gaisen210102.jpg
このご時世に出かけるとはけしからん! なんて言うなー! 前から行ってみたかったんだよ。隣県だし屋外だし。
で、凱旋門といったらパリを思い出す人がほとんどでしょう。けれど日本にも凱旋門はあるのですよ。明治38年(1905年)に日露戦争に勝ったのを記念して、帰還した兵士を出迎えるための凱旋門が全国各地に作られました。大抵のものは簡単な作り(ハリボテ)をしており一定期間が過ぎたら取り壊されたものの、ここのはレンガ造りでしっかりしていたことから今も残ってるというわけね。ちなみに現在残っている凱旋門はここと、鹿児島県姶良市にある二つだけとのこと。

それにしても我が家から1時間半もかからずに着くとは驚きました。浜松でも愛知県に近い側だったのね。新東名高速道路の引佐インターを降り、車で10分ぐらいの所にある浜松市引佐町渋川という町です。
gaisen210102-.jpg
見にくいですが右から「凱旋記念門」とあります。申し遅れましたがここは六所神社の入口にあたる場所で、通り過ぎたら鳥居があって階段を昇れば本社に辿り着けます。
gaisen210102-2.jpg
これは門を通って上から撮ったもの。光の加減もあって正面よりもダメージの具合がハッキリわかります。正式には1906年に建てられたものだから115年も経過しており、相応の劣化は当然か。でも国登録の有形文化財になってるので保存にはそれなり経費が使われてるんじゃないでしょうか。
gaisen210102-3.jpg
ちなみにごく近いところには樹齢600年といわれる大イチョウの樹があります。そこの前に塩鉄バスの「渋川大いちょう前」停留所があるのですが、その時刻表を見て驚いたヨ!
gaisen210102-4.jpg
バスが来るのは平日の朝7時19分の1本のみ! 後は全てありません。このバスに乗った人はどうやって戻るのでしょう? つーか、こんな時刻表はテレビでも観たことねーよ!
gaisen210102-5.jpg
最後は ひなたぼっこをしていたネコちゃんをパチリ。首輪がないので恐らく野良。警戒心が強いようで手を差し伸べても身を引いてしまってナデナデ出来なくて残念でした。
スポンサーサイト



shiga201224.jpg
私にとって忘れられないアイドル・志賀真理子さん。NHK「どんなモンダイQテレビ」で初めて見て"カワイイ子だなぁ"と思ったのが最初の出会いでした。その後「魔法のアイドル パステルユーミ」で主演声優とOP・EDを歌うなど活躍したものの、三年後に突然の事故死。わずか19歳で生涯を終えるなんて悲し過ぎますよ…
まぁこの件は4年前にも書いたことがあるのでご参考ください。
今年も志賀真理子さんが夭逝した日を迎えます

で、本日はタワーレコード限定でファーストアルバム「mariko」が再販したものだから予約して買って来ましたよ!
mariko (+9)<タワーレコード限定> (タワーレコード)
実はこれが最初の再販ではなく三度目ぐらい。その度にボーナストラックが増えて、今回が最多の9曲追加。本来10曲収録だったアルバムが19曲になってるのだからお得感満載デス!

その中にはもちろん「金のリボンでRockして」が入ってるので何度も聞くぞ聞いちゃうぞ。アニメは打ち切りという残念な結果となりました。内容がイマイチだったことは私も認めるところ。 けどさ 志賀真理子さんのことを思うとこの作品を悪く言うことは人として・人間として許せないんです! だから今後 再放送で観る機会があるのなら、せめて口にはしないでくれと願います。
edogawa201114-2.jpg
私が小学生の頃、学校の図書室でよく借りて読んでいたのは怪人二十面相とか少年探偵団の推理物。その作者である江戸川乱歩が少年期に名古屋に住んでいたのは知っていたけれど、名古屋には乱歩に関する史跡とか展示物がほとんど全く無いんです。それを長い間 口惜しく思ってましたが、栄に記念碑が建てられた(後述)のを機にこういう企画展も開催。ならば行くしかないってことで行ってきました。

