fuuto180220.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の18話
カラカル・ドーパントを倒して猫たちは元通りの生活に。依頼されていたチャオも見つかったことから一件落着…とはいきません。父の思い出だから探してほしいとのことだったけれど、実際には違っていたようです。

チャオが見つかったと依頼者の中条朱美に引き渡すも、何か様子が変だ。その様子を見て説明するのはフィリップ。探していたのは猫じゃなく、猫のしていた首輪だろうと! 話しはこうだ。フィリップはチャオの首輪の飾りを見て高級な宝石だと推測。それは以前、ジュエル・ドーパントと戦った際に(Wの41・42話に登場)宝石を調べていてわかったのだけれど、幻のエメラルドであるマリーナ・エメラルドに違いない。
fuuto180220-.jpg
今度は翔太郎が説明に参加。父親のことを思っていたように見せていたけれど、実際には仲がいいとは言えない関係だった。父親が生きているうちから遺産の分配について言い争いをしており、父はさぞ苦々しかっただろう。
父親の死後になってチャオの首輪にマリーナ・エメラルドが付けられていたことが判明するも、元々 猫には興味が無かったので姿を消したことに気が付かなかった。そこで鳴海探偵事務所を訪れて「父親の思い出であるチャオを探して欲しい」と うそぶいてたというわけだ。

全て知られたとあって朱美は本音をさらけ出す。あの宝石は18億もする! 他のどんな遺品にも及ばない金額なので手段を択ばないのは当然だ。だいたい猫に18億もする宝石を付けるなんて正気じゃない・バカげてると言い出したら…
fuuto180220-1.jpg
亜樹子のスリッパが頭にヒットーーッ!
父親を亡くした共通点があるから亜樹子は今回の依頼に乗り気だったけれど、実際には財産目当てだった。更に父親をバカにする発言まで飛び出したことに怒りが炸裂したんだろうね。探偵料はいらない。依頼自体 無かったことにする。その代わりチャオは渡さないと言い始めます。これ以上 人間の醜悪さを見せるわけには行かないという決意なんですね。

そんなタイミングで中条家の親族が集結。やはり財産について話し始めたことから亜樹子はうんざり。隠していたチャオの首輪を窓から投げ捨ててしまいます。
fuuto180220-2.jpg
落ちたところはトラックの荷台で、そのまま走り続けたことから中条家の親族は我先に後を追って出て行った。涙目な亜樹子だけれど、翔太郎としても気分は同じ。スカッとジャパンな気持ちだろうね。
ところでチャオは手元に残ったけれど、ミックと共に二匹飼うことにするの? いえ、引き取ってくれる心当たりがあります。それはカラカル・ドーパントの正体である蝶野麻友だ。
fuuto180220-3.jpg
結婚詐欺に遭っていたたまれなくなり メモリに手を出してしまった。ドーパントになったものの不良品で元に戻れなくなり、助けを求める声に応じて来てくれたのがチャオでした。その献身的な行為に感動して罪を償ったらこの子と暮らしたいとのこと。動物セラピーという効果もあるので立ち直るのに十分な役目を果たしてくれることでしょうね。

というわけで今回は全三話で完。次回は一ヵ月後の3月19日発売号です。って休んでばかりじゃねーか!
風都探偵(1): ビッグ コミックス
風都探偵(2): ビッグ コミックス 共に3月30日発売
スポンサーサイト
fuuto180212.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の17話
鳴海探偵事務所に久しぶりに帰ってきたのはミック! 亜樹子が出迎えてもプイと横を向いてしまい、不愛想は相変わらずのようだ。それに亜樹子には不味い飯を食わされた過去があるからね。初対面となる ときめは挨拶を。けっこう気難しいそうだけど、スリスリして気に入ったみたい。この様子に「私の時と態度が全然違うぅ!」と亜樹子はショック。そりゃそうだよなぁ…

