kenshin191206.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第21幕
今回は総集編+αといった内容で、劍客兵器との戦い(小樽と札幌)を前に各自が思慮してます。
先ずは東京の神谷道場から。訪れたのは塚山由太郎。今では塚山商会の若旦那です。いきなり燕ちゃんに「道場に住んでいるって本当?」と切り出した。赤べこの妙さんが「慶事(つまり婚約・結婚)は近い」と牛鍋二割引セールを早くもやっちゃってるんだとか。
恥ずかしながらも本当のことなので否定しない燕ちゃん。そこに「なんなら塚山邸に来ない?」とナンパしたものだから、弥彦が黙ってないのは当然だな! 十本刀の蝙也を倒した時と同様に見様見真似・龍槌閃を繰り出してけん制します。

由太郎が来たのは剣心たちからの手紙を持参したから。塚山商会の船便ならば郵便よりも早い上に無料だからです。そこに書かれていたのは劍客兵器のこと。
kenshin191206-.jpg
元寇と戦った鎌倉武士団の末裔とか、今まで出てきた劍客兵器の「號」たちなどを書き連ねてます。そもそも薫の父親を捜しに行っただけなのにこの様な戦いに巻き込まれたわけで、弥彦にとっても寝耳に水に思ったんじゃないかな。
場面は変わって斎藤と永倉。政府に報告書を送ったけれど「人員も資金も廻せないから、現状の戦力と態勢で対処しろ」と つれない返事に うんざりといった顔してます。
kenshin191206-1.jpg
自由民権運動が盛り上がっていて全国で事件が頻発してるから人員は割けれない。更に鹿鳴館が出来て連日連夜の接待や社交界で金が足らないんだとか。
調べたところ「板垣死すとも自由は死せず」の板垣退助が岐阜で襲撃されたのも自由民権運動によるもの。この年・明治15年春の出来事でした。この名言を残したけれど板垣はちゃっかり助かり、82歳という長寿になるまで生き延びました。それと鹿鳴館が完成は翌年の明治16年なんだけど…??
ともかく無いものは無いなら仕方がない。当面は俺達が前線で戦って実検戦闘を阻止し、軍と警察は劍客兵器の隠れ里の探索をしてもらうということで落ち着きます。

片や薫と左之助。剣心は九頭龍閃の連発で寝込んでおり、疲労回復が芳しくないようだ。そのためか、息子の剣路に殺されそうになるのですがね(笑)。
kenshin191206-2.jpg
剣心ばかりに任せるわけにはいかない! 次の戦いの大将格は俺が引き受けると頼もしい言葉。五年間 世界放浪して何を得たのか読者に見せて欲しいものです。但し方向音痴は相変わらずなので いささか心配なのが気になります。
kenshin191206-3.jpg
そしてこれが小樽と札幌の対処法。小樽には剣心・左之助(薫も?)。札幌には斎藤・永倉・栄次。函館で待機するのは安慈和尚をまとめ役にした十本刀たちだそうだ。まぁいいんじゃない? 下手にバラバラに組み分けするよりは、仲間内で分けた方が信頼できるでしょうから。

これらの内容を手紙で知った弥彦たち。燕ちゃんは今から応援に行った方が良いとするけれど…
kenshin191206-4.jpg
弥彦は慌てず騒がず冷静に剣心からの呼び出しを待つことにしました。最も尊敬する人から何も言われないのならすべきではないと思っているのでしょう。各自で今やれることを尽くしてこそベストなのだから。
スポンサーサイト



