act081009
工エェェ(´д`)ェェエ工 私は今日の更新は昨日発売された「悪徒-ACT-」2巻をやるつもりだったのですけどそれどころではなくなりました!
連載が前触れもなく急遽打ち切りなのですから!!
今回から陽虎たちの屠塚五人衆と敵であるex-ACTsとの5対5対決が行われるハズなのに、トビラ絵がもう終わってるところから始まりました。なぜかクリスが味方になってるしキンザザは神になったかのような不思議な能力が発動しており最初の数ページは全くもってチンプンカンプン。
わたしゃてっきり先週号は2話掲載されており見逃したのかと思いましたよ
act081009-
そしてトビラ絵の枠にあったのがコレ。この戦いがあらすじとして書かれてました。
これってはしょた部分を年表にして書いた武士沢レシーブと同じ手法じゃありませんか!
ジャンプならともかくチャンピオンでここまで壮絶な打ち切りというのはかなり珍しいのではないでしょうか。クライマックスである戦いを描かなかった(というより描けなかった)のを見て野口賢の「竜童のシグ」を思い出しましたよ。(ちなみにこの作品がどんな風だったかというとライバルキャラとこれから戦うという場面で次週へ。そしてなぜかラスボスを倒したところから始まったという話のつながらない展開でした)

結局最後ってことで今後出てくる予定だった敵キャラ10人とボスキャラが描かれるもほとんど出番なし。更正省の正体も目的もわからず終いでした。でもこのまま終わらすのも何なのか、最後になって思わぬ敵が登場。
act081009-1
死んだハズの益龍が改造人間?として登場! ってお前が復活したら陽虎が戦う意味が無くなるんですけど。まぁ昔の益龍じゃないってことで割り切れますが、怪傑ズバットでいうところの飛鳥五郎な人物が益龍で早川健が陽虎ですからできれば出てきて欲しくなかったなと。
act081009-2
最後はいかにもスクライドのような構図で俺たちの戦いはまだ始まったばかりだ! と言わんがばかりのポーズでキメッ。全30話となりコミックスは2巻までが16話で収録。ってことは4巻出すにはページが足りませんから描けなかった今回の戦いを描き下ろしで是非お願いしたいものです。
ちなみに「第一部 完」となってますけどアテにはなりません。だったらスラムダンクやひかるチャチャチャも再開して欲しいわ。
 <関連記事>
賽の目記
 原作者・猪原賽氏の日記。9日の記事に打ち切りが示唆されてます。
【猪原賽×横島一】悪徒-ACT-act:5【チャンピオン】
2chの悪徒スレ。10月9日あたりからこの件で一杯。
 <過去記事>
悪徒-ACT- スカジャンで変身するツッパリ新ヒーロー(8/9)
スポンサーサイト