toujima190605.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の11話
暴力団同士の麻薬の取り引き場に現れた四人組は組長を殺害し、麻薬と現金の双方を奪おうとしていた。けれどその場に居合わせたのが雲田こと蜘蛛男。失業した恨みもあっていきなり完全体へと変身し、四人に襲い掛かります。
もちろん四人も拳銃を撃ち続けるも全く効果なし。いやそれ以前に「なんだコレ!!?」と、蜘蛛男そのものを知らないみたい。まぁ平成生まれだから知らないのも無理ないか。全員が一撃によって倒され、残ったのは中尾のみ。近づく蜘蛛男に中尾は昔を思い出す。そう、これは走馬灯なのだ。

中尾八郎が7歳のとき、父親は一念発起して たい焼き屋を開業するも失敗に終わり八百万もの借金が残った。
toujima190605-.jpg
そしたら父親は「この人の愛人になった」として借金はチャラになるも、中尾は祖父のもとで暮らすことに。典型的な落ち武者人生だね。その田舎でのこと。クラスメイトがライダーごっこをしてる中、中尾は「ショッカーは俺一人でいい」と告げるや泣き出します。
toujima190605-1.jpg
正義の味方なんか…本当にいるのか?
もし俺が「ショッカー」だとしたら…俺は生きていける

と、意味不明なことを語り始めて皆に殴りかかりました。これは心境の変化でしょう。正義の味方は僕らを守ってくれるなんて言うけれど、父親は出たっきり帰ってこない。だったら俺は正義なんて信じない、悪の側についてやるといった気持ちがそうさせたと思うわけで。

そして現在の中尾は蜘蛛男に胸を貫かれて虫の息。大量の吐血を蜘蛛男に浴びせるも、死に際にこう叫ばずにはいられませんでした。
toujima190605-2.jpg
俺をっ…ショッカーにっ…してくれないか!?
絶命する中尾。蜘蛛男にしても奇妙に思ったことだろう。殺そうとしているのに「ショッカーにしてくれ」と頼まれたのだから。その後、中尾は公園のベンチで目を覚ます。服は血で汚れたままだけど傷口はふさがっていた。記憶は途切れ途切れだけど、部下三人がいる焼肉屋に向かいます。
toujima190605-3.jpg
そこで「イー」ってやったら戦闘員になっちゃった! 望みが叶ったとはいえ、こんな短時間にどうやって戦闘員にしたんだろうな? 改造手術をしてる時間はないだろうから、蜘蛛男の血液を飲んだのが原因というところでしょうか。
スポンサーサイト
toujima190505.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の2巻です。
大人が本気でライダーごっこをしてたら、ショッカーが実在したばかりか怪人さえも登場してしまうバトルコメディの2巻。毎回レビューしてるので記事を引用しながら紹介します。

5話 東島丹三郎は仮面ライダーになりたい V3の成りきり青年と丹三郎ライダーが激突
三葉の兄の一葉が登場。V3が全ライダーで最強だと信じて疑わない、熱い男というより熱すぎてウザイというのが最も相応しい表現だろう。
toujima190505-.jpg
丹三郎は もちろん一号ライダーなわけで、意見の食い違いから争いになるのは自然の成り行きというもの。互いに成り切っての戦いなことから、周囲の人たちからは実際に一号とV3が戦っているように見えたようだ。

6話 東島丹三郎は仮面ライダーになりたい ショッカー戦闘員軍団に大ピンチ…じゃなかった!
三葉の恋人・ユカリスはショッカーの女戦闘員だった。正体がバレたからにはユカリスは、誰であろうと鉄の掟によって始末しなければなりません。
toujima190505-1.jpg
そこで街中に潜伏していた戦闘員たちを呼びよせて泣きます。これが最期だと。ところが丹三郎も一葉もユリコも並みの人間じゃなかった! 各々が一号・V3・タックルが好きで憧れの存在であり、常日頃から身体を鍛えてきた者なので強いの何の。片っ端から ちぎっては投げて倒していく姿は圧巻だ!

