gara190411.jpg
一ヶ月も前の話ですが、マジンガーZの機械獣・ガラダK7のジャンボマシンダーがジャンク品扱いでありながら525万1千円でヤフオクで落札されたことがあったのです。
E233 ポピー マジンガーZ ガラダK7 ジャンク扱い ヤフオク
gara190411-.jpg
このように頭の二本の鎌が紛失して箱も無し。それでいて500万とはかなり希少なモノなんでしょう。
gara190411-1.jpg
これは某買取店の広告。ここでは箱あり美品で600万、箱なし美品で300万だそうです。…これに比べるとやはりオークションの方が高く売れるみたいですね。ってか、数が絶対的に少ないので見つけたらの即買うというのがマニアの常識ということか。
スポンサーサイト
gacha190322.jpg
『モヤモヤさまぁ~ず』『10万円でできるかな』などで1000円ガチャに挑戦することがありますが、大須には3000円ガチャが存在します。「必ず電化製品が当たる!!」を売り文句にしており、1000円札を3枚入れればカプセルを排出。中に入ってる商品札を受付に持って行けば交換してくれるというもの。
gacha190322-.jpg
これが商品一覧。
1.iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル
2.Fire HD8タブレット 8インチHDディスプレイ 16GB
3.Dragon Touch タブレットPC
が大当たりのベスト3のようだ。他にはワイヤレスイヤホン、たい焼き器、ブルートゥースヘッドホン、フリーサウンドイヤホンFORTE 3rd、デザインポータブルスピーカー、ワイヤレスネックイヤホン、DC専用ハイパワーカークリーナー、ヘルスメーター、コーヒーメーカー、カメラ付きスマートウォッチ、コードレスケトルなど。
場所はメガタウンにあるアニメグッズ専門のゲーセン。お金に余裕のある人なら挑戦してみてください。
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を観たのなら『キャプテン・マーベル』も観なきゃダメでしょう。だって『インフィニティ・ウォー』のラストでフューリーが起動させたポケベルこそ、マーベルを呼ぶためのものだったのだから。
と、いきなり書き始めても知らない人にとっては何が何やらだね。順を追って書くにしても ただのあらすじ紹介になりかねないから、思いつくままいってみよう。

・冒頭の『MARVEL STUDIOS』のクレジット。普通ならばアイアンマンやキャプテンアメリカなどのキャラクターが登場するけれど、昨年11月に亡くなったスタン・リーを称えてスタン・リーのみが登場。スタン・リー祭りと化してます。

・そのスタン・リーは電車内の乗客の一人としてカメオ出演。すぐわかります。

・物語の時代は1995年。ビデオゲーム・ストIIの筐体があったり、インターネットがwin95で普及し始めた頃。携帯電話を持ってる人も少ないため、ポケベルが活用されてました。それが重要アイテムに化すわけです。

・ヒューリーの猫を可愛がる声に共感します。やっぱり赤ちゃん言葉になるよね? ね?

・その猫のグースが影のMVP。まさかあんなことが出来るとは! 飲み込んだ〇〇〇〇が『アベンジャーズ/エンドゲーム』のカギを握るアイテムになるのは間違いない?

・洋画の吹き替えは俳優やアイドルらがメインに起用される場合が多い中、竹中直人以外は全て声優に任せたのは好印象。やはり"餅は餅屋"であるべきで、慣れない人を声優に使うべきじゃないと思います。

ともかくマーベルのヒーロー(ヒロイン)でも最強クラスだろうキャプテン・マーベル。彼女の雄姿を観た上で来月公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観れば、きっと活躍具合に納得できるハズです。
gara190302.jpg
NHK4K放送で毎週水曜日に「ウルトラQ」を放送してるのをご存じでしょうか。ウルトラマンよりも前に放送した、ウルトラシリーズの原点である作品です。今度の水曜、3月6日の放送では第13話『ガラダマ』を放送。そこに子役時代の、声優の中尾隆聖さんと古谷徹さんが出演されています。

