mid07813
記憶喪失の少女と5人の男性の物語。ガンダムSEEDのキラに似た双子って『ホスト部』の影響ですか?
当方が久しぶりに扱う新條まゆたんの新連載作品です。『少女コミック』連載当時はエロさをウリにしていた時期もありましたけど、最近の規制の強化により影を潜めざるを得なくなりました(それに伴い当方が記事にすることも減りました)。
春に小学館専属契約を辞めてフリー宣言。今回、集英社『別冊マーガレット』にてフリー後、初の新連載となったわけです。正式タイトルは「ミッドナイト☆チルドレン 流れ星たちのデスティニー」。相変わらずガンダムSEEDがお好きなタイトルだこと(笑)。

嵐の日、双子の龍と虎は先輩から使いっ走りさせられた時に路上に倒れている女の子を発見する。寮は女子禁制だけど仕方なく連れ帰ることに。当然ながら先輩の楓(トビラ絵の左上)や美咲(その隣)は驚く。
mid07813-
目が覚めた少女は猛烈にお腹が空いていた。そして何故か記憶が無いと言うのだ。
「家出人じゃないの? 帰るのがイヤですっとぼけているとか」「あとはこの寮に入り込むためとか」(この意味は後に解ります)
などと憶測していると大和(トビラ絵の右上)が無理にでも帰らそうとする。
帰りたくない」。少女のこの気持ちが高ぶったら再び倒れてしまい病院へ。
mid07813-1
症状は『全生活史健忘症』。いわゆる記憶喪失で、社会的に必要な知識は覚えていても自分に関係することは忘れてしまう症状だそうです。ここ3年の記憶が全く無い本当の記憶喪失症だと解り、失礼なことをしたと大和は後悔する。
少女は自分の名前すら覚えていないけど花の名や花言葉は知っていた。階段に咲いているすみれを見て大和は
mid07813-2
すみれ・・・ お前の名前にしろよ」と名を授ける。
その後、大和からコンサートのチケットが渡されるすみれ。リスキーというグループのコンサートらしいのだが当然ながら解らない。いざ開演してステージで見たものは・・・
mid07813-3
今まで一緒に居た大和、楓、美咲、龍、虎の5人ではないか! そう、彼らはアイドルだったのだ(だから寮の規制が強かったのです)。
コンサート終了後、大和と会うすみれ。大和からピンクのすみれを渡されて花言葉を聞く。花言葉とは『希望』。今のすみれにとって一番大切な言葉だった・・・ つづく

うん、まとまりのある1話だと思いますよ。記憶の無いすみれは断片的に「お兄ちゃん ごめんなさい」「消してしまいたい 自分ごとすべて」「幸せだったあの頃に戻れるかな」などと思い出すことから、兄に関することで何かあったのは間違いないようです。
それとまゆたんのHPにて「愛を歌うより俺に溺れろ!」の続編「愛俺!」が『月刊Asuka』11月号(9月22日発売)から連載開始だそうです。詳細は下記まで。
新條まゆオフィシャルサイト
スポンサーサイト