nanary080401
散弾を空中で止めるゼロ。アニメでは考えられない能力です
『コンプエース』連載、「コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー」の15話
いよいよ今度の日曜から放送されるアニメ2期「コードギアス 反逆のルルーシュR2」。それに合わせてか今回ラストに1期のラストシーンを彷彿とさせる場面が出てきました。

アニメ1期の10話にあった成田連山での戦いがベースとなってるこの戦闘。紅蓮弐式の輻射波動による土石流でブリタニア軍は壊滅的損害を受けコーネリアは孤立。そのコーネリアと対峙するゼロ。
前回手痛い仕打ちを受けたコーネリアは反省を活かして対ナイトメア兵器の散弾を使うも、その散弾を空中で停止させてしまうゼロ! 「ばかな! やつは本物の魔王だとでもいうのか!?」ありえない光景にコーネリアはダールトンへ不退転の意を告げる。賊に捕らわれるぐらいなら死を選ぶと。

そこへやって来たのはまたしてもスザク。第10話の再現であります。ギアスの能力を内蔵している機体に乗りながら敵対するスザクに対し、ゼロはC.C.の過去を見せる──
それは15世紀の英仏百年戦争の時代。イギリスのC.C.はフランスのジャンヌ・ダアク(ジャンヌ・ダルク)に傷つけられ「私は本物の魔女となって貴様を滅ぼす」と誓う。その雪辱を果たしジャンヌを魔女として火あぶりに追いやるも、死ぬ間際に呪いをかけられC.C.もまた魔女として火あぶりとなることに。
だが復活するC.C.。ジャンヌの呪いとは人の業に苛まれ続けて永遠に生きろということだった。ならば私は真の魔女、いや魔王となろうと決意する。

時は流れルルーシュの母であるマリアンヌと通じ、枢木ゲンブ暗殺もしていたC.C.。このことを知り驚いたのはスザク。(この作品ではスザクが張本人ではありません)
そしてルルーシュとも契約していたことを知る。
「罪びととはいえ僕の父を殺し… ルルーシュを魔道に誘い込んだというのか!」
違う オレは自ら望んで魔王となった それがオレの運命だったんだ
静かに仮面を外すゼロ。中から現れたのはルルーシュ!
オレとこいスザク ともにナナリーが幸せに暮らせる"優しい時代"を作るんだ
以前はC.C.がゼロだったのに今回はルルーシュ。ルルーシュとC.C.は同化していると考えていいんでしょうかね。よもやこんな形で再会するとは思わなかったスザクはいったい…  つづく
nanary080401-
スポンサーサイト