kidy090929
『月刊コンプエース』連載、「キディ・ガーランド ぴゅあ」の1巻です。
最速で10月15日から放送が始まる「キディ・ガーランド」。これに先駆け4月から連載が始まった本作がようやくコミックスになりました。2002~2003年に放送した「キディ・グレイド」の続編なのか新シリーズなのか、ともかくエクレール・リュミエールの居た時代から50年後が舞台です。

GTOのESメンバー見習いであるアスクールとク・フィーユ。それぞれの養成課程が終了し見習いの第二段階へと移るのですが、それはお互いパートナーとなって親睦を深めるというもの。
ガサツっ子なアスクールと几帳面なク・フィーユ、正反対な性格をしている二人は当初は反発するものの徐々にそのパートナーシップを深めていきます。
ただしそれはウエイトレスとしてですがね。 
これがこの漫画の特徴で、二人の仕事は特務ではなくなぜか喫茶室のウエイトレスとして働くことに。始まるアニメよりちょっと前の、まだ二人が見習い時代をギャグタッチで描いたものになってます。
kidy090929-1
やっぱこの手の作品はパンチラとかヌードとかなくっちゃね。パンチラはありまくり。つーか、1話開始してすぐパンチラ。1話につき数回は確実にあります。上は温泉に行った際のものでグラマラスなク・フィーユ(左)に対しアスクール(右)はかなり控え目。ま、16歳の設定にしちゃク・フィーユがデカすぎるんですけど(あ、16歳はアニメでの設定ですからそれ以前の期間となると…ク・フィーユはバケモノか!?)。

基本的に二人が引き起こす騒動に周囲が巻き込まれて行くといったギャグ漫画。これにGTOに恨みを持つ少女が加わって手下の三人組の男に指令を出してロボットで嫌がらせをするものの、結局は破壊されて爆発・退散という繰り返し。もうタイムボカンシリーズそのまんまって感じですね。まぁ往年のパターンですから安心して読めますわ。
kidy090929-
キディ・グレイドを見ていた人にとって嬉しいのが当時のキャラがそのまま登場するところ。50年前と全然変わらない点については不明ですけどスピンオフと考えればそう深く気にすることもないでしょう。アスクールが修行してたのがトゥイードゥルディとトゥイードゥルダムの姉弟。そしてク・フィーユはアンオウ・エイオウの下で修行してた設定です。

今回のアニメではトロワジェイン&トリクシーという二人が最強のESメンバーなようですね。この漫画でも最後の方で登場します。デクステラ&シニストラはデクステラ役だった鈴置洋孝さんが亡くなっているために登場しないようです。ただしシニストラ役の飛田展男さんはシェイドという役で参加されるようで鈴置さんの分も頑張っていただきたい。

アニメとは全く違うギャグタッチなことから参考にはならないでしょうけど、登場人物を知る上でアニメより先に読んでおいて損はない作品です。
キディ・ガーランド ぴゅあ (1) (角川コミックス・エース 247-1)
キディ・ガーランド ぴゅあ (1) (角川コミックス・エース 247-1)