rozen090611
『週刊ヤングジャンプ』連載、作/PEACH-PIT「ローゼンメイデン」の第14回
翠星石がやって来た目的は雪華綺晶(きらきしょう)のボディとなってる蒼星石を守るためだった。そのため攻撃をしようとする水銀燈と真紅の邪魔をしまくります。結果的に雪華綺晶を助けてるわけで、そうしてるうちに全員まとめて雪華綺晶の"人喰い薔薇"攻撃にさらされてしまいます。

全員捕らえられて大ピンチのこの場面、動いたのはジュン! 雪華綺晶が現れた10話以降、いばらに縛られたままで全然役に立ってませんでしたから。そもそもボディを組み立てたのはジュンだし、力を吸われて実体化の手助けまでしてしまっている。こんなダメダメな僕にも何かやれることは…契約!
今のジュンに出来ることはそれしか考えられなかった。早速 真紅に契約を申し込もうとしたところ、他のドールからも契約申し込みが殺到。
rozen090611-
さながら人生最高のモテ期が到来したようです ただし人形限定だけどなっ!
契約できるドールは一体のみ。その条件下で真紅の立場は非常に危ういものだった。それはレプリカのボディだから。このまま契約してしまうとレプリカでは耐え切れず砕け散ってしまうらしい。しかも何もしなくてもレプリカのタイムリミットが訪れて消滅してしまうとのこと。
4体のドールが注目する中、ジュンは苦渋の選択を迫られる──  つづく
スポンサーサイト