toal081211
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録(インデックス)」の19話
アニメでは遂にこの漫画同様、原作ラノベ3巻の内容に突入しました。なんかネット上では妹達(シスターズ)のパンツのキャブ画像ばかり目立ってる気がしますけど(笑)「なぜ彼女たちは作られたのか」という点に触れれば笑っていられないんだよね。

さて、妹達を救うために最強の超能力者・一方通行(アクセラレータ)に戦いを挑む当麻ですが一方的にやられっぱなし。炎とか電撃とかの能力攻撃ならば右手の幻想殺し(イマジンブレイカー)が打ち消すことが出切るものの、鉄骨やコンテナなどを投げつけて来る物理攻撃をされたら逃げるしか手段がありません。全身傷だらけのボロボロになってしまいます。

トドメとばかりに当麻に直接触れようとする一方通行。彼の能力は「向き(ベクトル)の操作」。しかも無意識で働く能力なことから狙撃されようが核兵器の熱や放射能だろうが全てを跳ね返すことができるのだ(ただし呼吸するための酸素は必要)。身体に触れられれば体内の血液が逆流し、血管と内臓が爆発して死んでしまう。当麻危うし! 

ドッ と音がして倒れたのは一方通行だった。当麻の鮮やかな右カウンターが決まったのだがお互い何があったのか解ってない。信じられないといった表情で一方通行はまたしてもパンチを繰り出してくるも、やはり当麻の右手のパンチで倒される。
toal081211-
今まで負けたことのない一方通行は最強がゆえに弱かった
"相手に触れれば勝てる"能力からして殴り合いの喧嘩などしたことがない。当麻は喧嘩が強いとは言えないものの、喧嘩の仕方すら知らない者に負けるわけがないのだ。
死んでいった妹達を想いながら当麻は攻撃の手を緩めない。
toal081211-1
一方通行は痛みを感じながら過去を振り返る。漫画では詳しく描かれてませんけどこの能力ゆえに彼も彼なりに悩むことがあったんです。生涯で初めてだろう、追い詰められた状態になって能力が開花した。
大気のベクトルを操ることを習得したのだ。凄まじい突風が彼を中心に吹き荒れる。
再び当麻のピンチに陥ります。そんな二人のところに駆けつけようとしている少女が一人──
toal081211-2
御坂美琴です。当麻から「大人しく待ってろ」とは言われたものの心配になってやってきました。それでこそヒロインだね!(インデックス? 知らん!)
当麻のピンチである今こそ美琴と御坂妹によるある能力が使われるのですけどそれは来月のお楽しみに。
スポンサーサイト