han
   カバーを取ると倉田英之氏の原稿写真が載ってます
月刊コミックREX連載「ハンドXレッド」(原作・倉田英之、画・星樹)1巻が9日に発売されました。
正直言ってジャケ買いです(笑)。原作が「R・O・D」の倉田氏なので(小説の「R・O・D」は今や二年に一冊ペースになっちゃってますけど早く続きが読みたいものだ)ハズレはないだろうと思って買いました。
han描かれている星樹氏については知らなかったので調べてみると古くは「エターナルアルカディア」のCDジャケットや文庫挿絵などを描かれているようですね。
詳細はご本人のHP『PRANK』をご覧ください。
 PRANK

帯にある『一億年かけても親友を討つ!!』との言葉、これだけではよく判りませんけど読んでみて「なるほどねー」と納得。これは時間軸が100年ごとに変化する壮大なドラマです。

昔、二人の少年が魔法使いの弟子となった。腕力の長けるジムと頭の長けるルカ、二人は一緒に成長するために"契約"によって心臓を共に分かち合うことにした。
ところが契約の時にルカが裏切りジムに"呪い"をかける。それは100年間""の煉獄に繋がれるという恐ろしい呪い。これによりジムは100年経ったら10日だけこの世界に"存在"することが許されるが、それが過ぎたらまた"無"の世界を100年過ごさなければならないというもの。
この無限の連鎖を断ち切るにはこの世に居られる10日の間にルカを探し出し、分かれた心臓を奪うことにある。

こうしてジムとルカは100年ごとの戦いを繰り返している。この1巻では3つのエピソードが描かれてますが100年ごと違う時間軸ですから登場人物もそれぞれ全く違います。次のエピソードに出て来ないのは惜しいキャラも存在しますけど(特に美人)、次々と違う物語を描くにはやむを得ないことですね。

最後のエピソードにて修行時代のジムとルカが出てきました。次では二人の出会いとなぜ裏切ったのかが描かれるようなので今から楽しみです。

水樹奈々さんの「THE MUSEUM」のデイリーチャートは8位と、昨日より1ランクアップです。
6日→7日→8日→9日→10日
4位 7位  8位  9位 8位
スポンサーサイト