『ヤングアニマル』連載、作画/東雲太郎「キミキス various heroines」星乃結美編の第3話

体育で使ったバレーボールの用具を片付けている星乃さん。他の当番が用事があるとかで一人でやっているのを見かねた光一は手伝います。奥ゆかしい星乃さんは人に頼みごとができないのが欠点ですね。まぁそんな性格が魅力な点ではありますが損してる割合の方が多いでしょう。

用具室に運び終わった二人。アニメや漫画でお馴染みの用具室に二人きりというシチュエーション! 何も起きないわけがありません。光一は前回突然に訊いた「キスしたことある?」の発言を詫びます。ここまではいい、いきなりそんな失礼なこと訊いたのだから謝るのは当然です。
しかし詫びた後、返し刀に
僕とキスしてみない?」 とはどーゆーこと? 詫びて反省するどころか返ってもっと失礼なこと言ってるじゃねーか! お前には学習能力は無いのか!?

こんなこと言われてしまっては気の弱い星乃さんは拒否できるハズもありません。はっ? もしかして光一はこうなることを予想してキスを迫ったのか? だとしたら光一は思った以上に策士でしょう。
でもいきなり唇はイヤだから「ほっぺたなら」を条件に星乃さんは受けます。
「あなたの気持ち もっと知りたいから」と赤くなる星乃さん。キスされたとき身体を震わせながら「ひゃ…」というセリフがやけにリアルだったりして。
初キスが頬というのは明日夏に次いで二人目のこと。なんか今回は二人とも初々しい感じで読んでるこっちも恥ずかしくなってしまいます。

さて、二見瑛理子編のコミックス第4巻は8月29日に発売。同日発売の『ヤングアニマル あいらんど no.7』では描き下ろしで瑛理子編の特別編が載るそうですからこちらも楽しみです。
スポンサーサイト