上映が始まって三週間あまりになってようやく観てきました。あ、ネタばれがあるのでご注意ください。
冒頭からいきなり大和の最期の戦いである坊ノ岬海戦から始まります。ここで描かれるのは25ミリ機銃の隊員たち。いくら撃とうが滅多に当たるものじゃありません。当たったところでパラシュートで脱出した飛行士にはすぐさま救助飛行艇が駆けつけて飛び去っていく。これを見せつけられた隊員は驚くと同時に、戦闘員に対する考え方の違いと国力差を思い知らされるのでした。

左舷に集中砲火を浴びた大和は大きく左に傾いていき、甲板の船員たちは次々と落ちていく。落ちまいとぶら下がるけれど力尽き、あちこちぶつけながら落ちていく姿は痛ましかったな。生き残った人によれば甲板は爆撃によって血の海になっており、肉片が散らかっていたというじゃないですか。さすがに映画ではそこまでの描写はないけれど、転覆して船体が折れて大爆発する姿を 落ちた隊員の目線から描いたのはリアルそのもの。つーか、ここまでリアルに大和の最期を描いた映画も珍しいかと。

さて、本編は言うまでもなく巨大戦艦を作ろうという推進派と、戦艦よりも空母にすべきという反対派との争い。双方の予定建造費を比べてみると戦艦の方が空母よりも安くなってる! そりゃおかしいだろうと反対派は非難するけれど、推進派は揺るがない。だって本来なら公平であるべきの海軍大臣が推進派なのだから。

そこで反対派の山本五十六は100年に一人と言われる天才数学者の櫂を招き、数学の面から新造戦艦の建造費がデタラメであることを証明することになります。けれど反対派からは詳しい資料の提出が無いばかりか、ことごとく関係者に口止めして四面楚歌状態の櫂。それでもやっとのことで協力者を得るも、今度は決定会議の日時を早めて あくまで櫂のやることを妨害し続けます。
このような苦難・試練に遭いながらも会議の席において大逆転の真実を発表するところは非常に胸のスカッとするところ。この映画を爽快娯楽映画で終わりたいならここでの退席をお奨めします。

けれど史実において新造戦艦の大和は造られてしまいます。それが会議の後の約10分。なぜ大和を造らなければいけないのかが語られ、これには櫂も観客も納得してしまう説得力があるのですよ。その結果、考えさせられて映画館を後にすることになるのでご注意ください。つまり爽快感のまま終わりたいなら会議のところで退席し、重々しい気持ちになりたいなら最後まで居ろってことで。

あと細かな点。
・山本五十六が日露戦争で左手の指二本を失くしたのは知っていたので注視してたけど、最初からありませんでした。やはりそういうミスはしないか。
・大和が新造された姿は両舷に副砲あり。やはりここでも25ミリ機銃をゴチャゴチャつけるようなミスはしないね。
スポンサーサイト
akuma190814.jpg
名古屋には「浜乙女」という、海苔や ふりかけなどを販売している食品メーカーがあるんです。そこが8月1日から発売を開始した新商品が「混ぜ込み 悪魔めし」。
どう見ても「悪魔のおにぎり」を意識してるとしか思えません!
"混ぜご飯の素"でして、原材料も天かす・天つゆ(顆粒)・青のり・青じそなど「悪魔のおにぎり」とほぼ一緒。だから自宅で「悪魔のおにぎり」(とほぼ一緒のもの)が作れちゃいます。
ちなみに一袋130円。20g入っており、お茶碗ほぼ2杯分(約320g)の混ぜご飯ができます。
浜乙女 新商品
cos190805-1.jpg
昨日の話になりますが世界コスプレサミット2019に行ってきました。参加国は毎年増え続けて今年は42ヶ国に。もっとも事情により2国が来られなくなって40ヶ国になりましたが。

で、いきなり発表すると「モンスターハンター:ワールド」を演じたオーストラリアが初栄冠に輝きました。ハンターの先輩・後輩がモンスター退治に挑むというシナリオで、特訓・戦闘が時間内にコンパクトにまとめられていたのが大きく影響したと思われます。他の演技でも戦闘はもちろんありますが、時間内に見せるために投げっぱなしで終わるのがほとんど。その点、特訓と戦闘後も描いたオーストラリアはワンランク上を行きました。
あと、「Fate/Apocrypha」を題材にしたのが3ヶ国もありました。いま世界的にはコレが人気なんでしょうか?
cos190805.jpg
これはオアシス21にあった「京アニに祈りを」のメッセージボード(というか布)。京アニに対する思いを紙に書いて貼り付けるようになってました。
cos190805-2.jpg
このようなメッセージが書き込まれてました。この紙はこの後どうなるんでしょ?
cos190804-4.jpg
この二つは公式パンフにあった描き下ろし漫画。共に4ページで英語訳もあるバイリンガル仕様。
上 八十亀ちゃんかんさつにっき   マナーを教えるといった内容
下 教えて!!コス姉さん   ビオレの宣伝漫画といった内容でした

