fuuto200715.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の81話
ときめが万灯に助けられた不可解さは残るも一応の危機は去った。けれどこれは かりそめの平和。クラブ・ドーパントは「仮面ライダーは俺を倒せない」と確信しての退却であり、明日の風都感謝祭にはまた襲ってくるのは間違いない。風都タワー関係者は感謝祭を開催か中止か、判断を決めかねていた。
fuuto200715-.jpg
そこに現れたのはジミー中田! ドラマ23・24話に登場したシンカーソングライターで、その歌声には飛ぶ鳥も落ちるオンチぶり。

これが劇中で唄った「風都タワー」という曲。そりゃ人々が耳を塞いで苦しむのも無理はないわな。
映画『運命のガイアメモリ』では↑漫画のように友情出演を果たしており、苦戦するライダーに大声で声援を贈るシーンは胸が熱くなりますよ!
ボクたちが先に折れてしまったらライダーは苦戦する。ライダーを街が、ボクたちが守ったっていいじゃないか。だからボクは歌いたいと熱弁を振るうのでした。
歌うのはいい。だけどつけものジミー中田 お前はだめだ!
fuuto200715-1.jpg
今度はナオさん。『運命のガイアメモリ』で風都タワーがNEVERに襲われ、ふうとくんは子供を助けて奥に隠れた。泣き止まない子供に「ぼくがついてるから安心して」と語り掛けたら泣き止んでくれたという。その時わたしは人に勇気をあげられる仕事なんだと実感した。だからやめたくない! 街を乱す悪者に負けない気持ちだけでも見せてあげたいと、これまた熱く語るのでした。

ヒーローはこの様に、不可能を可能にできる能力があるんです。だからナオさんの言葉はリアルで身に沁みます。
これらの声に ときめは「私、出る」と出演を決意。翔太郎も「仮面ライダーは次は必ず勝つ。後でハッパかけとくからな」との言葉に、スタッフは一丸となって開催を決めるのでありました。

と、言ったはいいものの実際どーする? フィリップは「地球の本棚」を検索しても解決策は見当たらない。
fuuto200715-3.jpg
けれど翔太郎は「書き加えていけばいい。地球の本に新しい記憶を、俺たちが!」とポジティブ発言。何やら思いついた事があるらしいものの、それは期待できるものなのだろうか!?
スポンサーサイト



fuuto200710.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の80話
ときめが入ってる ふうとくんへの攻撃を防いだオーロラ・ドーパントは、そのまま連れ去ってしまいます。エクストリームは追いかけたくてもクラブ・ドーパントの猛攻に、そんな暇などありません。そんなタイミングで現れたのが↑のアクセル。「風都を守った仮面ライダーは…一人じゃない」とは、映画『W&ディケイド MOVIE大戦2010』にて初登場した際のセリフ「風都にいる仮面ライダーは一人じゃないぜ」をイメージしたものだろう。

とはいえエクストリームでも歯が立たない相手ではアクセルとて同じこと。二人がマキシマムドライブを使ったところで即座に再生するのだから攻撃する意味がないというものだ。
fuuto200710-.jpg
ヒカルは仮面ライダーの力では俺たちを殺せないと判断したようで そそくさと帰ってしまう。ライダーにとっては屈辱的な幕引きだ。その際「風都タワーは俺たちが叩き斬る。…地獄を楽しみな!」とのこと。「地獄を楽しみな」とはエターナルの大道克己がよく言ってたセリフなんです。

