gendai090502
『ジャンプスクエア』連載、「よくわかる現代魔法」の1巻が発売されました。
ラノベの漫画化でそのイラストを描いている宮下未紀さんがそのまま漫画も描いてますから違和感が感じられません、と言うか違和感など起こり得ません。

   高度に発達した科学は魔法と見分けがつかない
     ──SF作家 アーサー・C・クラークの"クラークの三法則"より
もし何百年も昔の人が現代のテレビや飛行機を見たらどう思うでしょうか。たぶんきっと魔法と思ってしまうことでしょう。そういう観点からすれば魔法の存在は案外身近なものなのかもしれません。

魔法とは本来、呪文とか呪具を手掛かりに人体の中で練成して実行するもの。それを0と1のデジタル配置のコードで組みコンピューターや携帯で実行してしまうことが「現代魔法」です。と言ったところでチンプンカンプンかもしれない。解りやすい例なら"サブリミナル効果"ってあるじゃないですか。ごく僅かの間に別の映像を差し込んで印象を植え付けるってやつ。たったそれだけで頭に残るだなんて魔法みたいなものだと思いません? そういうことです。
gendai090502-
勉強も運動も苦手なダメダメ高校生・森下こよみ。「自分を変えたい」と思っていた彼女がふと物置で見つけたのは魔法学院のチラシ。これをきっかけに現代魔法の第一人者・姉原美鎖と出会い弟子入りすることに。果たして彼女は自分の運命を変えられるでしょうか?

ってのが大まかなあらすじ。美鎖さんと出会って最初に魔法をやってみたところなぜか金だらいが落ちてきた。どういう理由だか知らないけどこよみが魔法コードに触れると金だらいになってしまう特徴があるのです。物質変換だなんて高度な魔法を素人のこよみが出来るハズがない、なぜ? と興味を持った美鎖さんがこよみを弟子にしたというわけ。
こよみもダメダメ人生を送ってきた中で初めて「素質がある」と言われたのが嬉しく弟子入りを希望するのですが、本人にしたってこの能力は謎だわな。ラノベ原作では銅のたらい、鉄のたらい、銀のたらいとランクアップしているそうです。

魔法と言ったって悪と戦いはしないし地球の平和を守るわけでもありません。やってることは店の商品が売れるようにすることとかネコ探しなど、極めて日常的なことに魔法が使われているのがこの作品。絵はカワイイ女の子だし手身近な萌え漫画として読んでみるのもいいでしょう。あ、描き手について調べたんですけど宮下未紀さんって『コミックアライブ』でゼロ魔を描いてる望月奈々さんの姉だそうですね。姉妹そろって漫画家とは大橋姉妹のようだ。
<Amazon>よくわかる現代魔法 1 (1) (ジャンプコミックス)
スポンサーサイト