fuuto190205.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の46話
二階堂のリアクター・ドーパントは、ドラマ48話のユートピア・ドーパントを倒した際に使った技・ダブルプリズムエクストリームで片付けました。今回の冒頭はアクセルから。二人のロード・ドーパントを相手に、ガンナーAと合体した「アクセルガンナー」で対抗。大火力をもって粉砕します。メモリを破壊されて変身できなくなった二人はビゼルを使って裏風都に逃亡──しようとしたら二階堂が食い止めた。翔太郎たちが侵入する恐れがあるからだ。
fuuto190205-.jpg
二階堂の身体は熱に耐えられず暴走寸前。その力を使って開いた空間を閉じようというのだ。身を挺してまでも街を守ろうとするその心意気、敵ながらあっ晴れだ! 二階堂の文字通りの"捨て身"によって空間は閉じられ、翔太郎たちは再び裏風都に行く手段を閉ざされてしまいました。
fuuto190205-1.jpg
その裏風都にて二階堂の死を看取るのはオーロラ。街を守ってくれたことを本当に感謝してるみたい。ってかオーロラは冷血ではなく情のあるヤツだったんだな。こういう敵は厄介です。憎みきれない感情が生まれますからね。
万灯(オーロラ)は改めてライダーへの不要な手出しを禁じる命を出す。深く静かに目的を遂行するために。ならば次回からの新章は裏風都と無関係な事件になりそうですな。

ここからちょっと飛ばして箇条書きにします。
・廉太郎さんは無事に帰還し、りつかちゃんは大喜び。珍しく?きっちりと探偵料が貰えることだろう
・ときめが持っていたジョーカーのメモリの復元に成功。起動させても身体の何処にもスロットが出ないことから、ときめのメモリではない? それとも ときめの物だけれど使ってなかっただけ?

フィリップは万灯について「地球の本棚」で調べてみた。
fuuto190205-2.jpg
「カイ・オペレーションズ」という会社のCEOだった男で、その会社は「財団X」の母体の一部だった。だからメモリの詳細を知っていても何ら不思議ではないという。けれどこれ以上の検索は不可。万灯の本が空白だらけになったからだ。これは裏風都に入り浸りだったことを表しており情報は得られない。だからこそ万灯はフィリップに名前を明かしたのだろう。

これだけのことを聞いた ときめはガイアメモリの事、ミュージアムの事、全部教えてと懇願。私は裏風都と繋がりがある、どんなに怖くても逃げたくはないからだそうだ。その中に「Wの戦いがどうして始まったのか?」もあったことから、フィリップ・亜樹子・照井たちは翔太郎に目を向けた。これを語るに心を痛めるのは翔太郎だからだ。
fuuto190205-3.jpg
フィリップとの出会い、おやっさんとの別れ、初めてWに変身をしたあの夜の出来事──ビギンズナイトを語るには、時間が長くかかりそうだ… となると新章はドラマ1話のビギンズナイトを詳しくやるのかしらん?
次回は三週間後の25日発売の13号です。コミックス5巻は28日発売になります。
『風都探偵』5集 ライドウォッチ、ガンバライジングカード付き限定版 (特品)
『風都探偵』5集 ライドウォッチ、ガンバライジングカード付き限定版 (特品)
風都探偵 (5) (ビッグ コミックス) 通常版
スポンサーサイト
fuuto190122.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の45話
ときめと廉太郎さんのピンチに現れた翔太郎とフィリップ。どうしてここが分かったのか!? それはバルブの試作品から。フィリップはこれを見て超小型原子炉の制御バルブだと断定。ただしエネルギーを生み出すものではなく むしろ逆。リアクターメモリの特性を検索して、変身者の冷却装置だと判断したようだ。

あとはその装置が発する高周波の振幅数を算出して絞り込み、メモリガジェットのスパイダーショックが探知したというわけ。スパイダーにはあらゆる高周波の類を感知する機能がありますからね。

理路整然と ここを突き止めた理由を聞かされて「仮面ライダー恐るべし…だな」と二階堂。失敗したパズルを軽蔑していたが俺も同じようなものだった、もっと警戒すべきだったと語ります。でもその後悔が怒りに変化。冷却装置が突如バキバキと壊れる音がしますよ!?
fuuto190122-.jpg
それはアクセルをサポートするガンナーA! あ~そんなのあったな。完璧に忘れてたけど。冷却装置を持ち上げてスタンバイOK! 廉太郎さんの許可が出て、二階堂の制止を振り切ってポーイで爆発だ。
二階堂は逆上してリアクターへ変化。ならば翔太郎たちも変身だ。いきなりエクストリームとなって。