7話 東島丹三郎は仮面ライダーになりたい 怪人の正体は怪奇〇〇男だった
ユカリス以外の戦闘員は全滅。でもそこに現れたのは3話に登場した怪人の男。その正体は蜘蛛男でした。さすがに強く戦闘員のようにはいきません。技を放つも全く効かないどころか押されっ放しという状況だ。
toujima190201-3.jpg
そこに現れたのはライダーマン! 三葉が成り切った姿です。戦車が引っ張っても切れないというロープアームで固定して逃げようとするのですが…

8話 東島丹三郎は仮面ライダーになりたい 完全体となった蜘蛛男に挑む丹三郎
冒頭はライダーマンになるに至った長ーい回想。当初は一葉と同じくV3になりたかったけれど、絶対に座を譲ってくれなかったのでライダーマンになりました。ってか、一葉き三葉の左腕を折っておいて「俺の優しさ」と言うのはわけがわかりません。
toujima190302-.jpg
でもライダーマンになったらなったで一番のお気に入りになったようだ。そう、ライダーマンは生身の部分が見えているとはいえ、頭脳は将来のデストロンの幹部候補と言われるぐらいに優れたものでした。力よりも頭脳で勝負することこそ、ライダーマンの真骨頂なんですよ!
けれど蜘蛛男は顔だけでなく全身を怪人化。圧倒的な力の前に全滅は必至!? いや、そこで立ち上がったのが丹三郎。「仮面ライダーは逃げない!!!!」と、全身全霊を込めたパンチが蜘蛛男の腹に突き刺さる!
東島丹三郎は仮面ライダーになりたい (2) (ヒーローズコミックス)
東島丹三郎は仮面ライダーになりたい (2) (ヒーローズコミックス)
東島丹三郎は仮面ライダーになりたい 2(ヒーローズコミックス)Kindle版
toujima190504.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の10話
一葉の妹・二葉が経営する居酒屋になだれ込んだ一同。前回は三葉と ユカリスの結婚式を行いました。ユカリスの気持ちを確かめるためにも一葉は「ショッカーと戦えるのか?」と念を押し、「戦う!!!! ミツバと一緒なら!!!」と答えるのでした。
これにより正式に仲間になったユカリスと共に作戦会議を始めようとするのですが…
toujima190504-.jpg
一葉も丹三郎も飲んだら寝てしまって会議どころではありません。よってまた今度ということになりましたー。
一方、皆のあずかり知らぬ場所において暴力団同士の麻薬の取り引きが行われてました。この場において余興として素手喧嘩(ステゴロ)が行われることに。
toujima190504-1.jpg
そこに登場したのがショッカー好きでショッカー強盗を働いていた中尾。親分に言われて喧嘩することになります。読者としては腕はイマイチなイメージでしたが(そりゃ熊をも倒す丹三郎を相手にしちゃさすがに劣るわな)、親分の期待通りに強い強い! 三連勝して100万円ゲットしてしまいます。そしたら相手の親分が我慢なりません。今度は500万を賭けて「無敵」の男を呼び寄せた。その男こそ蜘蛛男の雲田でした。
お前 暴力団に雇われとったんかい!!
toujima190504-2.jpg
雲田が蜘蛛男だと知らない中尾。このまま戦えば中尾の敗北は確実だ。そこで思いもしない展開に。何処で取り引きを嗅ぎつけたかは知らないが、現金と麻薬を狙った別組織が襲撃を仕掛けてきた! これにより双方の親分は死亡。中尾は逃げ、雲田は撃たれます。もっとも怪人だから拳銃ぐらい何ともありません。ただ、親分を失ったことにより失業は免れないだろう。その苛立ちから本気になっちゃったよ!?
toujima190504-3.jpg
四人の強盗と中尾の前で蜘蛛男の完全体に変身。あぁこりゃもう四人は死んだな。問題は中尾。憧れのショッカー、しかも「仮面ライダー」第一話に登場した蜘蛛男の本物に会えたことに 逃げるどころか感激の涙を流すのは間違いないんじゃないの?
東島丹三郎は仮面ライダーになりたい (2) (ヒーローズコミックス)
東島丹三郎は仮面ライダーになりたい (2) (ヒーローズコミックス)
東島丹三郎は仮面ライダーになりたい 2(ヒーローズコミックス)Kindle版
toujima190403.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の9話
通行人が注目し始めたため蜘蛛男は倒れている戦闘員たちを毒針で溶かして逃亡。丹三郎たちの危機は去ると共に、ユカリスはショッカーから晴れて解放されたことになるのかな?
皆は一葉の指示で居酒屋に移動。三葉の件や作戦会議のためです。その居酒屋というのが一葉の妹であり、三葉の姉である二葉の店。そりゃ一葉・三葉ときたなら二葉も居るだろうとは思ってましたよ。まさか女性だったとはね。

