toujima201106.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の28話
鍛えた中尾の新技・44歳の拳(フォーティーフォーマグナム)で倒された女戦闘員のサンダーライコ。今回はそのライコの回想から始まりました。路上で絡んできた相手は女子総合格闘技のチャンピオン。アンタより強いと言われてカチーンときたライコはド突き合いに発展。後日リングで決着をつけることになりました。
toujima201106-.jpg
最強のプロレスラーの一人 三沢光晴は言った
「総合格闘技はラクでいいよな すぐ勝っていいんだから」
プロレスは違う。観客を盛り上げてから勝つことこそ醍醐味なのだ。一方、総合は観客など関係なく勝つことしか考えず、時には秒殺してしまうことも。それはそれでいいかもしれないが、観客の気持ちを置き去りにしてやしないか?
獣神サンダーライガーは言った。「プロレスラーは超人だ!!!!」とダブルアームスープレックス
ここからライコの一方的な攻撃が始まります。
橋本真也の袈裟斬りチョップ!!!!
天龍源一郎のパワーボム!!!!
小橋建太のムーンサルトプレス!!!!

ジャンボ鶴田のオーーからの…長州力のサソリ固め!!!!
正に圧勝! プロレスの強さを見せつける試合になりました。もっともこれがきっかけで蝙蝠男に見込みがあるとショッカーにされてしまったのですがね。
どーでもいい話しですがライコの歳でジャンボ鶴田は知らないと思うぞ。まぁここのところは作者の思い入れをねじ込んだ格好でしょうね。

目を覚ましたライコに中尾は改めて言うことがありました。プロレス観てさんざん感動してきたけど、あの試合が一番感動した。サソリ固めで号泣したと泣きながら報告。
toujima201106-1.jpg
これにライコはありがとうと素直に返答。先ほどまでの殺気ビンビンな態度と異なり、「私の試合を観て感動してくれたら最高に嬉しい」と笑顔で答えます。思ってもみない態度にキュンと来ちゃった中尾は以後、優しく接します。ただしライコの殺意は途絶えておらず「食ったら殺す」などと諦めてません。
toujima201106-2.jpg
翌朝、中尾は唐突に告白。思いの丈を吐き出さずにはいられなかったのだろう。無論「殺してやる」とライコは蹴るわ殴るわ。特訓した成果で「44歳の拳」すらも今や通用しないほど強くなりました。それでも立ち上がって諦めない中尾にライコは思うままを打ち明けます。
toujima201106-3.jpg
オッさんすぎ!!!! 100%無理嫌い!!!!
面と向かってズバリ言われてショックした中尾はそのままTKO。ライコも走って下山したことから、オッさんからの告白はショッカーよりも怖かったようです。
スポンサーサイト



toujima201001.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の27話
一葉の家に泊まりこみで特訓を続ける丹三郎と中尾。三人並んでの正拳突きで最初に音を上げたのは中尾。無理もない、バトルマニアの二人はともかく中尾はヤクザで、普段 特訓などしませんから。ならばと戦闘員になって再開するも結果は同じ。そもそも基礎体力が違うことを痛感させられます。

その一方で丹三郎と一葉は張り合います。懸垂比べをしていたら蹴り合いとなり、挙句はいつもの殴り合いに進展。
toujima201001-.jpg
全く仲がいいのか悪いのか。実際のところ悪いのではなく、丹三郎はライダー一号を、一葉はV3が好き過ぎるがために退くことができないんでしょうよ。
一葉は中尾のためにニワトリを用意した。映画「ロッキー」のように捕まえる特訓だ。足と反射神経がメチャメチャ鍛えられると勇んで挑みますが…
toujima201001-1.jpg
逆に強いのなんの! それもそのハズ、裏闘鶏の伝説のチャンプという軍鶏だからだ。
逃げる中尾に攻撃の手を緩めるわけもなく、別の意味で足と反射神経を鍛えられる結果となりました。

身体中を引っ掻かれて熱を出した中尾ですが、自分の弱さを思い知らされます。このままでは俺は何かに後悔する事さえなく この世から消えていくだろう。そうはならないために一層激しい特訓を開始。それは倒れるまで特訓を続けるという、向こう見ずなやり方でした。とはいえ努力は報われる。セカンドマッチにおいて渾身のパンチを叩き込むことができたのです。
toujima201001-2.jpg
その夜、中尾は過去を見つめ直してショッカーを倒すと改めて誓う。なんか死亡フラグが立ってるように見えるのだけど大丈夫か これ。軽めにトレーニングしてくると外に出てみれば、25話において手も足も出なかった女子プロレスラー「サンダー・ライコ」こと女ショッカーが待ち受けてました。けれど今の中尾はあの時とは一味違う!
来いよオラ
戦闘員となり意を決した中尾の眼は全くブレません。繰り出してきたキックやパンチも難なく避けます。軍鶏の方が断然早かったからだ。
toujima201001-3.jpg
俺の44年分のしょーもない人生を…
拳に乗せて…

44歳の拳(フォーティフォーマグナム)!!!!

