『ヤングアニマル』連載、作画/東雲太郎「キミキス various heroines」星乃結美編の第1話

4月末に二見瑛理子編が終わって以来、二ヶ月半ぶりの第5シリーズスタートとなりました。今回のヒロインは内気な星乃結美さん。アニメでは最後になって酷い目にあってしまいましたがこの漫画ではどうなりますかね? ちなみに星乃さんがヒロインであり続けた黒井みめい版の漫画では光一とキスを交わしてのハッピーエンド。
<過去記事> キミキス 黒井みめい版最終回 星乃さんと二回キス(07/2/25)
また糸杉柾宏版では引越ししながらその後も光一が会いに行くといった内容でした。アニメの真逆だね、こりゃ。
<過去記事> キミキス -スウィートリップス- 転校してもなお想いは続く…(07/12/7)

高二の夏休みが終わって二学期がスタート。光一はゲーム通りに「このままじゃダメだ、もっと積極的になろう!」と、恋人作りを思っていることだろう。実は星乃結美も同じコトを思っていた。
このままじゃ…だめ 変わらなきゃ
その目線は星乃さんの好きな人に向けられていた──

放課後、図書委員の星乃さんが書棚の整理をしていたときのこと。尋ねられて振り返ってみたら…それが前から好きに想っていた光一だったことから驚いてしまい声が出ない。それどころか足を踏み外して光一に倒れこんでしまう。
なんともベタな初接触ですが二人とも一年生から同じクラスでありながら話したことがなかったことから、きっかけとしては充分ですね。

光一は推理小説を探しており星乃さんはアドバイス。作品について色々と話しているうちに星乃さんは思い切って胸の内を打ち明ける。
これからは話しかけてもいいかな
「それって友達ってこと?」「そ そう…ダメかな
「…実は僕もずっと星乃さんと話してみたかったんだ… 僕こそよかったら友達になってくれませんか」
なんと光一も前から星乃さんのことが気になっていたようだ。

相原君とお友達になれて 私 うれしい
「うん これからいろいろふたりで話そうね!」
出会いからいきなりラブラブモードな星乃さんと光一。あまりに順調すぎる気もしますが二人の恋の行方は…つづく

二見瑛理子編のコミックス第4巻は8月29日発売だそうです。まだ二ヶ月近くありますけど頭に留めておいてください。
スポンサーサイト