medaka091026
『週刊少年ジャンプ』連載、「めだかボックス」の第24箱
「AKABOSHI」が打ち切りって噂は本当ですか? 切られるならてっきり最下位をひた走っている「鍵人」だとばかり思ってたんですけど。「めだか」も相変わらず下位とはいえ前回は「PSYREN」より前だったし、とりあえず火急の危機は去ったんじゃない? つーか、今回「めだか」の前に「バクマン。」があったことに驚いたわ。この作品がここに来るとはね。

で、手を出さない(手を出す理由がない)めだかの代わりに「反則王」鍋島猫美が喧嘩を買ったこの一戦。相手はアブノーマルな十三組のことから善戦するも敗退かと予想してたんですけどまさか勝つとはね! 反則王の異名は伊達じゃないってことですか。

素早く動く雲仙冥加の攻撃をあえて受けて死んだふり。近づいたところで捕まえるとはなんて頭脳派。「お前…ふざけ…」なんて冥加は言いますけど捕まえられなければ相手が掴んで来るまで待てばいいだけ。失神したと思い込んだ冥加が無用心なだけだな!

受身を取らせない一本背負いの後は後ろに回って裏投げだ!! ここでも冥加は「この卑怯者があああ!!」なんて言ってますが素手のめだかに30kgもの鉄球をぶちこんでるお前にそのセリフを言う資格などねーよ! かくしてこの一戦は鍋島猫美のKO勝ち、冥加は全治三ヶ月となりました。
いや~アブノーマルな十三組と言えどやり方によっては勝てると知れたのは収穫ですよ。
medaka091026-
その鍋島先輩に教えを請うためだか。目からウロコといったところなんでしょう。めだかにこうアドバイスできるキャラの出現はいいよね。善吉じゃ同学年だからこんなセリフ言えないだろうし。
一歩前進したところでかませ犬の三人組が登場~。相変わらず九州の地名が苗字になってますね! 血液型もやっぱAB型。こりゃ当方が以前唱えた「AB型はアブノーマルを意味している」説を裏付けているんでしょうか!?
十三組が三人がかりで襲撃しようが新境地に至っためだかにとっては何ら敵ではありません。たった4ページで出番終了。まるでHUNTERの陰獣並みの扱いです。
medaka091026-1
修行のため兄貴を訪ねるとのこと。つーか兄貴なんて居たのか! 思うにめだかのような生真面目なタイプか、それとも普段はだらしがないけどイザとなったら真面目になるタイプのどちらかと推測。個人的には後者を希望します。「浮浪雲」なタイプは好きなんですよ。
 <Amazon>
めだかボックス 1 (ジャンプコミックス)
スポンサーサイト