kenshin190604.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第16幕
冒頭は五稜郭に囚われている凍座から。はて、コイツが居たのは五稜郭だっけ? まぁいいや。土居が例によって地中から現れて、実検戦闘の第三弾が始まると聞かされて嬉々とする表情を見せます。

一方で五稜郭近くの陸軍兵舎に剣心と左之助は立ち寄った。斎藤が呼び出したからだ。その理由が上の画像。特注で作らせた隊士用の外套(コート)を渡すためです。北海道の冬は早いし、制服があると隊の結束が固くなる利便も考えてのこと。ただし裏地にはダンダラ模様が入っていると聞いて「それ居る?」と二人は渋い顔。特に剣心にとっては宿敵だっただけに「そんなの着れるかー」ってところでしょうか。

斎藤は三島栄次に劍客兵器討伐隊へ参加するよう伝え、喜んで受けました。
kenshin190604-.jpg
ところが剣心は意外にも大反対。「栄次にこの任務は過酷すぎる」と突っぱねます。栄次の直談判にも耳を貸さないことに佐之助も理由がわからない。けれど張と鎌足が入ってきたことで反対する理由が飲からもみ込めました。「この任務は過酷すぎる」と言ったのは"精神的に耐え難い"という意味だったのです。

そして瀬田宗次郎。栄次は一目見るや新月村での悪夢を思い出して血が沸騰。
kenshin190604-1.jpg
銃を突き付けて仇を討とうとします。対する宗次郎は「誰だか知らないけどゴメンなさい」と、気持ちの入ってない ありきたりな言い方だったことに栄次はもうプッツンだ!
kenshin190604-2.jpg
けれど引き金を引く寸前で顔面土下座させたのは安慈和尚。さすが空気を読んでらっしゃる。「今は戦力が要る時 許せとは言わない 今暫し耐えて欲しい」と言われちゃ唾を飲み込むしかありません。杉村義衛からも止められたしね。
ここのところの気持ちを対比するように表したのが次の画像だと思います。
kenshin190604-3.jpg
斎藤や張や宗次郎たち5人は白抜きで描かれ、栄次は黒塗り。これはまだ心中に闇を抱えているから黒塗りになったんじゃなかろうか。考え抜いた果てに栄次が下した判断は!?

来月は休載だそうで再開は8月。たぶん8月2日発売のコミックス3巻と同時発売になるのでは。
スポンサーサイト
kenshin190501.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第15幕
剣心たちには元新撰組の永倉新八や、元十本刀の瀬田・安慈・張・鎌足・蝙也らが仲間に加わった。大幅な増強になったとはいえ私たちは劍客兵器の全容をまだ知らない。今回はその劍客兵器のターンです。

北海道の某所に集結したのは劍客兵器の部隊将たち五人。本当は七人だそうです。右から
髏號(ろごう)・雹辺
覇號(はごう)・寒郷 豪
仁號(にごう)・冬甲斐
宝號(ほごう)・霜門寺
変號(へごう)・冷泉
〇號というのは劍客兵器内での称号のようで、部隊将ならずとも號をつける人は居ます。地面に潜るのが得意な土居は地號だし、第9幕において噴進弾(ミサイル)を飛ばした男は飛號でした。恐らく下っ端以外は〇號って付くんじゃないの? たぶん。
彼らは劍客兵器の頭領に活動を開始した報告のために集まったようだ。
kenshin190501-.jpg
その頭領に呼ばれたのは札幌の樺戸収治監を襲撃したリーダーの覇號・寒郷 豪。…えーと、この人「科学戦隊ダイナマン」のメギド王子じゃないよね?
megido190501.jpg
目的としていた猛者の二名(永倉と安慈)の勧誘はできなかったけれど、頭領は全てが上手くいくとは思ってないとお咎めなし。寒郷としても望みとあらば自分一人で敵をせん滅してみせると豪語します。
その場において こそこそ喋り出すヤツがいた。宝號の霜門寺だ。あぁどんな場所でもこんなヤツいるよね。仁號の冬甲斐が止めるのを聞かずに一方的に話し掛けてきたよ。
kenshin190501-1.jpg
凍座白也はどうした? とのこと。これにより異號を名乗っていた凍座も部隊将と判明。ならば来てないあと一人は誰? 捕虜となってるのが気に入らないらしい。本来なら権宮のハズなのに、勝手にやってサボってるんじゃないのとでも思ってるんでしょう。
頭領はこれにも目をつむり、帰ってきたら叱っておくと明言。改めて予定通りに事が進むと限らないので、大枠でしくじらなければ現場の裁量に任せるとします。
kenshin190501-2.jpg
そして実検戦闘の第三弾の準備が整ったということで出立する一同。頭領は冬が来て雪が深くなる前には目的を達したいと思っているようです。

