toujima200229.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の20話
二葉の居酒屋で偶然 居合わせた丹三郎たちと中尾ショッカー戦闘員。一葉は「いよいよ俺達を消しに来たか」とノリノリだけど、当の中尾は戦う気などありません。しかし「戦闘員程度」と言われちゃ気が収まらない。よって戦闘になるのですがユカリスは思うところがありました。
toujima200229-.jpg
それは自分と同様にショッカーの命令を受けない、洗脳が解けた状態だから。もっとも中尾は死にかけたところを蜘蛛男によって戦闘員にされ、最初から(なぜか)支配下に置かれない「はぐれ戦闘員」でしたけどね。
ユカリスは「この戦闘員 敵じゃないかも」と進言するも、一葉が人の言う事を聞かないのは今にはじまったことじゃありません。かくしてライダー・タックル・V3・ライダーマンvs中尾ショッカー戦が始まるのですが、さすがに四人を相手では中尾が勝てるハズもありません。
toujima200229-1.jpg
戦闘員一人に全力でボコるライダーたちっていったい…と思われても無理ありませんねー。ちなみにダウンしたところで変身が解け、丹三郎はショッカー強盗を働いていたヤクザだとようやく認識。果たして中尾の今後はどーなるんでしょ!?

そんなことがあった一方、見知らぬ場所では異変が起きてました。それは戦闘員たちの洗脳が次々と解けているらしいのだ。
toujima200229-2.jpg
それを始末しに来た女戦闘員。だってショッカーは「裏切者は死刑」ですから。上の画像右は人気アイドルのライブの帰りに、左は今からプロポーズしようとしていたところに。その場に居た関係ない人まで殺すなんてショッカーらしいっちゃらしいか。
画像は無いけど三人目は結婚して家まで建てている立派な社会人。「俺には守るべき家族がいる 愛が俺の力の源だ」と、女戦闘員を上回る力を発揮します。そういや前の二人も「人を愛してる」わけで、(ユカリスも含めて)愛が洗脳を解くことに深く関係している可能性がありますよ。
toujima200229-3.jpg
けれどその男を一撃で葬ったのは蝙蝠男。蜘蛛男と決着がついてないのに二人目の怪人が来ちゃった!この先どうなるのか全く展開が読めません。
スポンサーサイト



toujima200209.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の19話
随分と"今さら"ですが東島丹三郎です。トーナメントはタックルのユリコが優勝し、一同は二葉の居酒屋で祝勝会を催す。その席で一葉は試合中に「好きだ」と言ってしまった返事を聞かせて欲しいと要求。けれどユリコは「ごめんなさい」…
toujima200209-.jpg
鬼の首を獲ったかのようにユカリスは笑い飛ばす! まぁ今までのやり取りならば笑うのが当然だろうな。一葉には酷い目に遭ってたしね。逆上して手を出そうとしたところで二葉からの顔面蹴りが炸裂。自分の店で暴れられたらたまりませんから。更に皆に「暴れたら全員ぶっ殺すからな」と釘を刺すのも忘れません。この連中ならば暴れるのは当たり前とでも思ってのことでしょう。
toujima200209-1.jpg
一葉は君を好きな気持ちは止められない。君を好きでいさせてくれ、俺の片想いでとしたからにはユリコは「ハイ」としか言い返せない。片想いならば恋愛自由ですから。とはいえ片想いにわざわざ許可してもらう必要あるの? と思うのだけど…

それぞれが酒宴を楽しんでる中でユカリスは違和感を察知。近くにショッカーが居るらしい。それは中尾ショッカーでした。同じ二葉の店に来ていたとは偶然にも程があるぞ!
toujima200209-2.jpg
出会った二人はもちろん戦闘に発展。もっともこれはユカリスが「裏切者の私を殺しに来た」と早とちりしたのが原因であって。中尾は特に戦う気がありませんでした。とはいえ手を出されたんじゃ返さなきゃいけないのはヤクザの沽券に関わります。
倍返しとばかりにユカリスを圧倒する中尾ショッカー。そこへ現れた二葉は「暴れたらブッ殺すって」と顔面蹴り。本気になった中尾はショッカーをなめるなと突っ掛かるも、兄妹の中では一番強い(らしい)二葉に返り討ち。ぶっ飛ばされて倒れたところが丹三郎たちの部屋だったのだからたまりません。
toujima200209-3.jpg
ライダーマン、一号ライダー、V3、タックルらと邂逅してしまったことで中尾ショッカーの運命やいかに!?
toujima191230.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の18話
丹三郎(仮面ライダー)がユリコ(タックル)に敗れ、トーナメント決勝はタックルとライダーマン(三葉)になりました。敗れた丹三郎は当初は仮面を被らなければ死んだような状態に陥るも、ようやく意識が戻ったのが上の画像。完敗だった、あれはまさしくタックルだったとユリコを高く評価します。

