negimaneo
『月刊コミックボンボン』連載「ネギま!?neo」の第6話。
前も書きましたけどこの作品って「第○話」とかサブタイトルとか書かれないものですから「あれっ?これっ何話だったっけ?」と思うことがしばしば。サブタイトルなんて単行本になって初めて知りましたから。
で、今回はせっちゃんメインなんですけど前半がオリジナルストーリーでしたから驚きました。やけにおせっかいなせっちゃんの一面が垣間見えますよ。

教室にて木乃香が易占いをしている。タロットや水晶とは違い細長い棒を何本も使うことにネギは興味深深。脇で夕映が「ねぎ味噌ライチジュース」を片手に易についてのうんちくを長々と。(はい、今回唯一のメインの出番ご苦労様でした)

ネギが占ってもらうと『道のりは遠く険しい、たどり着けるかわからないが未来は眩しいぐらい光に満ち溢れる』との言葉に元気良くお礼を述べた。このネギを見て「なんてまっすぐな瞳をしてるんだ」と関心したのが刹那。そのせっちゃんも占なってもらうことになり緊張しながら待った答えが「不吉な相が出てる」ということ。
せっちゃんが大事にしているもの・・・ それに危険が迫ってるわ そして・・・決別
negimaneo3
この言葉にせっちゃんはガックリと肩を落とす。ついでに明日菜もチュパグッズの売れ行きをみてもらったら「大凶や」との返事に刹那と並んで肩を落とす・・・

私にとって大事なものといったら木乃香お嬢様以外考えられない、そのお嬢様が危険な目に?必ずや私がお嬢様を守ってみせると刹那は奮起。木乃香が風呂に入るのなら刀を持って現れるわ、いいんちょがメロンを食べようと(もちろんネギと)部屋に入ってきたらナイフが危険だと追い返すわ、トイレに行こうとしたらちびせつなを同行させるわで安心できないと木乃香は迷惑顔。
ついカッとなって「もううちのことは放っといて!!!」と叫んでしまう。これを聞き刹那は泣きながら飛び出してしまった。

刹那を追いかけるネギ。ネギは刹那から木乃香との出会いなどを聞き二人の仲の良さを改めて知る。そんな時、木乃香が巨大化した樹木に襲われていることをちびせつなから聞く。原作とは違いちびせつなが三人いるのが珍しいです。
negimaneo2
ちびせつなって考えてみれば式神ですから複製できるんだよね。てっきり一人しか出せないと思っていたのは間違いでした。ですがそんなちびせつな三人いたところで巨大樹木には敵わず、あっさり紙に戻されてしまいます。そこへ刹那とネギが到着。
木だろうがヴァンパイアだろうが関係ありません! 私は木乃香お嬢様をお守りするだけです!!
刹那とネギ・明日菜は突如現れた樹木にどう立ち向かうのか?  つづく

前半がオリジナル、後半はアニメ同様という今回のお話。まだこの作品にはスタークリスタルのことが語られてませんけど追って説明が入るということでしょうか。いっそスタークリスタルの設定は無視して自由にやってもらっても面白いと思うんですけどねー。
スポンサーサイト