先の裏風都での戦いとは違って、フィリップはリアクターメモリの能力を閲覧したことから対策は万端。攻撃を寄せ付けません。プリズムビッカーを使おうとしたらリアクターは卑怯にも ときめを人質にとりました。
fuuto190122-1.jpg
武器を捨てろと迫るリアクター。ってか、頭のモクモクはただの蒸気じゃなかったのね。このまま時間が長引けば ときめが熱でやられてしまう。一気に懐に飛び込んで救出してからヤツを倒すしかありません。そこで思い出したのはドラマ47・48話に登場したユートピア・ドーパントとの戦い。テレビシリーズで最後にエクストリームとなったアレです。

言われた通りにプリズムビッカーを捨てたエクストリーム。しかしプリズムメモリだけ残しました。これを使ってのマキシマムドライブを発動させて近づき、今度はエクストリームマキシマムドライブを発動。ときめを救出してから繰り出したのは…
fuuto190122-2.jpg
ダブルプリズムエクストリーム!
何十何百もの連続蹴りがリアクターを痛めつける痛めつける痛めつける! リアクターは次第に破壊されていき、熱の排出が出来なくなって爆発してしまいました。
fuuto190122-3.jpg
ときめを抱いて勝利の凱歌状態のエクストリーム!
返してもらったぜ 大事なモンは全部。
…こっちの街にな…


次回、解決編となります。さて、テレビシリーズでは最後の大技となったダブルプリズムエクストリームを今回使ってしまいました。ならば万灯や秀夫には新たなる必殺技が必要になるわけで、いったいどうするんでしょうね。
『風都探偵』5集 ライドウォッチ、ガンバライジングカード付き限定版 (特品)
『風都探偵』5集 ライドウォッチ、ガンバライジングカード付き限定版 (特品)
風都探偵 (5) (ビッグ コミックス)通常版
fuuto190114.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の44話
一ヶ月ぶりに連載再開! ジオウは未來のライダー編になって、仮面ライダークイズはレッドバスターの鈴木勝大さんとはね。さすがにニワトリを見てフリーズすることはないだろう。

ときめは廉太郎さんと合流して逃げていた。一息ついている途中で廉太郎さんは昔のことを語り始める。やっと小さな工場を持てたとき、外国企業からの大量発注を必至で納品したことがあった。でもそれは対人地雷の部品だったことが後から分かり、自分のせいで多くの犠牲者が出したことを大いに悔やんだそうだ。
もうあんな過ちを繰り返したくはない。だから今回 二階堂から依頼されたバルブが怪しいと、後をつけてみたというわけだ。
着いた場所にあったのは小型の原子炉?
fuuto190114-.jpg
詳しくはわからないが まともな人間がこんなもの持ってるわけがない。やはり俺の作った部品は悪用されているのか! 二階堂はビゼルを使って裏風都に移動。空間が閉じる前に廉太郎さんは追って飛び込み、裏風都から出られなくなったわけね。
fuuto190114-1.jpg
怖くても責任感から逃げようとしなかった廉太郎さん。ときめはこれを自分に照らし合わせてみた。恐らく自分は裏風都の住民だったに違いない。ならばいくつかの悪事も働いたことだろう。でもそれを誤魔化しちゃいけない! 過去に負けっぱなしじゃいけないんだ! ときめの瞳が活気に輝く。逃げてばかりじゃダメだ、あいつらに一泡吹かせてやるためにも ここを自力で脱出しなければ!

二人は廉太郎さんが入って来た場所に移動。ここならば二階堂と その部下がビゼルを使って空間を開けるに違いない。そのタイミングを見計らって自分らも風都に戻ろうという算段だ。都合よく部下がやって来て空間を開け、ときめたちも脱出に成功。しかし向こうに居た二階堂に気づかれてしまう。しかも目からビームを出したよ!?  お前 X-MENのサイクロップスかよ!
fuuto190114-2.jpg
目からビーム、これが二階堂のハイドープ能力らしい。二階堂は一度変身すると人間に戻っても超高熱エネルギーが体内に残り続ける。死ななかったが余熱が長時間 出ていかない体質になってしまったと。そこに登場するのが小型の原子炉に見えた装置。これは二階堂専用のコントロール装置。つまりは余熱の急速冷却機なんだと。

