manga091129
『週刊漫画サンデー』連載、作画/金井たつお「まんがの花道 めざせ漫画家!!編」の1巻です。
「バクマン。」は現代の少年ジャンプにて連載を目指す漫画家の話。「少年リーダム」は83年のジャンプ編集部では何が起きていたかを描いた編集者視点での話。そしてこの作品はかつてジャンプで「ホールインワン」「いづみちゃんグラフティー」などをヒットさせた金井たつお氏の経験を元に、75年に漫画家を目指して上京してきた青年の話です。
「アオイホノオ」もそうですけど最近はこういった漫画家を目指す作品が増えましたね。

75年(昭和50年)に上野駅に立つ一人の青年。山形県から漫画家を目指してやって来た彼の名前は日本一(ひもと はじめ)。もちろん金井たつお氏の分身なんですがネーミングがいかにも昔っぽいと感じてしまいます。
目指したのは新鋭社の少年ガッツ編集部(これまた集英社の少年ジャンプであることは明白)。原稿を持ち込んだ際にアシスタントの要請をされて行った先は人気漫画家・天道昇。
manga091129-
この天道こそ帯にもあるように実際の師匠である本宮ひろ志氏! こうして天道プロで仕事をするようになったハジメは同時にアシスタントに入った杉坂をライバル視しながらプロデビューを目指していくお話です。
イケメンの杉坂にモデルが居るのかどうかは知りませんが同時期なら高橋よしひろ氏あたりが有力かと。絵が上手い杉坂と何かと比較されて落ち込むハジメですが、時おり見せる天性のひらめきで状況を変えていくのはさすが主人公といったところでしょう。

後半になって無理やり新人賞に応募することになってしまったハジメと杉坂。この際に天道を敵視する大物漫画家から横ヤリが差し向けられるんですけど、ここのくだりはあまりにありきたり。悪く言えば古すぎる気がしましたね。数々の障害があってこそドラマは生まれるとはいえ、今どきこれはねーよと思わずにいられませんでした。

昭和50年を舞台に漫画家を目指すハジメ。実際に金井氏がデビューしたのは52年ですから当面はこの二年間をどう過ごしたのかが描かれていくハズです。

redam091129
ついでにやっつけ仕事気分で「少年リーダム」2巻もやってしまいましょう。
82年。少年サンデーで「うる星」「タッチ」が大ヒットしたことにより部数の追い上げでケツに火がついた少年ジャンプ。秋の新連載攻勢に5本も投入したものの1本以外は10週打ち切りという散々な結果に編集部員の気は重い。ちなみに生き残った1本こそ作画をしている次原隆二氏の「よろしくメカドック」でした。

しかし打ち切られたとはいえ小出編集者の担当する某漫画家の描く迫力ある描写は格闘向きだということで、今度はその方向で話が進みます。これこそ原哲夫氏の「北斗の拳」になってくのですがこれはまだ後の話。そこに至るまでどういった苦労があったのかが今後の内容になります。
大ヒット作「北斗の拳」誕生の夜明けは近い!
まんがの花道 めざせ漫画家!!編 (マンサンコミックス)          少年リーダム~友情・努力・勝利の詩 2 (BUNCH COMICS)
まんがの花道 めざせ漫画家!!編   少年リーダム~友情・努力・勝利の詩 2
スポンサーサイト