ついてこいと言わんばかりにミックは外に出たので翔太郎たちは追いかける。着いた場所は海(川?)に繋がる地下水路。奥に進んでみたら多くの猫が たむろしているではないか。街から消えた猫たちに違いなく、探していた猫のチャオも発見。その中でひときわ大きな猫?が居ました!
fuuto180212-.jpg
それは猫のドーパント。耳の形からすればカラカルだろう。そのカラカル・ドーパントが突然苦しみ始めましたよ? その苦しみの鳴き声に反応して集まった猫たちは介抱するように舐め始めた。
fuuto180212-1.jpg
フィリップは全て理解したと話し始めた。あのカラカルは人間に戻れなくなりこの場所で苦悶していた。その助けを呼ぶ鳴き声に街中の猫が反応し、ここに集まるか怯えて隠れるかの二択になったとのこと。どうもメモリの動作不良らしく、メモリを差し込む「生体コネクタ」をブレイクすれば元に戻るに違いない。

そこで変身したのがルナトリガー。いきなりマキシマムドライブのトリガー・フルバーストを発射! ルナの能力で弾丸は猫の間をすり抜けて、見事にピンポイントで「生体コネクタ」に命中。爆発と共にカラカルのメモリは壊れ、正体である女性が現れた。
fuuto180212-2.jpg
弾丸が密集していた猫に当たるんじゃないかと ときめは心配していたけれど、そのようなことにはならず感嘆の声を上げる。もっともフィリップにとっては、自分の身体が大変な事態になりかけてることが心配だったようだけどね! つーか、あせろよ フィリップは!!

その後、照井によって事件は収拾される。女性は結婚詐欺に遭い、自暴自棄になってメモリに手を出してしまった。メモリが不良品だったため毒素の影響が低く正気に近い。悪事は何も働いてなかったのが救いらしい。
fuuto180212-3.jpg
最後になってフィリップは翔太郎にチャオの身辺調査を依頼する。「亜樹ちゃんには苦い結末になるかもしれないね」とのことだから、やはりチャオの首輪に秘密があるのだろう。父親の思い出だからチャオを探して欲しかったのではなく、隠し財産の在り処とか相続に関する手紙とかが入ってるとかね。ってか次回で解決編ですか。今回は全3話と短いのね。
風都探偵(1): ビッグ コミックス
風都探偵(2): ビッグ コミックス 共に3月30日発売
fuuto180206.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の16話
三週間ぶりに連載再開。今回から新章です。コミックスは3月30日ごろに1・2巻が同時発売となるようです。特装版は無いようですが、作るならばオーロラのガイアメモリでしょう!

その日、翔太郎は風都の街を探し回っていた。けれど見つからない。フィリップも「あの『名探偵』の翔太郎がここまで苦戦するとは… これは相当な難事件かもしれないね」と言ってます。その『名探偵』が探しているのは猫。チャオという名のメス猫なんです。
fuuto180206-.jpg
これが依頼人の中条朱美。資産家である父親が二週間前に亡くなり、葬儀のゴタゴタに紛れて父が飼っていたチャオが失踪してしまった。この猫は父の思い出そのものだから探し出して欲しいとのこと。父親を亡くしている点では亜樹子も同じなのですっかり同情。翔太郎に有無を言わさず依頼を請けるのでした。
ちなみに翔太郎は猫探しにかけては風都一、いや 世界一の探偵だと聞きつけてやって来たそうだ。悪い気はしないだろうけど相当誇張されてますな…

この後、中条家の者が次々とやって来て同じように捜索を依頼。すごく慕われていた父親なのねと涙する亜樹子ですが…何か臭うな。資産家だったことから相続に関することでチャオに秘密があると見たネ。首輪に手紙なり鍵が隠されているってところじゃないかと推測します。