死亡フラグと思ったのは全くの杞憂でした。中尾にとって初めての必殺技が見事に突き刺さりワンパンKO! 前回の雪辱を晴らしました。ショッカーの手掛かりになりそうだけど、男三人と気絶した女という構図は誤解されかねないシチュエーションだこと。
toujima200903.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の26話
居場所を追われた丹三郎と中尾は、一葉の家に身を寄せることに。食事の席において一葉は、この家は元はおじいちゃんとおばあちゃんの家だったと話し出します…

ガキの頃、夏休みで三葉と共に来ていたときにショッカー戦闘員の襲撃を受けた。現金輸送車を(勝手に)襲ったことで警察とショッカーからも追われているという。何とまぁ一葉と三葉の兄弟はショッカーとの遭遇率が昔から高いんじゃね? 丹三郎やユリコは最近になって初遭遇だったというのに、兄弟は子供のときに二回も会っているのだから確率高すぎですよ。

背の高いばあちゃんの活躍で難を逃れたと思いきや…
toujima200903-.jpg
蝙蝠男によってばあちゃん死亡! 更には じいちゃんや強盗犯までも殺してしまいます。裏切者と目撃者は許さないということなんだろう。これがショッカーを異常に憎む一葉のルーツの出来事なようだ。これと同じ話を三葉から聞いた二葉。身内が殺されていたと知っていささかショックな様子。でもこういう糧があってこそ「打倒 ショッカー」の気持ちが芽生えるのだから、味方を増やしたい丹三郎側にとってはチャンスといえますね。

話がなかなか進まないのが当漫画の特徴。余った弁当を賭けて丹三郎と一葉とのガチ対決が唐突に始まります。二つの弁当を二人で分けるのではなく、勝った者が2個食えるための戦い。意味など特にないだろう。きっかけさえあれば戦うというのが二人にとっての決まり事なんだろうね。
toujima200903-1.jpg
戦いを見届けるのが床尾なんだけどいきなり驚いた! 変身ポーズを決めるや、二人がライダー一号とV3に見えたのだ! もう彼らにとってはこれが普通であり、マネではなく本人の気持ちに成り切っているに違いない。
toujima200903-2.jpg
二人は攻撃を本気で打ち込む! 一葉が電熱チョップで丹三郎を追い込み、丹三郎はライダーパンチ&キックで一葉を苦しめる。たかが弁当2つのために死闘を尽くした二人のうち、立ち上がったのは丹三郎だった。
toujima200903-3.jpg
なぜ…おまえはそこまで戦える?
「仮面ライダー」だからに決まってるだろ

これはもう思い込みではなく、丹三郎はお面を被れば本郷猛本人になってるんだろうな。
toujima200731.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の25話
前々回にて蜘蛛男に襲われて命からがら逃げのびた二葉。ショッカーが本当にいたことを三葉とユカリスに話すも、とっくに知ってました。つーか、ユカリスは戦闘員だし。これで一葉の言っていたことが本当だったと認識するも、幼い頃からの奇行で私がいじめられていた過去が変わるわけも無し。今後も兄を見たら蹴り飛ばすだろうと思う二葉でありましたー。

一方、蝙蝠男によって戦闘員にされたアイドルたちに追われた中尾と子分たち。丹三郎の部屋に匿(かくま)ってもらっていたけれど発見されてしまいます。だって中尾は戦闘員なのでテレパシー?か何かでお見通しだった模様。
toujima200731-.jpg
中尾は逃げようとするも子分が捕まってしまう。が、子分は意を決したようで中尾が逃げるよう指示。力及ばずながらも孤軍奮闘して時間を稼いでくれました。そこに丹三郎が帰って来たことで中尾は泣きながら現場を脱出します。
が、そこに強力な戦闘員が登場だ。女子プロレスラーの「サンダー・ライコ」である。
toujima200731-1.jpg
ライコは怪人になってショッカー最強になるのが夢。怪人になるには裏切者を100人始末しなければいけないと勝手に決めつけており、そのため他の戦闘員は身を引けと命令。力づくで言い聞かせます。
こうして中尾とライコの戦闘員対決が始まるわけですが、プロレスラーだけにライコは圧倒的。でも丹三郎にバトンタッチしたことで状況は一変!
toujima200731-2.jpg
文字通りのワンパンで倒しちゃいました。やはりライダーのお面を被るとライダーに成り切れるってことでしょうか。落ち着いたところで子分たちを倒された中尾は泣きながらショッカーと戦うことを誓います。幼い頃からショッカー好きだったのにここに来ての反転は、子分たちへの鎮魂歌ってことでしょう。
toujima200702.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の24話
前回は二葉と蜘蛛男の邂逅。今回は蝙蝠男の目的が語られ、ショッカーの侵略が進みつつあることが分かります。
冒頭は寝ている中尾と手下の三人から。三人は警備員のバイトを始めたらしく、今からアイドル祭の警備。中尾はそのまま堅気になれと言うものの、本人たちは あくまで組の再建をしたいようだ。

