kenshin210405.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第35幕
小樽の戦いが終わり今回はそのエピローグ。先ずは霜門寺にやられて幾ばくの命も無い於野から。無駄死には御免だとして左之助の質問に答えます。左之助はストレートに「劍客兵器の本陣はどこか?」と訊くも、位置はわからないと。何故なら本陣で生まれた子供たちは7歳で選別されて壮健と認められた者は目と耳を塞がれて外の世界に搬出される。各地で修練されて移動しながら更なる振り分けを行い、劍客兵器と成れるのは五分、諜報や工作に従事する者が一割、残りの八割五分は死ぬんだそうだ。
ははーん、劍客兵器はどこで生まれたのかも知らないで育つわけか。まぁ修練しかしないわけだし、何処で生まれようが関係ないってことだね。

本陣の在り処は最大の秘匿事項であるため知っているのは部隊将のみ。だから本当に知らないし、他に知ってるような人物も…いや、一人いた。本陣を抜けた男がいるらしく、追跡・抹殺をするも困難だったと聞く。もしその男が生き延びていれば…というところで於野は膝まずく。もう体力が限界なのだ。それでも「最後の問いを早く」とする於野に左之助は「遺言はねえか?」と予想外の言葉。
kenshin210405-.jpg
他人を思いやる姿勢に心を打たれた於野は「函館に気をつけろ」「お前の健闘を祈…」との言葉を遺して静かに息を引き取るのでした──

戻った剣心たちを出迎えた薫。ただし場所は宿ではなく、田本先生が用意してくれた新居でした。でもこの新居、どう見ても現代的で明治時代とは思えない。
剣心 時間をねじ曲げた様な機転烈な感じ
薫 細かいコトは気にしない!!
漫画を描く上でこの時代の家屋の資料が少なかったかどうかは知らないけれど、見慣れた現代的建築ならば読者も安心できるよね? しかもこの家に居たのは薫と剣路だけではありませんでした。
kenshin210405-1.jpg
かつての十本刀の面々です。五稜郭の兵舎に居たのだけど、元犯罪者だけに白目で見られて居心地が悪い。だからここに居たいらしい。でもこれはかえって好都合。函館山を占拠している劍客兵器と、対する兵隊の五稜郭は遠い。その間にあるここならば有事の際に即対応できるからだ。
その夜、一同は外食に出かけるも剣心と薫は残りました。
kenshin210405-2.jpg
なぜなら体力が限界だったから! 長期に渡る小樽の戦いは剣心に思った以上の負担を強いていたようだ。

函館に集結する劍客兵器の部隊将たち。於野が「函館に気をつけろ」と言ったように、ここでまた新たな戦いが起きるのは必至のようだ。でもその前に、まだ札幌での実検戦闘が終わってません。
kenshin210405-3.jpg
斎藤&永倉が登場したのは2020年1月号以来 1年4ヶ月ぶり。一人の劍客兵器と対峙中です。二刀流で相当 手強いみたいですよ。それを斎藤は
一乗寺下り松の武蔵 だろうと
油小路の服部 だろうと敵ならば斬るまで…! と臆しません。
はい、「一乗寺下り松の武蔵」とはお馴染み 宮本武蔵のこと。「油小路の服部」とは元新選組の服部武雄のことで、二刀流として名を馳せたようです。
スポンサーサイト



kenshin210306.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第34幕
観柳が劍客兵器の雨読に勝って小樽での戦いが終わった。そもそも札幌と小樽とで実検戦闘があると知って剣心たちは小樽へ、斎藤たちは札幌へ行きました。小樽での実検戦闘はバラ撒かれた刀や銃による 言わば内乱。それを剣心がほぼ一人で解決してしまったのだから(しかも劍客兵器の拠点に急ぐため、片手間でやった感がありあり)大したことなかったとしか思えません。