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzerを観てきた
平成を締めくくる最後のライダー映画で、まぁそこそこ楽しめました。ネタばれするけど結局ソウゴはオウマジオウになっちゃうんだ。いやそれよりも何よりも、ある人物が登場するインパクトがデカすぎる!
仮面ノリダーこと木梨猛が登場するなんて!
仮面ライダーになりたくてもなれなかった男として登場してソウゴを励ますわけですが、完全に当時の視聴者向けだね。こりゃ。今の子供が観たところでたぶん何のことやらサッパリだったことだろうなぁ。
aoki190717-.jpg
東海地区のみでチェーン店を展開しているアオキーズ・ピザ。コラボ企画に積極的で、しかも奇抜な商品を出すことで知られてます。
aoki190717.jpg
これは過去にあったブラックサンダーがそのまま乗ったピザや、オリエンタルカレーが乗ったカレーピザ。2015年には台湾ラーメン発祥の店「味仙」とコラボした台湾ピザなんてのもありました。
アオキーズ・ピザ×ご当地コラボヒストリー

そして今回コラボしたのが高須クリニック。食べ物と関係ないやん! というツッコミが聞こえてきそうです。でも何で高須クリニック? と思われるでしょうが、高須院長が愛知県西尾市出身だから充分に"ご当地コラボ"なわけよ。
タコスっぽいミートに黒い肉も入ってるからタコスクロニック。期間限定コラボなだけにお店が近くにあるなら頼んでみよう!
頼む時はもちろんイエス!タコスクロニック!

oka190603.jpg
「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」といったら2012年の夏に岡山県の備前長船刀剣博物館で初めて開催して以来、ずっと全国を巡回してきました。愛知県岡崎市はその二番目の開催地で、当時の私も記事にしています。
愛知県岡崎市で開催中の「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」に行ってきた(2012/12/6)

あれから6年が経った今月、再び同じ会場で催されることになりました。催事物を同じ会場で再びやるって珍しくないですか? ま、その当時には無かった新たな展示物も増えてるようなのでまた行きますけどね。
で、上の画像のように市の広報誌では表紙を含む3ページに特集されてます。
oka190603-

市が広報誌を使ってアニメキャラを載せていることに正直驚きました。ならば以前の時も載せてくれれば良かったのに! これというのも岡崎城は世界コスプレサミットに協力して、岡崎城でのコスプレ撮影を推奨してるのが原因なのかもしれないね。
5gatsu2ka.jpg
本日5月2日は「魔法先生ネギま!」のネギ先生と、「禁書目録」「超電磁砲」の御坂美琴の誕生日です。おめでとうございます!
ってゆーか、その両方の声優を務めた佐藤利奈さんの誕生日です。キャラの誕生日を声優さんの誕生日に合わせるようになったのは、最初かどうかは知らないけれどエヴァンゲリオンがきっかけだった記憶があります。
たまにはこういうのもあってもいいじゃん! 平成生まれで昭和を知らない人も居るでしょ。
昭和最後の日となった1989年(昭和64年)1月7日は土曜日でした。当時 名古屋の同人誌印刷店・プリンプリントに勤務していた私は、いつも道りに出勤すべく電車に乗ったところ。駅のホームにおいて女性が「天皇が亡くなったって」と聞いたのが、私にとっての昭和天皇崩御の第一報でした。

当時の天皇は長い間 病床に伏されており、NHKは万が一に備えて(すぐにニュース速報が出せるよう)一晩中 皇居の橋の映像を流してたんですよ。また昭和63年(1988年)にセリーグ優勝を果たしたドラゴンズは祝うことを自粛してビールかけをしなかったりと、何かと自粛ムードが漂っていたのが この時期でした。

会社でもこの話題となり、テレビでは昭和天皇の生い立ちとか元号が変わる話題で大騒ぎでしたね。天皇崩御で最も驚いたのは帰りで駅に着いてのこと。いつもならパチンコ店のネオンや飲食店の看板などで照らされてる駅前が、ほぼ真っ暗なんですよ。どの店も営業を自粛してやってないんです。だから昭和最後の夜=真っ暗というイメージが今でも強く印象に残ってます。

それに対して令和は歓迎ムードで向かえることから、ずいぶんと対極的だなーと思うよ!