あー私も昔、警備員のバイトを経験したことあるわ。その日は名古屋に泊まって翌日の常滑競艇の警備に備えていたら、夜中に地震で目が覚めた。そう、それは阪神淡路大震災の揺れでした。常滑競艇に着いてからニュースで次々と拡大する被害状況を知らされることになり、大変なことが起きていると身に染みて感じましたね。

けれどそのアイドル祭で大事件が発生します。一人の青年が警備を暴力で振り切って会場に侵入。アイドルたちの控室に入るや「イイねぇ…いただきます」と、首筋に噛みついた!
toujima200702-.jpg
そいつは蝙蝠男だった!
血を吸われたアイドルはたちまち吸血鬼の眷属となって別のアイドルの血を吸い、ネズミ算式に人数を増やしていく。更には観客の男たちにも襲い掛かり、もう会場内は悲惨という言葉以外 見当たらない状態に。蝙蝠男はこうやってショッカー戦闘員を爆発的に増やしていくらしい。
でも蜘蛛男が「あんまり…派手に動くな」「本気で警戒されたら…人間は手強いぞ」と忠告。これは東島たちが居ることを知ってるからこその言葉でしょうね。ライダーパンチで一度 尻もちをついたことがありますから。
toujima200702-1.jpg
しかし蝙蝠男はそんな忠告など どこ吹く風。世界征服の暁には世界中の美女をもらうと、早くももらうつもりでいるらしい。
うん、両者の性格がよく分かるね。蜘蛛男は物事を慎重に推し量るに対して、蝙蝠男は大胆にして単純。東島にとっては蝙蝠男の方が組みやすい相手だと思われます。

三人の手下は逃げるものの、蝙蝠男の血を吸ってパワーアップした女戦闘員たちは目撃者を始末すべく追い掛ける。手下は中尾に助けを求めるも、中尾にしたって三人相手では無理。そこに(都合よく)現れたのは東島ライダー。仕事帰りに弁当を食ってる最中に偶然にも目の前に現れたからだそうだ。ってことは、ライダーのお面はいつも持ち歩いているってことか。
toujima200702-2.jpg
戦いは三人の手下から東島ライダーへ。ショッカーを許さないとしている東島は女戦闘員だろうがグーパンチで顔面を陥没させる。もちろん三人全員に! 助かった中尾たちは命を狙われているからと、東島に助けを求めた。
toujima200702-3.jpg
というわけで、東島宅に中尾たち四人が居候として住むことになりました。ライダーと戦闘員が ひとつ屋根の下だなんて…どーなることやら。
toujima200603.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の23話
「俺はショッカーと戦って死ぬ」との一葉の渾身の一撃により敗北した二葉。気を失った二葉が見る夢は、鍛えてくれた虎師匠の過去でした。婦人警官だった師匠は暴力団組織に取り締まりに行って、全員をシメてしまったことによりクビになった。更にそのことでヤクザからお尋ね者になったことからマスクを付けて身を隠してるという。…何と言うか婦人警官がヤクザ事務所に行くわけないと思うのだけど、そこは突っ込むのはやめておこうか。でも真実はいくつものヤクザの組に殴り込んだらしく、ならば恨まれるのも当然だね!
toujima200603-.jpg
気か付いた二葉は しばしの会話。この時点で二葉にとって一葉はただの特撮オタクであり、ショッカーなんてテレビ番組だけの存在にすぎないと思ってました。この時点ではね!
toujima200603-1.jpg
後日、自分の居酒屋でヤクザが殺し屋に、虎師匠を殺してほしいと依頼する現場に遭遇してしまう。しかも今夜決行と聞いて師匠宅に急ぐ二葉。シャワー中なのをいいことに大好きな師匠のマスクを被って恍惚に浸っていたら殺し屋が来ちゃったよ!
まあいい、このまま私が相手をするとバトルに突入したところ、思った以上の強さに苦戦を強いられる。そりゃそうだ
toujima200603-2.jpg
だって蜘蛛男なのだから!
しかも怪人にしてやると言ってる。ならば兄キと同類か!? でも顔のマスクが剥がれてこの顔とは…。信じられない状況と、いかなる攻撃も通用しないジレンマで一旦 距離を取ります。が、今度は粘着性のある糸?を吐かれて身動きが取れない!
おまえ…マジそうなのか!?
とても人間技じゃない能力に二葉もようやく認めざるを得ない。このままだと怪人にされてしまう!
toujima200603-3.jpg
命の危機に直面しては恥も外聞もありません。下着姿で叫び声を上げて逃げ始めた。生まれて初めて女の子らしく叫んだそうだけど、シックスパックに割れてる腹筋では何のセクシーさも感じられないよ!!
toujima200603-4.jpg
人通りの多い場所まで逃げて二葉は叫ぶ。
いるぞ!!!!ショッカーは!!!!
うん、読者はとっくに知ってた。一葉もずっと前から言ってたよ。ただ貴女が信じてなかっただけ。まぁ信じられないのも当然だけど、兄は子供の頃から知ってたのだからもっと早く信じてあげるべきでしたね。
ともかくこれによって二葉もショッカーが実在すると知りました。ならばライダーのポジションはどこ? 私は男っぽいアマゾネスみたいなところからアマゾンになると予想します。

