doujin080217-
島本和彦先生の「アオイホノオ」の舞台となってる大学は大作家芸術大学ですけど、実際は大阪芸術大学であることは疑いの無いところ。
ブックオフでこんな雑誌が売っていたものですから珍しいと思って買ってきました。大阪芸術大学が2004年に出した漫画雑誌「大阪芸術大学 河南文藝 漫画篇」vol.3です。
大阪芸術大学の文芸学科長を務める小池一夫氏が責任編集をする『日本初! 大学が創る漫画雑誌』とのこと。学生だけでなく一般からの作品も載ってはいますが技術的にイマイチ感はいがめません。とはいえ約400ページで定価476円(税別)ならばそこそこといったところか(もっとも私は古雑誌として105円で買いましたけどね)。

調べたところ2003年にvol.1が出て2005年のvol.5で止まっている模様(休刊ではないらしい)。「アオイホノオ」人気でプロとなった卒業生の作品を載せるようにすれば売り上げアップになると思いますがそこは小池一夫氏。そういった手段は取らないかもしれません。
ちなみに販売元は小池一夫氏の出版社である小池書院です。
小池書院

ところでペンギン娘がアニメ化ですって? となったらスポンサーはとらのあな決定ですか。でなくとも作品中にとらのあなが出てくるだろうことは間違いないかもしれません。
スポンサーサイト