こうして始まった決勝戦。合気道を使うライダーマンは自分の制空権に入って来るところを狙うも、手出しが無ければ攻撃できない。攻撃してきても電光石火の早業で電波投げ(というよりSTO)を狙ってきたから抜け出すのがやっとだ。
toujima191230-.jpg
二人の戦いは打撃技ではなく寝技(関節技)の展開となって地味にスゴイ展開に。互いに背後や関節を極められたら負けると、気の抜けない状態に陥ってハタからみれば泥仕合に見えなくもありません。にっちもさっちもいかなくなったライダーマンは意を決して仮面を脱いで間を取った。
toujima191230-1.jpg
が、これを悪手と見なしたタックル。仮面を脱いだということは変身を解いたということ。だったらもう私の敵じゃないと必勝を宣言。事実、この後はストレートパンチ→ローリングソバットの連携で勝利します。
toujima191230-2.jpg
三葉の敗北に飛び出したユカリスもタックルにタックルされて(これはひょっとしてラグビー人気の影響か?)後頭部を痛打してこれまたKO。ライダー・ライダーマン・ショッカー戦闘員を倒したタックルは、V3(一葉)も招いて一撃でKOしてしまいます。
toujima191230-3.jpg
全勝を成し遂げたタックルは、胸の中のタックルに勝利を告げる。ストロンガー30話「さようならタックル!最後の活躍!!」を観て泣きまくった あの日を鑑みながら。
[東島丹三郎は仮面ライダーになりたい タックルはまさしく本物と化す!]の続きを読む
tougima191201.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の17話
ストロンガーに対する不平不満を大声で言い放ったことでタックル(ユリコ)は新生。新電波投げで仮面ライダー(丹三郎)を投げ捨てた。が、即座に立ち上がったライダー。口元から血がポタポタと落ちている(お面で口は見えないけどね)のでダメージはあるハズなのに全く感じさせません。ならばと今度は脳天直撃技を見舞うも、やはり立ち上がる。
仮面ライダーの体力はバケモノか?
力だけじゃない…尋常じゃないほど頑丈です。ここで一葉はつぶやく。
あいつが立ち上がるのは…仮面ライダーだから

あなたの技は…本当に…恐ろしいほど単純
私が勝つには…あなたが完全に倒れるまで私だけが攻撃する
tougima191201-.jpg
ライダーの攻撃は大振りばかりなので避けるのは可能。だから避けては攻撃、避けては攻撃の繰り返しで着実にダメージを重ねていく。それでも大振りの蹴りがかすってしまい、宙に浮いてしまうタックル。たったこれだけで!? やはり一撃必殺のライダーは侮れない。今度は渾身のライダーパンチが襲ってきた。カウンターで返すタックル。が! 当たってないのにまたしても飛ばされてしまいます。
tougima191201-1.jpg
私が当てたのにどうして私が飛ばされるの? タックルが見つめた先に居たのは"お面を被った丹三郎"ではなく、完全な仮面ライダーそのものの姿。これを見て涙・汗が噴き出します。湧き上がる感情は恐怖であり喜びであり絶望でもあり…。
でも心の底から叫び声が聞こえた!
tougima191201-2.jpg
命 を 懸 け る の !!!!
それはタックルの声であった。小さな頃から好きだったタックルが私に向かって話し掛けてくれた。ハタから言わせれば空耳と言うに違いない。でもタックルのことが好きで好きでタックル道を貫いてきたユリコにとっては聞こえたのだ。ライダーは命を張って戦っている。ならば私も決死の思いで戦わなくちゃいけないんだー!!

