blade200901
コミックブレイド今月号表紙と付録の描き下ろし特大ポスターです
『月刊コミックブレイド』新連載、作/天野こずえ「あまんちゅ!」の第一話
「ARIA」終了から9ヶ月、コミックブレイドに天野こずえさんが帰ってきました。「あまんちゅ!」というタイトルは沖縄での漁師を意味する"海人(うみんちゅ)"と、"海女(あま)"とをくっつけた造語のようです。

ama081129
季節は春先、中三の春休みで高校進学を目の前にした光(ひかり)は海の家「海女人屋(あまんちゅや)」でお婆ちゃんの手伝いをしていた。手伝いと言ってもただ海に潜ってるだけで何もしておらず、ダイバーたちの監視と後片付けが仕事なんでしょう。
そんな光の楽しみはお婆ちゃんの作ったトン汁。海から上がったら食べるのを楽しみにしていた。

一人で留守をするお婆ちゃん。海の天気は上々で晴れ渡っている。そんな海岸沿いをスクーターで走る少女が一人。
ama081129-
表紙に光と一緒に描かれているからにはもう一人の主人公なんでしょう。名前はまだわかりませんけど長髪の黒髪が非常に印象的な美少女です。引っ越して来たばかりで高校も光と同じになるという。通学のために免許を取り、慣らし運転と散策を兼ねてやってきたそうだ。

「海を見にきた」と言いながら携帯メールをしきりに気にする少女に対し、お婆ちゃんは海の広さと綺麗さを教える。ここんところは作者の真骨頂である"絵の間"と言いましょうか、大きなコマにセリフがポツンとあるといった演出が冴えてます。こういうのは言葉で表現するのは難しいよな~。実際に見てもらわないと。

海から上がってきた光とダイバーたち。皆、綺麗な海の中を見てきて目がキラキラのデフォルメ状態。
ama081129-1
光の楽しみはもちろんトン汁。ダイバーたちも自慢のトン汁をいただいている時、光はスクーターで走り去る長髪の少女を見かける。この二人が近いうちに出会うのは間違いないだろう──

トン汁に始まりトン汁で終わった第一話。2chの天野こずえスレは早くもトン汁ブームが巻き起こってます。
【あまんちゅ!】天野こずえ総合スレ 101【ARIA】
連載前に発表されたイラストから舞台は熱海と言われましたが、「あまんちゅ!」というタイトルと春先でダイビングしていることから南方ではないでしょうか。もっとも「ARIA」のように地球ですらない想像の場所とも考えられますけど。

前作同様、水の世界を舞台にした"空間の雰囲気"が楽しめる作風に仕上がってます。前述しましたけどこの人の特徴は"絵の間"であってこれを言葉で表すのはちょっと困難。実際に読んでいただいてその"絵の間"に酔いしれてください。
スポンサーサイト