冷やすだけなら冷凍庫でも良くね? と思うのだが実際にはそうもいかないんでしょう。原子炉の冷却装置ならばさぞ効き目がスゴいってことでこうなったんでしょうね!? たぶんきっと。

ではお別れだと目からビームを発射する二階堂。そのビームは ときめたちを…貫きませんでした。ガイア鳥ことエクストリームメモリが盾となってくれたからです。ここに飛んできたってことは!
fuuto190114-3.jpg
満を持して翔太郎とフィリップが登場!
役者は揃った。裏風都での借りを返すべく、ダブルとリアクターの第二ラウンドの鐘が鳴るのは次回!
小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~ (講談社キャラクター文庫) 『風都探偵』5集 ライドウォッチ、ガンバライジングカード付き限定版 (特品)
小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~ (講談社キャラクター文庫) 現在Kindle版が50%オフ(1/24まで)
『風都探偵』5集 ライドウォッチ、ガンバライジングカード付き限定版 (特品)
風都探偵 (5)  通常版 各2月28日発売
fuuto181211.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の43話
廉太郎さんと ときめを裏風都に残し、強制送還されてしまった翔太郎と照井。裏風都へ行く術を失ってしまったからには、もう諦めるしかないのか!? 否! 鳴海探偵事務所の面々はそれぞれのやり方で希望を見つける努力をしてました。

先ずはフィリップ。東城の持っていたビゼルの復元を目論むも困難。一定時間を過ぎたら中枢部分の装置が崩壊するよう作られていたからだ。こうしてる間にも深く静かに彼らは裏の街を拡大している。そこに踏み入る方法が得られないまま…
そこに亜樹子が助け船。旦那がダメ元でロードやパズルに変身してた犯人を、再度取り調べているそうだ。どんな些細なことでも構わないというつもりで。ダメ元…か、実にいい言葉だとフィリップ。何もしなければ勝率はゼロ。ならばダメ元で中枢部の解析を続けてみるよと、気持ちを切り替えます。

次は翔太郎と亜樹子。ときめの持っていたジョーカーのドーパントメモリを前に腑抜けになっていたところを、亜樹子は例によってスリッパでパッコーン! 君の軌跡の起こし方は何だっけ?
fuuto181211-.jpg
依頼人のために後先考えずに走った時…だけだ! これにより自分を取り戻した翔太郎。ときめだって自分が危ない時に、先ずは廉太郎さんの危機を知らせたじゃねえか。俺がじっとしててどうする! ならば もう一度 廉太郎さんの周辺から手掛かりを調べようと、急ぎ足で事務所を出て行った。
そして亜樹子は裏風都に向かって胸の内を吐き出した。
ホンモノの風都の人間をなめたらあかんぜよ!

翔太郎は廉太郎さんの会社で、グラサン野郎(二階堂)が依頼したバルブの手掛かりを探す。設計図等は以前調べて見つからなかったけれど、何かあるんじゃないかと思っての再調査。その後は依頼者である りつかちゃんがお参りに行ってるという、裏山の神社へ出向きます。
fuuto181211-1.jpg
りつかちゃんとの何気ない会話で出た大きな手掛かり。おじいちゃんは試作品が出来た度に、奥の祠に収めていたという。だったらあのバルブもあるのでは!?  住職に頼んで祠を開けてもらい調べてみればありました! 遂に見つけた裏風都に繋がる唯一にして大きな手掛かり。早速 フィリップに"地球の本棚"で調べてもらいます。
fuuto181211-2.jpg
結果、このバルブはこちら側の風都のどこかに設置してある。また二階堂はこの機械を必ず定期的に使う。すなわち そこが二つの街が繋がる場所だと断定し、二人は現場へ向かいます。
fuuto181211-3.jpg
そして ときめはロードに襲われそうになっていた廉太郎さんを救出。それぞれが活躍した今回は、反撃準備が整っていく姿が気持ちよかったです。
fuuto181211-5.jpg
で、先の日曜に名古屋のセントラルパークで開催中の「『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』!! ~自分の好きなライダーと写真を撮ろう~」に行って写真を撮ってきました。(この展示は12日までです))この模様は明日記事にします。まぁ写真だけなんですがね。
fuuto181204-.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の42話
リアクター・ドーパントが呼んだ援軍は数十体はいるだろうロード・ドーパント! これだけの数を相手にしなければならないWとアクセルは「…マジかよ」と反応するのも当然だ。でも待てよ、ロードって黒い地面を生み出すために人を喰ってたんじゃ…。
それを「仕方あるまい」で受け流すリアクター。道を作ればエネルギーが枯渇するので人間を捕食する。それがこいつらの仕組みなんだと、さも当然のように説明。更に死んでいく人間は「美しい犠牲」と表し、その上に我々の理想の世界を築きあげているんだと自画自賛。
fuuto181204-1.jpg
こんなこと言われて黙ってられるわけがない! フィリップは「君たちは真の悪魔だ」と不快感を示し「そんな地獄の存在をぼくたちは許さない!」と、断固戦う決意を固めた。
こうして始まった二人vs多数の戦い。Wもアクセルも善戦するも、いかんせん数が多くて数が減ってる気がしません。けれど倒さなければ、この街のどこかに隠れている廉太郎さんが喰われてしまうに違いない。その為にも負けられません。