戦いを終えた観柳は改めて阿爛を弟子に勧誘。けれど断ります。明日郎と旭との三人で文明開化の明かりの中へ行こうと意気投合したからには、三人一緒でないと嫌という理由です。それに対しての返答が上の画像。将来は大商人になってることが決定事項の観柳らしい言葉です。更に背中越しにおさらばです 我が弟子よと言うからには本当に惜しい人材だったのだろう。

この後、観柳は剣心と対峙。この度の行為を見逃してくれる行為に「どんだけ正義なんだよ」と逆ギレするも、剣心も「元人斬り 咎(とが)を問うならお前の比ではない」と、自分なりの正統性を説いてみせた。
それよりも、近いうちに四乃森 蒼紫が北海道に来ると言ったら観柳の驚きぶりがハンパなかった!
kenshin210306-.jpg
ムンクの「叫び」を上回ったな!
そりゃそうだ、観柳は蒼紫をアゴで こき使ったどころか、大切な部下だった癋見や ひょっとこたちをガトリングガンで撃ち殺したのだから恨みは100倍も1000倍もあるに違いない。このまま居ては命が危ないとしてさっさとトンズラしちゃいました。

一件落着の数日後、観柳の倉にあった金目の物品は小樽の復興費に使われると知った明日郎と阿爛は不満ブーブー。稼ぎの2/3を貰うと約束していたからだ。剣心はその代わりにと政府からの活動資金を給金として支払うとする。但し小遣いに毛の生えた額になるとのこと。
kenshin210306-1.jpg
阿爛はこれに対して定額ではなく、成果を上げたらその分 多く貰える報酬にして欲しいと要求。ここのところは観柳に影響されての「金儲けの極意」が備わったということなんだろうな。

一方、小樽の実検戦闘の成果を確認しに来た劍客兵器の霜門寺は、被害の少なさにポカン。剣心の活躍によって守られたと知って舌打ちをします。
kenshin210306-2.jpg
そこに脱出した雨読が報告しに来るも、「お前 廃棄な」と瞬殺。失敗を許さないとする扱いが霜門寺の残酷さを表してます。

小樽編の締めくくりはやはり観柳。必死に逃げる中、突如アイデアが閃きます。大商人ではなく大政商となって政治家に金で働きかけ、ガトリングガンを合法的に所持できるように法律そのものを変えようというのだ。
kenshin210306-3.jpg
観柳には見えていた。ガトリングガンが星座となって輝いている姿が! こうして観柳は「ガトリングガンを持てるよう法律を変える」という夢を見ながら小樽の地平線に消えるのでありましたー。
kenshin210203.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第33幕
明日郎が抜いた無限刃の火花が火薬に引火し大爆発! 剣心はさすがの身のこなしで無事、観柳&阿爛は天幕に飛び込んで無事、明日郎は…とにかく無事、そうでなかったのは雨読だけでした。それだけに「糞共がぁーーッ!!」と怒髪天状態。見つかったら100倍返し、いや1000倍返しは確実だ。何か武器はないかと観柳たちは探してみたら、ひと際 ドでかい木箱がありましたよ。中を覗いてみて観柳は運命を感じ取る──

神の悪戯(いたずら)か? 魔の囁きか? 仏の気紛れか? 鬼の誘いか?
否! これは惹かれ合う運命! 五年の時を経てこの最果ての地に再び!

kenshin210203-.jpg
ガトリングガンがまさかの再登場だぁーーーッ!!
けれど雨読は意に介さない。それは函館戦争時の鹵獲品で使い道がなく死蔵していた骨董品。そんな旧型が劍客兵器に通用するかと 書・裏・剣を乱舞する。が、それは観柳としても同じ事。新型だろうが旧型だろうがどーでもいい、肝心なのはこの私がガトリングガンを手にしていることが最重要なのだ!
かくして始まった双方の意地のぶつかり合い!
kenshin210203-1.jpg
ガトガトガトガトガトガトガトガト
ショショショショショショショショ