で、探し始めたものの一向に見つかりません。翔太郎自身も ここまで見つからないとは思ってなかったようだ。今回 亜樹子が俄然張り切っており、↓このようなコスプレで「身」から猫に成りきろうと言う。
fuuto180206-1.jpg
翔太郎も感化されてこのザマだよ!
この姿で探していたら警察官から職質くらったんだと。そりゃするでしょ!(笑) でもさ、その警官、亜樹子の旦那が風都署の警視だと知ったらさぞ驚いたことだろうな。
二日かけても何の手掛かりも掴めないことにゲンナリする翔太郎。そこで ときめが「灯台下暗し」な一言を放ちます。
fuuto180206-2.jpg
      猫そのものが街からいなくなってない?
翔太郎はハッとする。確かに二日間で一匹も見てない! 再度 街に繰り出して探すもやはりそうだ。風都中のノラ猫が全て消えてしまっている。ペットショップの店長も猫だけが落ち着かなかったり怯えたりしているそうで、室内飼いの猫たちも同様とのこと。
「一気に怪事件化したね」とフィリップ。さすがに興味が出てきたようだ。
そこで「あいつはどうなんだ?」「彼なら何かつかんでいるかも」との会話に ときめは「?」。鳴海探偵事務所には一番威張ってる重鎮が居る。その重鎮が久しぶりに帰ってきたようだ。
fuuto180206-3.jpg
それはかつて園咲家で飼われていたミックでした! サーベルタイガーの血統のスミロドン・ドーパントとなってWを苦しめていたけれど、今はここで飼われていたのね。猫たちが怯えているのというのに我関せずと堂々の帰還。こりゃ何か知っている可能性大と見ました。
風都探偵(1): ビッグ コミックス
風都探偵(2): ビッグ コミックス 共に3月30日発売
fuuto18116.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の15話
メガネウラ・ドーパントを三度目の正直で倒し、その正体である美原を逮捕。今回はそのエピローグです。
先ずは喧嘩していたフィリップと ときめ。物は言わずとも頼もしき仲間であるメモリガジェットを ときめに紹介するフィリップです。二人はすっかり打ち解けたようだ。そして連絡用にとピンクのスタッグフォンを ときめにプレゼント。喜んでいるようで何よりです。もしここで「え~ わたしスマホがいい」なんて言い出したら、また ひと悶着ありますから。
fuuto18116-.jpg
一時は犯人とツルんでたと思われた真島プロデューサー。手の傷がその証拠と思われましたが、これは命が狙われてるというのにモナ子を酷使する重役に氾濫しての負傷だったようだ。これをきっかけに会社を辞めて別会社を起業しようとする真島。モナ子は そこについて行くと言う。二人でゼロから始めたゲームだから、またゼロから作ろうというわけだね。モナ子は近眼メガネではなくコンタクトレンズにすれば、きっとモテることだろうよ。
fuuto18116-1.jpg
犯人の美原にはオーロラ・ドーパントこと万灯雪侍が始末に来ました。結局はハイドープではなかったから必要ないというわけだ。未だにハイドープが何なのか知らされてませんが、「ハイクラスなドーパント」でほぼ合ってるよね??
それにしても万灯は美原の部屋といい、この監視された病室といい、どこにでも現れるのね。裏風都の街に出入りできることから、どこにでも行ける「どこでもドア」な能力を持ってるのだろう。たぶん。
fuuto18116-2.jpg
そして裏風都には新たにブラキオサウルス・ドーパントと、スクリーム・ドーパントが出現。オーロラと同じドライバーを使ってるに違いなく、強敵となるのは間違いないでしょう。オーロラたちはいったい何を企んでいるのだろうか?

次回は二週お休みしての2月5日発売号から新展開。鳴海荘吉を語る過去回になるのかな?
コミックスは春に1・2巻同時発売。恐らく1巻が1~7話、2巻が8~15話になると思われます。
fuuto180110.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の14話
ちょっと遅れましたが今週分のレビューです。怪我をしてまともに動けない翔太郎に代わってWになったフィリップ。とあらばもちろんファングジョーカー! いつも おとなし気なフィリップだけど、これになるとちょっと荒っぽくなるんだよねー。今回もその通りにメガネウラ・ドーパントを切り刻むが如く、確実にダメージを与えていく。相手が下劣なので気が立ってるそうだ。
fuuto180110-.jpg
けれどメガネウラとてやられてばかりではない。例の、身体が重く鈍くなる能力を使おうとしてます。そこでファングは肩のショルダーファングを取り外して投げつけた。でもメガネウラには当たらず、あさっての方向に飛んで行ってしまったよ!? そして能力が発動してしまい、ファングは動きが鈍くなる。そこを必殺の一撃で仕留めるつもりだ!