が、リアクターが前回の最後に語った「おまえたちをこの街から排除する」とは全面戦争のことではありませんでした。排除=この裏風都から追い出してやるとの意味だったのです。
fuuto181204-3.jpg
横並びしたロードの口から次元の穴を作る怪光線?が発射されて穴ができ、二人はその穴へ吸い込まれて消えた。リアクターにとっては戦っても負ける気はしないけれど、追い出してしまえば再びここには来られない。ならば無理に戦うこともないだろうとの判断でしょう。
fuuto181204-4.jpg
翔太郎と照井は風都の港沖に落下。助かったことよりも、廉太郎さんと ときめを置いてきてしまったことに敗北感に包まれます。裏風都に行く術を失ったからには、どうやって二人を助け出せるのだろう…

fuuto181204.jpg

トビラ絵で発表されましたが2月28日発売のコミックス5巻には、DXダブル ファングジョーカーライドウォッチ+「風都探偵」限定ガンバライジングカード+イラストペーパー3枚セット付き限定版が出ます。税込みで4860円。
はっきり言おう。これは予約必須だ! 限定版のコミックスは売れ残るものがあるけど、特撮ものはマニアが買うので残るとは考えにくい。むしろあったらあるだけ買うっぽい。映画のライドウォッチ付き限定版の前売り券がすぐに完売したのがそれを裏付けてます。

ってゆーか、12月1日にダブルドライバーとロストドライバーが再販したので、オーロラやブラキオのドーパント・メモリ付きの限定版でもよくね? むしろそっちにすべきでしょうよ。
fuuto181128.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の41話


ここ三週間 休載してる間に、鳴海探偵事務所のある かもめビリヤード(正確には元映画館)の取り壊しが決定しました。壊してホテル(旅館?)が建つんだとか。まだ工事に取り掛かってないことを幸いに、名残惜しんで訪れる人がけっこう居るようですね。近郊の方は是非とも行ってみてください。

ビゼルを使って裏風都に来た ときめを出迎えたのはブラキオサウルス・ドーパントの秀夫だった。まさかコイツがブラキオとはね。体格からして てっきりグラサン野郎(二階堂)だと思ってましたよ。
ビゼルを返せと言われても素直に返せるわけがない。ときめは胸の谷間に隠すことで秀夫の追及を逃れようとします。お子ちゃまなら手が出せないと踏んでの行動だ。ところが秀夫はそんなに甘くありませんでした。
fuuto181128-.jpg
「無駄ですよ」「一歩も動くな」と睨まれたら何故か身体が動かなくなりました。この間にビゼルを回収するのはもちろん、必要以上に おっぱいをなでなでしまくります。
羨ましい何てことするんだ秀夫は! やってることはエロオヤジと変わらないじゃねーか。無論、この程度だけで済むハズもありません。それ以上の要求をしてきました。
fuuto181128-1.jpg
脱いでくださいと言われて否応なしに上半身をさらけ出してしまいます。それでいて「ふぅん」と、あまり関心のない素振りは これまた腹立つわー。折角の機会なんだから有り難く拝見しろよっ!(え?)
けれど秀夫よ、そこまでだ! ときめは翔太郎を思い出し、帰って来ない おじいちゃんを待つ依頼人・ りつかちゃんの涙に我に返った。睨み返すことで秀夫の思念波による呪縛から解放されて逃げ出すことに成功。秀夫はハイドープだから思念波が出来たしょう。ならばそれを打ち破った ときめもまたハイドープで確定でしょうね。