えー(笑)、何と言うか…これってオラオラと無駄無駄と同じだよねww
この争いで先に手詰まったのは観柳。威力はあってもその連射性ゆえに早く弾切れになるのは当たり前だからだ。「死にさらせ 糞商人!!」と雨読はトドメの書・裏・剣を放とうとしたところで動いたのは阿爛。
弟子ィーーッ!!  ハイーーッ!!
kenshin210203-2.jpg
素早く弾倉を交換して発射準備完了! OK! シューティング!
(ここのところ「兄弟拳バイクロッサー」が元ネタだとわかった人えらい)
つーか、「弟子 阿爛」と堂々と書いてるよ。もうホントに弟子になっちゃったかー。
こうして物量で押し切った観柳と阿爛。
剣心「なんと…」 阿爛「凄い…」 まさか一般人である観柳が劍客兵器を相手にして勝ってしまうという大番狂わせ。観柳はこの爽快感に再び悪の道に踏み込もうと…しませんでした。なぜなら以前 剣心に言ったように「違法はもう二度としない これからは脱法だ」という誓いを忘れてないからです。だからもうガトリングガンを握ることはないだろう。
kenshin210203-3.jpg
♪あの日あの時あの場所で君(ガトリングガン)に会えなかったら
 僕らはいつまでも 見知らぬ二人のまま

と、なぜかガトリングガンを相手にラブ・ストーリーが突然に始まっちゃったよ!www しかも
・君と私は住む世界が違う
・これ以上は一緒に居られない
と、人間と変わらない別れ話。もうこれギャグ!? ともかく今回はギャグとシリアスの境界線がハッキリしない展開で、読む価値ありですよ!
kenshin210104.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第32幕
陽動役として劍客兵器の拠点の正面で戦っている明日郎。何人と打ちのめしても次から次へと兵士が湧いてくるのでキリがない。しかも上の画像のようなホモホモしい兄弟まで出てくる始末。へー、劍客兵器でもこんな変なヤツがいるんだ。頭にきた明日郎は剣心から「絶対に抜くな」と言われていた無限刃に手をかけるも、そこに剣心が到着。龍巻閃 凩(りゅうかんせん こがらし)の一撃でアッという間に倒してしまいました。

拠点の内部では雨読と阿爛が対峙中。アルミニウムを矢のように飛ばしてくる攻撃に手を焼いている阿爛は火薬を周辺にぶちまけた。金属が鋭く衝突すれば火花が飛び散る。だから攻撃は出来ないと考えての行動です。けれど雨読は構わず攻撃! 阿爛は右目の上に傷を負った。
kenshin210104-.jpg
バーカ!! 金属は金属でもアルミニウムは鉄と違って火花が出ないんだよ
知識はあれども中途半端 覚悟を持ってしても中途半端

と罵ります。もはや打つ手なし! 万策尽きた観柳は「負けましたーツ!!」とあっさり土下座。そこに剣心がやって来て「五年前とまるで変ってござらんな」「通じぬ相手とわかれば恥も外聞もなく へつらい保身に走る」と侮蔑する。
kenshin210104-1.jpg
観柳の弟子になった?阿爛には「これが金の亡者の惨めな成れの果て」だと、引き続いて侮辱をやめません。
これに観柳の気持ちが爆発だ!
うるせええ!!!
こちとら生まれた時から貧乏人! 明治になっても貧乏人!
てめえら土で作った粥を喰ったコトあるか? 雑草だけの鍋を喰ったコトあるか?
何一つ点から与えられなかった"持たざる者"が人並み以上になるには金しかねえ!!!

