nanary090329
『コンプエース』連載、「コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー」の26話で最終回となりました。
世界の敵だったシャルルが消え、跡を継いだユーフェミアは公約通りに全エリアを解放する。とまぁ結果からすれば万々歳なんですけど実際はそうも上手くいかないのが実情。長い間続いたエリア支配を解放するには諸処の問題があって容易に事が進みません。暫定正規軍との小競り合いとか敵意を再びブリタニアに向けるなど、ユーフェミアはその矢面に立たされ世界は再び混沌とした気運になっていった──

今回はそういったエピローグな話です。これら全てを語るにはかなりかかるので簡潔にします。
扇と玉城ら──扇は黒の騎士団のリーダーとなり、神楽耶と一緒に日本政府の一役を担うことに。結局この作品では空気のような存在でしたね。居ても居なくても大して変わらなかった気がします。カレンは出番が多かったもののやはり立場的には一緒でした。

ユフィとスザク──スザクは日本に残らずユーフェミアの騎士として傍に居ることに。父親の成して来た政策のツケを払わされる格好となったユフィは損な役回りとしか言いようがありません。コーネリアはどうしたの?

ルルーシュ──C.C.は消えてもエデンバイタルの魔王たるゼロの能力は残っているようです。「世界を混沌で活性化させる」ために魔王としてギアスをばら撒くつもりらしい。
nanary090329-2
ルルーシュとナナリーの会話で登場したアニメの一場面。これは嬉しいサプライズでした
いずれユフィやスザクやナナリーと敵対するだろうと告げるも「どこにいようとお前の兄 ルルーシュは妹 ナナリーを愛し続ける」と言い残し去っていきます。

特殊名誉外人部隊(イレギュラーズ)たち──軍から離れ自立した生活を送っています。植えられたC.C.細胞はどうしたんだよ、と思いますけどC.C.が消えたことから細胞も消えて侵食される危険は無くなったようですね。もっともギアスも無くなったことから力仕事することにダルクがボヤいてますが。

アリス──ナナリーの騎士として戦ったつもりでも父・母・兄をなくして辛い立場に追い込んでしまったことに苦慮しナナリーの下を離れてました。でもナナリーの説得により本当のナナリーの騎士として傍にいる決意を固めます。髪型を変えて別人な感じですけどこれもまたOK!

オレンジ──6話の河口湖のホテル事件以来 出番なし(だよね?)。生きてるのは間違いありません。

そしてナナリー──皇族に復帰して日本の友好駐在大使になりました。でも日本人の敵意の矛先となることからその道は決して平坦ではないでしょう。さながら韓○の駐在大使といったところですかね。「生きてさえいれば どんなに時間がかかろうとも必ず優しい世界が実現する」との思いからシャルルの提案を蹴ったそうです。それは夢物語かもしれませんがこの理想を持った人が数多く現れるならば夢を夢で終わらすことは無いと私も信じます。

連載が始まって約2年半、今回で最終回を迎えました。最初は「目の見えるナナリーがナイトメアに乗って戦う」という奇異な設定に引かれたからこそレビューを始めたのですけど、ネモとの契約解除やアリス・ザ・コードギアスという作品タイトルを名乗るナイトメアの出現で途中から超展開の別の魅力に移ったことは私だけが感じたことではないでしょう。
たくま朋正先生、長い間ありがとうございました!
nanary090329-1
最後はアメコミヒーローのようにゼロが見届ける感じになりました。この作品の特徴である面白いアオリが今回もあって「全てを乱し、全てを繋げ!」とはディケイドからの引用ですね。最後までやってくれるわ!!
この最終話を含むコミックス5巻は4月25日に発売です。
<Amazon>コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー 5巻(完)
スポンサーサイト