逃げた ときめを「ボーンズ」に追わせる秀夫。あぁ、マスカレイド・ドーパントではなくボーンズと言うのか。秀夫のメモリの「B」はブラキオのBであり、ボーンズのBでもあるってことかな。

一方、二階堂のリアクター・ドーパントに苦戦を強いられるWとアクセル。二人のマキシマムドライブの同時攻撃でさえ無傷なのだから事態は深刻。けれど負けるわけにはいきません。フィリップは一つ手があるとしてヒートトリガーにチェンジ。奴の高熱のガードを突破しなければ始まらないとして、Wで一番の攻撃火力のあるヒートトリガーマキシマムドライブを使う。更にエネルギーを収束させての一点集中攻撃をするとして、照井の持ってるビートルフォンを借ります。ツノの部分にエネルギー収束装置が付いているからだ。
fuuto181128-2.jpg
これがトリガーマグナムにビートルフォンを取り付けた姿。いつものマキシマムドライブなら「トリガーエクスプロージョン」だけれど、今回は「トリガービートルブラスター」という技の名前にしました。Wとアクセルの合体技とも言えるでしょう。さすがに威力は絶大で、攻撃が届いて煙を出してます。今が勝機! と思いきや、事態はより深刻化。リアクターが部下を呼んだからだ。
fuuto181128-3.jpg
同じく高熱を放つロード・ドーパントが数十体も集まってきました。全力で排除するというリアクターの意思の表れですね。圧倒的な物量を前に かつてないピンチは避けられそうもありません!
Over “Quartzer
Shuta Sueyoshi feat. ISSA
avex trax (2019-01-23)
売り上げランキング: 113
fuuto181106.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の40話
同じスピリッツで連載してる「トクサツガガガ」は現在、NHK名古屋でドラマを撮影中。だからこそ今週号では名古屋が舞台になってるわけね。で、撮影に使ったセットがNHK名古屋局で見学できるそうですから、気になる人は行ってみましょう。
ドラマ10「トクサツガガガ」スタジオセット特別公開

ブラキオサウルス・ドーパントによって連れ去られた ときめを追って、変身しながら裏風都に繋がるゲートに飛び込んだ翔太郎と照井。フィリップは向こうに置いてきました。裏風都で気絶してたら「どうぞ襲ってください」と言わんばかりですから。翔太郎はロードの時 以来、照井は初めての裏風都になります。
とにかく ときめを捜さねば…と思っていたら、グラサン野郎の方から出向いて来たじゃないですか。

貴様がブラキオサウルスか? ときめはどこにやった? 廉太郎さんをさらったのはお前か? などと矢継ぎ早に質問攻め。それを律儀にも答えてくれます。
fuuto181106-.jpg
万灯が ときめに「ビゼル」を拾わせたことで 彼女はここに来た。はい、ビゼルとは裏風都へのパスポートとなるカードのこと。ようやく名前が判明です。廉太郎さんは俺を追って裏風都に迷い込んだわけで、別にさらったわけではないそうだ。むしろ 今どこにいるのか教えて欲しいとも。そして自分の正体を明かします。
fuuto181106-1.jpg
名前は二階堂守。まだ幹部ではないが、もっとも近い人物として万灯から信頼を得ている。この世界のエネルギー管理 及び番人だとしてメモリを差し込んだ。それはブラキオではなくリアクターだった!
工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工 今までてっきりブラキオだと思い込んでたよ!

リアクターとは炉のこと。その名の通りに多量の蒸気を発生させ、メーターは上昇し、見るからに高熱・高馬力を生み出す姿へ変わっていく。事実、アクセルとWの装甲が一部溶けてしまいました。Wは高熱仕様のヒートメタルにチェンジするもリアクターを止められない。ならばとアクセル&ヒートメタルによるマキシマムドライブ同時攻撃を実行!
fuuto181106-2.jpg
何とそれでも無傷なことに驚くと同時に、これで準幹部なのかと 改めて敵組織の恐ろしさを知るのでした。こうなったらエクストリームになるしかない? もっともここまでガイア鳥が飛んで来られるのか大いに疑問ですが。
一方、ときめは逃げようとしたところで「ここはあなたのホームじゃないですか」と呼び止められる。その声はブラキオから聞こえてきたよ? その姿はだんだん小さくなって人間に戻ります。
fuuto181106-3.jpg
工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工 秀夫がブラキオだったのか!
グラサン野郎がブラキオじゃないと知って驚き、秀夫がブラキオだと知ってまた驚きました。秀夫は ときめと接触して何を話そうというのだろう?