一方、オーロラは万灯に戻って ときめに語り出す。「変わらないね ときめ」「あの日を思い出し始めたという事か」など、昔の ときめをよく知ってる模様。
fuuto200710-1.jpg
歯が浮くようなセリフを並び立てて「君は私の一番の宝物だ」と言うのだから告白してるようなもの。翔太郎に身を預けてるのは「君が熟成する時」を待っているからと言われても、読者にとってもチンプンカンプンだわな。
fuuto200710-2.jpg
更に「君は私を 「ユキ」って呼ぶのさ」だなんてキザなセリフをよく言えるもんだ。そこにエクストリームが駆けつけた! ときめにとっては万灯は元カレ、翔太郎は今カレって感じなんだけど、ときめの正体っていったい何なの!?
fuuto200616.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の79話
ヒカルが変身したクラブ・ドーパントの一撃が「ときめふうとくん」を鮮血に染めた…と思ったけれど、ヒートメタルが盾となってくれました。Wで最も硬いメタルの装甲を貫くなんて──少なからずショックでもボーっとしてるわけにもいかない。ガイア鳥を呼び寄せてのエクストリームに変身です。
これに万灯は「たしかにエクストリームは究極のメモリだ。だが…この相手にはどうだろうね?」と強気です。あのー以前も言ったけれど「仮面ライダーとは関わらない」と言ってたくせに、積極的に関わってるのは設定変更したの? ここんところが何を考えてるのかわかんねーんだけど??
fuuto200616-.jpg
敵の能力の全てを瞬時に閲覧できるエクストリームは、胸の中央部が弱点だと解明。プリス゜ムブレイクで叩き斬ったわけですが…瞬時に再生したことに信じられないといった様子。
fuuto200616-1.jpg
何しろプリズムソードの切っ先が刺さった瞬間から再生の泡が攻撃の威力まで弱めるという超再生力。それに高い切断力と貫通力を持ち、外骨格も超硬度なのだから…認めたくないけど打つ手なし。
冗談じゃ…ねえ!
翔太郎は叫ぶもフィリップがそう判断したからにはそうなのだろう。しかも状況はさらに悪化。今度は蒼炎群のリーダー・テツもクラブとなって参戦です。
fuuto200616-2.jpg
一人でさえ手強いのに二人になったら絶望は間違いない。ところがこれは光明か? ヒカルがテツに不快感を示します。新しいメモリが入ったら必ず俺を踏み台にする! このクラブも強いと判ってから変身しており、それに苛立ってます。ここにエクストリームが付け入れば逆転の芽も出て来るんじゃないかな。

その一方で ときめは逃げ遅れた女の子を助けて脱出を図るも、テツの魔の手が迫る。
fuuto200616-3.jpg
それを助けたのは意外にも万灯。「私の大事な人が紛れていた」として攻撃を許しません。そう言われた ときめはいったいどーする!?
fuuto200610.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の78話
風都感謝祭を目前にして、ふうとくんミニステージを決行。ときめが演じる ふうとくんのデビュー戦とあって緊張は隠せません。ナオさんに見送られてステージに立つわけですが、ちょっとした仕草に「ガチふうとくん」勢は即座に反応しちゃってるよ!
fuuto200610-.jpg
こんな人いるの? まぁいるんだろうなぁ、ガチ鉄オタなんて一枚の写真から即座に車種と場所まで識別するらしいからね。けれどジャンピングターンをしてみせるなど、ナオさんではやらない動きをしてみせて「いや、すごい」「これはこれで…」と納得させたことから"ときめ版ふうとくん"は上々のようだ。

とはいえ やはり蒼炎群は虎視眈々と狙っていた。エターナルの意志を引き継ぐと勝手に思い込んでいるのだから たちが悪いったらありゃしない。そこを万灯につけこまれるのは造作もないことだろう。万灯が「諸君にピッタリのメモリを捜し出してきた」と渡したのはクラブ。
fuuto200610-1.jpg
メモリはどんなに強力だろうが適性が合わなければ意味がない。その点、クラブは蒼炎群にとってベストマッチらしい。テツはそれをヒカルに渡す。再度で最後のチャンスを与えるために──