kenshin191106-.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第20幕
家族全員を殺された恨みを持つ三島栄次が乱入し、宗次郎に向けて弾丸が放たれた! …で終わった前回の幕引き。今回始まったら弾丸は凍座に目掛けて発射されたものでした。もちろん難なく受け止めたので大事には至りません。
栄次は志々雄一派も属している劍客兵器討伐隊への入隊を正式に要望。そのため任務を第一としたから宗次郎を撃たなかったようだ。けれどお前らが逃げたり裏切ったりしたら容赦はしないとニラミを効かせる。
kenshin191106-1.jpg
宗次郎はこれに「圧倒的に弱い君がもし僕達を斃すことがあれば 志々雄の信念をも覆す君の勝利」だと、栄次の気持ちを汲んだ。目には見えぬとも互いの信念が火花を散らしているのがわかりますね。
さて、剣心と凍座の戦いが再開。第18幕にて九頭龍閃が通用しなかったのに一体何をする気なんだ?
kenshin191106-2.jpg
九頭龍閃!
先ほどより剣気の激しい九頭龍閃を見舞います。でも凍座は倒れない。
九頭龍閃!
なんと九頭龍閃が二連発! これでも耐えてみせる凍座。ここで初めて闘姿が視えたようだ。それだけ剣心の気合が入っていたということなんでしょう。
kenshin191106-3.jpg
これが剣心の闘姿である『静止する龍巻』。妖魔や神獣の類ならば対処もできよう。だが自然現象が相手ではどうしていいのか わからんと、凍座は成す術がありません。
kenshin191106-4.jpg
九頭龍閃の三連発! つまり二十七頭龍閃!!

あぁ昔あったな。知らない人が多いと思うけど昔の特撮番組に「超人バロム・1」というのがありまして、必殺技はバロム爆弾パンチ。ある回にてこの爆弾パンチが破られるんです。ならばバロム1はどうしたか? 「もう一度バロム爆弾パンチ」を使って倒すのですよ。つまり一度でダメなら二度三度繰り返せばいいってこと。物量で押し通せば何とかなるという見本のような攻撃方法ですな。

さすがに全身血まみれとなり失神寸前の凍座。斎藤は意識を失う前に次の実検戦闘はどこだと訊いてみた。
kenshin191106-5.jpg
小樽と札幌の二元作戦のようです。となると隊を二つに分けることになり、戦力が分散するのは痛いとしか言いようがありません。ではいったいどのように分けるのかが今後の関心時になりそうだ。
kenshin191106.jpg
これは名鉄沿線などに置いてある明治村✕剣心のコラボイベントの四つ折りリーフレット。展示物の紹介やイベント内容、コラボしてるグルメ食品の案内など、明治村でやってる概要が分かるようになってます。今しか入手できないよ!
kenshin191004.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第19幕
凍座に語り始めた永倉新八。劍客兵器の目的は来るべき外国との戦いに実力者を擁して備えること。それは明治政府が唱える富国強兵策と反してない。ならば実検戦闘なんて物騒な真似は止めて、明治政府と手を組んで猛者を育てるってのはどうだい? と、予想外な案を打ち出してきた。

これに斎藤は「投降するなら俺の預かりではない」と不本意ながらも妥協。剣心も富国強兵策は自分の思うところとは違うが、剣客そのものを否定はしないと 案を受け入れるつもりのようだ。
kenshin191004-.jpg
けれど凍座は即座に却下!
確かに我らが手掛ければ強兵を育成することは容易いだろう。だがそれでは猛者は決して育たない!
kenshin191004-1.jpg
人が猛者になるには何事にも屈せぬ強靭な魂。それは地獄でのみ育まれる──
剣心は巴の死、左之助は赤報隊の相楽総三の死、斎藤・永倉は戊辰戦争や鳥羽・伏見の戦いでの激闘からの生還…など、ここに居る者は何らかの犠牲を経て現在に至っている。強靭な魂とはそれらを糧として育つもの、いわば地獄の産物なのだと凍座は流暢に語る。
その凍座はこれに至る機会が無かったようで何十年も時間を費やしたけれど、地獄なら一瞬! だそうだ。凍座の強さはこの時に発現したものかもしれないね。

犠牲を経なければ強靭な魂は生まれない。それを裏付ける とんでもない事態が発生しました。三島栄次が規律を破って銃を手に乱入して来たのです!
kenshin191004-2.jpg
その目力して意を決したのは間違いない。凍座が視た"闘姿"では 小鬼だったものが大人へと成長していた。文字通りの復讐鬼というのだろう。家族全員を殺した
志々雄が憎い! 十本刀が憎い! 瀬田宗次郎が憎い!!
kenshin191004-3.jpg
銃口は宗次郎に向けられた。違反行為であることは百も承知しているが、全てを失ってでも手を下さねばならないと決めたんだろうね。鳴り響く銃声は家族の仇を討てたのだろうか!?
kenshin190905.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第18幕
9月11日から愛知県の明治村で剣心のリアル脱出ゲームが始まります。
修羅潜む京都からの脱出~己の剣と拳でこの町を守れ~
会場は明治村全域、時間制限なしなので一日かけても構いません。もちろん止めたくなったらそのまま帰ってもOK。ってか、この11日から園内の各飲食店でコラボ料理の提供が始まります。中でも正面入口近くの大井牛肉店が「赤べこ」となるのがメインになるかな。すき焼き一人前が5千円ぐらいするけど。

