sa
県大会予選第一回戦、咲と和(のどか)の居る清澄高校は全勝で勝ち抜いた。去年の中学生大会で優勝した和の注目度もさることながら、大将戦にて相手校を飛ばして勝った咲の手腕には昨年度優勝校・龍門渕の四天王でさえ一目置かれる存在となって。

昼休みの昼食時、麻雀女子プロの藤田が顔を見せに来た。咲と和にとっては以前ボロ負けした苦い思い出があるだけに神妙な面持ち。
「二回戦に勝って決勝進出しても龍門渕と風越にあたる。初戦のようにはいかない」と釘を刺すがコレを聞いて咲の目が輝く。そんなに手強いのかとむしろワクワクしているようだ。
saそんな咲を見て藤田は思う。「もしかしたら化けるかもしれん──だが決勝に行っても天江衣(あまえ ころも)に壊されかねない」と。
この龍門渕の天江、今まで名前は何度も出てきたけど未だに姿を見せない謎の生徒。何しろ去年の県大会の大将であり、プロアマ親善試合の優勝者でもあるという高校最強の雀士なのだ。
その姿はいつもシルエットで髪が逆立っているんですけど(こんな絵ばっかです)性格はルーズなようで遅刻で会場に姿を現していません。
初登場ではいったいどんな形相なのか今から楽しみ。
sa1二回戦が始まった。一昨年まで6年連続県代表だった風越は去年3位の学校に快勝し決勝進出決定。三年生のキャプテン・福路は部員に労をねぎらうも控え室ではOBであるコーチにキツいビンタを!(痛そー)
「キャプテンのお前が生ぬるいから下があんな打ち方をするんだ」

そして今度は二年部員に目を向け「あんな腑抜けた打ち方が全国で通用するわけねーだろ!!」とこれまたビンタをする直前、何とか福路が押し止める。
学校によってこんなコーチ実際にいるようですが恐怖支配によってミスさせないようにするってのは今の時代じゃないよね。これが何度も優勝している学校の伝統といえばそれまでですが、こういうコーチは通報するなりネット上で吊るすなりしないとこっちの気持ちが納まりませんよ。

コーチが去って安堵の風越メンバー。決勝には鶴賀学園と清澄高校(二回戦突破して決勝進出を果たしたようです)と龍門渕が決まったと聞き福路は喜ぶ。
「龍門渕が勝ち上がってきてくれないと直接リベンジできないでしょう」
私達が最強だということを──
顔では笑っていても福路の内心は燃えているようだ。さて、ここで風越の話が来たということは清澄高校は準決勝で対戦すると見て間違い無いでしょう。今回の一件で色々と事情のある風越を応援したい気持ちが芽生えてしまった都合上、この対戦の行方は複雑です・・・

 <追記>
匿名で修正いただきました。これって麻雀でしたね。ってことは4校揃った時点で決勝戦じゃないですか!迂闊だったー!!
スポンサーサイト