nanary080727
『コンプエース』連載、「コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー」の19話
処刑されそうになったナナリーを助けに来たのはスザクのランスロットだった。続いてゼロも現れたことから、アーニャはゼロとスザクが手を結んだと考える。実際二人は相談したのだからある意味正しいけど、これによりスザクは勿論のこと救出を指示したユフィもブリタニアの裏切り者として扱われるのではないかと危惧します。
「これは本格的な粛清(おしおき)が必要のようね ぼうや」 とスザクに言ってのけるアーニャ。「ぼうや」とはいったい? ここでのアーニャは実は結構年上だったとか?

こうして始まったスザクのランスロットVSアーニャのトリスタン戦。トリスタンは6つのハーケンを自在に飛ばし難なくランスロットを中破に追い込む。「強い…! この女…まるで…!」 まるで何なのか述べてませんけどやはりギアス能力が使えるトリスタンだと思われます。

一方、その間を突いてナナリーを救出したゼロだがその前に立ちはだかるロロ。
「私は17年間 待ち焦がれてきた! この時を! 貴様らに滅びをあたえるこの時を!」 ロロの頭上の空間からロロ専用のヴィンセントが現れる! このことからロロは単なるギアス能力者ではなく、ゼロと同様な魔王の力を持っているらしい(恐らくV.V.によるものでしょう)。
同等の力を持って更にナイトメアに乗り込まれたのでは流石に分が悪い。ここでゼロも初めて専用ナイトメア・ガウェインを呼びます。しかし一撃で倒されるあっけなさ!
ゼロのナイトメア操縦能力はアニメ同様に低かったようです
nanary080727-
ナナリーもルルーシュもC.C.も滅ぼして完全なる魔王になるとロロは告げる。ランスロットもガウェインも倒され成す術のないゼロとスザク。二人はこのままエデンバイタル教団によって塵と化してしまうのだろうか?
否! そこへ現れたのはアリス。それは今までのアリスではなく、ネモとの"取引"に応じ新たな力を得たアリスだった。
トリスタンから射出されたハーケンを直前に影で食い止める! その影から腕が伸びトリスタンをなぎ倒す!! そして姿を現す異形のナイトメア。
nanary080727-1
私が新たな"ナイトメア・オブ・ナナリー"(ナナリー姫の騎士)
アリス・ザ・コードギアスだ!

作品タイトルが付いたナイトメア。これが真の主役であり、アリスはその主人公だったというわけ!?
アリス・ザ・コードギアスから発せられた対消滅の光は一撃で施設にクレーターの様な大穴を開ける。その間に消え失せたゼロ・アリス・そしてナナリー。
あのまがいものの小娘が! 神の火を使い 私の兄も!妹も! 奪い去ったというのか!!
コードギアス! ナイトメア・オブ・ナナリー!!

ロロの叫び声が破壊された施設に響き渡る──  つづく

まさかここでタイトルを名乗るナイトメアが現れるとはね。お尋ね者となってしまったナナリーとアリスは? 同じようにユフィとスザクの処分は? アニメと同様にもはやどうなるのか全く予想できません。
ところで『月刊Aska』連載のコードギアスですが今回から「R2」の展開になると思ったら、ギャグの番外編だったのでガッカリ! 間違いなく来月からはそうなるようです。
スポンサーサイト