今年も行ってきました。今年から客席が整理券配布制となり、今までずっと待っていなければならなかった苦痛が解消。会場であるオアシス21(バスターミナルや地下鉄駅に近い一般施設)はこの日は一般コスプレイヤーに開放しており、あちこちであらゆるコスプレが披露されてました。
samit080803-
左は外国の人によるものですけどセイバーの鳩胸度が異常! クラリスに代表される宮崎キャラをリアルに見た思いです。右のやるおについては…やるおだったと言うしかコメント思いつきません。

13ヶ国から選ばれた14チームの順番と演目はこのように行われました。
01 フランス CLOVER
02 韓国 エスカフローネ
03 日本・大阪代表 コードギアス
04 デンマーク ツバサクロニクル
05 タイ 遊戯王
06 メキシコ デジタルモンスター
07 スペイン ウテナ
08 中国 戦国BASARA
09 アメリカ ジョジョ
10 ドイツ ウテナ
11 シンガポール ロミオとジュリエット
12 ブラジル 爆裂天使
13 イタリア シュバリエ
14 日本・東京代表 ナウシカ

中でも会場が沸いたのは日本・大阪代表チームと中国チーム。大阪代表はコードギアスでルルーシュとスザクの対決といった内容でしたが、抱き合うようなBLシーンがあって場内の女の子からキャーキャーと黄色い歓声が。更にマジでキスした?(演じているのは二人とも女の子です)場面もあってここでは私のような男性からも注目を浴びてました。

中国チームも二人とも女の子で戦国BASARAの濃姫とかすがなんですが、背が高い上に美人! しかもゲームそのままに妖艶な魅力を出しており、かすがなんてオッパイ見える寸前で私の眼は釘付けでした。

更に忘れちゃいけないのがアメリカで、演じたのはジョジョのジョルノと空条徐倫。これはやってくれて嬉しいという気持ちが先です。スタンドを背中にしょってのオラのラッシュもあって割とコミカルなステージでした。

そして結果ですけど、会場の雰囲気からして大阪代表チームか中国チームじゃないかと思ってました。が、大阪代表チームはブラザー賞(実質三位)、準優勝には中国チームが選定されて予想が消えてしまいました。ではどこが優勝したかというと……ブラジルの爆裂天使でした!
samit080803
国旗を取り出して喜ぶブラジルチーム
正直、意外に思えました。2メートル以上で30kgもあるジャンゴの着ぐるみを使っており目立つことは目立ったんですけど、雰囲気的には先の大阪と中国には足りないように思えたのですが…まぁ間近に見た審査員が納得する要素があったんでしょうね。

<追記>
昨日の時点ではまだ更新中だったので書きませんでしたけど、全チームの演技がコスプレサミットHPにて拝見できるようになりました。トップページ左にある「パフォーマンス」で各チームを選んで拝見できます。
ただし音声が別モノ(BGM)になってます。これは演目によっては番組から録ったセリフやBGMなどをそのまま使っていたりするので差し替えられたのではないかと。
是非見て欲しいのはやはり大阪と中国とアメリカ。大阪は最後の方でマジキスしてます。中国は胸元がVラインで開いているかすがに注目。アメリカはジョジョね。ジョジョ立ちはありませんが。
世界コスプレサミット2008
スポンサーサイト