slay080810
『月刊ドラゴンエイジ』連載、「スレイヤーズREVOLUTION」の第4話
今回はアニメ第9話の先行漫画化になりますのでネタばれしたくない人はご注意ください。
前回ラストで果敢にゼロスに戦いを挑んだリナでしたがあっさり降参。ワイザーに逮捕されてジョコンダ城に連行されてきました。でもこれはリナの計算の内。黒幕であるジョコンダの下にワザと逮捕されてやってきたというわけ。あとは潜り込んだポコタが牢を開けてくれる手筈なのだが…

そのポコタ、牢を探していたところザナファアーマーの研究施設を目撃する。そこへ現れたのはデュクリス。
slay080810-
(右)昔のポコタ王子と仕えていたデュクリス (左)現在の二人は敵味方に姿も全く変わってしまいました
そこで過去が語られるのですが、二人とも元は人間であって王族と家来の関係だったそうだ。それがデュラム病の蔓延によって状況が一変。二人ともなぜ姿がこうなってしまったのかは語られてないものの、ザナファアーマーの力に魅せられたデュクリスとそれを快く思わないポコタは決別し対立へと発展する。

一方、リナたちを助けたのは意外にもジョコンダに仕えるメイド・オゼルだった。実は彼女、何者かによって作られた人形で、ワケあってジョコンダに仕えているらしい。
「赤法師レゾの魂が眠るツボを見つけ出し 打ち砕いて欲しい」との条件を受けリナたちは脱出。だがそこへ現れたのは原作ラノベにも登場する暗殺者・ズーマ。一度受けた依頼は必ず果たす、ゴルゴ以上の作戦成功率を誇る超一流の暗殺者です。
リナは徐々に追い詰められ地下コロシアムに到着。そこに居たのはジョコンダだった。
slay080810-1
かくして始まるリナ一向とジョコンダ・ズーマらとの戦い。この総力戦、いったいどうなるのかはアニメをご覧になってください。 つづく
スポンサーサイト