金の亡者!? 結構結構! 金の亡者で大結構!!
と、胸の内を包み隠さず吐き出します。この「心の叫び」には私も少なからず頷けますね。たとえ泥水をすすってまでもやめない金儲けの姿勢には感動すら覚えますよ。
kenshin210104-2.jpg
その観柳を見ていて気が付いた阿爛。地面に手を着いてない! 土下座じゃなくて土下座のフリ!!
そう、「金は差し上げますから どうか命だけはお助けを」と言ったのは真っ赤な嘘。隙あらば逃げ出そうという意思が「土下座のフリ」をさせていたのだ。
意図を汲み取った阿爛は叫ぶ。「明日郎! 無限刃を抜け!!」 それによって火花が発生すれば火薬に引火して大爆発は間違いない。観柳さんならこの機を逃さず逃げるだろうと。
kenshin210104-3.jpg
ところが観柳にはその覚悟が無かった(笑)
いや、逃げる気はあっただろうよ。ただし安全策で。でもこの場合は大爆発を伴う危ない行為であり、そこまでしてまで逃げるつもりは無かったみたいですヨ。
見事ドカーンと大爆発の爆発オチで終わった今回。このノリなら次回は全員アフロヘアーになってたりして(ねーよ)。
kenshin201204.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第31幕
「世界で通用する喧嘩の締め方だ」と、しぇいくはんど(握手)を求める左之助に於野は「この男 正気か」と動揺。戦闘はまだ終わっていない。なのに主力の右腕を差し出すなんて…。しばし考えた後、於野は負けを認めた。それは左之助に可能性を見出したからだ。戦闘の最中に急成長するこの男なら「これ以上」を乗り越えられるに違いないとして。

「喧嘩を絞めよう」と右手を差し出したところ衝撃が走る。細々刃金によって左腕が貫かれたのだ。やったのは霜門寺!
お前等 なーに仲良くやってんだよ キモチワリィ

どうやら於野が負けるようならば口封じするため、戦いの行く末を見守っていたようだ。糸を巧みに操って左腕を破壊した後、右腕も使用不能にしてしまいます。
大量出血により死を確実なものにしてから霜門寺は退散。「闇討ちで勝者を葬る様なみっともない真似はしたくない」と左之助には手を出さないとは、変な方向で律儀だこと。
kenshin201204-.jpg
死を覚悟した於野は息絶えるまで左之助に情報を教えるつもりらしい。もしかしたら味方になってくれたかもしれない逸材が失われるのは痛いけれど、ならば本人が望むことを叶えてやるのがスジってもんだぜ、左之助よ!

一方、劍客兵器の拠点で本多 雨読の攻撃を受けている阿爛と観柳。ペンで弾いた本のページが、刃物みたいに突き刺さってくるので下手に動けません。隙を見て観柳は拳銃を撃つも、何枚かのページが盾となって雨読にまで届かず。
kenshin201204-1.jpg
これは只の紙じゃないなと調べてみたら、アルミニウムで出来てました。この時代にもうあったんですね。鉄に比べて脆いことから、南米に棲む鉄の43倍もの強度を持つ蜘蛛の糸を使って編み込んだものとのこと。於野の左腕を貫いた細々刃金も実はこのアルミだったそうです。

僕も観柳も戦闘要員じゃないので戦ったところで勝機は見えない。とはいえ攻撃を破る必要もない。剣心が来るまで持ち堪えていればいいのだ! 阿爛は機転を利かせて物資テントに潜入。
kenshin201204-2.jpg
ガンパウダーとは発射薬(はっしゃやく)とも呼ばれ、弾丸を発射する際に使う火薬のこと。薬きょう式の銃には必要ないけれど、この時代の多くの小銃にはまだ不可欠なものです。これを使って籠城して剣心が来るのを待つのかな? 爆発させても音で気付いてもらえることからやってもいいぞ。

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)
kenshin201105.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第30幕
「相楽左之助 お前は明治政府を善しとは思っていないだろう 我々と手を組める余地はあるはず」と、劍客兵器に勧誘する於野。確かに左之助は明治政府を快く思っていない。赤報隊との約束を反故したばかりか、偽官軍として処断されて隊長の相楽総三は さらし首になったからだ。