ビールを手に「いいライダーパンチだった」と語り合う一葉と丹三。出会った当初は火花バチバチだったのにすっかり打ち解けてるのは意外でした。
toujima190403-.jpg
ライダーが酒を飲む? とユリコは突っ込むも、風見志郎と本郷猛が戦いを忘れて飲みながら語り合うこともあるだろうと 全然気にしない。まぁ確かにそうだね。命を賭けて戦ってるのだから飲んでリラックスするのもアリでしょう。
そして唐突に三葉とユカリスとの結婚式の開催へ。一葉は結婚するかしないかの二択を突き付けて「する」を選択。ならば今すぐここで挙式だというわけ。一葉が祝詞(のりと)をあげ始めたところに二葉がツマミの注文を取りにきて「愚妹も参列しろ」と言ったことに血が沸騰!
toujima190403-1.jpg
いきなりカカト落としを食らわせます。続いて膝蹴りからエルボーへの連続技。あの一葉が押されっぱなしなのだから二葉の強さは本物だろう。
仕方ない…変身するしかなさそうだなと、V3の変身ポーズを取り始めたところに追い打ちのキックが顔面にヒット!
toujima190403-2.jpg
ギリギリ変身が間にあったようだな
変 身 し て な い だ ろ
この部分、声を出してマジで笑ったー! 鼻血を出しながらやせ我慢して言ったのがバレバレだよ。
式が進まないので三葉が直接指揮をするようになり、ユカリスの気持ちを訊いた。
toujima190403-3.jpg
結婚してくれますか?  ハイ
このキスをもって結婚したことにし、皆から祝福される二人。けれどただ一人、納得しない者が居た。二葉だ。これが結婚式!? と、イマイチ理解できてない模様。祝福の一言を、と言われた二葉は逆に一葉について恨みつらみを語り始めた。
長くなるので略すと、一葉の奇行(自分がV3だと思ってること)のせいで小学一年生から10年以上 全生徒から無視され続けてきた。それも友達の親たちが全推奨してる無視。その深い闇で育ったのだから二葉が強くなったのは ある意味当然かもね。

それでも俺たちはショッカーと戦ってるとガンとしてスタイルを変えない一葉に(だって事実なんだからしょうがない)、二葉は…
toujima190403-4.jpg
      ツマミを注文しろ!!!!
と、怒りの鉄拳。御託はいいから先ずはウチに利益を落とせというわけですな。
このような今回。なんかグダグダな展開で話が全然進んでません。これを見て「究極超人あ~る」を思い出したわ。アレもこんなようにグダグダで、話が全く進まないことがありましたから。
東島丹三郎は仮面ライダーになりたい (2)
東島丹三郎は仮面ライダーになりたい (2) 5月2日発売
toujima190302.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の8話
前回、ライダーマンとなった三葉。なぜライダーマンなのかが冒頭で語られます。幼い頃 一葉とライダーごっこをするも、最強のライダーだと確信するV3は一葉が一人占めて決して譲ろうとしなかった。兄に勝つため合気道をベースに格闘スタイルを組み立て、中二の春に再び対戦します。
尚、中二になってもまだやってたのかと思っちゃダメですよ。本人にとっては真剣そのものですから。

その戦いは二時間を越える激戦となり、一葉は三葉の左腕を「俺の優しさ」として折ることで決着する。一葉はV3の座は絶対に渡す気はない。けれど相棒となるライダーマンなら構わない。「俺の優しさ」とは利き腕である右腕ではなく、左腕を折ったのだから「優しだろう?」とのことだそうだ。
弟の腕を躊躇なく折っちゃう兄。V3のためならどんな犠牲でも払う一葉に恐ろしさを見た!
toujima190302-.jpg
こうしてライダーマンとなった三葉。ユカリスに「すべての仮面ライダーの中で「ライダーマン」が一番熱い!!!!」と、自慢げに語るのでした。まぁ確かにそうかな。プルトンロケットに自ら乗り込んで爆破したってことは、死ぬ覚悟は出来ていたわけですからね。