泣きながらのタックルの猛攻が始まった。新電波投げ(一本背負いからのヒップアタック)を放って立ち上がるライダー。新電波投げ(ただの蹴り技?)を放って即座に立ち上がるライダー。もはやライダーのタフネスぶりには脅威すら感じます。ライダーの蹴りでタックルのマスクが飛ばされるも、タックルは同じ蹴りでお面をはがし…
tougima191201-3.jpg
そのまま膝をアゴに添えて地面に叩きつける新電波投げ!
投げ技じゃないじゃん
と思うけれど、本人が新電波投げと言ってるのだから投げ技なんだよ!
もう動かない丹三郎。これにより仮面ライダー最強決定トーナメント(今回になっていきなりこんな名称が付いてたのには驚いたね)はタックルの優勝で幕を閉じることになりました。主人公が負けましたか。まぁそれもいいでしょう。負けたことでより強くなろうとする気持ちが生まれるでしょうからね。
tanza191103.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の16話
一葉(V3)と三葉(ライダーマン)の戦いが決着して三葉が決勝戦進出。残り一枠を賭けて丹三郎(仮面ライダー)とユリコ(タックル)の戦いが始まろうとしていた。両者 気合十分で一葉は「仮面ライダーとタックルだ」と語るも、ユカリスには「お面をつけたアブないおっさん」と「電波人間と叫んでるデンパな女教師」にしか見えないようだ。まぁそりゃそうなんだけど、そこは「考えるな、感じろ」ってやつで察しろ!

丹三郎はヒーローウォークで間合いを詰めるもユリコは蹴りを入れてペースを取らせない。が、ここで渾身のライダーパンチが放たれてユリコは尻もちをついて難を逃れます。
tanza191103-.jpg
このときの丹三郎の足の運びは「エアマスター」を彷彿とさせるものでした。「一発でもっていかれる」…ユリコは蜘蛛男をダウンさせたワンパン力を大いに警戒。また一葉たちもパンチ力だけならこの五人の中で群をぬいてると、改めて破壊力を知らされます。
パンチを警戒したユリコは足を使って近寄らせまいとするも、丹三郎はゴリ押しでパンチを見舞う。このやりとりの後、丹三郎は上着を脱いでライダーポーズ。ここからが本番だという挨拶なのだろう。これにユリコも応え、「電波人間 タック!!!!」と叫ぶ。以前もあったけれど、番組内では「タックル」ではなく「タック」と聞こえるのでそれを忠実に再現してるわけね。
ちなみにこの名乗りを見ていた一葉はユリコに恋してしまったらしい。
tanza191103-1.jpg
両者 名乗り合ったところで今度こそユカリスには二人が本物の仮面ライダーとタックルに見えたようだ。尋常ならぬオーラがそのように見せているのだろう。たぶんきっと。よってここからは丹三郎やユリコと名前では呼ばず、ライダー・タックルと呼ぶことにします。

ポースをとってエネルギーを蓄えたライダーは、やはり豪快な大振り技を繰り出します。タックルは適格に蹴りを当てるものの全く通用しないのだから受け身にならざるを得ません。防御してるにも関わらず豪快な蹴りによって吹き飛ばされたタックルは地面に叩きつけられた。
一撃でこんな… じょ冗談じゃない
このときタックルはストロンガー30話「さようならタックル!最後の活躍!!」を観た時ことを思い出していた。タックルが死んだショックで一週間寝込み、これがきっかけで始まったタックル道。
ストロンガーは助けに来ないから
タックルは強くなくちゃいけない!!!

あの時の気持ちをいま全力で叫びたいそうだ。
tanza191103-2.jpg
6歳の頃から溜まりに溜まっていたものを吐き出したことでタックルは新成す。「炎の転校生」風に言うなら「タックル2」となりました。今までのライダー並みに豪快な蹴りを繰り出したと思いきや、ダブルアームスープレックスの体勢で後ろに落とすのではなく前に落とす! これぞ新技 新電波投げ! 顔面と胸を強打したことでライダーのダメージはデカそうだ。
tanza191103-3.jpg
形勢逆転のタックル。今のタックルには隙が無いだけにライダーはどう戦う?
toujima190901.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の14話
蜘蛛男と戦う前に、先ずはこの中で誰が一番強いかを決めようとトーナメント戦が始まります。一葉は「俺が優勝しても即挑戦を受ける。誰も文句を言えなくなったやつが一番強い」とし、これに同調する皆(ユカリスは除く)。何だかんだで身体を鍛えてきた者同士、戦ってみたかったのだろう(ユカリスは除く)。
toujima190901-.jpg
くじで決まったのがこの組み合わせ。当初は3がV3、5にユカリスだったけれど、ユカリスがライダーマンといきなり戦うのはイヤだとして変更してこうなりました。そりゃ新婚だから決勝戦で戦いたいとする気持ちはわかるものの、しょっちゅうキスをしまくるのは読んでいてイライラするね。