けれど思い出したくもないことを言われてか左之助はムカついた。対世界戦争という正義を掲げて 悪行暴挙を実検戦闘と言い換えて誤魔化す手口は、明治政府と同じだとして最後の一撃に全てを賭ける! こうなった以上 止む無しと、於野も最後の赫力裂斧掌(せきりきれっぷしょう)を繰り出した。
左腕はくれてやる 存分に破壊しろ 代わりに右手の裂斧掌で命を断つ!!
kenshin201105-.jpg
てっきり二重の極みが来ると思っていた於野は、それを見て判断が遅れた。左之助の拳が二重の極みとは違うからだ。それは旋拳! 正直、どういったものか知らないけれど於野の拳を捻って破壊。二重の極みで上腕を砕き、於野の右手が届く前に百裂拳と頭突きでKOだ。
勝負は決した。けれど於野はまだ諦めてはいない。
kenshin201105-1.jpg
この場になってもまだ勧誘します。部隊将に言われた「世界は残忍で非情だ」との言葉が心に突き刺さり、日本の行く末を心から危惧しているのだろう。それはそれで褒めていいと思うぞ。
でも左之助は動じない。自分の目で世界の動向を体験しているからだ。
kenshin201105-2.jpg
英国 倫敦の絶望的な貧困層
米国 西部の追い詰められる原住民
南半球の植民地の人々

見て来たからな
於野は世界について聞いてはいるけれど行ってはいない。その点、左之助は行ってきた。リアルなことは知らないのに知ったかぶりするんじゃねえとでも言いたいんじゃないかな。

左之助は手を差し伸べる。やり方を変えるなら話し合いの余地は作るとのことだけど、於野はこの意味を知らないようだ。
kenshin201105-3.jpg
それは握手。互いに歩み寄る機会を作ろうというわけ。喧嘩屋として売って来た左之助だけど、世界を回ったことで ただ喧嘩するだけではダメなことを学んだようですね。
kenshin201002.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第28幕
劍客兵器の拠点を発見した明日郎・阿爛・観柳の三人。剣心からは手を出すなと言われてるし、出したところで人数的に不利なのは目に見えている。このまま剣心が来るのを待つのが得策だというのに、観柳は見過ごすわけにはいかなかった。自分が育てた雅桐紋のブランドを勝手に使われているのが許せないのだ。
しかもこのまま事態が収束してしまえば雅桐紋は連中の紋印になってしまい、自分も連中の一味とされてしまうのは明白! ひっ捕まえて一筆 書かせてやると意気込みます。その協力の対価として「小樽での報酬の1/3ずつ支払う」と言ったら、二人の眼の色が変わったのは言うまでもありませんでした。

こうして明日郎は正面から堂々とカチコミをして陽動役を務め、観柳と阿爛は裏手からの侵入に成功。小銃を手にしたところで幹部らしき人物に一筆書けと要求します。ところがこの人、劍客兵器の「號持ち」でした。
kenshin201002-.jpg
ペンで本のページを破いたら、そのページは意志を持ったかのように舞って観柳の左手に突き刺さった! まさかの紙使い、読子さんなのか!?
kenshin201002-1.jpg
ヤツは記號本多 雨読(ほんだ うどく)。戦型は書・裏・剣だそうだ。破れたページは無数に舞い上がり、手裏剣のように二人に襲い掛かる!

無法地帯と化した小樽では剣心が孤軍奮闘。ほとんど一人で暴徒たちを片付けました。疲れた身体を休める間もなく、今度は明日郎たちのところに向かって立ち去っていく。
kenshin201002-2.jpg
その際のモブがこれ。またいつぞやの時のようにペン入れしてませんでした。なんでこうなるかなぁ?
最後は左之助と於野の戦いの続き。応急措置をして「二重の極み」をあと一発打てるようにした左之助。傷だらけになっても眼光を失わないその姿勢を見て於野は感じるものがあったようだ。
kenshin201002-3.jpg
お前を認めて部隊将に推挙すると、まさかの勧誘に出ました。お前は喧嘩屋などというちっぽけな器に収まる男ではないと、本気も本気のようです。何よりお前は明治政府を良しと思ってはいないだろう、我々と手を組める余地はあるハズだと正攻法で詰め寄った。こう言われて左之助が思い描いたのは 濡れ衣でさらし首となった相楽総三。あの悲劇を繰り返さないためにも手を結ぶべきか否か、左之助の胸中はは揺れる…