baki07620
『チャンピオンRED』連載、「バキ外伝 疵面(スカーフェイス)」の28話。
源王会会長であり"史上最強のテロリスト"とも"偉大なる指導者(グランドマスター)"とも呼ばれるオカマの命令により花山が狙撃される! 10数発もの狙撃銃の弾丸を浴びながらも倒れなかった花山であったが、トドメとばかりに頭部に受けた弾丸により地に伏せる!! いったいどうなってしまうのか!?

花山の死体を確認しに来たマスター国松ら。だが手下の者は全員倒され花山の姿も消えていた。いったい誰が花山を運び去ったというのか・・・
花山を助けた人物、それはレックスだった! 頭は劣るが体格だけなら花山以上の巨体であるレックスが花山を助け出し、病院まで運んできたのだ。
以前、花山と勝負?して負けたものの奇妙な友情が生まれて酒を飲む間にもなったレックスが、恩返しとばかりにここでの登場は熱いものを感じずにはいられない!
花山を医師に任せたあと
敵討ち・・・? 俺ィらが敵を討つんだ・・・・・・ッッ!!! 花山とは友達だから」
と去って行く。気持ちは解るが相手が悪すぎるので返り討ちにはならないで欲しいわ・・・。

重傷の花山。胸部への弾丸は心臓を、頭部のものは脳まで達している危険な状態。こんな事態にはバキワールドにて世界一の名医であるあの人が登場してもらわねばなるまい!!
baki07620-

鎬 紅葉の登場だー!
オーストラリアのグレートバリアリーフにて休暇中の紅葉であったが
baki07620-2
徳川のご老公の命とあらば仕方あるまい。ご老公の手配によって軍用ヘリに乗り空母へと移動。「たまの休日くらいはね・・・のんびりと・・・過ごしたいんですよ」とグチをこぼすものの、海パンとTシャツのみでヘリに乗るぐらいだから内心は急いでいるんでしょう。
その途中、衛星回線によって花山の詳しい症状を見ると紅葉の息が止まる。
手遅れだ・・・・・・ッ
baki07620-1
「花山薫の今・・・複雑に絡む糸を手繰ればその先には──確実な死がブラ下がっている」
これから戦闘機に乗って日本を目指す紅葉であるが(海パンのままで(笑))、花山の確実な死を前に表情は硬い・・・ つづく

だが僕らは信じてる! バキは毒手により手遅れと言われながらも毒が裏返るという摩訶不思議な事態によって危機を脱出しました。
だから花山も何らかの方法があるのではと期待せずにいられない! 例えば奇跡的に意識が戻ったときに自らの脳に指を突っ込み弾丸を引き抜くとか花山だったらやりそうな気がする。つーか、強靭な握力の花山だからこそやれるのではないかと思ってしまいます。
 <過去記事>
バキ外伝 疵面(スカーフェイス) 死ぬな花山!狙撃に倒る!!(4/22)
スポンサーサイト