でも大丈夫! ショルダーファングは当たるのを"直接狙って"投げたのでありませんでした。ブーメランとなって"戻ってきたところで当たる"ように投げていたのです。その通りにショルダーファングは弧を描いてメガネウラの背中のある部分を削ぎ落としました。
fuuto180110-1.jpg
それは小さな翅(はね)。これを振動させることにより特殊な振動波が周囲にブレッシャーをかけていたとのこと。うーん? 重低音は身体に響くように伝わるけれどネガネウラはこのすっごーい版。人間には聞こえない周波数によって三半規管を狂わして重く感じさせていたということか。
もうネタバレした以上は怖いものは何もない。「さぁおまえの罪を数えろ!」とマキシマムドライブ「ファングストライザー」を繰り出して、三度目の正直で遂にネガネウラを倒すことに成功します。
fuuto180110-2.jpg
一方、屋上でネガネウラの分身のヤゴと戦っていた照井は、いつの間にかアクセルに変身して片付けた模様。翔太郎・フィリップと変身した姿を見せたことから、新章では照井が変身するところをやるんじゃないですかね。

犯人が捕まり ひと安心のモナ子。フィリップが仮面ライダーになるところを見たものだから「フィリップだけが仮面ライダー」だと思っているようだ。
fuuto180110-3.jpg
俺も仮面ライダーだと食い下がる翔太郎。アクセルも仮眠室のヤゴまで片付けてなかったようで、怪我してるのにヤゴに襲撃されまいと必死ですな。
さぁ次回は完結編。オーロラの目的とかハイドープとかは何だったんだろう。
fuuto180110-4.jpg
そして9日から始まったファンタのCMに菅田将暉が出演。Wってやってるので、一人でWになるんかと思った人はけっこう多かったりして?
fuuto171226.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の13話
メガネウラ・ドーパントに情報提供している密告者は誰だ? 当初は腕に怪我をした真島が怪しいと思ったけれど違うみたい。そして動かぬ証拠を掴んだのは──チーム・メグたんのリーダー、小泉みどりでした。みどりが言うには もな子が憎かった。容姿も人気も全て備えてるのに全然やる気がなく、私みたいに憧れてる人が山ほどいるというのに。つまり嫉妬が積み重なって憎悪になったってことですね。ここの会場の事もバラしたと聞いて ときめは もな子のもとへ急ぐ──

その もな子は着替え中にメガネウラ・ドーパントの美原と対峙。美原は殺る気 満々だ。その前にオーロラ・ドーパントの万灯からもらった「サプリ」を飲んでみた。ドーパントとしての体質を向上させるそうで、素質があれば爆発的な効果が表れるとのこと。
fuuto171226-.jpg
そしたら効き目バツグンで、小さな分身体(ヤゴの怪物)を山ほどに産み続けます。つーか、グロいよ。
メガネウラは もな子を連れ去ろうとするも ときめの活躍で失敗。怒ったメガネウラは ときめを攻撃しようとしたところで、小さな動物?に助けられます。いや、それは動物は動物でも機械の恐竜・ファングメモリでした。
fuuto171226-1.jpg
そしてフィリップが登場。このファングメモリは自らの意志で動いており、フィリップを助けるボディガードみたいな存在です。ときめとフィリップは何かとぶつかり合ってましたが、嫉妬していたとフィリップは謝罪。
fuuto171226-2.jpg
えーと、つまりアレだ。翔太郎を巡っての三角関係だったってことか(笑) こりゃ女性が喜んじゃうよ。謝ったことで二人の わだかまりは無くなったみたいですね。そして変身の時! 翔太郎は怪我してマトモに動けないならば、フィリップが主導権を握る あの変身が残ってます。ダブルドライバーに翔太郎からの"ジョーカー"メモリがセットされる。フィリップはファングメモリを折りたたんでセット。ファング ジョーカー
fuuto171226-3.jpg
現れたのはファングジョーカー!
フィリップが唯一 主導権を握る形態です。これならばマキシマムドライブを二度も受けながら倒れないメガネウラに一矢報いることができるかも?
fuuto171205.jpg
『ビッグコミックスピリッツ』連載、「風都探偵」の12話
メガネウラ・ドーパントの正体・美原睦夫の部屋に現れたのは、オーロラ・ドーパントの万灯雪侍! ただのドーパントにとどまらない進化をしていると、勧誘に来たみたい。その組織というか名称は『』。以前 翔太郎が迷い込んだ"裏風都"に違いありません。ここは選ばれし優れた人間だけが住め、もっと強く自由になれると聞かされては断る理由が見当たりませんね。
話しをもっと聞きたいけれど、密告者から警察が来ると聞かされてトンズラする二人です。

