rozen090806
『週刊ヤングジャンプ』連載、作/PEACH-PIT「ローゼンメイデン」の第16回
久しぶりのカラーのトビラ絵で登場したのは蒼星石。そしてコミックス2巻の発売日が9月18日(金)と発表されました。今回は特装版は無いでしょ。あったら既に予約してるハズだから。

ジュンが契約のキスを交わしたのは蒼星石の指輪でした。実態を持たない薔薇人形である雪華綺晶(きらきしょう)は蒼星石のボディに憑依?してるわけで、契約によってボディに残された蒼星石の記憶が復活。ボディと雪華綺晶のローザミスティカとが拒否反応をおこして雪華綺晶は断末魔の叫びを上げる。

これに伴い舞台のセットである時計がまたしても鳴り始めます。雪華綺晶の力が衰えたため時間が止まってる今の状態から戻ろうとしているようです。いつしか雪華綺晶の姿は消え、蒼星石がハッキリと顕現! この状態でローザミスティカを戻せば蒼星石は完璧に復活するハズ。
rozen090806-
でもソレを持っている水銀燈は渡しません。渡すハズがないでしょう、アリスゲームに人一倍こだわっている彼女なのですから。
そこで翠星石は"別のローザミスティカ"を与えるのですがこれはいったい…? 仮に雛苺のだとしたら雪華綺晶と同様に拒否反応がおきる可能性大。となったら自分のという可能性も。姉妹なので拒否反応は少ないでしょうし。そしたらもちろん自分が動かなくなりますけどそこは「妹を助けるため」という大義名分によって何とかなる──とか?

時計が鳴って元の時間に戻るかと思ったら"nのフィールド"に来てしまったジュン。いや、連れてこられたと見るべきか。目を覚ましたら見慣れぬ薔薇人形・金糸雀(カナリア)と共に思いがけない人物と出会う。
rozen090806-1
それは中学生当時の自分! 正確には「まいた世界のジュン」です。今まで携帯メールを通しての会話だったものが初めて出会ったわけでして、二人の出会いは何をもたらすことになるのだろうか? つづく

唯一 雪華綺晶の魔の手から逃れた金糸雀が初登場! ジュンの腕をギュッとつかんでいる姿がカワイイです。今後はレギュラー出演になるのでしょうか。
スポンサーサイト