keita091206
『オースーパージャンプ』連載、「渡職人残侠伝 慶太の味」の16話
最初に言っておきますが決して"やらないか"漫画ではありません!
立ち読みでこれを見たら笑ったのなんの。あの「坂巻慶太」がいかにも楽しそうに裸でおしくらまんじゅうをしているではありませんか!!
坂巻慶太──「江戸前鮨職人 きららの仕事」にて きららの最強のライバルとして立ちはだかった男です。強面(こわもて)ながら寿司職人の腕は超一流。漫画でこういった相手は大抵 卑怯な手段を取ったりするものですけど、慶太は決してそのようなことをせずに正々堂々と相手に挑み勝っていきます。そのキャラクターが受けて慶太を主人公にしたスピンオフ漫画こそこの「渡職人残侠伝 慶太の味」。慶太が若いころに渡職人として各地を回ったエピソードが描かれてます。

信州のラーメン店で働くことになった慶太。ラーメン店の主人と秘湯の帰りに吹雪に遭い、池に落ちてスブ濡れになってしまった。吹雪が止むまで雪洞でビバークするものの寒くてこのままでは凍えてしまう。ならばと打った手段が"おしくらまんじゅう"。子供のころを思い出してやってみたのが上の絵です。
 おしくらまんじゅう 押されて泣くな~~
と、慶太が楽しそうにやってるのを見てこれを笑わずにいられますか!
「いいぞ だんだん暖かくなってきた」と二人は2ページに渡っておしくらまんじゅうを続け
keita091206-1
更に2ページ見開きでおしくらまんじゅうが!!
繰り返しますけど決して"やらないか"ではありません!
慶太を知ってる人なら是非とも今回は見ていただきたいということで。

・来年の「このマンガがすごい! 2010」は「バクマン。」と「ちはやふる」?
同じく『オースーパージャンプ』に連載している「本屋さんにききました」から。"ほぼノンフィクション書店業界ルポコメディ"と銘打っている漫画で、今回は宝島社から毎年出ている「このマンガがすごい!」について描かれてます。
その宝島社の編集者を呼んで色々と訊いているのですが「専門家が多いとどうしてもすでに有名な作品よりも「俺はそれよりこーゆーの知ってるぜ」的な作品を挙げがちになるんですよ」という話が興味深かったです。
keita091206-2
これは去年のもので確かにモーニング系が多く、売れてるハズのジャンプ作品は見当たりません。こんな反省もあってか今回は専門家ばかりでなく芸能人・著名人の割合をこれまでより多めにしたそうです。この結果は12月10日発売のを見てくださいとのことですけど、Amazonでは既に表紙が載ってるんですねー。
このマンガがすごい! 2010
この表紙から察するところオトコ編では「バクマン。」、オンナ編では「ちはやふる」と思われます。
スポンサーサイト