一方、剣心たち。阿爛・明日郎・旭の三人を「"ア"の三馬鹿」と称して、手が空いたときは薫の父親探しに使うことになった模様。剣心・斎藤・永倉の三人は親睦を兼ねて碧血碑の前で酒盛りです。斎藤と永倉はともかく、敵対していた剣心とはいきなり仲が良くなるものかね!? そういや新撰組の人たちは明治になって名前を変える人がけっこう居たってね。これはかなり恨まれていたようで、復讐を避けるために別人になる必要があったとも言われてます。
kenshin190501-3.jpg
この席において斎藤が愛用していた刀剣が全て砕けたことを知った剣心。そこで五年ぶりの再会で違和感を覚えたことを思い出す。昔あった、今にも牙を剝かんと突き立てていた殺気が衰えていたことでした。
生死がすぐ近くにあった幕末とは違い、今は比較的平和な世の中。この時代に しっくり来る適切な刀が見つかるのだろうか?
kenshin190501-4.jpg
そして碧血碑に誓う三人。平和になった現代をまた動乱の世に変えてはいけないと──
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚― モノクロ版【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) るろうに剣心―明治剣客浪漫譚― モノクロ版【期間限定無料】 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚― モノクロ版【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚― モノクロ版【期間限定無料】 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)
*現在Kindle版の1巻2巻が無料で手に入ります(期間限定)
kenshin190404.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第14幕
箱館戦争における旧幕府軍側の戦死者の慰霊碑「碧血碑」に連れて来られた剣心たち。斎藤は独自に"猛者"を選別し、ここで合流するそうだ。 だが その前に──
と言うや、鎖分銅と 細長い薄刃が剣心と左之助を襲う! 無論、薙ぎ払う二人。空からは蝙蝠男ならぬ、十本刀の飛翔の蝙也が舞い降りた。ってことは…と現れたのが上の画像の 刀狩りの張と、大鎌の鎌足です。

これは嬉しい誤算! 北海道編はあらかじめ登場予定人物がwikiに書いてあったけれど、この三人は書かれてなかったのでマジで驚きましたね。でも斎藤いわく「十本刀の下の方」と、ぞんざいな扱いにされてます。裏切ったら問答無用で死罪な反面、任務を遂行すれば無罪放免。更に希望すること一つを叶えてくれる特典付きで参加したそうだ。
kenshin190404-.jpg
ちなみに張は極上の刀を一振り、蝙也は新型飛行機器の研究開発、鎌足はヒ・ミ・ツとのこと。この明治15年はまだ飛行機が開発される前なのに、蝙也は何を研究するんだろうね?
そして本命の三人が登場。杉村義衛と宗次郎と安慈和尚です。
kenshin190404-1.jpg
師弟関係にあるこの二人。特に左之助の方が再会できて嬉しがってるみたい。安慈は足からも「二重の極み」を繰り出せることから近接戦においては心強いだろう。
kenshin190404-2.jpg
片や宗次郎は味方になる理由を語る。正しいのは志々雄か剣心か…答えを探して全国を流浪したけどわからなかった。ならば今度は剣心と一緒に戦えば少しは答えの手掛かりになるかと思って参加したそうだ。
kenshin190404-3.jpg
そして剣心にとっては15年ぶりぐらいの再会となる、杉村義衛こと元・新選組二番隊組長の永倉新八も参加。大雑把な性格らしく、斎藤と剣心が池田屋事件に参加してたと勘違いしてた模様。ちなみに新選組の隊員たちは結構恨まれてたようで、明治になって名前を変えたのは復讐から逃れる一面もあったと聞きます。
この度の"劍客兵器討伐隊"の隊長は斎藤、副隊長に剣心が就くことににりました。
kenshin190404-4.jpg
そして全員横並びの記念写真な一枚。かつて敵だった者たちが仲間になる展開はやはり燃えますね。でも蝙也って実際どーよ? 弥彦に負けたヤツが劍客兵器に勝てるとは とても思えないのだが。
kenshin190303.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第13幕
剣心は京都の料亭 葵屋──隠密御庭番衆の翁に連絡を取っていた。それは四乃森蒼紫の協力と、師匠である比古清十郎への連絡。その返事が届いたのですが…いいものではありませんでした。葵屋の面々は皆 所帯持ちになっており荒事に巻き込みたくない。
kenshin190303-.jpg
身内の不祥事につき詳細は伏せるも、蒼紫は とある任務の遂行中とのこと。それがこのコマ。斧を持った男と対峙してます。はて、御庭番衆にはこのような男は居なかったけど…誰なんでしょ? 裏切ったってこと?
操は例によって蒼紫を追っており、これまた望み薄。二人とも連絡は取れるので任務が ひと段落つき次第、そちらに向かうよう伝えてくれるそうだ。
次に清十郎も「良い水と土と美味い酒を探しに行く」と告げて丸一年帰ってきてないそうで、こちらはかなり時間がかかるらしい。

