したからだけど、だからといって塾に出向いたのは舞自身。前回も言ったけれど完全な逆恨みであって奈々に責任を押し付けるなよ!

胴体と一体化したオウルは亜樹子たちを襲おうとするも、後頭部に突き刺さったのはエンジンブレード。ってことは!?
fuuto190914-3.jpg
生きていた照井!
あれだけの出血をしながらなぜ無事なんだ? と思うけれどまぁいいでしょう。怒りに震える照井はアクセルに変身だ!
fuuto190904-3.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の62話
拉致された舞の居場所を突き止めたWとアクセル。バイオレンス・ドーパント四人と対峙するも所詮はザコ。サイクロンジョーカーによるジョーカーエクストリームで四人同時に倒してしまいます。以前戦ってるから対処の仕方を知ってるとはいえ、四人を同時だなんて よほどドーパントが間抜けだったんだな。塾の教師だけど。

保護された舞は直ちに病院へ。もちろん照井が付き添います。彼女だけ連れ去られたからには何か理由があるわけで、取り返しに来る公算が高いからだ。また依頼者の奈々にも安心させてあげたいので連絡を入れます。
連絡を受けた奈々は早速病院に顔を出し、舞に学習塾を紹介したことを謝ろうとするのですが…

一方、その病院の隣に現れた鳥羽音吉とスクリーム・ドーパント。彼女を取り戻しに来たようだ。けれど翔太郎はこれを読んでいた。いや正確には ときめがビゼルを使う空間の歪みを感じ取ったので、早々に来れたというわけ。
fuuto190904.jpg
でも余裕しゃくしゃくな鳥羽。ワシは彼女を強奪する必要がない。近くまで来て呼び戻せばそれで済むと言いながらオウルのメモリを取り出した。まさかここでドーパントに!?  翔太郎は身構えるも投げたメモリが消えてしまう。いったいどこに消えたのだ?
fuuto190904-.jpg
意識を取り戻した舞。奈々と感動の再会と思いきや「全部…ナナのせいだ」とまさかの展開に。胸の辺りが光ったと思ったら身体がどんどん大きくなっていき、見覚えのある形になっていく。
fuuto190904-1.jpg
それはオウルの胴体でした!
ってことはオウル・ドーパントはWと同じように「二人で一人のドーパント」ってこと? 舞はこうなったのは菜々のせいだとするけれど、メモリに興味を持って進学塾に入ったのは自分自身じゃん。奈々は紹介しただけ。責任転嫁もはなはだしいね!
fuuto190904-2.jpg
奈々を庇って殴られた上に、3階以上はあるだろう病室から転落する照井。あぁこりゃ死んでもおかしくないよ。いったいどーなっちゃうの!?
fuuto190828-3.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の61話
三週間ぶりに連載再開。強靭なパワーのオウル・ドーパントに上空高く吊り上げられ、落とされてしまったアクセル! 絶体絶命の危機に翔太郎はルナジョーカーにチェンジ。腕を伸ばすことで即席のクッションとし、最悪の事態は免れた。とはいえアクセルは変身前のダメージが響いて変身が解けてしまいます。
これにより奈々は照井がライダーだと知ってしまうのですが、まぁ別に困らないでしょう。
fuuto190828.jpg
オウルは仮面ライダーの人体実験はつまらないと語る。強化された全身装甲では斬ったところでほとんど流血が見られないからだ。その点、やはり人間が一番だとサイコに殺害の手口を流暢に話す話す。照井は満身創痍ながらも「おまえは自分の力に酔った最低の悪魔」だと、鳥羽音吉の逮捕に怒りを燃やす…

その後、王道学習塾に立ち入り捜査が行われるも主要な教師四人は姿を消していた。また舞が監禁されていた(と思われる)場所も もぬけの殻となっており空振りに終わります。もしここがメモリ密売組織のORIGINの本拠地だったならば、逃亡は見事に成功したといえるだろう。
fuuto190828-.jpg
後日、照井は怪我をおして事務所に姿を見せる。少し休んでろと翔太郎は告げるも、照井の性格からして聞くわけもなく捜査に行ってしまう。これを見かねて翔太郎はフィリップに「何か知恵を絞ってくれ」と頭を下げた。前回のルナトリガーで出るかファングジョーカーで出るかで揉めた一件を詫びてのことだ。誰かの危機には己を捨てて動くことをフィリップは承知しており、何か対策をするみたいですよ。

この後 ときめの一報が入って現場に参上したWとアクセル。
fuuto190828-1.jpg
ときめは学習塾付近から走り去る車を見たら片っ端からは発信機をつけており、それによって隠れアジトの場所を発見したというわけ。四人の教師はバイオレンス・ドーパントになるも、所詮はライダーたちに敵うわけもありませんでした。ちなみにバイオレンスはドラマ13・14話に登場するドーパントです。
fuuto190828-2.jpg
舞の救出に成功するも、死ぬほど後悔するだろうと鳥羽は不穏な発言を残します。舞に何かしたのだろうか? 例えばメモリを刺せる生体コネクタを施術してあるとか?