ところで1日発売の雑誌『BRUTUS(ブルータス)』 2020年6/15号は漫画を特集。麒麟の川島明が当漫画を二ページに渡りプッシュしてますからお読みになってください。

BRUTUS(ブルータス) 2020年6/15号No.917[マンガが好きで好きで好きでたまらない]
toujima200503.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の22話
兄である一葉を「殺す」と、攻撃を仕掛ける妹の二葉。どうやって鍛えたのか知らないが二葉の攻撃力は凄まじく、一葉以上かもしれない。起死回生で放ったブイスリー電熱チョップで苦しんでるのが上の画像。ショッカーが本当に実在してることを知って強くなった一葉を「ただの仮面ライダー馬鹿」と思うのは仕方ないか。

あらためて…殺してやる!!!! 二葉は攻撃するも一葉とて負けてはいない。今度はブイスリー回転フルキックでぶっ飛ばす! が、それを耐えて逆にそれ以上の回転力で蹴り飛ばした! 地に這いつくばる一葉は問う。
toujima200503-.jpg
俺への憎しみだけで強くなったのか?
ああ…お前が元凶だ

けれどなぜここまで兄のことを憎むのか。話は過去に遡ります。
小学生時代、一葉は本物のショッカー戦闘員を見る前からV3のことが好きだった。いつもV3の話ばかりで、変身ポーズもとりまくり。よってヒンシュクが二葉に及んでイジメに遭っていたそうだ。
toujima200503-1.jpg
兄を憎んだ二葉は習字とピアノを習うといって、その月謝で格闘技道場「子虎の穴」に通う。理由はもちろん強くなって兄を殺したいから! そう言われて本気になった虎師匠は手加減無しで鍛えます。
…二葉の親は習字とピアノの上達ぶりを確認しようと思わなかったのかね? つーか「殺したい奴がいる」と言われて本気で教える虎師匠も師匠だ。

覚悟はどうした? こっちも本気なんだよ
虎師匠は子供相手だろうと躊躇せずに当てにいく。二葉は心が折れそうになりながらも「兄を殺す」ために耐え、命懸けで強くなったそうだ。
toujima200503-2.jpg
と、回想は終わって現代へ。自分の知らないところでそんなことがあったのかと、一葉は少なからずショックを受けている様子。中学時代、イジメで精神が破裂寸前になった際に師匠はこういって なだめてくれた。
110歳まで生きろ そしたら全校生徒全員死んでるからお前の勝ちだ
あぁ、誰だったか「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」の木村政彦に対してこう言ったっけ。
試合では負けても力道山より長く生きたから木村の勝ち だと。
あの試合以来、表舞台から退いた木村だけれど力道山は試合後9年目で死亡。対する木村は39年後に亡くなってます。30年も長く生きたからにはこの判断は間違ってないんじゃないでしょうか。

こんな目に遭っていことを知った一葉は泣きながら語る。
わかった…死んでやる
ただし…
ショッカーと戦って死ぬ

まだそんなこと言ってるのかとキれた二葉は大ダメージを与えるも「俺が死ぬのはここじゃない」と、大逆転の一撃を見舞う!
toujima200503-3.jpg
すまん…俺はショッカーと戦って死ぬ
この言葉が二葉に伝わったかは知らないが、二葉の悲しみを背負うことになった一葉はより強くなったと確信します。

東島丹三郎は仮面ライダーになりたい(5) 5月15日発売