ウルトラQの放送は1966年ですが撮影は一年前なので1965年に撮影。中尾さんは1951年生まれ、古谷さんは1953年生まれなことから、中尾さんは14歳・古谷さんは12歳(小学六年生)当時になります。
中尾さんは宇宙からの隕石・チルソナイトを発見した守という少年で、今回のメイン子役なことからオープニングには当時使ってた「南谷 智晴」という名前で表記。
片や古谷さんは友達の満を演じるもクレジットされてません。

これはYouTudeにアゲられてる総天然色ウルトラQから。中尾さんは冒頭からリヤカーを引いてる少年。古谷さんは7:15あたりで「どうして地球と衝突しないんですか?」と訊いてる、向かって右側の子です。
最新の4Kリマスターで放送するので観られる環境の方は是非ともご覧になってください。
総天然色ウルトラQ 4 [Blu-ray] ウルトラQ Vol.4 [DVD]
総天然色ウルトラQ 4 [Blu-ray]
ウルトラQ Vol.4 [DVD]
ドラマ10「トクサツガガガ」最終回! 緊急ファンミーティング (NHK名古屋)

「トクサツガガガ」最終回に併せて、NHK名古屋が3月1日(金)に緊急ファンミーティングを開催します。ゲストにエマージェイソンのスーツアクター・岡元次郎さん、シシレオーのスーツアクター・森博嗣さん。第1部は出演者によるトークショー、第2部は最終回のライブビューイング。最終回を一緒に観て盛り上がろう!
終了時間が夜10時45分と遅くなるためご注意ください。
rin190203-1.jpg
2月3日は遠坂凛の誕生日! 「トクサツガガガ」の北代さんは自分の趣味を隠してるけど、私はオープンに言ってやる。
遠坂凛さんが好きだー! 大好きだー!!
rin190203-2.jpg
ってことでufotable Cafe NAGOYAに再び行ってきました。今回は遠坂凛バースデイということで入場者多数。開店する朝10時前にダッシュで並び、16時30分からの入場整理券となりました。すなわち6時間どこかで暇をつぶすハメに…。まぁ覚悟してたからいいけどさ。
rin190203-3.jpg
で、これが今回の収穫物。
「セイバーオルタの黒きパスタ」を注文して士郎と桜のランチョンマット
「Happy Birthday to Rin」を注文して凛とアーチャーのポストカード
・今回の目的がコレ! 2/3~2/10までの限定デザートの注文で描き下ろし特製ポストカードが貰えます
「遠坂凛」ドリンクを注文してコースター
rin190203-4.jpg
そしてこれが購入物。遠坂凛のランチョンマットケースと、Fate UBWの11話のクリアファイル。ランチョンマットケースは大きなクリアファイルと言えるもので、そのままポスターにしても差し支えないですね。
fate190119.jpg
「劇場版 Fate/stay night[HF]」を観た影響で名古屋・大須のufotable Cafe NAGOYAに行ってきました(正直、14日に行ってきました)。2014年に開店して以来、行ったのは初。それだけ今回の映画が心に残ったわけで。
店内は写真撮影不可なので詳しくはお伝えできせんが、店内では映画の予告編が繰り返し流されており、座席シートもFateキャラになっていて雰囲気を漂わせていました。
fate190119-.jpg
これが食べ物一品につきランダムで一枚もらえるランチョンマット。桜の原画?の複製です。凛好きな私ですが、この絵ならもらって満足です。
fate190119-1.jpg
そして買ってきたもの。左は凛のクリアファイル。お店のオリジナル?で他にも種類が山のようにありました。それだけ多数のファン用に作ったんですね。
右上はFate/stay night UBWの複製ミニ色紙(A)。全22種類がランダムに入ってる中、凛を一発で引き当てました。これは春から縁起がいいや。
そして劇場版グッズの「大切な人からもらった大事な物」というタイトルのキーホルダー。観た人なら分かるでしょうが、効果的に使われたものです。映画館では売り切れてたのでここで買えてラッキー! これは使ってこそ価値があるものだから、早速 車のキーに取り付けてます。

カフェは入れ替え制になっており整理券をもらわないと食事できません。けれどグッスを買うだけなら整理券なしでも入れます。ただし入れ替え制に連動した時間での制限になってるので詳細は直接行くか、TELして訊いてみてください。