mmr080507
『少年マガジン』50周年復活読み切り作品、「MMR ~「人類最期の日」の真実を暴け!!~」の後編
人類を滅亡に至らしめるのは深海に潜む「古細菌 アーキア」だと新生MMRのリーダー・ヨネムラは告げる。それは何か? 地球創生に誕生した原始的な細菌(アーキア)が深海深く眠っている。これが何らかの理由で地上に現れた場合、突然変異によって強力な殺人ウイルスへと変貌するかもしれないのだ。しかもソレはエボラウイルスとは比べ物にならないほどの強い毒性を持つという。
 ちょい待ち。そもそも突然変異によって毒性のみに変化するとは限らないでしょ? 人体に害のないウイルスになるかもしれないし、有益なウイルスになるかもしれませんが。いや、それ以前に突然変異が必ず起きるとは言えませんって。

ではこのアーキアがどうやって地上に現れるのか? 海底火山でも水蒸気爆発でも可能性は無いとの結論にアーキアは地上に現れることはないとの結論に。編集長も可能性が無いならMMRの活動は終了だと告げる。
 工エェェ(´д`)ェェエ工 前編のラストに衝撃発言してここまで引っ張っておきながらここでアーキアの可能性の全面否定はないよな。今までやったのは無駄ってことかい?

それでもスズキの熱意で一日だけ猶予が与えられた。僅かな時間に他の可能性を捜すメンバーたち。
そこで新たにホピ族の石版に「卵の中で 逆さ卍と 太陽 赤の力が加わり 再生か絶滅かが始まるだろう」という言い伝えを発見。また2012年12月22日に地球はフォトンベルトに突入するとの現象も知る。その日はホピ族の予言にあった人類絶滅の日、フォトンベルトとは光子が高濃度に帯状になっていること。
ここんとこ分かりにくいのでぶっちゃけ話すと、フォトンベルトによって地球に有害な放射線や宇宙線が大量に飛来することになる。それによって細菌が突然変異を起こすのではないかと推測。

ここで石版の「太陽」と「赤の力」の意味が解決。あとは「卵」「逆さ卍」の意味だが…ここで満を持してヨネムラが登場。自信満々に「その逆さ卍の形を意味するもの… それは これだ!!」と見せた写真は逆さ卍の形をした細菌。これはいったい? 「これで全ての謎は解けた!!
mmr080507-
古細菌アーキアは すでに我々の体内に潜んでいるんだよ!!

結局アーキアか! 序盤に可能性を否定したのにここで持ち出すとはやはりMMRのリーダー! 考え方が普通じゃないです。
そしてここで9年ぶりにあのセリフが登場! せっかくなので私も叫んでみます。
mmr080507-1
  な… なんだって──!!

この逆さ卍の写真は体内のもので、我々の体内(これが「卵」の意)には100兆を越える細菌が潜んでいる。実はアーキアは既に体内にあるのだ。これらの細菌の80パーセントは活動しておらず眠った状態、だがフォトンベルトによる有害な放射線や宇宙線で突然変異を起こし我々の身体を蝕むのではないかというのがヨネムラの結論。
mmr080507-2
苦悩に満ちた表情でヨネムラは語りますがホントにそうか? 宇宙飛行士、特に宇宙ステーションで宇宙に長期滞在している人は少なくとも地球よりは有害な紫外線や宇宙線を浴びる環境にあります。でもその人が体内の細菌で異常になったなんて聞いたことないぞ。

とまぁ人類が破局するまであと4年と不安をあおらせて終わった今回のMMR。ノストラダムスの予言が外れた今となってはどんな予言を描いたって信じる人は少ないでしょうね。
 <過去記事>
MMR~「人類最期の日」の真実を暴け!!~ 史上最高のツッコミ漫画が復活(4/24)
スポンサーサイト