実は剣心が協力を仰いだのは凍座(いてくら)の「如何にお前が最強でも一人では足らん 猛者を集めるのだ」と言われたから。でも自分が知る限りの助っ人は、この通りに期待できなくなってしまった。当面の戦力は拙者と左之助の二人のみ。どうすれば…と悩んでいたら、こいつ↓が登場ですよ!
kenshin190303-2.jpg
斎藤一と五年ぶりに再会です
凍座に左腕を折られて包帯で吊ったまま。湯の川温泉で湯治したので いらぬ世話だと語るも、さすがにこんな短期間で治るとは思えないけどね! 着いて来いと言われて向かった先は函館山の山麓北東部。人里離れたこの場所に建っていたのは碧血碑でした。
kenshin190303-3.jpg
碧血碑とは箱館戦争における旧幕府軍の戦死者の慰霊碑。土方歳三ら約800人を弔ってます。
でもなぜここに? 斎藤は援軍の招集には手こずるだろうと思って、独自に選別した者たちを集めたそうだ。
kenshin190303-4.jpg
その者たちとの合流場所がここ。つまりここで杉村義衛(永倉新八)、瀬田宗次郎、安慈和尚と会うことに! だったら次回は絶対見逃せませんよ。かつての敵が仲間になる展開はワクワクですわ!
るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 2 (ジャンプコミックス)
るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 2 (ジャンプコミックス)
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
kenshin190202.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第12幕
私が闇乃武だとバレたら抜刀斎に殺される──と思い込んで行方をくらましていた旭。明日郎は無理にでも連れ戻そうとしたところ、今まで見せた事の無い組手を使って明日郎を倒してしまう。さすが闇乃武に仕込まれただけのことはあります! 本気を出した抜刀斎はもっと強い、上には上がいるから逃げるのが一番だと帰る気は無いようだ。

喧嘩別れしようとする二人を繋ぎ止めたのは阿爛でした。
明日郎にはボコボコ顔でイキがっても負け惜しみにしか聞こえない
旭には逃げ延びたところでハリトリス正教会のようなキラキラはない
kenshin190202-.jpg
突っ掛かるだけではダメ 逃げるだけでもダメ 僕達は上手く立ち回らなくちゃいけないんだと二人を諭します。明日郎も阿爛も旭も、何かしら公にしたくないものを持っている。だから敵にするのではなく味方にしろというわけですな。
こうして旅館に戻った三人。旭は剣心と薫を前にして内心ビクビクしてましたけど、「誰だって話したくない過去の一つや二つはある」「とにかく無事で何より」と予想外のことを言われてビックリ。そりゃそうでしょう!
kenshin190202-1.jpg
意外と汲みし易いぞ!! と思っちゃったから。つまりなんだ、「結構チョロイ」と感じたのね。否定はしませんが いつまでもそうだと思ってたら倍返しぐらいは覚悟しておいた方がいいぞ!
後日、三島栄次から連絡が入る。京都から電報が入ったというのだ。剣心は先の凍座の尋問に出向いた際、連絡を入れておいたそうだ。
kenshin190202-2.jpg
    その相手は隠密御庭番衆!
となると操はもちろん、四乃森蒼紫も助っ人で参上するのか!? 「人誅編」において既に味方な存在でしたから、これは頼もしい仲間になりそうです。
るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 2 (ジャンプコミックス)
るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 2 (ジャンプコミックス)
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
kenshin190104.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第11幕
第9幕にて札幌の樺戸集治監(刑務所)から函館に向かったという、剣道師範役の杉村義衛が今回の主役でしょう。名前で調べれば分かるけれど、この人は元新選組の永倉新八なんですよ! 明治6年になって名前を変えました。『新選組最強は誰?』なんてよくありますが私は永倉新八説を信じているのでこの登場は嬉しいな。

峠の茶屋で手配書の男が強盗をしているところに杉村義衛が登場。何ら憶することなく名物の"はしかぷ餅"を注文する。ちなみに この餅を検索してもヒットしないことから作者の完全な創作のようです。人質となってる娘が助けを求めても応じないのは、他に目的があるからなのか?
kenshin190104-.jpg
瀬田宗次郎がいきなり登場!
顔を隠すなど前振りなんていらない! 最初から最後までクライマックスな人物なようです。名物の はしかぷ餅を毎年食べにくるらしく、杉村はそれを知って待っていたようです。
函館まで同行を願うとするも、はいそうですかと瀬田がすんなり請けるわけがない。警察だってこの五年間、伊達に行方を追跡していただけじゃない。逮捕しなかったのは多大な犠牲が出るからだ。面と向かって現れた杉村は、瀬田を捕らえるに充分な技量を持ち合わせているからこそ!

