fudan07828
『ヤングガンガン』連載、「フダンシズム ─腐男子主義─」の第3話
ほぼ一ヶ月前に1話をレビューしてそれきりでした。この作品は『ときめきドージン恋愛コメディー』というジャンルだそうです。
宮野数(みやの あまた)は女装させられ同人誌即売会の売り子に参加。そこで会ったのは恋する小西望だった。でも学校では相変わらず一言も交わすことができない。
そこで会うきっかけとなったクリアファイルを持っていくことにした。これを見れば声を掛けてくれるのではないかと期待して。電車の中や廊下でわざと見えるようにしても小西さんは天然でスルーの連続。
『即売会では気付いてくれたのになぜここでは気が付かないんだ』と思ってハッとする。『だったら即売会でなら』と思い立ち、保険の森川先生ことそほらさん(1話で数を即売会に誘ったそほらさんは森川先生がメガネを取った姿でした)に売り子を引き受けることを伝える。
fudan07828-
最初は嬉しがったものの数がまだ同人誌を読んでなかったことにトーンダウン。その態度に不審を覚えながら帰宅後、姉からBL同人誌を渡されて読んでみた…
fudan07828-1
この態度は少し混乱しているのでしょう。「この卑猥なものを僕が小西望に売り 小西望が僕から買ったなんて…」と自己嫌悪。
ともかく小西さんと仲良くなるためにも売り子は引き受けることにした。
そして即売会のある日、数は自ら女装する。名前も「アマタ」をもじって「アマネ」に変更。
fudan07828-2
これも愛しい小西さんのためだと思い即売会場へ向かうのだった。 つづく

1話ではムリヤリ女装させられた数が今回は進んで女装です。それだけ小西さんが好きってことですね。タイトルにふさわしく『腐男子』になっていく数の今後はどうなる?
 <過去記事>
もりしげ新連載「フダンシズム ─腐男子主義─」 即売会で女装デビュー(7/21)