そのヒカルは任務を全う。もっとも警察に追われて余儀なく変身する格好だけどね。
fuuto200610-2.jpg
右がそのクラブ・ドーパント。え~と、ライダーに登場したカニ型怪人としては異色なデザインだこと。長い脚からしてタカアシガニがベースなんだろうか? 対するWはヒートメタルで登場。そのポーズがこれまたワイルドだね。ヒートだけにカニをボイルしたり焼いたりするつもりなのだろう。
fuuto200610-3.jpg
しかーし! 万灯からもらったメモリだけにクラブは思いのほか強かった。負った傷を即座に完治するばかりか、放った熱線?はメタルロッドを切断するにとどまらず、地面をも斬り裂いた! ここまで強力な技を出せるのは完全に適合した証拠であり、ハイドープに違いないだろうね。
ラスト、クラブの攻撃に ときめが負傷!? いやそこは庇ったナオさんかもと予想します。
fuuto200602.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の77話
実に7週間ぶりに連載再開! この期間 外に出られなかった(と思う)だろうから休載するのはしばらく控えて欲しいわ。

蒼炎群(せいえんぐん)のリーダーであるテツは、ふうとくんの強奪に失敗したヒカルを許さない! マグマ・ドーパントに変身して制裁すべく迫ったところ、ヒカルもコックローチ・ドーパントに変身して逃亡を図る。が、そんなことはお見通しだったようであっさり捕獲。「あの方なら用済みの道具を許したりはしない」とつぶやき、横には不死身の傭兵部隊「NEVER」の旗があるじゃないですか! ってことは「あの方」とは大道克己でありエターナルのことを指しているのだろう。
「命で償え」と言うや、ヒカルの叫び声が響き渡る…

一方、ナオさんに代わって ふうとくんのスーツアクターをする ときめは動きづらさに悪戦苦闘。そこにナオさんのアドバイスが入ります。きっかけは 咄嗟の出来事でした。
fuuto200602-.jpg
要は考えるより感じろ、というか 考えるより先に動くということ。悪漢をやっつけた蹴りよりも、ナオさんの怪我に気付いてすごい勢いで助けに来た時は 考えるより先に身体が動いてる感じだった。大事なのは技術ではなく気持ちだと、ときめに期待を寄せます。だったら応えないわけにはいかないよね! 補助員の力を借りて着実に動けるようになっていきます。

夜、エネルギー補給のため爆食いする ときめに翔太郎から蒼炎群の詳細が告げられます。
fuuto200602-1.jpg
・大道克己(エターナル)を崇拝する組織らしい
・エターナルとの戦いで風都タワーは半倒壊。翌年の2月10日に復活し、その日を「風都の日」と定めた。蒼炎群が風都の日を嫌って ふうとくんを強奪しようとするのはそのため(?)

これが風都タワーの戦いのクライマックス。落ちていくエクストリームを助けたのは、急に吹き始めた風都の風だった! これを偶然と言う人も居るだろうが、そこは「風都の風が俺たちを応援してくれている」と思わなくちゃ! 乗じて主題歌も流れてくるのだから熱く燃える名シーンだと私は思うね!
fuuto200602-2.jpg
このまま ふうとくんを演じれば危うい目に遭うかもしれないと聞かされ「だから何?」と突っぱねる ときめ。もう完全にやる気になっており、今さら後へは引けないさ。だから行くのだレインボーマンふうとくんと、むしろ余計に火が点いたようだ。

そして蒼炎群のアジトでは…ヒカルは生きてました。テツいわく「この人が許してやれと言った」かららしい。それは…
fuuto200602-3.jpg
ここで万灯かよっ!
でもおかしくね? 自分から「仮面ライダーには関わるな」と言っておきながら、関わることにわざわざ首を突っ込んでくるのだから疑問視せざるを得ないよ。
fuuto200412.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の76話
ときめが助けたおばさんが運んでいた荷物は風都のマスコットキャラの「ふうとくん」だった。風都を愛する翔太郎は大興奮! まるで子供のように ときめに説明します。
fuuto200412-.jpg
はい、これが ふうとくんのスーツアクターでもある富士見ナオさん。おばさんとはいえずっと中身を演じていたそうで、風都タワーの事務局長の深澤さんからも「演じられるのは彼女だけ。ナオさんイコールふうとくんと言っても間違いない」と絶大な支持をしてます。