そうか、新たな敵対組織は『街』ですか。今後、ここの住人から次々と刺客が現れる展開でしょうね。たぶん。
照井たち警察は美原の部屋に踏み込むも、一歩遅く もぬけの殻。戻って仕切り直しとなりました。ここまで照井の「俺に質問するな」のセリフが一度もありません。そろそろ出てもいいんじゃない?

森口モナ子(風祭メグ)は犯人が美原だと突き止めた理由を語る。以前アーケードイベントでメグと対戦。卑怯なプレイスタイルな上に改造データを使ってきたことに憤慨。本気でボコってやったそうだ。
fuuto171205-.jpg
からかうつもりで挑んだものの返り討ちに遭いプライドを傷つけられた。その復讐からメグに殺意を抱いたというわけ。何だよ、つまりゲームに負けたので殺さなきゃ気が済まないなんてバカそのもの。最悪な性格だな。

逃亡した犯人がいつ現れるかわからないので、当面はメグの活動は控えるべき。と話したところで真島プロデューサーが今夜のネット生中継番組に出ろと無茶言ってきたよ? 何でこんな時に…モナ子は怒って?飛び出してしまいます。でも真実は胸中の葛藤であると、絶対安静なハズの翔太郎が現れて語り出します。
fuuto171205-1.jpg
アイドル活動を辞めてプログラマーに専念したい反面、自分が出ることで喜んでくれる人が居る。そのどうしようもないジレンマに陥っていると。「思った通りやってみなよ」と、翔太郎はモナ子の背中を押すのでした。
言うべきことを言ったあと、再出血して倒れ込んでしまいました。噴水出血といえばグレート・カブキ! 今じゃ知らない人が多いかもしれませんが、頭を割られてキレイなまでに噴水のように出血してた姿は忘れられません。
fuuto171205-2.jpg
伏している翔太郎に「探偵助手だから」と、改めてモナ子を護衛することを誓う ときめ。自分の身体を酷使してまでも護衛しようとする翔太郎により目が覚めたらしい。確かに目つきが今までと違う気がするね。
「周囲にも気を配れ」との助言がいきなり的中。真島Pの行動がおかしいよ? メガネウラに最初に襲われたイベントでは姿を消してたし、今回も突然 メグになれとのムチャ振り。こりゃ美原へ密告したのも真島Pであると見たね!
fuuto171205-3.jpg
そしてメグになろうと着替えてたところに突然 美原が現れた! こりゃもう真島Pが共犯者であることは決定的ですな。そして動きを鈍くする謎能力は、メガネウラではなく真島Pがドーパントとなった際の能力じゃない? そうとしか考えられませんよ。

次週はまた休み。しかもソレが合併号であるため登場するのは12月25日発売号となります。お間違え無く。でも次週から2号連続で「究極超人あ~る」が復活掲載。何をやってくれますかね!
週刊ビッグコミックスピリッツ 2017年44号(2017年10月2日発売) [雑誌]
週刊ビッグコミックスピリッツ 2017年44号(2017年10月2日発売) [雑誌]Kindle版