k

k1
ヤングマガジン連載「喧嘩商売」にて、かつて援助交際で問題となった4人が再び登場。木多先生が恐れ知らずにも宮崎県知事となったあの人を大きく取り上げてました。
その前に、前回やったこの記事を読んでおかれるとより一層楽しめます。(キャッシュ画像が残ってました)
それにしても最近の「喧嘩商売」は十兵衛のシリアスなヤクザ狩りと、今回のようにたまにやるおふざけ話しとが上手く交差してますね。

高校教師の女子高生ハンター・島袋島田が大学の同級生と遭遇。自分の彼女は教え子だと自慢する。
「こいつとはまだやってない」
「教え子に手を出していいと思っているのか!?  条例なめんな!!」
「僕たちは将来を考えた真剣交際なので・・・・条例では裁けない」
教師になればよかった・・・・

ここんとこの駆け引きで早くも笑えてきます。こういった屁理屈を考えるのは上手いんですよねー。そしてまだこの屁理屈は続きます。
「女子高生に憧れて教師になるのがダメみたいな言い方だな」
当たり前だ いいわけねーだろ!!!
「それでは逆に聞くが・・・・世界の"王"に憧れてプロ野球選手になったらいかんという事になるよな
木多先生にかかってはこの二つが同レベルのようです。こんなことを平気で書かれる木多先生のそこに痺れる憧れるー!!
k2そこに現れるあのメンバー。かつて条例を犯してしまいながら尚も条例反対を叫ぶあの三人が登場だー!
先ずは吉○興行のあの人をモデルにした鷲尾一次が。次いで
「今度は起訴されるだろうが女子高生と付き合っていこうと思う」
と爆弾発言で登場の、○楽とんぼの○本が元ネタの山元池輝が。
そして今回の主役、島田武軍団の東園馬々(あずまそのうまうま)が
「島田先生の言う通りだ・・・・私も県民に伝えていきたい」
県民って言うなよ!!

ここで語られる前回サングラスしていた裏話。やはり選挙に立候補したものだから印刷止めてもらって急遽描き足したとのこと。
思い出したくないフライデー編集部の話とか出てきてきますが最後は
「お前はサングラスなどかけずに素顔のほうがいい そのまんまのほうがな」
「そのまんま東園や」「そのまんま東園」「そのまんま東園」・・・
「み・・みんな・・・・」
「み・・み・・・・宮崎万歳!!!
強引に宮崎県に話を持っていき終わりです。なお突然宮崎の宣伝をした理由は「宣伝したら見逃してくれそうな気がした」からだそうで。
確かに宣伝にはなったかもしれませんがイメージを考えると・・・ちなみに来週は巻頭カラーです。木多先生の手腕に期待します。
スポンサーサイト