闘姿──それは人の闘争の本質が姿形となって顕れたもの。凍座はこの能力を買われて劍客兵器の先鋒に選ばれたそうだ。けれど猛者は本気にならないと闘姿を見せない。儂は抜刀斎の闘姿が視たいと、前回の剣心と同様に堀の水面を疾走(はし)って剣心に詰め寄った!
kenshin190905-.jpg
同じことができるなんて…強敵と見なした剣心は剣を繰り出そうとするも、それを止めた斎藤。以前 凍座との戦いで刀を折られたことを身に染みて覚えているからだ。
拳をかわそうとするも襟首を掴まれてしまい、地面に思い切り叩きつけられた。勝負あり!? いや、砂煙の中で剣を構えた剣心は神速の奥義を披露する。
kenshin190905-1.jpg
九 頭 龍 閃
これにはさしもの凍座も血へどを吐いて倒れ…ない! 当たったところから出血しているものの、笑って耐えてみせました。
kenshin190905-2.jpg
片や剣心は叩きつけられた影響もあってか息も絶え絶え。改めて凍座の強さを知ることになります。これを見ていた斎藤は「何か技か術を使ってる」と推測。凍座は今まで警察のライフル弾や牙突も止めてきた。この堅さには何かあると感じ取ったようだ。
ここまでの経緯を見れば剣心が押されてるのは間違いない。でも未だに本気には至らないようで、闘姿が視えないのがその証拠
だ。ならば一体どうすれば…というところで永倉新八が尋問したいと名乗り出た。
kenshin190905-3.jpg
不意な永倉新八の登場は事態を変える要因となるのだろうか!?
kenshin190803.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第17幕
先月お休みだったので二ヵ月ぶり。明治村の剣心イベントは来週行くつもりです。県内だし。つーか、明治村に行くのは…35年ぶりぐらいか。ついでに横溝正史シリーズのED「あざみの如く棘あれば」の冒頭部分で使われている聖ザビエル天主堂とかも見るつもり。

函館の空を飛ぶのは蝙也。実検戦闘が再開されると知り、樺戸集治監のように空から棒火矢が飛んでくるのを警戒して上空から異常がないかを監視しているようです。使った爆薬は地上攻撃用ではなく浮力・推進力を得るためのものですよ。これを地上から『闘姿』で視ていた凍座は、蝙也が巨大な化け蝙蝠に見えたようだ。

元十本刀のメンバーも加わった劍客兵器討伐隊が集結して、改めて凍座から情報を聞き出そうとします。張や鎌足たちは初めて劍客兵器を見たわけで、これから戦う相手の素性を知っておくのは当然でしょうよ。
kenshin190803-.jpg
その凍座、拒否すると思いきや結構ノリ気。ただし剣心と手合わせしている最中のみという条件で。せっかく函館まで来たのだから斎藤以外にももう一人くらい猛者と戦っておきたいからだ。戦ってる間ならどんな質問にも全て答えるということから、剣心は仕方なく逆刃刀を握って 手合わせを開始します。

凍座は張から刀を借りて押し気味に剣心を攻める! この間に斎藤は劍客兵器の本拠地を聞き出そうとするも「道奥の山中」としか答えません。ハッキリ言わなくとも「質問に答えてる」のは間違いないんだし、こりゃ一本取られたね。
kenshin190803-1.jpg
堀に追い詰められた剣心はどうしたかというと、水面を後ろ向きのまま三歩走って向こう側の壁に刀を突き立ててエスケープに成功。これを見た鎌足たちは驚きます。改めて剣心の超人的体力を知ったのだろう。
でも凍座はまだ『闘姿』が視えてない、実力を出していないと辛口評価。
kenshin190803-2.jpg
そこで剣心は改めて訊いてみた。前から言ってる『闘姿』とは何なのか? 劍客兵器の特性みたいなものなのかと。対する凍座の答えは自分固有の能力であって劍客兵器とは無関係。その昔、自分は弱くて弱くて諸国を巡って武者修行に明け暮れた。何万回と闘った結果、取るに足らない者は獣畜生の姿に、猛者には異形の姿に見えるようになったそうだ。
kenshin190803-3.jpg
これを聞いて疑いの声多数。杉村義衛は「全てを否定しないが『闘姿』なんてない」。安慈和尚は「凍座白也は精神の平衡を喪失している」。凍座の精神は既におかしいってことか!? だからこそ別に見えてしまうなんてちょっと考えられません。
るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 3 (ジャンプコミックス)
るろうに剣心─明治剣客浪漫譚・北海道編─ 3 (ジャンプコミックス)
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)Kindle版
kenshin190728.jpg
愛知県犬山市にある博物館明治村。ここで8月1日から「博物館明治村×るろうに剣心」イベントが行われるのは既報通りですが詳細が発表されてます。
  博物館明治村×るろうに剣心

