ninkyou07716
『別冊漫画ゴラク』連載、「任侠沈没」の21話
突っ込み漫画といったら「MMR」を筆頭に上げる人が多いことでしょう。でも今現在連載中の作品で私が思うNo.1の突っ込み作品は今回取り上げる「任侠沈没」。本来なら単行本を先に出して内容を紹介するところですが、今回の突っ込みどころが特に面白かったことから先に紹介することにしました。

赤龍組若頭・大紋寺龍伍は組の金を使い込んだ組長の息子を落とし前として斬るも、組長は腹いせとして龍伍の妻子を惨殺。復讐の鬼と化した龍伍は組長の首を取るため一路東京へ。
だがその途中で未曾有の大地震が起き日本は壊滅状態となってしまう。政治が崩壊し他国からの侵略も進む中、龍伍は組長への復讐だけを志(こころざし)として組長を探すのだった。
そしてようやく組長を追い詰めるも飛行船で逃げられてしまう。何とかして飛行船に飛び移れないか? 何の変哲もなさそうなビルを駆け上って龍伍はソレに飛び乗った。ソレとは
ninkyou07716-

スペースシャトル! どうしてこんなものが日本にあるのか、そもそもなぜこんな普通のビルっぽいところにあるかは一切不明・謎だらけです。でもあったんだからしょうがない。
発射されたシャトル内で龍伍は子分のヨネに告げる。
ninkyou07716-1
工エェェ(´д`)ェェエ工 飛行機って・・・龍伍はソレをシャトルと知らなかったのね。仮に飛行機だとしても窓を割って飛び移るなんて無茶にもほどがありますわ。
ここでヨネの冷静な突っ込みが入ります。
ninkyou07716-2
そりゃスペースシャトルの窓がドス程度で割れるハズありません。大きく目を開いて「な・・・なにぃ!?」とつぶやく龍伍っていったい・・・
「兄貴・・・ もうさよならだよ・・・」と泣くヨネ。無重力の宇宙空間で龍伍は思う。
ninkyou07716-3
もうこのページ見て私の笑いは止まりませんでした。若頭という割にはあまりに無知・無謀すぎるぞ龍伍! でも突っ込みはここで終わりません。客室に行ったら他の乗組員が全員死亡している。見たら以前戦い死んだと思われたアンデッドが居るではないか!!
ninkyou07716-4
こうして始まった大宇宙激突!! 宇宙船内で怪物やエイリアンと戦う作品は数多くあっても、スペースシャトル内でヤクザもの同士が戦う作品なんて知ってる限りコレが初めてです。宇宙に来てまでドスを振り回す龍伍の突っ込みぶりには尊敬に値しますわ。
最先端の突っ込み漫画「任侠沈没」は毎月第2・4水曜発売の『別冊漫画ゴラク』に連載してますから是非とも読んで突っ込んでください。
スポンサーサイト