karen07801
いきなりですが「マリみて」に関係する人物で一番の美女といったら誰を思い浮かべますか?
祥子さま?佐藤聖さま?志摩子さん?
ブブー 私に言わせりゃ全員ハズレ。私が思う最高の人はひびき玲音さんです。サイン会など実際に拝見された人ならご存知でしょうが、そこいらのアイドルよりマジでお美しい方で私は一目惚れですよ。

そんなひびき玲音さんがプロデュースした作品「カレン坂高校 可憐放送部」がコバルト文庫から発売されました。ここのところを詳しく言うとひびき玲音さんが所属するクリエイター集団『MAGIXX』の企画から始まります。当初はウェブコンテンツの予定だったものが話が進むに小説で行くこととなりコバルト文庫から出ることが決定。その小説にするため鈴本紅さんが呼ばれ、玲音さんと深く語り合いこの作品が出来たとのこと。

近年共学になったばかりの私立校のカレン坂高校。この学校の放送部は、毎年全国大会で入賞する実力のある、人気の部活。歴代のパーソナリティを、美人の女の子がつとめてきたことから「可憐放送部」とも呼ばれています。現在の部員は、パーソナリティの潮崎なちる、進行担当の及川月子、機材担当の榊木徹、音声担当の七尾愁也の4人。それに、なちるの幼馴染の優月みひろや、先輩の南美星空が加わって繰り広げられる、学園ストーリーなのです! (Webコバルトの説明文より)

タイトルに「目標はマリみて?」と書きましたけど内容は想像と大きく違って普通の学園ものとは言えない展開です。ネタばれしますけど教師の乗ったバスが事故でほぼ全員死亡とか、新校長に脅迫状が届き犯人が放送室を占拠するとか、けっこうサスペンスな要素が含まれており期待を別の意味で裏切る内容でした。
作品タイトルと関係ないような展開に正直戸惑いましたけど今後どうなっていくのか見守っていきたいと思います。
スポンサーサイト