第一幕 るろうに剣心特別展 剣心が見た幕末と新時代の到来
剣心が活躍する幕末から明治初期の様子を、原作シーンと共に紹介。逆刃刀は今まで模造刀で作られたことはあっても、今回はこのイベントのために関の刀匠が初めて公式な許可の下で作ってます。それに映画第一作でも登場したアームストロング砲も展示するみたいですね。

第二幕 謎解き周遊アトラクション 剣心を探せ!錦絵スタンプラリー
剣心が書き置きを残して消えた。身を案じた薫と弥彦は探しに出かける…という設定でのスタンプラリー。恐らく剣心たちのキャラクターがスタンプになってるんだろうな。

第三幕 飛天御剣流奥義 天翔龍閃チャレンジ!
超・神速奥義「天翔龍閃」を会得しようという、居合抜きのスピードを競うアトラク。

また公式ページでは「斎藤一の るろ×剣 -るろうに剣心検定-」というクイズをやってます。答えられないと斎藤から罵倒されてしまいますよ!
kenshin190604.jpg
『ジャンプSQ.』連載、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」の第16幕
冒頭は五稜郭に囚われている凍座から。はて、コイツが居たのは五稜郭だっけ? まぁいいや。土居が例によって地中から現れて、実検戦闘の第三弾が始まると聞かされて嬉々とする表情を見せます。

一方で五稜郭近くの陸軍兵舎に剣心と左之助は立ち寄った。斎藤が呼び出したからだ。その理由が上の画像。特注で作らせた隊士用の外套(コート)を渡すためです。北海道の冬は早いし、制服があると隊の結束が固くなる利便も考えてのこと。ただし裏地にはダンダラ模様が入っていると聞いて「それ居る?」と二人は渋い顔。特に剣心にとっては宿敵だっただけに「そんなの着れるかー」ってところでしょうか。

斎藤は三島栄次に劍客兵器討伐隊へ参加するよう伝え、喜んで受けました。
kenshin190604-.jpg
ところが剣心は意外にも大反対。「栄次にこの任務は過酷すぎる」と突っぱねます。栄次の直談判にも耳を貸さないことに佐之助も理由がわからない。けれど張と鎌足が入ってきたことで反対する理由が飲からもみ込めました。「この任務は過酷すぎる」と言ったのは"精神的に耐え難い"という意味だったのです。

そして瀬田宗次郎。栄次は一目見るや新月村での悪夢を思い出して血が沸騰。
kenshin190604-1.jpg
銃を突き付けて仇を討とうとします。対する宗次郎は「誰だか知らないけどゴメンなさい」と、気持ちの入ってない ありきたりな言い方だったことに栄次はもうプッツンだ!
kenshin190604-2.jpg
けれど引き金を引く寸前で顔面土下座させたのは安慈和尚。さすが空気を読んでらっしゃる。「今は戦力が要る時 許せとは言わない 今暫し耐えて欲しい」と言われちゃ唾を飲み込むしかありません。杉村義衛からも止められたしね。
ここのところの気持ちを対比するように表したのが次の画像だと思います。
kenshin190604-3.jpg
斎藤や張や宗次郎たち5人は白抜きで描かれ、栄次は黒塗り。これはまだ心中に闇を抱えているから黒塗りになったんじゃなかろうか。考え抜いた果てに栄次が下した判断は!?

来月は休載だそうで再開は8月。たぶん8月2日発売のコミックス3巻と同時発売になるのでは。