始まったライダーvsユカリス。本物のショッカーと戦えるのは嬉しい、出来るなら戦闘員になってくれと土下座まで繰り出す丹三郎です。これにツンデレのような態度をとってもったいぶるユカリスだけど、「そんなのいらねえ」と突き返されたことにプッツン。お望みどおりに戦闘員となって全力で丹三郎を倒すつもりで満々だ。
toujima190901-1.jpg
けれどライダーパンチの一発で即KO!
やはり丹三郎、ショッカーが相手だと並みならぬ力を発揮するようだ。男女平等パンチが食い込んでるからには前歯が数本折れていても不思議じゃないでしょうよ。
けれどユカリスの不幸は更に続く!
派手に倒されたので三葉が駆け寄りキス! これに嬉しくなったユカリスはおねだりして「もう一回もう一回」と繰り返したものだから、今度は一葉がプッツンだー!
toujima190901-2.jpg
ユカリス・三葉の二人は、一葉の蹴りでダブルKO。いやもう躊躇ないね一葉は。
次の戦いはライダーマンvs V3。中二の春以来、久しぶりに戦うそうだ。あの時は腕を折られたけれど、今度はそうはいかないとする三葉(ライダーマン)です。
toujima190901-3.jpg
V3マッハパンチを繰り出してきたところを合気道でいなします。力業が通用しないとあれば、V3はどうやって戦う?

9月5日にコミックス3巻が出ます。3巻だからかV3の一葉が表紙なのは偶然ではないでしょう!?
東島丹三郎は仮面ライダーになりたい(3) (ヒーローズコミックス)
東島丹三郎は仮面ライダーになりたい(3) (ヒーローズコミックス)
東島丹三郎は仮面ライダーになりたい 3(ヒーローズコミックス) Kindle版
toujima190801.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の13話
ショッカー戦闘員となった中尾はさて置き、第二回ライダー集会において一葉は「10日後に この中で一番強いやつを決める」と ぶちまけた。今の実力では蜘蛛男には敵わないだろう。けれど丹三郎はパンチを入れることが出来た。この事が悔しかったらしく、誰が本当に強いのか決めたいというわけだ。まぁ実力ある者同士、単純に強さを競いたいという気持ちもあるのだろうけどね。
これに二つ返事で即答した丹三郎とユリコ。彼らもまた同じ気持ちというわけか。

そして始まった各々の特訓。まずはユリコから。
toujima190801-.jpg
サンドバックにパンチと蹴りを高速で叩き込んでいきます。頭の中ではこの高速攻撃から移行した、新しい電波投げを考えているようだ。えーと、なぜ打撃練習をして投げが完成するのか理由が全然わからないのですが?
toujima190801-1.jpg
丹三郎は1話で戦った熊との再戦。熊としても右目を潰されたのでリベンジを果たす気満々だ。ところがライダーのお面を被った丹三郎はあの時以上に強くなっていた。いきなり「ライダーパンチ」を鼻っ先に叩き込まれて「コイツは人間か!?」と思ったらしい。これ以降もたびたび鼻にダメージを負わされてテンション急降下。
toujima190801-2.jpg
最後は腹を見せてのギブアップを宣言します。でも空中に飛んだからには降りるしかない。そのまま腹に「ライダーキック」を叩き込んじゃいました(ひでえ)。この後 熊は、まともに立てずにゴロゴロ転がって山奥に逃げたとさ。「二度と会ってたまるか!!!!」と固く決意をしながら。
toujima190801-3.jpg
三葉はユカリスが攻撃しようと有効打を取らせない。合気道を使ったからだ。相手の力をそのまま返すのだから怪人には有効だろう。けれどユカリスのラブラブなキス攻撃によって轟沈。強いのはユカリスってこと!?
toujima190801-4.jpg
最後は一葉。"重いコンダラ"(ローラーのことね)を引いていたと思ったら、蜘蛛男との戦闘シミュレーションを開始。どんなに考えたところで蜘蛛男に勝てないまま時間はどんどん過ぎていく…
えーと、バキだって同じことやってたけどさ、まずは頭より身体じゃない? だから頭の中で特訓するんじゃなく、実際に身体を動かして特訓しようよ。
この様に10日間はあっという間に過ぎて一葉の家に集結した5人。いったい誰が最強になるん?