といっても場内は写真撮影禁止なので見せることはできないのですがね(笑)。旧江戸川乱歩邸や三重の江戸川乱歩館などから借りた資料や、名古屋に住んでいた場所を紹介する(乱歩は生涯40回以上引っ越ししましたが、名古屋でも5・6回引っ越してます)などしてました。
展示物は多くはありませんが「名古屋でやってくれた」ことが私としては嬉しいです。東京の自宅にあった膨大な書物を納めてある倉"幻影城"は一度は行ってみたいと思ってます。
edogawa201114-.jpg
で、企画展をしている名古屋市市政資料館に初めて行ったけれどスゲーよここ! 大正時代に建てられた旧名古屋裁判所庁舎をそっくりそのまま資料館にしており、レトロな雰囲気が身をもって体感できます。
edogawa201114-3.jpg
正面から入ったところにある階段。まるで宮殿のようでした。この様式からTV・映画の撮影にも使われてるそうで「坂の上の雲」「謝罪の王様」などで撮ったとか。
そして場所は繁華街の栄へ。
edogawa201114.jpg
これが10月31日に建てられた記念碑。名古屋市中区の旧居跡近くに建てられました。
ミステリー・探偵小説の父・江戸川乱歩を育んだ名古屋に記念碑を建てよう!
↑このクラウドファンディングが資金源となってます。記念碑のシルエットはルパンじゃないぞ。怪人二十面相だからな! ようやく名古屋でも乱歩の史跡ができたことが嬉しいね。
そのついでにサンシャイン栄も見てきました。鬼滅の刃とコラボしている観覧車です。
kime201114.jpg
観覧車の一つ一つにキャラクターが施されており、炭治郎たち四人と柱全員分ありました。このコラボは明日までだから行ける人は行こう。
kime201114-.jpg
25年前の出来事でありプロレスに興味のない人にとっては全くわからないでしょうが、1995年10月9日には新日本プロレスとUWFインターナショナルが全面対決するという信じられない出来事があったんですよ!
当時の両団体は犬猿の仲。水と油のように決して交わらないと思っていたのが急遽、全試合で対決するという考えられない試合が決定したものだから凄く驚いたのなんの。

これは当時の深夜番組「トゥナイト・II」で放送された速報&ドキュメント。平日であったのにも関わらず東京ドームには6万7千人もの人が集まったというのだから関心の高さがわかるというもの。また新日ファンとUインターファンとがあちこちで言い争い喧嘩まで起こしていたらしく、それだけファンも真剣にプロレスにのめり込んでいたのでしょうね。

メインは武藤vs高田。当初は高田がローキックで武藤を攻め立て攻勢に出るも、武藤が起死回生のドラゴンスクリューで高田の右足を"破壊"。そのまま攻め立てて最後は昔ながらの関節技である四の字固めで決着したのは、関節技をウリにしたUWFへの皮肉だろうか。

高田が退場する際に熱心なUWFファンから「前田が泣いてるぞ」と何度もヤジを浴びせられます。でも当の前田はこの試合に大して興味を持っておらず、もちろん泣いてなかったと前田自身が語ってます。
yowa200814.jpg
何気に気になったので観てきました。観客のほぼ9割が女性という肩身の狭い気分でしたが。これというのも主演がジャニーズの永瀬廉など、イケメン揃いなのが原因でしょう。だからこそアイドル映画になるのでは? と危惧してたのですが…
すげー青春映画になってて感動したよっ!!
ストーリーは原作同様に坂道と今泉の出会い・勝負から、インターハイ千葉県予選までを映像化。よって箱学や御堂筋は出ません。しかしインターハイでの坂道の落車と最下位からの百人抜きをブチこんでるので、原作の良いとこ取りだからドラマティックなストーリーになるのは当然か。

感動できるのは坂道だけの物語じゃないところかな。今泉・鳴子・金城・巻島・田所たちチームメイトが「自分のやれることを精一杯やる」のを充分見せてバトンを繋いでいく姿が爽快なんですよ。特に今泉。中学時代に抜かれた経験(名前は出てないけど相手が御堂筋だろうことは明白)から今イチ殻を破れないでいた。けれど坂道の頑張りでゴール近くまで引いてもらった想いを受け取り、ゴールまで全力疾走するところは観客としても応援したくなるね!

