act080808
『週刊少年チャンピオン』連載、「悪徒-ACT-」の1巻が発売されました。
今やすっかり目立たなくなった少年誌でのツッパリ漫画。その中においてツッパリ漫画と変身ヒーローとを融合させた作品、それがこの「悪徒-ACT-」です。(もっとも「この作品はツッパリ漫画じゃない」と思う方も居るでしょうが、分類上そうしました)

ウルトラセブンの変身道具はウルトラアイ
仮面ライダーの変身道具は変身ベルト
そしてここでの変身道具はスカジャンだ!
港陽虎(みなと あきとら)がいつも着ている虎の刺繍のスカジャンは親友だった大倉山益龍の形見。そのスカジャンのジップヘッドには「更正省謹製」とあり、益龍が死んだのは「更正省」にあると見た陽虎は手掛かりを探している。
そこへ現れるのは更正省の者たち。陽虎はジップヘッドを「ZIP UP!」の掛け声と共に上まで上げるとスカジャンが変形、ACT-タイガーへと変身するのだ。
act080808-1
左が変身直後のノーマルタイプ。感情によって右のように各部が変形してパワーアップします。
作品の雰囲気は以前連載していたスクライドっぽいですね。完全無敵のヒーローとは言えずいつも全力で戦っているところが似ています。この1巻では出てませんがACTスーツには「3.16」という唯一と言える弱点が存在します。この数字が何なのかは2巻以降で明らかに。

またこの作品の特徴は擬音が漢字だということ。
act080808-
手首の虎が「牙応(ガオオウッ)」と噛み付いたり、腕を「滅軋ィ(メキィ)」とへし折ったり、思い切り「罰虎(バコォ)」とぶん殴ったりと、今までに無い感覚があって面白いです。
ところでチャンピオン今週号に敵の新キャラが登場したのですが
act080808-2
和服にジャンバーってどう見ても「空の境界」の両儀式をオマージュにしているとしか思えません。
スポンサーサイト