で、今回の暴行は風都タワー感謝祭を妨害しようとする者からの行動だったことが判明。脅迫を受けていたけれど いたずらと思っていたのが裏目に出た格好だ。病院に行ったナオさんの症状は亀裂骨折だそうで全治三ヶ月。とても三日後には間に合いません。けれどナオさんは悪漢に一撃を加えた ときめの動きを見て「私の代わりに ふうとくんに入って」と依頼する──
fuuto200412-1.jpg
うひょー!刺激的だこと!
ナオさんや深澤さんを前にして身体能力を披露します。軽い身のこなしに二人とも「これならいける」と満足気みたいですよ。一方、翔太郎は照井からの連絡を聞いていた。防犯カメラの映像から暴行を働いたのはヒカルという、ある集団の構成員なことが判明。その名は蒼炎群(せいえんぐん)。少々 物騒なことになるかもしれないんだそうだ。

そのヒカルは蒼炎群のアジトだろう廃教会に呼び出されて叱責を受けてました。
fuuto200412-2.jpg
リーダーはマグマ・ドーパント! ドラマ1・2話に登場したヤツです。それにしてもこのリーダーはなぜ風都タワー感謝祭の妨害を企てるのだろう? ふうとくんが嫌いとかだったらほとんど子供だね。
fuuto200401.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の75話
4週間ぶりに新章突入で連載再開。インタビューはまさかの園咲姉妹でした。
冒頭は夜の風都タワーに集合した万灯たち三人の幹部。秀夫は先の失敗で珍しく落ち込んでます。それを励ます万灯ですが、「同じ失敗は二度としないように」とクギを刺す。これにビクッと反応する秀夫。あぁこれでまた失敗したらそれでお終い、ジエンドなわけだ。
万灯が取り出した新たなメモリは「C」のCrab。カニとなるとカニレーザーっぽいやつかな?
fuuto200401-.jpg
それから一転して昼の風都タワーに来たのは ときめ。Wとオーロラの戦いの中で、Wと白いライダー(エターナル)が戦ってる記憶が蘇ったからだ。とはいえ実際に見たのか映像を観たのか ちぐはぐな模様。映像を観たとするならそれは誰が撮影したの? まさか「運命のガイアメモリ」を観た記憶だなんて言わないよね!?

その ときめを怪しげな変装で見守っていた翔太郎。まぁフィリップと亜樹子のせいでバレてしまうのですが、話す機会を与えてくれたのでいいか。
fuuto200401-1.jpg
記憶の中に風都タワーが出てきたと知り、「風都の人間だったのかな?」などと話が弾みます。ただし白いライダーと戦っていたことは話しません。言っちゃいけない気がするのだそうだ。
タワーを見れば何か思い出すかもしれない。4日後の2月10日は風都の日で風都タワー感謝祭が催されるからと、フィリップは翔太郎に二人で行ってみればと提案。つまりデートのアプローチをしてあげたわけだ。やることがニクイね。

この後、大きな荷物を運搬する女性を男が襲い、荷物を奪い取ろうとする。それを制止したのはときめでした。
fuuto200401-2.jpg
見事な蹴り技で男を撃退! 逃げられるも荷物は無事でした。でもなぜその荷物を狙ったんだ? 翔太郎は中身を見てビックリたまげた門左衛門!
fuuto200401-3.jpg
えーと、中の人などいないハズだけど?? ともかく男がなぜこれを狙ったのか別の意味で不思議。よほどの ふうとくんマニアだったかもしれないね。

風都探偵 (8) (ビッグコミックス)