ちなみに↑の写真は入場特典のミニクリアファイル。なんか早くも無くなってるところがあるらしいので欲しい人はお早めに。裏面は描き下ろしイラストです。

これが映画冒頭の坂道がアニソンを口ずさみながら走るところ。アニメ版の歌と違って、よりアニソンな楽曲になりました。

・明日は『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」』に行くぜ
fate200814-.jpg
もちろん初日舞台挨拶のやつな。深夜のチケット争奪戦はけっこう焦ったよ。もちろん翌日までには完売してたので、もし忘れてたら悔いが残っただろう。
一作目では真アサシンとランサー、二作目ではセイバーオルタとバーサーカーが名バトルとなりました。今回はいったい誰になるのかな? 凛好きな私としては活躍できないまでも死んで欲しくありません。
fate200814.jpg
で、このTシャツを着ていくゼ!(笑)
輸入品のため正式な版権が降りてるかどうか知らんけど、凛と共に会場に訪れることをやってみたかったわけよ。もちろんグッズは凛のものだけ買います。
fate200224.jpg
新型コロナウィルスの感染拡大が叫ばれる中、愛知県からわざわざ行ってきましたぜ。
だって凛が好きだから!
期間中、凛がメインのUBWをテーマにした展示は24日まで。ならばこの三連休に行くしかないじゃーんてことですよ。
会場となったソニーミュージック六本木ミュージアムは、都営大江戸線 麻布十番駅からは坂を上った場所にありました。上の写真は近未来っぽい森ビルをバックにあえて撮影。いざとなったらあの屋上から砲塔が伸びて迎撃すると共に、円柱部分が開いてミサイルが発射されると聞きました。見た人けっこういるんじゃないですかー??
fate200224-.jpg
これは入口付近。手前にはセイバーのイラストがありますけど、私にとっては凛さえ撮れればいいんです!
ちなみに12時入場のチケットを買ったものの、10時の入場者が少なかったのか11時には入場開始となりました。ハッキリ言って時間別のチケットを販売する理由がわかりませんね。
fate200224-2.jpg
入ってすぐそこにあるのはほぼ等身大のセイバー。ここは撮影可能のスポットなので並んで撮った人もいるでしょう。
オープニングシアターは約3分ほどでFate/stay nighの登場メンバーをダイジェストで紹介する内容であとは色々。那須きのこ氏が高校時代に書いた小説の生原稿とか、仕事場の机の再現など、マニアックなものはもちろんなこと よく見たことのあるイラスト展示もありました。
多くのクリエイターが描いたFateキャラの色紙展示があったけれど、これは写真撮影はOKだけれどSNSには投稿不可というものなので実際にご覧ください。私は言うまでもなく凛のイラストが描かれてるものだけを撮影(笑)。こればっかだな。
fate200224-3.jpg
はい、これが入場者特典。右から入場チケット、TYPE-MOON展ガイドマテリアル、Return to AVAALON -武内崇 Fate ART WORKS- art material。内容は全三部の展示ごとに一新されます。27日からの“Heaven’s Feel” では表紙が桜になるでしょうね。
fate200224-4.jpg
そして買ったグッズがこれだ。ポスター、タペストリー、クリアファイル、アクリルマスコット2種、テレホンカードの全て凛だけの6点。占めて7千ちょっとしたけど凛のためなら惜しくはないぜ。つーか、なぜ今頃になってテレホンカードをグッズ化したのか不思議。せめてクオカードにできなかったのだろうか。
jousen200216-3.jpg
昨年末、愛知県豊川市にある浄泉寺というお寺が萌えな御朱印を出しているという件が話題になりました。
【愛知】浄泉寺で新たにいただけるようになったステキな【御朱印】
愛知県のお寺の住職が自らデザインして描いた御朱印帳がすごい

同じ県内に住んでるので行ってみようかと思ったけれど、肝心の御朱印帳を持ってないのでイマイチ行く気になれませんでした。けれど本日、特製の御朱印帳が再販されるというので朝早くから行ってきましたヨ! どうせ買うなら市販されてるのよりは遥かにマシですから。朝8時ぐらいの段階で既に30名弱が並んでる人気ぶり。駐車場には浜松とか静岡とか足立ナンバーの車があり、遠方からも来場してることを実感。一番の人は前日から来ていた模様。すごいね。
jousen200216-1.jpg
これが本堂で右が割烹着を着た聖観音菩薩、左がラムちゃん風な馬頭観音。御朱印日だけイラストを飾るようです。
10時15分ぐらいから始まり、30番台だった私は12時半ぐらいから書いてもらいました。
jousen200216.jpg
これが御朱印帳の表紙と中。中身のイラスト部分は印刷ですが(見えないけど金の部分は手塗り)、他は手書き。
jousen200216-2.jpg
御朱印帳にはごく普通に文字だけ書いてもらうことも出来ますが、このカラー印刷の半紙を購入すれば名前と日付を記入してくれて、これを御朱印帳に貼る格好になります。イラストは1・2ヵ月ぐらいで別になるらしく、それを収集していくわけですな。
jousen200216-.jpg
そしてこれが書いてもらったもの。節分で鬼に扮した馬頭観音が「災厄」をトゲトゲハンマーで打ち砕くといったイメージでしょうか。馬頭観音といったら私は諸星大二郎の「暗黒神話」を思い出すのだけど、多くの人は知らんわなぁ。
御朱印日の情報などは浄泉寺住職のインスタグラムをご覧ください。