そうこうしてる間に蜘蛛男は拘束していたロープから脱出し、身体を完全体へと変化させる。
toujima190302-2.jpg
デケェ! 2mはあるでしょうか。今まで顔だけ怪人だったけれど、本性を現わして禍々しさが感じられます。「まとめて死ね」と振りかぶり、振り下ろされた腕にはユカリスがしがみつく! 
toujima190302-5.jpg
先ほど操られて三葉を攻撃してしまった罪滅ぼしなのでしょう。そのおかげで全員なぎ倒されるも大事には至らず。ユカリスは更に「私が相手よ」と涙目で対峙。完全な裏切りに蜘蛛男も困惑してるようだ。こんなこと考えられないのだろう。
「僕が相手だ」「バカ ここは俺だ」と三葉と一葉が叫ぶ中、達観したように丹三郎が語り出す。
仮面ライダー第13話…蘇った怪人大軍団相手に…
仮面ライダーは少しもまったく一瞬も怯まず 一人突っ込み戦った!!!!
そうだった
 仮面ライダーは逃げない!!!!


丹三郎はコブシに魂を込め始める。一球入魂ならぬ一撃入魂のつもりだ。心技体とも気力がみなぎったその姿に、蜘蛛男は幻覚を見る!
toujima190302-3.jpg
それは紛れもなく仮面ライダー1号の姿!
ここで言いたいのは蜘蛛男の視点で1号が見えたということ。ならば仮面ライダーは実在するってことじゃないですか。ならば今後 丹三郎たちに"仮面ライダー〇号の名を贈る"機会があるかもしれませんよ!?
渾身のライダーパンチを受けて蜘蛛男は倒れ込む。蜘蛛男は当然として一葉も三葉もユリコもユカリスも全員が驚いた。生身の人間のコブシが本物の怪人に届いたのだから 「してやったり!」な気分だろう。特に一葉は嬉しいような、先にやられて悔しいような顔してますね。

この後、異常事態に気が付いた一般市民(遅いよ! なぜ今まで気が付かないの?)の目から逃れるために蜘蛛男は戦闘員たちを溶かして証拠隠滅。そのまま去ってしまいます。でもユカリスがいるから情報を聞き出せそうですね。
toujima190201.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の7話
当漫画は隔月掲載してましたが、ヨクサル先生が他誌で連載していた「カイテンワン」が終了したため今月号から毎月連載となります。

ショッカー戦闘員に囲まれた東島たち。けれど常日頃から身体を鍛えてきた彼らにとって、この状況こそ待ちわびた展開だったに違いない。襲い来る戦闘員を次々と倒していく! 一葉は「ブイスリー回転キィーーック!!!!」と脳天を一撃!(それってむしろカカト落としじゃね?) ユリコは「電波投げ!!!!」と頭から落とします(それってむしろ垂直落下式のDDTじゃね?) そして東島は誰もが子供の頃にやっただろう、お馴染みの「ライダあああああああキィいいいいック!!!!」を顔面にヒットさせ、気が付けばユカリス以外の戦闘員は全滅だ。

あとはお前だとユカリスに迫る一葉。それを止める三葉ですが、一葉は妙なことを言いだした。
toujima190201-.jpg
ショッカーの女戦闘員と結婚したいのか?
結婚するかしないか 二択だ

随分と極端なものの考え方です。でも大事なものを選択するのだから、YESかNOかで決めるのは間違ってはいないでしょう。「なら結婚するよ!!!」と言った刹那、3話に登場したあの怪人が現れました!
toujima190201-1.jpg
戦闘員が全滅してることを咎められてユカリスは恐怖する。戦闘員と言えど、さすがに怪人は怖いようだ。初めて見た怪人に一葉は果敢にも「ブイスリーマッハキック」を食らわせようとするも、余裕で片手でキャッチされてしまいました。ここのところヒヤヒヤしましたよ。何せ人を溶かす毒針を発射するのだから、一葉がいきなり退場するのかと思いましたね。