そこで始まる二人の戦い。「縮地の三歩手前からいきます」とわざわざ告げて繰り出す瀬田は余裕の表れか? その攻撃をことごとく躱す杉村。
kenshin190104-1.jpg
「参ったね」とするも予想外の動きに、瀬田も少なからず認めたようだ。過去の三人の強者と同格だということを。
縮地を破れる人……志々雄?
実際に破った人……剣心
差し違えても破りそうな人……斎藤?  三人はこれで合ってますかね?

今度は「縮地の二歩手前から」と、速さは一層 増した。その剣を受け止めるだけでなく、刀を通じて身体の重心を抑え込んだ杉村。
kenshin190104-2.jpg
動きたくとも動けない。瀬田にとっては初めてのことだろう。杉村の得意技は受ける・崩す・叩き斬るの三連動作。つまりこの後は"崩す"から"叩き斬る"の連続技が待っていると。やりたいならやってみろ、ただし僕の縮地は崩した後でも あなたより速いけどね! 決着をつけるべく二人の刀が動いた刹那、この人が現れたー!!
kenshin190104-3.jpg
悠久山安慈 和尚! やはりあなたでしたか
懲役25年が50年になっていた謎があるものの、今回の劍客兵器と闇乃武の討伐に参加すれば減刑されるってことでしょう。たぶん。二人の刀を「二重の極み」で抑え込んで仲裁し、「共に来てくれ」と頼んだら即答でオッケー! あまりの豹変ぶりに杉村は「え~~~…」となるしかありませんでした… 尚、手配書の男はこの後 簡単に捕らえられたとさ。
kenshin190104-4.jpg
一方、明日郎と阿爛によって戻された旭。私が闇乃武だとバレたら絶対殺されると信じて疑わないらしい。そんなことないのに、誤解はどうすれば解けるのだろうか!? あ、1月5日は永倉新八の命日です(1915年没)。104回忌を弔ってください。
2月4日にコミックス2巻が発売。これに合わせて次号は表紙&巻頭カラー。クリアファイルが付録です。
るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 2 (ジャンプコミックス)
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
kenshin181206.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第十幕
冒頭は4話以来、行方不明になっている旭を捜す明日郎と阿爛から。頭脳派の阿爛は推理する。旭は"キラキラ"が好き。そして女子学生風の洒落た格好をしている。つまり「キラキラ好きの文明開花っ娘」。ならばそんなお洒落な場所といったら…函館山麓の元町教会群に違いない! って、ハリストス正教会に行ってみたらホントに居たー! 尚、描かれているハリストス正教会は初代のもの。現在のは大正10年に建築された二代目になります。

逃げる旭、追う二人。何とか説き伏せて事情を訊いてみた。先ずは剣心は幕末最強と謳われた「人斬り抜刀斎」だということ。ま、これは読者にとってはとっくに知ってるので むしろ「今頃知ったのかよ!?」で済みます。問題はここから。旭が居た組織──それは「東の隠密御庭番衆、西の闇乃武」と称された、幕府直属の隠密集団の「闇乃武」に所属していた。
kenshin181206-.jpg
『人誅編』にて闇乃武は剣心を葬るべく次々と刺客を差し向けるも失敗。最後は雪代巴の命を賭した造反で、剣心は自ら最愛の巴を斬ってしまった…
この失敗をきっかけに闇乃武は信用を無くして凋落の一途を辿り、現在はお金があれば誰だろうと兵を派遣する傭兵組織に成り下がってしまったそうだ。
よって闇乃武は剣心を憎んでおり、また剣心にとってもそれ以上に憎んでいるハズ。だから旭は出身が知れたら殺されると思って身を隠したというわけです。ふーん、でも今の剣心は「不殺」を信条としているので殺すハズがありません。まずは薫にでも相談してから打ち明けてみてはどうでしょう?
kenshin181206-1.jpg
一方、函館山?近辺を往く闇乃武の"モジャ頭"こと佐古たちは劍客兵器の襲撃を受ける。え? こいつら敵対してたの? いや、ただの腕試し。闇乃武は劍客兵器の実検戦闘に金で雇われに来たわけです。身を崩したとはいえ かつては幕府直属の隠密衆。佐古はなかなかの腕前じゃん!
kenshin181206-2.jpg
そして剣心たち。左之助は二人の会話から、剣心は「死ぬまで闘う」ことを決めており、薫もそのことを理解していることを知る。二人が承知しているなら何も言うまい。でもこの俺でも何かやれることがあるのでは──と、剣心の身体を一番良く知ってるヤツを呼ぼうとします。
kenshin181206-3.jpg
そうです、高荷恵です。激戦となるのは必至なことから、せめて盤石の体制で戦いに向かわせたいということ。来たら来たで薫と言い争いになりそうだけど、それはもう定番でしょう。