yuria
左が3巻の表紙、右の薄着が内表紙になってます
エッチだけど面白い『ヤングアニマル』連載「ユリア100式」の3巻が発売されました。
神奈川県では有害図書に指定されてしまったというこの作品、バカバカしい下ネタの連続なのに飽きない面白さがあってつい読んでしまう習慣性がありますね。

秋葉博士によって作られた汎用人型ダッチワイフ──ユリア100式。ユリアが毎回本能的に瞬介とエッチしようとするも、これまた毎回エッチ寸前にプロレス技を見舞って危機を脱出する連続。
普通これだけならワンパターンでつまらないでしょうが、それを面白くしているのがたびたびインカットされる『ユリア100式マニュアル』。
・ダッチワイフであるユリア100式はどんな勢いで発射された精子もとらえる動体視力があるのだ!
・ダッチワイフであるユリア100式は狙った男の下半身を逃さないのだ!
・ダッチワイフであるユリア100式は白濁した液体に異常な関心を示すのだ!

こういったマニュアルがことあるごとに挿入され状況を面白くしているのがこの作品最大のウリと言えるでしょう。

今回は瞬介の大学祭にて公共の面前でありながら、例によってユリアがエッチな行動をしてしまうのが見どころかと。
プロレス研究会に臨時で出演することになった瞬介。直前に飲んだスッポンの血をユリアも飲んでしまったことでユリアの性欲が異常反応してしまい、フラフラとリング上へ。
yuria1
かくしてリングでは瞬介とユリアによる下半身中心の肉弾戦が繰り広げられることに!
プロレス研究会としてはエッチ行為なら公然ワイセツとして活動停止に追い込まれる危機なのであくまでプロレス技として
・フェラ=金的への噛み付き
・騎乗位=押さえ込み
と解説しているのが面白いです。
スポンサーサイト