gr07621
『チャンピオンRED』連載、「ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日」の第9話。
サリー(アルベルトの娘ではなく機体名ということが今回判明しました)からの攻撃に身動きできないジャイアントロボの下へ更に迫り来る二つの機体。それは兄弟機であるGR2とGR3だった! 
昭和40年代の特撮でもOVAでも成し得なかった、3機が一堂に会する夢のジョイントが実現。しかもこの二体は敵機ではなくロボ同様に大作の命令を聞く味方だったのだ!!
思いもしない事態にアルベルトは叫ぶ。
おのれええ~~っ!! BF団の裏切り者がああ~~っ!!
うひょー! この二機が同時に出てくるだけでも嬉しいのにGR1~GR3が揃い踏みで戦おうとは信じられない夢の競演だってばよ!!
gr07621-
そこへ現れた韓信元帥と中条長官。二機は村雨一家が隠し持っていたものを強奪して届けたとのこと。
分が悪いと見て引き下がるアルベルトだが去り際に毒を撒く。この毒に意識を失う大作たち。・・・目が覚めた大作が居た場所は九大天王の総本山である梁山泊だった。無明幻妖斎の呪いによって周囲を守られている難攻不落の場所であるが、とても正義のアジトとは思えない。むしろ悪の要塞といった感じです。
こんな場所に連れて来たのは言うまでもない。大作に命令を聞いてもらうためだ。
gr07621-1
GR3機を手中に収め不敵に笑う中条らは正に悪役そのものです。BF団のメカが不穏な動きを見せる中、大作はいったいどうする?  つづく

林冲は無事に九大天王と合流できましたが帰ってきたことを良く思わないのが九紋竜・史進。林冲のおかげで助かったというのに「場合によってはこの俺が再びこの手で・・・!!」と思っている様子からして史進はBF団のスパイかもしれません。
 <過去記事>
ジャイアントロボ 宿命の兄弟ロボGR2&G3が出現!(5/19)
スポンサーサイト