一人じゃダメだ、ならば二人掛かりで攻撃だと東島とユリコはコンビネーションで仕掛けます。が、これも通じません。一葉は隙を突いてチョップを見舞い、そのまま顔面も殴ったらマスクが取れてしまいます。
toujima190201-2.jpg
怪人の素顔、それは初代仮面ライダー1話に登場した「怪奇 蜘蛛男」だったのです! ああそうか、毒針で人を溶かすのは蜘蛛男の設定そのまんまでしたね。正体を知られたからには生かしておけぬ。ワンパンで首が飛ぶらしい拳が、一葉を目掛けて振り下ろされた! その寸前にロープが蜘蛛男に巻き付いた。ガッチリ固定されて切れないみたい。いったい誰が!?
toujima190201-3.jpg
それはまさかのライダーマン!
三葉が用意していたものです。兄の一葉と違って身体を鍛えてないだけに、道具を使って戦うのが三葉のスタイルのようだ。それにしてもロープアームは左腕かよ! 本物に似せるなら、やはり右手に装着しなきゃ!
ロープを切り離して ひとまず退散することにした東島たち。これは戦車同士が引っ張っても切れない頑丈なものらしい。その際、ユカリスも一緒に逃亡させようとしますが、果たしてどうなる!?

今回は正体が蜘蛛男だったことに驚いたけれど、ライダーマンはもっと驚きました。まさかコレかよっ!?ってね。ついでにライダーマンの動画もどうぞ。
toujima181205.jpg
『月刊ヒーローズ』連載、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の1巻です。
遂に1巻が出ました! 私は初代仮面ライダーをリアルタイムで観ていた世代なので、仮面ライダーに憧れる主人公の気持ちはよくわかります。いや、自分が出来なかった夢を東島が代わりにやってくれてるんですよ! …すみません、いささかオーバーに言い過ぎましたが、誰だってヒーローになりたいって気持ちは持ってて当然だよね!?

連載当初から全話レビューしてることから詳細はそちらをお読みください。各話の主要点のみ書くことにします。
1話 新連載「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」 40歳無職でもライダーになりたい!
toujima181205-.jpg
ショッカー強盗に出くわした東島は、ライダーのお面を被って登場。その際、なぜか泣くんです。これは一人でライダーごっこをやるしかなかった昔の反動で、「ようやく対戦できる相手が現れた」ことが何よりも嬉しかったんでしょう。けれどその相手となるヤクザの子分はたまったものじゃない。何しろ東島は"ライダーごっこ"じゃなく本気も本気。熊をも倒すその筋力で、本気のパンチを! 本気のキックを! 繰り出すのだから、一発KOされてしてしまうのも無理ないわな。

2話 東島丹三郎は仮面ライダーになりたい ユリコのタックル愛は東島に劣らない
toujima181205-1.jpg
もう一人の主人公と言えるユリコが登場。彼女がいかに電波人間タックル好きになったかが描かれるわけですが、この親にしてこの子ありという印象を受けました。お面を被るだけでライダーを名乗る東島を認めないけれど、あのお面だからこそ 幼い頃の記憶が蘇るってもんですよ!

3話 東島丹三郎は仮面ライダーになりたい 本物の登場に丹三郎とユリコは驚愕す
toujima181205-2.jpg
この話から物語は大きく動く! 本物のショッカー戦闘員が登場したばかりか、本物の怪人まで現れてユーチューバーと戦闘員が証拠隠滅のために溶かされてしまいます。今までなら"ごっこ"の範囲内だったものの、一歩間違えば死を伴う事態に首を突っ込んでしまった二人です。

4話 東島丹三郎は仮面ライダーになりたい ショッカーはかなりの数が存在する!
toujima181205-3.jpg
ファミレス店長・島村三葉は幼い頃からショッカーの存在を知っていた。でもその彼女・ユカリスが女戦闘員だったとは誰が知ろうか! そのユカリスとユリコの戦いがメイン。上の画像のように見開きで大きくダイナミックに描くのがヨコサル先生の特徴でしょう。

タイトルに書いたけれど ノリと勢いで読者の心を掴み、見開きページで大胆にストーリーを引っ張っていくその姿勢、大好きです!
【Amazon.co.jp 限定】東島丹三郎は仮面ライダーになりたい (1)(特典ペーパー付) (ヒーローズコミックス)
【Amazon.co.jp 限定】東島丹三郎は仮面ライダーになりたい (1)(特典ペーパー付) (ヒーローズコミックス)
東島丹三郎は仮面ライダーになりたい 1(ヒーローズコミックス)Kindle版