negi091202
ここんとこ休んでいたネギまレビューを久しぶりに再開。その間にラカンが大変なことになってるのですけどそれは後に。
ゲーデルの仲間になるとあっさり答えてしまうネギ。強制証文で契約することになるのですがちょい待ち! 以前フェイトとの交渉でフェイトが使おうとしていた強制魔法具を思い出して欲しい。あれは言葉にした時点で即執行というシロモノでした。今回ゲーデルがソレを使っていたならもう取り返しがつかないんだよ? 迂闊に「仲間になります」なんて言うべきじゃないよね。
もっともネギから"仲間には手を出さない&指名手配の解除"を提案した際にコレを使っていたなら逆にデーデルを出し抜けたわけで、使うタイミングを逸してしまったとも言えますがね。

ネギは仲間になると見せかけて腹の内を探り、魔法世界の崩壊を言い当てられたことでゲーデルは動揺しまくりです。何でも知ってるゲーデルとて未来から来た超のことまではさすがに知らなかったか。まぁここんとこは読者ならとっくに知ってることなので動揺することにむしろ違和感を感じましたわ。

「6700万人の全同胞を救い出す」件。魔法世界全12億人のうちの6700万人だけを救い出す理由を問われ「理由がある」としか答えないのではネギならずとも納得できないのは至極当然。そこを突かれて「何もわからぬガキがペラペラと…」とキレるようではゲーデルも大したことない小物野郎ということ。こんなやつチャッチャと片付けちゃってください。赤松先生の日記からすればクラスメイトが反攻に出るようなので楽しみです。
negi091202-
一方、ラカンは「造物主の掟」の登場によって四肢を消滅させられ大ピンチに。前回「人形は人形師に逆らえない」とフェイトが言った理由とは魔法世界に生まれた全人類は"人形"であり、造物主には逆らえないということ。逆に言えば魔法世界で生まれてないネギは造物主の影響を受けないので対抗できる大きな壁になれるということだね!

「世界の終わりと始まりの魔法」である絶対的な能力・リライト。ラカンは"世界の終わり=明日菜の能力"と推測して明日菜が絡んでいると思ったのではないだろうか。しかし手足を失った今となってはそれを伝える方法など…ありました! アーティファクトで手足を補い造物主に挑みます。死亡フラグが立ってるとしか思えないこの状況でラカンはいかに戦いを挑むのか!? 漢の生き様を今こそ見せるときだ!!
スポンサーサイト