naisho090506
『小学五年生』連載、「ないしょのつぼみ」第6期の第3話
前回はトイレの最中に入れ替わってしまい、気が付いたら手にち○こを握っていて驚くというコメディタッチな終わり方でした。今回はお待ちかねな風呂場でのエピソードですよ。

待ちに待った宿泊学習、なのはいいんだけど気になるのは浦野と精神が入れ替わってしまうこと。つぼみはそのきっかけであるアクビをしないように気を付けるも、やはりやってしまった。それも風呂に入ってる最中に!
今回はつぼみ目線ではなく浦野目線から見た気持ち。周囲はもちろん裸の女の子ばかり。
こんなところにいたら ちんちんが大きくなっちゃうっ
と、前を隠すも今は女の子状態だったのに気が付いた。
あ、そっか! ぼく今 女の子の体だから、 ちんちんないや!!
とホッとする浦野でした。ちょwwwおい浦野! 表現が露骨すぎるだろうが!! これ読んだ小五だってたぶん引いてるんじゃないの?

とはいえ気持ちがムラムラしているのには変わりない。周囲を見ないように風呂を上がろうとしたところ、つぼみと仲の良い友達が話しかけてきた。
naisho090506-
それは母親以外では初めてだろう、まともにおっぱいを見てしまい興奮しすぎて倒れてしまう浦野です。ちなみにこのシリーズでは珍しく乳首表現がされていることに読んでるこっちもビックリだ。

一方、男子風呂では好きな古戸くんと一緒の湯船に入れて嬉し恥ずかしなつぼみ。さすがに勃ってるかどうかまでは描かれてませんけどね。近くで見る古戸くんはやっぱりカッコイイ。こんな古戸くんがなぜ冴えない浦野と友達なの?? と思いますがこれは翌日に知ることになります。

山登りの最中に古戸くんから聞いた昔のエピソード。それは2年生にて崖から落ちそうになった時、浦野が必至に手をつかんで助けてくれたことがあったらしい。その時から浦野はかけがえの無い親友になったんだと。
これを聞いて人は見かけじゃないと、浦野のことを見直すつぼみでした。 つづく

今回はとにかく表現が露骨! あまりにストレートすぎて苦笑せずにはいられませんでしたよ。
<Amazon>ないしょのつぼみ 5 (ちゃおフラワーコミックス)
スポンサーサイト