gr071120
『チャンピオンRED』連載、「ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日」の第15話
13話で戦った九大天王の無明幻妖斉と十傑衆の白昼の残月。この時は幻妖斉が勝利したものの14話では残月が復活。幻術合戦になるが残月は罠を張っていた。九大天王の中条長官韓信元帥が残月の不意を突き攻撃したと思ったらそれは幻妖斉。残月は幻妖斉本人に幻術をかけたのではなく外から見れば幻妖斉が残月に見えるような幻術を張り、それにかかった二人がうっかり幻妖斉を攻撃してしまったわけだ。

首がもげた幻妖斉にもはや梁山泊を守る呪いの妖力はない。地中に埋められたBF団のロボット ウラヌス・スフィンクス・ウラエヌスの三体が復活して梁山泊の攻撃を再開。残月も目的だった「光球」を奪取するため東屋に向かう。
gr071120-
一方、梁山泊の危機にGR-3に無理をさせて全速力で帰る大作たち。GR-1とGR-2がぶら下がっていて過重量の上に全速力だからGR-3の機体にヒビが生じてくる。しかもいつの間にか十傑衆の激動たるカワラザキが乗っており船内で余儀なき戦闘となる大作ら。
何とか十郎太が船外へ連れ出すと共に大作らも梁山泊に到着。「光球」を奪取する目前の残月の前に現れるGR-1とGR-2!(GR-3は機能停止の模様)。
ついに来たな…!! ジャイアントロボ!!!
残月が叫ぶ! 時刻 同じくして船外に連れ出されたカワラザキは7人の男たちと合流する。
今宵は梁山泊の封印が解ける稀な日 では皆の衆…
gr071120-1

物見遊山と 洒落込むかっ…!!
混世魔王 樊瑞、直系の怒鬼、暮れなずむ幽鬼、素晴らしきヒィッツカラルド、衝撃のアルベルト、マスク・ザ・レッド、命の鐘の十常寺、そして激動たるカワラザキ
セルバンテスは既に死亡しておりこの場に居ない残月を除き、十傑衆全員が梁山泊に集結したのは驚きだっ! つーか、この見開きページを見てすげーっ!と言わざるを得ない。1話で九大天王全員が揃った時と同様な嬉しさがありますね。
物見遊山と言ってる限りは見物に来たみたいだけど、是非とも九大天王との全面対決を期待してしまうのは私だけではあるまいて。

ところで次号予告にこんなのが。
gr071120-2
週刊チャンピオン連載の「ペンギン娘」がREDに移籍。「ペンギン娘RED(仮)」として連載開始だそうです。ってことは週刊連載のはもうじき終了なんですね。
以前『チャンピオンREDいちご』にて乳首解禁したことがあるのでこのREDでも解禁するかもしれません。
スポンサーサイト